「コロンブスのアメリカ大陸発見」の意味

The World In, the 30th edition of The Economist’s annual compilation of predictions for the year ahead, is out now

ロスチャイルド(偽ユダヤ人)さんちの
ECONOMIST2016年
1月版の表紙の絵。

http://www.digitalnewsagency.com/stories/9547-the-world-in-the-30th-edition-of-the-economists-annual-compilation-of-predictions-for-the-year-ahead-is-out-now

Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk


★ロスチャイルド家(✡)について

http://kabukachan.exblog.jp/20811829/

★現代の「ロスチャイルド一族」

http://kabukachan.exblog.jp/22220485/

表紙は、人物だけですが、背景の加筆されたバージョン↑も掲載されています。中央に五重塔があって、西洋の騎士みたいのが屋根の上にいます。
Image result for columbus
ピサロ?コルテス?とも思ったけれど、どうやらコロンブスのようです。


偽ユダヤ人(白人)たちは、アメリカを征服した。
ヨーロッパはすでに征服している。
中東は只今、征服しつつある。中国とロシアはこれから。
そして日本は最後に征服する。

と言う意味じゃないですか?

誰か違うと言ってよ~w。

★Committee of 300... The Power Behind the New World Order
https://www.youtube.com/watch?v=R9HZvsliT5E

https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ







★アメリカの ユダヤが乗っ取る マスメディア

http://kabukachan.exblog.jp/24966612/


「コロンブスのアメリカ大陸発見」というのは、コロンブスがアメリカ大陸を発見したかどうかという意味ではない。発見したのは別の人物であることは分かっている。
「コロンブスのアメリカ大陸発見」というのは、ヨーロッパの白人とユダヤ人による世界植民地征服の端緒となった世界史上の大事件であることを象徴して使うのである。ちなみに、コロンブスはユダヤ人と言う説がある。


コロンブスはマルコポーロの書いた「東方見聞録」を読んで、その本に書かれている「黄金の国・ジパング(日本)」に到達することを考えて航海に出た。



以下は、この意味を説明している。

『ユダヤ問題入門』 

太田龍 著   泰流社   2007年(復刻版)

序 文

 ユダヤは、単なるありきたりの民族の一つでもないし、数ある宗教の一つでもなく、イスラエルは、百数十の国家の単なる一つでもありません。
 ユダヤは、今日では全人類、全地球に通用する唯一の普遍的文明です。唯一の普遍的な生活スタイルなのです。
 この地上のなんびとも(当然、我々日本民族も)ユダヤ文明から逃れることはできません。
 ユダヤ文明、ユダヤ式生活スタイルとは、どんなものでしょうか。
 それはおかね(あるいは、おかね万能社会)です。
 これこそユダヤの発明であり、2,500年かかって、ユダヤはこれを全人類に伝染させたのです。ユダヤ教は、マモンの神(おかねの神)を崇拝する宗教です。
 このマモン(おかね)崇拝教に取り憑かれると、人間の貪欲と強欲が無制限に膨張します。
 ユダヤは17世紀に、英国とオランダの国家を乗っ取り、18世紀末にはフランス革命を起こしてフランスの国も盗りました。
 更に19世紀末にはアメリカも盗り、この4つの国家を道具にして世界を支配するに至りました。そのおかげで、全人類がユダヤ文明に毒され、人間の欲望と浪費が爆発したのです。
 ユダヤ文明は人類を滅亡に導くでしょう。
 日本民族は、質実剛健なゲルマン民族と共に、このユダヤの毒に対してもっとも頑強に抵抗しました。実は、それがあの「大東亜戦争(太平洋戦争)」だったのです。
 従って、日本民族はユダヤ禍に立ち向かうに当たって、「大東亜戦争」の名誉を回復しなければなりません。
 「大東亜戦争」はまた、幕末の「尊皇攘夷」の継続でもあります。
 いずれの場合でも、我々の父祖、先輩たちは、日本(そしてアジア)を侵略する敵の正体がユダヤであることを見抜いていませんでした。
 そこに日本の敗因があります。
 今からでも遅くはありません。日本民族は、国家民族の総力を挙げて、日本を食い潰そうとかかって来ている敵・ユダヤの真の姿の研究に着手すべきではないでしょうか。




