<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「フェイクニュース賞」発表=トランプ米大統領

Sarah Sanders White House Press Briefing 01/17/18 Fake News Awards, Bannon subpoena, DACA
https://www.youtube.com/watch?v=uQIZYxJLzuw

And the FAKE NEWS Award Goes To....
https://www.youtube.com/watch?v=2UaVaUEoRxE

BREAKING NEWS 1/20/18 - CNN SPECIAL REPORT - TRUMP'S FIRST YEAR - LATEST NEWS TODAY JANUARY 20, 2018
https://www.youtube.com/watch?v=i5f0hMvMIFY

The Fake News Awards Were Worth The Wait (Fake News)
https://www.youtube.com/watch?v=lyMBXDH4F5Q

Trump's Fake News Awards
https://www.youtube.com/watch?v=u8QMqNU9ShA

https://www.youtube.com/watch?v=u8QMqNU9ShA&list=RDu8QMqNU9ShA#t=62

Watters' Words: The fake news awards
https://www.youtube.com/watch?v=iz4mEyrNH90

Gutfeld on Trump’s media awards
https://www.youtube.com/watch?v=hoZTbAzdBwk

The Fake News Awards 2017
https://www.youtube.com/watch?v=ansXToVHM1c





「フェイクニュース賞」発表=トランプ米大統領と共和党


2018年01月18日13時05分


【ワシントン時事】トランプ米大統領は17日、「フェイク(偽)ニュース賞」と主張する賞を発表した。新聞やテレビの報道を目の敵にするトランプ氏は、以前からこの賞を公表すると予告していた。ただ、実際には共和党のブログサイトでの発表をトランプ氏がツイッターで紹介。メディア批判で米政府が前面に立つのを避けた可能性もある。


トランプ氏「私は天才」=精神状態懸念の声に反発


 フェイクニュース賞の筆頭には、トランプ氏が2016年の大統領選で勝った際に「(米)経済は決して回復しない」と予想したニューヨーク・タイムズ紙の記事が選ばれた。2、3位にはロシア疑惑などに関連して不正確な伝え方が問題となったABCテレビやCNNテレビの報道が入った。
 また、トランプ大統領が昨年訪日した際、安倍晋三首相と一緒に池のコイに、箱からぶちまけるようにえさをやる様子を放送したCNNのビデオ編集が6位に。一度に大量にえさをやったのは実は安倍首相が最初で、トランプ氏はまねただけだった。


ニューヨーク(CNNMoney) 気に入らない記事などを「フェイク(偽)ニュース」と切り捨てるトランプ米大統領が就任以降、この言葉を用いた回数はこれまで少なくとも404回に達していることがCNNの計算でわかった。

平均で1日1回以上となる。偽ニュースの他、「偽世論調査」や「偽メディア」ともけなしている。ツイッター上の書き込みや公の場での発言などで用いている。ホワイトハウスの内幕本「炎と怒り」に対しては「偽書籍」と言い捨てていた。

CNNMoneyの分析チームは、トランプ氏のこれまでの演説、単独も含めた会見、ツイッターの投稿内容や公的に入手しえる関連情報の全てを網羅しているウェブサイト「Factba.se」上の資料などを参考にした。

トランプ氏の「偽ニュース」などの攻撃手法は支持者にも受け入れられている。世論調査などを手掛ける米ギャラップ社とナイト財団の最近の研究結果によると、共和党支持者の40%は政治家や政治勢力を正確ながらも否定的な観点からとらえた記事は常に偽ニュースととらえられるべきと判断していた。

メディアの権利擁護団体などはトランプ氏の「偽ニュース」攻撃に反論し、マケイン上院議員など共和党内からもこの言葉の多用を戒める意見が出ている。

歴代の米大統領も党派にかかわりなく、意に沿わず偏見的な記事への不満を漏らしたことはあるが、トランプ氏の「偽ニュース」発言ははるかに踏み込んだ表現となっている。

トランプ氏は2016年の選挙戦中、この言葉を使ったことはなかった。当選を決めた後の同年12月に1回使ったことがある。しかし、就任日が近付くごとに口にする回数が増え始めていた。



おまけ!

Women's March Rally Takes Place In Las Vegas | NBC News
https://www.youtube.com/watch?v=iCnPB0GRiHc

<ラスベガス銃乱射>警察「米史上最悪の死者数」
http://kabukachan.exblog.jp/27806860/

アメリカの銃規制と日本(ラスベガス銃乱射事件)Gun Control
http://kabukachan.exblog.jp/27973703/




[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-21 03:25 | 政治 | Comments(0)

蘭学(Dutch learning) Part 2

Types of Rangaku[edit]

Medical sciences[edit]

Japan’s first fully-fledged translation of a Western book on anatomy (Kaitai Shinsho), published in 1774. (National Museum of Nature and Science, Tokyo).

