ハリウッドの歴史

映画の起源は、1895年にフランスのリュミエール兄弟が発明した 「シネマトグラフ」 で、フランスとイタリアを中心に映画産業は発達して行きました。

その繁栄は、カンヌ音楽祭や、ヴェネチア音楽祭からも、うかがい知る事が出来ます。

その後、映画はアメリカに伝わり、1900年頃のアメリカではニューヨークやシカゴが映画産業の中心でしたが、

1908年に映画製作者、関連機器製造者、フィルム製造業者ら9社が、それぞれの特許を持ち寄り管理するMotion Picture Patent Companyを設立し、これに参加しない企業には高額な特許を請求したため、独立系の映画製作者たちはロサンゼルスで制作活動を始めるようになりました。

Motion Picture Patent Companyは、1915年に反トラスト法違反とされ、1917年に会社は消滅し、これを機にCompany参加業者や他の映画関係者達も、次々にハリウッドに拠点を移し、映画産業の舞台は、アメリカ東部から西部のハリウッドに移ることになります。

ハリウッド初期の映画産業は、ロシア・東欧から移民してきたユダヤ人で占められていますが、これはロシアに於けるユダヤ人迫害「ポグロム」と無縁ではありません。 この迫害により1880年から、1920年にかけてアメリカにやってきたユダヤ人は200万人を超えるとも言われており、ハリウッドの映画会社は、全てユダヤ人たちが創ったものです。
Hollywoodism: Jews, Movies and the American Dream PosterThe history of the influence of Eastern European Jewish Emigre culture has had on Hollywood and the films created in its golden age.


Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk

An Empire of Their Own: How the Jews Invented Hollywood is a non-fiction book whose topic is the careers of several prominent Jewish film producers in the early years of Hollywood. Author Neal Gabler focuses on the psychological motivations of these film moguls, arguing that their background as Jewish immigrants from Eastern Europe shaped their careers and influenced the movies they made.

Gabler's main thesis is that these producers (whom Gabler terms "Hollywood Jews") generally came from poor, fatherless backgrounds, and felt like outsiders in America because of their Jewishness. In Hollywood, these producers were able to run their own industry, assimilate into the American mainstream, and produce movies that fulfilled their vision of the American Dream. Gabler asserts that the nature of their business and their movies can often be traced back to their feelings of alienation as immigrants.

The book also explains that the business background of the Hollywood Jews in theatre-ownership, retail distribution, and the garment industry shaped the approach these studio owners took to crafting movies for a popular audience, one similar to the marketing of films as commodities as well as works of art.

The book won the 1989 Los Angeles Times Book Prize for history[1] and the 1989 Theatre Library Association Award.[2]



「パラマウント」は、ハンガリー系ユダヤ人のアドルフ・ズーカーが創立。

「20世紀フォックス」 を創立したのは、ハンガリー系ユダヤ人のウィリアム・フォックスで、アメリカでのスタートはソーダ水とサンドウィッチを売り歩く行商人。

「ユニバーサル映画」 を創立した、カール・レムリもハンガリー系ユダヤ人。

「ワーナー・ブラザーズ」 を創立した、ベンジャミン・ワーナーは、ポーランド系ユダヤ人で、アメリカでのスタートは靴の修理屋としての行商。

「メトロ」 を創立したのは、ユダヤ人のマーカス・ロウ。

「MGM」 の母体は「メトロ」で、ユダヤ人のマーカス・ロウ、ユダヤ人のサミュエル・ゴールドウィン、ロシア系ユダヤ人のルイス・B・メイヤーが創立。 MGMは彼らの名前を合わせたものです。 ちなみに、ルイス・B・メイヤーはアメリカではクズ屋からのスタートで、彼がMGMを創設しました。 

また、彼の呼びかけで1927年にアカデミー賞の授与がスタートし、アカデミー賞のトロフィー(オスカーの黄金像)はMGMの美術監督にデザインさせた物です。

第1次世界大戦(1914-1918)の後、多くの映画制作者がヨーロッパから渡米してきましたが、中でも有名な人物は、アルフレッド・ヒッチコックです。

こうして、戦禍にあったヨーロッパにとって代わり、アメリカのハリウッドが映画産業で世界の頂点に立つようになりました。

そうして、第2次世界大戦では、映画はプロパガンダに利用され、ゲルマン民族主義のナチスと、ユダヤ人のハリウッドは激しく映画でも戦うようになります。

また、ロシアのベラルーシ出身のユダヤ人、マイヤー・ランスキーが、ネバダ砂漠のラスベガスにギャンブル王国を築き、歴史に名を残す事になりましたが、余った金をハリウッドにもつぎ込みました。ラスベガスで真っ赤にライトアップされたホテルフラミンゴは彼がつくったものです。

