<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

リチャード・コシミズ氏の金言


ロスチャイルドの孫のヒットラーとロスチャイルドの息子のスターリンが、戦争ごっこをやった。
それに、ロスチャイルド家の老中、チャーチルとロックフェラー家の執事、ルーズベルトが加わった。
ロックフェラーにいいように使われた日本が敗戦で疲弊した。
それが第二次世界大戦だったと証明される日が来ることを私は待ち望んでいる。


(リチャード・コシミズ氏より引用)

https://richardkoshimizu.wordpress.com/

   ☟
世界の真実を語る リチャード・コシミズ
http://kabukachan.exblog.jp/23188210/
★アドルフ・ヒトラー(ヒットラー)の正体
http://kabukachan.exblog.jp/26013882/




http://www.youtube.com/watch?v=Va2nw5iWERM

http://kabukachan.exblog.jp/21025434

★第二次世界大戦とは、ユダヤ人以外の民族をお互いに戦わせて、非ユダヤ人たちを絶滅させるための、ユダヤ人が仕組んだ猿芝居ではなかったのか?

ヒトラー(ユダヤ人)が、なぜユダヤ人が支配しているソ連を攻撃したのか?
ユダヤ人にとっては、どちらが勝とうと大した問題ではなかった。実際、戦って殺しあったのは非ユダヤ人同士であった。

ヒトラーに西ヨーロッパのユダヤ人を一箇所(収容所)に集めさせておいて、ユダヤ人のいなくなったドイツやイタリアの各都市をアイゼンハワー(ユダヤ人)の指揮する連合国軍は徹底的に空爆した。死んでいるのは非ユダヤ人たちである。

太平洋戦争で、ルーズベルト(ユダヤ人)は日本本土空襲を徹底的に行なって非ユダヤ人である日本人を大量殺戮した。

そして、強制収容所で病気や飢餓で死んだユダヤ人を悲劇の主人公にしてイスラエルというユダヤ国家を建国した。

★これが第二次世界大戦の真相である。


http://www.youtube.com/watch?v=FgsF3jl-xb4


★そして大切なことは、今の米国政府を牛耳り、また、イスラエル国家を建国し、世界制覇を目論む「偽ユダヤ人」はアシュケナジー(ハザール帝国の末裔)であることを知ることだ。

https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

https://www.youtube.com/watch?v=GpdnbNUTXf4

 何故、ユダヤ人が迫害されるかは、この悪魔の聖典「タルムード」にありそうだ。
偽ユダヤ人の多くが日本に強い関心を示し、「日ユ同祖論」を語るなど親近感を寄せることがあるが、安易に気を許してはならない。


★偽ユダヤの悪魔の聖典「タルムード」では、
 
①ゴイムには嘘を教えて惑わせよ。→(アメリカのマスコミの嘘)

https://www.youtube.com/watch?v=WHI28jM1mKg

https://www.youtube.com/watch?v=6vFpkNMMaQo

https://www.youtube.com/watch?v=G2jmhIwWSqM

②ゴイム文明を破壊せよ。→(黒人奴隷とアメリカインディアンの絶滅)

https://www.youtube.com/watch?v=2MALXstNvXE

https://www.youtube.com/watch?v=w8p83kVxH8Q

③ゴイム同士で争わせよ。→(第二次世界大戦と日中戦争)
 
 と言われているそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=6aFAw0i-lJQ

http://kabukachan.exblog.jp/18620027/

http://kabukachan.exblog.jp/18620040/


★下の動画の中ほどに、阪神大震災と東日本大震災が<人工地震>であることの証拠となる<地震波形>が出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=XOmqFQhVdBI#t=11


★この画像 ↓ が『阪神淡路大震災の地震波形』である。


地震波形が突然、削除されました!


↑画像の②が核爆弾による人工地震の波形。③が自然地震の波形です。 自然の地震は必ずP波とS波がある。

https://www.youtube.com/watch?v=5GrztPIGTW4&list=PLA749FE80F7A79133

★もう一度、よ~く見ていただきたい。

これが自然地震の地震波形であろうか?



やはり、阪神淡路大震災にも核爆弾が使われたのだろうか?

阪神淡路大震災の震源地は、明石海峡大橋の真下である。
明石海峡大橋は「謎の企業ベクテル社」が建設している。

この会社は世界中いたるところで「ベクテルあるところに地震あり」と呼ばれているほどであり、工事の際に核爆弾などを日本中のあちこちに埋めているといわれています。

04
※自然現象でありえない、同時2箇所の震源

「阪神・淡路大震災」の地震の波形データを詳しく分析すると、わずか1秒間のずれで2つ大きな地震が発生していたようであり、これは自然地震ではありえない現象のようです。

そのため、2つの震源地が同特に活動を開始したのは「地中の爆破が2発連続して行なわれたからであり、ベクテル社が明石海峡大橋工事のときに起爆物をあらかじめ埋めておいたからではないか?」という疑惑が出ています。

03
※海ほたるパーキングエリア

そして、ベクテル社が関わっている日本の大型建設工事としては、東京湾に浮かぶ「海ほたるパーキングエリア」も有名であり、これから先に起こる可能性の高い首都直下型地震は、ここがターゲット(震源地=爆破)になるのではないかと噂されています。

01

というより、噂ではなく実際にすでに狙われていたようであり、311の後に連続して海ほたるを震源地とした同じ地震が発生しており、その主犯であるロックフェラーは、311の勢いのまま東京も沈めようと企んでいたが失敗したとも云われています。


下図の上は、気象庁が観測した北朝鮮の核実験の人工地震波形。
下は2002年(平成14年)に北朝鮮で発生した自然地震の波形です。(気象庁提供)


気象庁によると、12日午前11時57分ごろ、北朝鮮でマグニチュード(M)5・2の地震を観測した。地震津波監視課は「地震の波形からして自然の地震ではない可能性がある」として、データの分析を進めているという。  
同課によると、北緯41・2度、東経129・3度の北朝鮮北東部が震源で、震源の深さは0キロとみられ、震源は海上ではないとみられる。


自然地震の場合、観測する地震の波形は小刻みな揺れから大きな揺れに推移するが、地下核実験による震動は最初から振れ幅が大きいという。今回の波形は最初から大きな揺れを示したとみられる。


平成21年5月に実施された前回の北朝鮮による核実験では、同様に北朝鮮北東部が震源で、推定Mは5・3と同程度だった。


★ちなみに、以下は3.11東日本大震災のときの地震の波形です。



北朝鮮の人工地震波形と同様、余震などの前兆がなく突然地震が起きています。


★人工地震を発生させるのに、一個の核爆弾だけを爆発させて引き起こしても、その地震波形を見れば、人工地震だとすぐにばれてしまうので、奴らは、2個なり3個の核爆弾を数秒間の間隔で、連続して爆発するようにあらかじめ仕組んでおくのである。

