トランプ大統領の議会演説(施政方針演説)

アメリカのものを買ってアメリカ人を雇う。
アメリカが第一。アメリカを再び偉大にする。
私は世界の大統領ではない、
アメリカの大統領だ。

    ☟
FULL: President Donald Trump Speech to Joint Session Of Congress 2/28/2017 Trump Speech to Congress
https://www.youtube.com/watch?v=-QTvUnNAXM0

DONALD TRUMP'S CONGRESS SPEECH (FULL VIDEO) 2/28/2017
https://www.youtube.com/watch?v=xsO2HFAIyiI


President Trump Full Speech to Congress | ABC News
https://www.youtube.com/watch?v=JOSaIvkDO6g


(CNN) トランプ米大統領が2月28日に行った初の議会演説は、視聴した米国民の6割近くから非常に高く評価されたことが、直後の世論調査で明らかになった。演説を聞いて米国の展望が明るいと感じた人は約70%を占めた。

CNNと調査機関ORCが実施した世論調査によると、演説が「非常に良かった」と答えた人は視聴者の57%に上った。

トランプ氏の政策が米国を良い方向へ導くとの回答は69%、同氏が示した優先順位は適切だと答えた人も3分の2近くを占めた。

調査の対象は、全米から無作為に抽出したグループのうち、24~27日の事前調査で演説を視聴するつもりだと答え、終了後の再調査に同意した509人。こうした演説を聞こうとする人はもともと語り手を支持しているケースが多いため、回答には全国民の意見が反映されているわけではない。今回の調査の回答者の中で共和党支持者が占める割合は、全国平均より約8ポイント高かった。

トランプ氏が演説で示した政策のうち、最も高く評価されたのは経済政策で、回答者の72%が「正しい方向」との見方を示した。同氏の対テロ政策は70%、税制改革は64%、移民政策は62%、医療制度改革は61%からそれぞれ同様の評価を受けた。



「私はISISを壊滅させるぞ」と言っているができるだろうか?

    ☟
イラン元外相、「ISISの出現はアメリカによって計画、アラブ諸国の資金が使われた。

イランの元外務大臣で、イスラム宗派間親和フォーラムのモッタキー国際担当副会長が、テロ組織ISISの出現は、アメリカとシオニスト政権イスラエルによって計画され、これにアラブ諸国の資金が使われたとしました。

イルナー通信によりますと、モッタキー副会長は28日火曜夜、イラン北西部タブリーズの殉教者を追悼する式典で、テロ組織ISISの出現は、この37年、イランのイスラム革命におけるイスラムの目覚めに対抗するために、計画・実行されたもっとも危険で、複雑かつ、最も影響力ある陰謀だとしました。

モッタキー副会長はまた、ISISはイスラム教徒の団結を標的にしており、彼らの目的とは若者のエネルギーの発散、シーア派とスンニ派の対立の出現、イスラムの恐ろしいイメージの提示だとしました。

さらに、敵は現在、6年間の努力が行われ、最新の兵器や大きな資金を使用した後、シリアとイラクには軍事的な解決法はなく、6年前にイスラム革命の弱体化のために計画された理論が失敗したということを受け入れざるを得なくなっているとしました。、






「私はアメリカの軍事力を最強のものにするぞ」。
    ☟
CPAC 2017 - President Donald Trump
https://www.youtube.com/watch?v=waGuHHmKVuI



米大統領、国防予算の増額を計画。


アメリカのトランプ大統領が、同国の国防予算を増やすことを計画しています。

ロシアのスプートニク通信によりますと、トランプ大統領は、国防費の増加分を確保するため環境保護庁や国務省の予算を減らそうとしています。

この決定により、退職年金に関する予算は変化しませんが、ほかの社会福祉費は減少する可能性があります。

これ以前に、トランプ大統領は、攻撃・防衛力を最新鋭化するために、アメリカ史上最大規模の軍の再編成を開始すると発表しました。

アメリカは、現在、NATO・北大西洋条約機構の加盟国の中で最も多くの費用を賄う国となっています。

アメリカの国内総生産の3・6%以上が国防費に割り当てられています。




最新空母「ジェラルド・R・フォード」の艦上で演説。
(ミッドウェー海戦の話をしているぜ。)

    ☟
WATCH: President Donald Trump Speech at the NAVY USS Gerald R. Ford 3/2/2017 Trump Live Speech
https://www.youtube.com/watch?v=yCtxjDy5wLE


[ニューポートニューズ(米バージニア州) 2日 ロイター] - トランプ米大統領は2日、米軍の軍備増強方針を確認するとともに、新たに配備する艦船は遠く離れた外国に「米国の力を示すことになる」と語った。

