「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アメリカの貴族階級

読者は、アメリカには「王族」は存在しないと脳天気に信じてはいないだろうか。悲しいかな、多くのアメリカ人は、アメリカにも独自の「王族」とそれを取り巻く「貴族階級」が確かに存在していることに、まったく気づいていない。
だがどれほど疑い深い人でも、こうしたメンバーの家系図をざっと見ただけで、納得せざるを得なくなる。試しにジョージ・ワシントンの家系が、イギリスのエリザベス女王とどうつながっているかを見てみるがいい。ディラーノ一族やルーズベルト一族の血統もそうだ(ちなみに、ディラーノ一族の方がルーズベルト一族よりもはるかに重要なのだが、それはこれから見ることにする)。
ディラーノ一族には、非常に関心をそそられる。アメリカの他の多くの「貴族」と同様、イギリス東インド会社(BEIC)による中国とのアヘン貿易によって富を築いたこともその理由だが、それ以上に、自分たちの姿を隠し、人目につかない存在でいるのが非常に巧(うま)いからである。
ロンドン大英博物館にあるイギリス系図記録によれば、イギリスの国王および女王は、ウィリアム征服王に始まり、ヘンリー1世、2世、3世と続き、さらにエドワード1世、2世、ヨーク公リチャード、ケンブリッジ伯リチャード、エドワード4世以下へとつながっている。ディラーノ一族は、アメリカにいるイギリス王室の縁者のなかでも、もっとも初期からの家系である。
その姓は「ディラーノ」に落ち着くまでに二度、変わっている。まず1319年のヒューズ・デ・ラノイから始まり、フィリップ・デ・ラノイ(1621年)までこれが続き、そのあと、デ・ランドに変わった(ジョナサン・デ・ランドおよびトマス・デ・ランド)。
つぎに出てきたのが、本章に直接結びつく姓で、マサチューセッツ州ダートマスにおいて、ディラーノと登録されている。これがウォーレン・ディラーノ大尉で、のちに出てくるサラ・ディラーノが、ジェームズ・ルーズベルトと結婚した。このようにディラーノの血筋をたどると、ヘンリー2世に直接つながっていることが、簡単にわかる。
ジョージ・ワシントンはというと、ケント伯エドマンドから系図が始まり、サルグレイブ領のローレンス・ワシントン、1650年にアメリカに向けて船出をしたジョン・ワシントン大佐、ローレンス・ワシントン大佐、オーガスティン・ワシントン大尉、そして初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンへと続いている。
ワシントン家の血筋は、現在のイギリス女王にもつながっている。こちらは、エドワード2世、4世、スコットランド女王メアリ、ジョージ1世、2世、3世、それからヴィクトリア女王、エドワード7世、ジョージ5世、6世、そしてイギリスの現君主エリザベス女王へと続いている。
ルーズベルト家の家系図はあまりに広範囲にわたっているので、ここにすべてを記すわけにはいかないが、ディラーノ一族やアメリカの多くの「王族」との関係を示すために、簡単な説明は必要だろう。調査の過程で、国防長官リチャード・チェイニーが、ウィリアム・H・タフトとエリザベス・チェイニーを通じてルーズベルト家と縁続きだとわかったことも、非常に興味深い。
アメリカでのチェイニー家は、ジョセフ・チェイニーとマーガレット・チェイニーから始まった。わたしは、チェイニーが国防長官に就任したときから、どこかで「王族」とつながりがあるに違いないと考えていたが、膨大な調査の結果、やはりそうだったことがわかった。ブッシュと「王族」との関係は、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュの母親を通じてのもので、彼女がディラーノ家の一員だったことによる。
アメリカ合衆国の「王族」は、全部とまでは言わないが、その大半が、アメリカの東および北東の海沿いに住み着いた。これはジョージ・ワシントンにも当てはまる。ワシントンは終生、その傲慢な物腰を崩さなかったが、それは「王家の」血筋の成せる業(わざ)だと言われている。ワシントンにとって、縁者にあたる国王ジョージ3世と戦うのは苦しいことだったに違いない。
ワシントン、ジェファーソン、ベンジャミン・フランクリンがフリーメーソンであったかどうかについては、いまだに議論の的である。たしかに真実かもしれないが、ワシントンの場合は、どうもつながりがはっきりしない。ただ、ここで考慮すべきは、当時の「メーソンリー」は必ずしも、わたしたちが知っているような、アメリカに対して叛逆行為を行なうフリーメーソンリーだったわけではないという点だ。もちろん、すでに「軍隊的メーソンリー」だったとも考えられるが、本章はメーソンリーがテーマではないので、この話はここまでにしておく。
ただ、アメリカの「王族」は、自分たち以外の階級とはめったに婚姻関係を結ばないということだけは言っておこう。これは、イギリスの祖先のやり方を真似たものだが、したがって、すべての人間は平等だとするこの国で、硬直した、厳格な階級制度が存在するということになる。わたしたちは、すべての人間が文字通り平等だという愚かな考えを、さまざまな「平等な」法律を使って浸透させようと努力してきた。この考えがもっとも実行されていないのが、アメリカの「王族」社会なのである。

