グノーシス主義はユダヤ教の中にある。

【ノーベル賞受賞者の中にユダヤ人が多い理由】

グノーシス主義➡西洋ルネッサンス➡科学思想


Knowledge is power.


It is commonly attributed to Sir Francis Bacon, although there is no known occurrence of this precise phrase in Bacon's English or Latin writings. However, the expression "ipsa scientia potestas est" ('knowledge itself is power') occurs in Bacon's Meditationes Sacrae (1597).


★The New World Order- Secret Societies and Biblical Prophecy
https://www.youtube.com/watch?v=HL6v8nzFiUk


Gnosticism


Gnosticism
https://www.youtube.com/watch?v=7K_CL26Uh8A

Gnosis - Secrets of the Kabbalah
https://www.youtube.com/watch?v=ppT8JK1loSg

Gnostics 1/4 - Knowledge of the Heart
https://www.youtube.com/watch?v=t6RLWbOSvUw

Gnostics 2/4 - Cathars & Bogomils the True Christians
https://www.youtube.com/watch?v=q8iuWixkFXw

Gnostics 3/4 - The Divinity of Man
https://www.youtube.com/watch?v=0lGH785eI-E

Gnostics 4/4 - Crack in the Universe
https://www.youtube.com/watch?v=JxxxmXkJums

Gnosis: The Secret Of Solomon's Temple
https://www.youtube.com/watch?v=aot47WYR3gk

Gnosis - A History of God | Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=FdXMnkevS30

Gnosis Secrets of the Occult Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=13aMJxWMQb0

Babylonian Mystery Religion/Kabbalah/Talmud/
Gnostics/Templars/Rosicrucians/Jesuits/Illuminati/Freema
https://www.youtube.com/watch?v=81ENZcAcLbk

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to:navigation, search
Not to be confused with Agnosticism.

Gnosticism (from Ancient Greek: γνωστικός gnostikos, "having knowledge", from γνῶσις gnōsis, knowledge) is a modern name for a variety of ancient religious ideas and systems, originating in Jewish milieus in the first and second century CE. Based on their readings of the Torah and other Biblical writings, these systems induced that the material world is created by an ignorant emanation of the highest God, trapping the Divine spark within the human body. This Divine spark could be liberated by gnosis of this Divine spark.

The Gnostic ideas and systems flourished in Mediterranean in the second century CE, in conjunction with and influenced by the early Christian movements and Middle Platonism. After the second century a decline set in, but Gnosticism persisted throughout the centuries as an undercurrent of western culture, remanifesting with the Renaissance as Western Esotericism, taking prominence with modern spirituality. In the Persian Empire Gnosticism spread as far as China with Manicheism, while Mandeism is still alive in Iraq.

A major question in scholarly research is the qualification of Gnosticism, based on the study of its texts, as either an interreligious phenomenon or as an independent religion.







Kabbalah[edit]

Gnostic ideas found a Jewish variation in the mystical study of Kabbalah. Many core Gnostic ideas reappear in Kabbalah, where they are used for dramatically reinterpreting earlier Jewish sources according to this new system.[117] The Kabbalists originated in 13th-century Provence,[note 28] which was at that time also the center of the Gnostic Cathars. While some scholars in the middle of the 20th century tried to assume an influence between the Cathar "gnostics" and the origins of the Kabbalah, this assumption has proved to be an incorrect generalization not substantiated by any original texts.[119] On the other hand, other scholars, such as Scholem, have postulated that there was originally a Jewish gnosticism, which influenced the early origins of gnosticism.[120]

Kabbalah does not employ the terminology or labels of non-Jewish Gnosticism, but grounds the same or similar concepts in the language of the Torah (the first five books of the Hebrew Bible).[121] The 13th-century Zohar ("Splendor"), a foundational text in Kabbalah, is written in the style of a Jewish Aramaic Midrash, clarifying the five books of the Torah with a new Kabbalistic system that uses completely Jewish terms.[122]


Modern times[edit]

A number of 19th-century thinkers such as Arthur Schopenhauer,[123] Albert Pike and Madame Blavatsky studied Gnostic thought extensively and were influenced by it, and even figures like Herman Melville and W. B. Yeats were more tangentially influenced.[124] Jules Doinel "re-established" a Gnostic church in France in 1890, which altered its form as it passed through various direct successors (Fabre des Essarts as Tau Synésius and Joanny Bricaud as Tau Jean II most notably), and, though small, is still active today.[125]

Early 20th-century thinkers who heavily studied and were influenced by Gnosticism include Carl Jung (who supported Gnosticism), Eric Voegelin (who opposed it), Jorge Luis Borges (who included it in many of his short stories), and Aleister Crowley, with figures such as Hermann Hesse being more moderatedly influenced. Rene Guenon founded the gnostic review, Le Gnose in 1909, before moving to a more Perennialist position, and founding his Traditionalist School. Gnostic Thelemite organizations, such as Ecclesia Gnostica Catholica and Ordo Templi Orientis, trace themselves to Crowley's thought.

