「ほっ」と。キャンペーン

東日本大震災は人工地震である(2)

★ベクテル社と「ちきゅう」の関係

・地球深部深部掘削船「ちきゅう」には、外国人が多数乗船しています。「ベクテルの工事をしたところに地震あり」とまで言われているベクテル社の技術者が多数参加しているらしい。ちなみに、アメリカの超巨大ゼネコン世界最大の建設会社ベクテル社は年間売上4兆円を超す巨大企業で、日本の16社もの建設会社をすべて足した規模を持つのに株式非公開。ベクテル社がボーリング工事を行った明石海峡大橋の真下は、阪神・淡路大震災の震源地。311後の東京湾定点反復地震の震源地として怪しまれている“海ほたる”はベクテル社が工事を手掛け、各地でベクテル社が関わっています。


★下の動画の中ほどに、阪神大震災と東日本大震災が<人工地震>であることの証拠となる<地震波形>が出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=XOmqFQhVdBI#t=11


★この画像 ↓ が『阪神淡路大震災の地震波形』である。


地震波形が突然、削除されました!

↑画像の②が核爆弾による人工地震の波形。③が自然地震の波形です。 自然の地震は必ずP波とS波がある。

https://www.youtube.com/watch?v=5GrztPIGTW4&list=PLA749FE80F7A79133

★もう一度、よ~く見ていただきたい。

これが自然地震の地震波形であろうか?


やはり、阪神淡路大震災にも核爆弾が使われたのだろうか?

阪神淡路大震災の震源地は、明石海峡大橋の真下である。
明石海峡大橋は「謎の企業ベクテル社」が建設している。



「ちきゅう」は、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)だったのが、アメリカで始まった深海掘削計画(DSDP)が発展した総合国際深海掘削計画(IODP)という国際組織の下請けにいつのまにかなりました。

たぶん、「ちきゅう」は人工地震を起こす為には何処の場所に核兵器を仕掛ければいいか調べているのかもしれない。その後、潜水艦で...。ただ、この「ちきゅう」でも公式で、人工地震を発生させると言っているので、使う爆弾を核爆弾にしてあげれば威力は上げられますね。

https://www.youtube.com/watch?v=r2Wi-7qgPvY&index=1&list=PLA749FE80F7A79133

・ベクテルは、ブッシュ元大統領のファミリー会社であり、阪神大震災前に明石海峡大橋のボーリング工事を行なっていた個人企業です。ベクテルの工事完了後に、あの阪神・淡路大震災が発生しました。

★下の動画の中ほどに、阪神大震災と東日本大震災が<人工地震>であることの証拠となる<地震波形>が出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=XOmqFQhVdBI#t=11


311の直前まで掘削機「ちきゅう」をレンタルして東北沖合で作業をしていたのもベクテル系列の会社と言われています。「ちきゅう」の乗組員・作業員は全員ユダヤ人でした。そして、福島第一原発の管理と汚染水処理にもベクテルは一枚噛んでいます。
さらに、東京湾のうみほたるを建設したのもベクテル。そして、5月に東京湾で「ちきゅう」をレンタルして不発弾処理と称する作業をしていたのもベクテル。
日本の大災害には、かならずといっていいほどベクテルが登場します。いったい、ベクテルは何をしようとしているのでしょうか?

・人工地震の発生方法は山本寛氏の著書【仮説】巨大地震は水素核融合で起こる!を読めば納得出来ます。
中越地震の原因はCO2注入施設と言う。
その他ダムの建設やボウリング調査でも水が地底に浸透し水素核融合が発生し、地震を誘発する。
この原理が分かれば、水爆を使用しなくても、ボウリングマシンで海底に穴を開ければ地震を意図的に発生せせることが出来る。
探査船ちきゅうはまんまと利用された可能性がある。

★科学掘削船・ちきゅう

2001年起工、日米主導の統合国際深海掘削計画(IODP、6か国から16人の科学者が参加するチーム)の名の下で働く科学掘削船、実質アメリカ専属で使用されている可能性がある。 2500mの海底下、7500mまで掘削可能。 全長121メートルの掘削塔、重量5万7500トン、開発費600億円。
南海トラフでは、マントルの調査が可能として、掘削パイプを海底下4000メートルまで下ろし、そこからさらに7000メートル下にある実際のプレートの衝突点まで掘削することが期待されている。
東日本大震災(八戸港停泊中(アリバイ工作として311の日には、子供たちを船内に招いて一般見学させていた?)、津波を避けるため一時沖合いに退避)も含め、震災前後にいつもそこにいたという隠しようのないGPS履歴による足跡がリアルタイムでネット上に残されている。(原爆のスイッチを入れる予備軍の役割と、状況報告のためか?)
また、その乗組員が失言的に、自分たちの行なっている仕事をインタビューの中で堂々と暴露してしまった動画映像もネット上で広く公開され物議をかもしている。(・・・ ”その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です”) これは、核爆弾ではなくても、地中の発破によって人工地震を発生させる技術を持っているということである。
その後、移動し、東京湾・海ほたるの近くで長期停泊していたのは、前述の通り。このとき、湾に低気圧ができて、突風が吹き、粘着性の雨が降ったことが報告されている。

2005年秋から下北半島東方沖と駿河湾沖で掘削試験航海終了。予定している公式な業務として、静岡県の清水港、紀伊半島沖の南海トラフの掘削計画(2007年9月~・現在 事業仕分けで作業中断中)がある。
確かに地震が頻発する時代に入っているが、人工地震は自然地震よりも破壊力が大きい。今後、”ちきゅう”の動きや米の軍事演習など、特に、南海トラフ付近での行動に注意していく必要がある。
(”ちきゅう”が宮城県沖に長期間滞在した記録はないが、そのかわりに、震災の4ヶ月前に大規模な日米合同演習(2010 10/27~11/4、米第7艦隊14隻、日本艦隊30隻以上、航空機200機以上)が行なわれている。)



    ☟
★ちきゅう号 探査と称して 穴を掘る
http://kabukachan.exblog.jp/25077563/

[PR]
by kabu_kachan | 2013-02-09 11:41 | 地震 | Comments(2)
Commented by コロコロ at 2017-01-18 04:04 x
では、関東大震災や新潟地震は?
Commented by kabu_kachan at 2017-01-18 07:05
私は、「東日本大震災が人工地震の可能性が高い」と言っているんですよ。関東大震災はあなたが調べたらどうですか?
人に聞く前に自分で調べるんですよ。
<< 東日本大震災は人工地震である(3) 東日本大震災は人工地震<謎の企... >>