『秘密結社全論考㊦』(ジョン・コールマン著 太田龍訳)より引用。

ジョン・コールマンについて
http://www.youtube.com/watch?v=Nrevp2zxNa4





[PR]
by kabu_kachan | 2013-10-29 00:39 | 世界の支配者 | Comments(1)

ロスチャイルド一族の日本占領

ロスチャイルド一族、日本をとる。 by Clifford Shack

アメリカ&フランス革命と同様、第一次、第二次両次世界大戦は、大西洋両岸にあるイルミナティ・ロッジ内部のエリートフリーメーソン達によって画策された。

イルミナティの4つの最初のロッジのうち、 一つは、サバティアンでサバタイ・ツヴィのメシア的玉座への要求者、ヤコブ・フランクによって組織された。

フリーメーソン組織の中核にある、この特に影響力のあるロッジに属していたのが、ロスチャイルド銀行家一族のメンバーである。

ロスチャイルド一族は、第二次世界大戦の政治的役者に繋がっていた。

連合国への彼らの影響力は、フランクリン・D・ルーズヴェルトとウィンストン・チャーチル(参考)に対する繋がりを通して探られてきた。

彼らの中立国に対する影響力は、彼らのバチカンに対する繋がりを通して探られてきた。

彼らの枢軸国にたいする影響力は、ヒトラーとスターリンに対する繋がりを通して探られてきた。

しかし、日本についてはどうだろう?

どのようにして、第二次世界大戦に巻き込まれるように、日本人をうまく処理したのか?

彼らの参戦が、本当にロスチャイルド一族とイルミナティへの密接な繋がりを保証するか?

ロスチャイルド一族と彼らの秘密の同胞達はいかにして日本人への覇権を確立したのか?

その答えは、至って単純です。

19世紀、フリーメーソン組織が日本国内に十分な侵入を確立した後に、将軍の幕府を倒し、日本をフリーメーソン組織の管理下に置く時が来たと決断した。

ロスチャイルド達は、マシュー・カルブレース・ペリー 提督を横浜へと送ったであろう。

歴史によると、ミラード・フィルモア大統領がペリーを日本に送った。なんらかの超国家的秘密権力ではなくて。

それはそうだろう。

ロスチャイルド一族、サバタイ・ツヴィ、ヤコブ・フランク、フリーメーソン組織、そしてイルミナティは、学校の子供たちにはちょっとばかり消化しにくい。

その問題に関しては、どんな年齢の学生にも随分余計だ。

ペリー遠征に対するロスチャイルドの繋がりはどこにあるのか?