The discovery and translation of the Nag Hammadi library after 1945 has had a huge effect on Gnosticism since World War II. Intellectuals who were heavily influenced by Gnosticism in this period include Lawrence Durrell, Hans Jonas, Philip K. Dick and Harold Bloom, with Albert Camus and Allen Ginsberg being more moderately influenced.[124] A number of ecclesiastical bodies that think of themselves as Gnostic have set up or re-founded since World War II as well, including the Society of Novus Spiritus, Ecclesia Gnostica, Ecclesia Gnostica Catholica, the Thomasine Church, the Apostolic Johannite Church, the Alexandrian Gnostic Church, the North American College of Gnostic Bishops. Celia Green has written on Gnostic Christianity in relation to her own philosophy.[126]

Alfred North Whitehead was aware of the existence of the newly discovered Gnostic scrolls. Accordingly, Michel Weber has proposed a Gnostic interpretation of his late metaphysics.[127]


<私が「猿」と言う言葉を頻繁に使うのは何故だろうか?>

って自分でも考えるんですよ。

自分(私)も猿みたいな顔してるのにねw。(笑)

それはね、私は毎日、

CNNなどのアメリカのテレビと

ネットで英語の動画しか見ないんですよ。

毎日、白人の顔ばかり見ていて、

たまに日本のテレビ番組を見ると

テレビに出ている日本人の顔がみんな

「猿顔」に見えてしまうんですよ。

なるほど、白人が日本人を見たら

こんな感じなのかって

「大発見」をしたからですよ。



   ☟


★日本人は猿である

http://kabukachan.exblog.jp/24109195/



白人から見れば、


その「猿顔をした日本人」が


バカ番組やっているだろ。



白人から見れば、


日本人が「本当のバカ猿」


に見えるんですよ。


[PR]
by kabu_kachan | 2017-04-13 10:02 | ユダヤ | Comments(12)
Commented by kabu_kachan at 2017-04-14 04:45
英語がわからない人は読まなくていいんですよ。
私は英語を読みながら英語で考えているんですよ。
英語の中で西洋人の考え方を掴むんですよ。
Commented by こわ。 at 2017-04-25 09:07 x
リミョンバク発言から、ぎりぎり侵略の瀬戸際まで追い詰められた日本人が、回復するのが現政権だから、
共産党も民主党も、朝日新聞も安倍政権を許さない、と妥当安倍。日本人守る行動を現政権がとっていると思うので、
実際の売国の朝鮮系も済州島系も出さずに、安倍晋三朝鮮人とした文が、読者側の操作にせよ、記事トップになっていることに、

違和感、工作性を感じたので。主さまと、読者側のどちらの意図だろうと。
日本人は、陥れられて原爆投下されたので。それは歴史的証拠で証明された。311は現実証拠だけ。まだ文書はでない。
浅学です。だから真剣に意図を読む。いつか、後から分かる時がくる。

きめーしねと書いた人は、私の意見には、何一つ反論していない。
という事は、図星だった、ということ?パスワードで消しましたが、画面には、パスワードが違います。と出た。が、消えていた。
随分、ハッキングする側は、見通せる。

きめーしねと言った人が、スヒョン文書に親和性を持つ人なのか、正しいと思う側なのか。
日本人に原爆が落ちたことを悲しく思う人なのか、ざまーやられろと思う人なのか。
主さまの意図がどこにあれ、ここにある開示情報を、全国民が真偽を議論する事は重要。

日米両軍のトップ、あるいは首脳レベルで、真に理解せねばならない事。
ヒラリーのメールとか、ウイキに、あるいはきゅういちいち、調べさせたの、米国軍人やFBIでしたよね。
命がけで、真偽を討議すべきことを、政権転覆のトラップとしてしか使わないとしたら、根本的に間違っている。

