<   2012年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ユダヤ人のメディア支配(5)

Six Zionist Companies Own 96% of the World's Media

世界の96%のメディアは6つのシオニスト資本が支配する
http://poorrichards-blog.blogspot.com/2011/01/six-zionist-companies-own-96-of-worlds.html
アメリカ人としての嘘、詐欺や偽情報が、集団的愚かさの代償を支払うことになる。
「あなたはとってもよく知っている、愚かなアメリカ人も同じようによく知っている、誰であるかに関係なく、ホワイトハウスに座る人物を、政府を我々がコントロールしているのを。我々が思いがけないことをするとしても、我々に挑戦できるアメリカ大統領はいないことを、あなたも、私も知っている。そうね?彼ら(アメリカ人)は私たちに何ができる?我々は議会を支配し、メディアを支配し、ショウ・ビジネスを支配し、アメリカの何もかもを支配している。アメリカではあなた達は神を批判することはできるが、イスラエルの批判はできない。。。」(イスラエル・スポークスウーマンの Tzipora Menache)

ご参考: ①「イスラエルが9.11を行った、あなたが必要とするすべての証拠」http://satehate.exblog.jp/15750732/ ②以前ここでも「ロスチャイルドVs. ロックフェラーの基本文献」としてご紹介した藤井昇氏の著作(1994年刊)の貴重な無断アップサイト
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe6 …
■シオニストによって煽動されてきたアメリカ世論
アメリカ財界保守本流からすれば、アメリカ国内で、第三世界開発を鼓舞するような、またアラブ・イスラエル紛争の解決を求めるような世論を大いに喚起したいところだ。ところが、マスコミで大きな力を握っているシオニスト(イスラエル至上主義者)の連中が、こういった前向きのオピニオンの広がりを非常に意図的に妨害しているのだ。
アラブ・イスラエル紛争自体も、かなりアメリカ大衆を感情的に紛糾させるべく、シオニストたちによって煽動されている。もちろん、アメリカの大多数を占める白人中産階級のクリスチャンたちが、イスラエルに同情的になるように、アラブ人=イスラム教徒=第三世界に対して憎悪を抱くように、マスコミを通じて情報操作がされているのである。
アメリカには約600万人のユダヤ系市民が存在する。彼らはマスコミ、芸能界、医学界、大学、金融界、小売業などのかなりの部分に浸透し、強力なシオニスト・コネクションを構成する。政府に対し働きかけるロビー活動の中心は「アメリカ・イスラエル広報委員会」(AIPAC)である。イスラエル批判をしたがために選挙で落選させられた政治家は、ブッシュ前大統領や、チャールズ・パーシー元上院議員をはじめとして、かなりの数にのぼる。対立候補にイスラエルヘの忠誠を誓う候補を立て、その人物に資金やボランティアやマスコミの関心を集中させ、反イスラエルの候補には「ナチの再来」などの非難を浴びせて落選させるのである。
シオニストは政府や社会ばかりでなく、マスコミを通じて、一般アメリカ国民に「反アラブ=反第三世界感情」を注入してきた。シオニストがアメリカ国民に、映画・音楽・小説・新聞・TVなどのさまざまなメディアを使って繰り返し訴えてきたのは、以下のようなメッセージだ。
すなわち、「ユダヤ文化は西洋文明をつくってきた不可欠の要素であり、《ユダヤ教=キリスト教》の伝統というのは、ヨーロッパの精神的な枢軸である。そのユダヤ人が中東にイスラエルという国家を復興したということは、ヨーロッパ文明の中軸に属する国が、たまたま中東にできたということである。西洋文明の一翼を担うイスラエルという国家を、アメリカやその他のヨーロッパ諸国が支持するのは当たり前ではないか。まして、我々は、ナチスによるホロコースト(民族虐殺)という酷い体験をしているので、ユダヤ国家を欧米諸国は保護する道徳的義務がある。」
ついでながら、「ホロコースト」はユダヤ=シオニストの切り札的シンボルだ。最近ではスピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』が、この切り札を使っている。ユダヤ人であるスピルバーグ監督のイスラエルヘのエールであろう。ちなみに、イスラエルが内外のプレッシャーの下で和平に踏み出した1993年という年にこの映画は製作されている。
シオニストたちはこうも訴える。
「イスラム世界に代表されるような第三世界は、文化的にも文明的にも、我々とまったく相入れない存在である。イスラエルは、過激なイスラム原理主義の防波堤としても機能しているのであり、欧米がイスラエルを全面支持するのは、この点からもなおさら、当然である。」
なお、冷戦時代においては、アラブの背後にはソ連がおり、「中東におけるソ連の影響力を封じ込めるために、イスラエルが頑張っている」という支持理由もあった。

★米国の ユダヤが乗っ取る マスメディア
http://kabukachan.exblog.jp/24966612/


    人工地震の地震波形





[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-27 02:24 | ユダヤ | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(4)

●その他マスメディア

話はテレビ、ラジオ、新聞などの他のメディアの場合とだいたい同じである。たとえば、ニュース雑誌を考えてほしい。全米にはわずか3誌しか有名な雑誌はない。「タイム」「ニューズウィーク」「USニューズ&ワールド・リポート」で、これらは週に410万部発行していて、タイム・ワーナー・コミュニケーションズの子会社が発行している。
前述のようにタイム・ワーナー・コミュニケーションズのCEOは、ジェラルド・レビン、ユダヤ人である。前述のようにニューズウィークは、ワシントン・ポスト社が発行しており、ユダヤ女性キャサリン・マイヤー・グラハムの下にある。その週発行部数は320万部である。週発行部数230万部の「USニューズ&ワールド・リポート」誌は、ユダヤ人のモーティマ・ズッカーマンが所有発行している。ズッカーマンはまた、「アトランティック・マンスリー」誌と、国内第6位のニューヨークのタブロイド紙「デイリー・ニュース」を所有している。

