2017年 04月 13日 ( 1 )

グノーシス主義はユダヤ教の中にある。

【ノーベル賞受賞者の中にユダヤ人が多い理由】

グノーシス主義➡西洋ルネッサンス➡科学思想


Knowledge is power.


It is commonly attributed to Sir Francis Bacon, although there is no known occurrence of this precise phrase in Bacon's English or Latin writings. However, the expression "ipsa scientia potestas est" ('knowledge itself is power') occurs in Bacon's Meditationes Sacrae (1597).


★The New World Order- Secret Societies and Biblical Prophecy
https://www.youtube.com/watch?v=HL6v8nzFiUk


Gnosticism


Gnosticism
https://www.youtube.com/watch?v=7K_CL26Uh8A

Gnosis - Secrets of the Kabbalah
https://www.youtube.com/watch?v=ppT8JK1loSg

Gnostics 1/4 - Knowledge of the Heart
https://www.youtube.com/watch?v=t6RLWbOSvUw

Gnostics 2/4 - Cathars & Bogomils the True Christians
https://www.youtube.com/watch?v=q8iuWixkFXw

Gnostics 3/4 - The Divinity of Man
https://www.youtube.com/watch?v=0lGH785eI-E

Gnostics 4/4 - Crack in the Universe
https://www.youtube.com/watch?v=JxxxmXkJums

Gnosis: The Secret Of Solomon's Temple
https://www.youtube.com/watch?v=aot47WYR3gk

Gnosis - A History of God | Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=FdXMnkevS30

Gnosis Secrets of the Occult Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=13aMJxWMQb0

Babylonian Mystery Religion/Kabbalah/Talmud/
Gnostics/Templars/Rosicrucians/Jesuits/Illuminati/Freema
https://www.youtube.com/watch?v=81ENZcAcLbk

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to:navigation, search
Not to be confused with Agnosticism.

Gnosticism (from Ancient Greek: γνωστικός gnostikos, "having knowledge", from γνῶσις gnōsis, knowledge) is a modern name for a variety of ancient religious ideas and systems, originating in Jewish milieus in the first and second century CE. Based on their readings of the Torah and other Biblical writings, these systems induced that the material world is created by an ignorant emanation of the highest God, trapping the Divine spark within the human body. This Divine spark could be liberated by gnosis of this Divine spark.

The Gnostic ideas and systems flourished in Mediterranean in the second century CE, in conjunction with and influenced by the early Christian movements and Middle Platonism. After the second century a decline set in, but Gnosticism persisted throughout the centuries as an undercurrent of western culture, remanifesting with the Renaissance as Western Esotericism, taking prominence with modern spirituality. In the Persian Empire Gnosticism spread as far as China with Manicheism, while Mandeism is still alive in Iraq.

A major question in scholarly research is the qualification of Gnosticism, based on the study of its texts, as either an interreligious phenomenon or as an independent religion.







Kabbalah[edit]

Gnostic ideas found a Jewish variation in the mystical study of Kabbalah. Many core Gnostic ideas reappear in Kabbalah, where they are used for dramatically reinterpreting earlier Jewish sources according to this new system.[117] The Kabbalists originated in 13th-century Provence,[note 28] which was at that time also the center of the Gnostic Cathars. While some scholars in the middle of the 20th century tried to assume an influence between the Cathar "gnostics" and the origins of the Kabbalah, this assumption has proved to be an incorrect generalization not substantiated by any original texts.[119] On the other hand, other scholars, such as Scholem, have postulated that there was originally a Jewish gnosticism, which influenced the early origins of gnosticism.[120]

Kabbalah does not employ the terminology or labels of non-Jewish Gnosticism, but grounds the same or similar concepts in the language of the Torah (the first five books of the Hebrew Bible).[121] The 13th-century Zohar ("Splendor"), a foundational text in Kabbalah, is written in the style of a Jewish Aramaic Midrash, clarifying the five books of the Torah with a new Kabbalistic system that uses completely Jewish terms.[122]


Modern times[edit]

A number of 19th-century thinkers such as Arthur Schopenhauer,[123] Albert Pike and Madame Blavatsky studied Gnostic thought extensively and were influenced by it, and even figures like Herman Melville and W. B. Yeats were more tangentially influenced.[124] Jules Doinel "re-established" a Gnostic church in France in 1890, which altered its form as it passed through various direct successors (Fabre des Essarts as Tau Synésius and Joanny Bricaud as Tau Jean II most notably), and, though small, is still active today.[125]

Early 20th-century thinkers who heavily studied and were influenced by Gnosticism include Carl Jung (who supported Gnosticism), Eric Voegelin (who opposed it), Jorge Luis Borges (who included it in many of his short stories), and Aleister Crowley, with figures such as Hermann Hesse being more moderatedly influenced. Rene Guenon founded the gnostic review, Le Gnose in 1909, before moving to a more Perennialist position, and founding his Traditionalist School. Gnostic Thelemite organizations, such as Ecclesia Gnostica Catholica and Ordo Templi Orientis, trace themselves to Crowley's thought.