大統領はニューポートニューズに停泊する最新空母「ジェラルド・R・フォード」の艦上で演説。米軍に世界最高水準の設備を用意するとも述べた。

大統領は今週、540億ドルの軍事費増額を提案。「米国史上最大級」の軍備増強を行うとしている。

大統領は2日、海軍の空母保有数を現在の10隻から12隻に増やす計画を発表。軍備の増強に加え、サイバー攻撃への対応力も大幅に強化する必要がある、とした。

また、最新空母を含め、新たに配備する艦船は「遠く離れた土地に米国の力を示すことになる」と発言。「米国がその力を行使する必要がないことを願うが、行使する場合には相手は苦境に陥るだろう」と語った。



USS Gerald R. Ford

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to:navigation, search
USS Gerald R. Ford
Gerald R. Ford CVN-78
Gerald R. Ford on the James River in November 2013.
History
United States
Name:Gerald R. Ford
Namesake:Gerald R. Ford
Awarded:10 September 2008
Builder:Newport News Shipbuilding
Cost:$12.8 billion + $4.7 billion R&D (estimated)[1][2]
Laid down:13 November 2009[3]
Launched:9 November 2013
Sponsored by:Susan Ford[4]
Christened:9 November 2013[5]
Commissioned:Projected for April 2017[6]
Status:Launched
Badge:USS Gerald R. Ford (CVN-78) crest.png
General characteristics
Class and type:Gerald R. Ford-class aircraft carrier
Displacement:About 100,000 long tons (110,000 short tons; 100,000 tonnes) (full load)[7]
Length:1,106 ft (337 m)[8]
Beam:
  • 134 ft (41 m) (waterline)
  • 256 ft (78 m) (flight deck)
Height:nearly 250 ft (76 m)
Decks:25
Installed power:Two A1B nuclear reactors
Propulsion:Four shafts
Speed:In excess of 30 knots (56 km/h; 35 mph)
Range:Unlimited distance; 20–25 years
Complement:4,660
Armament:
Aircraft carried:More than 75
Aviation facilities:1,092 ft × 256 ft (333 m × 78 m) flight deck

Gerald R. Ford (CVN-78) is the lead ship of her class of United States Navy supercarriers. It is currently a pre-commissioning unit (PCU) expected to be commissioned into the Navy in 2017. The ship is named after the 38th President of the United States Gerald R. Ford, whose World War II naval service included combat duty aboard the light aircraft carrier Monterey in the Pacific Theater.[9]

The keel of Gerald R. Ford was laid down on 13 November 2009.[3] Construction began on 11 August 2005, when Northrop Grumman held a ceremonial steel cut for a 15-ton plate that forms part of a side shell unit of the carrier.[10] She was christened on 9 November 2013.[2] The schedule called for the ship to join the U.S. Navy's fleet in March 2016 with the first deployment in 2019.[11] Gerald R. Ford will enter the fleet replacing the inactive USS Enterprise (CVN-65), which ended her 51 years of active service in December 2012.[12][13]

Naming[edit]

Ford in U.S. Navy uniform, 1945

In 2006, while Gerald Ford was still alive, Senator John Warner of Virginia proposed to amend a 2007 defense-spending bill to declare that CVN-78 "shall be named the USS Gerald Ford."[14] The final version signed by President George W. Bush on 17 October 2006[15] declared only that it "is the sense of Congress that ... CVN-78 should be named the U.S.S. Gerald R. Ford."[16] Since such "sense of" language is typically non-binding and does not carry the force of law,[17] the Navy was not required to name the ship after Ford.

On 3 January 2007, former United States Secretary of Defense Donald Rumsfeld announced that the aircraft carrier would be named after Ford during a eulogy for President Ford at Grace Episcopal Church in East Grand Rapids, Michigan.[18] Rumsfeld indicated that he had personally told Ford of the honor during a visit to his home in Rancho Mirage a few weeks before Ford's death. This makes the aircraft carrier one of the few U.S. ships named after a living person. Later in the day, the Navy confirmed that the aircraft carrier would indeed be named after the former President.[19] On 16 January 2007, Navy Secretary Donald Winter officially named CVN-78 USS Gerald R. Ford. Ford's daughter Susan Ford Bales was named the ship's sponsor. The announcements were made at a Pentagon ceremony attended by Vice President Dick Cheney, Senators Warner (R-VA) and Levin (D-MI), Major General Guy C. Swan III, Bales, Ford's other three children, and others.[20]

The USS America Carrier Veterans Association (CVA) had pushed to name the ship USS America. The CVA is an association of sailors who served aboard USS America (CV-66). The carrier was decommissioned in 1996 and scuttled in the Atlantic, as part of a damage test of large deck aircraft carriers in 2005,[21] and LHA-6 was named America.



[PR]
by kabu_kachan | 2017-03-03 00:53 | 政治 | Comments(0)
<< 日本の軍事力 <金正男氏殺害>VX、現場で合成説 >>