単純です。

ペリー提督は、アメリカにおけるロスチャイルド代理人、オーガスト・ベルモントの義理の父だった。

オーガスト・ベルモントは、ロスチャイルド家イタリア・ナポリ支店のカール・マイヤー・ロスチャイルド男爵の非嫡出子だった。

オーガスト・ベルモントはキャロライン・ペリーと1849年11月7日結婚した。

1852年1月中旬までに、その提督は「ワシントンに行き海軍長官に遅延なく報告する」ように求められた。

彼は、オーガスト・ベルモントが彼の[育ての]父親に書いたように、「平時に一人のアメリカの提督にそもそも指定された最大の艦隊に対する大変名誉ある尊敬すべき指揮権を有していた。すなわち、彼は6隻の戦艦を率いて東インド、中国、そして日本に行く。そして、その艦隊の司令官であることに加えて、外交上の任務も有している」 -日本を西洋との貿易へと開国させるために。

ベルモントの家族、ハーグ、約1854年。 (左から右へ)
イザベル・ペリー、オーガスト・ベルモント、ペリー・ベルモント、
キャロライン・ベルモント、フレデリカ・ベルモント、ジェーン・ペリー、
オーガスト・ベルモント・ジュニア、マシュー・カルブレイス・ペリー 。

オーガスト・ベルモント

ベルモントの義理の父、マシュー・カルブレース・ペリー提督、 1853。
[PR]
by kabu_kachan | 2013-10-26 13:18 | Comments(0)

ロスチャイルドの「世界革命行動計画」

「宗教と秘密結社と戦争」から引用。

25カ条の「世界革命行動計画」

1773年、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが30歳の時、 フランクフルトに12人の実力者を招いて秘密会議を開いた。

初代ロスチャイルドは、その会議で全世界に対する絶対的な支配権を手中に収めるための 「25項目の行動計画書」から成っている「世界革命行動計画」について述べた。

以下はその要約だが、その後のロスチャイルドは、まさにこの計画を忠実に実行していった。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド
「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」

25カ条の世界革命行動計画

1. 人間を支配するには、暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。 権力は力の中に存在している。

2. 政治権力を奪取するには「リベラリズム」を説くだけで十分である。 そうすれば有権者は1つの思想のために自らの力、特権を手放すことになり、 その放棄された力、特権をかき集めて手中に収めればいい。

3. 「金の力」はリベラルな支配者の権限を奪取した。 「自由」が「信仰」に置き換えられても、大衆にはどのようにして自由を享受すればいいのかわからない。 「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさせることも可能だ。 そして勝者は必ず「我々の資金」を必要とするだろうから、計画さえ成功すれば、 既存政府が内敵に破壊されようが外敵に破壊されようが、それは重要問題ではない。

4. 道徳律によって支配を行なう支配者は、自ら攻撃にさらされてその地位を追われかねないので、 熟達した政治家とは言えない。 最終目標に到達するために利用されるありとあらゆる手段を正当化できる。 率直さや正直さといった国民としての立派な資質は政治に支障をきたすから、 支配となろうとする者は狡賢さ、欺瞞に訴えなければならない。

5. 我々の権利は力の中にある。私が見出している新たな権利とは、強者の権利によって攻撃する権利であり、 既存秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する権利であり、 リベラリズムの中で自発的に放棄された権限に対する権利を我々に委ねた人々の主権者となる権利である。

6. 我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、 表面化しないよう保たれなければならない。 戦略計画の基本路線から逸れることは「何世紀にも及ぶ営為」を無にする危険性がある。

7. 群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。 暴徒の力は無目的で、無意味で、論拠を持たないために、いかなる側の提案にも影響される。 独裁支配者だけが暴徒を有効に支配できる。

8. 酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、 諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。 賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

9.そうすることで服従と主権を確保できるなら、何がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分達にはある。平和的征服の道を進む我々の国家は、盲従を生じさせる「恐怖」を維持するための目的に適う方策で置き換える権利を有する。