阪神淡路大震災は、2個の核爆弾を連続して爆発させて引き起こしたものであり、東日本大震災は、3個の核爆弾を連続して爆発させて引き起こしたのである。


自己紹介

平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。



[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-24 12:59 | ユダヤ | Comments(0)

パレスチナ問題の真相

パレスチナ問題の根本的な原因から行きましょう。

イスラエルと言えばユダヤ人と思いますね。
さて、ユダヤ人とは何でしょう?
①アシュケナージと②スファラディと2つのユダヤが存在しています。
古代イスラエル人は私たち日本人と同じアジア人です。

アメリカにいる多くのユダヤ人といわれる人たちをみてどのように思いますか?
白人ですよね。

現在「ユダヤ人」の定義というのは血統や、血族、民族を意味するのではなく、ユダヤ教徒を意味しています。
(が、しかしこれは①のユダヤ人の陰謀なのです。)オバマももちろんユダヤ人です。

古代イスラエルからの民族的な意味でのユダヤ人は②スファラディと言われるユダヤ人です。
①のユダヤ人は11世紀ころ蒙古によって滅んだカザール(ハザール)帝国の末裔で、いわゆる偽ユダヤと言われる人たちです。

現在中央アジアにカザフスタンという国がありますが、ここがかつてのカザール帝国のなごりをとどめています。
イスラエルの地とは縁もゆかりもない人たちなのです。

1948年にイスラエルが建国されましたが、それは偽ユダヤのユダヤ国家なのです。

たとえばあなたの家にある日突然、機関銃を持ったやつがやってきて、「こら、おまえら!ここはな2000年前に我らの祖先が住んどったとこじゃ、どけや!」と言って、どかどか入ってこられたらどうですか?

しかも、確かに2000年前誰かが住んでいたのは間違えないけれど、その人たちとは縁もゆかりもない人が、「そこに住んどったのはおれや!」と言っていたとしたらどうします?

まさにパレスチナ問題とはそういう事なのです。
住んでる人を追い出しておいて、実は全くの他人。
日本的に表現すると「かたり」と呼ばれる詐欺行為です。

さて、ではなぜ世界はそれを容認したかですが、表向き第二次世界大戦で600万人もの①のユダヤ人がホロコーストにあったと歴史はねつ造されました。
話がややこしくなるので、ここではねつ造された歴史を事実と仮定してお話を進めます。

「私たちはドイツによって600万もの同胞を殺された。」と世界中の同情を買いました。
そういう意味ではヒトラーは現代イスラエルの建国の父といってもよいでしょう。

また、聖書に「いずれイスラエルは建国される。イスラエルを祝福するものには祝福され、祝福しないものは祝福されない」といった内容のくだりがあるのですが、この言葉に従って世界中のキリスト教徒はもろ手を挙げて祝福したのです。

また、もう一つの社会的背景として、世界の中心をユダヤ人が掌握していたという事が大きな理由でしょう。
イギリスもアメリカも今ほどではないにしても、首相、大統領、側近たちはユダヤ人でした。
ソビエトのスターリンもトロッキィもマルクスもユダヤ人です。

ソビエト建国時、ロシア新政府の人民委員会の構成をみると、384名中黒人2名、ロシア人13名、中国人15名、アメリカ人22名、他はユダヤ人で構成されており、そのユダヤ人のうち、264名は帝国政府崩壊後アメリカからロシアに渡ってきたユダヤ人という記録が残っています。

このように世界の中枢をユダヤが独占している訳ですから、当然と言えば当然の結果としか言いようがありません。

ドイツによるホロコーストに関しては、これが史実という事がイスラエル建国の重要なポイントになっていますから、あったとかなかったとか論議する事自体、世界のタブーなのです。

正面切ってこれに触れたのはイランのアフマデネジャロだけでしょう。
「ホロコーストはあったかもしれないし、なかったかもしれない。しかし多分なかっただろう。」

ホロコーストが無かったという証拠はたくさんありますが、あったという証拠はありません。
論ずることさえ禁じられ、ドイツではこれに触れると懲役5年、隣国オーストリアでは懲役3年。

良く考えてみてください。
600万人を4年で殺戮すると1年間に150万人。
年中無休で殺戮し続けても1日4100人も死んでいる事になります。
日本以上に石油がないドイツで、血の一滴の石油を遺体処理に使いますか?
来る日も来る日も4100人づつですよ。

しかも毒ガスで?
頭おかしいんじゃないですか?
殺戮したあと一体誰がガスを抜いて、毒ガスにまみれた遺体をどうやって処理するんですか?
来る日も来る日も4100人も。
年中無休でですか?
あの質実剛健で合理的なドイツ人がそんな事しますか?

煙突のあるガス室の写真を観た事がありますか?
あの建物は戦前は煙突がありませんでした。

戦後、史実をねつ造するために作られました。

ヒトラーのおじいさんはソロモン・ロスチャイルドと言われています。
ユダヤの頂点ロスチャイルド家直系の孫に当たります。

話は途中ですが字数が限界です。
では。

回答はここで終わっていますが、少し続きをお話しさせてください。
スターリンはエドモンド・ロスチャイルドの隠し子ではないかとささやかれています。
そういえば、クリントンはウィンスロップ・ロックフェラー(デビットの上の兄)の隠し子でしたね。

流浪の民族が国を持ちたいという願望は確かにあるでしょう。
しかし彼らは金融ユダヤ人として世界中で成功していました。
わざわざ「国」という有形のものが必要だったのでしょうか?

ないよりは有った方がいいのは当たり前の事ですが、建国にこだわった理由は「聖書」にあるでしょう。

「イスラエルは再び建国される。」「ヨーロッパが一つになる。」「最終戦争。」「イエス再臨。」
この気違いじみた盲信こそがイスラエルを建国に満ちいびいた原動力でしょう。

イエス=救世主(キリストの事ではなく)はキリスト教徒もユダヤ教徒もイスラム教徒も待ち望んでいるのです。

そして今ここ極東において、その口火となるかもしれない危機が訪れている。

アメリカはかなり焦っているのでしょう。
やり口がだんだん露骨になってきています。
韓国がどこまで我慢できるかが一つの焦点となるでしょう。

http://cosmo-world.seesaa.net/article/170863963.htmlより引用。
[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-20 22:14 | ユダヤ | Comments(0)

偽ユダヤ人(白人)の起源

★Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk


David Icke Talks about the Jewish Secrets.
https://www.youtube.com/watch?v=Li-VTcQwP7I


Khazars full video
https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk


GOCC Radio: Search Engine International - Ted Pike discusses the Khazarian Empire {1/2}
https://www.youtube.com/watch?v=RLKPkYQQ8Gc


GOCC Radio: Search Engine International - Ted Pike discusses the Khazarian Empire {2/2}
https://www.youtube.com/watch?v=PeQkSX_nyqs


