日本人の知的欠陥<ユダヤ>

【日本人の知的欠陥<ユダヤ>】



日本人は「ユダヤ」について何も知らない。まったく無知である。
日本の知識人で「ユダヤ」について語れる人が何人いますか。
ユダヤ人やユダヤ教の歴史を延々と語っている学者諸君、あなたはただ表向きのユダヤの歴史教科書をこと細かく話しているに過ぎない。

このような学者は、「ユダヤ」についてまったく無知な日本人と何ら変わるところはない。「ユダヤ」の本質を知らないからである。
広瀬隆という人が「赤い盾」という本で、ロスチャイルドについて系図入りでものすごく詳しく延々と述べているが、悲しいかな、この人は「ロスチャイルド」の本質がまったく分かっていない。


●「ユダヤ」と「ロスチャイルド」の本性を知るためには、次の二冊を読む必要がある。



★「真のユダヤ史」ユースタス・マリンズ著

目次
序文:日本の読者の皆様へ

第一章:文明社会に寄生するユダヤという獣
・「ユダヤ問題」は2000年以上も存在してきた
・ユダヤに服従させられた政治指導者たち
・カエサルはローマをユダヤ人に売ったために殺された
・「イエスはユダヤ人である」と言う主張の持つ意味
・天国はユダヤ人を拒む

・なぜ著述家たちはユダヤ問題の根源を論じないのか

第二章:ユダヤ人の特殊・特異な生物学的特性
・多民族を簒奪して生き延びる寄生強盗民族
・非ユダヤ社会の指導者を意のままに操る
・国家に寄生し、歴史を捏造し、文明を破壊する
・ユダヤ人は自分自身に激しい軽蔑と憎悪の念を抱く
・人格分裂と狂気、そして裏切りをたくらむ習性
・詩人エズラ・パウンドが発見したユダヤ人管理方式

第三章:今はじめて明かすユダヤ民族の真の起源
・ユダヤ文明などというものは存在しない
・古代ユダヤ人は「川を越えてやってきた人殺し賊」
・ソロモンもダビデも血に飢えた盗賊である
・歴史家トインビーの決定的定義「ユダヤ人は化石民族である」
・エジプトに侵入した寄生集団、そして王国の内部崩壊
・エジプトでの王侯寄生生活とモーセの登場
・借用と剽窃(ひょうせつ)で成り立っている「偉大なるヘブライ文字」

第四章:古代四代帝国を崩壊させたユダヤ
・宿主に蔓延し、がん細胞のように侵食するユダヤ人
・古代から忌み嫌われていたバール神崇拝
・バビロニア帝国を崩壊させたユダヤ人捕虜
・隠れユダヤ王妃エステルに籠絡されたペルシャ帝国
・ギリシャ帝国破壊の歴史文書は消し去られた
・ローマ帝国の中枢を奪取したユダヤ寄生共同体
・「人間にあるまじき憎悪」がローマ帝国を襲う
・黄金積み出しの解禁とカエサル暗殺
・雄弁家キケロの演説文書が伝えるローマの秩序破壊

第五章:ユダヤの正体を見破ったイエス・キリスト
・偽証のために発明された「ユダヤ・キリスト教」という用語
・キリストはユダヤの真相を暴露、徹底糾弾した
・シオン長老団のイエス・キリスト抹殺謀議
・キリスト磔刑の「血の罪」を喜んで引き受けたユダヤ人

第六章:ユダヤの恐るべき宗教儀式の秘密
・現在も脈々と続く「生血を飲む祭儀」
・少年の血を飲み、ラビはサタンに永遠の帰依を誓う
・生贄となるのは7歳以下の白人の子供
・空の英雄リンドバーグの愛児はユダヤ儀式殺人の犠牲になった
・大詩人チョーサーが描いたユダヤ儀式殺人の物語
・ユダヤ系病院の幼児虐殺とイスラエルへの血液輸送
・傀儡への褒美、チェコスロバキア建国とマサリク大統領
・FBI長官フーバーのキャンペーンに秘められた裏の意図
・現代の猟奇! 血が全く残っていなかった子供の遺体
・未解決事件とステインフェルド医師の黒い履歴書
・儀式殺人に深く関与しているアメリカ政府機関
・刊行を禁じられたバルジャー神父の暴露的著作

第七章:ヨーロッパを内部から侵略したユダヤ
・中世ヨーロッパの歴史は、ユダヤに抵抗する歴史である
・徴税官として利用されたユダヤ人の強欲と残忍さ
・エリザベス女王と大女優リズに発現したユダヤ的特徴
・クロムウェル清教徒革命を利してのイギリス帰還
・ペストをヨーロッパに蔓延させたユダヤ人
・諸国追放の果てに逃げ込んだ楽園アムステルダム
・「死海写本」に記された「懲戒の指示書」
・悪徳の栄える犯罪国家を永続させるユダヤ法典
・詩人ハイネの述懐「ユダヤ教徒は宗教ではない、それは不幸である」
・自由を愛する非ユダヤ人、個人を憎むユダヤ人
・「タルムード」を読んだ非ユダヤ人は殺害される
・ユダヤ人悪逆非道の最残酷例「スペインの異端審問」
・命を賭けてユダヤに抗議したマルチン・ルター
・反ユダヤ人気質ポーランド人によるユダヤ人30万人虐殺
・新たなる寄生装置、世界初の中央銀行が大英帝国に誕生した
・ユダヤにコントロールされる証券取引所
・人材のドイツ、資金のイギリス、そしてフランスの惨状
・イギリス貴族を没落させ、ナポレオンを毒殺する
・ウィーン会議で決定された「ユダヤ人平等の保証」
・戦争はユダヤ商人の「刈り入れの時」である
・仕掛けられる世界大戦、始末されたアラビアのロレンス

