カテゴリ:政治( 25 )

トランプ vs メディア

ドナルド・トランプ vs 米大手メディア


★FNN: Donald Trump Delivers "Major Speech" - DENIES Groping Allegations - in West Palm Beach
https://www.youtube.com/watch?v=TZ_eV2TRlOg



大東亜戦争は「植民地解放」と「人種平等」を実現した戦いだった!
https://www.youtube.com/watch?v=U7AsnClmn-w&list=PLF01AwsVyw328JWxhGfxIh8OlCax9dGxz


【東京裁判】自虐史観はこうしてつくられた【大東亜戦争は侵略戦争ではない】
https://www.youtube.com/watch?v=3Xk0eSG8L_Y&list=PLF01AwsVyw328JWxhGfxIh8OlCax9dGxz&index=14


教科書が絶対に教えない東京裁判─日本はこうして侵略国家にさせられた(1)
https://www.youtube.com/watch?v=ciw8N4kC4f8


【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!
https://www.youtube.com/watch?v=KIeJfgYeMMY&nohtml5=False



『凛として愛』全編ノーカット版 提供 音癒処かむおん
https://www.youtube.com/watch?v=r2zwu_1bqIg&nohtml5=False


日本海海戦.
https://www.youtube.com/watch?v=OD_5eARbxZk&nohtml5=False


Naval Legends: Battle of Tsushima
https://www.youtube.com/watch?v=g5Gy8-vT4-8&nohtml5=False







報道対応もトランプ流 同行認めず、会見せず

2016年11月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201611/CK2016111902000130.html

10日、米ワシントンの連邦議会で、上院の共和党幹部との会合後、報道陣に話すトランプ氏(右)、左横はメラニア夫人=AP・共同
写真
 【ワシントン=石川智規】トランプ次期大統領のメディア対応に疑問の声が広がっている。米国の大統領や次期大統領は、報道陣の同行取材を通じて「国民の知る権利」にこたえるのが通例だが、トランプ氏はその原則に従わない姿勢が目立つ。選挙中にも各種報道を「うそつき」と敵視。トランプ氏と米メディアの対立は今後も問題になりそうだ。
 ワシントン駐在の海外メディアや団体で構成するナショナル・プレスクラブは十六日、トランプ氏側に「いまから大統領離任までの間、同行取材の原則を守る」ことを求めた。
 ホワイトハウス記者会も十四日、「同行取材を拒絶することを深く憂慮する」と指摘した。
 トランプ氏は当選後の十日、ホワイトハウスでオバマ大統領と会談する前後、メディアに同行取材を許さなかった。十五日夜には、記者団に事前通告なくニューヨークのトランプ・タワーから外出。救急車を含んだ車列とともに出かけ、近くのレストランで家族と夕食を楽しんだ。
 トランプ氏は九日に当選が決まった後、記者会見を開いていない。オバマ大統領は二〇〇八年十一月四日に当選し、三日後には会見を行った。歴代の大統領も当選から一週間以内に会見を開いてきた。
 トランプ氏の広報担当者は十六日夜から同氏の日程を説明する電話会見を始めたが、トランプ氏自身の会見は未定のままだ。
 トランプ氏は新政権の顔ぶれを報道するニューヨーク・タイムズ紙(NYT)に対し「明らかに間違ったニュースだ」などとツイッターを使って批判を重ねた。会見で質疑に答えるよりネット上で持論を展開することを好む。
 また、トランプ氏はツイッターで「NYTはいいかげんだ。購読者を失う」と指摘。しかし、NYTはトランプ氏の当選後、購読者数を約四万人伸ばしたと発表している。






Donald Trump vs The Media
https://www.youtube.com/watch?v=TNb4x5_R1Hk

Donald Trump attacks media, calls reporter 'sleazy'
https://www.youtube.com/watch?v=vN18RNoQE1U

Analyzing criticism of the media and Donald Trump
https://www.youtube.com/watch?v=GVPBbXcNFZs





おまけ


★The Truth About Donald Trump’s 5 Kids
https://www.youtube.com/watch?v=uDgoW5NqmwU


Melania Trump - The Woman Behind Donald
https://www.youtube.com/watch?v=4JxYuRHMW5o



    ☟

★米国の ユダヤが乗っ取る マスメディア
http://kabukachan.exblog.jp/24966612/


★「アメリカのユダヤ人」の研究
http://kabukachan.exblog.jp/25292635/




おまけのおまけ!

  ☟
H.A.A.R.P.: (The beginning of the end)- Part 1
https://www.youtube.com/watch?v=Z1x4bq7zWgk


WHY Evangelists and khazars hate this video. Part I KHAZARS
https://www.youtube.com/watch?v=jgpu_4LiKLA


Khazar : Secret Ruling Empire of The World Exposed : Sheikh Imran Hosein
https://www.youtube.com/watch?v=b6rEts1BuN8


*AGE OF DECEIT* (FULL) Fallen Angels and the New World Order
https://www.youtube.com/watch?v=wjmFm8PIz8M

*AGE OF DECEIT 2* (FULL) Alchemy and the Rise of the Beast Image
https://www.youtube.com/watch?v=gfRzUI8hkwo





★日本の最高頭脳を自負している知識人よ、
CNNがわかるかね?
いつも気になるんだが、
日本人はCNNを シー・エヌ・エヌ
と発音するだろ。
正しくは スィー・エヌ・エヌだぜw。
シー は She(彼女) と同じ発音。
スィー は Sea(海) と同じ発音。
小学英語の基本だぜw。
英語音痴丸出しじゃないか。

東大を出たと自慢している諸君、
☟猿みたいな顔して見るんじゃないぜw!

http://edition.cnn.com/
http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos

http://www.foxnews.com/

http://video.foxnews.com/

http://www.cbsnews.com/videos/


http://abcnews.go.com/video



http://www.nbcnews.com/video





ここで一句。

猿だから 猿と言われて カッカする





[PR]
by kabu_kachan | 2016-11-20 09:26 | 政治 | Comments(0)

予想が外れた(うれしい想定外)。

トランプ氏がアメリカ大統領だ(意外!)。

HISTORY: Donald Trump Wins Presidency - FULL SPEECH
https://www.youtube.com/watch?v=e1C3ulHTXSw

MUST WATCH!!! best Donald Trump video ever!
https://www.youtube.com/watch?v=fjXOPspEGuw

Panel: Reince Priebus Named Chief of Staff, Stephen K. Bannon to Be Chief Strategist. #BreakingNews
https://www.youtube.com/watch?v=oFSFhPPpAzw

RNC Chairman Reince Priebus on MSNBC's 'Morning Joe'
https://www.youtube.com/watch?v=XEoq1fgyJVc

Fox Report (11/13/16) Trump Names Priebus Chief Of Staff, Steve Bannon As Chief Strategist
https://www.youtube.com/watch?v=UAOZk8EMHN8

The O'Reilly Factor (11/17/16) Donald Trump, What Will The Democratic Party Do?
https://www.youtube.com/watch?v=1s7DijwxFdg

トランプの娘婿、ジャード・クシュナー

Happening Now (11/17/16) Traffic Fatalities On U.S. Highways Rise, Number Of Deaths Up By 10.4%
https://www.youtube.com/watch?v=9pUkWY2khVI

Special Report (11/17/16) Making A List - Trump Administration Cabinet Speculation
https://www.youtube.com/watch?v=4yKRJSZH9ec


★世界は変わるのか?

トランプ氏は911偽旗テロを知っている。

NWOも知っている。

アメリカ人の多くはネットで知っているのである。

9/11 Exposed 2nd Edition - Documentary (2015)
https://www.youtube.com/watch?v=4Nmj6t51Wz8

9/11 Trillions: Follow The Money
https://www.youtube.com/watch?v=n3xgjxJwedA

What You Are Not Being Told About the Afghanistan War
https://www.youtube.com/watch?v=jUvgnt-cOqI

Trump exposing new world order
https://www.youtube.com/watch?v=y-8KgP5zhLQ

Will Donald Trump finally reveals the truth about 9/11 ?
https://www.youtube.com/watch?v=Il27HkSdZbU

Illuminati Exposed - Donald Trump Admitting Everything is a lie
https://www.youtube.com/watch?v=eAVYjIfU3eA

DONALD TRUMP WINS! BANKS, THE ESTABLISHMENT & POPE FRANCIS BIG LOSES (NEW WORLD ORDER) ROTHCHILDS
https://www.youtube.com/watch?v=P3NceE5Lffk

Trump Attacks "New World Order Bastards"! Blasts George W. Bush For 9/11 Iraq War Breaking News !
https://www.youtube.com/watch?v=xeoXD-dsgUk

Trump's Savage Attack on New World Order Globalists & Bankers
https://www.youtube.com/watch?v=KrPkVP8s2EI

9/11 Truth Finally Coming Out - Thank you Trump
https://www.youtube.com/watch?v=7jNhqOHsEH0

Why the Jewish Elite Hates Donald Trump
https://www.youtube.com/watch?v=HV2GhOkQ1yY

Donald Trump Exposes the Entire Globalist Cabal
https://www.youtube.com/watch?v=L5PqZs__hjY

Donald Trump Delivers Scathing Response To Hillary Clinton, DNC at Press Conference 7/27/16
https://www.youtube.com/watch?v=HGHWou0h1kk

The Terrifying Globalist Agenda & Why Voting Trump is the Answer (3/3)
https://www.youtube.com/watch?v=VsAJfVmSGPg

Breaking News: The New World Order ARE FIGHTING BACK WITH ANTI TRUMP Protesters!
https://www.youtube.com/watch?v=t5bo_XE56Zw

Architects and Engineers On 9/11! Excellent Must See!
https://www.youtube.com/watch?v=IYUYya6bPGw

★メディア派よりもネット派のアメリカ人がトランプを選んだのだと思う。

CNNのキャスターががっかりしているのがよくわかる。

アメリカではネットで覚醒している人たちがかなり多数いるのだと思う。

DONALD TRUMP 9/11 JEB BUSH George W BUSH George HW BUSH Sept 11, 2001 PNAC NWO
https://www.youtube.com/watch?v=EHzqMoSR0vY

The Real Truth Behind Donald Trump's 9/11 Comments
https://www.youtube.com/watch?v=d8fC_7EeUnk

しかし喜ぶのはまだ早い。

トランプ氏もNWOの黒幕に取り込まれるかもしれないのである。

トランプ氏はどこかの選挙演説で
「Our civilization」と言っていた。
トランプ氏の言う「Our civilization」とは
「我々白人の文明」という意味だぜ。

★Trump's Speech to the New World Order!
https://www.youtube.com/watch?v=EYozWHBIf8g

またはケネディー大統領みたいに暗殺されるかもしれない。

日本に核兵器を持てと言うかもしれないぜw。

どうする? 私は賛成だが・・・。


★ヒラリーは Eメール問題で負けたのかもしれない。


Hillary Clinton's Concession Speech To Donald Trump
https://www.youtube.com/watch?v=M945IppM_Pk


Hillary Clinton & George Soros Connection
https://www.youtube.com/watch?v=s09d20XZPgA


George Soros Owns Hillary Clinton: Why We Need Trump (FULL SHOW)
https://www.youtube.com/watch?v=ATgLwSCrjUk


WIKILEAKS Proves Hillary CLINTON Working for George SOROS
https://www.youtube.com/watch?v=47f5SG7eQgE


WIKILEAKS BREAKING: "NO U.S. ELECTION" -- HILLARY RIGGED EVERYTHING!!
https://www.youtube.com/watch?v=hm82blWf7-4


WikiLeaks Bombshell ‘There Is No US Election’
https://www.youtube.com/watch?v=f6hxnL5fxYk


Wikileaks Explodes! MSNBC/WSJ/NYTimes/WashPost! Media Blackout Ending! Chelsea Comes Clean!
https://www.youtube.com/watch?v=Ij8PH9nDT-o


HILLARY CRYING UNCONTROLLABLY ALL NIGHT PROTESTS AND WHAT DEMOCRAT STANDS FOR
https://www.youtube.com/watch?v=S-KOIhE87AU


Hillary Clinton Breaks Her Silence and Makes Shocking Statement
https://www.youtube.com/watch?v=_--2QfTIn90




Breaking News: Anti-Trump Protests in at least Seven Cities. #AntiTrumpProtests #protest Part 1
https://www.youtube.com/watch?v=6E8Ol9XhKcI



Breaking News: Anti-Trump Protests in at least Seven Cities. #AntiTrumpProtests #protest Part 2
https://www.youtube.com/watch?v=iCpgl5L9Gwc






おまけ!