http://kabukachan.exblog.jp/18920688/


フリッツ・スプリングマイヤー


こちらがイルミナティマフィアに支配されたハリウッドです。米国の映画産業を支配している主要な団体の一つは米国音楽コーポレーションです。独占できる理由は、労働組合とデキているからです。ロナルド・レーガンも、米国音楽コーポレーション、スクリーン俳優組合、米国音楽家連盟との間に秘密で特別の契りを交わしました。そのようにして、イルミナティでないと競争から落とされます。例としてラット・パックを挙げました。ラット・パックとは、ディーン・マーティン、フランク・シナトラ、サミー・デイビス・ジュニア、ピーター・ローフォード、ジョーイ・ビショップで、彼らは悪魔崇拝とマフィアとマインドコントロールに繋がっていました。イルミナティの家系は代々こ れに関わっています。ハリウッドを支配する企業の経営陣を見てみると、そこにはイルミナティの存在があります。例えば20世紀フォックスの理事にはイルミ ナティのウィリアム・ランドルフ・ジュニアがいますし、会長のマルコム・マッキンタイヤもやはりイルミナティです。



★Famous Jews who changed their names
https://www.youtube.com/watch?v=7zS7aMGByxY

★Famous Jews in Hollywood
https://www.youtube.com/watch?v=GOJZ5TIlc3M

Top 150 actors with jewish origins. @
https://www.youtube.com/watch?v=U7AbdFXSUMA


All jews actors born since 1940 Part 1 ('40 - '69s) @
https://www.youtube.com/watch?v=8RoLiGYlzZ8

All jews actors born since 1940 Part 2 ('70 - 2000s) @
https://www.youtube.com/watch?v=77665nc8uBo

とりあえず以下に、有名なユダヤ人監督・ユダヤ人俳優を少しだけ載せておきたいと思う。(※ 東欧ユダヤ系に限定しない。出身地はバラバラ。ダスティン・ホフマンはアメリカ生まれのロシア系だが、ナタリー・ポートマンはイスラエル生まれである)。

スタンリー・キューブリック監督は、NYマンハッタン生まれ。両親は、オーストリア・ハンガリー系ユダヤ人開業医。長男。1999年3月7日に英国で死去。心臓発作といわれているが、本当の死因は不明。「暗殺」とする説あり。件のインタビューは1999年3月4日の収録ということらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=KPHRpFFRDUk


映画監督としては、世界最高のヒットメーカーの一人として挙げられるスピルバーグは、アメリカ生まれのロシア系ユダヤ移民3世である(彼は日本漫画のファンであり、親日家としても有名)。

ジョージ・キューカー 映画監督。「スタア誕生」「マイ・フェア・レディ」など
ウィリアム・ワイラー 映画監督。「嵐ケ丘」「ローマの休日」「ベン・ハー」など
ビリー・ワイルダー  映画監督。「昼下がりの情事」「アパートの鍵貸します」など
ロバート・ワイズ   映画監督。「ウエストサイド物語」「サウンドオブミュージック」
エリア・カザン    映画監督。「紳士協定」「欲望という名の電車」「エデンの東」など
ミロシュ・フォルマン 映画監督。「カッコーの巣の上で」「アマデウス」など
カレル・ライス    映画監督。「熱い賭け」「フランス軍中尉の女」など
シドニー・ポラック  映画監督。「トッツィー」「愛と哀しみの果て」など

ロマン・ポランスキー 映画監督。「ローズマリーの赤ちゃん」」「テス」など
ロバート・アルトマン 映画監督。「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」など
ロブ・ライナー    映画監督。「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」など
マイク・ニコルズ   映画監督。「卒業」「心の旅」「ウルフ」「バードケージ」など
バリー・レビンソン  映画監督。「レインマン」「わが心のボルチモア」「トイズ」など
スタンリー・キューブリック 映画監督。「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」など
スティーブン・スピルバーグ 映画監督。「ジョーズ」「ET」「シンドラーのリスト」など
スティーブン・ソダーバーグ 映画監督。「セックスと嘘とビデオテープ」など