巨大な書籍出版企業の間でも、状況は同様にユダヤ系である。「パブリッシャー・ ウィークリー」によると、米国の6つの大手出版社のうち3つは、ユダヤ人が所有あるいは統制している。 3社とは1位のランダムハウス(を含む、多くの子会社とクラウン出版グループ)、3位のサイモン&シャスター社、および6位のタイム・ワーナー・トレード・グループ(ワーナー書籍やリトル、ブラウンを含む)である。特に目覚しい別の出版社は「ウェスタン・パブリッシング」である。全米の出版社では13位という規模だが、児童書市場では50%以上のシェアを持つ筆頭出版社である。その会長兼CEOはリチャード・バーンスタイン、ユダヤ人で、同様にユダヤ人のリチャード・シュナイダーと交代したところだ。

●ユダヤ人がメディアを支配することの効果

これらは、アメリカにおけるユダヤ人のメディア・コントロールの事実である。誰でも大きな図書館で多くの時間を費やすのをいとわなければ、上記の事柄の正確さを確認することができる。控えめに言って、これらの事実は、あなたを不安にさせていることと思う。どんな少数派にこんな恐るべき力を振り回すことが許されるだろうか?
確かに、許されないし、その効果の中で我々が読んだり見たりすることを決心することは、この少数派にタルムード(ユダヤ教戒律経典)に表されているようなことを信じている人々を許すことは、この少数派に彼らのもつタルムードの利害という鋳型に我々の心を嵌め込む力を与えることである。その利害とは、我々が表明しているのは、我々の人々の利害に正反対で対立するものである。

ユダヤ人に我々のニュースと娯楽のメディアを支配するのを許すことで、我々は単に彼らに我々の政治システムや我々の政府のヴァーチャル・コントロールへの決定的な影響力を与えるだけではない。我々はまた、彼らに我々の子供達の心と魂のコントロールする力を与え、子供達の態度や考えがユダヤ人のテレビとユダヤ人の映画によって、親や学校、その他の影響力以上の力で形作られてしまうのである。
[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-27 01:54 | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(3)

●3つのユダヤ系新聞

報道と世論の普及における競争の抑制と地域独占の確立は、アメリカの新聞におけるユダヤ人のコントロールの台頭を鮮明にしていった。報道をユダヤ政策の無敵の道具として使うことへのユダヤ人の能力を、国内で最も権威と影響力のある以下の3つの新聞で示す以上によい例は見出しがたい:「ニューヨーク・タイムズ」「ウォールストリー・ジャーナル」「ワシントン・ポスト」。
これら3紙は、アメリカの金融・政治の中心を支配し、トレンドを設定し、ほぼすべての人のためのガイドラインの新聞である。これらは、国内および世界レベルで、何がニュースでニュースでないかを決定するものだ。これらがニュースを生み出し、他のものは単にそれをコピーするだけで、3紙すべてユダヤ人が手中にしている。

ニューヨークタイムズ紙は、1851年に2人の異教徒、ヘンリー・レイモンドとジョージ・ジョーンズによって設立された。彼らの死後、1896年に同紙は裕福なユダヤ人発行人、アドルフ・オックスがジョーンズの遺産から購入した。彼のひ孫、アーサー・オックス・シュルツバーガーJr.が現在の発行人とCEOを務めている。代表編集者はマックス・フランケルで、管理編集者はジョセフ・レリーベルドである。どちらもユダヤ人だ。シュルツバーガー一族はまた、ニューヨークタイムズ社を介して、ボストン・グローブを含む33の新聞、「マッコール&ファミリー・サークル」と500万人以上のサークルを含む12の雑誌、7つのラジオやテレビ放送局、ケーブルTVシステム、および3つの本の出版社を所有している。
ニューヨーク・タイムズのニュースサービスはニューヨーク・タイムズから通信でニュース・ストーリーや特集、写真を、他の506の新聞、ニュース・エージェント、雑誌に送っている。国内的重要性はワシントン・ポストも同様で、ワシントンの政府機関を通じての「リーク」の確立によって、連邦政府をニュースに巻き込んで、内部ルートを築いている。ワシントン・ポストも、ニューヨーク・タイムズ同様、非ユダヤ人が始めた。 1877年にスティルソン・ハッチンスにより創設され、1905年に彼からジョン・マクリーンが購入し、後にエドワード・マクリーンが継承した。しかし 1933年6月には大恐慌の余波で、新聞は倒産を余儀なくされ、破産整理のオークションでユダヤ人投資家ユージーン・マイヤーが購入した。
ワシントンポスト紙は、現在キャサリン・マイヤー・グラハム、ユージーン・マイヤーの娘が経営している。彼女は筆頭株主兼ワシントン・ポスト社理事長である。1979年に彼女は息子ドナルドを発行人に任命した。彼は今もワシントン・ポスト社の代表兼CEOである。ワシントン・ポスト社は新聞、テレビ、国内第二位の有名なニュース週刊誌「ニューズ・ウィーク」などの雑誌の別のメディアの経営会社を数社もっている。
「ウォールストリート・ジャーナル」は日刊180万部販売する、国内最大部数の日刊紙である。これは、ダウ・ジョーンズ&カンパニー株式会社が所有する。ニューヨークの企業で、これは他に24紙の日刊紙と週刊金融タブロイド新聞「バロンズ」その他を発行している。ダウ・ジョーンズ社会長兼CEOのピーター・カンはユダヤ人である。カンは、「ウォールストリート・ジャーナル」会長と発行人のポストにも着いている。ニューヨークの他の主要新聞のほとんどが、「ニューヨーク・タイムズ」と「ウォールストリート・ジャーナル」ほどうまく行っていない。「ニューヨーク・デイリー・ニュース」はユダヤ人不動産デベロッパーのモーティマー・B・ズッカーマンが所有している。 「ヴィレッジ・ボイス」は、レオナルド・スターン、ハーツマウンテンペット供給会社の億万長者のユダヤ人所有者の、個人的な資産である。
[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-27 01:48 | メディア | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(2)