CIA Insider Tells 9/11 Truth
https://www.youtube.com/watch?v=K-cGbEwfx20

CIA killed aaron russo for revealing the truth about the Rockefeller's [MIRROR]
https://www.youtube.com/watch?v=jzoU7zZt4E0

Everything You Know Is A Lie... Can You Handle the Truth?
https://www.youtube.com/watch?v=boEMxqRhazU


Documentary The Great Conspiracy The 9 11 News that you Never Saw
https://www.youtube.com/watch?v=BgbhALwH9DY


Who is behind the New World Order (by G. Edward Griffin)
https://www.youtube.com/watch?v=5FYGnRs0Gv8


Super rich are in a conspiracy to rule the world - G. Edward Griffin - 2007
https://www.youtube.com/watch?v=BAgtmtMtPJY



14690951_1839038956316363_5789286812604114717_n

[PR]
by kabu_kachan | 2016-11-09 21:45 | 政治 | Comments(0)

ヒラリー・クリントンが勝つ(2016アメリカ大統領選挙予想)

私の予想。やっぱりヒラリーが勝つ。

トランプは、911偽旗テロもNWOも黒幕を知っている。

これまでの選挙演説で何度も示唆している。

黒幕たちにとってトランプは邪魔な存在である。

特にアメリカのマスメディアにとって、

トランプが大統領になってもらっては

自分たちの面目が丸潰れである。


一度は徹底的に叩いたからである。

★米国の ユダヤが乗っ取る マスメディア
http://kabukachan.exblog.jp/24966612/




http://kurokiyorikage.doorblog.jp/より。

トランプ叩きを喜ぶ左翼ユダヤ人

極左揃いのマスコミ界


  日本では「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言うが、アメリカでは「トランプ憎けりゃ爪まで憎い」というのが現状のようだ。アメリカの報道機関は大手メディアも地方局も、トランプが現れただけで拒絶反応を示すらしい。もう、理屈というより生理的に受け付けないのだろう。"平等信仰"に篤く"知性に溢れた"リベラル左翼は、低学歴でレイシストの下層民に応援されるトランプが、大統領候補になった事でさえ嫌なのだ。「白人の代表」と見なされるトランプはヘビやサソリ以下の存在で、舌をペロペロと出す爬虫類みたいに思われている。でも、反トランプのジャーナリストだって、胸を張って正義の味方は名乗れまい。彼らは教育レベルや職業、所得で白人有権者を侮蔑しているのだ。それでも彼らが平然としているのは、こうした「差別」が「弱者への愛情」で相殺されているからだろう。彼らにとりイギリス系アメリカ人が主流となる単一文化的アメリカは憎悪の対象で、ヒスパニックやアフリカ人、アラブ人、アジア人が混在する「人種のるつぼ(Melting Pot)」が理想である。"良心的"左翼はアメリカ合衆国の根幹、つまり白いイギリス系入植者による建国を呪っているのだ。

  「トランプ旋風」とは米国の人種的変質に懸念を抱いた愛国的白人による反抗(revolt)である。日本人から見れば、反トランプを標榜する学者やコメンテーターは不可解だ。なぜ、中南米からの「不法入国者」を退治することが「悪」なのか? もしも、幾人かの日本人が水上ボートや潜水艦でカルフォルニア沖に近づき、真夜中にこっそりと海岸に上陸したら、同胞の我々はどう思うのか? ほとんどの国民がこの密入国者を非難するだろう。庇う者は誰もいないはずだ。たとえ彼らが正規の旅券を所持していても、違法な入国をした時点でアウトである。刑務所に放り込まれたり、強制送還の憂き目にあっても文句は言えまい。米国当局に拘束された日本人が、「こんなの白人の横暴だ。アメリカ人は人種差別をしているぞ !」と叫んでも、呼応する日本人は居ないだろう。「アホか、あいつらは !」というのが一般人の反応である。アメリカの入国管理官や国境警備隊が不法侵入者を逮捕するのは当然で、これに反対する奴は異常である。しかし、真っ赤に染まったマスコミ界には、法と秩序を踏みにじることが正義と考える連中がいるのだ。


  アメリカには国家の凋落を望むリベラル派があちこちにいて、出来れば左に傾むけて沈没させようとする輩が非常に多い。国境を守ろうとするトランプを呪う一方で、異民族を歓迎するクリントンを賞讃するジャーナリストは腐るほどいるが、その中の一人にジェニファー・ルービン(Jennifer Rubin)がいる。名前から推察できるように、このルービンはユダヤ人で、ワシントン・ポスト紙に陣取る左翼ジャーナリストである。「また、ユダヤ人かよ !」と言わないでね。米国のマスコミ界にはユダヤ人がうじゃうじゃ居るからしょうがない。経営者や所有者から末端の記者まで、真っ赤なユダヤ人が詰まっているんだから。たい焼きに餡子がいっぱいなら良いけど、テレビ局や新聞社にユダヤ人がいっぱいじゃ気が滅入る。ただ、我々にとって重要なのは、こうした裏事情を伝えない日本のマスコミが取る方針である。ニューヨーク・タイムズ紙と朝日新聞の癒着を観れば分かる通り、我が国の極左メディアとアメリカの赤いメディアは共犯関係にあるのだ。


  いかにもユダヤ系ジャーナリストらしいルービンは、理屈じゃなく感情的にトランプを撥ねつけているようだ。トランプが投票に八百長がある、と発言すると、これを嘲笑うかのようにルービンは反駁し、「トランプは負けそうになっているから、泣きべそをかいていのよ」と述べていた。しかし、米国の幾つかの地区では、"せこい"不正投票から"組織的"な不正まで、いかがわしい行為が発覚し、ローカル局で報道されていたから、あながちトランプの発言は嘘と断定できない。特に、オバマの大統領選の時はひどかった。民衆党にはどんな手段を使っても黒人大統領を誕生させたいという執念があったからだ。それに、不正行為に慣れた者や犯罪を気にしない下層民が結構いるから、悪い事を悪いと感じないのである。(別の機会に不正投票の例を紹介したい。)

  他の主要メディアと違って、FOXテレビは共和党支持の立場を取っている。ABCテレビやCNN、CBSが熱烈な民衆党支持なのは有名で、これに対抗する形でFOXはショーン・ハニティーやビル・オライリーなどのキャスターを起用して、トランプの応援団にしているのだ。こうした構図を横目で見て、ルービンはオライリーのえこ贔屓報道に噛みついたのである。彼女は記事の中で、劣勢でフラストレーションの溜まっているトランプは、その暴言やレイシズムを批判する真実の報道を茶化してくれるメディア、つまり彼に同情してくれて、温かく迎えてくれるフォックス・テレビに逃避しているんだわ、と書いていた。(Jennifer Rubin, Trump expects the cozy O'reilly-Hannity treatment from the entire media, The Washington Post, October 25, 2016) 後に、ルービンはオライリーの番組に招かれることになったが、饒舌なオライリーに圧倒され、コテンパンに論破されたから仏頂面になっていた。


  フォックス・テレビ局が共和党寄りの報道をしている事は確かである。アメリカでは各メディアが支持政党や政治的イデオロギーを表明するのは珍しくない。ルービンの「アジト」であるワシントン・ポスト紙や、ユダヤ人だらけのニューヨーク・タイムズ紙は、伝統的に民衆党支持なんだから、どっちもどっちだ。しかし、中立的立場を取るべきジャーナリストまでもが、クリントンに優しくトランプに厳しいのはフェアではない。第二回のテレビ討論会で司会を務めたCNNのアンダーソン・クーパー(Anderson Cooper)は、ことさらトランプに辛く当たり、敵意?き出しで質問をぶつけていた。これは明らかなルール違反で、共和党の視聴者が激怒しても無理はない。ルービンだって馬鹿じゃないから、クーパーの偏向司会に気づいていたはずである。それなのに、公平な報道を掲げるルービンは、彼の党派的姿勢を批判しなかった。民衆党支持派のクーパーが、ヒラリーの電子メール問題をきつく追求しなかったのは、彼の露骨なヒラリー贔屓に外ならない。ルービンもヒラリー応援団の一人で、元国務長官は都合の悪い質問から逃げていたトランプと異なり、報道陣からの厳しい質問にちゃんと答えていた、と掩護していたのだ。さらに、ルービンはヒラリーの資質も褒めていて、自分のお気に入りを優れたディベイターであると礼讃していたのである。でも、ちょっと賢いアメリカ人なら、「やっぱり悪徳弁護士は口が達者だなぁ」と思うだろう。日本人だってヒラリーのことを「三百代言」と呼ぶんじゃないか。

反米の同性愛ユダヤ人

  「ネオコン」との太いパイプを持つルービンは、親イスラエル派のユダヤ人左翼だけど、その紅い異邦人よりもさらに真っ赤なユダヤ人評論家がいたのだ。その名はサリー・コーン(Sally Kohn)。彼女は左翼の巣窟CNNで政治コメンテーテーを務める"レズビアン"活動家である。わぁぁ~ぁ、極左ユダヤ人で同性愛者とは ! もう左翼の臭いがテレビ局に充満しそうだ。アメリカって本当にゲイやレズビアン、最近では性転換者と、人間の"バラエティー"に富んでいる。先ほど紹介したアンダーソン・クーパーも実は同性愛者で、彼自身がテレビ番組で公表していたから、CNNファンのみならず一般のアメリカ人でもよく知っている事である。他人事だからどうでもいいけど、男のパートナーを持っているなんて気持ち悪い。クーパーはベンジャミン・マイサニ(Benjamin Maisani)という愛人(?)と暮らしているそうだ。彼らはお互いを「パートナー」と呼び合っているが、彼らが夜二人っきりになって何をしているのか定かではない。(良い子のみんなは想像しちゃだめだぞ。)


  多文化共生のアメリカ社会では、異民族のみならず性的に異質な者まで、「寛容」思想の恩恵に与っているそうだ。例えば、人気コメディアンのエレン・デジェネレス(Ellen Degeneres)は、民衆党支持者の左翼系ユダヤ人で、1990年代にテレビ番組で自身がレズビアンであることを告白した。子供の頃から「女性」という肉体に違和感を抱いたエレンは、思い切って自分の正体を暴露したのである。(筆者もテレビ番組を観ていたのでよく覚えている。日本でも彼女の冠番組「エレン」が放送されていたので、ご存じの方もいるんじゃないか。) 後に、エレンはポーティア・デ・ロッシ(Portia De Rossi)と結婚したが、数年経った頃に「離婚」したそうだ。レズビアンのカップルが破局すると、どちらが「元妻」なのか分からないが、ポーティアが「エックス・ワイフ」と呼ばれているので、彼女が女房役を担っていたのだろう。もっと気持ち悪いのは、元オリンピック金メダリストのブルース・ジェナー(Bruce Jenner)である。性転換後、彼は「ケイトリン(Caitlyn)」と名乗っていて、"女性"として暮らしているから、普段は女子トイレを利用しているのだろう。厚化粧のお陰で「ご婦人」に見えるが、もし日本人女性がケイトリンを元「男性」と判ったら、「うそっぉぉぉ! やだ~」と叫んでしまうんじゃないか。日本人男性だって背中に寒気を感じるだろう。もう、アメリカなんが大地震か核戦争で滅びてしまえばいいのにね。


  ちょっと逸脱したので話を戻す。同性愛者は多かれ少なかれ既存社会を憎むから、伝統文化や倫理道徳を尊重する保守派に賛同することはない。しだかって、レズビアンのコーンにとって、健全な道徳的社会や米国の栄光を重視するトランプは不倶戴天の敵である。彼女は生理的にもトランプが大嫌いで、「ドナルド・トランプは憎悪の選挙戦を行っている。憎しみは憎しみによって解決されず、同情と理解によって解決されるのだ」と書いていた。(Sally Kohn, A Letter to my daughter regarding Trump, CNN, October 24, 2016) さらに続けて、「トランプは我が国の歴史における、暗くて危険な一面を代表しているのよ」と罵っている。もう、コーンは選挙戦のコメンテーターというより、同性愛活動家としてトランプを断罪しているのだ。それにしても、英国貴族のチェスタフィールド卿(Earl of Chesterfield)が書簡にしたためた息子への教訓なから分かるが、ユダヤ人のレズビアンが娘に送る手紙なんて、ちゃんちゃら可笑しくて真面目に読めたものではない。トランプの人格や性癖を云々する前に、自分のモラルや人生を反省しろ、と言いたくなる。(レズビアンの夫婦に育てられる娘は、一体どんな倫理を教わるのか? 元暴走族の親に交通ルールを習うようなものだ。)

  サリー・コーンは典型的な反米左翼で、彼女は種族的に異なるイギリス人を許せない。正常なアメリカ人から蔑まれてきたからだろうが、"違った"容姿や文化を持つ民族を排斥したアメリカ白人を悉く憎んでいる。コーンはインディアン(アメリカ原住民)を虐殺したブリテン系入植者と、トランプを支持する西歐系白人をダブらせているのだ。彼女は合衆国が「民族皆殺しによって誕生した」と述べている。コーンが描くアメリカ史では、征服者の白人は自分たちを「我々(we)」と呼び、異質な者を「奴ら(them)」と称して虐殺してきた悪党である。コーンによれば、こうした「我ら」と「彼ら」という発想は新しいものではなく、「アメリカ人のDNAに刻まれているもの」らしい。南部に住む愛国者のアメリカ人が聞いたら激怒しそうだが、コーンにしたらアングロ・アメリカの文化は異民族の血飛沫で穢れているから、いくら貶しても構わないのだろう。どうせ、ユダヤ人の文化とは縁もゆかりも無いケダモノが作った文化である。土足で踏みにじったって痛くも痒くもないのだ。


  真っ赤な反米教育が普及したアメリカ社会で、左翼のユダヤ人コメンテーターなど珍しくもないが、サリー・コーンはイスラム教徒を庇うツイッターで世間の注目を集めていた。というのも、2016年6月にフロリダ州オーランドで、ムスリム系の若者による銃の乱射事件が発生し、同性愛者が集まるナイト・クラブで49名が殺されたからだ。犯人のオマー・マティーン(Omar Mateen)はニューヨーク生まれだが、彼の両親はアフガニスタンからやって来た移民である。当然のことだが、アメリカ白人の多くは軽率なムスリム移民を受け容れた政府を非難した。ところが、彼女はレズビアンであるにもかかわらず、自身のツイッターで「進歩的イスラム教徒」や「シャリア(イスラム法)」などを擁護していた。これには普通のアメリカ人もびっくり。早速、反論のツイートが殺到し、「シャリア」を遵守するイスラム教徒は、西歐のリベラル派と価値を共有すると主張するコーンを嘲笑ったそうだ。(Carol Brown, Sally Kohn, Jewish lesbian sharia advocate, American Thinker, August 27, 2016) 一例を挙げれば、「サリーよ、ボディー・ガート無しでサウジ・アラビアのリヤドで休暇を過ごしたらどうなんだ? シャリアが実施されている国で、お前が自慢する同性愛を見せてやれよ !」といった内容のツイートがあったらしい。

  もちろん、厳格な掟を守るイスラム教国で、同性愛者が街中を闊歩したら大変だ。敬虔なイスラム教徒がサリーのようなレズビアンを見つければ、ひっ捕まえて屋根から放り投げるか、広場で縛り首にするだろう。(Brandon Morse, Sally Kphn Cares More About Her Own Prejudice Than The LGBT Community, Red State, June 13, 2016) イスラム教に詳しくない一般の日本人だと「まさか、そんなことはしないだろう」と考えてしまうが、イスラム教国では実際にシャリアが施行されているのだ。例えば、不貞を犯した女性は拘束されてしまう。地上に顔だけ出したままの状態で地中に埋められ、みんなから石を投げつけられるのだ。この投石は彼女が死ぬまで続くというから、かなり酷い公開処刑である。(聖書を読めば、ユダヤ教徒も同じだと判る。) また、窃盗犯に対する処罰も厳しい。筆者は動画で凄惨なシーンを見たことがある。捕らえられた窃盗犯が数人のに腕を押さえられ、刑吏が振り下ろす斧で手首を切断されてしまうのだ。(手首が刎ねられ、血が噴出する光景を目にすれば、大人の男性でも相当なショックを受けてしまうだろう。) 残酷な刑罰を受けた罪人は即座に失神。余りにも恐ろしい恐怖と苦痛で意識が飛んでしまうのだ。