From around 1720, books on medical sciences were obtained from the Dutch, and then analyzed and translated into Japanese. Great debates occurred between the proponents of traditional Chinese medicine and those of the new Western learning, leading to waves of experiments and dissections. The accuracy of Western learning made a sensation among the population, and new publications such as the Anatomy (蔵志, Zōshi, lit. "Stored Will") of 1759 and the New Text on Anatomy (解体新書, Kaitai Shinsho, lit. "Understanding [of the] Body New Text") of 1774 became references. The latter was a compilation made by several Japanese scholars, led by Sugita Genpaku, mostly based on the Dutch-language Ontleedkundige Tafelen of 1734, itself a translation of Anatomische Tabellen (1732) by the German author Johann Adam Kulmus.

A Western book on medicine, translated into Kanbun, published in March 1808.

In 1804, Seishū Hanaoka performed the world’s first general anaesthesia during surgery for breast cancer (mastectomy). The surgery involved combining Chinese herbal medicine and Western surgery techniques,[2] 40 years before the better-known Western innovations of Long, Wells and Morton, with the introduction of diethyl ether (1846) and chloroform (1847) as general anaesthetics.

In 1838, the physician and scholar Ogata Kōan established the Rangaku school named Tekijuku. Famous alumni of the Tekijuku include Fukuzawa Yukichi and Ōtori Keisuke, who would become key players in Japan’s modernization. He was the author of 1849’s Introduction to the Study of Disease (病学通論, Byōgaku Tsūron), which was the first book on Western pathology to be published in Japan.

Physical sciences[edit]

Some of the first scholars of Rangaku were involved with the assimilation of 17th century theories in the physical sciences. This is the case of Shizuki Tadao (ja:志筑忠雄) an eighth-generation descendant of the Shizuki house of Nagasaki Dutch translators, who after having completed for the first time a systematic analysis of Dutch grammar, went on to translate the Dutch edition of Introductio ad Veram Physicam of the British author John Keil on the theories of Newton (Japanese title: Rekishō Shinsho (暦象新書, roughly: "New Text on Transitive Effects"), 1798). Shizuki coined several key scientific terms for the translation, which are still in use in modern Japanese; for example, "gravity" (重力, jūryoku), "attraction"[disambiguation needed] (引力, inryoku), and "centrifugal force" (遠心力, enshinryoku). A second Rangaku scholar, Hoashi Banri (ja:帆足万里), published a manual of physical sciences in 1810 – Kyūri-Tsū (窮理通, roughly "On Natural Laws") – based on a combination of thirteen Dutch books, after learning Dutch from just one Dutch-Japanese dictionary.

Electrical sciences[edit]

Japan’s first electrostatic generator (1776), called Elekiteru, developed through Rangaku. (National Museum of Nature and Science).
A curio shop in Osaka demonstrating and selling an Elekiteru. The sign at the entrance says "Newest curiosities from foreign countries."
Japan’s first manual on electric phenomena by Hashimoto Soukichi, published in 1811.

Electrical experiments were widely popular from around 1770. Following the invention of the Leyden jar in 1745, similar electrostatic generators were obtained for the first time in Japan from the Dutch around 1770 by Hiraga Gennai. Static electricity was produced by the friction of a glass tube with a gold-plated stick, creating electrical effects. The jars were reproduced and adapted by the Japanese, who called it "Elekiteru" (エレキテル, Erekiteru). As in Europe, these generators were used as curiosities, such as making sparks fly from the head of a subject or for supposed pseudoscientific medical advantages. In Sayings of the Dutch, the elekiteru is described as a machine that allows one to take sparks out of the human body, to treat sick parts. Elekiterus were sold widely to the public in curiosity shops. Many electric machines derived from the elekiteru were then invented, particularly by Sakuma Shōzan.

Japan’s first electricity manual, Fundamentals of the elekiteru Mastered by the Dutch (阿蘭陀始制エレキテル究理原, Oranda Shisei Erekiteru Kyūri-Gen) by Hashimoto Soukichi (ja:橋本宗吉), published in 1811, describes electrical phenomena, such as experiments with electric generators, conductivity through the human body, and the 1750 experiments of Benjamin Franklin with lightning.