コーエン兄弟     映画監督。「バートン・フィンク」「ファーゴ」など
メル・ブルックス   映画監督。「プロデューサーズ」「珍説・世界史パート1」など
オリバー・ストーン  映画監督。「プラトーン」「7月4日に生まれて」「JFK」など
フィリップ・カウフマン映画監督。「存在の耐えられない軽さ」「ライジング・サン」など
ブライアン・シンガー 映画監督。「ユージュアル・サスペクツ」「ゴールデンボーイ」など
デヴィッド・フィンチャー 映画監督。「エイリアン3」「セブン」「ファイト・クラブ」など
アイヴァン・ライトマン  映画監督。「ゴーストバスターズ」「ツインズ」「ジュニア」など
エドワード・ズウィック  映画監督。「レジェンド・オブ・フォール」「戦火の勇気」など


ウディ・アレン    出演するだけでなく、脚本も書き監督もこなす才人
マルクス兄弟     トーキー初期のドタバタ喜劇映画で活躍
ダニー・ケイ     「虹を掴む男」など、TV番組「ダニー・ケイ・ショー」
トニー・カーティス  「お熱いのが好き」「パリで一緒に」「グレート・レース」など
ポール・ニューマン  「明日に向かって撃て!」「ハスラー」「スティング」など

エリザベス・テーラー 「家路」「クレオパトラ」「じゃじゃ馬ならし」など
ナタリー・ウッド   「理由なき反抗」「ウエスト・サイド物語」など
ジューン・アリスン  「若草物語」「グレン・ミラー物語」など
ドリス・デイ     「知りすぎていた男」「夜を楽しく」など
リタ・ヘイワース   「ギルダ」「上海から来た女」「血と砂」など

ディーン・マーティン  「キャノンボール」「ザッツ・ダンシング」など
チャールズ・ブロンソン 「機関銃ケリー」「ブレイク・アウト」「狼よさらば」など
ウォルター・マッソー  「恋人よ帰れ!我が胸に」「おかしな二人」「JFK」など
ジェームズ・カーン   「雨の中の女」「遠すぎた橋」「イレイザー」など
ハーヴェイ・カイテル  「バグジー」「アサシン」「フェアリーテイル」など
リチャード・ドレイファス「グッバイガール」「陽のあたる教室」など
エイドリアン・ブロディ 「わが街セントルイス」「エンジェルス」など

ダスティン・ホフマン  「クレイマークレイマー」「パピヨン」「卒業」など
ビリー・クリスタル   「恋人たちの予感」「地球は女で回ってる」など
ジーン・ハックマン   「フレンチ・コネクション」「許されざる者」など
ピーター・フォーク   「刑事コロンボ (TVM)」「カリフォルニア・ドールズ」など
ジェリー・ルイス    「底抜け大学教授」「キング・オブ・コメディ」など
ハリソン・フォード   「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」など
リバー・フェニックス  「スタンド・バイ・ミー」「旅立ちの時」など

ジェフ・ゴールドブラム 「ザ・フライ」「ジュラシック・パーク」など
デイヴィッド・ドゥカヴニー「Xファイル ザ・ムービー」など
レナード・ニモイ    「スター・トレック」「SF/ボディ・スナッチャー」など
ベン・スティラー    「メリーに首ったけ」「ケーブル・ガイ」など
アダム・サンドラー   「ビリーマジソン」「ハッピーギルモア」など
ロブ・シュナイダー   「ジャッジ・ドレッド」など
スティーブン・セガール 「沈黙の戦艦」「暴走特急」「グリマーマン」など

メリル・ストリープ   「クレイマークレイマー」「ソフィーの選択」など
ゴールディー・ホーン  「永遠に美しく」「世界中がアイ・ラヴ・ユー」など
ベット・ミドラー    「フォー・ザ・ボーイズ」「殺したい女」「ステラ」など
バーバラ・ストライサンド「ファニー・ガール」「マンハッタン・ラプソディ」など
アリシア・シルバーストーン「ダリアン/美しき狂気」「クルーレス」など
ローレン・バコール   「プレタポルテ」「マンハッタン・ラプソディ」など
サラ・ジェシカ・パーカー「エド・ウッド」「マーズ・アタック」など

キャリー・フィッシャー 「スター・ウォーズ」「メイフィールドの怪人たち」など
ナタリー・ポートマン  「レオン」「ビューティフル・ガールズ」など
ウィノナ・ライダー   「恋する人魚たち」「エイジ・オブ・イノセンス」など
ソーラ・バーチ     「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」など
クリスティーナ・リッチ 「アダムス・ファミリー」「キャスパー」など


