「世界を支配する」とはどういう意味か?

「世界を支配する」とはどういう意味か?


それは自分たちの民族が世界で有利な状況になるように世界を作り替えることである。

日本民族は世界を支配できるか?
不可能である。
日本は第二次世界大戦で白人国家(アメリカ)に叩き潰されたのである。
その結果、白人たち(アメリカとロシア)が核兵器を独占することとなった。ただし中国が核兵器を持ったことは白人たちの想定外だった。

アメリカとロシアは絶対に戦争しないんだぜ。白人同士が殺し合えば中国が台頭するのはわかっている。
白人たちの狙いは、まず有色人種同士で戦争させることである。

次に言語による支配である。
これは英語と決まっている。国連の使用言語も英語だろ。他の言語は考えられない。

この次は科学技術力による世界支配。
これも科学の言語が英語である以上、日本人には不利となる。

次は宗教による世界支配。これも日本の宗教では無理。


このように人為的に作られた世界状況ではすべてが白人の世界支配に有利なのである。

ただ唯一、自然の法則が白人たちを悩ませ恐れさせているのである。

それは世界の人口構成が年々、有色人種の割合が着実に増えているということである。
アメリカも十数年後には白人と有色人種の割合が拮抗する。

だから世界を動かしている連中(白人)は、何としても有色人種の国家同士で戦争させたいのである。または第二次世界大戦のときの日本のように有色人種の国家だけを悪者にして叩き潰すのである。有色人種の人口削減ができるからである。

世界の支配層は今、シリアやイランや北朝鮮を悪者に仕立てているだろ。これらはすべて有色人種の国家である。


[PR]
# by kabu_kachan | 2017-04-26 04:22 | 世界の支配者 | Comments(0)

北朝鮮の核ミサイルと「日本人100万人大虐殺」

別に北朝鮮を弁護するわけではないが、北朝鮮が核ミサイルを持ってどこが悪いんですか?

アメリカもロシアも中国も核ミサイルを持っているんですよ。

第二次世界大戦のとき、日本が先に核爆弾を作っていたらアメリカは日本に原爆を落とせなかったんですよ。

第二次世界大戦のとき、世界中の有色人種が欧米の植民地であったなかで、日本は世界で唯一の有色人種の軍事大国だった。その時の日本の軍事力は今のアメリカやロシアの軍事力に匹敵すような軍事力を持っていた。原子爆弾の製造も理論的には完成していた。

ただ当時のアメリカ大統領ルーズベルトがどうしても有色人種の軍事大国の日本が気に食わなかった。この日本さえなかったなら、自分たち欧米の白人が世界中を植民地にできるのだが・・・と考えた。

そして画策したのが真珠湾攻撃である。「リメンバー・パールハーバー」を合言葉に当時の日本国を完全に叩き潰して日本人を大虐殺した。当時、日本が原子爆弾を持っていたらここまでやられなかった。

その後、日本を完全に支配したアメリカは日本人を徹底的に骨抜きにした。
そのざまが、今の日本人のありさまである。

核兵器を持っている国(アメリカ)が核兵器を持っていない国に対して核兵器を持つなと言える道理がどこにあるのかね?

★アメリカよ、自ら核兵器を放棄してから他国に対して核兵器を持つなと言うんだぜw。
「順番が逆だぜw!」

はっきり言おう。

白人国家は絶対に核兵器を手放さないぜ。
これから先、千年も二千年もずっと持ち続けるのさ。
白人が世界を支配し続けるためにである。
白人たちは自分たちが猿同然の有色人種に支配されている状態を考えるだけでぞっとするのである。
映画「猿の惑星」は、白人の有色人種(日本人)に対する感情の見事な表現である。

このアメリカは原爆で日本人の一般市民を30万人焼き殺しておきながら正義面している。
焼夷弾による空襲を入れると100万人の日本人の一般市民を焼き殺しているんだぜw。

北朝鮮が実際に日本人を100万人焼き殺したかね?