Chemistry[edit]

A description of a Volta battery in Udagawa’s Opening Principles of Chemistry, published in 1840. The title reads "Decomposition of an alkali with a Volta column."
Chemical experiments in Udagawa’s 1840 Seimi Kaisō.

In 1840, Udagawa Yōan published his Opening Principles of Chemistry (舎密開宗, Seimi Kaisō), a compilation of scientific books in Dutch, which describes a wide range of scientific knowledge from the West. Most of the Dutch original material appears to be derived from William Henry’s 1799 Elements of Experimental Chemistry. In particular, the book contains a detailed description of the electric battery invented by Volta forty years earlier in 1800. The battery itself was constructed by Udagawa in 1831 and used in experiments, including medical ones, based on a belief that electricity could help cure illnesses.

Udagawa’s work reports for the first time in details the findings and theories of Lavoisier in Japan. Accordingly, Udagawa made scientific experiments and created new scientific terms, which are still in current use in modern scientific Japanese, like "oxidation" (酸化, sanka), "reduction" (還元, kangen), "saturation" (飽和, hōwa), and "element" (元素, genso).

Optical sciences[edit]

Telescopes[edit]

Edo women using a telescope. Early 19th century.

Japan’s first telescope was offered by the English captain John Saris to Tokugawa Ieyasu in 1614, with the assistance of William Adams, during Saris’ mission to open trade between England and Japan. This followed the invention of the telescope by Dutchman Hans Lippershey in 1608 by a mere six years. Refracting telescopes were widely used by the populace during the Edo period, both for pleasure and for the observation of the stars.

After 1640, the Dutch continued to inform the Japanese about the evolution of telescope technology. Until 1676 more than 150 telescopes were brought to Nagasaki.[3] In 1831, after having spent several months in Edo where he could get accustomed with Dutch wares, Kunitomo Ikkansai (a former gun manufacturer) built Japan’s first reflecting telescope of the Gregorian type. Kunitomo’s telescope had a magnification of 60, and allowed him to make very detailed studies of sun spots and lunar topography. Four of his telescopes remain to this day.

Microscopes[edit]

Microscopes were invented in The Netherlands during the 17th century, but it is unclear when exactly they reached Japan. Clear descriptions of microscopes are made in the 1720 Nagasaki Night Stories Written (長崎夜話草, Nagasaki Yawasō) and in the 1787 book Saying of the Dutch. Although Europeans mainly used microscopes to observe small cellular organisms, the Japanese mainly used them for entomological purposes, creating detailed descriptions of insects.

Magic lanterns[edit]

Mechanism of a magic lantern, from Tengu-tsū, 1779.

Magic lanterns, first described in the West by Athanasius Kircher in 1671, became very popular attractions in multiple forms in 18th-century Japan.

The mechanism of a magic lantern, called "shadow picture glasses" (影絵眼鏡, Kagee Gankyō) was described using technical drawings in the book titled Tengu-tsū (天狗通) in 1779.

Mechanical sciences[edit]

Automata[edit]

Tea-serving karakuri, with mechanism, 19th century. National Museum of Nature and Science, Tokyo.

Karakuri are mechanized puppets or automata from Japan from the 18th century to 19th century. The word means "device" and carries the connotations of mechanical devices as well as deceptive ones. Japan adapted and transformed the Western automata, which were fascinating the likes of Descartes, giving him the incentive for his mechanist theories of organisms, and Frederick the Great, who loved playing with automatons and miniature wargames.

Many were developed, mostly for entertainment purposes, ranging from tea-serving to arrow-shooting mechanisms. These ingenious mechanical toys were to become prototypes for the engines of the industrial revolution. They were powered by spring mechanisms similar to those of clocks.

Clocks[edit]

An 18th-century wadokei (Japanese clock).

Mechanical clocks were introduced into Japan by Jesuit missionaries or Dutch merchants in the sixteenth century. These clocks were of the lantern clock design, typically made of brass or iron, and used the relatively primitive verge and foliot escapement. These led to the development of an original Japanese clock, called Wadokei.

Neither the pendulum nor the balance spring were in use among European clocks of the period, and as such they were not included among the technologies available to the Japanese clockmakers at the start of the isolationist period in Japanese history, which began in 1641. As the length of an hour changed during winter, Japanese clock makers had to combine two clockworks in one clock. While drawing from European technology they managed to develop more sophisticated clocks, leading to spectacular developments such as the Universal Myriad year clock designed in 1850 by the inventor Tanaka Hisashige, the founder of what would become the Toshiba corporation.

Pumps[edit]

Vacuum pump drawing by Udagawa, 1834.
Description of perpetual lamps (無尽灯) using compressed air fuelling mechanisms.
Air gun developed by Kunitomo, circa 1820–1830.

