「アメリカのユダヤ人」の研究

【アメリカに住んでいるユダヤ人の解明】

★Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk

★Fake Jewish Peoples Exposed An The Real Hebrew Israelites Awaken
https://www.youtube.com/watch?v=gta4uOM6Y2U


★「東欧ユダヤ人のハザール起源説」を否定する説 ⇦ に対する反論。

https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk


①イディッシュ語はドイツ語(ゲルマン系)起源ではない。スラブ語系起源である。

★イディッシュ語はドイツ語起源ではない

http://kabukachan.exblog.jp/25184891/

②東欧ユダヤ人が西方(フランスやドイツ)から来たという説は確かな根拠がなく、なぜロシア国内にユダヤ人が多いのかを説明できない。

★ロシア系ユダヤ人(金髪白人)のハザール王国起源説

http://kabukachan.exblog.jp/25157464/

③ロシア革命はユダヤ人による革命だが、これも説明できない。

★アメリカのネオコンは元々トロツキスト ロシア系ユダヤ人
https://www.youtube.com/watch?v=fKY7YAYynUU

https://www.youtube.com/watch?v=OYsdJjmT4sQ

https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

★ソ連とは何か(5)

http://kabukachan.exblog.jp/18440055/

④ハザール王国がモンゴル帝国に滅ぼされた時に、ハザール人は周辺のユダヤ教に改宗したスラブ人(ロシア人)とともにポーランドに逃げ込んで定住したのである。そしてスラブ人(ロシア人)が中心となって、ドイツ語の語彙を取り入れながらイディッシュ語を作ったのである。

The history of the ancient Khazar Empire, a major but almost forgotten power in Eastern Europe, which in A.D. 740 converted to Judaism. Khazaria, a conglomerate of Aryan Turkic tribes, was finally wiped out by the forces of Genghis Khan, but evidence indicates that the Khazars themselves migrated to Poland and formed the cradle of Western (Ashkenazim) Jewry...

The Khazars' sway extended from the Black sea to the Caspian, from the Caucasus to the Volga, and they were instrumental in stopping the Muslim onslaught against Byzantium, the eastern jaw of the gigantic pincer movement that in the West swept across northern Africa and into Spain.

Thereafter the Khazars found themselves in a precarious position between the two major world powers: the Eastern Roman Empire in Byzantium and the triumphant followers of Mohammed.
As Arthur Koestler points out, the Khazars were the Third World of their day, and they chose a surprising method of resisting both the Western pressure to become Christian and the Eastern to adopt Islam. Rejecting both, they converted to Judaism.


⑤その後、ポーランドでイディッシュ文化が栄えて、さらにロシア系ユダヤ人は増えていった。そして1900年前後のロシア帝国による大規模なユダヤ人迫害(ポグロム)によって、ポーランドや中央アジアに住んでいたロシア系ユダヤ人は大量に(およそ、300万人が)、アメリカに渡ったのである。

★真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(3)
http://kabukachan.exblog.jp/18834478/


Khazars full video
https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

Forbidden Knowledge - History of the Khazar Empire - Lecture by Jack Otto
https://www.youtube.com/watch?v=5TVd8ovSPl4

The Khazarian Conspiracy: Fake Jews of the Synagogue of Satan!
https://www.youtube.com/watch?v=tE7S4uYAEAs

The Hidden History - The Khazar Empire
https://www.youtube.com/watch?v=k2oW63XkBhw

Get this! 90% of Proclaimed Jews are not Jews at all (KHAZARS Exposed)
https://www.youtube.com/watch?v=DoCNZWIgP7w

Texx Marrs Khazar Fake Jews And The Coming Destruction Of Israel
https://www.youtube.com/watch?v=qsbSVtxS83c

Khazar : Secret Ruling Empire of The World Exposed : Sheikh Imran Hosein
https://www.youtube.com/watch?v=b6rEts1BuN8




以上のことを頭に入れて以下の記事を読むとすべてが見えてくる。何度も言うが、下⇩のサイトは、世界最高水準である。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/_floorA4F_ha.html#02より。


最初にやってきたのは、第1章で紹介したように、カトリック教国のスペインとポルトガルから追放されたユダヤ人(スファラディム)だった。1654年、ブラジルを経由してニューヨークに到着した。

●アメリカ独立後も、州によってユダヤ人に対する扱いは異なっていた。宗教的にこりかたまったマサチューセッツ州はユダヤ人を排除し、逆にメリーランド州は完全な信仰の自由を認めるといった具合だったが、やがてスペイン系ユダヤ人の多くは、企業家としてのたゆまぬ努力によって、しだいに経済的実力を蓄積してゆく。