The Evil History of the House of Rothschild (1743-2006) Satanic Devils Worship!
https://www.youtube.com/watch?v=vxh6B5M4c3U



ノーベル賞受賞者の3分の1以上はユダヤ人といわれているが、ハイネ、マルクス、フロイト、アインシュタイン、チャップリン、キッシンジャーなどなどといった数多くの有名ユダヤ人たちは、不思議なことにほとんど白人系である。一体どうして世の中には「白人系のユダヤ人」が数多く存在しているのか? 本当のユダヤ人は白人では決してないはずである。

★ノーベル賞の本当の意味

http://kabukachan.exblog.jp/22773236

『旧約聖書』に登場するユダヤ人に白人は1人もいない。彼らは人種的に「セム系」と呼ばれ、黒髪・黒目で肌の浅黒い人々であった。モーセやダビデ、ソロモン、そしてイエスもみな非白人(オリエンタル)だったと記述されている。

一般にユダヤ社会では、白人系ユダヤ人を「アシュケナジー系ユダヤ人」と呼び、オリエンタル(アジア・アフリカ系)ユダヤ人を「スファラディ系ユダヤ人」と呼んで区別している。

アシュケナジーとは、ドイツの地名にもなっているように、もとはアーリア系民族の名前であった。一方、スファラディとは、もともと「スペイン」という意味だが、これは中世ヨーロッパ時代のユダヤ人たちの多くが地中海沿岸、特にイベリア半島(スペイン)にいたことに由来している。

8世紀以前の世界には、ごくわずかな混血者を除いて、白人系ユダヤ人はほとんど存在していなかった。それがなぜか8~9世紀を境にして、突然、大量に白人系ユダヤ人が歴史の表舞台に登場したのである。いったい何が起きたのか?

https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

★国際金融資本の正体

http://kabukachan.exblog.jp/24251377/

http://kabukachan.exblog.jp/21829084/

http://kabukachan.exblog.jp/21829258/


自らアシュケナジー系ユダヤ人であった有名な思想家アーサー・ケストラーは、「白人系ユダヤ人の謎」に挑戦した。彼は若い頃からユダヤ問題に関心を持ち、シオニズム運動に参加し、ロンドン・タイムズのパレスチナ特派員を経て、1957年にはイギリス王立文学会特別会員に選ばれていた。彼は白人系ユダヤ人のルーツを丹念に調べ、1977年に最後の著書として『第13支族』を著した。彼はアシュケナジー系ユダヤ人の歴史のカラクリを指して、歴史が犯したひどいジョークだと言っていたという。

ケストラーの『第13支族』が出た当時、世界的に有名な新聞などがこの著書を絶賛してやまなかった。この本は、科学や思想が中心のケストラーの著作としては異色の書で、その内容は世界史の常識・認識を根底から揺さぶるほどの問題作であり、あまりの衝撃ゆえ、翻訳出版を控えた国も出た。1983年3月にケストラーが夫人とともに謎の自殺を遂げた時、当時の新聞の死亡記事に記載された彼の多くの著作リストの中には、この『第13支族』は省かれていた……。
彼はこの本の中で、白人系ユダヤ人のルーツは「ハザール王国」にあると主張した。

今日、白人系ユダヤ人のルーツは多くの研究者によって研究されており、当時の書簡や記録に基づいた綿密な学術的研究によって、以下に記すような歴史的事実が現在明らかとなっている。

7世紀頃、コーカサスからカスピ海北岸に、総人口が100万の「ハザール王国」という巨大王国が存在していた。住民はトルコ系白人(コーカソイド)で、商人・職人・武人として優れていたが、周囲の国とは違ってこれといった宗教を持っていなかった。

不運なことに、キリスト教を国教とする東ローマ帝国とイスラム教を国教とするイスラム帝国は、ハザール王国をはさむ形で、政治的にも宗教的にも対立していた。そのためハザール王国は、次第に両国の「宗教的な干渉」を受けるようになり、どちらの宗教に改宗しても、国全体が戦火に巻き込まれるのは必至という状況に陥った。

ふつう国が瀕死の状態になったときには、どちらか強い方の勢力を選んでしかるべきだが、ハザール王国の王オバデアは、こともあろうに国民まとめて「ユダヤ教に改宗」させてしまったのである。

彼らはユダヤ教に改宗しただけでなく、自分たちは「血統的にもアブラハムの子孫」であるとした。いわばユダヤの仮面をつけてしまったのである。彼らがそこまでユダヤに同化した理由は、キリスト教もイスラム教もユダヤ教を母体にした宗教だから、ユダヤ教に改宗してしまえば、両国からの宗教的干渉を回避できると計算したためであったという。

この、8世紀末から9世紀にかけて、全国民がユダヤ教に改宗してしまうという、世界史上、例を見ないことを成し遂げてしまったハザール王国は、なんとか持ちこたえたものの、東ローマ帝国と新たに台頭してきたモンゴル帝国の攻撃を受け、12世紀前後に滅亡してしまった。




この時に発生した大量の難民(改宗ユダヤ教徒ハザール人)は、西へ西へと移住し、東欧に住み着いた。この東欧に住み着いた難民たちこそが「アシュケナジー系ユダヤ人」と呼ばれるようになった人々である。祖国を失ったハザール人は、この時から"ユダヤ人"として生きることとなったのである。

★テックス・マーズ氏

https://www.youtube.com/watch?v=yfZb5JVeYg4

国家的な「ユダヤ化政策(改宗政策)」を推し進めたハザール王オバデアから200年たったヨセフ王時代の書記は、以下のような記録を残し、ハザール人は全トルコ民族の先祖であるトガルマを通じ、ノアの長男セム(黄色人種)ではなく第3番目の息子ヤペテ(白人種)の直系子孫であることを断言している。

「……我々の父祖の系図から、トガルマには10人の息子があったことを知った。その子孫の名前はウィグル、デュルス、アヴァル、フン、バシリー、タルニアク、ハザール、ザゴラ、ブルガル、サビールである。我々は7番目の息子ハザールの子孫である。」

このことに関し、イスラエルのテルアビブ大学でユダヤ史を教えていたA・N・ポリアック教授は、イスラエル共和国が建国される以前の1944年に『ハザリア』という著書を出版し、次のような見解を発表していた。

「……これらの事実から、ハザールのユダヤ人と他のユダヤ・コミュニティの間にあった問題、およびハザール系ユダヤ人がどの程度まで東ヨーロッパのユダヤ人居住地の核となっていたのか、という疑問について、新たに研究していく必要がある。この定住地の子孫――その地にとどまった者、あるいはアメリカやその他に移住した者、イスラエルに行った者――が、現在の世界で"ユダヤ人"と言われる人々の大部分を占めているのだ……」