  一々目くじらを立てていてもしょうがないけど、左翼というのはお花畑で呑気な理想論を述べる白痴である。安全で快適な文明国に暮らしながら、危険で恐ろしい野蛮国を賞讃するんだから、我が国で繁殖した「進歩的文化人」と同類だ。コーンはイスラム世界を甘く見ている。政教一致が当り前のイスラム教国では、宗教上の誡律に違反した者は容赦なく断罪されるのだ。他人に害を加えた訳でもない一般市民を屋根から突き落とすなんて、アメリカでは考えられぬことである。しかし、アッラーの掟は絶対であるから、啓蒙思想や人権思想など異教徒の信条とは関係無い。もし、サリー・コーンがシーア派のイランや、ワッハーブ派のサウジ・アラビアをうろついてレズビアンだとわかったら、過激派のムスリムたちが彼女の髪を?んで引きずり回すんじゃないか。辻元清美みたいに「きゃあ~、人権蹂躙よ !」と叫んだって、誰も助けてくれないんだぞ。最悪なのは、彼女がユダヤ人だとバレた時である。ホモのユダヤ人と分かったら、みんな大喜びでリンチに加わるだろう。屋根から突き落とされなくっても、縛り首にされて街中に晒されるのが落ちだ。でも、「進歩的イスラム教徒」を尊重するコーンは幸せだろうな。素晴らしい「シャリア」で、ちゃんと処刑されるんだから。可哀想だけど、馬鹿には「死」という治療法が一番である。

  日本の一般国民はテレビや新聞の報道を鵜呑みにするのを止めるべきだ。NHKやTBS、テレビ朝日、共同通信、東京新聞などが伝えるアメリカの情勢は、現地にある左翼メディアが拵えた毒饅頭に過ぎない。日本人はどんなテレビ局員やジャーナリストが作ったのかも分からない「ニュース」を無批判に受け容れている。だから、簡単に操られていることに気づいていないのだ。別のケースに置き換えてみれば分かる。例えば、足の裏に水虫をもつ支那人が、"素足"で?を踏みながら讃岐うどんを打ったら、日本人のお客はどう思うのか? おそらく、誰もそんな?を口にしないだろう。しかし、調理過程を知らぬ日本人なら、「支那人」が作った「讃岐うどん」ならぬ「水虫うどん」を喜んで食べ、「コシがあって歯ごたえがある。美味しい!」と絶讃するかも知れない。でも、足の汗と水虫が混ざった?を目撃した日本人は黙っておられず、本当の事を告げるべきか迷うだろう。筆者は迷わず真相を話してしまうタイプなので、ある人々からは憎まれてしまうが、真実を知りたい人からは感謝されることもある。日本のテレビ局が雇っているワシントン特派員などは、現地で放送されている左翼系政治番組を観て、それを適当に和訳し、「独自取材」の名目で日本の本社に送っているだけである。だから、我々はこうした海外情報を眉唾物と見なして、「偏向報道では?」と疑った方がよい。


  あと数日で大統領選挙になるが、クリントンが優勢なまま勝利するのか、トランプが大逆転するのか分からない。ただ、目下のところ、FBIによるフマ・アベディン(Huma Abedin)の電子メール捜査で、クリントン陣営は窮地に陥っている。ヒラリーの側近であるアベディンが持っていた情報が、どういう訳か元亭主であるアンソニー・ウィーナーのコンピューターの中に紛れ込んでいたらしい。事の真相は不明確だが、浮気夫の手元から火の手が燃え上がったんだから、元妻のアベティンにとっても青天の霹靂であろう。しかし、彼女以上にショックを受けたのはヒラリーだろう。再捜査の知らせを聞いて全身が震えたんじゃないか。せっかく大統領の椅子が目の前に迫っていたのに、急に遠ざかってしまったのだから、一瞬にして夢が打ち砕かれたかのような思いであろう。一方、トランプはヒラリーのスキャンダルを耳にして欣喜雀躍。ここぞとばかりにヒラリーの弱点を叩いた。今では彼の支持率がヒラリーの支持率を上回っているようだ。政治の世界だと、本当に一寸先は闇である。ただ、ヒラリーの応援団たるCNNやABC、CBSは「ヒラリー頑張れ」の報道を続けるだろう。





★日本の最高頭脳を自負している知識人よ、
CNNがわかるかね?
いつも気になるんだが、
日本人はCNNを シー・エヌ・エヌ
と発音するだろ。
正確には スィー・エヌ・エヌだぜw。
シー は She(彼女) と同じ発音。
スィー は Sea(海) と同じ発音。
小学英語の基本だぜw。
英語音痴丸出しじゃないか。
I see. (なるほど)を アイ・シー と
発音するだろ。バカ丸出しじゃないかw。

猿みたいな顔して見るんじゃないぜw!

   ☟
http://edition.cnn.com/
http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos

http://www.foxnews.com/

http://video.foxnews.com/

http://www.cbsnews.com/videos/

http://abcnews.go.com/video


http://www.nbc.com/nbc-nightly-news









[PR]
by kabu_kachan | 2016-11-06 22:02 | 政治 | Comments(0)

ドナルド・トランプ と <New World Order>


英語の得意な諸君、トランプ氏は
New World Order に気づいている
と思うかね?

私が思うに、気がついているが故に
アメリカ大統領にはなれない。

邪魔者は消せ!
アメリカのマスメディアが
トランプ潰しに必死だからさw。


Trump exposing new world order
https://www.youtube.com/watch?v=y-8KgP5zhLQ


"TRUMP" THE END OF THE NEW WORLD ORDER HE VOWS TO TAKE THEM DOWN
https://www.youtube.com/watch?v=DrLeL9-0H8w


Trump's Speech to the New World Order!
https://www.youtube.com/watch?v=EYozWHBIf8g


FNN: Donald Trump Delivers "Major Speech" - DENIES Groping Allegations - in West Palm Beach
https://www.youtube.com/watch?v=TZ_eV2TRlOg


ALERT: POSSIBLE FALSE FLAG WITH IN 20 DAYS TO STOP TRUMP
https://www.youtube.com/watch?v=Q144tYQWl2A


THE SEAL HAS BEEN BROKEN AND THE "TRUMP-ET" HAS SOUNDED 2016
https://www.youtube.com/watch?v=ZOw5Dlf44K8


Prophetic Alert Donald Trump and the Four Horsemen of the Apocalypse
https://www.youtube.com/watch?v=44LRHTtEaUY


****DONALD TRUMP PROPHECY**** MARK TAYLOR prophesies
https://www.youtube.com/watch?v=fyvTPjKxur4


God Says Trump Wins by Landslide IF
https://www.youtube.com/watch?v=Ofazn1vPwMw


TRUMP the COMING LANDSLIDE ~Ancient Prophecy Documentary of Donald Trump 2016
https://www.youtube.com/watch?v=L2BXcuNk3kQ


Trump: God's Chaos Candidate (with Dr. Lance Wallnau)
https://www.youtube.com/watch?v=2Z4u2494vHI


David Icke 2016| The TRUTH About Donald Trump - hillary clinton - anonymous - illuminati - 9/11
https://www.youtube.com/watch?v=9Map85aBDx8


David Icke INTERVIEW about DONALD TRUMP MUST LISTEN
https://www.youtube.com/watch?v=yeGjEyOqEIo


David Icke Talks Trump & Rigged Elections - HIF Interview Part 2
https://www.youtube.com/watch?v=F_hvKo9iREw



David Icke Calls Hillary Pure Evil, Talks Ron Paul - HIF Interview Pt 3
https://www.youtube.com/watch?v=vu1kzmnUfOQ



I Question David Icke about Anarchism and Lizard People Pt 4
https://www.youtube.com/watch?v=oRXPqsU51rA


David Icke What is the Reptilian Agenda ? 2016
https://www.youtube.com/watch?v=9AeKir1DMPA


Who Controls America? New World Order, Trump, Hillary? Shocking Must See Documentary HD
https://www.youtube.com/watch?v=25Jk1E55xs4


Donald Trump vs. Hillary Clinton | Electoral College, 2016 [Oct. 29]
https://www.youtube.com/watch?v=Mp16z2l0p7A





おまけ


The Talmud & Khazarian Empire exposed
https://www.youtube.com/watch?v=OL7_34OxsjU


Texe Marrs - The Jewish Coup in Ukraine/Khazaria
https://www.youtube.com/watch?v=sOQYW7Pvd4E






【<New World Order> とは何か?】



以前にも言ったことがあるが、もう一度私なりに簡単に説明してみよう。


この世界には、常に「世界をどのような方向に持っていくか」と考えている「エリート集団」が存在している。

この連中は「超富裕層・金持ち」集団なのである。具体的に言うと、
ロスチャイルド一族、ロックフェラー一族、ブッシュ一族・・・等と世界中から彼らが選んだ「トップエリート」から成る。

このエリート集団は、自分たちの企業を所有していたり企業のトップであることが多い。

彼らの企業や会社は軍事企業であったり金融やメディアの会社、石油や穀物の会社、医療やコンピューターの会社であったりする。

すなわち、世界を支配してコントロールするに十分な企業群団を持っているのである。

このエリート集団の指示で動く企業群団が国の上に位置しているのである。

世界各国の上に立って、彼らの企業群団が支配するのである。

これが、<New World Order> である。

世界中の人々は好むと好まざるにかかわらず、彼らの考え通りに動かされ支配されてしまうのである。

彼らは「カネの力」で企業を動かし世界を動かせるのである。現に君たちは生活するために金儲けのために毎日働いているじゃないか。

その「カネで支配されている世界」の頂点に彼らエリート集団が位置しているのである。


彼らエリート集団はお互いにどんな思想で結ばれているのか?


これは私のブログのテーマでもある。

彼らエリート集団の構成員にユダヤ人(ロスチャイルド)が多いのは、歴史的にユダヤ人が世界を動かしてきたからだ。

しかしエリート集団のユダヤ人と一般のユダヤ人はユダヤ教で結ばれているが決して同じではない。

エリート集団のユダヤ人はユダヤ教の悪魔的側面を最大限に自分たちの思想の中に取り入れている。一般のユダヤ人は世界支配のために利用されているのである。フリーメイソンも同じである。

目的は、彼らエリート集団が自分たちの考え通りに世界を動かし支配することである。



NWO NEW WORLD ORDER HAS BEGUN - FINAL WARNING [DOCUMENTARY] POPE FRANCIS AT UNITED NATIONS
https://www.youtube.com/watch?v=KrQ2EjTY6ag




★Eustace Mullins - The New World Order (Full Length)
https://www.youtube.com/watch?v=2h_V-ARe_nE



14690951_1839038956316363_5789286812604114717_n




[PR]
by kabu_kachan | 2016-11-04 00:18 | 政治 | Comments(0)

ヒラリー・クリントンとジョージ・ソロス

ジョージ・ソロス

最大のヘッジファンド、クオンタム・ファンドを率いて一世を風靡、史上最強の相場師と呼ばれる。1930年ハンガリー、ブタペストのユダヤ人中産階級の家に次男として生まれる。47年からロンドンに単身移住。56年、ニューヨークに移住、F.M.メイヤー証券にて裁定取引仲買人。69年、ジム・ロジャースと「ソロス・ファンド・マネジネント」設立。79年、ファンドの名を「クォンタム・ファンド」に改める。92年のポンド売りでイングランド銀行を打ち負かし、アジア通貨危機ではマレーシアマハティール首相に国際犯罪人とされた。東欧・ロシアでは最大の慈善活動家。




ウイキリークス/影の政府/ジョージソロスによるヒラリー・クリントンの操作

 2016年8月14日

http://nesaranews.blogspot.jp/

Sunday, August 14, 2016

Shadow Government: WikiLeaks Exposes George Soros Controlling Hillary Clinton

下記のビデオには、ジョージソロスがヒラリー・クリントン宛に書いたヒラリー・クリントンへの指示をした暴露Eメールが示されている。ヒラリー・クリントンへの投票は結局誰への投票なのだろうか?

バラク・オバマとヒラリー・クリントンは長い間ジョージ・ソロスの操り人形で、ジョージ・ソロスはアメリカの人々のことは考えていない。彼には一つの世界政府のことしか頭にないのだ。

下記のリンクには、大きくは、メディアを支配しいるソロスとそのグローバリスト仲間たちが、人々には可能な限り情報を渡さないようにしているために、殆どのヒラリー・クリントンへの投票者が聞いたこともないいくつもの物語が示されている。

下記の情報は、あなた方に示される直接情報である。

YourNewsWire による報道:

ウイキリークスによる民主党全国大会(DNC)についての新たな発見によって、ジョージ・ソロスがヒラリー・クリントンの国務長官時代に彼女宛に直接下した命令が暴露されたが、これに関する調査によって、ヒラリー・クリントンがジョージ・ソロスが下した指令に従ったことが明らかにされた。

最近の214年間には、過去の大統領と政治指導者たちは一般大衆に米国政府は、”米国民に対し何も義務を負わず、責任も持たない目に見えない政府”の支配下にあると警告しようとしていた。

ウイキリークスによるEメールの公表のおかげで、新しい証拠が影の政府の中のメンバー一人を特定できた。

暴露された”アルバニアにおける不安”とのタイトルのEメールの中で、ジョージ・ソロスは国務長官のヒラリー・クリントンに対して、”二つのことを緊急に処理する必要があり、”国務省に対して、”ベリシャ首相を全面的に支持するよう国際コミュニティーを導くように”し、”EUの高官を調停者に任命せよ、”と指示している。

ソロスはヒラリー・クリントンに三人を選び出させ、そのうちの一人であるミロスラフ・ラジサクが国務省によって選び出された。

人形遣いであるソロスはまた、米国国務省に、米国とEUはこれに関して完全に一体化して対処するように、”と指示しており、彼の人形糸がいかに遠く、広く伸びていたかがわかる。

では次に何がおきるのだろうか?2011年のBBCによる報道では、ソロスの望みはヒラリー・クリントンの完全制御だということに光が当たる。ソロスがヒラリー・クリントンにこのEメールを発信した3日後に、彼が指名した調停者が独立国家に派遣され、彼の目論見は現実化へと進んだ。

この異常な発見は第26代大統領セオドア・ルーズベルトの陰の政府に関する以下の発言を思い起こさせる。

”表向きの政府の背後には、人民に対して義務を持たず、責任も負わない目に見えない政府がある。この目に見えない政府を破壊するには、腐敗したビジネスと腐敗した政治の間の腐った連合を解体させることが今日の政治家にとって最大の課題である。”

ソロスは長い間世界の事件と市場を自分だけの利益のために操作する人形遣いだとして非難されてきた。しかし、これは、彼が尊厳ある国家の高官に対して事件の扱いに関する指示をしていたという初めての具体的な証拠である。