TV放送ネットワークのビッグ3はABC、CBSとNBCとされていた。メディア帝国の統合により、これらの3つにもはや独立した実体はない。それらは独立していたが、しかし、それぞれが創業以来、ユダヤ人によって支配された。ABCはレオナルド・ゴールデンサンによって、CBSは最初ウィリアム・パレイに、それからローレンス・ティッシュによって、NBCは最初デイヴィッド・サーノフに、それから彼の息子ロバートによって。
数十年の期間にわたって、これらのネットワークは、トップからボトムまでユダヤ人が経営し、TVネットワークの本質的なユダヤ人性は、ネットワークが他の企業に吸収されても変わりなかった。


TVニュースではユダヤ人の存在が特に強いままである。上で述べたように、ABCはアイズナーのディズニー社の一部であり、ABCのニュース番組のエグゼクティブ・プロデューサーは、すべてのユダヤ人だ:ビクター・ノイフェルド(20-20)、ボブ・ライヒブルーム(グッド・モーニング・アメリカ)、リック・カプラン(ワールドニュース・トゥナイト)。 CBSは最近、ウェスティングハウス・エレクトリック社によって買収された。

それにもかかわらず、ローレンス・ティッシュによって任命された人物のエリック・オバーは、CBSニュースの社長のままであり、オバーはユダヤ人だ。 NBCは、現在はGE社が所有しているが、NBCニュース社長アンドリュー・ラックがユダヤ人であり、エグゼクティブ・プロデューサーのジェフ・ズッカー(トゥデイ)、ジェフ・グラニック(NBCナイトリー・ニュース)と、ニール・シャピロ(デイトライン)も同様である。

「プリント・メディア・アフターTVニュース」、日刊紙はアメリカで最も影響力のある情報媒体である。毎日六十万部が売られて(そして、おそらく読まれて)いる。これらの多くが約1500の異なる出版物に分けられる。ある者は、アメリカ国内の多様な新聞の膨大な数は、ユダヤ人の支配や歪曲に対する保護を提供すると結論するかもしれない。しかしそうではない。独立性も競争も乏しく、特に我々の関心の表現は気楽な観察者が思うことよりも乏しい。ほとんどの都市や町でさえがいくつかの独立資本の新聞をもち、コミュニティと密接な関係にある地元の人々によって発行されていた時代は過ぎ去った。
今日は、ほとんどの「ローカル」新聞はむしろ、何百マイル、あるいは何千マイルも彼方に住み、働くエグゼクティブが支配する少数の大企業によって所有されている。
実際にはこの国の1500紙のうち約25%が独立系資本であり、残りは複数の新聞チェーンに属している。
自分達のコミュニティの外側に独立した報道スタッフを維持するのは、ほんの一握りで十分なのだ。残りは、内外のニュースのほとんどすべてをこれらに依存している。サムエルとドナルドのにニューハウス兄弟のニューハウス帝国はアメリカの日刊紙における真の競争の欠如以上の例を提供する。それはまた、彼らが固くつかんで世論をコントロールできる機関すべてにユダヤ人が示す、飽くことのない貪欲さを見せ付けている。
ニューハウス一統は26の日刊紙を所有し、それにはいくつか大手重要紙が含まれている;クリーブランド・プレイン・ディーラー、ニューアーク・スターレジャー、ニューオリンズ・タイムズピカユーンのような。また、国内最大の出版取次コングロマリットのランダムハウスとその全ての子会社、いくつかの国内最大級のケーブルTVネットワークを含む12のTV放送局と87のケーブルTVシステムから成るニューハウス放送、週22万部以上発行している「サンデー・サプリメント・パレード」を含む、20誌以上の主要な雑誌、例えば「ニューヨーカー」「ヴォーグ」「マドモワゼル」「グラマー」「ヴァニティフェア」「ブライド」「ジェントルメンズ・クオータリー」「セルフ」「ハウス&ガーデン」、そしてコンデ・ナスト・グループが完全所有する他の全ての雑誌。
このユダヤ人のメディア帝国は、ロシア移民の亡きサムエル・ニューハウスによって創設された。これほど多くの新聞がニューハウス一家に呑み込まれていったのは、新聞が加入者によって支えられているのではなく、広告主による事実によって可能になった面が大きい。新聞記者の給料やオーナーの利益をより大きくしたのは、広告料であった―一新聞読者から集めるわずかな購読料ではなかった―。
どこでも都市の大規模な広告主はビジネスのために、別の新聞から1つの新聞を選択したがり、ライバル紙が潰れたら選択された新聞は繁栄するだろう。20世紀の初め以来、アメリカのユダヤ人商業力が支配的な経済力になったときに、ユダヤ人の手になるアメリカの新聞の数が着実に増加し、一方で異教徒の前からある競合紙は、ユダヤ商人の選択する広告戦術の結果、確実に減少していった。
さらに、なお異教徒の所有と経営のもとにあって、ユダヤ人の広告収入から徹底して独立性を保っていても、編集・ニュース報道方針は大きくユダヤ人の好き気合に制約された。
どこの新聞ビジネスでも、笛吹きにカネを払う者がその音を聞くということが当てはまる。




[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-27 01:44 | メディア | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(1)