と、浅学ゆえに、思います。きめーしねの人、意図通りに納得せず、不満?
Commented by kabu_kachan at 2017-04-25 22:11
天皇すり替え説というのがあるでしょ。これどう思います?
私はかなり信憑性が高いと思っているんですよ。田布施システムがあるというのもこの天皇すり替え説から来ているんですね。ただ安倍晋三が朝鮮人と言うのはネットの情報であって私が決めつけたわけではないですよ。
Commented by かぶかちゃんさんの勝ちです。 at 2017-04-26 02:26 x
かぶかちゃんさんによると、偽ユダヤが、明治天皇を入れ替え、傀儡にしたにも関わらず、その子供の昭和天皇を屠殺しようと原爆投下したことになる。
イディッシュ語でエノラゲイですから、天皇屠殺という悪意を込めましたね?自分が入れ替えたのに、何故ですか?

玄孫さんは、宮中には大勢人がいて、入れ替えたら気づく、と仰っていました。大正昭和、祖父母叔父叔母の時代に、確かに大勢日本人は殺されましたが、
その祖父母や親の時代は江戸時代から明治への移行期ですから、明治天皇が入れ替わっていたら、子孫に伝えたはず。
江戸から明治の移行期に、津々浦々日本人は繋がっていたのに、異民族が日韓併合前の言語能力で、日本に入り込むのは不可能だと思います。
今いる帰化系の議員は、殆ど戦後でしょう?江戸明治の転換期じゃない。スパイ活動できる水準には、半島は無かったと思うのですが?


質問が、難し過ぎます。推測しか言えない。桜井誠氏か、青山繁晴議員、小名木善行氏に聞いて下さい。彼らなら、明快に答えるでしょう。
Commented by kabu_kachan at 2017-04-26 07:12
なるほどあなたの言う通りかもしれません。私はね、太田龍の本の影響を受けているんですけど、あとは鬼塚英昭の本ですね。明治天皇と睦仁親王(孝明天皇の子)の体格や性格が違いすぎる。明治天皇は人前に出るのを嫌っていて常に顔を隠していた。とか明治天皇は乗馬が巧かったとかの記述ですね。あと明治天皇が偽者であることは宮中の人は気づいていたんですよ。だから遠く離れた江戸(東京)に明治天皇は住んだのですよ。あとは明治天皇は睦仁親王の母親には合わなかったとかね。アーネスト・サトウは偽明治天皇に気づいていてこれが外人に知られることになって、後々明治政府は裏でユダヤに操られ行くというのが太田龍の説ですね。
Commented by かぶかちゃんさんは浅学ではない。 at 2017-04-26 09:06 x
そうですねえ、かぶかちゃんさん曰く、日本猿 わからんときは すぐ逃げる
(☝これ!、☝これ!、猿の典型的な習性)

結構書かれるこの猿という侮蔑として使われている言葉は、かぶかちゃんさんはベースの意識にあるようですが、
日本人の心情とは、異なるような気がします。煽り?

このブログ面白いですね。コメントを消した後のコピー、うまく機能が働かないハッキング時?
消したコメントがペーストされました。へえ、でした。ここに集う人たちの意図が、日本人の覚醒ではなく、
日本人への侮蔑だとすると、天皇陛下の歴史は、桜井誠さんや青山繁晴議員の見識にお任せしたいと思います。

でも遊就館には、行かれましたか?明治天皇のその心根は、確かに深く日本人でしたよ。
鮮やかな情報で、全ての意識をバラバラにしていくのは、マジシャンのようですが、私たち日本人も、浅学であれ、実際に個々に調べられますし、
判断には、様々な形があるので、社会背景の全体を見渡し、意図を明確に取れない状況下では、発言された方の総合的な信頼感によりますね。

自嘲的な英才教育を受けた左翼的日本人か、優秀な移民の四世か、その意図の判断はつきかねます。データの繋ぎ方は人それぞれですが、
データそのものをとりあえずバラバラに、読んで置こうと思いました。浅学ですから、そういうこともあるのかも、という仮説で保留です。

