人類の起源(古代宇宙人説よりアフリカ起源説)

【人類の起源について考える】

Human Evolution - History of Humanity Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=y9Ski3H8dXk


Evolution - What Darwin Never Knew - NOVA Full Documentary HD
https://www.youtube.com/watch?v=kNPbjtej1Hk


ネット上でいちばん賑わしているのが、人類の起源に古代において、何らかの形で宇宙人が係わっているというものだろう。

この古代宇宙人説は今に始まったものではない。私が子供のときも、こういった番組が何度も放映された。この説の最初の提唱者は、エーリッヒ・フォン・デニケン氏ではないだろうか。

★古代宇宙飛行士説(Wikipediaより)

エーリッヒ・フォン・デニケンのブーム[編集]

スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンの『Erinnerungen an die Zukunft』[2]が1970年代に世界的ベストセラーとなり、一大宇宙超古代史ブームを引き起こし広まった説である。とくに『未来の記憶』で旧約聖書の『エゼキエル書』が宇宙人来訪の様子を描写しているとして話題になった。その他ナスカの地上絵も宇宙人に関連するものであるという説が有名である。その後 『星への帰還』[3]、『太古の宇宙人-太古に地球を訪れた宇宙人』、『奇跡』[4]などの著作が邦訳され、話題となった。その主な内容は以下のとおり。

巨大な考古学遺跡やオーパーツは、宇宙人の技術で作られた。
宇宙人は、類人猿から人類を創った。
世界各地に残る神話の神々は、宇宙人を神格化したもの。

『未来の記憶』は1960年代にSFマガジン(早川書房)に一部掲載され1969年に『未来の記憶』(松谷健二訳 ハヤカワ・ライブラリ)として刊行されていたがその当時は話題となることはなかった。有名にしたのは角川春樹で、1974年(昭和49年)発刊の『未来の記憶』(松谷健二訳)が角川文庫の「超自然の謎シリーズ」刊行のきっかけとなり、「精神世界」というジャンル創設の草分け的存在である。

デニケンの著作がブームを引き起こしたのは『ノストラダムスの大予言』(五島勉)に象徴される終末論やユリ・ゲラーの超能力が話題を集めた時期と重なり、1970年代のオカルトブームの一翼を担った。


私もずっとこの古代宇宙人説を信じてきた。
この説は西洋、特に白人社会の間で強く支持されている。
しかし学問上は無視されているだろう。


人類学上の定説は、人類の発祥は、アフリカ起源ということになっている。
Evolution of man
アフリカで発生した猿人が進化の過程を経て全世界へ広がっていったということである。

ネット上で古代宇宙人説を展開している諸君、
よく考えてみてくれ !


君たちが提示している数々の証拠が、じつは

白人たちのつくった捏造品
かもしれないということを。
半分は疑ってかかれよ。
相手は白人だぜw。
歴史の捏造の得意な連中だぜw。


    ☟
★Ancient Aliens Debunked - (full movie) HD
https://www.youtube.com/watch?v=j9w-i5oZqaQ


私の尊敬する太田龍氏もこの宇宙人(レプティリアン)説を唱えていた。彼はデーヴィッド・アイクの影響を受けている。
アイクにせよジョン・コールマンにせよ、この二人がいくら自分たち(白人)の秘密や企みを暴露しても、白人優秀=選民思想という枠組みを崩さないなら、何を言ってもいいだろうという暗黙の了解があるのかもしれない。むしろこの二人は白人にとっては都合がいいのだ。
アイクやジョン・コールマンの本を読み終わった後いつも、彼らはじつに頭の良い連中だなって思わないですか。
そう思わせることが白人たちの狙いなのである。最終的にやっぱり白人は優秀なんだなって他の人種たちに思わせれば、この二人の役割は果たしたことになるのである。


この古代宇宙人説はアメリカのテレビ番組で何度も放映されている。なぜアメリカのテレビがこの説を支持するのかを考えたほうが良い。
これまでにも、911がアルカイダとビン・ラディンの犯行であることや真珠湾攻撃が日本軍の汚い騙し討ちであることなど、いやになるほど何十回も放映してきているのである。
ここにアメリカのテレビの正体を見る思いがする。


★David Icke 2015 | The Truth About 911
https://www.youtube.com/watch?v=ZlSn4djZ9u8

★Wake Up Call New World Order Full Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=UVQvlG59sJ8


★NOT for the immature! Zionist Antichrist will rule the NWO
https://www.youtube.com/watch?v=oq0_n7ZBX_c


★Eustace Mullins - The New World Order (Full Length)
https://www.youtube.com/watch?v=2h_V-ARe_nE


誰もが知っている通り、アメリカの大統領は黒人大統領オバマである。しかし彼は純粋の黒人ではない。白人と黒人のハーフである。わかりますか。白人と黒人が混血すると白人が消えるのである。

メンデルが言う通り、白色人種は劣性遺伝子なのである。
これを白人たちは目の当たりに見ているのである。

全人類が混血するようになれば白色人種は消える。


白人たちの心理の奥底にこの恐怖がある。世界史上の近現代史をリードしてきたのは明らかに白人なのである。現代科学だってそのすべてをつくったのは白人であると言っても過言ではない。