ユダヤ人のメディア支配の事実
●電子ニュース&エンターテイメント・メディア
今日最大のメディア複合企業は、ウォルト・ディズニー・カンパニーで、会長兼CEOはマイケル・アイズナー、ユダヤ人である。 あるメディア批評家から「支配狂」と称された人物が率いるディズニー帝国は、いくつかのテレビ番組制作会社(ウォルト・ディズニー・テレビ、タッチストーン・テレビ、ブエナビスタ・テレビ)、14万人の加入者を持つ独自のケーブルネットワーク、および2つのビデオ制作会社を含んでいる。
長編映画のように、ジョー・ロス(もまたユダヤ人)が長を務めるウォルト・ディズニー映像グループは、タッチストーン・ピクチャーズ、ハリウッド・ピクチャ、およびキャラバン・ピクチャを含んでいる。ディズニーはまた、ワインスタイン兄弟が経営するミラマックス・フィルムを所有している。ディズニー社が異教徒のディズニー一家によって経営されていたとき、1984年にアイズナーにより買収される前のことだが、それは家族向けエンターテイメントを具現化するものだった。異教徒一家はまだアイズナーの下で白雪姫の著作権を保持しているが、同社は、写実的なセックスと暴力の映像製作を拡大している。加えて、米国で225の系列局を持ち、いくつかのヨーロッパのテレビ会社の一部の所有者である。
ABC社のケーブルTV子会社のESPNを率いる社長兼CEOのスティーヴン・ボーンスタインはユダヤ人である。この会社は、ライフタイム・テレビ、アート&エンターテイメントネットワークケーブル会社の経営権を持っている。 ABCラジオ・ネットワークは、ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルスなどの大都市で再び、11のAM局と10のFM局を所有しており、3400以上の系列局を有している。
元来通信社のキャピタル・シティ/ ABCは、1994年に出版で10億ドル以上稼いだのであるが、これは、7つの日刊新聞、フェアチャイルド出版、チルトン出版と、ダイヴァースファイド出版グループを所有している。
タイム・ワーナー株式会社は、国際メディア怪獣の二番手である。経営会議議長兼CEOのジェラルド・レヴィンはユダヤ人である。 タイム・ワーナーの子会社HBOは国内最大級の有料ケーブルテレビ・ネットワークだ。 ワーナー・ミュージックは世界最大のレコード会社で、50のレーベルを持ち、そのうちの最大はワーナー・ブラザーズ・レコードで、ダニー・ゴールドバーグに率いられている。
スチュアート・ハーシュはワーナー・ヴィジョンとワーナー・ミュージックのビデオ制作会社の社長を務めている。 ゴールドバーグとハーシュはユダヤ人である。ワーナー・ミュージックは「ギャングスタラップ」の初期プロモーターだった。インタースコープ・レコードとの関わりを通じて、それは、白人に対して黒人が暴力を働くのを促す、明示的な歌詞のジャンルを普及するのに一役買った。
ケーブルTVや音楽に加えて、タイム・ワーナーは頻繁に長編映画(ワーナー・ブラザーズ・スタジオ)の製作と出版に関与している。 タイム・ワーナーの出版部門(編集長ノーマン・パーススタインはユダヤ人)は、国内最大の雑誌出版社である(タイム、スポーツ・イラストレイテッド、ピープル、フォーチュン誌)。テッド・ターナーは異教徒で、1985年にCBSを入札をで買ったときは、全国のメディアの会議室でパニックがあった。ターナーは広告で財を築き、それからケーブルテレビ・ニュース・ネットワークCNNを作り上げるのに成功した。
ターナーはCNN幹部の地位に数人のユダヤ人を採用し、ユダヤ人の利益に反する公的な立場は決して取ったことがないが、彼は大きな自我と強烈な個性を持った人物で、会長ウィリアム・ペイリー(本名パリンスキー、ユダヤ人)と他のCBSのユダヤ人には、手に負えない、「いつかは彼らに刃向かう危険人物」とみなされていた。
さらに、ターナーのために働いていたユダヤ人新聞記者ダニエル・ショアが、彼の元上司がユダヤ人に個人的嫌悪感を持っていたことをおおやけに問いかけた。
ターナーの入札を阻止するためにCBSの幹部は、億万長者のユダヤ人で劇場、ホテル、保険、タバコの王様ローレンス・ティッシュを招いて、同社の『友好的』買収を打ち出し、1986年から1995年までティッシュはCBSの会長兼CEOであり、そこにある非ユダヤ人の影響のいかなる脅威も排除したのだった。
主要ネットワークを手に入れるためのターナーその後の努力は、CBSの株式の約20%を所有し、主要な取引に対する拒否権を持つレヴィンのタイム・ワーナー社によって妨害された。
サムナー・レッドストーン(マレーのロススタイン生まれ、ユダヤ人)が率いるヴィアコム株式会社は、国大第三位の巨大メディア企業で、年間100億ドルの収益がある。三大ネットワークのためにTV番組を製作・配信するヴィアコムは、12のテレビ局と12のラジオ局を所有している。
これは、ユダヤ女性シェリー・ランシングが率いるパラマウント・ピクチャーズを介して長編映画を製作している。その出版部門は、プレンティス・ホール、サイモン&シャスター社、ポケット・ブックを含む。これは、4,000を超える大繁盛店でビデオを販売している。
ヴィアコムの自慢できる部分は、ショウタイム、MTV、ニックルオテオン、およびその他のネットワークを介するケーブルTV番組の、世界最大のプロヴァイダであることだ。1989年以来、MTVやニックルオデオンは、若いテレビ視聴者層のシェアをどんどん大きくしてきた。
トップ3企業が、さらに多くのメディア企業が、ユダヤ人の手にある。そんな圧倒的な状況にあって意図的なコントロールや、彼らの役割についての協調の努力が行なわれなかったと信じることは難しい。
他の大手メディア企業はどうなのか?四番手はフォックスTVと20世紀フォックスを所有しているルパート・マードックのニューズ・コーポレーションで、マードックは異教徒であるが、マードックの映画スタジオを率い、また彼のTVプロダクションを統括するピーター・チェルミンはユダヤ人である。
5番手は日本のソニー・コーポレーションのアメリカ子会社のソニー・コーポレーション・オブ・アメリカで、ユダヤ人のマイケル・シュルホフが経営し、ソニーの映画部門を率いるアラン・レヴィンはユダヤ人である。
大企業によって所有されていないテレビや映画制作会社のほとんどは、ユダヤ人が支配している。たとえば、あるメディア批評家が「アメリカで初の独立系テレビ番組プロデューサー」と宣言したニューワールド・エンターテインメントは、ロナルド・ペレルマンが所有するが、彼はユダヤ人である。
最もよく知られる小さなメディア企業のドリームワークスSKGは、厳密には、清浄な事柄(kosher affair)である。ドリームワークスは、すばらしいメディアの誇大宣伝の中で、レコード業界の大物デビッド・ゲフィン、元ディズニー・ピクチャーズ会長ジェフリー・カッツェンバーグ、映画監督のスティーブン・スピルバーグによって創設されたが、この3人ともユダヤ人である。同社は、映画、アニメーション映画、テレビ番組、およびレコード音楽を製作する。
二つの大きな製作会社、MCAとユニバーサル・ピクチャーズは、飲料業界巨人のシーグラム株式会社社長兼CEOのエドガー・ブロンフマンJr.に両方とも所有されるが、彼はまた世界ユダヤ人会議の代表でもある。
ユダヤ人が、20世紀初頭の映画産業開始以来、映画製作と流通を支配してきたのはよく知られている。これは、今日なお同じことだ。映画は、上記の5大映画会社、ディズニー、ワーナー・ブラザーズ、ソニー、パラマウント(ヴィアコム)、ユニバーサル(シーグラム)が製作し、1995年の最初の8ヶ月間の総興行収入の74%を占めた。
[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-27 01:38 | Comments(0)