ソロスがクリントンに数千万ドルを寄付していること、彼が彼女に命令を発していたことが暴露され、ヒラリー・クリントンに対する投票がソロスに対するものであるがゆえに、彼のたくらみは合法的なものなのか、という疑問が残る。

以下は暴露されたEメールのリストである。

http://freedomoutpost.com/shadow-government-wikileaks-exposes-george-soros-controlling-clinton/

Published on Aug 13, 2016

LINK TO THIS STORY: http://bit.ly/2aQgBQ5

MY WEBSITE – www.thelastgreatstand.com

LINK TO NEWSLETTER – http://bit.ly/28QCd1e

GUIDE TO SURVIVE MARTIAL LAW – http://buff.ly/2aycMob

HILLARY’S GREATEST HITS:

FBI Director Comey Working Behind the Scenes on ‘Surprise’ Hillary Arrest (Video) –http://bit.ly/2b0rdjg

Julian Assange Drops Bombshell Involving Murder on Hillary Clinton (Video) –http://bit.ly/2aQRuCO

Wikileaks Promises to Release ‘Proof Hillary Rigging Presidential Election’ (Video) –http://bit.ly/2b4X1pm

DNC Insider: Clinton Being Pounded in Polls – Don’t Believe Mainstream Media! (Video) –http://bit.ly/2b35sQK

Clinton Adds +5 to Body Count in 6 Weeks Totaling 67 Dead Associates (Video) –http://bit.ly/2aBehhW

New Polls Are Being Rigged for Hillary Up to 9 Points (Video) – http://bit.ly/2aXIRFg

NSA Whistleblower Shocks Radio Host: We Have All Hillary’s Deleted Emails (Video) –http://bit.ly/2ae7Dwu

Julian Assange (7/27/16): “Next Leak Will Lead to Arrest of Hillary Clinton” (Video) –http://bit.ly/2azh2mm

Former Clinton Hitman Confesses to Murdering People for Money (Video) –http://bit.ly/298mlG6

Secret Audio Of Hillary Clinton’s Real Plans For Guns Leaks Out (Videos) –http://bit.ly/1TUQ44d

Most Unbelievably Scandalous Video Hillary Wishes Never Saw Daylight (Video) –http://bit.ly/21pCp9K

Another Clinton Associate Found Dead, Bill and Hillary’s Body Count Increases!-http://bit.ly/296Qjfa

OTHER HILLARY LINKS:

Medical Community Worried About Hillary’s Very OBVIOUS Decline in Health –https://youtu.be/QLD3SXYDAYk

Everything You Need To Know About Hillary’s Health All In One Post –http://bit.ly/2aNuTB3

DNC Insider: Clinton Being Pounded in Polls – Don’t Believe Mainstream Media! –http://bit.ly/2b35sQK

Clinton Adds +5 to Body Count in 6 Weeks Totaling 67 Dead Associates (Video) –http://bit.ly/2aBehhW

President Clinton’s Coming War on the Blogosphere and Free Speech –http://bit.ly/2b3fkI4

翻訳 Taki




それでもヒラリーはアメリカ大統領になる!

    ☟
Watch Live: The Final Presidential Debate
https://www.youtube.com/watch?v=ye0Xblp_Nb0


FULL: Hillary Clinton and Elizabeth Warren Speech In Manchester, New Hampshire
https://www.youtube.com/watch?v=-wKyCLOb0Eg




おまけ!


David Icke 2015 | The Truth About 911
https://www.youtube.com/watch?v=ZlSn4djZ9u8







ジョージ・ソロスが「アベノミクス相場」で3ヶ月に930億円大儲け、日本人が「カモ」にされた

2013年02月22日 01時07分34秒 | 政治

◆世界を股にかけた名うての博徒で知られるジョージ・ソロス(ハンガリー系ユダヤ人)が、日本の為替市場における急激な円安に乗じて、わずか3ヶ月の間に「930億円」を稼いだといわれている。老いたりと言えども、長年、「クウォンタム」というヘッジファンドを率いて、欧米の金持ちから潤沢な資金を預かって運用してきたプロ中のプロの腕はいまだに衰えてはいない。「さすがだ」と言わざるを得ない。
 おそらく、安倍晋三首相が2012年9月に「再度、首相に就任したい」と心に決めて、自民党総裁選に出馬の準備を始めたことから、ジョージ・ソロスは「日本経済が大きく変化する」と予感して、コツコツと「円」を買い集めていたのであろう。野田佳彦前首相が11月14日の党首討論で安倍晋三総裁に「衆院を解散する」と名言したのを受けて、「勝負時」を確信し、本格的に買い進み、円が1ドル=70円台→80円台→94円と10円~20円安くなるなかで、1気に売りに出て、わずか3ヶ月間で巨利を得る大勝負を博したのである。
 「ドル=円」相場では、『円高』状態のとき外貨預金し、『円安』に大きく振れたときに、売れば、大いに儲けることができる。
 逆に言えば、円安に向けて動いているときに「外貨預金」すると大損することになる。だからいまごろドルを買いに走っては、大ケガをする。
◆ジョージ・ソロスは、リーマン・ショックを機に米国連邦政府がヘッジファンド規制を強化して、だれから資金を預かっているかを報告する義務を課すようになって、「クウォンタム」の業務を縮小し、身内だけの資金の運用に切り換えていた。それでも長年鍛えてきた腕は、現在でも衰えることなく、巨利を得続けていることが、今回の日本による「アベノミクス相場」で実証されたのである。
 ジョージ・ソロスは、イングランド銀行に通貨攻撃をかけて、倒産寸前に追い込んだ。次には、タイ、インドネシア、フィリピン、香港、ソウルに通貨攻撃を仕掛けて、韓国の外貨準備金を枯渇させ、「アジア通貨危機」を招くなど、博徒としての名声を上げた。韓国は、外貨準備金400億ドルが吹っ飛び、IMF(国際通貨基金)から大借金して、韓国経済ばかりか、国家全体の根本的改革を迫られたのである。
 今回は、安倍晋三首相が大々的に進めている「アベノミクス」に密かに着目し、飛びつき、大勝負を打ってきたのである。
 大相場は、文字通り「丁半バクチ」であるから、当然、勝者と敗者がはっきりする。ジョージ・ソロスのような博徒の手にかかれば、日本の投資家などは「赤子の手」をひねるようなもので、その90%は大損させられる「カモ」になるのがオチである。
  


[PR]
by kabu_kachan | 2016-10-25 21:29 | 政治 | Comments(0)

2016アメリカ大統領選挙(トランプの大失敗)

アメリカ大統領選挙(第2回目のテレビ討論会)

こんなに醜い言い合いのとても面白い討論会は見たことがない。しかも二人ともアメリカの大統領候補だぜw。

ドナルド・トランプ氏はアメリカのすべてのメディアを敵にまわした。
トランプはこの大統領選挙は負ける。アメリカのメディアを敵にまわして勝てるわけがない。
まぁ、ヒラリーが大統領になれば、ユダ金の思う壷だが。


Donald Trump On Tape: I Grab Women "By The Pu**y”
https://www.youtube.com/watch?v=WhsSzIS84ks


Trump Brags About Groping Women in Vulgar Remarks Caught on Tape
https://www.youtube.com/watch?v=Vpmhrh5qs-s




‘Grab ’em by the P*ssy’ Hot Mic Catches Donald Trump Saying Vulgar Things About Women
https://www.youtube.com/watch?v=rKB92ohXn20



Donald Trump 'I GRAB Women BY The PUSSY'!!!!
https://www.youtube.com/watch?v=wHMAV2n0dV0



Trump recorded lewd conversation about women Donald Trump & Billy Bush's Conversation About Women
https://www.youtube.com/watch?v=t7PM9kwFwnc



Trump tape: is it all over for Donald Trump?
https://www.youtube.com/watch?v=OBv8f6Xx9Bo


Donald Trump lewd vulgar comments about women on tape ***Graphic***
https://www.youtube.com/watch?v=sHTV4hd2Dc4



Fox’s Dana Perino Can Hardly Contain Rage as O’Reilly Defends Trump’s Latest Scandal
https://www.youtube.com/watch?v=YQO17mmevAE



Trump Surrogate Gasps Out Loud When CNN Panelist Call Trump ‘An Irredeemable Pervert, A Predator’
https://www.youtube.com/watch?v=I_ngEc41oXg



Stop Saying Pussy on Air !! Ana Navarro Rages At Scottie Nell Hughes For Complaining 'Pu**y' Word
https://www.youtube.com/watch?v=nSvydb_LE2c



Trump's comments about women caught on tape as candidates prepare for second debate
https://www.youtube.com/watch?v=nUSQD0Rwnm4




Angry Ivanka Trump Walks Out Of Cosmo Interview
https://www.youtube.com/watch?v=nKxxlftcYyY



2nd PRESIDENTIAL DEBATE 2016: Donald Trump TARGETS Bill Clinton’s SEXUAL History!!!!!
https://www.youtube.com/watch?v=_xB7gTazKdw




日本人諸君、わかるかな?

★2016アメリカ大統領選挙
第2回目の泥試合テレビ討論会


Watch Live: The 2nd Presidential Debate
https://www.youtube.com/watch?v=ooShpws3Dik





★トランプはおしまい!(決定!)

これでアメリカ大統領になれたら奇跡だ!

世界の物笑い大統領になる。

日本のテレビのバカ芸人顔負け!


Former Miss Arizona Says Trump Would Walk In on 'Half-Naked' Contestants | ABC News
https://www.youtube.com/watch?v=H8czVPrRkWk


Inside the War Room with Donald Trump's Campaign Manager
https://www.youtube.com/watch?v=WH9oeR6Qsho


Michelle Obama's Emotional Speech on Donald Trump
https://www.youtube.com/watch?v=YypEpohZCRw



Jessica Leeds, Donald Trump Accuser speaks about her story. #TrumpAccusers
https://www.youtube.com/watch?v=0yoNUWOdkGU



Breaking News:Two New Accusers say Donald Trump Assaulted Them. #BreakingNews
https://www.youtube.com/watch?v=-G-8TXGP_Q8


Several women accuse Donald Trump of unwanted advances. @melrobbins
https://www.youtube.com/watch?v=IHHSALEETck



Gloria Allred with Another Victim of Donald Trump's Sexual Misconduct
https://www.youtube.com/watch?v=PGorCg2_LZw



Breaking News: Washington Post: New Donald Trump Accuser Surfaces.
https://www.youtube.com/watch?v=YGm7yWkNqN0



Former Miss USA Contestant Says Trump Forcibly Kissed Her Multiple Times @TempleTag
https://www.youtube.com/watch?v=rvDt5r6pGk8



NEW ALLEGATIONS AGAINST DONALD TRUMP #DonaldTrump
https://www.youtube.com/watch?v=wj8hjJ5_fOw



Melania Trump issues Statement, demands Retraction & Apology
https://www.youtube.com/watch?v=2PG7A30N12U






おまけ


★SYNAGOGUE OF SATAN Full documentary [Jew World Order EXPOSED]
https://www.youtube.com/watch?v=ViHN3wPGRtc


PEOPLE WHO CONTROLS AMERICA ! INCREDIBLE DOCUMENTARY
https://www.youtube.com/watch?v=ihSZSSaq3cs



The Jewish Kingdom of Khazaria (Essential Lectures in Jewish History) Dr. Henry Abramson
https://www.youtube.com/watch?v=9b4Vn_-jYWA

[PR]
by kabu_kachan | 2016-10-10 22:25 | 政治 | Comments(0)

アメリカ大統領選挙(1回目の討論会)ドナルド・トランプ対ヒラリー・クリントン

日本人諸君、わかるかな?



FULL: Fiery Presidential Debate - Donald Trump vs. Hillary Clinton

https://www.youtube.com/watch?v=GQFGTDFvMSc



Trump Clinton 1st Presidential Debate Highlights and Best Moments

https://www.youtube.com/watch?v=rkRCle4shmY







【アメリカとイスラエルは一体】

①ユダヤ繋がり
ビル・クリントンはロックフェラー一族。
オバマの母親はユダヤ人。

②ユダヤの支配
➡アメリカのメディア界、金融界、教育界、法曹界、あと軍事部門(軍事産業を含む)と911。



[Live] Obama speaks at Shimon Peres' funeral, Israel
https://www.youtube.com/watch?v=ey19AbwhPrw


Barack Obama Full Speech at Farewell Ceremony for Former Israeli President Shimon Peres Sep 30, 2016
https://www.youtube.com/watch?v=soT4vGr6aY0




Bill Clinton Speech at Farewell Ceremony for Former Israeli President Shimon Peres. Sep, 30, 2016.
https://www.youtube.com/watch?v=fK9B9lTlm2A









おまけ

日本人諸君にわかるかな?


WELCOME TO TRUTH | Full Documentary 2014
https://www.youtube.com/watch?v=oAaQTnCNo70



9/11 Exposed - 2nd Edition (2015) Full Documentary Film
https://www.youtube.com/watch?v=DXRDq9nKJ0U






★CNNの番組に、CNNのニュースキャスターが司会となって中国人3~4人が集まって、中国の政治、経済、軍事、文化を議論している番組があるだろ。

この番組に登場してくる中国人はみんな英語ペラペラだぜ!
日本は自国のPRでも英語能力でも完全に中国に遅れをとっているね。
アメリカと中国は、南京大虐殺があったという点で完全に利害が一致しているんだぜ!


[PR]
by kabu_kachan | 2016-09-30 18:28 | 政治 | Comments(0)

ドナルド・トランプ 対 ヒラリー・クリントン(アメリカ大統領選挙)

アメリカ大統領選挙

【ドナルド・トランプ 対 ヒラリー・クリントン】


ドナルド・トランプ

★FULL SPEECH: Donald Trump Speaks at 2016 Republican National Convention, Accepts GOP Nomination
https://www.youtube.com/watch?v=o6tYJBxiRsg


★FULL SPEECH: Donald Trump at RNC. July 21, 2016. Republican National Convention. Cleveland, Ohio.
https://www.youtube.com/watch?v=F5XmFG3221s



ヒラリー・クリントン

★Hillary Clinton - Full Speech Democratic Convention 2016 - July 28
https://www.youtube.com/watch?v=cOunQw1ZPeY



★Hillary Clinton's Full Acceptance Speech At Democratic National Convention DNC
https://www.youtube.com/watch?v=yD_yYaFb_iY




日本国民よ、ポケモンGOをやってる場合か!

アメリカ国民の政治に対する関心の高さを見習え!

