国際金融資本の正体

西暦10世紀の ハザール(カザール)王国



(★(アシュケナージ)ユダヤ人(白人)の本当の故郷。8世紀、コーカサス地方のハザリアにおいて、一斉にユダヤ教への改宗が行われた。これらの人たち(アシュケナージユダヤ人)は古代(ユダヤ人)のイスラエルとは何ら関係が無く、東ヨーロッパや西ヨーロッパに侵入して行った。そして、アメリカ合衆国と現代イスラエルに向かって行って、現在の人口規模を実現した。)

 ハザール人(アシュケナージユダヤ人)が信仰しているユダヤ教は本当のユダヤ教ではなく、もともとのユダヤ教に彼らのタルムードをベースにした悪魔教を混合したものです。
ですから、ユダヤ教=悪魔崇拝というのは間違いで、途中からハザール人がユダヤ教=悪魔崇拝にしてしまったのだということが分かります。
ハザール人は、世界中の老舗の宗教をある時点から悪魔教にしてしまったのではないでしょうか。
イエズス会もハザール・マフィアの組織なのではないでしょうか。

以下の記事は、シオニスト、タルムード、アシュケナージユダヤ、ハザール人に関して、点と線をつなげてくれたため、彼らに関する漠然とした知識がはっきりと分かってきたように感じられます。


http://beforeitsnews.com/alternative/2015/03/the-hidden
-history-of-the-incredibly-evil-khazarian-mafia
-3119728.html?currentSplittedPage=1
 

鬼塚英昭
https://www.youtube.com/watch?v=qZve5N-_doI&index=1&list=PL7ozjMqLc1qSGbbZmsKVJnuc5kmR8WpZL


3月10日付け:

 【非常に邪悪なハザール・マフィアの隠された歴史について】

紀元前100年~600年:
 古代バビロンの黒魔術オカルトを実践していたオリガルキーが仕える非常に邪悪な王の下でカザール国が誕生した。

 ハザール国では、日常的に盗賊行為、窃盗、殺人が繰り返され、周辺国を脅かす非常に野蛮な国であった。

(★カザール国=ハザール国です。KHAZARを日本語でカザールと書くかハザールと書くかだけの違いです。)

西暦600年:

 ハザール国王に、ロシアや周辺国から最後通告が言い渡された。
 ロシアなどの周辺国の国民は長年の間、ハザール国から甚大な被害を受け続けた。
 そのため、ロシアや周辺国は、ハザール国王に、アラブの3種類の宗教(イスラム教、キリスト教、ユダヤ教)のうちの1つを選びハザール国民(子供たちも)に実践させるよう通達した。
 ハザール国王はユダヤ教を選んだ。
 そして周辺国の要請に応えてバビロンの黒魔術オカルトは二度と実践しないことを約束した。

 しかしハザール国王とその取り巻き(オリガルキー)は、約束を破り、バビロンの黒魔術オカルト(の悪魔崇拝)を実践し続けた。
 彼らが実践していた悪魔崇拝儀式は、子供たちを生贄に捧げ、子供たちの身体から血液を抜き取り、その血液を飲み、心臓を食べるというものであった。

 このような闇のオカルト儀式は、バール信仰(エジプト、西セムの主神の偶像崇拝=フクロウ崇拝)から来ている。

 ハザール国王はロシアや周辺国に彼らが黒魔術オカルトを実践し続けていることを隠すために、ユダヤ教と彼らが信仰していたルシファーの黒魔術をユダヤ教に併合させ、新たなユダヤ教(悪魔のハイブリッド密教)、つまりバビロンのタルムード・ユダヤ教(これまで通りの邪悪なオカルト)をハザールの国教にした。

 そしてハザール人は、これまで通り、周辺国から来た旅人らに盗賊行為、窃盗、殺人を繰り返した。

 そして周辺国の旅人らを殺害した後、彼らの身分証明書を盗み、彼らに扮して生き続けた。
彼らは現在まで身分を偽り続けてきた。また、今でも子供を生贄にする古代バール信仰のオカルト儀式を実施している。