アシュケナジー系ユダヤ人N・M・ポロックは、自然科学の教科書の翻訳者であり、出版会社から頼まれて本の校正もしていた学者であった。その彼が1966年8月、イスラエル政府に抗議したことがあった。彼はその当時のイスラエル国内の60%以上、西側諸国に住むユダヤ人の90%以上は、何世紀か前にロシアのステップ草原を徘徊していたハザール人の子孫であり、血統的に本当のユダヤ人ではないと言ったのである。

イスラエル政府の高官は、ハザールに関する彼の主張が正しいことを認めたが、後にはその重要な証言をもみ消そうと画策。ポロックは自分の主張を人々に伝えるため、その生涯の全てを費やしたという。

このように「アシュケナジー系ユダヤ人」は、『旧約聖書』に登場するユダヤ人(セム系民族)とは「血縁的に全く関係のない民族(ヤペテ系民族)」であり、国をあげてユダヤ教に大改宗して以来、現在に至るまで"ユダヤ人"になりきってしまっているのである。

「アシュケナジー系ユダヤ人」が非セム系民族であるとすると、現在、世界中に散らばっている"ユダヤ人"と呼ばれている人間の90%以上が、本来のヘブライ人とは全く関係のない異民族ということになってしまうが、これは恐るべき事実である。この「ニセユダヤ人問題」(ちょっと言葉が悪いが)が世界史のタブーであることがうなずけよう。

https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

https://www.youtube.com/watch?v=GpdnbNUTXf4

https://www.youtube.com/watch?v=D6C3M_Vr0Bc

★奴隷解放宣言


http://kabukachan.exblog.jp/21912221/

★坂本龍馬暗殺<幕末の政情>


http://kabukachan.exblog.jp/21000845/

★偽ユダヤ人論争

http://kabukachan.exblog.jp/23262760/

★米国の ユダヤが乗っ取る マスメディア

http://kabukachan.exblog.jp/24966612/


http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1000.html#02より引用。



★イディッシュ語はゲルマン系言語か?
「アシュケナジー系ユダヤ人」の起源について。

Wikipediaより。

イディッシュ語スラブ系説[編集]

通説によれば[要出典]イディッシュ語ライン川地方に起源をもち、変形したドイツ語を基礎に、スラブ諸語ヘブライ語アラム語ロマンス諸語からの借用語を交えたものとされてきた。

1993年、テルアビブ大学の教授である言語学者ポール・ウェクスラー (Paul Wexler) は
イディッシュ語がスラブ系言語に起源を持ち、後にドイツ語の語彙を取り入れたものであることを示し、
東欧のアシュケナジムはユダヤ教に改宗したスラブ系およびトルコ系民族にごくわずかの中東系ユダヤ人が合流したものであるとする
『The Ashkenazic 'Jews': A Slavo-Turkic People in Search of a Jewish Identity』を発表している。

ポール・ウェクスラーの説は、12世紀以前にユダヤ人との接触やキリスト教化への反発を背景に、ユダヤ教に改宗したスラヴ人がアシュケナジムの主体となったと説明しており[27]
ハザール起源説と言うよりスラヴ起源説の色がある。

★イディッシュ語スラブ系説が正しいとするなら、カザール王国がユダヤ教に改宗した時に、その周辺にいたスラブ人も影響を受けてユダヤ教に改宗したのではないだろうか。
その後、カザール王国がモンゴル帝国に滅ぼされた時に、トルコ系のカザール人たちはユダヤ教徒のスラブ人とともにポーランドに逃げ込んで、そこでスラブ人たちが中心となってドイツ語の語彙を取り入れながらイディッシュ文化を開花させたことになる。

★この説は合理的かつ画期的ではないだろうか。

なぜロシア人(スラブ人)の中に

ユダヤ教徒が多いのかを説明できる。

Summary Of Geographical Movement Of European Jews in the Past 2,000 Years




Khazars full video
https://www.youtube.com/watch?v=KE4Ess9NnDk

Forbidden Knowledge - History of the Khazar Empire - Lecture by Jack Otto
https://www.youtube.com/watch?v=5TVd8ovSPl4

The Khazarian Conspiracy: Fake Jews of the Synagogue of Satan!
https://www.youtube.com/watch?v=tE7S4uYAEAs

The Hidden History - The Khazar Empire
https://www.youtube.com/watch?v=k2oW63XkBhw

Get this! 90% of Proclaimed Jews are not Jews at all (KHAZARS Exposed)
https://www.youtube.com/watch?v=DoCNZWIgP7w

Texx Marrs Khazar Fake Jews And The Coming Destruction Of Israel
https://www.youtube.com/watch?v=qsbSVtxS83c

Khazar : Secret Ruling Empire of The World Exposed : Sheikh Imran Hosein
https://www.youtube.com/watch?v=b6rEts1BuN8

The History Of The Turkish Khazars People
https://www.youtube.com/watch?v=ORz2nOcOTyQ





★自己紹介(私の起源)

平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。


[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-17 19:59 | ユダヤ | Comments(2)

ヒトラーはロスチャイルドである

★ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack

ハンスユルゲン・ケーラー[Hansjurgen Koehler]氏の「致命的なファイル」紹介

1999年に一冊の本が出版された。本のタイトルは「ロスチャイルドの家:世界の銀行1849年から1999年[The House of Rothschild: The World's Banker 1849-1999]」。

それはニーアル・ファーガソン[Niall Ferguson]によって書かれた。 ジャケットカバーの内側によると「残存するロスチャイルド文書に無制限にアクセスできる初の歴史家」

ジャケットの内側宣伝文句によると、その本はファーガソンの「神話を破る、現代の最も魅力的で権力のある家族の一つの肖像画」の最終結論

それはさらに述べていた:

「クリミア戦争から第二次世界大戦まで、戦争は繰り返しロスチャイルド帝国の安定性を脅かした。これらの地球規模の動乱にもかかわらず、かれらは第一次世界大戦までは依然世界最大の銀行に留まった。その関心はファイナンスの王国を遙かに超えていた。かれらは汎欧州鉄道ネットワークを支配した;彼らは世界的鉱山帝国をスペイン水銀鉱山、アフリカの金とダイヤモンド、ビルマのルビーとロシアの石油を基礎にして築いた。そして現代の最も裕福な家庭として、彼らは最大の美術コレクションを獲得し、時代の最も豪華な宮殿を建てた。」

「かれらの経済的力は彼らに独自の政治的影響力を与えたかもしれない。ディズレーリとチャーチルは彼らの友人だった、ビスマルクとヒットラーは彼らの敵だった。けれどもロスチャイルド家が合衆国で彼らを成功裏に確立することの失敗は運命的だったと判明する。金融権力が1914年のあと、ロンドンからニューヨークに移るにつれて、また欧州大陸がマルクス主義とファシズムの奴隷に落ちるにつれて、ロスチャイルドの権力は衰えた。」(さてはて笑)

もっと詳しく見てみましょう。

まず、ファーガソンは彼がロスチャイルド文書へのアクセスを1914年までのものについて許可されていたことを認めている・・・だから・・・ だから、そのタイトルは、最初にやや誤解を招くものと発覚する。1849年から1913年であるべきだ。

なぜファーガソンは1914年とそれ以降のロスチャイルド文書へのアクセスを拒否されたのか?ロスチャイルド家はなにかかくしていたのか?

