テレビの正体

★「テレビと新聞を支配する者は、世界の人民(ゴイム)を支配できる」ことに世界史上、最初に気づいたのは偽ユダヤ人である。そして現在、一部の偽ユダヤ人がアメリカのテレビと新聞を支配している。




http://www.veteranstoday.com/2015/10/23/neo-please-pay-attention-there-is-no-war/

 
宇野正美氏の名講演
https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

タルムード①
http://kabukachan.exblog.jp/21829084/
タルムード②
http://kabukachan.exblog.jp/21829258/

ニューヨークはユダヤ人のエルサレム
https://www.youtube.com/watch?v=rtxxk2d_0C8

●ユダヤ人によるアメリカ新聞界の支配
http://kabukachan.exblog.jp/18920704/

●ユダヤ人によるアメリカテレビ界の支配
http://kabukachan.exblog.jp/18920697/

●ユダヤ人によるアメリカテレビ界支配の歴史
http://kabukachan.exblog.jp/18516341/

●ユダヤ人によるアメリカ新聞界支配の歴史
http://kabukachan.exblog.jp/18516347/


★そしてアメリカのテレビと新聞は、日本のテレビと新聞を支配している。それゆえ、日本のテレビと新聞は、いつもアメリカに論調を合わせる。特に国際問題では、常にアメリカ寄りである。まさにアメリカ(ユダヤ)のポチ(羊)である。


太田龍氏は、テレビをイルミナティによる洗脳の道具と見なし、「白痴製造機」と呼んでいた。

【3S政策・日本人洗脳白痴化計画】『新・霊界物語 十九話』
https://www.youtube.com/watch?v=w30RSuafR1M


●宇野正美氏の講演①
http://www.youtube.com/watch?v=3Xp0HxvEiBo


★彼らに事情を悟らせないために、われわれはマス・レジャーを盛んにする。やがてわれわれの新聞で芸能、スポーツがもてはやされ、クイズも現れるだろう。これらの娯楽は、われわれと政治闘争しなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させてしまう。こうして人間は次第に、独立して自ら思索する能力を失い、すべてわれわれの考える通りにしか考えられないようになる。そのとき表面的には我々と関わりのないようなものによって、彼らに新しい思想を提供する。

我々の権力が確定されれば、自由主義的空想家の役割りは終りを告げる。
だがそれまで彼らは大層我々の役に立つ。
我々は、彼らが進歩的だと思い込んでいる空想論へ人民の考えを導いてきた。
つまり、我々は〈進歩〉という言葉を用い、お粗末な非ユダヤ人の頭脳を狂わせたのである。

物質上の発明にあてはめる以外、進歩という言葉は真理を覆うものだ、と非ユダヤ人の誰一人として気付いていない。もっとも真理は唯一ひとつあるだけで、この世に進歩の余地などあろうはずがないのだ。

神の選民である我々にしか認めない真理を、この誤った思想の〈進歩〉が覆い隠すのに役立っているわけである。
我々の時代が来たとき、今まで世界を擾乱に陥れ、ついに神聖な法律に服させた大問題を、我々の雄弁家が説明するだろう。
すべてのことが、幾世紀にもわたって我々の計画で謀られたことを誰も気付かなかったが、そのときこそはっきりするに違いない。
(「シオンの議定書」第十三の議定)


●宇野正美氏の講演②
http://www.youtube.com/watch?v=aPik-vSW26Q


★どんな情報も、われわれの目を通さずには公表されないだろう。
全世界のニュースは若干の通信社によって集められ、そこでリライトされ、初めて各新聞社、諸官庁に流される。(「シオンの議定書」第十二の議定)



【僕たちは主に新聞やテレビを通じて情報を得ているが、現在二つともその大部分が「ユダヤ」によって支配、コントロールされており、僕たちに届くほとんどの(海外の)情報は「ユダヤ」のフィルターを通ったものなのである。つまり、世界を客観的に見ているつもりの僕たちの目には、常に赤と紫の色眼鏡がかけられているわけだ。およそ全世界のマスコミ報道がただ一つの情報源から発せられており、このことは極めて危険な状況である】


★ユダヤ教の根本は「タルムード」から来ているが、その「タルムード」には「ユダヤ人だけが人間であり、異邦人(ゴイム)は動物である」と記されており、そのことが随所に繰り返し述べられている。それをユダヤ人たちは自分の子供に幼い頃から教育する。

【陰謀の成果は、その存在と計画がいかに秘密裏に行なわれるかにかかっているのだ】


★日本のテレビと新聞の正体(復習)
http://kabukachan.exblog.jp/25001461/


★「在日」に支配されている「日本のテレビ」
http://kabukachan.exblog.jp/22551131/




★自己紹介

平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。




[PR]
by kabu_kachan | 2014-04-11 21:27 | メディア | Comments(1)
Commented at 2016-10-11 17:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「ホロコースト肯定論」を主張する人へ オウムの正体 >>