「南京大虐殺」とは、「虚構・ウソ話」の産物である。

「本物の写真」と「ニセモノの写真」の見分け方

「本物の写真」とは、「いつ・どこで・だれが」撮った写真かという条件が満たされていないといけない。

この条件が満たされていない写真はすべて「ニセモノの写真」と言うことになる。

報道写真として価値のない「ニセモノ写真」と付き合ってはいけない。


【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M


「南京問題に完全決着をつける英文・中文新作計画他」
https://www.youtube.com/watch?v=d7_wlbSYk08


さくらじ#102、ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=WEjUqOEuy5U

「ひと目でわかる『日中戦争』時代の武士道精神」
https://www.youtube.com/watch?v=bUOVBisWXDE

渡部昇一&水間政憲
http://www.dailymotion.com/video/x115f4x_%E6%B8%A1%E9%83%A8%E6%98%87%E4%B8%80-%E6%B0%B4%E9%96%93%E6%94%BF%E6%86%B2-2013-06-21_news

ローマ時代の格言
「黙ることは、認めることである。」

★「南京大虐殺」の嘘~南京入城の記録映像と証言
http://www.dailymotion.com/video/x3fnwff


南京大虐殺を記憶遺産に ユネスコ、シベリア抑留も

2015/10/10 6:53

【上海=共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10日、中国が申請していた旧日本軍による南京大虐殺に関する資料について、世界記憶遺産に登録したと発表した。同様に申請していた従軍慰安婦問題の資料は、登録が見送られた。


 中国が「旧日本軍の犯罪」の記録と主張する歴史資料がユネスコによって「世界的に重要」と認定されたことになり、習近平指導部は今後、歴史問題をめぐる対日攻勢を一層強めそうだ。

 日本が申請した第2次大戦後のシベリア抑留資料と国宝「東寺百合文書」も登録された。

 中国は「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける今年の登録を目指し、昨年申請を行った。日本政府は「ユネスコの場を政治的に利用している」と批判し、中国に抗議。申請の取り下げを求めたが、中国は拒否していた。

 中国が申請した南京大虐殺関連資料は、日本の指導者や軍の戦争犯罪を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)と南京軍事法廷の記録や、旧日本軍が撮影したという虐殺関連の写真、米国人宣教師が事件の模様を撮影したフィルムなど。2009年から申請を準備していたとされる。

 南京大虐殺をめぐっては、中国が南京軍事法廷に依拠して犠牲者数を「30万人以上」と主張しているのに対し、日本では数万人から20万人まで諸説あるほか、虐殺自体を否定する意見もあり、論争が続いている。

 日本外務省によると、記憶遺産の現行の審査基準では、資料の保全や管理の必要性だけが検討対象で、歴史的に正しいかどうかは判断材料にはならない。しかし、今回の登録で中国側の公式見解が“固定化”される可能性もある。

 各国からの申請案件について、アラブ首長国連邦のアブダビで開かれた国際諮問委員会が審査し、ユネスコのボコバ事務局長が登録を決定した。


虐殺されたはずの南京市民
https://www.youtube.com/watch?v=W-Erp_T3kjI&nohtml5=False



★日本人が抗議しないから嘘話が登録されたのである。黙って何も言わないというのは、国際社会では認めたのと同じことなのである。

「当時、日本軍は南京大虐殺をやった」ことを日本人は全員、認めたことになるのですよ。

日本人が歴史を知らないから、「南京大虐殺」という嘘話が、ユネスコの世界記憶遺産に登録されたのである。

【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M


「南京問題に完全決着をつける英文・中文新作計画他」
https://www.youtube.com/watch?v=d7_wlbSYk08


「事後法により裁かれた東京裁判」「東京裁判松井石根大将判決から導き出される結論『日本軍による南京大虐殺はなかった』」
https://www.youtube.com/watch?v=OW8cq6jV7i8


わかりますか?日本人は世界中どこへ行っても「人食い人種」、「野蛮民族」、「首狩り族」と呼ばれるのですよ。

西洋人は、武士が切腹するときに首を切り落とすのを見て、首狩りの風習があると考えている。

http://www.history.gr.jp/nanking/lie.html
http://www.history.gr.jp/nanking/index.html

http://propagandawar.info/hanron-nankinhiteiron1/



★最大の論点。

①南京大虐殺はあったのか?

②南京大虐殺はなかったが、南京小虐殺はあったのか?

③虐殺の定義。

当時、便衣兵を殺害することは、国際法上認められている。

★1/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=7BD4EeZl71U

★2/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=b_XaRjfjvE8

★3/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=soBmChuHDhM


質問7:
当時の南京では実際にどういうことがあったのですか?

回答7:

戦争で多くの兵士が戦死しました。また、軍服を着ていなかった中国兵の中には逮捕 後に処刑された人もいました。

東京裁判の時に中国側から南京虐殺の最も重要な証拠として埋葬記録が提出されましたが、その記録では女性や子供の遺体は0.3%にすぎません。そして死体の収容場所のほとんどが城外の激戦のあった場所でした。これは死者は兵士の戦死者であって、民間人の被害は少なかったという事実を裏づけてます。

また、中国軍の兵士は戦闘に負けると軍服を民間人の服に着替えて(便衣兵)南京市内の安全区に入ったので、日本軍は彼らを逮捕しその一部を処刑しました。これは当時の国際法でも問題ありません。軍人が戦闘地域で軍服を着ないで逮捕されたら捕虜になる権利はなく、処刑されても文句は言えないのです。

なぜなら軍人が軍服を着ずに行動すれば民間人と兵士との区別がつかなくなり、結局は民間人がむやみに殺される結果を招くことになるからです。彼らを逮捕するために日本軍は歩兵第七連隊という部隊が4日間だけ昼間に安全区の捜索をしました。安全区内の捜索は将校の指揮の下にまとまって行なわれ、兵隊や下士官が独自に行動することは許されませんでした。

その他には、南京市の郊外の幕府山というところで捕虜を護送する途中に暴動が起り数多くの捕虜と少数の警備の日本兵が死ぬという事件などもありました。




★「ひと目でわかる『日中戦争』時代の武士道精神」の活用方法を著者水間政憲が徹底解説
https://www.youtube.com/watch?v=bUOVBisWXDE


★【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M




★まずは、映像資料。


南京陥落当時の貴重な映像(4of5)

視聴者の感想より。
普通に生きてるじゃねぇかよ!!何処が虐殺なんだよwww!!普通に飯食ってんじゃん、映像の中には鳥かごまで写っていたよな?鳥に食わせるほどの飯があったって事だよな?何が虐殺だよ、適当な事を言いやがって!!

https://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&index=1&list=PLE5AB0800EFBDF9F3


南京陥落当時の貴重な映像(3of5)
https://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&index=2&list=PLE5AB0800EFBDF9F3&nohtml5=False



南京陥落当時の貴重な映像(2of5)

https://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&index=3&list=PLE5AB0800EFBDF9F3&nohtml5=False



★戦線後方記録 映画「南京」 完全版 70分 "Record of Nanking after Battile of Nanking" 20 Feb 1938

[PR]
by kabu_kachan | 2016-04-08 04:43 | 捏造 | Comments(0)
<< ケリー国務長官 米国による広島... NHKの「嘘番組」 >>