ここにアメリカの民主主義がある。

ただし、「人種平等の世界」を実現したのは日本である。
アメリカではない。


★大東亜戦争は「植民地解放」と「人種平等」を実現した戦いだった!
https://www.youtube.com/watch?v=U7AsnClmn-w&list=PLF01AwsVyw328JWxhGfxIh8OlCax9dGxz


★大東亜戦争【不屈の武士道精神】
https://www.youtube.com/watch?v=7QQzmAQ7wEc&list=PL9EWxmPflX-pfl7CGtvZ-aUiXBfe1PcOp&index=1



しかし、ヒラリーさん、科学を信じるなら
なぜ以下☟の科学を信じないのですか?

★911の謎
9/11: Explosive Evidence - Experts Speak Out | 日本語字幕 (Free 1-hour version)
https://www.youtube.com/watch?v=0d5L8gzIsT8&feature=youtu.be


「パール・ハーバー」とは何だったのか?

★日本は植民地解放のヒーローだ!
https://www.youtube.com/watch?v=KIeJfgYeMMY&nohtml5=False



★【東京裁判】自虐史観はこうしてつくられた【大東亜戦争は侵略戦争ではない】
https://www.youtube.com/watch?v=3Xk0eSG8L_Y&index=15&list=PLF01AwsVyw328JWxhGfxIh8OlCax9dGxz





ヒラリー・クリントンとは何者?

http://blog.zokkokuridatsu.com/201104/article_59.htmlより

ヒラリーの来日前後に震災復興を名目にした消費税増税とTPP参加を訴える声が再上昇しているのは、明らかにおかしい。ヒラリーにひれ伏す国賊どもがこれほど多いのか。ばばあへのご機嫌伺いの方が、国民生活よりも大切というわけなんだね。それほどの影響力を持つヒラリーという鬼婆をもう一度調べてみよう。もちろん、ヒラリーもCFRの会員だ。

★旦那のビル・クリントンはロックフェラーの隠し子
ディビッド・ロックフェラーのすぐ上の兄ウインスロップ・ロックフェラーの隠し子。

以下は、『世界権力者人物図鑑』(副島隆彦)より抜粋
★“世界皇帝”であるデイビッド・ロックフェラーの言うことをなんでも聞く。
★オバマは2011年中に退任し、次にヒラリーの政権ができる。共和党の大統領候補はサラ・ペイリンとの一騎打ちにヒラリーが勝ち、“ヒラリー・ファシズム”と呼ばれる金融統制体制を敷く。
★世界が大恐慌に突入する直前に統制経済にする。

PROFIILE
1947年 イリノイ州シカゴ出身。家族はメソジスト教派。
1969年 マサチューセッツ州の名門女子大ウエルズリー大学を卒業。
1973年 イェール大学ロースクールを卒業。在学中にビル・クリントンと出会う。
1974年 弁護士として下院司法委員会によるニクソン大統領の弾劾調査団に参加。
1975年 ビル・クリントンと結婚。
1978年 ビルがアーカンソー州知事に当選。
1979年 ローズ法律事務所の女性初のパートナー
1993年 ビルが大統領に就任。2001年までファーストレディ。
2001年 連邦上院議員
2008年 大統領選に出馬、敗北。
2009年 オバマ政権で国務長官に就任。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒラリー・クリントン
よりまとめた。

 また、リチャード・コシミズ氏は、ヒラリーを隠れユダヤ人としている。ロックフェラーとの深い関わりから判断しても間違いないだろう。


ヒラリー・クリントンは、隠れユダヤ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200801/article_15.html
「ヒラリーのミドルネーム、ロッダムは、ローゼンバーグのこと。もちろんユダヤ人の姓」について
太田竜先生ご翻訳のテックス・マーズ氏発言

ヒラリー・クリントンは、隠れユダヤである。
2007/1/3(水) ヒラリー・クリントンは、隠れユダヤである。
そしてそのことの意味についてのテックス・マーズの発言。

平成十八年(二〇〇六年)十二月三十日(土)(第一千九百十回)

○テックス・マーズのニューズレター「パワー・オブ・プロフェシー(預言の力)」二〇〇七年一月号に、

○ヒラリー・クリントン米上院議員についての記事がある。

○その要点は、以下の通り。
 (1)ヒラリー・クリントンは、隠れユダヤである。
 (2)ヒラリー・クリントンは、今や彼女自身がユダヤであるこ
    とを自認している。
 (3)彼女の祖母は、イーディッシュ語(東ヨーロッパのユダヤ
    人の言語)を話して居た。
 (4)ヒラリー・クリントン上院議員がアメリカの次期大統領に
    成るようにすべては、演出されて居る。
 (5)「キリスト教福音派」の中でのヒラリー・クリントンを支持
    する勢いが強まっている。
 (6)ビリー・グラハムでさえ、ヒラリーの大統領当選を支持し
    ている。
 (7)もしも彼女が、大統領に成ったとしたら、この無慈悲な女
    性は、ブッシュ大統領によって構築された警察国家体制を
    以て、反対派、アメリカの良識たる市民を強制収容所に狩
    り立てるであろう。
  以下省略。






★太平洋戦争の総括
http://kabukachan.exblog.jp/25588907/

[PR]
by kabu_kachan | 2016-07-30 04:23 | 政治 | Comments(2)

トランプとユダヤ人(アメリカ大統領選挙)

時事川柳

日本人 ポケモンGOで 猿になる

ポケモンGO 日本が作った 猿文化

スマホとは 猿が喜ぶ おもちゃなり

日本猿 車とスマホが おもちゃなり

日本人 ポケモンGOで 退化する

日本人 猿で良し良し テレビ局

バカ芸人 猿になって 金儲け

バカ芸人 自分が猿だと 気づかない

バカ芸人 世界に誇る 恥さらし

ニッポンの テレビが作る 猿文化

バカテレビ 放送するのは 犯罪だ

国民を 猿にするのは 犯罪だ

テレビ局 犯罪認識 まるでなし

ポケモンGO 猿も夢中の 猿ゲーム

    つまり・・・・・・これ!☟



★911の謎
9/11: Explosive Evidence - Experts Speak Out | 日本語字幕 (Free 1-hour version)
https://www.youtube.com/watch?v=0d5L8gzIsT8&feature=youtu.be
  ☟これが原版だ!
★9/11: New! Overwhelming EXPLOSIVE Evidence-1500 EXPERTS SPEAK OUT!
https://www.youtube.com/watch?v=S7JCqlF24pI




★日本の最高頭脳を自負している知識人よ、

CNNがわかるかね?
(猿みたいな顔して見るんじゃないぜw!)

   ☟
http://edition.cnn.com/
http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos

http://www.foxnews.com/

http://video.foxnews.com/

http://www.cbsnews.com/videos/

http://abcnews.go.com/video


http://www.nbcnews.com/video


【トランプとユダヤ人】

TRUMP IS THE SWAMP: Trump's Jewish Elite MAFIA and The 5 Dancing Israelis (2017)
https://www.youtube.com/watch?v=Vcd-yvudYSg

"100% PROOF TRUMP IS A MASON" HE IS A PART OF THE SYNAGOGUE OF SATAN
https://www.youtube.com/watch?v=exZx7SARgoc

IMPEACH & ARREST "9/11 INSIDER" PRESIDENT TRUMP, proof he knew about 9/11 before it happened!!!!
https://www.youtube.com/watch?v=qOaYZy47fcw

ここで一句。

★日本猿 わからんときは すぐ逃げる!
(☝これ!、☝これ!、猿の典型的な習性)




http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68434409.htmlより。

トランプの切り札はユダヤ人 / 大統領にたかる異邦人 (前編)

ヒスパニック排除ならOK !

  今やアメリカ合衆国の大統領は、イスラエルから任命されるアメリカ総督みたいだ。民衆党および共和党を問わず、大統領職を目指す候補者は、合衆国のユダヤ人有権者とイスラエルの指導者に媚びることが常識になっている。南部ではキリスト教徒に揉み手擦り手でおべっか使い。福音派教会の擁護者を気取るくせに、東部でふんぞり返るユダヤ人の前だと、自然と地べたにひれ伏す。シナゴーグ(ユダヤ教の会堂)参りをすれば、いかにユダヤ教に理解があるのかを示すことに熱心だ。どの有力候補も、米国内のユダヤ人を獲得しようと、イスラエル詣でを欠かさない。イエズス・キリストに唾を吐きかけるユダヤ教徒なのに、まるで親友のように交流するのだ。イスラエルはアメリカ人政治家の聖地である。ユダヤ教徒みたいに小さな帽子(キッパ/ヤムルカ)をちょこんと頭に被せて、嘆きの壁でお祈りをする。彼らには「破廉恥」という言葉が分からない。当選のためなら先祖代々の信仰すら、弊履の如く捨て去るのが現実直視の政治家である。支那人や朝鮮人の御機嫌を伺うために、北京やソウルを訪れる日本の売国議員と同じだ。


  中世のユダヤ人は高利貸しだったが、現在のユダヤ人はキング・メーカーである。民衆党の有力候補であるヒラリー・クリントンには大富豪のハイム・サバン(Haim Saban)がついているし、ジェブ・ブッシュにはニュー・ジャージー州のヘッジ・ファンド王であるデイヴィッド・テッパー(David Tepper)がついている。このテッパーというユダヤ人は、以前ニュー・ジャージ州知事のクリス・クリスティーが大切にしていた大口献金者だった。しかし、欲張りのジェブが彼を奪ったそうだ。(Jacob Kornbluh, Jeb Nabs Top Jewish Donor from Christie, Jewish Political News & Updates, July 10, 2015) 世界でも指折りのヘッジ・ファンド・マネージャーであるテッパーは、2013年だけでも35億ドル稼いだという。大統領を目指すクリスティーにとって、自分の領土(シマ)で長い付き合いの大富豪を攫われたのだから、憤懣やるかたない。一方、ヒラリーもニュー・ジャージー出身のミュージシャン、ジョン・ボン・ジョヴィをパーティーに招いて、50万ドルほど荒稼ぎしたそうだ。(Ken Kurson, Bush Lands David Tapper; NJ and NY Stops Show Strength in Christie Country, The New York Observer, July 8, 2015) まだ米国で売れない頃、日本に出稼ぎに来て、一生懸命頑張っていたボンジョヴィも、随分と出世したもんだ。しかしまぁ、どいつもこいつも、ユダヤ人に近づいてお金をせがんでいる。英国首相のロバート・ウォルポールが下院の政治家を指して、「こいつらには値札がついてるのさ」と語ったらしいが、アメリカの政治家にも値札がついているのだろう。


  今話題の大統領候補であるドナルド・トランプは、他の候補者とは違って選挙資金集めに苦労はしない。なぜなら、彼自身が大富豪だからである。しかし、大統領の椅子を目指すなら、ユダヤ人へのゴマすりを忘れてはならない。ユダヤ人がホワイト・ハウスへの鍵を握るからだ。日本人だって思い出せば分かるだろう。ビル・クリントンにはロバート・ルービンやラリー・サマーズといったゴールドマン・サックスの回し者がついていたし、ジョージ・W・ブッシュには、ネオ・コンのユダヤ人が控えていた。オバマはラーム・"イスラエル"・エマニュエル(Rahm Israel Emanuel)に連れられてユダヤ人有力者に紹介され、デイヴィッド・アクセルロッドの采配で大統領になれた。ちなみに、ラームの父親ベンジャミンは、元イルグン(Irgun)所属のイスラエル人である。イルグンは目的のためなら手段を選ばぬテロリスト部隊として悪名高い。こんな父親を持ったラームの忠誠心は、名前の通り「イスラエル」にあってアメリカ合衆国ではないだろう。アメリカのユダヤ人は財務省のみならず、国務省にも浸透しており、シオニストだらけの国務省は、いわばイスラエルのアメリカ支店のようになっている。

  こうした枠組みが出来ているからこそ、イスラエル政府が国務省の機密を入手できるのだ。ジョナサン・ポラードのような裏切り者は他にも居るだろう。ただ、忍者のように凡人を装っているから分からないだけだ。たとえ、怪しいユダヤ人職員を発見しても、軽率に捕まえるわけには行かない。イスラエルは「人権団体」を利用して仲間の救出に努力するからだ。今や、米国に於いてイスラエル・ロビーは天下無敵だ。公然とユダヤ人を批判する政治家なんかいないだろう。どの議員もジム・トラフィカント(Jim Traficant)元下院議員みたいに潰されたくないのだ。あのジェシー・ヘルムズ(Jesse Helms)上院議員だって、イスラエルの国益を損ねたから、落選間際まで追い詰められたのである。早期警戒管制機A-WACSをサウジ・アラビアに提供しようとして、イスラエルの逆鱗に触れてしまったのだ。「パワフル・セネター」と呼ばれた大物も、ユダヤ人組織によって散々痛めつけられ、最終的に屈服したのである。たとえ、大統領や連邦議員であっても、反イスラエルの方針を取れば、ユダヤ人は即座に全米各地に張り巡らせた組織を動かし、徹底的に謀反人を血祭りに上げてしまう。強固な票田を背景にしたイスラエルの代理人は、無言の圧力をちらつかせて、大統領さえも脅かすことができるのだ。最高司令官をイスラエルの執事にできれば、世界最強の陸海空軍を手にしたも同然。こうして、哀れなアメリカ人将兵はユダヤ人の私兵となるのだ。


  メキシコ人を始めとするヒスパニック系アメリカ人に対しては、毒舌を吐くトランプ氏でも、イスラエルのネタニアフ首相に対しては絶賛の言葉しか口にしない。曰く、「私はイスラエルを愛している。私はイスラエルのために100パーセント否、1000パーセント戦うつもりだ。しかも永遠にだ ! 」という。(Uriel Heilman, When It Goes to Jewish Connections, Trump Trumps His GOP Competitions, Haaretz, August 8, 2015) 2013年、トランプ氏は選挙を控えるネタニアフ首相のためにビデオ・メッセージまで作って支援していたのだ。トランプ氏が作成した30秒の宣伝はこうだ。「あなたがたはベンジャミン・ネタニアフの中に、偉大なる首相をまじまじと見であろう。彼は勝者であり、大いに尊敬され、みんなから高く評価されている。さあ、ベンジャミンに投票しよう。イスラエルにとって最高の、すごい奴、すごいリーダーに」、だって。歯の浮くようなお世辞じゃないか。さすが、やり手のビジネス・マンは違うねぇ~。お金持ちは世界の権力構造をよ~く理解している。ウォール街で稼ぐ彼らは「自由の女神」なんか相手にしない。カメラをぶら下げた日本人観光客とは違うんだ。アメリカの守銭奴はイスラエル首相の胸像を拝む。ネタニアフの提灯持ちに徹するトランプ氏は、生ぬるい中東政策を打ち出すオバマを「イスラエルにとって最悪の敵」と酷評する。ユダヤ人の神輿に乗ったオバマなのに、イスラエルへの奉仕が足りないと言うのだ。じゃあ、トランプ氏が大統領になった曉(あかつき)には、それ以上の"ご奉公"があるということだ。これじゃあ德川家に仕えた彦根藩の井伊家や会津藩の松平家も、三舎を避けるであろう。