実際に日本人を100万人焼き殺したのはアメリカだぜ。

これを「とんだお門違い」という。

戦後、日本人は全員、マッカーサーとGHQによって頭が改造されたんだぜw。

GHQの日本人洗脳工作 <プレスコード>
http://kabukachan.exblog.jp/24510096/

★日本人よ、昭和20年を知ってるか!
http://kabukachan.exblog.jp/25515850/

これは消すことのできない厳然たる歴史的事実だぜ。

世界で唯一、原子爆弾を人間の頭の上に落とした国がアメリカなんだぜ。日本人の頭の上に落として一般市民30万人を焼き殺したんだぜ。

そのアメリカが世界の先頭に立って正義面しているんだぜ。

これでは、イエス・キリストもビックリするぜ。

それとも、日本人は黄色い猿だからアメリカ人は何とも思わないのかね。

たとえ猿を30万匹焼き殺してもイエス・キリストは怒るんじゃないのかな?

そうではない。キリスト教では人間と動物は完全に区別している。
だからアメリカ人は牛や豚を平気で食えるんだぜ。
人間と猿も区別している。日本人は猿の種類に属するから平気で頭の上に原爆が落とせるんだぜ。

これがアメリカが日本に落とした原爆だ!
http://kabukachan.exblog.jp/25472260/

どう思いますか?

日本猿は人間じゃないから「よしよし、よくやった」とイエス・キリストは言っているのかもしれない。

「人類学上、猿は人間の祖先だが、日本猿は白人の祖先じゃないからよくやった」とイエス・キリストはアメリカ人に教えているんだぜ。

はっきり言おう。

聖書の世界では白人だけが神と繋がる人間なのである。
キリスト教はユダヤ教から生じているからユダヤ人も人間なのである。
アラブ人はイスラム教徒だから人間ではないのである。白人から見れば野獣である。

日本人は白人でないことははっきりしている。日本の宗教はキリスト教とは何の関係もない。だから白人から見れば豚か猿である。
豚や猿を100万匹殺しても何とも思わないはずさw。


だからアメリカ人は日本人100万人大虐殺を屁とも思わずに正義面ができるんだぜw。


★【日いづる国より】「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M

★日本人よ、涙せよ!
http://kabukachan.exblog.jp/24939240/

★さくらじ#102、ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=WEjUqOEuy5U

★日本人よ目覚めよう
https://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM

https://www.youtube.com/watch?v=qRxALHW-MgI

https://www.youtube.com/watch?v=b4Y7Y62x9go



昭和20年(1945年)
の1年間で、

★この日本列島の上で
「100万人の日本人」が
 焼き殺されたのである。



東京大空襲による死者


アメリカは原爆と日本各都市に対して行なった大空襲で一般市民を100万人焼き殺したことが国際法違反に当たることがわかって、この日本人100万人大虐殺を塗りつぶすために南京大虐殺をでっち上げたんだぜ。そして日本を占領したマッカーサーとGHQはすべて日本が悪かったと信じ込ませるために日本人の頭を改造したんだぜ。
そのざまが、今の日本人のありさまである。

マッカーサーとGHQはどのようにして日本人の頭を改造したか?

それは日本の学校教育とマスコミを押さえたのである。
学校の歴史教育とテレビや新聞でのアメリカ批判を絶対にさせないということである。
これは戦後70年間も続いている。今になってインターネットの出現で、やっと私のようなブログがたくさん出てきてアメリカ批判が自由にできるようになったのである。

もう一度言うぜ。

戦後、アメリカは日本人100万人大虐殺を隠蔽するために南京30万人大虐殺を捏造したんだぜ。そして「すべて日本が悪い」と決めつけたんだぜ。

これがアメリカの最初からの基本構図であった。

こう言うとすぐに反日左翼は日中戦争の小さな事件(そのすべての事件が怪しい事件であるが)を持ち出して「ほら南京大虐殺をやったじゃないか。数は問題じゃない」という論理を使うが、日中戦争の始まる以前に、中国人が日本人を虐殺した事件は無数にあるんだぜ。逆にこのような日本人が虐殺された事件を持ち出して、「数は問題じゃない、中国人は日本人を大虐殺したじゃないか」という同じ論理の御返しができるんだぜ。