西暦1,000年

 ロシアや周辺諸国は野蛮なハザール国の犯罪行為(ハザールの子供たちを拉致し生贄にしていた)に対し我慢の限界に達したため、それを止めさせるためハザール国を占領した。
 このようにハザール国民を虐殺するなど数々の野蛮な犯罪行為を行ってきたハザール国王とその取り巻きのオルガルキーをハザール・マフィアと呼ぶ。

 ハザール国王とその取り巻きはハザール国を占領し、彼らの地位や権力を奪ったロシアや周辺国を恨み、ロシアや周辺国に対する永遠の報復を計画した。

 ヨーロッパの国々に逃げたハザールのリーダーらは、十分なスパイ・ネットワークを構築していた。
 彼らはヨーロッパにあった大量の金や銀を強奪した。そして彼らは新たな身分を得た後に再編成を行い、彼らがハザール人であることを隠した。
 しかし彼らは秘密裡に黒魔術のオカルト儀式を行い続けた。彼らが崇拝する悪魔のバール神は、これまで通りの儀式(子供たちを生贄に捧げ、子供たちの身体から血液を抜き取り殺害する)を続けるなら、彼らに世界の支配権と富を与えると約束した。

 ハザール・マフィアはハザール国から追放された数百年後にイングランドを侵略した。

 イングランドを侵略するために、彼らはオリバー・クロムウェルを雇い、チャールズ一世を殺害させた。
(★教科書でいう「ピューリタン革命」における1649年チャールズ1世の処刑。)

 そしてイングランドを彼らの金融ビジネス天国にした。
 その後、イギリスでは10年間内戦が続き、イギリスの王族や純粋なイギリス貴族が大勢殺害された。
 このようにしてハザール・マフィアはロンドンをヨーロッパの金融の中心地にし、英国帝国の歴史が始まった。


(★(アシュケナージ)ユダヤ人(白人)の本当の故郷。8世紀、コーカサス地方のハザリアにおいて、一斉にユダヤ教への改宗が行われた。これらの人たち(アシュケナージユダヤ人)は古代(ユダヤ人)のイスラエルとは何ら関係が無く、東ヨーロッパや西ヨーロッパに侵入して行った。そして現在の人口規模を実現するために、アメリカ合衆国と現代イスラエルに向かった。)

 ハザール・マフィアは、バビロンの黒魔術オカルトの一種である、無からお金を生み出したり、悪質な高利貸しを行い巨額の富を得るバビロンの金融マジックを使って、世界中の金融ビジネスを奪い支配した。

(★金融マジックとは、預金と貸金を同時に行う金融業者、つまり、他人から預かったお金(預金)を他人に高利で貸し付ける(貸金)、それも何度も何度も。文字どおり何もない所から貸金(利息)を作り出すマジック。普通、他人から借りているものを、高利を付けて他人に貸し付ける等という事はありません。現代において、銀行に預けられたお金は、貸金→預金→貸金→預金が10回以上繰り返されています。このことを金融マジックと呼んでいます。)

 彼らは、悪魔崇拝儀式を通して悪魔のバール神から教えてもらった金融マジックにより巨額の富を得た。
 そして彼らが独占する金融システムを構築した。
(彼らの金融詐欺ビジネスの詳細については省略)

 その後、ハザール国王と彼の取り巻きはドイツに侵入し、Bauersという集団を結成し、バール神の魔力を得た悪魔システムを実践し続けた。
 Red ShieldのBauersとは、子供を生贄にした秘密の儀式を執り行う集団であり、のちに、口スチャイノレド(ロック=サタンのチャイルドと言う意味)と呼ばれるようになった。