10. 我々は「自由・平等・博愛」という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。 今日に至るまで、この言葉は愚かな人々によって繰り返されてきた。 ゴイムは、賢者であると自称する者さえ、難解さゆえにこの言葉を理解できず、 その言葉の意味とその相互関係の対立に気づくことさえない。 これは我々の旗を掲げる軍隊を我々の指示と統制のもとに置く言葉である。 「自由・平等・博愛」のための場など自然界に存在しない。 ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。 それは我々の拠りどころ、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

11. 自ら戦争を誘発しながら、敵対するどちらの側にも領土の獲得が生じない和平会議を主導しなければならない。 戦争は対立する双方の国家がさらに負債を抱え込み、我々の代理人の手中に落ちるよう主導されなければならない。

12. 財を活用して、我々の要求に素直に従い、我々のゲームの駒となって、 正規の助言者として政府を陰で操ることを我々から任じられた学識と独創性を備えた人物に すぐ利用され得る候補者を選ばなければならない。 助言者として我々が任じる人物は、全世界の出来事を支配するために、 幼い頃から我々の考えに沿って育てられ、教育され、訓練された人物にすべきである。

13. 誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、 自らは姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。 そして、プールした金を活用し、大衆への情報の出口すべてを支配すべきである。

14. 状況が悪化し、貧困と恐怖によって大衆が支配されたときには、常に代理人を表舞台に立たせ、 秩序を回復すべきときが来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲となったと解釈されるよう、 ことを進めなければならない。 計算済みの恐怖支配が実現した時点で、犯罪者や精神異常者を処刑すれば、 我々自身を抑圧された人々の救世主、労働者の擁護者として見せかけることができる。 実際のところ、我々の関心は正反対で…減らすこと、すなわちゴイムを殺害することにある。

15. 我々の力を行使すれば、失業と飢えがつくりだされ、大衆にのしかかる。 そうすれば、自然発生的貴族社会にかつて与えられた以上に確実な資本の支配力が生じる。 代理人に暴徒を支配させることで、「暴徒」を利用して、行く手を阻むすべての人間を一掃することは可能である。

16.フリーメーソンへの潜入については、自分たちの目的はその組織および秘密厳守のフリーメーソンから 提供されるものはすべて利用することである。 ブルー・フリーメーソン内部に自らの大東社を組織して破壊活動を実行しながら、 博愛主義の名のもとで、自らの活動の真の意味を隠すことは可能である。 大東社に参入するメンバーはすべて、勧誘活動のために、 そしてゴイムの間に無神論的唯物主義を広めるために利用されなければならない。 全世界を統治する我々の主権者が王座に就く日が来れば、 この同じ手が彼らの行く手を遮る可能性のあるすべてのものを払いのけることだろう。

17. 代理人は仰々しい言い回し、大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。 大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。 約束された事と反対の事は、のちになれば常におこなえる。 「自由」と「解放」という言葉を使えば、ゴイムを煽って愛国心を駆りたて、 神の掟、自然の掟に逆らってでも戦うという気にさせることができる。 我々が支配権を得たら、神の名そのものが生きとし生ける者の辞書から消し去ることになる。

18. 恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

19. 政治・経済・財政の助言者の仮面をかぶった我々の代理人が、 国家的および国際的出来事の背後に潜む“秘密権力”の正体が暴かれるのではないかと心配することなく、 我々の命令を実行できるよう、すべての戦争のあとには、秘密外交が主張されなければならない。 秘密外交によって、我々の代理人が関わらないかぎり、 諸国家は些細な個人的取り決めさえも結ぶことができないような支配権が確保されなければならない。

20. 最終目標である世界政府に到達するためには、大規模の独占、 すなわちゴイムの中でも最も富ある者さえ我々に頼るほど、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう。 ここにお集まりの皆さんは、経済通でいらっしゃるから、 こうして協力することの意味をあっさり計算されることと思います。