南京事件なんて歴史上存在しないんだぜ。
日本人が中国人に襲われた南京事件はあるけどね。

当時、南京市民はひとりも死んでいないんだぜ。
   ☟

★笑っている南京市民
https://www.youtube.com/watch?v=W-Erp_T3kjI&nohtml5=False

このアメリカは、日本人100万人大虐殺(大犯罪)を隠蔽するために、わざわざ南京大虐殺をでっち上げたんだぜw。
捏造した南京大虐殺で日本人に罪悪感を植え付けて、日本人100万人大虐殺(大犯罪)を隠蔽したんだぜ。そのアメリカの大犯罪の隠蔽に加担しているのが反日左翼と日本のマスコミである。
そして今では、このアメリカは何食わぬ顔をして「日本の同盟国だよ」と言ってうそぶいているんだぜw。
今、アメリカは化学兵器、化学兵器と騒いでいるが、化学兵器と原爆は同じだろうがw。

化学兵器=原爆を世界で最初に使ったのがアメリカだろうがw。

このアメリカは原爆=化学兵器を使って大犯罪(日本人大虐殺)を犯しているのに、何食わぬ顔をして世界で正義面しているんだぜw。

最強の化学兵器・原子爆弾
http://kabukachan.exblog.jp/20683044/

★1/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=7BD4EeZl71U

★2/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=b_XaRjfjvE8

★3/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=soBmChuHDhM


   ☟

陥落2日後の南京の風景。

大虐殺実行中の街の風景ということになる。

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110524j:image


陥落2日後の南京で古着を売る支那人たち。

無差別に虐殺しまくっていたのなら

このようにのんびり商売などできない。

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110508j:image


陥落2日後に野菜を売る支那人

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110834j:image


陥落2日後に水餃子を食べる日本兵

大虐殺実行中であれば恐ろしい
日本兵

平然と
支那人が接するわけがない。

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110554j:image


陥落2日後の支那人たち。

日本兵、日本人を全く恐れていない。

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110935j:image


陥落2日後の難民の住居。(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111004j:image


陥落2日後の支那人の子供。(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111030j:image


陥落2日後、湯沸かし器を難民区に

持ち込み商売をする
支那人

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111053j:image


陥落2日後、水餃子を食べる難民

大虐殺が行われているのならのんびりと

水餃子なんか食っていられない。

(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111114j:image



日本人よ、以下の二つの動画を100回見ろ!
      ☟

★【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!【ザ・ファクト#005】
https://www.youtube.com/watch?v=KIeJfgYeMMY&nohtml5=False

★大東亜戦争は「植民地解放」と「人種平等」を実現した戦いだった!【真珠湾攻撃74年】
https://www.youtube.com/watch?v=U7AsnClmn-w&nohtml5=False


最新動画情報

【馬渕睦夫】真相はかうだ!<米国の正体>
https://www.youtube.com/watch?v=Ylf12Hjr_Is

The greatest lie ever told - The Holocaust - 2015 Documentary HD
https://www.youtube.com/watch?v=mmrHBT5h-BA

Questioning The Holocaust - Why We Believed (Part 1 of 2)
https://www.youtube.com/watch?v=RddqP0ABzwM

Debunking The Holocaust Part 2
https://www.youtube.com/watch?v=0fi6dM-jByI

Hitler's American Business Partners
https://www.youtube.com/watch?v=SMKnH2BlkBA

Antony Sutton - Wall Street, USSR, FDR & Hitler (1975)
https://www.youtube.com/watch?v=avrgefStVoI

Antony Sutton - Wall Street, Communism & Nazism (1999)
https://www.youtube.com/watch?v=jZz_HEosWVY

Antony Sutton-1976 Lecture (Full Length)
https://www.youtube.com/watch?v=mEipMmxSlGU

ここで一句。

日本猿 わからんときは すぐ逃げる
(☝これ!、☝これ!、猿の典型的な習性)


[PR]
# by kabu_kachan | 2017-04-17 08:33 | 軍事 | Comments(2)

グノーシス主義はユダヤ教の中にある。

【ノーベル賞受賞者の中にユダヤ人が多い理由】

グノーシス主義➡西洋ルネッサンス➡科学思想


Knowledge is power.