(★以下、wikipedia「マイアー・アムシェル・ロートシルト(口スチャイノレド家の祖)」から
 当時フランクフルト・ユダヤ人に家名はなかったが、自称や呼称の家名はあった。彼の家は家名を「ハーン」もしくは「バウアー」と名乗っていたが、一時期、「赤い表札(ロートシルト)」の付いた家で暮らしたため、「ロートシルト」という家名でも呼ばれた。マイヤーはこれを自分の家名として使っていくことになる。)

 ハザール・マフィアのリーダー格の口スチャイノレドらはイングランドに侵入しイングランドの金融ビジネスとイングランド全体を乗っ取った。

 Bauerの口スチャイノレドには5人の息子がいた。
 彼らは、ナポレオンが実際はイギリスに敗戦したのにもかかわらず、イギリスに勝利したなどとの嘘の歴史にすり替えるなど、ずる賢い秘密工作を行うことで、ヨーロッパの金融システムとロンドン金融街の中央金融システムを乗っ取った。
 イギリスやヨーロッパの金融システムを支配した口スチャイノレド家は詐欺と策略によりイングランドの貴族の富を盗み、ロンドン金融街の銀行を徐々に奪い取った。

(★我々ファミリーは500兆ドルの資産を有しています。そして世界のほとんどの中央銀行を所有しています。ナポレオンの時代から、我々は戦争する双方に融資してきました。我々はあなたの新聞等のメディア、あなたのエネルギーである石油、そしてあなた達の政府も所有しています。あなたは恐らく私の名を聞いたことがないでしょう。(あなたたちに気づかれずに、世界をコントロールしているのです。))

 口スチャイノレド家は、イギリス国民に預金させ、その預金を使って高利貸しを行うことで、無から偽造貨幣を作り出す不換紙幣本位制の民間金融システムを設置した。
 これがバビロンの黒魔術の金融マジックである。

 彼らは悪魔のバール神に継続的に子供を生贄として捧げ、血液を抜き取り続けることで、バール神からこのような秘密の技法を教えてもらった。

 彼らがイギリスの金融システムを完全に乗っ取ると、彼らはイギリスの王族と婚姻関係を結び、イングランドに存在していた全ての金融機関を乗っ取った。

 しかし、実際は、イギリスの王族を虐殺した後に、王族と婚姻関係を結んだハザール人が他のハザール人と不倫をし、イギリスの王族の血統を絶ち、彼らの仲間をイギリスの王族に仕立て上げたと言われている。

 ハザール・マフィアは、全知全能の神の神権により国を統治していた国王を全て排除した。

 ハザール・マフィアは、悪魔儀式を通して悪魔のバール神(ルシファー、サタンとも呼ばれる)と個人的な関係を築いており、彼らは、同胞のハザール人を侵入者や裏切り者から守る必要があると考えているため、全知全能の下で国を統治している全ての国王を憎悪した。

 1600年代に、ハザール・マフィアは、イギリスの王族を全て殺害し、ハザール人をイギリスの王族に仕立てあげ、英王室を乗っ取った。

 1700年代に、彼らはフランスの王族を殺害した。
 
第一次世界大戦直前には、彼らはオーストリアの大公を暗殺し、第一次世界大戦を勃発させた。
 
1917年に、彼らはハザール・マフィアの陸軍(ボルシェヴィックス)を結成しロシアに侵入しロシアを乗っ取った。
 彼らはロシア皇帝と皇族を平然と殺害し、ロシアの金、銀、重要美術品を強奪した。

(★1917年ロシア3月革命にてロマノフ朝ニコライ2世退位。1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。)

 第二次世界大戦直前に、彼らはオーストリアとドイツの王族を殺害した。
 さらに彼らは中国の皇族を追放し、日本の天皇からも権力を奪った。

 ハザール・マフィアは、神の信仰者たちを憎悪している。
 彼らが崇拝している悪魔のバール神が彼らに国王や王族、皇族を殺害させ、二度と国を統治できないように仕向けた。