  トランプ氏が親イスラエルになったのには他にも理由がある。実は、愛娘のイヴァンカ(Ivanka)がユダヤ人のジャレッド・クシュナー(Jared Kushner)と結婚し、それがキッカケでユダヤ教に改宗していたのだ。トランプ氏には3回の結婚歴があって、それぞれの夫人と子供をもうけている。まあ、ザクセン選帝侯で強健王(Mocny)と呼ばれたアウグスト1世(Friedrich August I / August II, der Starke)より精力絶倫とは思えないが、すくなくとも5人の子供をつくったのだから、少子化防止に貢献してんるんじゃないか。英雄色を好むじゃないけど、最初の妻イヴァナ・ゼリニチュコヴァ(Ivana Zelnickova)はチェコ人モデルだった。彼女との間には、ドナルド・ジュニアとイヴァンカ、そしてエリックが生まれてている。二番目はマーラ・メイプルズ(Marla Maples)という女優で、娘ティファニーが誕生。三番目の妻は、スロヴェニア出身のメラーニア(Melania Knauss)というモデルである。彼女との間にはバロン・ウィリアムという男の子をもうけた。お金持ちには女が集まるというが、ミス・ユニヴァース大会を主催するトランプ氏なら、地位と名声を求める美女が放っておくわけがない。そりゃそうだろう。トランプ氏は「100億ドルの資産を持つ」、と豪語していたのだ。実際は、40億ドル程度という推測もあるが、いずれにしても大金持ちであることには間違いない。格差社会のアメリカでは、昔はミリオネアー(数100万ドル)が金持ちだったが、今じゃビリオネアー(数10億どる)でなけりゃ、お金持ちとは言えない。女の話はともかく、大統領選挙に出馬したトランプ氏にとって、重要な存在となるのはイヴァンカが結婚したジャレッド・クシュナーである。


  アメリカの政治で多大な影響力を及ぼすユダヤ人を前にして、プレスビテリアン(長老派教会)のキリスト教徒であるトランプ氏が大いばりできたのは、娘のイヴァンカがユダヤ教徒になって、ユダヤ人の孫が二人もできたからである。元々、あまり敬虔とは言えないトランプ氏にとって、キリスト教信仰など世間に向けてのジェスチャーに過ぎない。いつだって捨てても構わない下駄と同じである。ニューヨークで不動産業を営むトランプ氏にとって、キリスト教を罵倒するユダヤ人の方が大切なのだ。聖ペトロは主を裏切る時に躊躇いを感じたが、風見鶏のトランプ氏はユダから金貨を貰うことに罪悪感は無い。米ドルは誰が持っていても緑の紙幣である。キリストが「天に宝を積め」と諭しても、トランプ氏なら、財産をケイマン諸島に隠すんじゃないか。キリストは「カエサルのものはカエサルに返せ」と言ったが、トランプ氏なら、カエサルでもワシントンでも、手にしたお金は返さない。いずれ自分の肖像画が、紙幣に印刷されるかも知れないんだから。中身の無いキリスト教徒にとって、主の言葉は坊主の念仏ていど。可愛い娘がイエズスを罵る宗教に鞍替えしたって平気なのだ。ユダヤ教徒の男と結婚するんだからしょうがない。


そもそも、イヴァンカが惚れたジャレッド・クシュナーとは、如何なる人物なのか?

  トランプ氏の婿殿ジャレッド・クシュナーは、有名な雑誌社を所有する経営者だが、まだ30代の若者である。彼の父親は不動産会社を営むチャーリー・クシュナー(Charles Kushner)で、ホロコースト難民の息子として頭角を現した。彼は地元ニュージャージー州でドン・コルリオーネ気取りだ。ついでに触れれば、名作『ゴッド・ファーザー』の印象が強烈なせいか、日本人はマフィアと言えばすぐイタリア人を思い浮かべる。しかし、マフィアといったら腕っ節は強いが頭は空っぽのイタリア人より、残酷で狡猾なユダヤ人を連想すべきだ。例えば、あの兇悪なマイヤー・ランスキーはロシアからやって来たポーランド系ユダヤ人で、本名はマイヤー・スコウランスキー(Meier Suchowlanski)である。また、映画にもなったバグシー・シーゲルもロシアから逃れてきたウクライナ系ユダヤ人で、ベンジャミン・シーゲル(Benjamin Siegel)というゴロツキであった。(ユダヤ人マフィアを述べると長くなるので省略する。日本では都合の悪い情報は封印されるので、ユダヤ人の暗い過去が消去されている。)


話を戻すと、チャールズ・クシュナーは猛烈に働いた末に"のし上がった"典型的ユダヤ成金である。彼は学問においては凡庸だったが、それでもホフストラ大学の法学院に進めたんだから大したものだ。彼はまた、ニューヨーク大学で経営修士号を取得したというから、大変なな努力家である。チャーリーには3歳上の兄マレー(Murray)がいて、ペンシルヴァニア大学を優秀な成績で卒業したそうだ。学問好きなマレーはそのまま大学院に進んで法律を学んだという。しかし、実社会では弟のチャーリーの方が優秀である。一方、彼らの父ジョセフは大工として一家の生計を立てていた。こうした苦労人の父親を敬う息子のチャーリーは、オヤジを誘ってクシュナー社を創設。晴れて親子で独立したのだ。しかし、9ヶ月後に父親は心筋梗塞で死去。父親を突然失ったチャーリーは、残された家族を率いて家長となる。彼は自分の帝國を築きながら、兄のマレーや妹のエスター(Esther)やリンダ(Linda)の面倒を見ていた。家族で団結するユダヤ人らしく、マレーも弟の不動産業を手伝い、兄弟で会社を経営していたのである。


  会社が軌道に乗って順調となれば、儲けたお金をどう使うかが問題となる。稼いだお金を全部キャバレーの姉ちゃんや高級スポーツ・カー、あるいは豪華な別荘に注ぎ込むのは馬鹿。チャーリーは慈善活動にお金を割いた。ユダヤ人の学校やシナゴーグ、病院などへ献金したのだ。敬虔なユダヤ教徒のチャーリーにとっては当然の行為のように思えるが、ユダヤ人はそう単純じゃない。彼は政治献金も怠っていなかった。1990年代半ばから民衆党に献金をし始め、ニュージャージー州知事のジェイムズ・マクグリーヴィー(James McGreevey)には合計で150万ドルほど貢いでいたという。(Gabriel Sherman, The Legacy, New York Magazine, July 12, 2009) ユダヤ人不動産王から政治献金をもらっていたマクグリーヴィーは、お礼にチャーリーをポート・オーソリティー(Port Authority)の役員に推薦てやった。このポート・オーソリティーとは、ニューヨーク州とニュージャージー州に跨がる港湾施設や交通インフラを管理する港湾公社である。この公社を委託された役員12名は両州の知事から任命され、ハドソン河の港や橋ばかりではなく、JFK国際空港やラガーディアとかニューアークといった空港も管理し、様々なインフラ整備を任されているのだ。順調に進めば、チャーリーはこの組織の長になる予定であった。

  親族経営の会社は結束の固さが長所になる一方で、感情的な問題を引き起こしやすいという短所を有する。学校の勉強では兄マレーが秀でていた。しかし、ビジネスでは弟の方が優秀である。不動産取引では、持って生まれた勘の鋭いチャーリーが兄を凌駕していたらしい。やり手のチャーリーにとって、段々と兄は足手まといのような存在になっていた。仲の良かった兄弟も、次第に口数が減り始め、両者とも心の奥に不満を溜めるようになっていたという。やはり、自然に蓄積されたマグマを押さえ込むのは不自然だ。クシュナー家は2000年に爆発の瞬間を迎えた。彼らがマイアミのパームビーチで、ユダヤ教の「過ぎ越し祭」を迎えた時だった。チャーリーがある不動産取引の件でマレーに怒りをぶつけ、もう一緒に仕事をしないからな、と癇癪を起こしたらしい。それを受けてマレーは、「もしパートナーじゃなければ、俺たちは兄弟でもないぞ」とやり返した。火に油を注ぐように、側に居たマレーの妻リー(Lee)は、夫の肩を持ってチャリーを怒らせてしまった。カッとなったチャーリーは、今まで言えなかった本音をぶちまける。「お前は息子が自力でペンシルヴァニア大学に入れた、とでも思っているのか ? 」「いいか、俺が入れてやったんだ ! 」と暴露するチャーリー。もしかしたら、本当に大学へ寄附をして、甥の入学を頼んだのかも知れない。侮辱されたリーは反駁しようとしたが、マレーに制止されてその場を立ち去った。翌年の祝日にマレー夫婦の姿はなかったという。

  チャーリーが兄マレーに怒号を浴びせかけると、妹のエスターはマレーの味方についた。激怒したチャーリーは、過ぎ越し祭を祝うためにその場にいた40名ほどのゲストを忘れている。来客が居るにもかかわらず、チャーリーは妹のエスターやその夫ビリー・シュルダー(Billy Schulder)を罵った。ビリーはチャーリーのビジネス・パートナーとしてクシュナー社で働いていたが、それは妹の亭主だから獲得できた地位である。実は前々から、チャーリーは彼を嫌っていた。というのも、ビリーが会社の女性社員に手を出していたからだ。チャーリーはビリーの息子ジェイコブとみんながいる前で、「君は敬虔だよな。ほらビリー、君が如何に敬虔な信者かを子供たちに話してやれよ」と白々しく話しかけたという。その場に居合わせた誰もがビリーの浮気を知っていたのだ。エスターは亭主に向かって「もう何も言わないで」と訴えかけた。「このアホんだらどもめ」と怒り狂うチャーリーをよそに、エスターと娘のジェシーは部屋を飛び出してしまった。一旦問題がこじれると、ファミリー・ビジネスには深い亀裂が生じるから、滅多なことでは修復できない。こうしてクシュナー家はバラバラになった。

  数ヶ月が過ぎた頃、マレーはチャーリーが怪しい不動産取引で会社のカネを横領したと騒ぎ立てた。あろうことか彼は弟を相手に訴訟を起こしたのである。この裁判は示談で片が付いたが、チャーリーの身辺にはまだ危険な火種が尽きない。ちょうどジェイムズ・マクグリーヴィーの選挙が近づいた頃だ。2002年、クシュナー社の会計係であるボブ・ヨンテフ(Bob Yontef)が、チャーリーの不正な政治献金について訴訟を起こした。マクグリーヴィーの選挙が上手く行けば、チャーリーは港湾公社の総裁になれるはずだった。ところが、裏切者は親族から出ていた。マレーとエスターがFBIの捜査に協力していたのだ。チャーリーはマレーをチクリ屋(moser)と呼んでいた。彼は兄マレーのみならず、妹や夫のビリーまでもが警察側に寝返っていたのだ。そこで彼は一計を案じる。陰謀を企むチャーリーは、退職間際のジミー・オトゥール(Jimmy O'Toole)というアイリス系カトリックの警官を雇い、計画の全貌を打ち明けた。エスターの夫ビリーが女に弱いことを熟知したチャーリーは、エスターの口を封じるため、亭主を罠に嵌めようとしたのである。

  アメリカにはエスコート・サーヴィスとかコール・ガールとかの名称で、色々な娼婦が存在する。昔、DCマダムと呼ばれた高級娼婦を仕切る女主人が逮捕された。もちろん、女を買った政治家や裁判官は真っ青になって動揺を隠せない。だが、裏社会の掟は厳しかった。口封じの指令が下ったのだろう。どこからともなく刺客が現れて、彼女はあえなく抹殺されてしまった。有力者の性的行為を暴露するとは、郭(くるわ)の女主人にしては愚かである。チャーリーは警備員として雇ったオトゥールに、「スザンナ」という東欧なまりの強い女を紹介した。すらりとした美脚を持つ金髪の女性だったようで、ビリーを誘惑するのに適役であった。オトゥールは弟のトミーを呼んで、ビリーを嵌める仕掛けに取りかかった。トミーはルート22号線沿いにあるレッド・ブル・インというモーテルで部屋を借り、時計に隠しカメラを取り付けたそうである。罠とも知らずにビリー・シュルダーは、仕事場の近くにある食堂で昼飯を食っていた。そこへ金髪美女が現れて、何気なくビリーに近づく。彼女は仕事の面接で街を訪れたけど、クルマのタイヤがパンクして困っている、とビリーに泣きついたらしい。"親切な"ビリーは彼女をクルマに乗せてやり、モーテルまで送ってやったが、その日は彼女の誘いを断り、電話番号だけを貰って帰ったという。しかし、翌日ビリーは彼女と肉体関係を持ってしまった。そりゃそうだ。浮気性の亭主が、若い美人から誘われて断るなんてあり得ない。オトゥールから連絡を受けたチャーリーは、妻シェリル(Seryl)の兄弟でビジネス・パートナーのリチャードをオフィスに呼び、届いたばかりの盗撮映像を鑑賞することにした。画面に映し出されたビリーは快楽の絶頂である。まさか録画されているとは思っていないビリーは、東欧美女から受けた懇切丁寧なフェラチオに大満足。ペニスをしゃぶられたビリーは思わず、「映画のようだ」と叫んでいたらしい。これにはチャーリーたち仕掛け人が大爆笑。満足したチャーリーは早速、トミーにコピーを作るよう命じたのである。

  チャーリーは匿名で録画テープと写真を、妹のエスターや彼女の息子ジェイコブに送ることにした。しかし、オトゥールはジェイコブに包みを送らぬよう諭したらしい。父親の破廉恥行為を知ることとなるジェイコブは、恋人との婚約を数日後に控えていたのだ。後にチャーリーはこの件を否定し、オトゥールたちの仕業にしていたが、とにかく送られてしまった。婚約の3日前に小包を受け取ったエスターは顔面蒼白。白黒写真を手にしたエスターは、すぐさま兄マレーに電話を掛け、「家に帰らないで。チャーリーに殺されるわよ」と警告したという。心配になったマレーは元警官の護衛をつけた。妻のリーは放火でもされるんじゃないかと怯えていたそうだ。しかし、素人の奸計はすぐバレる。FBIの捜査が進んでチャーリーの犯罪が明るみになるのは時間の問題であった。しかも、オトゥールまでもがFBIの捜査に協力していたのだ。チャーリーは脱税や違法献金、司法妨害などの罪で服役することに。刑務所送りとなったチャーリーにとって、希望の光は息子のジャードただ一人であった。


