山本五十六はフリーメイソンである(2)

『連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪』 中川八洋:著

第二節 怯儒に生きた"世界一の臆病提督"山本五十六

山本五十六とは、決して戦場には出撃しない、現場指揮はとらない、安全圏にいて自分の命を惜しむ、"卑怯"の二文字を絵に描いた、史上最低の高級軍人だった。連合艦隊司令長官でありながら、空母六隻を出撃させながら、パール・ハーバー奇襲の指揮を執らず、部下の南雲忠一・中将にそれをさせて、自分は瀬戸内海に浮かぶ「戦艦ホテル」で優雅な日々を過ごしていた。

一九〇五年五月の日本海海戦で、東郷平八郎が旗艦「三笠」の艦上ではなく、佐世保(長崎県)港に浮ぶ軍艦の一つで読書しながら、ただ吉報だけを待っていたなど、想像できようか。あるいは、一八〇五年のトラファルガル海戦で、「隻腕の大提督」ネルソンがロンドンから指揮を執っていたなど、歴史の旺としても考え付くものはいまい。。

しかも、バール.ハーバー奇襲は、山本五十六本人の発案である。自分が陣頭指揮を執るからと、海軍全体の了解を得たものである。ところがいざ出陣になると、山本は、「公約」を破り捨て、"率先垂範の指揮"という海軍伝統をも無視し、カード三昧の日々であった。

山本五十六は死刑 海軍刑法第四四条

一九四二年六月の、ミッドウェー海戦の場合はもっとひどく、山本五十六の指揮官としての臆病ぶりは、日本の戦史にも世界の戦史にも、こんな武将は前例がない。山本は、世界史上、〃最悪・最低の狂将"だった。織田信長や豊臣秀吉はむろん、徳川家康や黒田如水ですら、即座に切腹を命じただろう。山本五十六を「スーバー臆病」と断定してよい理由は、以下の通り。

第一は、ミッドウェー島攻略戦の発案者で最高指揮官でありながら、しかも戦艦「大和」に坐乗、、しているのにもかかわらず、空母四隻の前方二㎞にいるべき山本の「大和」が、あろうことか、この空母四隻よりはるか後方五四〇㎞に「逃亡=職場放棄」していた事実。

第二の理由は、四隻の空母の、三隻(赤城、加賀、蒼龍)が轟沈していくとき、山本五十六は、「遊び人」らしく将棋を差していた事実。前代未聞の「職務放棄」。この「職場放棄」と「職務放棄」は、海軍刑法第四四条、もしくは第三八条の定めに従って、山本五十六の罪は死刑である。

「第四四條指揮官その艦船軍隊を率ゐ 故なく守所もしくは配置の場所に就かずまたはその場所を離れたるときは左の区別に従て処断す
一、敵前なるときは死刑に処す
二、略
三、略」
「第三八条指揮官その尽くすべきところを尽くさずして敵に降りまたはその艦船もしくは守所を敵に委ねしたるときは死刑に処す」

空母一隻につき、海戦の場合、必ず、戦艦二隻を空母護衛のため、その前方と後方に張りつけなければならない。両脇は、巡洋艦と駆逐艦とが囲んでいなくてはならない。空母とは、最強の〃長槍の戦士"だが、鎧を着ていない。だから、鎧を着た重厚な戦士たちが、その前後左右にいて、"長槍の戦士"を護る「鎧代行」をする。また、当時の空母は、受信能力が低く、戦艦による「受信代行」も不可欠であった。

空母は、団子のように固めてはならず、原則一隻ずつで陣形を組む(図1)。バラバラが基本である。仮に複数空母をまとめるとしても、敵の航空攻撃の射程圏内に入るときは、決して二空母以上はしてならず、この場合、二空母を進行方向に縦列にする。ところが、ハワイに出撃した南雲の六空母陣形は、平時の観艦式のつもりなのか、あってはならない最も危険な陣形であった(図2)。たまたま、敵の空母部隊の攻撃がなかったのが幸運であった。

ミッドウェー海戦における南雲の四空母の機動部隊もまた、この艦観式ダイプの二列の団子形であり、戦場の現実がわからない、素人の陣形である。空母機動部隊の戦闘陣形も知らない山本五十六の、その"空母主義"など、現実から遊離した観念のレベルであった。山本にとって空母は、"豚に真珠"であった。空母を十全に働かせるには、戦艦「大和」こそ、これら空母の先頭にいて防空と通信の二大任務を果たしていなくてはならない。

