マスコミの3S政策(スポーツ・セックス・スクリーン)

■日本の惨状は闇の世界権力構造の縮図

【3S政策・日本人洗脳白痴化計画】『新・霊界物語 十九話』
https://www.youtube.com/watch?v=w30RSuafR1M


  マスコミが全部支配されている。これは怖いことです。
  今、マスコミは3S政策(スポーツ・セックス・スクリーン)で、朝から、松井が何本打って、イチローが何本打ったということばかりです。だから、みんな真実を知らない。日本人はこれで完全にやられています。だから、こういう本とか、活字の世界で日本人を目覚めさせる方向に持って行くことが必要です。

  今、マスコミは日本の五大権力(政界、財界、マスコミ界、官僚、知識人)の一つに成り下がっています。知識人にも変な人がいっぱいいます。一つのグループを形成していて、ウソだとわかっていることを、確信犯でいろいろなマスコミに出てしゃべっている。特に政治のことになると、ほとんどCIAの息のかかった人でないとしゃべれない体制が、だんだんつくられてきている。

  民主主義といっても、言論の自由もない。真実を語り合うことは、テレビでも大新聞でもご法度です。真実を言う人は怖くて生放送に出せないのです。私もいわれました。朝日新聞とかの人たちに、ちょっとでもそういう話をすると、目を伏せてしまって発言できない。何のためにジャーナリストになったのかといいたくなる。
  フルフォードさんがおっしゃるように、日本は今完全に闇の権力に支配されている状況です。しかし、それは闇の権力のミニチュア版として日本があるということではないでしょうか。

  9・11で行なわれたような闇の世界権力の自作自演・ねつ造は、実は枚挙にいとまがないのです。
                  ――『泥棒国家日本と闇の権力構造』(徳間書店)




[PR]
by kabu_kachan | 2012-07-18 22:56 | メディア | Comments(1)
Commented by それは「故意犯」です at 2014-12-16 15:32 x
>ウソだとわかっていることを、確信犯でいろいろなマスコミに出てしゃべっている.

それは「確信犯」ではなくて,「故意犯」ですね.
<< ユダヤ問題入門  第三次世界大戦は日本が目標 >>