Air pump mechanisms became popular in Europe from around 1660 following the experiments of Boyle. In Japan, the first description of a vacuum pump appear in Aochi Rinsō (ja:青地林宗)’s 1825 Atmospheric Observations (気海観瀾, Kikai Kanran), and slightly later pressure pumps and void pumps appear in Udagawa Shinsai (宇田川榛斎(玄真))’s 1834 Appendix of Far-Western Medical and Notable Things and Thoughts (遠西医方名物考補遺, Ensei Ihō Meibutsu Kō Hoi). These mechanisms were used to demonstrate the necessity of air for animal life and combustion, typically by putting a lamp or a small dog in a vacuum, and were used to make calculations of pressure and air density.

Many practical applications were found as well, such as in the manufacture of air guns by Kunitomo Ikkansai, after he repaired and analyzed the mechanism of some Dutch air guns which had been offered to the Shogun in Edo. A vast industry of perpetual oil lamps (無尽灯, Mujin Hi) developed, also derived by Kunitomo from the mechanism of air guns, in which oil was continuously supplied through a compressed air mechanism.[4] Kunitomo developed agricultural applications of these technologies, such as a giant pump powered by an ox, to lift irrigation water.

Aerial knowledge and experiments[edit]

Drawing of a Western hot air balloon, from the 1787 Sayings of the Dutch.
First demonstration of a hot air balloon in Umegasaki, Japan, in 1805 by Johann Caspar Horner.

The first flight of a hot air balloon by the brothers Montgolfier in France in 1783, was reported less than four years later by the Dutch in Dejima, and published in the 1787 Sayings of the Dutch.

In 1805, almost twenty years later, the Swiss Johann Caspar Horner and the Prussian Georg Heinrich von Langsdorff, two scientists of the Kruzenshtern mission that also brought the Russian ambassador Nikolai Rezanov to Japan, made a hot air balloon out of Japanese paper (washi) and made a demonstration of the new technology in front of about 30 Japanese delegates.[5]

Hot air balloons would mainly remain curiosities, becoming the object of experiments and popular depictions, until the development of military usages during the early Meiji era.

Steam engines[edit]

Drawing from the Japanese book Odd Devices of the Far West, completed in 1845 but published in 1854.
A steamship described in Odd Devices of the Far West.
Japan’s first steam engine, manufactured in 1853 by Tanaka Hisashige.

Knowledge of the steam engine started to spread in Japan during the first half of the 19th century, although the first recorded attempts at manufacturing one date to the efforts of Tanaka Hisashige in 1853, following the demonstration of a steam engine by the Russian embassy of Yevfimy Putyatin after his arrival in Nagasaki on August 12, 1853.

The Rangaku scholar Kawamoto Kōmin completed a book named Odd Devices of the Far West (遠西奇器述, Ensei Kiki-Jutsu) in 1845, which was finally published in 1854 as the need to spread Western knowledge became even more obvious with Commodore Perry’s opening of Japan and the subsequent increased contact with industrial Western nations. The book contains detailed descriptions of steam engines and steamships. Kawamoto had apparently postponed the book’s publication due to the Bakufu’s prohibition against the building of large ships.

Geography[edit]

Topographical work via European methods, 1848 print from Regional Survey Maps (地方測量之図, Jikata Sokuryō no Zu).
Japanese world map published in 1792, by Shiba Kōkan, "Complete Map of the Earth" (地球全図, Chikyū Zenzu).

Modern geographical knowledge of the world was transmitted to Japan during the 17th century through Chinese prints of Matteo Ricci's maps as well as globes brought to Edo by chiefs of the VOC trading post Dejima. This knowledge was regularly updated through information received from the Dutch, so that Japan had an understanding of the geographical world roughly equivalent to that of contemporary Western countries. With this knowledge, Shibukawa Shunkai made the first Japanese globe in 1690.

Throughout the 18th and 19th centuries, considerable efforts were made at surveying and mapping the country, usually with Western techniques and tools. The most famous maps using modern surveying techniques were made by Inō Tadataka between 1800 and 1818 and used as definitive maps of Japan for nearly a century. They do not significantly differ in accuracy with modern ones, just like contemporary maps of European lands.

Biology[edit]

Animal plate by Itō Keisuke.
Description of insects in the Sayings of the Dutch, 1787.
The first gibbon brought to Japan in modern times (1809), drawn by Mori Sosen

The description of the natural world made considerable progress through Rangaku; this was influenced by the Encyclopedists and promoted by von Siebold (a German doctor in the service of the Dutch at Dejima). Itō Keisuke created books describing animal species of the Japanese islands, with drawings of a near-photographic quality.