そのジャケットによると、金融パワーはロンドンからニューヨークへ移動した・・・これから我々はロスチャイルド家は(柄にもなく)第1次および第2次の世界大戦の大虐殺には関与していないと信じるように導かれる。

第一次世界大戦に至るまでに、ロスチャイルド家が勝者と敗者両方から報酬を刈り取りながら、数多くの紛争の両側に融資したことは歴史的な事柄(事実)である。ロスチャイルド家は実際には第1次および第2次世界大戦に関与したということが可能だったか?

ロスチャイルド家がこれらの戦争から彼ら自身を遠ざけておこうと努めた理由は、もし大規模なホロコーストで消滅させられた数百万のユダヤ人を含めて数百万の人々の大虐殺に関連づけられると彼らの名声が生き延びることができなかっただろうからだということがありえるか?

いかにニューヨークの銀行家達が、第1次および第2次世界大戦に融資することに熱を上げていたことか。第一次世界大戦の資金供給の重責は、堂々とジョン・ピエルポン・モルガン[John Pierpont Morgan]の両肩に。

ロスチャイルド家は快適に彼らの集団的な指を大西洋を横断させて、かつ彼らは自分達の立派な世間体を保っている。ロスチャイルド家は彼らの銀行戦術の新しい位相を展開した(布陣を敷いた)だけなのか?かれらは単にあからさまな戦争への資金調達から隠密な戦争への資金調達に移行しただけか?もしそうなら、それは彼らがまだ双方の紛争当事者へ資金調達していたことを意味する。

かれらは同盟国と枢軸国の両方の権力へ第1次および第2次世界大戦中融資したか?

もしそうなら、そのジャケットは再び我々を迷わせ誤誘導した。

もし同盟国と枢軸国権力の両者が、彼らの秘密裏の系列下の代理人を通してロスチャイルド家の顧客であった場合には、ヒトラーはかれらの敵ではない。ヒトラーは顧客であり続けただろう。顧客は、友達であって敵ではない。この理論は、奇異に見えるかもしれないが、控えめに言っても・・・もっともらしく思われる。

さらにもう一歩進んでみると。
ヒトラーは顧客以上のものであった可能性はあるか?
ヒトラーは、ロスチャイルド家の秘密工作員か?
「非常識な!」とあなたは考えているかもしれない。

結局のところ、ヒトラーはドイツを財政的に破壊したベルサイユ条約を工作した国際ユダヤ人銀行家達を非難しなかったのでは?ヒトラーの怒りは正面から国際ユダヤ人銀行家すなわち、ロスチャイルド家の方向に向いていなかったのではないですか?

ヒトラーは言った、「うそが大きければ大きいほど・・・人々はよりいっそうそれを信じる。」

考えてみなさい・・・ヒトラーは国際ユダヤ人銀行家を誰にせよ誰か殺しましたか?
答えはノーだ。

一人もありません。  [注:実際には、ウォーバーグ銀行家家族の何人かのメンバーは、封印列車でナチスの護衛付きでオランダを出た。・・・ゲシュタポがロスチャイルドの邸宅にウイーン支店の頭取を逮捕しに行ったときには、彼らは執事に後日出直してくるように言われた。彼らはそうした。それから、彼らは男爵が昼食を終えるのを待たねばならなかった・・・フランス・ロスチャイルドの疎遠になった別居の妻の場合というのはある。「なぜドイツ人が私を害さねばならないの?」 1940年に彼女は夫に尋ねた。「私は古いフランスの家の出なのよ。」ロスチャイルド家の名前と縁を切っていて(前代未聞!)、彼女のもとの貴族の称号に戻っているにもかかわらず、彼女は1944年ゲシュタポに逮捕されラベンスブルックへの最後の輸送で送られ、彼女はそこで残忍に殺害された・・・ ] (さてはて:なぜだろう)

ここでちょっと戻ってみましょう。

ロンドンからニューヨークへの金融シフトについてもっと詳しく見てみましょう。
簡単に言えは・・・ロスチャイルド家からモルガン家へのシフトです。
ゲリー・アレン[Gary Allen]氏のベストセラー本「誰もそれをあえて陰謀と呼ばない[None Dare Call It CONSPIRACY]」によると:

「モルガンは、ルイス・マクファデン[Louis McFadden]下院議員(10年に渡って下院の銀行・通貨委員会議長)を含め、多くによって言及される、英国ロスチャイルドの米国の代理人のトップとして」 [ページ44 ]

金融シフトについてはそれだけにしておく。

だから、疑問が残る…ヒトラーはロスチャイルドの顧客または同様に代理人ですか?

1972年に、一冊の本がリリースされた。その題名は「ヒトラーの心:秘密の戦争報告書[The Mind of Hitler: The Secret War Report]」ウォルター・C・ランガー[Walter C. Langer, 1899-1981]著。

この本によると、著者は、精神分析医で、OSSの有名人陸軍大佐ウイリアム"ワイルド・ビル"ドノバン[William "Wild Bill" Donovan, 1883-1959]にアプローチされた。ヒトラーの心について心理学的な調査を実施するように。
アドルフ・ヒトラーを主題とする多数の書籍が、ランガーの仕事に言及している。
この本のなかに、ヒトラーの起源への興味深い調査がある。 実際、元ゲシュタポ将校によって書かれたある本の中でヒトラーがロスチャイルドに結びつけられていたとの言及がある。

ランガーは書きとめている、 「非常に興味をそそられる仮説」 しかし、ロスチャイルド・コネクションは控えめに扱い、言う、 「そのような薄い証拠の上に我々の再構築の基礎をおくのではなく、より堅固な基盤を求めることがより妥当である。にもかかわらず、我々はそれをさらなる検証が必要な可能性として残すことができる」と。

ヒトラー-ロスチャイルド・リンクは、さらに検証されたか?