実際にもミッドウェー海戦で、山本五十六が率いる直率の部隊には戦艦が三隻もあった。空母四隻のはるか後方でブラプラしていた役割不明の「警戒部隊(高須四郎中将の指揮)」には戦艦が四隻もあった。これだけでも七隻である。南雲・機動部隊(空母四隻、戦艦二隻)にこれを加えれば、戦艦はすべてで九隻も現場にいたのである。空母四隻を守る戦艦は、ちゃんと出撃していた。
[PR]
by kabu_kachan | 2013-01-08 04:47 | Comments(2)
Commented by HA2WA4NEW at 2017-12-05 18:32 x
実際にもミッドウェー海戦で、山本五十六が率いる直率の部隊には戦艦が三隻もあった。空母四隻のはるか後方でブラプラしていた役割不明の「警戒部隊(高須四郎中将の指揮)」には戦艦が四隻もあった。これだけでも七隻である。南雲・機動部隊(空母四隻、戦艦二隻)にこれを加えれば、戦艦はすべてで九隻も現場にいたのである。

ところがその九隻の大半は低速で、高速で航行する空母についていけるわけがなかった。(機動部隊の二隻は高速戦艦だが、日本は高速戦艦を計四隻しか持っていなかった)
「空母四隻を守る戦艦は、ちゃんと出撃していた。」だぁ?
そんなのは軍艦の頭数しか見ないで性能には目もくれない素人の戯言だ!

ミッドウェー海戦における南雲の四空母の機動部隊もまた、この艦観式ダイプの二列の団子形であり、戦場の現実がわからない、素人の陣形である。

中川が参考文献に挙げている戦史叢書には、この陣形の利点として「空母の護衛戦闘機を集中できる」というものが挙げられている。
結局戦闘機は空母を守り切れなかったじゃないかなんて意見はしょせん後知恵に過ぎない。

四隻の空母の、三隻(赤城、加賀、蒼龍)が轟沈していくとき、山本五十六は、「遊び人」らしく将棋を差していた事実。

そんな事実は存在しない。
中川がこの出鱈目の根拠として挙げているのは山本の従兵長だった近江兵治郎の著書の記述だが、この本は平成になって作られたもので、本人の記憶が加齢とともにあいまいとなっていったせいで事実誤認が相当あった。
そして近江以外の関係者は誰も空母轟沈の際山本が将棋を指していたなんて記憶していない。
つまりこれは『山本五十六の大罪』で中川がさんざん非難している「海軍関係者による歴史の捏造」であるにも関わらず、中川は「山本は無能極まる愚将だった」という自説に都合がいいからとこれを容認している。
これは明らかに読者を舐め切った詐欺行為だ!
Commented by HA2WA4NEW at 2017-12-05 21:40 x
中川が参考文献に挙げている戦史叢書

表現不足なので追記。
つまり中川は参考文献から自分に都合のいいところばかり抜き出して、「ミッドウェー海戦での機動部隊の陣形には一応空母の護衛戦闘機を集中できるという利点があった」などの少しでも自分の妄想に沿わない内容は無かったことにしているという事。

また「空母四隻の前方二㎞にいるべき山本の「大和」が、あろうことか、この空母四隻よりはるか後方五四〇㎞に「逃亡=職場放棄」していた」という説にはちゃんと反証が存在する。
軍令部の山本親雄は山本五十六が「ハワイから一歩も動かぬ」ニミッツを引き合いに出して最高指揮官は軽々しく前線に出るべきではないとの持論を述べていたことを回想録に記している。
しかし中川はこの回想録を「雑談レベルのお粗末な回想録」と決めつけろくに取り上げすらしなかった。
「バール.ハーバー奇襲は、山本五十六本人の発案である。自分が陣頭指揮を執るからと、海軍全体の了解を得たものである。」と中川は言うが、正確には「艦隊司令に格下げの上で」陣頭指揮を執るということであった。奇襲そのものはともかく格下げの上陣頭指揮が海軍全体の了解を得たという事実など存在しないことは言うまでもない。

「一九〇五年五月の日本海海戦で、東郷平八郎が旗艦「三笠」の艦上ではなく、佐世保(長崎県)港に浮ぶ軍艦の一つで読書しながら、ただ吉報だけを待っていたなど、想像できようか。あるいは、一八〇五年のトラファルガル海戦で、「隻腕の大提督」ネルソンがロンドンから指揮を執っていたなど、歴史の旺としても考え付くものはいまい。」
などと中川は言うが、そんなことはこの両者が勝者だから言えるのだ。
最高指揮官が真っ先に死にかねない場所に身を置くなど、本来ならよほどの事情がない限り狂気の沙汰と呼ばれるべきだ。
仮に山本がミッドウェー海戦で「赤城」あたりに座上し爆撃であっけなく戦死したとしたら、中川は「戦場には出撃して現場指揮をとり、自分の命など惜しみもしなかった名将」と褒めただろうか?
そんなことはありえない。
山本を貶めるためには手段を選ばない彼の事だ、「いたずらに前線に出て機動部隊の指揮系統を乱した挙句無意味に戦死した」とでも糾弾していた事だろう。
<< 山本五十六はフリーメイソンであ... 山本五十六はフリーメイソンであ... >>