Entomology was extremely popular, and details about insects, often obtained through the use of microscopes (see above), were widely publicized.

In a rather rare case of "reverse Rangaku" (that is, the science of isolationist Japan making its way to the West), an 1803 treatise on the raising of silk worms and manufacture of silk, the Secret Notes on Sericulture (養蚕秘録, Yōsan Hiroku) was brought to Europe by von Siebold and translated into French and Italian in 1848, contributing to the development of the silk industry in Europe.

Plants were requested by the Japanese and delivered from the 1640s on, including flowers such as precious tulips and useful items such as the cabbage and the tomato.


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-17 21:35 | 歴史 | Comments(0)

蘭学(Dutch learning)Part 1

The Chinese characters (kanji) for "Rangaku". The first character "ran" is an abbreviation of the ateji for "Holland" (阿蘭陀, or with 2 Kanji 和蘭), o-ran-da, abbreviated to "ran" – because it is the emphasized syllable; cf. List of foreign place names in Japanese). The second character "gaku" means "study" and "learning".

Rangaku (Kyūjitai: /Shinjitai: 蘭学, literally "Dutch learning", and by extension "Western learning") is a body of knowledge developed by Japan through its contacts with the Dutch enclave of Dejima, which allowed Japan to keep abreast of Western technology and medicine in the period when the country was closed to foreigners, 1641–1853, because of the Tokugawa shogunate's policy of national isolation (sakoku).
A meeting of Japan, China, and the West, Shiba Kōkan, late 18th century.

Through Rangaku, some people in Japan learned many aspects of the scientific and technological revolution occurring in Europe at that time, helping the country build up the beginnings of a theoretical and technological scientific base, which helps to explain Japan’s success in its radical and speedy modernization following the forced American opening of the country to foreign trade in 1854.

[original research?]

History[edit]

Account of Foreign Countries (増補華夷通商考, Zōho Kaitsū Shōkō), Nishikawa Joken, 1708. Tokyo National Museum.

The Dutch traders at Dejima in Nagasaki were the only European foreigners tolerated in Japan from 1639 till 1853 (the Dutch had a trading post in Hirado from 1609 till 1641 before they had to move to Dejima), and their movements were carefully watched and strictly controlled, being limited initially to one yearly trip to give their homage to the Shogun in Edo. They became instrumental, however, in transmitting to Japan some knowledge of the industrial and scientific revolution that was occurring in Europe: the Japanese purchased and translated scientific books from the Dutch, obtained from them Western curiosities and manufactures (such as clocks, medical instruments, celestial and terrestrial globes, maps, plant seeds), and received demonstrations of Western innovations, such as the demonstrations of electric phenomena, and the flight of a hot air balloon in the early 19th century. In the 17th and 18th centuries, the Dutch were the most economically wealthy and scientifically advanced of all European nations, which put them in a privileged position to transfer Western knowledge to Japan.[citation needed] While other European countries faced ideological and political battles associated with the Protestant Reformation, the Netherlands were a free state, attracting leading thinkers such as René Descartes.

Altogether, thousands of such books were published, printed, and circulated. Japan had one of the largest urban populations in the world, with more than one million inhabitants in Edo, and many other large cities such as Osaka and Kyoto, offering a large, literate market to such novelties. In the large cities some shops, open to the general public, specialized in foreign curiosities.

Beginnings (1640–1720)[edit]

Painting by Kawahara Keiga: Arrival of a Dutch Ship. Philipp Franz von Siebold at Dejima with his Japanese wife Otaki and their baby daughter Ine observing a VOC ship in Nagasaki Bay using a teresukoppu (telescope).

The first phase of Rangaku was quite limited and highly controlled. After the relocation of the Dutch trading post to Dejima, trade as well as the exchange of information and the activities of the remaining Westerners (dubbed "Red-Heads" (kōmōjin)) were restricted considerably. Western books were prohibited, with the exemption of books on nautical and medical matters. Initially, a small group of hereditary Japanese–Dutch translators labored in Nagasaki to smooth communication with the foreigners and transmit bits of Western novelties.