真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(4)

テレビに関して言うと、アメリカ人が選べるのは三つのネットワークだけである。ロシア系ユダヤ人デーヴィッド・サーノフが経営する「NBC」、ミュリエル煙草で財を築いたポーランド出身のユダヤ人を父に持つウィリアム・ペイリーことパリンスキーが経営する「CBS」、そしてポーランド系ユダヤ人の出自を持つバーニー・バラバンソンが経営する「ABC」である。

これらのユダヤ人は、ユダヤ人ご用達のナイトクラブ以外では絶対に観客に受けそうもないユダヤ人コメディアンらを数十人も、何百万ドルもかけてアメリカの大衆に押しつけてきた。ミルトン・バール、レッド・バトンズ、ダニー・ケイ、ジェリー・ルイスは、テレビでの金銭的な大失敗だったが、非ユダヤ人の二人のコメディアン、ジャッキー・グリーソンやレッド・スケルトンの人気は何年もつづいた。その秘密は、二人はともかく面白かったということである。一方、ユダヤ人は倒錯、麻薬中毒、人種差別撤廃の中傷の奇妙なごたまぜを吐き散らして、観客に笑い転げろと期待する。笑うどころか、気分が悪くなるだけなのに。

1966年、下院の委員会は、これらのユダヤのテレビ・ネットワークは、ユダヤがいつも使う独占のためのテクニックをあますところなく駆使していることを明らかにした。
たとえばネットワークが利益の51%を受け取らないかぎり、ショーを放映させなかった。この方針により、彼らは番組内容を完全に管理し、そのうえ利益の大半を手中にした。そのやり方は明らかに独占禁止法に違反していたが、それに対して何の手も打たれなかった。司法省は、デュポンやA&Pストアなど非ユダヤ人企業を起訴するのに忙殺され、ユダヤがテレビを独占して何をしていようが、気にする暇もないのである。

ユダヤはテレビを独占しつづけた。どのテレビ・ショーのスタッフにもユダヤ人がわんさといる。テレビ番組制作における非ユダヤ人雇用率は、平均15%でしかない。
いまさら言うまでもないが、テレビには、ユダヤ人が非ユダヤ人に見せたいものしか登場しない。自分自身のテレビ番組を持つ非ユダヤ人の芸能人もいるにはいるが、その連中にはきまってユダヤ人の妻がいる。エド・サリバンはシルビア・バーンスタインと結婚し、デーブ・ブリンクリーその他の連中もしかりである。サリバンは熱烈なカトリック教徒だが、妻は子供たちをユダヤ教で育てている。

[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-20 23:52 | Comments(0)

真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(3)

真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)

★NOT for the immature! Zionist Antichrist will rule the NWO
https://www.youtube.com/watch?v=oq0_n7ZBX_c

★Why The Rothschilds Invented Nazism - Eustace Mullins
https://www.youtube.com/watch?v=x541EQ2aXlM

★Eustace Mullins - Adolf Hitler & the Central Banks
https://www.youtube.com/watch?v=JWcTAOjkEik

★How the Rothschilds created Israel - Eustace Mullins
https://www.youtube.com/watch?v=mUms50htsuM

★Eustace Mullins - The Curse of Canaan (Full Show)
https://www.youtube.com/watch?v=U31W4A9drLU

★Eustace Mullins Money and the Conspiracy of Evil
https://www.youtube.com/watch?v=deMAuq7zZV0

★Eustace Mullins - The New World Order (Full Length)
https://www.youtube.com/watch?v=2h_V-ARe_nE

★Eustace Mullins ~ The Crimes of Israel
https://www.youtube.com/watch?v=nni9MIPTmfs

★Eustace Mullins - Secrets of The Federal Reserve (FULL)
https://www.youtube.com/watch?v=Ul3Iyq1i_30

★Eustace Mullins - Demonology of History (Full show)
https://www.youtube.com/watch?v=Ngl2cf3Xdfs

★Eustace Mullins - Adolf Hitler & the Central Banks
https://www.youtube.com/watch?v=JWcTAOjkEik






【悪辣・有害なプロパガンダを垂れ流すユダヤ・メディア】

★Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk

ユダヤの独占をもっともはっきりと見て取れるのが、テレビや映画の世界である。有害なユダヤのプロパガンダを、これほどしつこく世界に垂れ流しつづけるメディアはほかにはない。