It is commonly attributed to Sir Francis Bacon, although there is no known occurrence of this precise phrase in Bacon's English or Latin writings. However, the expression "ipsa scientia potestas est" ('knowledge itself is power') occurs in Bacon's Meditationes Sacrae (1597).





Gnosticism


Gnosticism
https://www.youtube.com/watch?v=7K_CL26Uh8A

Gnosis - Secrets of the Kabbalah
https://www.youtube.com/watch?v=ppT8JK1loSg

Gnostics 1/4 - Knowledge of the Heart
https://www.youtube.com/watch?v=t6RLWbOSvUw

Gnostics 2/4 - Cathars & Bogomils the True Christians
https://www.youtube.com/watch?v=q8iuWixkFXw

Gnostics 3/4 - The Divinity of Man
https://www.youtube.com/watch?v=0lGH785eI-E

Gnostics 4/4 - Crack in the Universe
https://www.youtube.com/watch?v=JxxxmXkJums

Gnosis: The Secret Of Solomon's Temple
https://www.youtube.com/watch?v=aot47WYR3gk

Gnosis - A History of God | Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=FdXMnkevS30

Gnosis Secrets of the Occult Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=13aMJxWMQb0

Babylonian Mystery Religion/Kabbalah/Talmud/
Gnostics/Templars/Rosicrucians/Jesuits/Illuminati/Freema
https://www.youtube.com/watch?v=81ENZcAcLbk

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to:navigation, search
Not to be confused with Agnosticism.

Gnosticism (from Ancient Greek: γνωστικός gnostikos, "having knowledge", from γνῶσις gnōsis, knowledge) is a modern name for a variety of ancient religious ideas and systems, originating in Jewish milieus in the first and second century CE. Based on their readings of the Torah and other Biblical writings, these systems induced that the material world is created by an ignorant emanation of the highest God, trapping the Divine spark within the human body. This Divine spark could be liberated by gnosis of this Divine spark.

The Gnostic ideas and systems flourished in Mediterranean in the second century CE, in conjunction with and influenced by the early Christian movements and Middle Platonism. After the second century a decline set in, but Gnosticism persisted throughout the centuries as an undercurrent of western culture, remanifesting with the Renaissance as Western Esotericism, taking prominence with modern spirituality. In the Persian Empire Gnosticism spread as far as China with Manicheism, while Mandeism is still alive in Iraq.

A major question in scholarly research is the qualification of Gnosticism, based on the study of its texts, as either an interreligious phenomenon or as an independent religion.







Kabbalah[edit]

Gnostic ideas found a Jewish variation in the mystical study of Kabbalah. Many core Gnostic ideas reappear in Kabbalah, where they are used for dramatically reinterpreting earlier Jewish sources according to this new system.[117] The Kabbalists originated in 13th-century Provence,[note 28] which was at that time also the center of the Gnostic Cathars. While some scholars in the middle of the 20th century tried to assume an influence between the Cathar "gnostics" and the origins of the Kabbalah, this assumption has proved to be an incorrect generalization not substantiated by any original texts.[119] On the other hand, other scholars, such as Scholem, have postulated that there was originally a Jewish gnosticism, which influenced the early origins of gnosticism.[120]

Kabbalah does not employ the terminology or labels of non-Jewish Gnosticism, but grounds the same or similar concepts in the language of the Torah (the first five books of the Hebrew Bible).[121] The 13th-century Zohar ("Splendor"), a foundational text in Kabbalah, is written in the style of a Jewish Aramaic Midrash, clarifying the five books of the Torah with a new Kabbalistic system that uses completely Jewish terms.[122]


Modern times[edit]

A number of 19th-century thinkers such as Arthur Schopenhauer,[123] Albert Pike and Madame Blavatsky studied Gnostic thought extensively and were influenced by it, and even figures like Herman Melville and W. B. Yeats were more tangentially influenced.[124] Jules Doinel "re-established" a Gnostic church in France in 1890, which altered its form as it passed through various direct successors (Fabre des Essarts as Tau Synésius and Joanny Bricaud as Tau Jean II most notably), and, though small, is still active today.[125]

Early 20th-century thinkers who heavily studied and were influenced by Gnosticism include Carl Jung (who supported Gnosticism), Eric Voegelin (who opposed it), Jorge Luis Borges (who included it in many of his short stories), and Aleister Crowley, with figures such as Hermann Hesse being more moderatedly influenced. Rene Guenon founded the gnostic review, Le Gnose in 1909, before moving to a more Perennialist position, and founding his Traditionalist School. Gnostic Thelemite organizations, such as Ecclesia Gnostica Catholica and Ordo Templi Orientis, trace themselves to Crowley's thought.