●ユダヤ移民の第2波は、1820年から1870年頃まで続く。これは主にドイツからやって来た。特に1848年の革命の敗北によってアメリカに避難したものが多かったので、彼らは「フォーティエイター」と呼ばれている。

●ドイツ系ユダヤ人たちの多くは徒手空拳の街路商人からキャリアを開始した。先住の貴族化したスペイン系ユダヤ人の軽蔑を尻目に、かれらは未開拓の分野に進出する。綿花、銀鉱、金鉱、鉄道、土地投機、そして当時は悪所扱いされていたウォール街。

ドイツ系ユダヤ人は、母国ドイツとヨーロッパ各地のユダヤ系資本とのコネクションを武器として、国際的な資本移動の仲介役として活躍した。鉄道業を中心にした当時のアメリカ国内の主要な企業活動に対する国際的資金調達こそ、彼らの活躍の場となった。ドイツ系ユダヤ人が所有・利権支配した投資銀行は、その後長らく、アメリカ国内の投資銀行業界を二分する勢力のひとつとして栄えた。

●さて、ここで、アメリカ・ユダヤ人口の変動を見てみたい。

アメリカ独立当時のアメリカ・ユダヤ人口は、取るに足りない少数であった。独立前夜のアメリカ全人口300万人中、ユダヤ人口は約2500人であったと言われている。たったの2500人である。

その後も、アメリカ・ユダヤ人口の増加ぶりはまことに緩慢で、1840年当時でも総数1万5000人にすぎなかった。


●しかし、スペイン系ユダヤ人(スファラディム)を中心としてきたそれまでのアメリカ・ユダヤ人社会に、ドイツ系ユダヤ人が合流した結果、以後ようやくユダヤ人口も増加が目立ち始めた。1848年には総数5万人、1860年代半ばには20万人に達していた。


●しかし、ドイツ系ユダヤ移民の渡米は長くは続かなかった。1870年以後は急速に衰え、1880年当時でもユダヤ総人口は合計23万にすぎず、アメリカ全人口中の0.5%弱にしかならなかった。

●1880年代初頭、アメリカ・ユダヤ人社会史上に、決定的な転換期が訪れた。

当時、ロシア国内で始まった「ポグロム」(ユダヤ人迫害)の嵐で、大量の東欧ユダヤ人がアメリカに流入することになったのである。ユダヤ移民の第3波である。まさに、どっと押し寄せてくるという感じでやって来た。

19世紀末から20世紀初頭にかけて、帝政ロシアでは激しいユダヤ人虐殺が進行したが、このとき殺されたユダヤ人のほとんどはアシュケナジームであった。

ヒトラーによるユダヤ人迫害が発生するまで、帝政ロシアは、間違いなく、ユダヤ人が最も大量に殺された国であった。(当時のロシアは、世界で最も多くユダヤ人が住む国であった)。「ポグロム」はロシアから東ヨーロッパにかけて大規模に広がり、この結果、多くのユダヤ人がアメリカに渡ってきたのである。その数、300万人である。

●1880年代初頭、アメリカ・ユダヤ人社会史上に、決定的な転換期が訪れた。

当時、ロシア国内で始まった「ポグロム」(ユダヤ人迫害)の嵐で、大量の東欧ユダヤ人がアメリカに流入することになったのである。ユダヤ移民の第3波である。まさに、どっと押し寄せてくるという感じでやって来た。

19世紀末から20世紀初頭にかけて、帝政ロシアでは激しいユダヤ人虐殺が進行したが、このとき殺されたユダヤ人のほとんどはアシュケナジームであった。

ヒトラーによるユダヤ人迫害が発生するまで、帝政ロシアは、間違いなく、ユダヤ人が最も大量に殺された国であった。(当時のロシアは、世界で最も多くユダヤ人が住む国であった)。「ポグロム」はロシアから東ヨーロッパにかけて大規模に広がり、この結果、多くのユダヤ人がアメリカに渡ってきたのである。その数、300万人である。


★ロシア・ペール
19世紀末から20世紀初頭にかけて、帝政ロシアでは激しいユダヤ人虐殺が進行した。このロシアにおけるユダヤ迫害は 「ポグロム」と呼ばれ、このとき殺されたユダヤ人のほとんどはアシュケナジームであった。