現代科学を学ぶのに白人の名前なしに学ぶことはできない。
科学の中に白人優秀という観念を刷り込んでいるのである。
この優秀な白人が消えてなくなるなどとんでもないことである。


じつは白人たちはずっと昔からこのことに気づいていて、歴史の捏造を行なってきたのである。そもそも歴史書を書くのが白人なのだから捏造も自由にできるというものだ。

白人であるユダヤ教徒のロスチャイルドも、このことに気が付いていたのである。
なぜなら、ロスチャイルド一族は白人と混血しても黒人とは混血しなかっただろ? 黒人と混血すると白人が消えるからさ。

だから世界各地に散らばっているユダヤ教徒を一か所に集めて国家をつくらなければ、白人のユダヤ教徒は消滅してしまうと考えたのである。
だから、白人の支配するユダヤ教を国教とする国家
=イスラエルを作ったのである。


★イスラエル建国の舞台裏

http://kabukachan.exblog.jp/23520674/

★Dissecting The joo World Order
https://www.youtube.com/watch?v=1RYibLDClYs

White People | Official Full Documentary | MTV
https://www.youtube.com/watch?v=_zjj1PmJcRM


アポロが月に行ったのもでっち上げである。

★アポロ計画・月面着陸の嘘

http://kabukachan.exblog.jp/25050908/

彼らは白人が存続するためならあらゆる嘘をつく。

https://www.youtube.com/watch?v=G2jmhIwWSqM

https://www.youtube.com/watch?v=b0dAgsOPxsg

https://www.youtube.com/watch?v=FOP47xBXIAM

★飛行士をワイヤーで吊り上げる(セット撮影)
https://www.youtube.com/watch?v=6lIM-BlSITg


白色人種が他の人種より優れていることを常に示すことが白人の存続できる必要条件だからだ(白色人種保存の法則)。


https://www.youtube.com/watch?v=K70rm_-e-OA&nohtml5=False



★学問上認められている人類アフリカ起源説をそのまま認めるとどうなるか。

人類最初の誕生は黒人である。そしてメンデルの言う遺伝の法則で、まれに劣性遺伝が現れる。それが白人(色素がない)である。

Yajuj-Majuj & the Origin of White/ 'Caucasian' People (A European's Perspective)
https://www.youtube.com/watch?v=2M4MwOjvBAs

白人は黒人の間で差別され白人同士が集まるようになった。そして白人たちは多数の黒人たちから差別されて北の寒冷地へ追いやられたのである。

★これが白人の起源である。

それはちょっと違うと言う諸君、

①それならなぜ白色人種が劣性遺伝なのかを説明してくれ。
②なぜオバマは白人ではなく、黒人なのかを説明してくれ。

以上の二点を説明してから、人類の起源を語ってくれ!


白人たちはこの歴史的事実が知れ渡るのを恐れている。
だから白人たちは、古代宇宙人説を支持するのである。
自分たちは宇宙から来た特別な人間なのだと
・・・いわゆる選民思想。
白人たちはキリスト教もこの選民思想のために利用してきた。


「白人は神によって選ばれた民である」と。

→マニフェスト・デスティニー

だから白人社会の間では、白人至上主義は健在なのである。白人至上主義がなくなるということは、白人が混血によりなくなっても良いと認めるのと同じことであるからだ。


白人国家の中で、黒人が最も多い国がアメリカである。アメリカの白人こそが白人消滅をいちばん恐れているのである。まあ、自業自得だが。

アメリカの白人たちは、この「マニフェスト・デスティニー」の名の下に黒人を奴隷にし、アメリカインディアンを虐殺、皆殺しにしてきた。

世界史を学べばわかることだが、かつて白人たちは地球上の全大陸を支配しようと考えていたのである。これを食い止めたのが日本民族だったのである。

★大東亜戦争の真実
http://kabukachan.exblog.jp/24591113/


★白人による黒人奴隷貿易とアメリカの奴隷制度

http://kabukachan.exblog.jp/20941342/

★日本人よ、申(猿)年にこそ覚醒せよ!

http://kabukachan.exblog.jp/25137075/

★日本人の覚醒・川柳大会
http://kabukachan.exblog.jp/24824802/

★白人の世界侵略史
https://www.youtube.com/watch?v=XPqV4Q1f4t8

彼ら白人たちはこの歴史的事実を隠したくて仕方ないのである。

【白人たちの侵略史】 『新・霊界物語 十八話②』~日本的愛国心と侍精神~
https://www.youtube.com/watch?v=vkTFhko93Eo&index=21&list=PLTEQ4LklraVRq1fq3xbolEhHFm4lhBYVM


全人類の中における
 「白人の宿命」

白色人種は劣性遺伝子である。

ゆえに、白人は他の人種と混血
すればするほど消滅してゆく。

<これは動かすことのできない真理である>

白人種を維持するためには、白人同士で
子孫を作らねばならない。


そのためには、白人だけの共同体を維持しなければならない。

それゆえ、白人は他の人種とは違う特別な存在でなければならない。


だから、
白人至上主義=選民思想
  (古代宇宙人説)