映画はもともと、非ユダヤ人の事業として出発した。最初の偉大な映画監督は、『國民の創生』〔1915〕という傑作映画を撮ったデーヴィッド・W・グリフィス〔1875~1948〕である。グリフィスはまもなく、ニューヨーク七番街からやってきたロシアやポーランド出身の、英語もろくに喋れない仕立て屋あがりのユダヤ人映画屋の群れにより、押しのけられた。

その後のハリウッドには、グリフィスのように高潔な映画人はあらわれなかった。その代わり、映画制作者は、シュールバーグ、ゴールドウィン、メイアー、ザナック、コーエン、シャリー、そしてその他何百名というユダヤ人たちで占められるようになった。

最初の偉大なコメディアンは、非ユダヤ人のバスター・キートンや二人組のローレルとハーディであった。だがキートンはチャーリー・チャップリンのお陰で脇に追いやられた。

チャップリンはロンドンのチープサイド街出身のユダヤ人で、彼の喜劇の才能なるものは尻をゆっくりと観衆のほうに向け、わざとらしくひっかいて見せることらしい。これなどはチャップリンのジェスチャーのなかではまだしも上品な部類で、彼の芸は動物園で猿をじっくり見て学んだとしか言いようがない。ローレルとハーディはマルクス兄弟に取って代わられた・・・こうして挙げていけば際限がない。

ハリウッドの歴史
http://kabukachan.exblog.jp/21116852





「真のユダヤ史」ユースタス・マリンズ著
目次

序文:日本の読者の皆様へ

第一章:文明社会に寄生するユダヤという獣
・「ユダヤ問題」は2000年以上も存在してきた
・ユダヤに服従させられた政治指導者たち
・カエサルはローマをユダヤ人に売ったために殺された
・「イエスはユダヤ人である」と言う主張の持つ意味
・天国はユダヤ人を拒む
・なぜ著述家たちはユダヤ問題の根源を論じないのか

第二章:ユダヤ人の特殊・特異な生物学的特性
・多民族を簒奪して生き延びる寄生強盗民族
・非ユダヤ社会の指導者を意のままに操る
・国家に寄生し、歴史を捏造し、文明を破壊する
・ユダヤ人は自分自身に激しい軽蔑と憎悪の念を抱く
・人格分裂と狂気、そして裏切りをたくらむ習性
・詩人エズラ・パウンドが発見したユダヤ人管理方式

第三章:今はじめて明かすユダヤ民族の真の起源
・ユダヤ文明などというものは存在しない
・古代ユダヤ人は「川を越えてやってきた人殺し賊」
・ソロモンもダビデも血に飢えた盗賊である
・歴史家トインビーの決定的定義「ユダヤ人は化石民族である」
・エジプトに侵入した寄生集団、そして王国の内部崩壊
・エジプトでの王侯寄生生活とモーセの登場
・借用と剽窃(ひょうせつ)で成り立っている「偉大なるヘブライ文字」

第四章:古代四代帝国を崩壊させたユダヤ
・宿主に蔓延し、がん細胞のように侵食するユダヤ人
・古代から忌み嫌われていたバール神崇拝
・バビロニア帝国を崩壊させたユダヤ人捕虜
・隠れユダヤ王妃エステルに籠絡されたペルシャ帝国
・ギリシャ帝国破壊の歴史文書は消し去られた
・ローマ帝国の中枢を奪取したユダヤ寄生共同体
・「人間にあるまじき憎悪」がローマ帝国を襲う
・黄金積み出しの解禁とカエサル暗殺
・雄弁家キケロの演説文書が伝えるローマの秩序破壊

第五章:ユダヤの正体を見破ったイエス・キリスト
・偽証のために発明された「ユダヤ・キリスト教」という用語
・キリストはユダヤの真相を暴露、徹底糾弾した
・シオン長老団のイエス・キリスト抹殺謀議
・キリスト磔刑の「血の罪」を喜んで引き受けたユダヤ人

第六章:ユダヤの恐るべき宗教儀式の秘密
・現在も脈々と続く「生血を飲む祭儀」
・少年の血を飲み、ラビはサタンに永遠の帰依を誓う
・生贄となるのは7歳以下の白人の子供
・空の英雄リンドバーグの愛児はユダヤ儀式殺人の犠牲になった
・大詩人チョーサーが描いたユダヤ儀式殺人の物語
・ユダヤ系病院の幼児虐殺とイスラエルへの血液輸送
・傀儡への褒美、チェコスロバキア建国とマサリク大統領
・FBI長官フーバーのキャンペーンに秘められた裏の意図
・現代の猟奇! 血が全く残っていなかった子供の遺体
・未解決事件とステインフェルド医師の黒い履歴書
・儀式殺人に深く関与しているアメリカ政府機関
・刊行を禁じられたバルジャー神父の暴露的著作

第七章:ヨーロッパを内部から侵略したユダヤ
・中世ヨーロッパの歴史は、ユダヤに抵抗する歴史である
・徴税官として利用されたユダヤ人の強欲と残忍さ
・エリザベス女王と大女優リズに発現したユダヤ的特徴
・クロムウェル清教徒革命を利してのイギリス帰還
・ペストをヨーロッパに蔓延させたユダヤ人
・諸国追放の果てに逃げ込んだ楽園アムステルダム
・「死海写本」に記された「懲戒の指示書」
・悪徳の栄える犯罪国家を永続させるユダヤ法典
・詩人ハイネの述懐「ユダヤ教徒は宗教ではない、それは不幸である」
・自由を愛する非ユダヤ人、個人を憎むユダヤ人
・「タルムード」を読んだ非ユダヤ人は殺害される
・ユダヤ人悪逆非道の最残酷例「スペインの異端審問」
・命を賭けてユダヤに抗議したマルチン・ルター
・反ユダヤ人気質ポーランド人によるユダヤ人30万人虐殺
・新たなる寄生装置、世界初の中央銀行が大英帝国に誕生した
・ユダヤにコントロールされる証券取引所
・人材のドイツ、資金のイギリス、そしてフランスの惨状
・イギリス貴族を没落させ、ナポレオンを毒殺する
・ウィーン会議で決定された「ユダヤ人平等の保証」
・戦争はユダヤ商人の「刈り入れの時」である
・仕掛けられる世界大戦、始末されたアラビアのロレンス