第八章:共産主義はユダヤ・タルムードから生まれた
・共産主義は「ユダヤ集団主義国家の近代的な形態」
・主要な財源を供したイングランド銀行とフランス銀行
・まずは金融を支配し、次に共産党独裁政権を樹立する
・ゲットー独特の悪臭は共産主義の放つ臭い
・仕掛けられた恐怖、フランス革命の惨たらしさ
・ロシアの既成秩序打倒を策したユダヤ
・ベルンシュタインの柔軟路線とレーニンの強硬路線
・ロシア革命で2000万人のキリスト教徒が虐殺された
・射殺体となって発見されたユダヤ人暗殺犯のボス
・カガノヴィッチ一族の掌中に握られたスターリン
・ユダヤ人富豪のリーダー、イリヤ・エレンブルグの影響力
・タルムード的共産主義国家はサルの社会と同じである
・1956年10月、世界は核戦争の瀬戸際にあった
・ユダヤ人収監者を売って活動資金を手にしていた旧ソ連諜報部隊
・ガリシア系ユダヤ人による他のユダヤ人の冷酷無残な殺戮
・なぜユダヤ財閥はヒトラーを支援したのか
・二大政党制民主主義=両建て主義の巧妙な仕組み
・ナチスに同胞を売り渡したのは「シオン長老団」だった
・「600万人虐殺ガス室」は戦後に造られた施設
・敗戦国ドイツの資産で投資を回収したユダヤ実業家


第九章:ユダヤに完全支配されたアメリカ合衆国
・仕組まれた二大惨禍、南北戦争と大恐慌
・深く考えないアメリカ人はいつも金儲けのカモとなる
・白人が働き、ユダヤ人が所有し、黒人が楽しむ国アメリカ
・84%の税金を払う非ユダヤ人、84%の富を所有するユダヤ人
・ロックフェラーはロスチャイルド家のために働いた
・メイ・フラワー号移民はユダヤの魔手から逃れるためだった
・独立戦争鎮圧を進言した手配師モンテフィオーレとロスチャイルド
・ロスチャイルドは常に「双方」に手を回す
・米国の主権の終焉=連邦準備制度の完成
・奴隷解放をアメリカ分断に利用
・イギリス首相ディズレーリの大胆不敵な未来予測
・ユダヤ金融制度に挑戦して暗殺されたリンカーン大統領
・バーナード・バルークのアメリカ実業界制圧工作
・大恐慌によって69%の株式を取得した金融ユダヤ
・米司法省はユダヤ企業を見逃し、非ユダヤ企業を訴追する
・戦時公債を意のままにしたマイアーとバルーク
・悪辣有害なプロパガンダを垂れ流すユダヤ・メディア
・アメリカのビジネスは今やユダヤによって支配されている
・スラム街の黒人暴動は実は「反ユダヤ」暴動だった
・差別廃止論者の堕落した出自とメディア支配の手口


第十章:ユダヤの地球支配最終戦略
・ユダヤ式民主主義が米国の良き制度を破壊した
・瀉血術で命を奪われた初代大統領ジョージ・ワシントン
・マルクス・フロイト・アインシュタインの猛毒理論
・ユダヤ人の43%は入院加療を要する異常者というデータ
・絶対悪の化身=イスラエルの血塗られた建国史
・欧州ラビ緊急会議「あらゆる手段で第3次世界大戦を起こせ!
・ユダヤ民族が目指す「平和と豊饒の我らが一万年期」
・ラビ文書に激怒のスターリンはユダヤに毒殺された
・必要不可欠な知識、ユダヤ問題に関する4つの教訓


訳者解説:ユースタス・マリンズの人と業績 天童竺丸
・マリンズ来日公演の言葉
・エズラ・パウンドとの出会い
・マリンズの洞察-ユダヤ人の二生態「寄生」と「憎悪」
・ユダヤ人寄生の終焉と日本の使命
・ユースタス・マリンズ主要単行本著作目録



★「ロスチャイルドの密謀」ジョン・コールマン著

目次


・ジョン・コールマン博士からの日本人読者へのメッセージ
・太田龍氏からの巻頭言

第1部 「破壊王」の邪悪な全軌跡 ジョン・コールマン博士
第1章 ロスチャイルド「創世記」--世界悲惨事始
第2章 ロスチャイルド家の最功労「操り人形」ディズレーリ
第3章 諸国家を金融で蹂躙する一族
第4章 「邪悪な連鎖」ナポレオン、ビスマルク、メッテルニヒ、マルクス
第5章 ユダヤ人すら殺戮する「世界王」
第6章 ロスチャイルド家「魔法の杖」米連邦準備銀行・金・ダイヤモンド
第7章 ロスチャイルド家の厳命「真っ当な国は破壊せよ」

第2部 「破壊王」真相の全真相 太田龍
第1章 ロスチャイルド家の最大のタブー「麻薬王」
第2章 現人悪魔(ロスチャイルド)は革命、秘密結社がお好き
第3章 「淫婦」と「獣」を操る「万物を監視する目」
・終わりに


上記二冊を読み終えた後、ジョン・コールマンの著書「秘密結社全論考」の上巻と下巻を読むことを薦める。さらにA層になるためには、ウィリアム・G・カーの著書「闇の世界史」を読む必要がある。
日本の学者諸君とテレビによく出る〇上先生わかりましたか。



[PR]
by kabu_kachan | 2014-09-23 00:18 | 日本人覚醒 | Comments(0)
<< エボラ出血熱 トモダチ作戦 >>