ユダヤの世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」


  1492年10月、コロンブスの艦隊がアメリカ大陸(実は、カリブ海諸島のひとつ)を発見して、ここに「大航海時代」が開幕した――などと、ふつうの歴史の教科書には記述してあるわけですが、この言い方は真実を著しく歪曲しています。
  その当時、ユダヤはスペインを本拠地としていたのですが、スペイン政府はユダヤ人にたいして「キリスト教に改宗すればスペインに住み続けることを許すが、改宗しないユダヤ人は国外に追放する」と決定したのです。
  そこで彼らは、民族の本拠地をオランダ(アントワープ、アムステルダム)に移すと同時に、一か八かの大バクチを打つことにしたのです。
  それが、スペイン国王とキリスト教の仮面をつけたコロンブス大艦隊の派遣です。
  当時のスペインは、王室も、政府も、ユダヤの財力によって操作されていたのです。

  スペインの国旗はかかげていても、事実上、ユダヤの資本でこのコロンブス艦隊が編成されていた上、コロンブス自身に、ユダヤの血が入っています。有力な乗組員の中にも、ユダヤ人が加わっていたのです。
  コロンブス艦隊が発見した島は「エスパニョーラ島」と命名されましたが、続々とこの島と、そして新大陸(中南米)にやって来たユダヤ人たちは、その後の僅か50年のうちに、原住民(インディオ)社会に襲いかかり、筆舌につくし難い暴虐なやり方で、金銀を略奪しました。
  この金銀の一部はスペイン王室に献金されたでしょうが、その大部分はユダヤの民族財産となり、ユダヤ2千年の野望、世界征服作戦開始のための軍資金に化けたものと推定されます。
  それゆえ、15世紀末から16世紀半ばにかけての半世紀の真相は、非ユダヤ(ゴイム)にとっては、実に戦慄すべき地獄図の始まりであり、同時に、ユダヤにとっては、ユダヤ地上天国の展望が見えて来た時代でもありました。
  彼らのこの「大航海」の目標が、マルコポーロの旅行記(13世紀末)に描かれていた「黄金に充ち満ちた夢の国ジパング(すなわち、我々の国、日本)」であったことは、歴史の皮肉としか言いようがありません。
  この50年の間に、ユダヤという化け物は、さなぎから成虫に羽化したのです。
  そして、彼らは、キリスト教会とポルトガル、スペインの仮装をして、日本列島にも魔の手を伸ばすに至ったのです。
  ユーラシア大陸の最西端からぐるっとひとまわりして、地球をくまなく覆うユダヤの毒のネットワークが完成したのです。

 ユダヤは、エスパニョーラ島の原住民3百万人を、50年で皆殺しにした!