21.ゴイムからその不動産、産業を奪うため、経済的な国家利益および投資に関する限り、 重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。 国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。 つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める組織的煽動運動の普及、 競争者の助成によってそれは実現できる。 賃金の増加で労働者が潤うことが決してないよう状況を管理しなければならない。

22. 最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、 プロレタリアートの大衆が残ればいい。 ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武装増強が開始されなければならない。

23. 世界統一政府のメンバーは独裁者によって任命され、 科学者、経済学者、財政専門家、企業家、大金持ちの中から選出される。 実質的には万事、数字(カネ?)で解決がつく。

24. 代理人はその誤りを我々が承知している理論、原則を教え込むことで、 社会の若年層の精神を惑わせて腐敗させる目的で、 あらゆる階級、あらゆるレベルの社会、政府に潜入しなければならない。

25. 国家法および国際法については、いずれも変えるべきではなく、歪曲して最初はその法を覆い隠し、 やがては見えなくさせるような否定的解釈を行なうだけで、 現状のまま利用しつつ、ゴイムの文明を破壊しなければならない。 我々の究極の目的は法を調停で置き換えることである。 我々に対してゴイムが武装蜂起するのではないかと、皆さんはお考えになるかもしれませんが、 我々は西ヨーロッパにおいて、どのような強者さえ縮み上がるような恐怖の組織を持っています。 危険に脅かされないうちに、こうした組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。
[PR]
by kabu_kachan | 2013-10-11 20:35 | ユダヤ | Comments(0)

ロスチャイルド家(✡)について

『大いなる秘密㊤』(デーヴィッド・アイク著 太田龍訳)より引用。


★David Icke - Rothschild Zionism | They Dare Not Speak Its Name
https://www.youtube.com/watch?v=0xe5cQDIbMs


★Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk

ロスチャイルド家について語りたい。間違いなくロスチャイルド家は、コーカサス山地のカザール帝国からやって来たレプタイル・アーリアンの一派である。ロスチャイルド家の主要メンバーは、レプティリアン(爬虫類型異星人)の純血腫だ。彼らは、意識的に人間の外見をとっているだけなのである。


https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

Khazars full video
https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

Forbidden Knowledge - History of the Khazar Empire - Lecture by Jack Otto
https://www.youtube.com/watch?v=5TVd8ovSPl4

The Khazarian Conspiracy: Fake Jews of the Synagogue of Satan!
https://www.youtube.com/watch?v=tE7S4uYAEAs

The Hidden History - The Khazar Empire
https://www.youtube.com/watch?v=k2oW63XkBhw

Get this! 90% of Proclaimed Jews are not Jews at all (KHAZARS Exposed)
https://www.youtube.com/watch?v=DoCNZWIgP7w

Texx Marrs Khazar Fake Jews And The Coming Destruction Of Israel
https://www.youtube.com/watch?v=qsbSVtxS83c

Khazar : Secret Ruling Empire of The World Exposed : Sheikh Imran Hosein
https://www.youtube.com/watch?v=b6rEts1BuN8



彼らロスチャイルド抜きに金融操作の実態を語ることなど、とうてい不可能だ。今日もなお世界操作の中心であり続けるロスチャイルドは、もとの名をバウアーと称し、その名をロスチャイルドへと変えた18世紀当時はフランクフルトをその拠点にしていた。ロスチャイルド一族については『・・・そして真理があなたを自由にする』のなかで詳しく述べているが、ここで再び簡単にまとめておこう。それはロスチャイルド家が例のアジェンダのなかで非常に重要な役割を占めているからだ。
ロスチャイルド金融王朝を創始したのは、メイヤー・アムシェル・バウアーという男であった。レプティリアンの一族は、自らのルーツを隠蔽するために、しばしばその名前を変えることがある。称号を利用するのもそのためだ。やがてバウアーは、ロスチャイルド(赤い盾)へと、その名を変えた。フランクフルトにあった彼の家のドアには、「赤い盾」の看板がぶら下がっていた。ロスチャイルド(rotes schild=赤い盾)の名は、それにちなんでつけられたものだった。