The Dutch were requested to give updates of world events and to supply novelties to the Shogun every year on their trips to Edo. Finally, the Dutch factories in Nagasaki, in addition to their official trade work in silk and deer hides, were allowed to engage in some level of "private trade". A small, lucrative market for Western curiosities thus developed, focused on the Nagasaki area. With the establishment of a permanent post for a surgeon at the Dutch trading post Dejima, high-ranking Japanese officials started to ask for treatment in cases when local doctors were of no help. One of the most important surgeons was Caspar Schamberger, who induced a continuing interest in medical books, instruments, pharmaceuticals, treatment methods etc. During the second half of the 17th century high-ranking officials ordered telescopes, clocks, oil paintings, microscopes, spectacles, maps, globes, birds, dogs, donkeys, and other 'rarities' for their personal entertainment and for scientific studies.[1]

Liberalization of Western knowledge (1720–)[edit]

Description of a microscope in Various stories about the Dutch (紅毛雑話), 1787.

Although most Western books were forbidden from 1640, rules were relaxed under Shogun Tokugawa Yoshimune in 1720, which started an influx of Dutch books and their translations into Japanese. One example is the 1787 publication of Morishima Chūryō’s Sayings of the Dutch (紅毛雑話, Kōmō Zatsuwa, lit. "Red Hair Chitchat"), recording much knowledge received from the Dutch. The book details a vast array of topics: it includes objects such as microscopes and hot air balloons; discusses Western hospitals and the state of knowledge of illness and disease; outlines techniques for painting and printing with copper plates; it describes the makeup of static electricity generators and large ships; and it relates updated geographical knowledge.

Between 1804 and 1829, schools opened throughout the country by the Bakufu as well as terakoya (temple schools) helped spread the new ideas further.

By that time, Dutch emissaries and scientists were allowed much more free access to Japanese society. The German physician Philipp Franz von Siebold, attached to the Dutch delegation, established exchanges with Japanese students. He invited Japanese scientists to show them the marvels of Western science, learning, in return, much about the Japanese and their customs. In 1824, von Siebold began a medical school in the outskirts of Nagasaki. Soon this Narutaki-juku (鳴滝塾) grew into a meeting place for about fifty students from all over the country. While receiving a thorough medical education they helped with the naturalistic studies of von Siebold.

Expansion and politicization (1839–)[edit]

The Myriad year clock, a Japanese-made perpetual clock-watch (wadokei), made by Tanaka Hisashige in 1851 (National Museum of Nature and Science, Tokyo).

The Rangaku movement became increasingly involved in Japan's political debate over foreign isolation, arguing that the imitating of Western culture would strengthen rather than harm Japan. The Rangaku increasingly disseminated contemporary Western innovations.

In 1839, scholars of Western studies (called 蘭学者 "rangaku-sha") briefly suffered repression by the Edo Shogunate in the Bansha no goku (蛮社の獄, roughly "imprisonment of the society for barbarian studies") incident, due to their opposition to the introduction of the death penalty against foreigners (other than Dutch) coming ashore, recently enacted by the Bakufu. The incident was provoked by actions such as the Morrison Incident, in which an unarmed American merchant ship was fired upon under the Edict to Repel Foreign Ships. The edict was eventually repealed in 1842.

Rangaku ultimately became obsolete when Japan opened up during the last decades of the Tokugawa regime (1853–67). Students were sent abroad, and foreign employees (o-yatoi gaikokujin) came to Japan to teach and advise in large numbers, leading to an unprecedented and rapid modernization of the country.

It is often argued that Rangaku kept Japan from being completely uninformed about the critical phase of Western scientific advancement during the 18th and 19th century, allowing Japan to build up the beginnings of a theoretical and technological scientific base. This openness could partly explain Japan’s success in its radical and speedy modernization following the opening of the country to foreign trade in 1854.


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-17 21:30 | 歴史 | Comments(0)

トランプ大統領の”SHITHOLE”発言

トランプ大統領の”SHITHOLE”発言

President Trump Denies Making 'Shithole Countries' Slur | The 11th Hour | MSNBC
https://www.youtube.com/watch?v=8E6QZoIrCbA

Trump's "S---hole Countries" Remark | The View
https://www.youtube.com/watch?v=R3mjJV_XGaQ

Ann Coulter Vs Immigration Lawyer On Trumps "Sh!tH0le Countries" Statement
https://www.youtube.com/watch?v=FrABxm7LuFw

Ben Shapiro Breakdown Trumps "S**Hole Countries Comment"
https://www.youtube.com/watch?v=qlhLLaDyjNk

Tapper: You know who loved Trump's comments?
https://www.youtube.com/watch?v=-zvcqAWRROE

Trump took 'victory lap' after 'shithole' remark
https://www.youtube.com/watch?v=UzuEHHLbx_M

Navarro: No other way to interpret Trump's comments
https://www.youtube.com/watch?v=UVuVNa-2A08