  この島の原住民は、もとをたどれば、何万年か前アラスカ経由で新大陸を南下したモンゴル族、すなわち、我々日本民族と同族の人々です。
  スペイン国籍のユダヤ人は、この島の人々の保有する黄金を奪取する目標を立て、キリスト教の伝導を目くらましに使って原住民を油断させてから、悪魔の本性をさらけ出しました。
  彼らは、馬にまたがり、剣や槍や銃を持って、原住民の村落を襲い、老若男女長幼の別なく手当り次第に惨殺した。身重の女の腹を裂き、誰が一太刀で体を真っ二つに斬れるか、誰が一撃のもとに首を落とせるかの腕だめしを競った。また母親から乳飲み子を奪い、その子の足をつかんで岩に頭をたたきつけたり、幼児を川へ突き落としておいて、「さあ、泳いでみな」と冷笑したりした。
  ユダヤ、スペイン侵略者たちは、ようやく足が地につくぐらいの高さの絞首台を13作り、キリストと12人の使徒をたたえるのだと言って、13人をこの台に吊し、その下に薪をおいて火を付け、生きたままの原住民を火あぶりにして殺した。また、原住民の手足を鎖でしばり、その体に乾燥した麦藁を巻き付け、それに火をつけてころがし、その焼け死ぬ様を見て拍手を送るというふざけ方をした。
  インディオの家族を殺す手口は入念だった。地中へ打ち込んだ4本の棒の上に、細長い丸太棒で作った板を取り付け、その下で火を焚いた。耐えかねて悲鳴をあげるのを面白がってじわじわと死んでいくのを楽しそうに眺めていた。
  怒った原住民が、稀にユダヤ、スペイン侵略者を殺害したが、インディオが1人のキリスト教徒(実はユダヤ)を殺したら、その仕返しに百人のインディオを殺すという掟をつくった。この島のある王国の有力者300人を集めたスペイン総督(ユダヤ)は、出入り口をふさいで閉じ込め、火を放って焼き殺した。
  ――といった記録が残っています。
  こうして、エスパニョーラ島300万人は200人を残して全滅し、この200人も間もなく死滅した、というのです。
  我々日本人にはとても信じられない話ですが、旧約聖書とタルムードでユダヤの本音を知って見れば、いかにもユダヤのやりそうなことと納得できるではありませんか。


★欧米植民地主義の凄まじい実態─学校が教えてくれない戦争の真実
https://www.youtube.com/watch?v=MOwj5i7jlu8


★自由、平等、博愛 の本当の意味

http://kabukachan.exblog.jp/23872677/

このように、「コロンブスのアメリカ発見」が端緒となって白人とユダヤ人による世界征服が始まったのである。
この世界征服の一環として日本征服にやって来たのがペリーの黒船艦隊であった。(本当はユダヤ人のザビエルが最初である。)

★フランシスコ・ザビエルはユダヤ人である

http://kabukachan.exblog.jp/19557519/

★ザビエルのキリスト教布教の目的は日本占領である

http://kabukachan.exblog.jp/19600087/

★「鎖国」の本当の理由
http://kabukachan.exblog.jp/23511124/

この白人による世界征服という大きな世界史上の流れを食い止めたのが日露戦争における日本の勝利だったのである。

★日露戦争の世界史的意義
http://kabukachan.exblog.jp/19062401/

★全国の日本人よ、泣き給え!
http://kabukachan.exblog.jp/24939240

ここで一句。
ニッポンが 日露戦争 負けてたら
今でも世界は 白人支配

https://www.youtube.com/watch?v=r9zriSvwhgc&list=PL6mu43UnNThAhNNLwejuQWyLAk0DGA17s&index=51

https://www.youtube.com/watch?v=ThokovrL1XM&list=PL6mu43UnNThAhNNLwejuQWyLAk0DGA17s&index=52

なぜ学校の世界史の教科書にこのように書かないのか?
それは反日派が歴史教科書を書いているからである。反日の歴史学者は日本を悪く書くことに誇りを持っている。

日本では、歴史学者は日本を悪く書かなければ学者として出世できない。
アメリカでは、歴史学者はアメリカを良く書かなければ学者として出世できない。
どちらの学者も、生活が懸かっているから仕方ないのである。
https://www.youtube.com/watch?v=xzksJvbtyp8

★白人の世界侵略史
https://www.youtube.com/watch?v=XPqV4Q1f4t8

【水間政憲】従軍慰安婦捏造の根源「アメリカ」の真実[桜H25/8/26]
https://www.youtube.com/watch?v=NI1mUpEhack

★本当のことがわかる昭和史
https://www.youtube.com/watch?v=FcXUdAO0ngc

★日本のテレビと新聞の正体(復習!)