 彼らはアメリカでも同様に、彼らの巧みな秘密作戦を行うことで大統領の権力をことごとく削いだ。
 彼らの秘密作戦がうまくいかないと、彼らは大統領を暗殺した。
 黒魔術の金融マジック或いは小児性愛犯罪組織ネットワークで秘密の力を得ている彼らに従わない強いリーダーシップの大統領を憎悪し暗殺する。

 口スチャイノレド家はカザール・マフィアのための国際麻薬売買組織を結成した。
 さらに口スチャイノレド家は大英帝国を秘密裡に運営しており、イギリスが中国特産の高品質の絹やスパイスを購入する代金として中国に支払った大量の金や銀を中国から奪い取る計画を立てた。

 口スチャイノレド家は秘密工作によりトルコから非常に常習性のあるアヘンを購入し中国に売り、何百万人もの中国人をアヘン中毒にさせた。
 常習性のあるアヘンを必要とする中国人からその代金として大量の金や銀を巻き上げた。
 中国から奪い取った金や銀はイギリス人に返却されず、口スチャイノレド家の金庫に保管された。

 口スチャイノレド家による中国人のアヘン中毒作戦により、甚大な被害を受けた中国は2つの戦争を行った。それはアヘン戦争である。
(★1840年アヘン戦争、1856年第2次アヘン戦争(アロー戦争))

 アヘンを売って巨額の利益を得た口スチャイノレド家は、あぶく銭を得ることに夢中になった。
 口スチャイノレドは、ハドソンベイ社や他の貿易会社と組んでアメリカに新天地を築くために、アメリカの植民地化を行っていた組織に巨額の資金を提供しました。
 北米に埋もれていた豊富な天然資源を奪うために北米先住民(インディアン)を大量虐殺するように命令したのは口スチャイノレド家です。

(★北米先住民(インディアン)に対する侵略の過程については、岩波文庫『インディオスの破壊についての 簡潔な報告』ラス・カサス著 が最も具体的で明確であると私は感じています。わずか200ページほどの文庫本ですから、多くの方に読んでいただき、アメリカ大陸という新世界で一体何が行われていたのかを多くの日本人に知ってもらいたいと思っています。ただ、気分が悪くなって最後まで読めない方も居られると思いますので、あらかじめご了解下さい。)

 口スチャイノレド家はカリブ海やインドの亜大陸の罪のない人々を大量虐殺するように命じました。

 口スチャイノレド家は国際奴隷貿易会社を設立しました。
 この会社は非常に邪悪な会社であり、彼らは人々を拉致し、彼らを動物のように扱いました。
 ハザール人は、彼らの悪魔組織(古い黒い貴族)に所属していない世界中の人間はみな動物として扱います。

 口スチャイノレド家はアフリカの不正な首長と共謀して大量のアフリカ人を拉致し、首長に代金を払い、アメリカやカリブに連れていき奴隷として売った。

 口スチャイノレド家は戦争は彼らに短期間で莫大な利益をもたらすことを知り、戦争を行っている両サイドに軍事資金を貸した。

(★両建て)
 貸したお金を両サイドから確実に徴収できるようにするため、口スチャイノレド家は各国に(国民から税を必ず徴収させ、国の借金を口スチャイノレド家に強制的に返済させる)税法を制定させた。

 ハザール・マフィア(不換偽札を使った口スチャイノレドの詐欺金融マフィア)は、革命戦争で敗戦するように手を貸したアメリカの開拓者とロシアに対する永遠の復讐を企んだ。
 口スチャイノレド家がアメリカの革命戦争に負けた時、口スチャイルド家は負けた原因はロシア帝国とロシア人がアメリカの開拓者(イギリスの船を封鎖する)に手を貸したからだと非難した。