Trump ACTUALLY Called These Countries S**tholes
https://www.youtube.com/watch?v=rMFxV-l3qG0

Trump ACTUALLY Called These Countries S**tholes
https://www.youtube.com/watch?v=rMFxV-l3qG0&list=RDrMFxV-l3qG0#t=72

The impact of President Donald Trump’s explicit insult, latest updates in the Russia probe
https://www.youtube.com/watch?v=2xAge1PVVYY

Shields and Brooks on Trump’s ‘s***hole’ comments, ‘Fire and Fury’ fallout
https://www.youtube.com/watch?v=WKrwp2qVJ68

CNN panel debates if President Trump is a racist
https://www.youtube.com/watch?v=CxDT9m5d8yI

BREAKING NEWS 1/15/18 - CNN NEW DAY - PRESIDENT TRUMP LATEST NEWS TODAY JANUARY 15, 2018
https://www.youtube.com/watch?v=twYufDBowrQ





ワシントン(CNN) トランプ米大統領は12日、移民関連の会合で一部の国を「便所のような国」と評したことを否定した。また、被災国などの出身者の保護資格に関する協議からハイチ人を除外するよう要求したことも否定した。

議員らとの会合では、幼少時に親に連れられて米国へ不法入国した若者の強制送還を免除する措置「DACA(ダカ)」をめぐる超党派の案が示されたが、トランプ氏はこれを拒否していた。

トランプ氏は今回ツイッターで、「DACA関連の会合で私が使った言葉は厳しいものだったが、この言葉は使っていない。本当に厳しいのは、とんでもない提案が示されたことだ。DACAにとって大きな後退だ」と述べた。

この後には、「ハイチが非常に貧しく問題を抱えた国だということ以外、ハイチ人に関して侮辱的なことを言ったことは1度もない。『除外しろ』などとは決して言わなかった」と主張。民主党関係者のでっち上げだとした。

ホワイトハウスのシャー報道官は11日夕の時点で「便所のような国」との発言があったことを否定していなかった。

民主党のディック・ダービン上院議員は問題の発言があったことを確認。「トランプ氏はこうした憎悪に満ちた内容を再三にわたり述べていた」と述べた。一方、移民問題で強硬姿勢を取る共和党のトム・コットン、デービッド・パーデュー両上院議員は、「大統領が具体的にこうした発言を行ったことは記憶にない」としている。

会合の状況に詳しい情報筋がCNNに明かしたところによれば、大統領はハイチ人に言及してこの言葉は使わなかったものの、抽選制の多様性ビザプログラムに関する会話で、アフリカ出身の人々に言及して「便所のような国」から来ている述べたという。大統領はまた、ハイチ人の受け入れを増やす必要性に疑問を呈し、超党派の政策案から「除外しろ」とも迫った。

ダービン議員や他の共和党議員から概要を聞いた共和党のジェフ・フレーク上院議員は、この種の発言があったことをCNNに確認した。ダービン議員も米MSNBCテレビに対し、アフリカからの移民の話で「便所」発言が繰り返されたと語った。

トランプ大統領はツイッターで、壁建設の予算も適切に確保していないのに米国は犯罪率の高い国々から多くの人々の受け入れを強いられていると説明。能力に基づく移民制度を導入し米国を発展させる人材の受け入れが望ましいとの見解を示した。


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-13 22:09 | 政治 | Comments(0)

日本人よ、「世界最高頭脳」を目指せ!

【日本人よ、「世界最高頭脳」を目指せ】

人間は年を取るごとに身体能力は衰えていくのである。
いくら優れたスポーツ選手でも体は衰えていくのである。
しかし人間の頭脳は年を取るとともに進化するのである。
ただし進化させようとする意志と努力がないとだめなんだぜ。
サルのままで自己満足していると、いつまでたっても頭脳は進化しないんだぜ。
いいかね、囲碁や将棋で段を取ったとするだろ。それで次の日からスマホより優れたものが作れるのかね、英語が話せるようになるのかね?
これを「サルの自己満足」と言うんだぜ。


「広辞苑第7版が発売 10年ぶり改訂、1万項目を追加」
だそうだ。

ここで一句。

日本語は すぐれた言語と サル自慢
日本語は 世界の中の サル言語

明治維新はサル同士の喧嘩だったんだぜ。
そのサル同士の喧嘩を後ろでけしかけていた連中が西洋人(白人)だったんだぜ。

★The Meiji Revolution (entire)
https://www.youtube.com/watch?v=gURiHVTJX4A

サル同士 サルの言語で サル喧嘩

日清戦争はアジアのサル同士を争わして共倒れを白人たちが画策したが日本が強すぎた。
そこで今度はロシアと戦わして日本の敗北を確信したが、白人たちが驚いたことに、なんと日本のサルたちが勝ってしまったのである!
日英同盟を結んでいたイギリス人(白人)で日本の勝利を喜んだものは一人もいない。