いいえ。実際には、ランガーの報告書は、広く流通していない、インテリジェンス・コミュニティ内でさえも。それは最高機密に分類されて、29年間隠された。

出版されたときには、ロスチャイルド・リンクは序で、後書きでと同様、小馬鹿にされていた。その後書きは述べた:

「ランガーの情報提供者によって語られた、ヒトラーの祖母マリア・アンナ・シックルグルーバー[Maria Anna Schicklgruber]はオーストリアの田舎バルトフィアテル[Waldviertel]出身の40代の農民女性で、ウイーンでロスチャイルド男爵と親密な関係を持った、というありそうにない話を信じる理由は全くない」

また、「決定的な心理学的、歴史的な重要性の核心はヒットラーがユダヤ人の祖父を持ったことが真実かどうかではなく、彼がそれが真実であるかもしれないと信じたかどうか・・・」 

(ドノバンは我々に、もしヒットラーの祖父がロスチャイルドであるという薄い可能性があるなら・・・ヒットラーのユダヤ人嫌いは彼の血管を通って流れているユダヤの血を持つことの嫌悪から派生するということを考慮するよう望んでいたかもしれない。 ドノバンが私たちが考慮するのを最も望まなかったかもしれないことは、ヒットラーが、非嫡出子ではあるが、その銀行家家族に対する彼の忠誠をしっかり隠すことを要求するある任務を当てられたロスチャイルド家の認知されたメンバーだったということだ。)

その本の中で言及されていないことは、ランガーの兄弟ウイリアム L. ランガー[William L. Langer, 1896-1977]は、しばしば「枢機卿の学校」として言及されるドノバンの分析者委員会の委員長だったことだ。ドノバンは本当にヒトラーを理解する必要があったのか、あるいはこの報告書は戦後の研究者を混乱させるために設計されたのか。

結局のところ、ドノバンはJPモルガンの弁護士だった。

JPモルガンは、英国ロスチャイルドのアメリカの代理人だった・・・それは単純計算できる人達です。
(ちなみに、ドノバンは1920年代に少なくとも1回のヒトラーとの秘密会議をもっていたことが知られている。)

29年後、元ゲシュタポ将校の本は長い間流通していなかった。(それは世界がナチの残虐性を知る何年も前の1941年にでているのでその重要性は高く評価されていない) ランガーの本は、全くありえることだが、戦後の研究者を、その本を発掘する労を厭わないことから遠ざけるために設計された・・・ 

この研究者は、上で言及されたハンスユルゲン・ケーラーによって書かれた本「ゲシュタポの内幕[Inside The Gestapo]」をやりくりして発見した。ケーラーは、ベルゲシュトガーデンでのヒトラーのボディーガードだった。

私はケーラーの「ゲシュタポの内幕」で提示された証拠の信頼性については読者の判断にお任せしておきたい。


★ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack

年は1836年であった。 サロモン・マイヤー・ロスチャイルド男爵[Baron Salomon Mayer Rothschild, 1774-1855]は、その時有名な銀行家ファミリーのウィーン分家の強力な長であった。

それはそうだが・・・

ニーアル・ファーガソン[Niall Ferguson]によって書かれた公式のロスチャイルド伝記『ロスチャイルド家:マネーの預言者 1798-1848[The House of Rothschild: Money's Prophets 1798-1848]』から引いた以下の情報を考慮してみよう:

「[サロモン・ロスチャイルドの事務員]モリッツ・ゴルトシュミット[Moritz Goldschmidt]の息子ヘルマン[Hermann]-彼の回顧録は我々が有している詳細な直の記録の一つであるが-によると、サロモンは社会的品位を欠いているという以上でさえあった・・・」

「・・・日曜日に、デュブリンクの彼らの家で、彼は、必ずしも適切で礼儀正しくはない態度で居合わせていたとてもきれいな女の子たちといちゃついていた。これは出席している女性たちが誰か妊娠しているかどうかといった非常に粗野な冗談を含んでいた。」 [ページ200]

「彼は、「とても若い少女たち」に対する好色な情熱を持っていた。彼らとの彼の「火遊び」は、警察によってもみ消されなければならなかった。」 [ページ442]

1930年代の間に、ウィーン警察は、オーストリア首相ドルフス[Engelbert Dollfuss, 1892-34]がアドルフ・ヒトラー[Adolph Hitler]の起源(身元)について調査(捜査)することを支援した。

もちろん一人のオーストリア出身者であったヒトラーは、彼がオーストリアを併合するだろうという自分の意図を知らせた。

ドルフスはオーストリア併合として知られる併合を阻止しようと試みた。 ドルフスはヒトラーに対して彼が持っていた唯一の武器・・・恐喝・・・を使用するつもりであった。

かつてヒトラーのボディーガードであったハンスユルゲン・ケーラー[Hansjurgen Koehler]によって書かれた一冊の本、『ゲシュタポの内幕[Inside the Gestapo]』からの以下の抜粋を考慮してみよう:

「ドルフスがオーストリアの首相になったとき、ヒトラーは、かなりの期間世界の関心の注目の的となってきていたが、十分不思議なことに彼についてほとんど何も知られていなかった。彼の父は、シューエッケルグルーバーと呼ばれていたので、彼が如何にしてヒトラーという名前を持つに至ったのかを誰も説明出来なかった。彼が何人の兄弟姉妹を持っているのか誰も知らなかった・・・最大の謎が、その総統の私的生活、家族関係、起源を包んでいた。

ドルフス首相は、ヒトラーの秘密を調査し始めた。彼の課題は、それほど難しくはなかった;オーストリアの支配者として、彼はオーストリアの土地で生まれたアドルフ・ヒトラーの個人データと家族について、容易に発見することができた。すべての元のファイルに含まれていた原文の出生証明書、警察登録カード、手続書等を通じて、そのオーストリア首相は、パズルのとりとめのない部分部分を一緒につなぎ合わせて、おおよそ論理的な実体を作り出すことに成功した。そして、そこに一つの事柄があった-真実であるか否かはさておき。それは、ドルフスの手の内にあった一つの危険な武器であった可能性がある。

これは、彼が確かめたことであった:

上部オーストリアからのマチルト・シューエッケルグルーバー[Matild Schueckelgruber]と呼ばれた一人の幼い召使いのメイドが、ウィーンにやって来て、主にかなり裕福な家庭のために働く家内召使いとなった。しかし、彼女は不運だった;誘惑されて、彼女は子供を持つのが間近であった。 彼女は、閉じこもるため彼女の村の家に行った。 彼女の小さな息子は、私生児で、彼の母親の名前を受け取り、アロイス・シューエッケルグルーバー[Alois Schueckelgruber]と呼ばれていた。 (一部の文書では、シッケルグルーバー[Schickelgruber])。

以下が、ドルフスの「収集物」の最も重要な、そしておそらく最も評判を落とすような(危険な)断片である。 私は、自分がその真偽の証拠を持っていないことを繰り返しておかねばならない。 それは、自分自身の武器について気難しくなかったナチの頭目に対する一つのふさわしい武器としてでっち上げられたのかもしれない。確かに、それはその結果すべてにおいて、かなり打ち砕くものであった。

この文書は、小柄な上部オーストリア人のメイドの大いなる人生の悲劇を明確にすることを目的としていた- 60年以上後に。

マチルト・シューエッケルグリューバー、アドルフ・ヒトラーの祖母は、仕事を得るためにウィーンへ来ていた。 そして、そこで何かが彼女に起こった。それはその大きな首都では普通のことであった。そしてしかし一つの私的な破局であった;彼女は自分の心臓の下に一人の子供を持っていた;彼女は家に、彼女の村に帰らねばならなかった。そして、恥に直面していた。