古代ブラザーフッドの時代から、赤は革命を象徴する色であった。ロシアの革命家たちが「赤」と呼ばれていたのは、実はこれに由来するものであった。その赤い盾の上には、六芒星(✡)が招かれていた。これは「ダヴィデの星」「ソロモンの紋章」と呼ばれるもので、現在はイスラエルの国旗にもなっている。多くの人々はこれをユダヤ人のシンボルだと思っているが、それは真実と違う。現在のテル・アヴィヴに1200年前に建てられたイスラム寺院の床の上にも、その六芒星(✡)は発見されている。ユダヤ人作家、O・J・グラハムは、その著書『六芒星』のなかで、次のように述べている。


「・・・その六芒星は、古代エジプトの儀式で使われ始め、フェニキアへと伝わって女神アシュタルテやモレク神の象徴となった。それはアラブの魔術師やドルイドやサタニストたちによって受け継がれ、16世紀のカバラ主義者アイザック・ルーリアを経て、メイヤー・アムシェル・バウアーへと伝えられた(バウアーは、トレード・マークの『赤い盾』にちなんで、その名を『ロスチャイルド』へと変えたが、この『赤い盾』に描かれていたのが、この『六芒星』である)のだった。さらにそれはシオニズムのシンボルとして利用された。そして、新たに建国されたイスラエルの国会において、イスラエルの国旗に採用された。赤十字に相当するイスラエルの医療機関のシンボル・マークも、この六芒星である」

このようにロスチャイルドの名は、古代異教の象徴に由来するものなのだ。その象徴が示しているのは、古代エジプトより伝わる人身供犠の神モレク(ニムロデ)である。六芒星(✡)がユダヤの象徴として使われるようになったのは、ロスチャイルドが登場してからのことである。この六芒星は、ユダヤの指導者としての「ダヴィデ王」とはなんの関係もない。その六芒星がイスラエルの国旗で使われているのは、イスラエルがロスチャイルド(および彼らに指令を下すさらに上層に位置するブラザーフッド)のものであることを示している。

イスラエルはユダヤ人の国ではない。イスラエルはブラザーフッドによって作られ、今も彼らによってコントロールされている。ところで救世軍(19世紀後半に組織されたプロテスタント系の軍隊式福音伝道団)は「赤い盾」の紋章を使用しているが、これはロスチャイルドの意向によるものである。

https://www.youtube.com/watch?v=GpdnbNUTXf4



イディッシュ語スラブ系説[編集]

通説によれば[要出典]イディッシュ語ライン川地方に起源をもち、変形したドイツ語を基礎に、スラブ諸語ヘブライ語アラム語ロマンス諸語からの借用語を交えたものとされてきた。

1993年、テルアビブ大学の教授である言語学者ポール・ウェクスラー (Paul Wexler) はイディッシュ語がスラブ系言語に起源を持ち、後にドイツ語の語彙を取り入れたものであることを示し、東欧のアシュケナジムはユダヤ教に改宗したスラブ系およびトルコ系民族にごくわずかの中東系ユダヤ人が合流したものであるとする『The Ashkenazic 'Jews': A Slavo-Turkic People in Search of a Jewish Identity』を発表している。

ポール・ウェクスラーの説は、12世紀以前にユダヤ人との接触やキリスト教化への反発を背景に、ユダヤ教に改宗したスラヴ人がアシュケナジムの主体となったと説明しており[27]、ハザール起源説と言うよりスラヴ起源説の色がある。



★(注)「レプティリアン」をどう解釈するかは、あなたの頭脳の歴史に対する洞察力次第で変わる。ちなみに、エーリッヒ・フォン・デニケン氏は、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたという説を40年前から唱えている。この「古代宇宙飛行士説」は現在有力になりつつある。現在、ヒストリーチャンネルで放映している。





[PR]
by kabu_kachan | 2013-10-07 00:37 | ユダヤ | Comments(0)