「ほっ」と。キャンペーン

株価と人工地震<彼らの計画地震>

私のブログ(kabu_kachan)というのは、以前やっていた「株かっちゃん」をそのまま残したものです。私自身、株を少々やっていましたので、その名前の通り株をテーマにしたブログでした。その時の勘でおかしいとは感じていましたが。


★2011年3月11日の東日本大震災に合わせるように株価が急騰している。
東日本ハウスは盛岡に本社を置く大手ハウスメーカーですが、長らく160円台をうろうろしていた株価が、特に買材料がないにもかかわらず、2月中旬より上昇に転じ、3月7日には240円台に達しています。
実はこの株、2008年の岩手・宮城内陸地震の時も地震発生の直前に急騰しています。

https://www.youtube.com/watch?v=aa5FASmGrlw


以下は、内海聡氏の著書『99%の人が知らない「この世界の秘密」』より引用。


<彼ら>(この世界の支配者)がカネにうるさい一族であることは何度も述べたが、では、あなた方は大きな地震が起こる前に株式市場に変化が見られるのを知っているだろうか。策謀の話をするうえでは基本の常識だが、わかりやすい例なので提示しておくことにする。

実は大地震というのは、「なぜか」土日や祝日など、株式市場が休みのとき(株式売買に日本が参加できないとき)に起こることが圧倒的に多い。
科学的根拠があるかどうかでものを考えるグーミン(B層・愚民の派生語)たちは、これらをすべて「偶然」としてしか処理できない。偶然かもしれないが、もしかしたらほかに可能性があるのでは、とすら考えられない。
以下に一例を挙げよう。阪神淡路大震災以降の主な地震である。


①阪神淡路大震災・・・・1995年1月17日(連休明け火曜早朝) M7.3
※前日16日は、成人の日の振替休日。地震が起きたのは翌午前5時46分で、株式市場が開く3時間前。

②芸予地震・・・・・・・2001年3月24日(土曜)M6.7
③宮城県北部地震・・・・2003年7月26日(土曜)M6.2
④十勝沖地震・・・・・・2003年9月26日(金曜)M8.0
⑤紀伊半島沖地震・・・・2004年9月5日(日曜)M7.4
⑥新潟県中越地震・・・・2004年10月23日(土曜)M6.8
⑦福岡県西方沖地震・・・2005年3月20日(日曜・春分の日)M7.0
⑧千葉県北西部地震・・・2005年7月23日(土曜)M6.0
※13年ぶりに東京で震度5。
⑨宮城県沖地震・・・・・2005年8月16日(お盆休み)M7.2
⑩能登半島沖地震・・・・2007年3月25日(日曜)M6.9
⑪新潟県中越沖地震・・・2007年7月16日(祝日・海の日)M6.8
⑫岩手宮城内陸地震・・・2008年6月14日(土曜)M7.2
⑬東日本大震災・・・・・2011年3月11日(金曜)M 9 . 0
※地震が起きたのは金曜午後2時46分、株式市場が閉まる14分前。
⑩長野県北部地震・・・・2011年3月12日(土曜)M6.7


いかがだろうか?
これら地震の際には、なぜか特定の株が理由なく高騰することが明らかになっている。ぜひ自分の目で、株価の変動について確認してもらいたい。

さらに、<彼ら>が信奉するものの代表格として、数秘学の「カバラ」がある。
よく「666」が不吉な数字といわれるのはカバラの教えからきている。このカバラから地震を検証してみるのも面白い。もちろんこんなことは「偶然」に決まっているので、自分は頭がいいと思っている人は、決して考えてはいけない。
たとえば主だったものでは、以下がある。


①サンフランシスコ地震・・・1989年10月17日
②ロサンゼルス地震・・・・・1994年 1月17日
③阪神淡路大震災・・・・・・1995年 1月17日
④湾岸戦争・・・・・・・・・1991年 1月17日


<彼ら>が信奉するカバラには「0」という数字はない。よって、10は1と同じである。すると、この四つの地震はみな「117」という数字の日に起こったことになる。カバラで「117」は「1+17」、または「11+7」で「18」という数字になる。これは「6+6+6」という意味を持つ。
インターネットの「www」は、ヘブライ語で「666」という意味だ。

https://www.youtube.com/watch?v=cKcfFwIOFh8


★ニホンジンが大好きな東京スカイツリーの高さは、「634メートル」である。
「666」でなくて幸いだ。地下は「32メートル」らしいが、あまり深く考えることはやめたほうがいいかもしれない。なぜなら繰り返すように、正しい教育を受けてきた頭のいい人は、そんなことを考えてはいけないと"設定"されているからだ。

https://www.youtube.com/watch?v=pZG_VclCPc4


★下の動画の中ほどに、阪神大震災と東日本大震災が<人工地震>であることの証拠となる<地震波形>が出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=XOmqFQhVdBI#t=11


★この画像 ↓ が『阪神淡路大震災の地震波形』である。


地震波形が突然、削除されました!

↑画像の②が核爆弾による人工地震の波形。③が自然地震の波形です。 自然の地震は必ずP波とS波がある。

https://www.youtube.com/watch?v=5GrztPIGTW4&list=PLA749FE80F7A79133

★もう一度、よ~く見ていただきたい。

これが自然地震の地震波形であろうか?


やはり、阪神淡路大震災にも核爆弾が使われたのだろうか?

阪神淡路大震災の震源地は、明石海峡大橋の真下である。
明石海峡大橋は「謎の企業ベクテル社」が建設している。



下図の上は、気象庁が観測した北朝鮮の核実験の人工地震波形。
下は2002年(平成14年)に北朝鮮で発生した自然地震の波形です。(気象庁提供)


気象庁によると、12日午前11時57分ごろ、北朝鮮でマグニチュード(M)5・2の地震を観測した。地震津波監視課は「地震の波形からして自然の地震ではない可能性がある」として、データの分析を進めているという。  
同課によると、北緯41・2度、東経129・3度の北朝鮮北東部が震源で、震源の深さは0キロとみられ、震源は海上ではないとみられる。


自然地震の場合、観測する地震の波形は小刻みな揺れから大きな揺れに推移するが、地下核実験による震動は最初から振れ幅が大きいという。今回の波形は最初から大きな揺れを示したとみられる。


平成21年5月に実施された前回の北朝鮮による核実験では、同様に北朝鮮北東部が震源で、推定Mは5・3と同程度だった。


★ちなみに、以下は3.11東日本大震災のときの地震の波形です。



北朝鮮の人工地震波形と同様、余震などの前兆がなく突然地震が起きています。




                                  


[PR]
by kabu_kachan | 2014-07-12 00:24 | 地震 | Comments(2)
Commented at 2016-10-17 16:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kabu_kachan at 2016-10-17 22:35
カバラ数秘術に詳しいですね。ユダヤ教と言うと旧約聖書、タルムード、カバラと来るんですが、宇野正美氏の本によると、タルムードは旧約聖書から出たものではなく古代バビロニアの宗教から来たものであると言っていますね。カバラはどうなんですかね。ユダヤ教固有のものなのか、どこからかユダヤ教に入って来たのか、NWOの連中がルシファー信仰ですからね。
<< 自民党の二大派閥、「清和会」と... 昭和天皇は原爆を知っていた >>