その幼いメイドは、ウィーンのどこで奉公していたか? これは非常に難しい問題ではなかった。 非常に早く、ウィーンは強制警察登録のシステムを設けていた。 奉公人と雇用主両者とも、もし彼らがこの義務を怠ったならば、重い罰金を課せられた。

ドルフス首相は、なんとかその登録カードを発見した。 その幼く無垢な女中は・・・ロスチャイルドの屋敷・・・で使用人であった。そして、ヒトラーの未知の祖父は、おそらく、この壮大な屋敷の中に捜し求められるに違いない。

ドルフスのファイルは、この記述で終わった。」

私はヒトラーの祖母のドルフスの記述に異論を唱えたい。 1837年、ヒトラーの父が生まれたとき、彼女は約40歳だった。 彼女は幼くなかった。 また、彼女は無垢でもなかった。 彼女はサロモン男爵-彼は、少なくとも・・・性的に抑えがきかなかった-の屋敷で実際仕事をしていた。

サロモンの息子アンセルムが、叔父に書いている:

「彼[サロモン]は、残念ながら、道徳的崩壊の状態にあった・・・もし彼がウィーンを去った場合、それははるかに良かっただろう・・・」 [ページ466]

本当の問題が残っている・・・

サロモン・ロスチャイルドは、ヒトラーの秘密の父方の祖父だったか?

ヒトラーとゲシュタポは、このことに多大な光を投じたであろうその元の書類を獲得すべく、大層過激なことを行った。 ドルフス首相は、これらの文書を回収する過程で暗殺されるだろう。 [陰謀のたまげた話全体に対する致命的なファイルを参照してください(オリジナルリンクとは別サイトです)。オリジナルの複製サイトはこちら]

あなた自身で決定して下さい・・・

ヒトラーは狂人だったかあるいは看板男だったか?

世界は一人の狂人としてヒトラーを知っている。 世界は、しかしながら、決して、あなたがちょうど今読んだ情報を提示されていない。

もしヒトラーがロスチャイルドの看板男だったとすると・・・

当然の質問が心に浮かぶ・・・

なぜロスチャイルド一族は、欧州のユダヤ人を一掃するのか?

もしあなたがその問題を調べたなら、あなたは、多くのドイツのユダヤ人がヒトラー自身の手助けによってパレスチナに移送されたことを発見するだろう・・・

アドルフ・ヒトラー:狂人かあるいは看板男か?

これが問題である・・・
[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-13 00:50 | Comments(0)

白人(偽ユダヤ人)の起源

コーカソイド(Caucasoid)は、自然人類学における人種分類の概念の一つ。欧州人を指すために使われてきたため白色人種、白人とも訳されるが、日照量の多い中東やインド亜大陸に居住したコーカソイドは肌が浅黒い者も多い。

コーカソイド (Caucasoid) とは、カスピ海と黒海に挟まれた所に実在するカフカース地方にある「コーカサス」(コーカサス山脈)に「…のような」を意味する接尾語のoidをつけた造語で、「コーカサス系の人種」という意味であり、インドから北西アジア(中近東)へ拡散し東ヨーロッパまで広範囲に拡散した。

元々はドイツの哲学者クリストフ・マイナースが提唱した用語であった。彼に影響を受けた人類学者ブルーメンバッハが生物学上の理論として五大人種説を唱えた際、ヨーロッパに住まう人々を「コーカシアン」なる人種と定義した事で世界的に知られるようになった。

人類学が成立したヨーロッパは20世紀の半ばまで、ユダヤ教やそこから派生したキリスト教に由来する価値観が今以上に重んじられていた。そのため、『創世記』のノアの方舟がたどり着いたとされたアララト山があるコーカサス地方はヨーロッパ人の起源地と考えられ、神聖視されていた(アルメニア教会に至っては聖地とされている)。

また聖典である『旧約聖書』の創世記1~6章では、白い色は光・昼・人・善を表し、黒い色は闇・夜・獣・悪を表していた。これらから初期の人類学を主導したヨーロッパ人学者は、自分たちヨーロッパ人を「ノアの箱舟でコーカサス地方にたどり着いた人々の子孫で、白い肌を持つ善なる人」と定義し、それを表した呼称として「コーカソイド」を用いたのである。もっともアラブ人やペルシャ人も、宗教はアブラハムの宗教の1つであるイスラム教であり、コーカソイドという宗教用語を当てはめることもできるが、ヒンドゥー教を信仰するアーリア人は語源に合わないことになる。

コーカソイドとはヨーロッパ人がキリスト教的価値観に基づいて自己を定義するために創出された概念である。そのため、その範囲は基本的に東ヨーロッパ・西ヨーロッパの双方を合わせた全ヨーロッパ地域に限定される場合がほとんどであった。

戦後しばらくまでの人類学は科学的根拠に乏しい、偏見や先入観に満ちた内容であることが多く、人種差別的な思想を多分に含んでいた。事実、提唱者であるブルーメンバッハもさまざまな人間の集団の中で「コーカサス出身」の「白い肌の人々」が最も美しい、人間集団の「基本形」で、他の4つの人類集団はそれから「退化」したものだと考えていた。つまり最初の時点で白人至上主義的な考えが基盤に存在していたのである。その後、他の人類学者によって(白人が他に優越しているという原則の上で)コーカソイドを更に細分化しての分類が試みられた。ウィリアム・Z・リプリーによる北方人種・地中海人種・アルプス人種の三分類などが有名である他、東ヨーロッパ人種・ディナール人種という分類も存在する。(Wikipediaより)

★ちなみに、カスピ海と黒海に挟まれた所は、紀元8世紀にハザール(カザール)王国と言うユダヤ教を国教とする白人国家が存在していた。ここを起源とする偽ユダヤ人である白人たちがアメリカに渡ってアメリカ国家と経済を支配しているのである。
[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-10 19:20 | ユダヤ | Comments(0)

アメリカの政治(ユダヤ人の影響力)

ドイツからの初期のユダヤ人移民の政治観は保守的であった一方、1880年代前半から始まった東欧出身のユダヤ人はリベラルで左翼が多く、やがてアメリカ政治の舞台で頭角を現し始めた。東欧系のユダヤ人はヨーロッパで社会主義やアナキズム、リトアニア・ポーランド・ロシア・ユダヤ人労働者総同盟などを経験しており20世紀初頭よりアメリカの労働者ムーヴメントのリーダーシップを取る存在にまでになった。彼らは組合組織を発足させ1936年以後の民主党で左翼思想を牽引した。