The discovery and translation of the Nag Hammadi library after 1945 has had a huge effect on Gnosticism since World War II. Intellectuals who were heavily influenced by Gnosticism in this period include Lawrence Durrell, Hans Jonas, Philip K. Dick and Harold Bloom, with Albert Camus and Allen Ginsberg being more moderately influenced.[124] A number of ecclesiastical bodies that think of themselves as Gnostic have set up or re-founded since World War II as well, including the Society of Novus Spiritus, Ecclesia Gnostica, Ecclesia Gnostica Catholica, the Thomasine Church, the Apostolic Johannite Church, the Alexandrian Gnostic Church, the North American College of Gnostic Bishops. Celia Green has written on Gnostic Christianity in relation to her own philosophy.[126]

Alfred North Whitehead was aware of the existence of the newly discovered Gnostic scrolls. Accordingly, Michel Weber has proposed a Gnostic interpretation of his late metaphysics.[127]


グノーシス(Gnosis)の意味は、ギリシャ語で「知」あるいは「認識」を意味する。
 これには、いくつもの流派があり、また時代の流れと共に複雑な変貌を遂げて行く。

 このグノーシス派は、初期キリスト教の異端なのだろうか? いや、もともとグノーシス主義とでも言うべき思想があって、これがキリスト教を取り込んだと言ったほうが正確であろう。
 ともあれ、原始キリスト教にあってローマ教会にとっては、このグノーシス派は、大変な脅威だった。それは、当時の教会指導者達の書き残したものを見てもあきらかである。
 実際、一時期グノーシス派は大勢力となり、数の上でローマ教会派を上回っていたこともある。また、聖人として列聖されているギリシャ教父の中には、グノーシス派の指導者と目される者も居る。

 グノーシス派は、徹底した弾圧により、歴史から姿を消す。残されている書も極度に少なく、その教義を知るためには、当時のグノーシス派の敵が書いた本を参考にしなければならないほどであった。
 ところが、20世紀の中ごろに状況は一変する。1945年エジプトのナグ・ハマディの修道院の遺跡から、膨大な量のコプト語で書かれたパピルス写本が発見される。これが、聖書の研究者達にとって、「死海文書」に次ぐ大発見とされるナグ・ハマディ文書である。
 グノーシス派が使っていた文書群である。
 これによって、グノーシス派の研究は、20世紀に入って飛躍的に発展する。
 そしてこれは、新約聖書の成立を調べる上での重大なヒントともなるのである。

 さて、グノーシス派とはいかなる宗教、思想なのか?
 もちろん様々な諸派があり、その思想は一概には言えない。
 だが、新プラトン主義にも通じた流出的宇宙論(アイオーン界、中間界、物質界)を持つこと、霊肉一体の思想を持つこと、自己救済による神との合一を唱えること、などが共通の特徴と言えよう。

 そして、「物質」を堕落の結果と考え、「物質」より構成される「肉体」を、「霊魂」の牢獄と考えるのも特徴だろう。
 また、善悪二元論を唱えるのも大きな特徴だ。彼らにとって「悪」とは、「善の欠如した状態」ではなく、一つの恐るべき存在として取らえている。ただし、この「悪」は、「善」に打ち勝つことは絶対に出来ない。

 また、「聖書」における「旧約の神」と「新約の神」を区別するのも特徴だろう。
 実際、恐ろしい「旧約の神」とイエスの説く愛に満ちた「新約の神」は、あまりに違いすぎ、聖書を読む者を悩ませて来たが、グノーシスはそれに単純明快な答えを出したのだ。「旧約の神」と「新約の神」は別人である、と。
 「物質は堕落の結果」で「肉体は霊魂の牢獄」と考える彼らにとって、物質の塊りの世界を7日もかけて創造し、土くれからアダムとイブを作った「旧約の神」は、実は「神」ではなく、堕落した強大な天使の一人と考える。彼らは、これをデミウルゴスと呼び、アイオーンの善の光をさえぎる「悪」であるとさえ言う。
 また、イエスも肉体をまとった存在としてではなく、霊的な存在としてとらえた。
 
 確かに、このような教義をローマ教会が認めるわけがない。彼らがグノーシス派を、敵視し激しく攻撃したのも、当然の帰結なのかもしれない。

 ともあれ、グノーシスは、見かけの上では原始キリスト教の段階で消滅したように見えた。
 しかし、その思想は陰花植物のように生き残り、時には激しく爆発さえした。そして、今もなおオカルティズム思想の中に様々な形で影響を残しているのである。

 この魅力的な思想について、数章に分けてもうちょっと詳しく書いて行ってみたいと思う。


「グノーシスの宗教」 ハンス・ヨナス 人文書院
「グノーシス」 クルト・ルドルフ 岩波書店
「グノーシスの神話」 大貫降 岩波書店
「原始キリスト教とグノーシス主義」 荒井献 岩波書店
「グノーシス 陰の精神史」 岩波書店




<私が「猿」と言う言葉を頻繁に使うのは何故だろうか?>

って自分でも考えるんですよ。

自分(私)も猿みたいな顔してるのにねw。(笑)

それはね、私は毎日、

CNNなどのアメリカのテレビと

ネットで英語の動画しか見ないんですよ。

毎日、白人の顔ばかり見ていて、

たまに日本のテレビ番組を見ると

テレビに出ている日本人の顔がみんな

「猿顔」に見えてしまうんですよ。

なるほど、白人が日本人を見たら

こんな感じなのかって

「大発見」をしたからですよ。



   ☟


★日本人は猿である

http://kabukachan.exblog.jp/24109195/



白人から見れば、


その「猿顔をした日本人」が


バカ番組やっているだろ。



白人から見れば、


日本人が「本当のバカ猿」


に見えるんですよ。


[PR]
by kabu_kachan | 2017-04-13 10:02 | ユダヤ | Comments(12)