Hollywood Jewish Control
https://www.youtube.com/watch?v=DtJQlw-ZjT4

※ まだまだいるが、これぐらいにしておきます。




 


 

●ちなみに、1980年代前後、日本経済に対するアメリカの風当たりが強くなる中で、日本を礼賛する本を書いた著者の多くはユダヤ人であった。

有名な『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(1979年)の著者エズラ・ヴォーゲル、「日本の大躍進」を予言した『それでも日本は成長する』(1978年)の著者ハーマン・カーン、『第五世代コンピュータ 日本の挑戦』(1983年)の著者エドワード・ファイゲンバウムなどは皆、日本を礼賛する本を書いたユダヤ人学者である。

 

●先に紹介した「企業経営の神様」であるピーター・ドラッカーも、親日ユダヤ人で、彼は著書『新しい現実』(1989年)の中で次のように述べている。

「20世紀も終わりに近づいて、無数の独立国ができたが、それは全部日本の真似であった。これらの独立国の共通点は、全部自分たちで政治をやりたいということ、そして外国の優れた技術、制度、法律をいれようということであり、それは日本の明治維新の真似である。だから、20世紀に本当に政治的に成功したのは日本だろう。」

日本画を集めるのが趣味であるという。

 

●未来学者として有名なアルビン・トフラーは、1980年に出した著書『第三の波』で、「高度情報化社会」が到来することを“予言”したが、彼もユダヤ人である。

彼が1980年に出した『第三の波』(日本放送出版協会)。
世界中の人々に大きな影響を与えた。

 

●世界的にみると、ユダヤ人の哲学者・思想家・心理学者は数多く存在する。

有名なところでは、スピノザ(オランダ)、モーゼス・メンデルスゾーン(ドイツ)、ジークムント・フロイト(オーストリア)、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン(オーストリア)、マルチン・ブーバー(イスラエル)、クロード・レヴィ=ストロース(フランス)、アンリ・ベルクソン(フランス)、ジャック・デリダ(フランス)などがいる。


 ●アメリカに関係するのは以下のユダヤ人(心理学者)たちである。


■アルフレート・アドラー ………

オーストリア生まれのユダヤ人。フロイトやユングと同時期に活躍し、「劣等感」という概念を発見。世界で初めての「児童相談所」を作り、「人間教育」に力を入れた。欧米ではフロイト、ユングと並んで心理学の三大巨頭と呼ばれるが、日本での知名度は低い。大戦中にアメリカに亡命。(同じユダヤ人であるフロイトはイギリスに亡命した)。「アドラー心理学」はフロイトの学説のような「性」に偏向することもなく、ユングの学説のような「神秘主義」に偏向することもなく、人間の常識(アドラーは「人間知」と呼んだ)に基づいて理論を発展させているのが特徴。


■アブラハム・マズロー …………

ニューヨーク生まれのユダヤ人。アメリカの心理学者。フロイトの精神分析が、人間をネガティブな面から捉えたのに対して彼は「自己実現をする存在」と捉えた。人間の欲求自体を否定しなかった。それは階層的に高まっていくと考えたのである。下部の欲求が満たされれば、成長を続け、ますます健康になると考えたのである。マズローは「トランスパーソナル心理学」の源流を作った人である。


■エーリッヒ・フロム
 ……………

フランクフルト生まれのユダヤ人。アメリカの心理学者。(ナチに追われて1933年にアメリカに亡命)。精神分析的方法を社会現象に適用する「新フロイト主義」の立場にたち、精神分析学を社会心理学の領域に押し進めた。


■フリッツ・ハイダー
 ……………

オーストリア生まれのユダヤ人。1930年代にアメリカに亡命。クラーク大学付設の聾唖学校に職を得て聾唖者の心理学的研究を行なう。「ゲシュタルト理論」と同じ立場で、対人関係の知覚問題を解明した。
フロイトやユングと並ぶ心理学の三大巨頭の一人であるユダヤ人。「劣等感」という概念を発見した。

●そのほかにも、アメリカで「学者」として成功したユダヤ人には、

ロシア系ユダヤ移民で「ストレプトマイシン」を発見してノーベル賞を授与されたセルマン・ワクスマン、ロシア系ユダヤ移民で「避妊用ピル」の発明者グレゴリー・ピンカス、ロシア系ユダヤ移民2世で世界で初めて小児麻痺(ポリオ)のワクチンの開発に成功したジョナス・ソーク、