が必要なのである。



★マニフェスト・デスティニー


以下は、http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2012/04/post-1ea9.htmlより引用。

マニフェスト・デスティニー

白人の侵略の歴史。


1872年に描かれた「アメリカの進歩」。女神の右手には書物と電信線が抱えられており、合衆国が西部を「文明化」という名の下に征服しようとする様子を象徴している。背後には1869年に開通した大陸横断鉄道も見える。

 
1898年、米国はスペインと戦争を起こしました。キューバ、フィリピン、グアムが主な戦地になります。フィリピンは当時スペインの植民地で「独立させてやる」という米国の甘い言葉に乗ってスペイン軍と戦います。しかし、米国はフィリピンを植民地にしてしまいました。フィリピン人は抵抗して戦いましたがアーサー・マッカーサー(ダグラス・マッカーサーの父)の指揮で住民を殺しまくり、餓死させ、その数60万人にのぼったといわれています。(米比戦争, 1899年-1913年)

 アーサー・マッカーサーはサマール島で住民を殺しまくる米兵が逆に殺されると、報復としてこの島と隣のレイテ島民を皆殺しにします。あまりにも残忍だったので昇進を逃したといわれています。この後、フィリピン人は米軍の恐ろしさを体験し、もはやアメリカだけには反抗できなくなりました。フィリピンの小学校では全教科書が英語で行われ、教室にはワシントンの写真が貼られました。
 昭和16年(1941年)、日米開戦となるとフィリピンの米軍はダグラス・マッカーサーが指揮官となっており、日本軍を侮ったためコレヒドール島から逃げ出しましたが、二年後に再びフィリピンに戻り、レイテ島にやってきました。「島民は歓喜して出迎えた」と彼の自叙伝には書かれているそうですが、この島はマッカーサーの父が大虐殺を行ったところで、島民はそっぽむいていたそうです。
 
 「マニフェスト・デスティニー」明白なる天意、神の摂理という意味です。米国の外交政策百科事典には以下のように説明されています。

「国家の命運信仰は何も米国人だけのものではない。その信仰を持たない国家や帝国はこれまで存在しなかった。しかしながら、1840年代の『マニフェスト・デスティニー』の推進者たちにとって、この言葉は米国が政治的にも領土的にものし上がっていくのだという一般の人々による信念を反映していた。彼らはこの言葉の信念を根拠として、国家の拡大は米国民のユニークな資質 - 自分たちのエネルギー、気力、米国という国家の持つ民主的制度、自らの文明の恩恵を他の不幸な人々にまで及ぼさなければならないとする義務感 - によって実現するのだ、との考えをもっていた」

 早い話、有色人種を虐殺して領土を広げることは正当な行為としているのです。1859年に米国の司法長官は
「有色人種にキリスト教化、文明化の恩恵を与えてやろう、従属させ、征服し、君臨する権力と特権を白人は持っている」と言うような演説をして大喝采を浴びています。

 大東亜戦争で米国は対インディアン、対フィリピン、と同じように日本を見ていました。インディアン、フィリピンのような運命が見えていた日本はカミカゼ特攻隊を組織し、兵士たちは自らの命をもってして愛する日本を守ろうとしたのです。沖縄では軍民一体となり悪魔と戦ったのです。それが戦後、占領軍にとっての脅威となり、日本はフィリピンやインディアン、ハワイほどまでのことにはならなかったのです。「鬼畜米英」は単なるスローガンではなく当時の常識と言ってよいでしょう。戦後、敗戦国日本が侵略国家のレッテルを貼られましたが、それは事実ではなく、白人の国こそが侵略国家です。

白人たちは本気で日本人(有色人種の代表)絶滅を考えた。

【水間政憲】従軍慰安婦捏造の根源「アメリカ」の真実[桜H25/8/26]
https://www.youtube.com/watch?v=NI1mUpEhack

日米戦争はなぜ起きたか。 たった9分で分かる近代史50年
https://www.youtube.com/watch?v=6kfMhYp7PeQ

http://kabukachan.exblog.jp/18798239/

http://kabukachan.exblog.jp/22478581/



★『凛として愛』
https://www.youtube.com/watch?v=r2zwu_1bqIg&index=47&list=PL9EWxmPflX-pfl7CGtvZ-aUiXBfe1PcOp

★大東亜戦争【不屈の武士道精神】
https://www.youtube.com/watch?v=7QQzmAQ7wEc&list=PL9EWxmPflX-pfl7CGtvZ-aUiXBfe1PcOp&index=1





これが自然地震の地震波形であろうか?

   ☟






[PR]
by kabu_kachan | 2015-11-01 00:21 | 歴史 | Comments(2)
Commented by かなや at 2017-02-10 22:06 x
宇宙人以前に雛形理論で考えてみて、どうぞ
Commented by kabu_kachan at 2017-02-11 14:39
私は「地球上に宇宙人は来ていない」と言っているんですけどね。
<< イスラム国(ISIS)の正体 世界支配とは <ユダヤ化> の... >>