http://kabukachan.exblog.jp/25001461/

ここで一句。
日本人 バカで良し良し テレビ局
国民は 猿と同じさ テレビ局



★ なわ・ふみひと の ひとくち解説 ★

  過去500年にわたる白人の歴史が「侵略の歴史」といってもよいものであることは、清水馨八郎氏の著書『侵略の世界史』(祥伝社)に詳しく紹介されています。『ユダヤが解ると世界が見えてくる』の著者の宇野氏は、その白人社会を裏から牛耳っているのが“ユダヤ”であると言っているのですが、そのユダヤ人には、カザール人がユダヤ教に転向して自らをユダヤ人と名乗るようになったアシュケナジー・ユダヤ人と、聖書に出てくるアブラハムの子孫であるスファラディ・ユダヤ人の2種類がいると述べています。そのことを、わが国で初めてわかりやすく説明したのが宇野氏なのです。
  その説によれば、白人社会を裏から支配し、超大国アメリカをもコントロール下に置いているユダヤ人はアシュケナジー・ユダヤ人ということになります。本来のユダヤ人ではないアシュケナジー・ユダヤ人が、過去500年以上にわたって世界中の国々の植民地化を進めてきたというわけです。アメリカにおいても、コロンブスが入植する前は500万人もいた先住民(インディアン)が、その後短期間で25万人にまで減らさせてしまったことを見ても、白人による民族抹殺のスピードがいかに激烈なものであったかがわかります。
  しかしながら、そのような白人による侵略の歴史は今日ではほとんど表面に出てくることはありません。彼らは自らの“醜い過去”は見事に葬り去ってしまうからです。長年にわたる白人の侵略の歴史の中で、東洋の一国である日本だけは最後まで抵抗を続けたことで、世界支配層から“手強い相手”ということで徹底的な破壊の対象とされ、ついに第二次世界大戦によってドイツ民族とともに完全に骨抜きにされてしまったのです。ドイツには「ユダヤ人を大量殺戮した」という罪を、日本には「アジアの国々を侵略した」という罪を負わせて、それぞれの民族の誇りを奪ってしまいました。そして、自らが長年にわたった世界中で行なってきた大虐殺の歴史はちゃっかりと封印しているのです。


★白人による黒人奴隷貿易とアメリカの奴隷制度

http://kabukachan.exblog.jp/20941342/

★大東亜戦争の真実
http://kabukachan.exblog.jp/24591113/

★「ユダヤネットワーク」の存在

http://kabukachan.exblog.jp/22994972/


★目覚めよ! 人類を支配する "情報帝国主義"!
https://www.youtube.com/watch?v=3Swq63sbPLo

★歴史教科書を信じてはいけない
https://www.youtube.com/watch?v=n9pS9tyTUN4

★学校狂育で、人生つぶされてはいけない
https://www.youtube.com/watch?v=z2hdm_v_Z1o


★メディア情報を鵜呑みにしてはいけない
https://www.youtube.com/watch?v=JMJvBOpNA9c

★ワクチンをうってはいけない
https://www.youtube.com/watch?v=krH_vQjVdJA



【吉田松陰の名言】


★死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、
生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。


死んでも後世に残るだろうと考えるなら死んでもいい。
生き延びて大きな仕事ができそうだと思うならどんな状況でも生き続けろ。



★かくすれば かくなるものと知りながら 已むに已まれぬ大和魂。

★身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂。


Khazars full video
https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

Forbidden Knowledge - History of the Khazar Empire - Lecture by Jack Otto
https://www.youtube.com/watch?v=5TVd8ovSPl4

The Khazarian Conspiracy: Fake Jews of the Synagogue of Satan!
https://www.youtube.com/watch?v=tE7S4uYAEAs

The Hidden History - The Khazar Empire
https://www.youtube.com/watch?v=k2oW63XkBhw

Get this! 90% of Proclaimed Jews are not Jews at all (KHAZARS Exposed)
https://www.youtube.com/watch?v=DoCNZWIgP7w

Texx Marrs Khazar Fake Jews And The Coming Destruction Of Israel
https://www.youtube.com/watch?v=qsbSVtxS83c

Khazar : Secret Ruling Empire of The World Exposed : Sheikh Imran Hosein
https://www.youtube.com/watch?v=b6rEts1BuN8










[PR]
by kabu_kachan | 2015-12-26 09:28 | ユダヤ | Comments(0)
<< 911・WTC崩壊 ⇦ 爆破(... ヒトラーとは何者だったのか >>