「世界を支配する」とはどういう意味か?

「世界を支配する」とはどういう意味か?


それは自分たちの民族が世界で有利な状況になるように世界を作り替えることである。

日本民族は世界を支配できるか?
不可能である。
日本は第二次世界大戦で白人国家(アメリカ)に叩き潰されたのである。
その結果、白人たち(アメリカとロシア)が核兵器を独占することとなった。ただし中国が核兵器を持ったことは白人たちの想定外だった。

アメリカとロシアは絶対に戦争しないんだぜ。白人同士が殺し合えば中国が台頭するのはわかっている。
白人たちの狙いは、まず有色人種同士で戦争させることである。

次に言語による支配である。
これは英語と決まっている。国連の使用言語も英語だろ。他の言語は考えられない。

この次は科学技術力による世界支配。
これも科学の言語が英語である以上、日本人には不利となる。

次は宗教による世界支配。これも日本の宗教では無理。


このように人為的に作られた世界状況ではすべてが白人の世界支配に有利なのである。

ただ唯一、自然の法則が白人たちを悩ませ恐れさせているのである。

それは世界の人口構成が年々、有色人種の割合が着実に増えているということである。
アメリカも十数年後には白人と有色人種の割合が拮抗する。

だから世界を動かしている連中(白人)は、何としても有色人種の国家同士で戦争させたいのである。または第二次世界大戦のときの日本のように有色人種の国家だけを悪者にして叩き潰すのである。有色人種の人口削減ができるからである。

世界の支配層は今、シリアやイランや北朝鮮を悪者に仕立てているだろ。これらはすべて有色人種の国家である。


[PR]
by kabu_kachan | 2017-04-26 04:22 | 世界の支配者 | Comments(0)
<< 第三次世界大戦は始まっている。 北朝鮮の核ミサイルと「日本人1... >>