朝日新聞社=国賊新聞社=売国奴

朝日新聞社とはとんでもない売国奴である。

★「本物の写真」と「ニセモノの写真」の見分け方

「本物の写真」とは、「いつ・どこで・だれが」撮った写真かという条件が満たされていないといけない。

この条件が満たされていない写真はすべて「ニセモノの写真」と言うことになる。


★【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M

★「南京問題に完全決着をつける英文・中文新作計画他」
https://www.youtube.com/watch?v=d7_wlbSYk08

ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=WEjUqOEuy5U

「ひと目でわかる『日中戦争』時代の武士道精神」
https://www.youtube.com/watch?v=bUOVBisWXDE

「南京大虐殺」の嘘~南京入城の記録映像と証言

http://www.dailymotion.com/video/x3fnwff


本多勝一という元朝日新聞記者と朝日新聞社は、すべて「ニセモノの写真」を使って何の根拠もないホラ話で捏造して「南京大虐殺」をでっち上げた。そして朝日新聞社は捏造した南京大虐殺の本や写真集を日本中にばら撒いたのである。かくして日本中の図書館に南京大虐殺の本や写真集が並ぶこととなった。一枚も本物の写真がないにもかかわらずである。

わざわざ一枚残らず「ニセモノの写真」を使って「南京大虐殺」という大ホラ話を捏造して本にして売りまくったのである。

中国の南京市にある南京大虐殺記念館の中で、「南京大虐殺」という大嘘話を広めた功績を称えられて、本多勝一と朝日新聞社は表彰されているのである。


いいですか。すべて「ニセモノの写真」を使って「南京大虐殺」をでっち上げた功績で表彰されて、しかも本多勝一の書いた『中国の日本軍』や『中国の旅』に掲載されている「ニセモノ写真」がすべて南京大虐殺記念館の中で大きなパネル写真となって展示されているのである。

このことを黙認している朝日新聞社とはとんでもない国賊新聞社である。

ユネスコ世界記憶遺産に登録された南京大虐殺記念館の中に展示されている『すべての「ニセモノの虐殺写真」を本物です』と朝日新聞社は世界に向かって宣伝しているのである。

この朝日新聞社とはとんでもない売国奴である。すべて「ニセモノの写真」を使って「南京大虐殺」をでっち上げたのである。


もう一度、説明しますよ。

ユネスコ世界記憶遺産に登録された南京大虐殺記念館の中に、すべてニセモノの「日本軍が行なったとされる虐殺写真」のパネルが展示されている。

これらのニセモノ写真は、すべて朝日新聞社の本、『中国の日本軍』や『中国の旅』から取り出してパネル展示しているのである。

そしてこの朝日新聞社は、ユネスコ世界記憶遺産に登録された南京大虐殺記念館の中で表彰されているのである。

★20世紀最大の大嘘
< 南京大虐殺 >
http://kabukachan.exblog.jp/25572311/

これを黙認して何も言わないということは、
朝日新聞社が世界に向かって、「南京大虐殺記念館の中に展示してある、『日本軍が行なったとされる虐殺写真』はすべて本物である」と太鼓判を押しているということである。

この朝日新聞社は、
「究極の売国奴」である。

この朝日新聞社は、自分のところの記者が撮ってきた本物の写真をわざと隠して、わざわざ中国まで行ってニセモノの写真を貰って来て「南京大虐殺の本」を作って売りまくったのである。

★元朝日新聞の本多勝一、
写真捏造を認める
https://www.youtube.com/watch?v=9y4JOIYhbfk

★やまと新聞水間政憲論説委員緊急収録「元朝日新聞記者本多勝一氏が南京事件捏造写真誤用を認めた歴史的意義
https://www.youtube.com/watch?v=6gP4tUnzOtk&nohtml5=False

この朝日新聞社は、わざわざ本物の写真を隠しておいて、すべてニセモノの写真で南京大虐殺を捏造して本や写真集にして出版した。この南京大虐殺の本や写真集は全国の図書館に並んでいる。いいですか。この朝日新聞社が出版した南京大虐殺の本や写真集の中に本物の写真は一枚もない。わざと本物の写真を隠したからである。
朝日新聞社に限らず、全国の図書館に並んでいる南京大虐殺の本や写真集の中に本物の写真は一枚もない。すべてニセノモ写真である。したがってこれらの本や写真集はすべてがデタラメ本ということになる。
日本と言う国は、全国の図書館に何十年もの間ず~と、デタラメ本を並べていたのである。

売国奴そのものである。

★朝日新聞解約急増中!怒涛の抗議で廃刊まっしぐら!
https://www.youtube.com/watch?v=R5RWEBK3jpQ

いいですか。朝日新聞社は自分たちの記者が本物の写真を撮って来ているのに、それらの写真を隠しておいて、わざわざニセモノの写真を貰って来て「南京大虐殺」を捏造したのである。

「ひと目でわかる『日中戦争』時代の武士道精神」
https://www.youtube.com/watch?v=bUOVBisWXDE

「ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実」を著者水間政憲本人が「徹底解説」
https://www.youtube.com/watch?v=ZIEeUCF5_LU

「事後法により裁かれた東京裁判」「東京裁判松井石根大将判決から導き出される結論『日本軍による南京大虐殺はなかった』」
https://www.youtube.com/watch?v=OW8cq6jV7i8