The discovery and translation of the Nag Hammadi library after 1945 has had a huge effect on Gnosticism since World War II. Intellectuals who were heavily influenced by Gnosticism in this period include Lawrence Durrell, Hans Jonas, Philip K. Dick and Harold Bloom, with Albert Camus and Allen Ginsberg being more moderately influenced.[124] A number of ecclesiastical bodies that think of themselves as Gnostic have set up or re-founded since World War II as well, including the Society of Novus Spiritus, Ecclesia Gnostica, Ecclesia Gnostica Catholica, the Thomasine Church, the Apostolic Johannite Church, the Alexandrian Gnostic Church, the North American College of Gnostic Bishops. Celia Green has written on Gnostic Christianity in relation to her own philosophy.[126]

Alfred North Whitehead was aware of the existence of the newly discovered Gnostic scrolls. Accordingly, Michel Weber has proposed a Gnostic interpretation of his late metaphysics.[127]


<私が「猿」と言う言葉を頻繁に使うのは何故だろうか?>

って自分でも考えるんですよ。

自分(私)も猿みたいな顔してるのにねw。(笑)

それはね、私は毎日、

CNNなどのアメリカのテレビと

ネットで英語の動画しか見ないんですよ。

毎日、白人の顔ばかり見ていて、

たまに日本のテレビ番組を見ると

テレビに出ている日本人の顔がみんな

「猿顔」に見えてしまうんですよ。

なるほど、白人が日本人を見たら

こんな感じなのかって

「大発見」をしたからですよ。



   ☟


★日本人は猿である

http://kabukachan.exblog.jp/24109195/


[PR]
# by kabu_kachan | 2017-04-13 10:02 | ユダヤ | Comments(7)

ユダヤ人という人種は存在しない。

質問。

「ユダヤ人」と言うとき、どういう意味で使いますか?

ユダヤ人という人種の意味ですか?
それとも、ユダヤ教徒という意味ですか?

大抵の日本人は、ユダヤ人種と言う意味で使っていますね。

「ユダヤ人という人種は存在しない」と言うのが私の考えです。

かつて昔、聖書の時代にユダヤ人種は存在したもしれないが、長い間の放浪と流浪の果てに定住した土地でその土地の住民と混血していったのである。

ハザール系ユダヤ人の場合はもともと白人だからユダヤ人種ではないが、聖書のユダヤ人でもヨーロッパ中を移動しているのだから、あちこちで白人と混血しているのである。

ユダヤ人の勤勉性と白人の知的頭脳が現代文明をつくり上げたのである。

それなら、なぜユダヤ人はあちこちで迫害されたり追放されたりしたのだろうと思うだろ。

それはユダヤ教そのものにある。

ユダヤ教の中に秘められている悪魔性と奇怪な慣習と儀式にある。

そこで、現代のユダヤ人は周りと巧くやっていくためにユダヤ教の密教の部分を言わないで秘密にしておくのである。

冒頭で「ユダヤ人種は存在しない」と言っているが、中東では明らかに白人じゃないユダヤ人がいると言いたいだろ。

それは聖書のユダヤ人が白人じゃない人種の人と混血したからである。その混血した人種のユダヤ人になっているのである。だから黒人と混血してゆけば黒人のユダヤ人になるのである。

ところがユダヤ人の勤勉性と白人の合理性の相性がいいのである。だから聖書のユダヤ人はヨーロッパに住み着いて白人と混血していったのである。もちろんハザール系のユダヤ人はもともと白人だが。