ドイツ生まれのアメリカ物理学者で干渉計の考案と光速度の研究でノーベル賞を授与されたアルバート・マイケルソン、ドイツ生まれのアメリカ人類学者で「文化人類学」を確立したフランツ・ボアズ、ポーランド生まれのアメリカ生化学者でビタミンBにあたる物質(← 鈴木梅太郎が前年に発見した「オリザニン」と同じ物質)を発見して「ビタミン」と命名したカシミール・フンク、

ロシア系ユダヤ移民の血をひきヘリウム3の「超流動」を発見してノーベル賞を授与されたダグラス・オシェロフ、ドイツ生まれのアメリカ物理学者で「ニュートリノ」を発見してノーベル賞を授与されたジャック・シュタインバーガー、超弦理論において「M理論」を提唱し数学と素粒子物理学に関する多大な業績を上げたエドワード・ウィッテンなどがいる。

(このほかにもまだいるが、きりがないのでこれぐらいにしておこう)。

※ 歴代のノーベル賞受賞者を調べてみると、経済で60%以上、医学で20%以上、物理で20%以上、化学で10%以上、文学で10%近くの受賞者がユダヤ人である。

 

 

●アメリカで作家として成功したユダヤ人もいる。


ノーマン・メイラー     『裸者と死者』
ハーマン・ウォーク     『ケイン号の反乱』
アーサー・ミラー      『セールスマンの死』
ジェローム・サリンジャー  『ライ麦畑でつかまえて』
ソール・ベロー       『宙ぶらりんの男』   
1976年ノーベル文学賞受賞
アイザック・アシモフ    『われはロボット』
アーウィン・ショー     『富めるもの貧しきもの』
アイン・ランド       『肩をすくめたアトラス』
アイラ・レヴィン      『ローズマリーの赤ちゃん』
アイザック・シンガー    『愛のイエントル』   
1978年ノーベル文学賞受賞
ポール・オースター     『孤独の発明』
フィリップ・ロス      『ポートノイの不満』
ハイム・ポトク       『ゼブラ』
バーナード・マラマッド   『ユダヤ鳥』
ヨシフ・ブロツキー     『ヴェネツィア』    


1987年ノーベル文学賞受賞

 


(左)ピュリッツァー賞作家のアーサー・ミラー。20世紀で最も傑出した劇作家といわれる。
彼の2番目の妻はマリリン・モンローである。 (中央)ジェローム・サリンジャー。
32歳で『ライ麦畑でつかまえて』を発表し、大人の世界に反発する
若者の心を見事にとらえ、全世界の若者たちを魅了した。
(右)
ソール・ベロー。ロシア系ユダヤ移民の子。
1976年度のノーベル文学賞を受賞。


(左)アイザック・アシモフ。ロシア系ユダヤ人として生まれ、3歳の時に家族
とともにアメリカに移民した。作家として成功し、その著作は500冊以上を数える。
(中央)アイン・ランド。ロシア生まれのユダヤ人女性。20歳の時にアメリカに移民。
アメリカの「リバータリアニズム」という政治思想潮流形成に大きな影響を与えた。
アメリカの一般読者が選ぶ「20世紀の小説ベスト100」で、彼女の小説は
第1位と2位と7位と8位を占めた。 (右)アイザック・シンガー。
1978年度のノーベル文学賞を受賞。


太平洋の孤島で日本軍との戦闘を描いた『裸者と死者』で知られる。彼は
後に「日本は私が見た国のうちで最も美しい国でした」との印象を述べている。
(中央)フィリップ・ロス。ユダヤ系移民の家庭を描いた 『さようならコロンバス』で
作家デビューし、全米図書賞を受賞。ニューヨークに住むユダヤ人の若者とその母親
との屈折した関係を描いた長編『ポートノイの不満』は年間ベストセラーの1位に輝いた。
(右)ハイム・ポトク。アメリカの作家でありユダヤ教のラビでもある。ローティーンの
少年少女の成長を描いた短編集『ゼブラ』は日本でも人気がある。