不動産王の娘婿はメディア王に


  若くして脚光を浴びるビジネスマンには裏がある。ジョン・F・ケネディーには、禁酒法時代にぼろ儲けした父親ジョセフがいたように、ユダヤ版ケネディーを目指すクシュナー家には、野心家のチャーリーがいた。彼が自慢する息子のジャレッドは、長身で一流大学卒の好青年である。見た目には西欧系アメリカ人と変わらない。しかし、彼は普通のアメリカ青年と違っていた。このユダヤ人の若者は、20代でメディア経営者になったのだ。「えっ ! 」と驚いちゃいけない。ユダヤ人は13歳で成人となるんだから。とはいっても高等教育は大切で、チャーリーも大学の価値を痛いほど分かっている。だから息子の学歴に箔をつけてあげなきゃ、と意気込んでしまう。それには、やはりハーバード大学だ。アメリカは実力社会だと言われるけれど、今じゃ階級のはしごを昇るためには学歴が重要となる。上流社会の子弟が競ってアイヴィー・リーグを目指すのは、学問を究めるためではなく人脈を築くことが目的なのだ。「入学許可の値段(The Price of Admission)」を著したダニエル・ゴールデンによれば、1998年、お金持ちになったユダヤ人の不動産王は、ハーバード大学に250万ドルの寄附をした。えっっ、日本円に換算すれば、約2億5千万円じゃないか ! こんな大金を投げつけられたら、顰(しか)めっ面のハーバード大学長だって、思わず顔が緩むだろう。


  しかも、用意周到なチャーリーは地元ニュージャージー州選出のフランク・ローテンバーグ(Frank Lautenberg)上院議員に手を回していたのだ。このユダヤ人議員は、ソ連のユダヤ難民を米国へと手引きした張本人である。まったくユダヤ人は、ロクでもないことを次々と行うからタチが悪い。チャーリーの名代となったローテンバーグは、マサチューセッツ州の有力者テッド・ケネディー上院議員に働きかけ、要請を受けたケネディーはハーバードの入試担当責任者であるウィリアム・フィッツシモンズ(William Fitzsimmons)に「よろしくね」と言ったのだ。リベラル派を気取る奴ほど、裏で何をしているのか分かったもんじゃない。まぁ、裏口入学なんていう口利きは、民衆党の大御所たるケネディーにとって造作もないことだ。父親のお膳立てでハーバード大学に入門できたジャードは、名門クラブの「ザ・フライ(The Fly)」に加入した。アメリカの大学にはギリシア文字を冠したクラブがあって、そこで親睦を深めたメンバーは兄弟のような絆を作り、卒業しても一生固く結ばれた仲間になる。上流階級の子供が一流大学に入るのは、こうしたクラブで人脈を築くことに目的があるのだ。ジャレッドが入ったクラブの歴代メンバーを見てみれば納得できる。まず、ハーバード大学の名物学長であったチャールズ・ウィリアム・エリオット(Charles William Eliot)がいるし、セオドア・ローズヴェルトとフランクリン・ローズヴェルトといった大統領もいた。それに、世界を牛耳るアメリカ貴族のジェイ・ロックフェラー上院議員やクリントン政権で国家安全保障担当補佐官だったアンソニー・レイク(Anthony Lake)もいるのだ。こうしたインナー・サークル(内輪)に入れたジャレッドを見れば、父親のチャーリーは250万ドルの投資も無駄ではなかった、と思えるだろう。 


  チャーリーは刑務所に閉じ込められたからといって、息子の教育を怠るような親ではない。名門大学に蝶ネクタイをして通う息子も、それを充分承知していた。成金の父親はジャレッドに財務表などの書類を送り、息子に評価させるといった訓練を施していたのだ。しかし、理論だけではダメである。そこで、チャーリーは息子に初の売買をさせることにした。ビジネスの実習として、ジャレッドはマサチューセッツ州サマーヴィルにある物件を買うことにした。資金の半分はチャーリーが用立て、残りの半分はジャードがチャーリーの友達から借りてきたという。こうしてチャーリーの実践教育が始まり、ジャレッドは他の物件も買うようになった。チャーリーはニューヨーク大学に300万ドル寄附し、後に大学の理事会メンバーとなる。一方、2003年ジャードはニューヨーク大学のロー・スクールに進学し、自分が所有するパック・ビルディングの3フロアーを大学側に貸すことになった。ただし、通常の賃貸料金よりも安くしたらしい。教育機関に恩を売るという魂胆だろう。ジャードは学生のくせにもう一端のビジネスマンになっていたわけだ。それに比べて日本の大学院生ときたら、助手になれるかどうかさえ分からず、不安な日々を送るのが普通。巨額な資金を使って不動産物件を扱っている奴なんていない。小切手帳を持って大金を動かす学生なんているのか? 大学院生が就ける職業なんて、せいぜいコンビニのバイト生か塾の講師くらいだろう。


  大学院課程を修了したジャレッドは、メディア業界に食指を動かした。彼はマンハッタンの地方検事ロバート・モーゲンソーの法律事務所で見習いをしていたが、「ニュー・ヨーク・オブザーバー(New York Observer)」誌に目をつける。ちょうどその頃、オーナーのアーサー・カーター(Arthur Carter)は赤字が続く週刊誌を売却する相手を探しているところだった。しかし、カーターは半年かけて面会に漕ぎ着けたジャレッドからの提案を蹴ってしまった。カーターは「なぁ、ジャレッド。君はいい青年だが、まだ25歳じゃないか」と言ってあしらったらしい。実はその時、オブザーバー誌を買いたいと申し込んでいた相手がいたのだ。ロバート・デ・ニーロなどが運営するトリビカ・フィルム・フェスティバルが買収先に決まりかけていたという。しかし、カーターは彼らが買収した曉には、愛着のあるオブザーバー誌を閉鎖するんじゃないか、と懸念していた。そこで、再びジャレッドに会うことにしたらしい。カーターは娘のマリーを連れて会合に現れた。ジャレッドはテーブルの上で小切手に金額を書き、それをカーターに差し出したという。そして、彼はオブザーバー誌にお金を注ぎ込んでウエッブ版を創設し、最終的には利益を出すビジネスにしたいという旨を語った。これを聞いて腹を決めたカーターは、ジャレッドに雑誌社を売却することにしたという。翌日、ジャレッドは法律事務所のボスを訪ね、「雑誌社を買ったので辞めます」と言ったらしい。すげーなぁ~。これが大学出たての小僧がすることか? 何か映画『白昼の死角』で金貸しを営んだ鶴岡七郎を思い出す。(これは夏八木勲が主役を務めた角川映画で、「光クラブ」事件を題材にした小説が基になっている。今思うと、夏八木氏の演技には迫力があったなぁ。) まったく、ユダヤ人ってのは商売上手だ。これじゃあ、アングロ・サクソン人の青年は適わない。

  父親譲りのビジネス手腕を発揮するジャレッドは、父と相談の上、マンハッタンにあるフィフス・アヴェニュー(5th Avenue)666のオフィス・ビルを買収することに決めた。彼は記録破りの値段18億ドルを払って、53番街に聳える41階建てのビルを手にしたのである。庶民なら「ひぇ~」と叫んで、仰天してしまうだろう。勢いに乗った息子は獄中の父に保有資産の売却を持ちかけた。2007年、ジャレッドはバブルが弾ける前に、クシュナー家のポート・フォリオをあの大手AIGに売ってしまったのだ。彼が手にした金額は約10億ドル。「すごい」の一言に尽きる。これが26歳の若造が行った商取引である。しかし、高価なビルを手にしてもその維持・運営は容易でない。それでも何とか乗り切るのがユダヤ人。「犬も歩けば棒に当たる」というが、ユダヤ人がブラブラ歩けば、ユダヤ人に巡り逢う。ジャレッドはFOXテレビを率いる総帥のルパート・マードック(Rupert Mardoch)を師匠と仰ぐ。雑誌社を入手したのも、権力へのアクセスを握ることが重要である、と認識していたからだ。単なる不動産屋では権力者にすんなり会うことはできない。しかし、メディア経営者となれば容易に様々な有力者に会うことができる。だから、ユダヤ人はメディア業界に押し寄せるのだ。ジャレッドはメディア王マードックと一緒にヴァカンスを取っていた時、グーグルの創設者セルゲイ・ブリン(Sergey Miklailovoch Brin)とも一緒に過ごしていたという。皆様ご存じのブリンはロシア系ユダヤ人。メディア界やIT業界って本当にユダヤ人が多い。フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)もユダヤ人だ。しかし、ジャレッドにとって更に重要だったのは、将来の妻イヴァンカと出遭ったことである。


  ちなみに、FOXテレビで放送されていたドラマ『フリンジ(Fringe)』に出演していたアンナ・トーヴ(AnnaTorv)は、マードックと縁がある。彼の別れた妻はアンナ・マードック・トーヴ(Anna Mardoch Torv)という名前から分かる通り、トーヴ家の出身だ。彼女は女優アンナの父方の叔母に当たり、そんな関係もあってか、FOXドラマでオリヴィア・ダナム役に抜擢されたのである。高額な予算を注ぎ込んだドラマで主役を射止めたのだから、アンナにとっては大女優への一歩であった。まるでコネ採用みたいだが、総帥の親類ならドラマの制作者だってちょっとは考えるだろう。いいよなぁ、やっぱり有力者の親戚って。そういえば、『フリンジ』の監督は今や人気のJ.J.エイブラムズ(Jeffrey Jacob Abrams)であった。『スタートレック』や『ミッション・インポシブル』を手掛けた引っ張りだこのユダヤ人監督で、今年は彼の『スター・ウォーズ』も公開される予定だ。しかし、キャスティングが多民族主義で魅力は半減。ユダヤ人は世界中の観客からゼニを取ろうとするから、色々な人種を役者に用いて、名作をメチャクチャにしてしまう。ユダヤ人って本当に嫌な種族である。それでも、世界規模の市場で配給するから、ハリウッドは大繁盛。アメリカ白人が演じて、ユダヤ人が製作する映画を、日本人がお金を払って観る。しかも、日本人なら高価な関連グッズも買ってくれるから、有り難いお得意様。実によくできた仕組みである。映画業界のカルテルを築いたユダヤ人は笑いが止まらない。


  ユダヤ人は政治の表舞台に立たず、裏方で権力を揮う方を好む。確かに、上院議員や大統領は魅力的だ。しかし、大衆の注目が注がれる公職を目指すと、色々と困ることが出てくる。なかでも資産公開はイヤだ。やましい方法で貯め込んだ財産はなるべく隠したい。だから、自分の代理人に投資をして、実利だけを手にしたいと考える。民衆政国家では一般人の嫉妬心が強いから、賢いユダヤ人はなるべく目立たぬよう心掛ける。昔、フォード政権で副大統領になったネルソン・ロックフェラーは、個人資産を詮索されて困った。彼は1970年の時点で所得税を一銭も払っていなかったのだ。石油で大帝国を築いたロックフェラー家の御曹司が税金を払っていなかったとは。アメリカ国民は唖然とした。ロックフェラー家の資産を管理していたリチャード・ディルワース(J. Richard Dilworth)によれば、このアメリカ貴族は様々な財団や信託組織を作って財産を分散していたのだ。(ディルワースは元クーン・ローブ社のパートナーであったから、帳簿や納税の操作に長けていた。)

1

ロックフェラー家は、納税回避のために200以上もの財団を作って、家族がその役員になり、財団を実質的に支配していたのだ。その他、スタンダード・オイルはもとより、IBM、テキサス・インストルメント、イーストマン・コダック、チェース・マンハッタン銀行、ミネソタ鉱山などの会社に投資をしたり、資産を移したりして、国税庁の追求を躱(かわ)していた。当時、ロックフェラー家の84名が持つ財産を集めても、たった10億3千3百万ドルくらいしかなかったのも、こうしたカラクリがあったからである。ロックフェラーはユダヤ系ではないが、やり口はユダヤ人と変わらないのだ。ユダヤ人はお金に飢えた西歐人を子飼いにして政界で働かせる。自分が政治家になるとリスクが大きいから、他人を利用するのだ。仮に政治家となっても、庶民の猜疑心を招くような真似はしない。例えば、ジェイ・ロックフェラー4世(John Davison Rockefeller IV)元上院議員は、人種対立や健康保険といった目立つ国内問題を避け、庶民の関心が薄い軍事・外交面で要職に就いた。上院諜報委員会(Senate Intelligence Committee)の席に着けば、世界中の極秘情報にアクセスできる。これではロックフェラー家が、CIAやNSA、DIAといった諜報機関を私物化したのも同然だ。民間のビジネスマンがどんなに優秀でも、超大国が集めた機密情報は手に入らない。ロックフェラー家は地球儀を掴んで、どこに旨い話があり、どんな投資リスクがあるのか一目で分かる。日本の政治家が抱える弱みや日本企業の社内秘密なんかガラス張りだろう。

  西欧系アメリカ人から嫌われてきたユダヤ人は、自分のポスターを街中に貼って選挙に出ることはしない。当選すれば嬉しいが、もし落選したら不名誉になる。ギャンブルならラスベガスに行っていくらでもできるのに、わざわざ自分の面子を賭けて選挙に挑むのは愚かだ。汚いことなら手下の白人にやらせた方が悧巧である。スキャンダルになれば、さっさと切り捨てればいい。競馬で考えてみれば分かるじゃないか。サラブレッドの代わりに馬主が走ることはないだろう。馬鹿と白人は使いようである。したがって、一枚も二枚も上手(うわて)のユダヤ人は、何百億ドルもの政治献金を呉れてやっても惜しくはない。投資額を上回る配当が確実に入ってくるからだ。しかも、大統領を操って戦争を起こせば、戦争特需で多大な利益が期待できる。前もって戦争が分かっているから、株式相場の動きだって予想できるし、軍需企業の株を買ってしまえばいい。それに、戦場への補給で儲けた連中は、戦後処理を請け負って、更に儲けることも可能である。ユダヤ人投資家にとって、合衆国大統領はサンタクロースか福の神といった存在になるのだ。

  少々長くなったので、チャーリー・クシュナーとドナルド・トランプについては、また後編で述べたい。




★トランプと愛娘イヴァンカ(アメリカ大統領選挙)
http://kabukachan.exblog.jp/25840132/


★ジャレッド・クシュナーはユダヤ人
http://kabukachan.exblog.jp/26198293/




日本人は猿である
http://kabukachan.exblog.jp/24109195/



[PR]
by kabu_kachan | 2016-07-23 13:31 | 政治 | Comments(0)