ということで、現代のユダヤ人とは人種は白人である。
すなわち「白人のユダヤ教徒」と言うのが正しい。

ナチスに迫害されたユダヤ人たちを欧米の人たちは「ホロコースト」と悲痛に叫ぶだろ。
それは迫害されたユダヤ人たちが自分たちと同じ白人だからさ。
もし迫害されたユダヤ人たちがみんな黒人のユダヤ人だったら欧米の白人たちは何とも思わないはずだぜ。
第二次世界大戦のとき、アメリカとソ連は黄色人種の日本人を300万人殺しているのに屁とも思わないだろ。
アメリカの白人たちは原爆で黄色人種の日本人を30万人殺しているのに何とも思わないだろ。

彼ら白人たちは自分たちだけが人間で有色人種は猿か豚くらいのレベルだと思っている。
だから核兵器も人間である白人だけが持つべきものと考えている。

じつにこの考えはユダヤ教のタルムードの教義と一致する。



ちなみにこの動画、

【9.11の真実】『新・霊界物語 十六話』~NWOを阻止せよ~
https://www.youtube.com/watch?v=rSGY1d6ggM8&list=PLTEQ4LklraVRq1fq3xbolEhHFm4lhBYVM&index=18

「ブレジンスキーは何人でしょうか」
「キッシンジャーは何人でしょうか」
「ユダヤ人です」
と語っているが、この動画製作者は
この「ユダヤ人」をユダヤ人種という意味で使っている。


しかし、ブレジンスキーもキッシンジャーも
ユダヤ人種ではなく、白人のユダヤ教徒である。


彼ら白人のユダヤ教徒は世界文明を語るときに必ず旧約聖書を持ち出すのである。
なぜなら旧約聖書こそが世界最古の唯一の詳しく書かれた文明書だからである。そしてこの文明こそが現代文明に繋がるユダヤ文明なのである。
キリスト教はユダヤ教から生じたものであるから白人のキリスト教徒もこれを認めざるを得ないのである。


下の動画の題名に注目してくれ。

The real and only truth about this world
https://www.youtube.com/watch?v=VvApvRL-LCE

The real and only truth about this world 2
https://www.youtube.com/watch?v=2JUKy--nNFg

The only truth about this world と書いてあるだろ。
彼ら白人から見れば唯一の世界観なのである。そして現代文明も彼ら白人たちがつくり上げたのである。他の人種の人間でこの白人の世界観に匹敵する考えを持っている人間がいるだろうか?



[PR]
# by kabu_kachan | 2017-04-10 22:12 | ユダヤ | Comments(1)

シリアを攻撃して喜ぶのはイスラエル

アメリカはイスラム国(ISIS)を先に潰すつもりだったが、そうするとアサド政権が強くなるからアサド政権を転覆させることを優先させたのかもしれない。
アサド政権を倒して親米政権にしてからイスラム国(ISIS)を潰すのである。しかしイスラム国(ISIS)はもともと裏でアメリカの支援があるから、シリアに親米政権ができれば自然となくなるのである。
これはアメリカのイラク戦争の時と同じですね。

    ☟

★アメリカのネオコンは元々トロツキスト ロシア系ユダヤ人
https://www.youtube.com/watch?v=fKY7YAYynUU



素朴な疑問。

トランプが「北朝鮮の核は人類にとって問題だ」と言っている。

北朝鮮の弁護をするわけではないが、アメリカもロシアも中国も核を持っているんですよ。なぜ北朝鮮が核を持つと問題なんですかね?
日本も核を持つと問題なんですかね?


ジェイ・エピセンター氏「日本が地球を救う!水は燃やせる!日本が産油国になれる。」ダイジェスト版ワールドフォーラム2014年7月
https://www.youtube.com/watch?v=O78q_gOsTr4&app=desktop

私と同じことを言ってるじゃないですか。
世界の富裕層と白人がNWOの世界を作りつつあるんですよ。


袖触れ合うも多生の縁                     『新・霊界物語 第百八十四話』
https://www.youtube.com/watch?v=vdqVu7JvNMY



[PR]
# by kabu_kachan | 2017-04-08 13:15 | 軍事 | Comments(7)