(左)ピュリッツァー賞作家ハーマン・ウォーク。ロシア系ユダヤ移民の子
としてニューヨークで生まれた。 (中央)バーナード・マラマッド。ロシア系
ユダヤ移民の子としてニューヨークで生まれた。ベロー、メイラー、ロスらとともに、
1950~60年代のユダヤ人作家隆盛の一角をなす。全米図書賞を2度受賞。
(右)ヨシフ・ブロツキー。ロシア生まれのユダヤ詩人。1972年に亡命して
アメリカに渡り、詩とエッセイを発表
。1987年にノーベル文学賞を受賞。


第2作『ローズマリーの赤ちゃん』も大ヒットし、映画化されて
オカルトの一大ブームを巻き起こした。1976年にはスリラー小説
『ブラジルから来た少年』を発表し、これも映画化された。1991年に
出した『硝子の塔』もヒットし、映画化された(シャロン・ストーン主演)


(右)1978年に映画化された『ブラジルから来た少年』(DVD)
この作品はナチス復興とクローン計画の恐怖を描いたSFサスペンスで、
日本では劇場未公開に終わったが、現在はDVDで観ることができる。

ヒトラーのクローンを再生させようとするナチスの科学者メンゲレ博士と、
それを阻止しようとするナチ・ハンターのユダヤ人リーバーマンとの対決が
見どころ。名優グレゴリー・ペックがメンゲレ博士を不気味に怪演。

 

●『ゲームの達人』や『真夜中は別の顔』など世界的ベストセラーで知られるアメリカの作家、シドニー・シェルダンもユダヤ人である。

彼は小説家になる前は脚本家として活躍しており、映画『独身者と女学生』(1947年)でアカデミー賞の脚本賞を受賞。ブロードウェーでミュージカル脚本も手掛け、『レッド・ヘッド』でトニー賞を受賞している。ある時のブロードウェーでは3ヶ所の劇場でシェルダン作の劇を演じていたほどの人気だったという。

50歳を過ぎてから小説を書き始め、これが大ブレーク。発行部数の記録はギネスブックに載るほど。(全作品の売上げ総数は3億部を越えている)。

彼は日本では、英語学習教材「イングリッシュ・アドベンチャー」(アカデミー出版社)に小説を提供しており、日本での知名度はかなり高い(多くのファンがいる)。

 

●コミック作家として成功したユダヤ人もいる。

例えば、「スーパーマン」の生みの親であるジェリー・シーゲルとジョゼフ・シュスター、「スパイダーマン」や「X-MEN」の生みの親であるスタン・リー、「バットマン」の生みの親であるボブ・ケインなどである。彼らの成功によって、新しい文学ジャンルをベースとする新産業=「コミックブック産業」が栄えた。

(余談になるが、これらコミックヒーローの名前は「~マン」で共通しているが、「~マン」という名前はもともとユダヤ人に多い名前である。その他に「~バーグ」「~スタイン(シュタイン)」もユダヤ人に多い名前である)。


●一般にユダヤ人は、実力一本でやっていける医者や弁護士などの知的職業を選ぶ人が多い。アメリカ医学界に占めるユダヤ人のパーセンテージはきわめて高い。

現在アメリカのユダヤ人弁護士は14万人、ユダヤ系法律事務所は2万2000に達するといわれる。

教師もユダヤ人が多い。ニューヨーク市の学校教師の半分はユダヤ人で、同市の学校ではユダヤ教の祭日は休みになるほどだ。


●今日、アメリカ・ユダヤ人の実業界の指導者たちが懸念していることは、あまりにも多くの優秀なユダヤの若者が、学問の世界や知的専門職へと進路を目指していくために、ビジネスの分野へ進む優秀な人材が年を追うごとに減少していく事態であるという。そのことは実業界におけるユダヤパワーの相対的低下を招くからだという。


●なお、次のようなデータを載せておくのも賢明だろう。

現在、アメリカのユダヤ人は約600万人だが、そのうち80万人は貧困階層で、とくに高齢者では年間収入4000ドル以下の者が44%もいる。ニューヨーク市で生活保護を受けているユダヤ人は25万人にのぼり、黒人その他のグループについで、同市では3番目に大きな貧困者群を構成している。これなどは、ユダヤ人は金持ちだという伝説を、まっこうからひっくり返す例となっている。

アメリカのユダヤ人は、富める者と貧しい者含め、実にさまざまな人間がいるといえよう。ダイナミックである。

 

─ 完 ─

 

 

http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc200.htmlより


[PR]
by kabu_kachan | 2013-12-13 20:35 | ユダヤ | Comments(0)
<< マスコミの支配者 戦争ビジネス >>