台本「真相箱」真相はかうだ-NHK洗脳ラジオ放送
https://www.youtube.com/watch?v=ToUz8pxhSC8

朝日新聞は抗議の前に謝罪記者会見を
https://www.youtube.com/watch?v=odhMFlYsDwg

渡部昇一&水間政憲
http://www.dailymotion.com/video/x115f4x_%E6%B8%A1%E9%83%A8%E6%98%87%E4%B8%80-%E6%B0%B4%E9%96%93%E6%94%BF%E6%86%B2-2013-06-21_news

水間政憲①【邪教朝日新聞】の日本つぶし
https://www.youtube.com/watch?v=P72omWQpypc

【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M

本多勝一のあきれた捏造【鳴霞塾#04】
https://www.youtube.com/watch?v=7IWje6m40WE


★本物の写真とは、
以下☟の写真のことを言う。

★次に、写真資料。
南京大虐殺」は捏造だった

中国兵たちの悪行に辟易していた南京市民たちは、日本軍の入城を歓声をもって迎えた。
20131217224402_123_1
これは日本軍の入城式の日(1937年12月17日)に、食糧やタバコの配給を受け、
歓声をもって迎える南京市民ら。市民がつけている日の丸の腕章は、民間人に化けた
中国兵ではないことを証明するために、日本軍が南京市民全員に配ったものである
(毎日版支那事変画報 1938.1.11発行)


南京市民に食糧等を配る日本兵たち。(イギリス系新聞
「ノース・チャイナ・デイリー・ニュース」1937.12.24付 南京占領の11日後)
20131217224402_123_2


南京市民と楽しく会話する日本兵ら
(1937.12.20撮影 南京占領の7日後 支那事変写真全集1938年刊)
20131217224402_123_3


日本軍による南京占領5日目の朝日新聞
20131217224402_123_4
(右)武器も持たず中国人から買い物をする日本兵。
(中上)南京に戻ってきて畑を耕す中国人農民。
(中下)平和になって南京に戻ってきた中国人ら。
(左)中華街の名物、街頭床屋。子どもも大人も手製の日の丸の腕章をして笑っている。
(朝日新聞 1937.12.18付)

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/nankingmj.htm


南京占領8日目の朝日新聞。タイトルは、「きのうの敵に温情《南京城内の親善風景》」
20131217224402_127_1

(右上) 治療を受けている中国傷病兵
(左上)日本軍将兵の情に食欲を満たす投降兵
(真ん中)中国人のお店で買い物をする日本兵ら
(右下)山田部隊長と語る敵の教導総隊参謀、沈博施小佐
(左下)南京城内でくつろぐ中国人市民ら
(朝日新聞1937.12.21付)

南京の病院の中国負傷兵と看護する日本兵
(ノースチャイナ・デイリー・ニュース 1937.12.18付 南京占領の5日後)
20131217224402_127_2


中国負傷兵を看護する日本の衛生兵
(南京占領の7日後 1937.12.20林特派員撮影 朝日版支那事変画報1938.1.27刊)

20131217224402_127_3


「中国人は日本人カメラマンが行くと、積極的に子供をかかえて撮影に協力してくれる。
日本兵や日本人を恐れていなかった」
(カメラマン佐藤振寿氏。南京占領の2日後 1937.12.15撮影 南京安全区にて)

20131217224402_127_4


日の丸の腕章をつけ、通りで野菜を販売する南京市民(1937.12.15 南京占領の2日後)

20131217224402_127_5


疫病防止のため南京市民に予防措置を施す日本の衛生兵
(南京占領の7日後 1937.12.20林特派員撮影 朝日グラフ 1938.1.19刊)

20131217224402_127_6


日本兵から菓子をもらって喜ぶ南京の家族
(1937.12.20撮影 朝日版支那事変画報1938.1.27刊)

20131217224402_127_7

陥落2日後の南京の風景。
大虐殺実行中の街の風景ということになる。
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110524j:image


陥落2日後の南京で古着を売る支那人たち。
無差別に虐殺しまくっていたのなら
このようにのんびり商売などできない。
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110508j:image


陥落2日後に野菜を売る支那人
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110834j:image


陥落2日後に水餃子を食べる日本兵
大虐殺実行中であれば恐ろしい
日本兵
平然と
支那人が接するわけがない。
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110554j:image


陥落2日後の支那人たち。
日本兵、日本人を全く恐れていない。
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013110935j:image


陥落2日後の難民の住居。(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111004j:image


陥落2日後の支那人の子供。(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111030j:image


陥落2日後、湯沸かし器を難民区に
持ち込み商売をする
支那人
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111053j:image


陥落2日後、水餃子を食べる難民
大虐殺が行われているのならのんびりと
水餃子なんか食っていられない。
(撮影:佐藤振寿カメラマン)

f:id:jjtaro_maru:20121013111114j:image





★虐殺されたはずの南京市民
https://www.youtube.com/watch?v=W-Erp_T3kjI&nohtml5=False




【衝撃!証言】南京大虐殺は無かった!『南京の真実・第二部』製作へ
https://www.youtube.com/watch?v=1UrY5_YLcSw&nohtml5=False




★本多勝一と朝日新聞社
http://kabukachan.exblog.jp/25644975/



[PR]
by kabu_kachan | 2016-06-12 23:40 | メディア | Comments(0)
<< 「山本五十六」を研究せよ! 日中戦争と大東亜戦争 >>