 ハザール・マフィアは西暦1000年にハザール王国を崩壊させ彼らを追放したロシア人とアメリカの開拓者に対する永遠の復讐を誓った。
 そのため、口スチャイノレド家とイギリスのオルガルキーらはアメリカを奪還する策略を考えた。
 その方法として、彼らはアメリカに中央銀行を創設し、バビロンの金融マジックと秘密の偽札造りを行わせることにした。

 口スチャイノレド家のカザール・マフィアは1812年にアメリカを奪還しようとしたが再びロシアの邪魔が入り、失敗に終わった。
(★米英戦争、英語: War of 1812)

 怒り狂った口スチャイノレド家はロシア人とアメリカの開拓者に復讐を企てた。
 それは、両国にハザール・マフィアを潜入させ、両国を乗っ取って圧政を行い、両国の国民を大量虐殺し、両国の資源をむしり取ることである。

 ハザール・マフィアはアメリカに民営の中央銀行を創設しようとしたが、ハザール・マフィアを悪魔崇拝者と呼んだジャクソン大統領がそれを阻止した。

 口スチャイノレド家の金融マフィアは引き続きアメリカ国内に中央銀行を創設し、バビロンの金融マジックを実行しようとした。

 そしてついに1913年に口スチャイノレド家はアメリカ国内に、アメリカ国民の邪悪な敵である中央銀行を創設することに成功した。
(★FRB:Federal Reserve Board)

 それ以来、邪悪なアメリカの敵がアメリカに入り込むようになった。


 次に口スチャイノレド家がアメリカで行ったことは、アメリカ人に高い税金を支払わせるために違法な税制度を設定した。

 ハザール・マフィアは、腐敗した不正な米連邦議会と大統領と言う名のパペットを使い、ハザール・マフィアに巨額の税金を横流しさせている。
 ハザール・マフィアは潤沢な資金を使って、彼らに都合のよい議員や大統領を選挙で勝たせて就任させた。
 彼らは、偽札を大量に刷ったり、アメリカ人から高い税金を支払わせたり、連邦議員に賄賂を与えることで、アメリカの金融界を支配してきた。
 その後、彼らは自分達(金融マフィア)を保護するために、FBIを創設し、彼らが行っている数々の犯罪行為(児童に対する性的虐待、生贄、虐殺)やそのネットワークを隠蔽させた。

 連邦議会の公文書に、FBIは正式に認められた機関ではないと書かれている。

 口スチャイノレドのハザール・マフィアはロシアにボルシェビック革命を起こし、ロシアに対する復讐のために、罪のないロシア人を大量に惨殺し続けました。

 ハザール・マフィアはロシアがハザール国を崩壊させ、海外に追放しために幾度となくロシアに対する復讐を試みた。
 その一環として、ロシア革命を仕組んだ。
 ハザール・マフィアの中央銀行から資金を拠出して、ロシアにボルシェビック革命を起こさせた。

http://www5.pf-x.net/~gotama/confusion/confusion7/cofusion7.htmより。


ロスチャイルドの歴史
http://kabukachan.exblog.jp/25345027/


★911について
http://www.veteranstoday.com/2015/01/12/mapping-911-fort-lee/

Soon mainstream America will know that Bibi Netanyahu and his Likudist Party deployed the attack on America on 9-11-01 on behalf of the Rothschild Khazarian Mafia (KM):

They thought that they had complete control over the Media and could prevent any of the secret AEC Sandia labs investigation from ever being released to the American Public.

They made a serious tactical error because now as the truth about their role in the 9-11-01 attack on America is being published on the worldwide Internet, the World’s new Gutenberg Press. What the Rothschild Khazarian Mafia (KM) did not understand was the power of the Internet and how Truth nuggets published and broadcast on it resonate with the people of the World and spread like wildfire, at the speed of light being diffused to the masses everywhere.



[PR]
by kabu_kachan | 2015-06-13 10:56 | ユダヤ | Comments(0)
<< B層とはなにか? 911ユダヤ内部犯行隠蔽に全面... >>