第八章:共産主義はユダヤ・タルムードから生まれた
・共産主義は「ユダヤ集団主義国家の近代的な形態」
・主要な財源を供したイングランド銀行とフランス銀行
・まずは金融を支配し、次に共産党独裁政権を樹立する
・ゲットー独特の悪臭は共産主義の放つ臭い
・仕掛けられた恐怖、フランス革命の惨たらしさ
・ロシアの既成秩序打倒を策したユダヤ
・ベルンシュタインの柔軟路線とレーニンの強硬路線
・ロシア革命で2000万人のキリスト教徒が虐殺された
・射殺体となって発見されたユダヤ人暗殺犯のボス
・カガノヴィッチ一族の掌中に握られたスターリン
・ユダヤ人富豪のリーダー、イリヤ・エレンブルグの影響力
・タルムード的共産主義国家はサルの社会と同じである
・1956年10月、世界は核戦争の瀬戸際にあった
・ユダヤ人収監者を売って活動資金を手にしていた旧ソ連諜報部隊
・ガリシア系ユダヤ人による他のユダヤ人の冷酷無残な殺戮
・なぜユダヤ財閥はヒトラーを支援したのか
・二大政党制民主主義=両建て主義の巧妙な仕組み
・ナチスに同胞を売り渡したのは「シオン長老団」だった
・「600万人虐殺ガス室」は戦後に造られた施設
・敗戦国ドイツの資産で投資を回収したユダヤ実業家

第九章:ユダヤに完全支配されたアメリカ合衆国
・仕組まれた二大惨禍、南北戦争と大恐慌
・深く考えないアメリカ人はいつも金儲けのカモとなる
・白人が働き、ユダヤ人が所有し、黒人が楽しむ国アメリカ
・84%の税金を払う非ユダヤ人、84%の富を所有するユダヤ人
・ロックフェラーはロスチャイルド家のために働いた
・メイ・フラワー号移民はユダヤの魔手から逃れるためだった
・独立戦争鎮圧を進言した手配師モンテフィオーレとロスチャイルド
・ロスチャイルドは常に「双方」に手を回す
・米国の主権の終焉=連邦準備制度の完成
・奴隷解放をアメリカ分断に利用
・イギリス首相ディズレーリの大胆不敵な未来予測
・ユダヤ金融制度に挑戦して暗殺されたリンカーン大統領
・バーナード・バルークのアメリカ実業界制圧工作
・大恐慌によって69%の株式を取得した金融ユダヤ
・米司法省はユダヤ企業を見逃し、非ユダヤ企業を訴追する
・戦時公債を意のままにしたマイアーとバルーク
・悪辣有害なプロパガンダを垂れ流すユダヤ・メディア
・アメリカのビジネスは今やユダヤによって支配されている
・スラム街の黒人暴動は実は「反ユダヤ」暴動だった
・差別廃止論者の堕落した出自とメディア支配の手口

第十章:ユダヤの地球支配最終戦略
・ユダヤ式民主主義が米国の良き制度を破壊した
・瀉血術で命を奪われた初代大統領ジョージ・ワシントン
・マルクス・フロイト・アインシュタインの猛毒理論
・ユダヤ人の43%は入院加療を要する異常者というデータ
・絶対悪の化身=イスラエルの血塗られた建国史
・欧州ラビ緊急会議「あらゆる手段で第3次世界大戦を起こせ!
・ユダヤ民族が目指す「平和と豊饒の我らが一万年期」
・ラビ文書に激怒のスターリンはユダヤに毒殺された
・必要不可欠な知識、ユダヤ問題に関する4つの教訓

訳者解説:ユースタス・マリンズの人と業績 天童竺丸
・マリンズ来日公演の言葉
・エズラ・パウンドとの出会い
・マリンズの洞察-ユダヤ人の二生態「寄生」と「憎悪」
・ユダヤ人寄生の終焉と日本の使命
・ユースタス・マリンズ主要単行本著作目録


真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(1)
http://kabukachan.exblog.jp/18620027/


真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(2)
http://kabukachan.exblog.jp/18620040/


真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(4)
http://kabukachan.exblog.jp/18834504/


[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-20 23:50 | ユダヤ | Comments(0)

911テロ・テレビ画像捏造の決定的証拠「航空機の影がない」

★航空機が鉄筋コンクリートのビルの壁を突き抜けて中に入り込むことなどありえない。航空機は乗客を運ぶというその目的をうまく果たすアルミニウム製の骨組みに過ぎないのである。

一般人の言い方で言えば、これは航空機が急激に減速し、つぶれ、タワーの壁で爆発し、エンジンや着陸装置のような重量のある物体だけが壁面に穴を開けていたことを意味する。機体全体が外壁に滑り込み、ボーイング 767-200 型機と大体同じ形状、大きさをした大きな穴を残すことなどなかったということである。

★もしボーイング 767-200 型機がタワーに衝突していたのであれば、外側で爆発し、機体断片、主翼、尾翼…などを下の街路に振りまきながら、壁面を大きく内側に曲げていたことであろう。支柱にはある程度の被害があったであろうが、比較的軽量の機体部分が完全にタワーを貫通することなど実質的に不可能なことであろう。