日本人の覚醒、という名は確かにインパクトがありましたが、本当にお花畑を知らしめて、愛情を持って導く、日本を祖国として守る、という本来あるべき優しさは、猿猿、にも、きめえしねーにも感じ取れ無かったです。残念です。
Commented by kabu_kachan at 2017-04-26 21:32
私が「猿」と言う言葉を頻繁に使うのは何故だろうか?って自分でも考えるんですよ。自分も猿みたいな顔してるのにねw。
それはね、私は毎日、CNNなどのアメリカのテレビとネットで英語の動画しか見ないんですよ。毎日、白人の顔ばかり見ていて、たまに日本のテレビ番組を見るとテレビに出ている日本人がみんな猿顔に見えてしまうんですよ。なるほど、白人が日本人を見たらこんな感じなのかって大発見をしたからですよ。
Commented by 最近、まとめ系見て知りました。 at 2017-04-27 07:41 x
土井たかこさんが、日本人拉致犯人そのものだ、という判断は、真実ですか?
Commented by わからん時はすぐ逃げる? at 2017-04-27 09:35 x
日本猿 わからんときは すぐ逃げる
(☝これ!、☝これ!、猿の典型的な習性)

これこれって、強調されたけど、どういう状況でしょうか。そういう場面を見た事がない。
よ。議論には、別に、かぶかちゃんさんの収集した情報の中の日本語文献?だけでいいんです。

何を収集し、どういう方向性が有るか。そこに書かれた証拠だけで、議論はできる。
日本人が、いつ逃げました?歴史上、日本人は、わからないことは必死に食らいつきましたよ?蘭学ターヘルアナトミアもわからんところから始まりましたよ?一語一語。日本人って硫黄島でも一般人ですら、祖国のみんな守るため命をかけましたよ?

保守速報見ても、正義の見方見ても、一般人ですら、リミョンバクやらラッスンゴレライやら、日本国旗の喪章やら、オリンピックの朝鮮高麗帽子服やら、
見つけ出し、解析し、反対運動して、政治まで動かしてきたじゃ無いですか?

お花畑の、創価学会さんの若者が使い出した言葉、とされる、まさにB層が、ここにたどり着き、収集された情報読んだのも、
知るためですよ?日本人の覚醒って、題名の通りじゃ無いですか。きめえしねなんて、えって感じです。びっくりです。日本人を覚醒するのがこのサイトの目的じゃあないの?
タイトルに、偽りありきですか。
Commented by それから、 at 2017-04-27 09:42 x
収集された情報は、超一流、陰謀論の最深部はここで学べた。
でも、情報得るのはここだけじゃ無いんです。ここで焦点化されない情報も多角的に他から見るから、つながる。意図的に隠す、という事は不可能ですよ。

情報は超一流だけど、ご本人の言葉や集う仲間の言葉、行間の部分、のりの部分は、猿って呼ぶことにカタルシスを覚えているような印象を受ける。
それに、意図は細部に宿る、として見ると、天皇も安倍総理も朝鮮人って、出自に問題を匂わせて、それが問題で有るような印象操作を仕掛けて煽る。

反天、反安倍って反日じゃあ無いですか。百歩譲っても、日本人は日本人を猿って見ない。白人が猿って日本人に皆思う訳じゃあ無いですよ。

明治、勉強に行かれた日本婦人は大絶賛でしたよ。ハミルトンなんか、ルーズベルトが騙したのを知り、無茶無茶怒ってるじゃ無いですか。
ロナルドレーガン艦の館長のトムバークが、日本人を助けようと、急行したのは、おじいさまが、日米大戦で、軍人で、たまたま活けてある花に疑問を持ち、質問し、日米大戦で日本軍人の夫を無くした女性の、殺されても恨まず戦争だから仕方なかった、という毅然とした態度に感銘を受け、家族にその感銘を伝えたからですよ。

今、日本人を猿と呼ぶのは、まさに日本人を罠にかけ、日米大戦を引き起こし、助けて貰いながら、さらに日本人を罠かけるために、慰安婦南京を仕掛けてきた側に他ならない。
早瀬城が本物で、武士としての姿勢を親から習っていると言うならば、青山繁晴議員も武士の家系のようですが、正々堂々と、日本人や米国人と連携し、議論し、政治に出たらいいんです。姿勢や政治について語らず、天皇陛下や安倍総理を、朝鮮人だと、何か問題でも隠されているかのように、陰謀論に紛れ込ませて誘導するのは、卑怯だと思います。

Commented by kabu_kachan at 2017-04-27 09:51
ここに来ている人は猿じゃないですよ。(笑)
Commented by 笹団子 at 2017-04-27 19:45 x
日本人を道連れにしないでね。(ニコッ( ^_^)/~~~)
<< 北朝鮮の核ミサイルと「日本人1... ユダヤ人という人種は存在しない。 >>