ロシアの巨大なゲットーと呼ばれる「定住区域」⇧
(ユダヤ人制限居住地域)
ちょうど「ハザール王国」があった場所と重なっていることが分かるだろう。1791年から1917年まで、ユダヤ人が移動することが禁じられた。1897年までに500万人以上のユダヤ人が住んでいた。定住区域外の東部の町にも多くのユダヤ人が住んでいた。



The Pale of Settlement (Russian: Черта́ осе́длости, chertá osédlosti, Yiddish: דער תּחום-המושבֿ‎, der tkhum-ha-moyshəv, Hebrew: תְּחוּם הַמּוֹשָב‎, tcḥùm ha-mosháv) was a western region of Imperial Russia, in which permanent residency by Jews was allowed and beyond which Jewish permanent residency was generally prohibited. It extended from the eastern pale, or demarcation line, to the western Russian border with the Kingdom of Prussia (later the German Empire) and with Austria-Hungary.

The archaic English term pale is derived from the Latin word palus, a stake, extended to mean the area enclosed by a fence or boundary.

Jews were, however, excluded from residency at a number of cities within the Pale, while a limited number of categories of Jews were allowed to live outside it.

With its large Catholic and Jewish populations, the Pale was acquired by the Russian Empire (which was majority Russian Orthodox) in a series of military conquests and diplomatic maneuvers between 1791 and 1835, and lasted until the fall of the Russian Empire in 1917. It comprised about 20% of the territory of European Russia and largely corresponded to historical borders of the former Polish–Lithuanian Commonwealth and the Crimean Khanate; it included much of present-day Lithuania, Belarus, Poland, Moldova, Latvia, Ukraine, and parts of western Russia.

●1880年に23万にすぎなかったアメリカ・ユダヤ人口は、1900年にはついに100万を突破した。この間の20年間、アメリカ総人口が1.5倍増であったのに対し、ユダヤ人口は4.4倍に達したのであった。そして、その後も東欧ユダヤ人のアメリカ流入は続いて、20世紀初頭までに総数280万人に達する莫大な数の東欧ユダヤ人がアメリカに流れ込んだのだった。

これにより、世界で一番ユダヤ人が多い国は、徐々にロシアからアメリカにバトンタッチされていくことになる。(東欧ユダヤ人はアメリカ・ユダヤ人口の85%を占めるようになった)。

Influence of the pogroms[edit]

The pogroms of the 1880s caused a worldwide outcry and, along with harsh laws, propelled mass Jewish emigration. Two million Jews fled the Russian Empire between 1880 and 1914, with many going to the United Kingdom and United States.

In reaction to the pogroms and other oppressions of the Tsarist period, Jews increasingly became politically active. Jewish participation in The General Jewish Labor Bund, colloquially known as The Bund, and in the Bolshevik movements, was directly influenced by the pogroms. Similarly, the organization of Jewish self-defense leagues (which stopped the pogromists in certain areas during the second Kishinev pogrom), such as Hovevei Zion, led to a strong embrace of Zionism, especially by Russian Jews.


★以上のことを知っておかなければ、なぜロシア革命をアメリカが支援したのかも、なぜ911のいかさまテロをアメリカのマスメディア(すべてをユダヤ人が作っている)が報道しないのかもわからない。


History of the Jews in Russia

From Wikipedia, the free encyclopedia
(Redirected from Russian Jews)

The vast territories of the Russian Empire at one time hosted the largest population of Jews in the world.[9] Within these territories the primarily Ashkenazi Jewish communities of many different areas flourished and developed many of modern Judaism's most distinctive theological and cultural traditions, while also facing periods of antisemitic discriminatory policies and persecutions. Russian Jewry consists predominantly of Ashkenazi Jews but also comprises a number of other Diasporan Jewish groups, such as Mountain Jews, Crimean Karaites, Krymchaks, Bukharan Jews, and Georgian Jews.

The presence of Jewish people in the European part of Russia can be traced to the 7th–14th centuries CE. In the 11th and 12th centuries, the Jewish population in Kiev, in present-day Ukraine, was restricted to a separate quarter. Evidence of the presence of Jewish people in Muscovite Russia is first documented in the chronicles of 1471. During the reign of Catherine II in the 18th century, Jewish people were restricted to the Pale of Settlement within Russia, the territory where they could live or immigrate to. Alexander III escalated anti-Jewish policies. Beginning in the 1880s, waves of anti-Jewish pogroms swept across different regions of the empire for several decades. More than two million Jews fled Russia between 1880 and 1920, mostly to the United States.


[PR]
by kabu_kachan | 2016-02-12 21:39 | ユダヤ | Comments(0)
<< アメリカ大統領選挙 戦争で儲ける連中(企業・国) >>