★見えない航空機の影

911の犠牲者に捧げる

911影に光をあてて

多くの議論が911を取り巻いています。

臆病なアメリカの指導者を襲うテロリストの話をする人もいます。

政府が自分達の市民に対して、爆発物や遠隔操縦の航空機を使用して犯した内部犯行の話をする人もいます。

そしてさらには航空機は存在していなかったとの話しさえする人もいます。

私達がテレビニュース番組、新聞、インターネットで見たものは、CGI、コンピューター合成画像で捏造された航空機に過ぎないというのです。

もしこれが真実であれば、政府だけでなく、大部分のメディアもまた911に深く関与していたことになります。

https://www.youtube.com/watch?v=oCw51psnjrk

これは深刻な告発です。

http://www.youtube.com/watch?v=kJL91tfFJ9Q


★↓真実の映像(航空機は存在していない)

http://www.youtube.com/watch?v=B65M_smGewo&feature=related

[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-20 16:32 | 911 | Comments(0)

911テロのWTCに激突した飛行機の映像は捏造である

★日本国民は、マスコミとメディアに完全に洗脳されている。

★日本のマスコミとメディアは、アメリカのマスコミとメディアに完全に支配されている。

★アメリカのマスコミとメディアは、「ユダヤ」に完全に支配されている。

https://www.youtube.com/watch?v=oCw51psnjrk

①WTCのツインタワーと第七ビルは自作自演のために事前にしかけられた爆発物により倒壊した。
②WTCには一機目も二機目も捏造で一機も突っ込んでない。衝突したとされる飛行機は実際には離陸すらしてない。
③ペンタゴンは巡航ミサイルによるもので飛行機は突っ込んでない。
④93便は事前の計画通りアメリカ軍戦闘機による撃破。
⑤ビンラディンはアメリカとグルであったため犯行声明を出した。
すべての謎が解明されてはないが、これらはもう揺るがない事実と-確定していいだろう。
信じる信じないの問題じゃない。

★「WTCツインタワーに激突した飛行機の映像」↓ これはアメリカのメディア(ユダヤ)によるテレビ画像の捏造である。
http://www.youtube.com/watch?v=KZMKXAlY7Yw
http://www.youtube.com/watch?v=11Y2EWIB96s&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=9vIR0uaDSuA
http://www.youtube.com/watch?v=9twhhq6YIG8
http://www.youtube.com/watch?v=3ZRGMtvQ3eU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=yGd6uzkneOQ&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=3ZRGMtvQ3eU
↓これが真実のテレビ画像。
http://www.youtube.com/watch?v=dbRD7ki8h0k&feature=related

★↓の『・WTC北棟の崩壊(28秒) ・WTC南棟の崩壊(34秒)』のビデオを目を開いてしっかり見てみろ!これが爆破でなくていったい何なんだ。子供でもわかることである。
http://www5.pf-x.net/~gotama/index.html
[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-17 18:47 | Comments(0)

ロックフェラーはユダヤ人である

ロックフェラーはユダヤ人である。

ユダヤ人歴史学者マルコム・スターン氏の編集による、"Americans of Jewish Decent." は、10ポンドを超える重さのユダヤ人だけを対象にした本であり、アメリカの25000人のユダヤ人の個々人について書かれており、550部の限定出版であったそうです。そして、各冊にナンバーを振られたこの本が、ユダヤ社会のリーダーたちに配布されましたが、リーダーたちは、この本をマラノ、つまり隠れユダヤ人(アメリカ社会でキリスト教徒を装って暮らしてはいるが、隠れてユダヤの民族性と信仰を同族内では維持している。)と接触し、ビジネスを行う目的に使うというのです。そして、この本に、ロックフェラーが「隠れユダヤ人」として記載されているのです。

「15世紀までにユダヤ人はスペインに入り込んで、広大な土地を領有する地主階級になっていた。なかでもロックフェラー一族は、ユダヤ社会のプリンスとでも呼ぶべき高貴な一族であった。1492年にスペインの国王がユダヤ人を追放して、財産を没収したとき、ロックフェラー一族は、トルコに逃れた。副大統領だったネルソン・ロックフェラーの祖父は、一族がトルコからフランスに渡ったと認めている。ロックフェラーはキリスト教徒を装うことで、キリスト教徒とビジネスを行い、ユダヤが新大陸を支配する目的で、ロスチャイルドが内密に送り込んだマラノであった。」

「ネルソン・ロックフェラー副大統領がユダヤの末裔であることに最初に触れた書物は、The Thunderboltであり、彼がなぜユダヤ社会と密接に協力してきたのか、なぜ彼のニューヨーク市長当時の市幹部が上から下までユダヤ人だらけであったのかを、この本がようやく説明したのである。過去の彼のすべての選挙戦は、常にユダヤ人が主導し、ユダヤ社会の支持を得てきたのである。」

ゲイリーアレンの著書、「The Rockefeller File」にも、フランスのプロテスタント、Roquefeuilleがドイツに移民したときに、Rockefellerに改名したと一般には信じられているロックフェラーは、実は、ユダヤ人だったと明確に記載しています。

世界のユダヤ社会の帝王であるロスチャイルドが、米国を支配するために任命した支店長がロックフェラーとモルガンだった。今でも、ロックフェラーはロスチャイルドの代理人として、ブッシュを叱咤使役し、ユダヤ帝国のためにアメリカを動かしているということなのです。ブッシュは、マラノ・ロックフェラーを通じて世界を支配するユダヤ大帝国の指揮下にあるのです。(ブッシュ自身もまた、マラノ・ユダヤ人である可能性が非常に強いと分析します。ブッシュ以外にもマラノ・ユダヤ人である疑いの濃い人物がたくさんいます。チェニーやラムズフェルドがそうです。ブッシュ政権には、ユダヤに無関係な人物はほとんどいない様子です。)
[PR]
by kabu_kachan | 2012-11-17 10:34 | ユダヤ | Comments(0)