19世紀後半のユダヤ人たちは共和党の政策に傾倒していたが、おおよそ1916年以後は民主党支持派が急増した。同年に大統領に選出された民主党候補のウッドロウ・ウィルソンはユダヤ人票の55%を獲得している。1940年、44年、48年の大統領選では両党共にユダヤ人国家のサポートを掲げていたのにも関わらず実に90%もが共和党政権を拒否し民主党のフランクリン・ルーズベルトやハリー・S・トルーマンを支持した。1952年から56年にかけては約60%が民主党のアドレー・スティーブンソンを支持、40%が共和党のドワイト・D・アイゼンハワーを支持した。これは1920年の共和党候補で後の大統領ウォレン・ハーディングが43%の支持を得て以来の高水準だった。1960年には共和党リチャード・ニクソンに反対し83%もが民主党でカトリックのジョン・F・ケネディを支持。1964年には90%が民主党リンドン・ジョンソンを支持。この時の共和党候補バリー・ゴールドウォーターはプロテスタントではあったが父方の祖父母の血縁はユダヤ系であった。民主党候補ヒューバート・H・ハンフリーは1968年の選挙で68%のユダヤ人票を獲得したが、結果共和党リチャード・ニクソンに敗れた。ユダヤ人の共和党に対する支持はこれ以後は加熱しなかった。1972年のニクソンの2度目の大統領選では競合のジョージ・マクガヴァンにも注目が集まったがユダヤ人の民主党支持は65%に留まり、ニクソン率いる共和党は通常値の2倍近い35%の支持を得ることとなった。1976年には民主党ジミー・カーターを71%が支持、この時の現職大統領共和党ジェラルド・フォードを27%が支持。しかし1980年のカーターの再大統領選ではユダヤ人の民主党支持はわずか45%と下降線となり共闘のロナルド・レーガンに39%が流れ、無所属のジョン・アンダーソンに14%が流れた。1984年のレーガンの再大統領選では共和党に31%が、民主党のウォルター・モンデール候補に67%が流れた。

1988年には民主党マイケル・デュカキスに64%が、共和党ジョージ・H・W・ブッシュに35%が流れた。ブッシュは高支持を集めたが92年の彼の再大統領選では11%にまで急落、80%が民主党ビル・クリントンに、9%が無所属のロス・ペローに周った。96年のクリントン再選の時まで78%と高支持であり16%が共和党ボブ・ドールに3%がペローに流れた。2000年と2004年の大統領選では民主党候補でカトリックのアル・ゴア、ジョン・ケリーは70%台のユダヤ人支持を獲得、一方共和党ジョージ・W・ブッシュの支持は2000年の19%から04年には24%と緩い上昇を見せた。2000年のゴア候補の副大統領候補に選ばれたジョー・リーバーマンはユダヤ人として初めて大統領選に打って出た(アメリカの大統領選は大統領候補と副大統領候補がペアで出馬する)。2008年の大統領選では初の黒人大統領で民主党のバラク・オバマを78%が支持。この時、白人系プロテスタントは34%、白人系カトリックは47%しかオバマ支持ではなかったが白人系ユダヤ人に限っては83%もがオバマを支持した(その他の宗教を信仰する67%が、無宗教の71%がオバマを支持)。

連邦議員選挙では1968年以降70から80%のユダヤ人は民主党を支持。2006年の選挙では83%まで上昇した。現在、100人の上院議員のうち14人がユダヤ人で、そのうち12人が民主党(ラス・ファインゴールド、ダイアン・ファインスタイン、アル・フランケン、アーレン・スペクターなど)無所属が2人(ジョー・リーバーマンなど)で二人とも民主党の執行委員を務める。ウィスコンシンとカリフォルニアの2州がそれぞれ2人のユダヤ人上院議員を輩出している。全435人の下院には30人のユダヤ人議員がおり、そのうち29人は民主党、1人が共和党である。2008年11月、唯一の共和党所属のユダヤ人議員のエリック・カンターはユダヤ人共和党下院議員初のハウスマイノリティーの幹事に就任した。

(Wikipediaより)
[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-10 13:28 | Comments(0)

ユダヤ系アメリカ人について

ユダヤ系アメリカ人(Jewish Americans, American Jews)は、ユダヤ人のアイデンティティを持つアメリカ合衆国の国民で、その大半は中欧・東欧から移民してきたアシュケナージとその子孫である。セファルディム、ミズラヒムなどユダヤのマイノリティ民族も少なからず存在する。多くのユダヤ人コミュニティはその独自性を今尚保持しており、その宗教のみならず他のヨーロッパ系とは異なる文化を形成している。

2007年時点で、アメリカ合衆国はイスラエルに次ぐ(統計によっては最大の)ユダヤ人居住国家であり、約512万8千人を数える。アメリカ全人口の約1.7%を占める(統計によっては644万4000人というデータも存在し、この場合の人口比は2.2%になる)。ちなみに2007年のユダヤの本拠地イスラエルにおけるユダヤ人人口は543万5800人、で全イスラエル人口の75.7%を占めている。

アメリカ合衆国におけるユダヤ人の歴史は17世紀初頭より続いており、この時代のユダヤ人はスペインやポルトガルから移民してきたセファルディムが多かった。およそ1830年まではサウスカロライナ州チャールストンに集中していた。ユダヤ人の大量移民は19世紀まではほとんどなく、19世紀中盤になりアシュケナージがドイツより移民を開始しアメリカで商人や小売業に従事した。1880年には約25万人のユダヤ人がアメリカにいたと推測されドイツ系は教養があり世俗的(信仰心の薄い)なユダヤ人であった。新ユダヤ人移民が増大したが古参者のセファルディムも依然として影響力を持ち続けた。

東欧におけるユダヤ人迫害の風潮が高まった1880年代になるとアメリカへの移民は劇的に増え、彼らのほとんどはロシア帝国や現在のポーランド、リトアニア、ベラルーシ、モルドバなどの地域に住んでいた貧しい田舎出身のイディッシュ語を使うアシュケナージだった。19世紀後半から200万人超のユダヤ人が移民し、1924年に排日移民法などで移民規制が厳しくなるまで続いた。多くはニューヨーク市とその都市圏に居を構え現在に至る最大のユダヤ人コミュニティが形成された。

20世紀初頭に新たに移民してきたユダヤ人は小さなシナゴーグなどをサポートするためのネットワークを構築。またユダヤ人作家の活動によりアメリカでの生活に溶け込むことができた。第二次世界大戦では50万人(18歳から50歳までのユダヤ人男性の約半数)が徴兵された。戦争後はアメリカの新しいトレンドとなった郊外移住に便乗した結果、ユダヤ人同士が結婚し家庭を持つ比率も高まりユダヤの信仰心も回復した。ユダヤ系の学校の入学者は戦後から1950年代半ばまでに倍になりシナゴーグへの通う人も1930年代の20%から1960年には60%にまで上昇した。近年ではキューバ、ベネズエラ、イラン、北部アフリカ、旧ソ連など様々な国からユダヤ人が移民してきており、彼らもアメリカのユダヤ人コミュニティに溶け込み生活をしている。
[PR]
by kabu_kachan | 2014-01-03 16:31 | Comments(0)