アメリカ大統領選挙

★full documentary Khazars
https://www.youtube.com/watch?v=eBTKX4YhXuI

【アメリカ大統領は誰がなっても同じ】

アメリカ大統領選挙は、民主主義を演じる茶番劇。


今、アメリカでは大統領選挙真っ最中ですね。
まあ、顔ぶれを見ると、ヒラリーなのかな、なんて根拠無く思ってみたり。

http://edition.cnn.com/
http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos
http://www.foxnews.com/
http://www.cbsnews.com/videos/
http://abcnews.go.com/video

実際、どうなるかわかりませんけどね。

でも、茶番劇ですね。
茶番が、繰り広げられています。
何が、茶番かって?
誰が当選しても同じだからです。


なんたって、アメリカの場合、企業献金の額が凄まじい。
アメリカでは、日本と違って、企業献金に制限がありませんから。
で、

 ◎企業献金額・・・13億ドル以上
 ◎個人献金額・・・1億ドル未満

これがアメリカの政治献金の実体です。
個人献金は、1/10以下です。

アメリカ国民の意見など、反映されませんって。
もう、政治家は、企業のいいなり。
アメリカには、民主主義なんかありません^^;

「企業の僕(しもべ)」、それがアメリカの政治家であり、大統領です。
で、政治献金を出している企業は、グローバル企業ですね。
ウォール街の金融証券会社も多い。


で、グローバル企業は、候補者全員に、政治献金しているわけです。
「あなたを応援します」といいながら、二枚舌、いや二十枚舌くらい使って、
対立候補に、政治献金を出しているわけです。
だから、誰が当選しても、グローバル企業のコマになるわけですね。

政治献金は要らないと豪語している、富裕層のトランプといっても、
さて、どうですかね。
ここのところ、「米国からモスクを撤廃せよ」ですか、
そんなことを言ったとかで、「トランプは、大統領の資質に問題がある」と、
難癖付けられたり。

まあ、カネで動かない候補者は、マスコミを使って、候補者を潰してしまうと。
ま、そんなところでしょうね。
最悪、トランプ氏は、マスコミの力で「撤退」させられるんじゃないんですかね。
どうなるかわかりませんが。
もし、トランプ氏が、大統領になったら、暗殺されるんじゃないんですか^^;


アメリカ大統領選挙では、どの候補者が当選しても、
グローバル企業の言いなりになります。

で、そのグローバル企業は、株主の言いなり。
株主様です。
ご主人さまですね。

で、大株主に、国際銀行家らが、ぞろぞろそろっているわけですね。
超富裕層です。

超富裕層は、株主となって、グローバル企業に意見をいって動かす。
グローバル企業は、マスコミのスポンサーとなって、マスコミを動かす。

こんな数珠つなぎだか、ネズミ講みたいな仕組みが、合法的にあって、
狡猾にも合法的に作られてきたわけですね。


元俳優のなんていいましたっけ、そうそう、「ロナルド・レーガン」。
このでくの坊の参謀は、メルリリンチの副会長でしたからね。

で、メルリリンチの副会長とタッグを組んで、大企業優遇政策を実施。
法人税減税と規制緩和を軸とする「レーガノミクス」ですわ。

で、今、安部死んでー政権では、民間議員という名で、
楽天の三木谷とか、人材派遣のパソナ会長の竹中平蔵とか、
こういう輩が、経済財政諮問会議という所で暗躍して、政策を担っているわけですね。

これって、レーガンのときのメルリリンチ副会長と同じ。
大企業優遇政策をやっている。

安部政権も同じ。
だから、TPPだとか、移民受入だとか、特区だとか、
電力の自由化、発送電分離、農協改革、消費税アップ、法人税減額などなど、
ほかにもありますが、「大企業優遇政策」をやっている。
ま、安部っちも子飼いの道具に過ぎないわけですけどね。
日本の黒幕は、日銀。


大企業の経営者らが、政治に口を出す。
で、その大企業のスポンサー(株主)が、国際金融勢力ってことですね。
わかりやすくいえば、中央銀行を筆頭とした銀行屋です。

このように、合法的とされている仕組み、制度、慣習を使って、
表向きは問題なく、世界を、国を動かしているわけですね。

だから、政治、マスコミ、教育、学術機関。
はてまた司法までも、マネーの力で動かせるわけです。
また、実際に、そのように動かしている勢力もいるわけですね。
陰謀論ではなく、合法的に、それができる「仕組み」があるわけですね。


アメリカの大統領選挙。
誰が当選したって、同じです。
みんな、グローバル企業のいいなりです。
グローバル企業の大株主の国際金融勢力のいいなりです。

国際金融勢力は、世界各国に中央銀行を作り、運営していて、
自在に、通貨を発行できます。
民間人なのに。

で、アメリカの大統領も、彼らの僕。
で、逆らうと、リンカーンや、ケネディのように殺されてしまう。
なんとまあ。


大衆は、この事実に気づかないとなりませんね。
共和党だとか、民主党だとか、
資本主義だとか、共産主義だとか、
民主主義だとか、社会主義だとか、
そんなのは、本丸の悪党から目をそらす煙幕ですって。
枝葉末節の議論に落とし込むための撒き餌。

中央銀行、通貨発行権、国際金融勢力に、
矛先が向かないようにしているわけですね。
これを、まずは見破らなければなりません。

アメリカでは、幸いなことに、FRB反対の動きが、何年も前から高まってきています。
今回の大統領選では、冷ややかに見ているアメリカ人も
多くなっているんじゃないんですかね。

ただ、アメリカ人は、お人好しに洗脳されています。
同調圧力によって、またもや昔のパターンに
戻ってしまう人も出てくるんじゃないかと。


だから、賢くならなければなりませんね。
そのために、意識革命です。
根本的なところからの意識革命。

表面的な考え方とか、感情のコントロールということだけでなく、
さらに一歩深めたところからの意識改革。
http://bossanovaday.hamazo.tv/e6521096.htmlより



アメリカの選挙資金とスーパーパック  武田 尚子 より。
http://www.alter-magazine.jp/index.php?%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%8C%99%E8%B3%87%E9%87%91%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF

 オバマの支持者には大体において、学術関係やテクノロジー関係が多いといわ
れている。2012年の選挙で、今のところオバマ献金のトップ数社には以下の
ようなものがある。

1.マイクロソフト   $387.395
2.カリフォルニア大学 $330.258
3.DLA PIPER      $306.727
4.グーグル社     $271.300
5.SIDLEY AUSTIN LIP $257.296
6.ハーヴァード大学  $232.158

 他にも、スタンフォード、コロンビア、シカゴなどの大学があり、タイム・ワ
ーナー社他いくつかの企業もある。

 個人でも、多くはないがかなり大型の献金者もいる。2012年の選挙に向け
て、アニメーションのドリームワークスのCEO、ジェフリー・カツェンバーグ
は、オバマのスーパーパック、PRIORITIES USA に200万ドルの献金をした。

 2008年の選挙で、オバマのために大きな寄付をしたジョージ・ソロスは、
1930年ハンガリー生まれの財政家、慈善家である。



2012年の議会選挙で費やされた選挙資金37億ドルの大半が富豪からの献金だった。彼らの求めているものは一般市民とは異なるのだが、議員は献金者を優遇することがこの調査でも明らかで、富裕層の望むような政策が推進されがちな環境が実在することが明らかである。 - See more at: http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1286#sthash.tqvVDj9q.dpuf


http://www.huffingtonpost.jp/seaskywind/terrible-fact_b_6215466.htmlより

■企業献金の上限撤廃

これでは、オバマ大統領の評価が、大いなる失望に転落してしまうのも無理はない。堤未果氏の一連の著作を読むと、保険や医薬品以外にも、農業、食品から教育等の公共サービスに至るまで、特定の大企業が政治に深く介入して、政策を企業有利にゆがめている実態がよくわかる。

しかも、2010年1月には、最高裁が『企業による選挙広告費の制限は言論の自由に反する』という違憲判決を下し、結果、企業献金の上限が事実上撤廃されることになった。実際、今回の中間選挙は史上最高となる推計約36億7千万ドルの政治資金が投入され、アメリカ史上最もお金のかかった中間選挙となった

【米中間選】政治資金、過去最高に 4千億円、広告過熱 - 産経ニュース

■外国企業の介入を可能に

しかも、この判決にともなって、米国籍ではない外国企業でも、PACという民間政治活動委員会を通すことで、匿名で献金ができるようになった。これによって、世界中の富裕層が米国の政策に介入できるようになった。堤氏の『(株)貧困大国アメリカ』*2には、温室ガス排出量を規制する法案の廃案のために、730万ドルのロビイング費用を投じて来たアメリカ石油協会(API)に対して、そのAPIの年会費の最大提供者はサウジアラビア政府が所有する石油会社アラムコ傘下のサウジ精製会社のアメリカ支社長なのだという。

■レスターランド

すでに米国の富の半分はトップ1%が占めており、トップ10%まで広げると8割を超えている。この富をあらん限りつぎこんで、政策をごく少数の富裕層に有利に導く、という構図が出来上がってきている。しかも、そこに海外の富裕層が加担する。

アメリカの「スーパーリッチ」が世界の所得格差を拡大させる 0.1%の最富裕層が世界の富を独占

著名な法学者である、ハーバード大学のローレンス・レッシグ教授はTEDの講演で、この米国の現状を『レスターランド』という比喩で皮肉っている。

ローレンス・レッシグ「皆で共和国本来の国民の力を取り戻そう」 | Talk Transcript | TED.com

この国の民主主義は一体どこに向かうのか。(といより、世界の民主主義はどこへ向かおうとしているのか。)米国のグローバル資本主義を正として受け入れようとしている日本は、本当に大丈夫なのか。さすがに、薄ら寒い風を背後に感じないだろうか。私は基本、資本主義を支持する立場だが、今の米国の姿にはさすがに危惧の念を禁じえない。



アメリカ大統領選挙とユダヤ票

 

 

●「ユダヤ人票がアメリカ大統領選挙の結果を左右する」──在米ユダヤ人社会の絶大な政治力を象徴する例として、しばしば語られることの一つである。

確かに、これを裏付けるような実例を、過去のアメリカ大統領選挙の歴史に幾つか見ることができる。


●その典型的な一例が、1948年の大統領選挙である。

その前年、国連で決議される予定のパレスチナ分割案(パレスチナを分割して、ユダヤ国家とパレスチナ人国家を創るという案)に対し、当時のトルーマン大統領は、アラブ諸国、とりわけアメリカが石油利権を持つサウジアラビアとの関係を重視し、パレスチナでのユダヤ国家建設に反対する意向を表明していた。これに対し、在米ユダヤ人社会は強く反発し、「1948年の大統領選挙では、トルーマンはユダヤ人票を失うだろう」と警告した。

大きな票田を持つ都市に集中するユダヤ人の票は、当時、戦局不利が伝えられていたトルーマンにとって勝敗を左右する重要な要素だった。このままでは共和党候補に敗北する、という危機感を抱いたトルーマンは、前言を翻し、国連決議案の支持に回った。

これによって、翌年の大統領選挙では75%のユダヤ票を獲得し、きわどい差で勝利した。(ちなみに、トルーマンは父方がユダヤ系である)。

 

ユダヤ票欲しさに、パレスチナ分割案を
支持することにしたトルーマン大統領

 

●1976年の大統領選挙では、任期中に「アラブ人に対する強硬姿勢を改めなければ、経済援助を削減する」とイスラエルに警告したフォード大統領は、ユダヤ人の支持を失い、対立候補のカーター大統領が68%のユダヤ人票を獲得した。これはカーター勝利の一要因といわれている。

そのカーター大統領も、イスラエルとエジプトとの和平交渉の成功で一時ユダヤ人に高い評価を得たが、その後、イスラエル・アラブ紛争の総合的な解決のためにソ連との交渉に乗り出そうとしたこと、またイスラエルの入植地政策を非難する国連決議に賛成票を投じたことなどによって、ユダヤ人の反発を買った。再選を目指す1980年の選挙では、ユダヤ人票の40%がレーガン氏に流れたといわれる。


●1988年の大統領選挙でも、ユダヤ人票獲得のために、ブッシュ、デュカキス両候補は、PLOがイスラエルを承認し「テロ」を放棄しない限り交渉しないこと、またパレスチナ国家は認めないことなどを明言し、親イスラエルの姿勢を在米ユダヤ人社会に訴え続けた。また、『ニューヨーク・タイムズ』紙や『ロサンゼルス・タイムズ』紙など有力紙や、ユダヤ系の新聞紙上にユダヤ人向けの全面広告を掲載し、激しい“ユダヤ人票獲得合戦”を繰り広げた。

例えば、『ニューヨーク・タイムズ』紙上でデュカキス陣営は、1981年に、イスラエルが猛反対したサウジアラビアヘのAWACS(空中警戒管制機)売却をブッシュ候補が支持したこと、1981年のイスラエル空軍によるイラクの原子炉爆撃に対しアメリカ政府の制裁を主張したことなどを取り上げ、ブッシュがいかにイスラエルの利害に反する候補であるかを強調した。

これに対しブッシュ陣営は、パレスチナ人の自決権を主張するジェシー・ジャクソンが民主党内で大きな影響力を持ち、イスラエルにとって危険であると強調することによって、ユダヤ人の民主党離れを促す、といった具合である。それはまさに、相手候補よりいかに熱心な“親イスラエル”であるかを競いあう“ユダヤ人の歓心買い競争”である。


●一方、「反ユダヤ主義」「反イスラエル」と攻撃されかねない自派の言動に関しては両陣営とも敏速に対処して、「被害」を最小限に食い止めるために全力を注いだ。

選挙まで2ヶ月と迫った1988年9月初旬、ブッシュ陣営は在米ユダヤ人社会から「反ユダヤ主義者」と烙印を押された選挙運動組織の幹部ら8人を即座に解雇した。その幹部らが1971年のニクソン政権時代に労働統計局で働くユダヤ人のリスト作りをしたことが『ワシントン・ポスト』紙に報道されたため、ユダヤ人票への影響を恐れて、ただちに処分したのである。

一方、民主党側では、7月の党大会でジャクソンの支持者によって綱領案として提案されたパレスチナ人の自決権を求める案は、デュカキス陣営の強い反対によって、投票にはかけられなかった。これを強行すれば、ユダヤ人の影響力の強い民主党の選挙運動は分解しかねなかったからだ。

 http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1409.htmlより


[PR]
by kabu_kachan | 2016-02-20 10:52 | 政治 | Comments(3)