いいかね、国連で日本語が話されているかね?
サル言語は絶対に国連で話されることはない。
     ☟

★国連とは何か・安全保障理事会(国連分担金)と北朝鮮制裁決議
http://kabukachan.exblog.jp/27378411/

世界中の学校で日本語が教えられているかね?
英語は世界中で教えられているだろ。
英語は事実上の世界言語なんだぜ。


かつて大英帝国が世界の七つの海を支配しているときに、
日本人は鎖国をしてのんびり日本列島の中で暮らしていただろ。
そのときの「付け」が現在まで回って来ているんだぜ。

日本人は一生英語を学ばなければならないという
ハンディーを背負っているんだぜ。
ビル・ゲイツは英語を話すアメリカ人だぜ。
     ☟

★Bill Gates Harvard Commencement Address 2007
https://www.youtube.com/watch?v=zPx5N6Lh3sw

このハンディーを乗り越えないと
「世界最高頭脳」の実現は難しい。
「世界最高頭脳」とは科学の分野だけのことではない。
国際政治の表も裏も知りつくした政治的かつ
科学的思考力の持ち主を言う。
どこの外国人が日本語を学んでくれるかね?
日本人よ、サルのまま自己満足して
閉じ籠るんじゃないぜ。


   ☟
http://edition.cnn.com/

http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos

http://www.foxnews.com/

http://video.foxnews.com/

http://www.cbsnews.com/videos/

http://abcnews.go.com/video

http://www.nbcnews.com/video




おまけ!

【島津斉彬】

【知恵泉 島津斉彬】 あの西郷隆盛や大久保利通を育てた男!その人材育成術を学べ獲れ!!
https://www.youtube.com/watch?v=nzDlT0Tmrg0

島津 斉彬(しまづ なりあきら)は、江戸時代後期から幕末外様大名で、薩摩藩の第11代藩主。島津氏第28代当主。

薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人である。西郷隆盛ら幕末に活躍する人材も育てた。

生い立ちとお由羅騒動[編集]

文化6年(1809年)3月14日、第10代藩主・島津斉興の長男として江戸薩摩藩邸で生まれる。母・弥姫(周子)は「賢夫人」として知られた女性で、この時代には珍しく斉彬はじめ弥姫出生の3人の子供は乳母をつけず、弥姫自身の手で養育された。また、青年期まで存命であった曽祖父第8代藩主・重豪の影響を受けて洋学に興味をもつ。これが周囲の目に蘭癖と映ったことが皮肉にも薩摩藩を二分する抗争の原因の一つになったとされる。

斉彬が藩主に就任となれば、重豪のように公金を湯水のごとく費やし藩財政の困窮に一層の拍車をかけかねないと特に藩上層部に心配され、斉興は斉彬が40歳を過ぎてもまだ家督を譲らなかった。そして、家老調所広郷(笑左衛門)や斉興の側室・お由羅の方らは、お由羅の子で斉彬の異母弟に当たる久光の擁立を画策した。斉彬派側近は久光やお由羅を暗殺しようと計画したが、情報が事前に漏れて首謀者13名は切腹、また連座した約50名が遠島・謹慎に処せられた。斉彬派の4人が必死で脱藩し、斉興の叔父にあたる筑前福岡藩主・黒田斉溥に援助を求めた。斉溥の仲介で、斉彬と近しい幕府老中阿部正弘伊予宇和島藩主・伊達宗城越前福井藩主・松平慶永らが事態収拾に努めた。こうして嘉永4年(1851年)2月に斉興が隠居し、斉彬が第11代藩主に就任した。この一連のお家騒動お由羅騒動(あるいは高崎崩れ)と呼ばれている。

藩主時代[編集]

藩主に就任するや、藩の富国強兵に努め、洋式造船、反射炉溶鉱炉の建設、地雷水雷ガラスガス灯の製造などの集成館事業を興した。嘉永4年(1851年)7月には、土佐藩の漂流民でアメリカから帰国した中浜万次郎(ジョン万次郎)を保護し藩士に造船法などを学ばせたほか、安政元年(1854年)、洋式帆船「いろは丸」を完成させ、帆船用帆布を自製するために木綿紡績事業を興した。西洋式軍艦「昇平丸」を建造し幕府に献上している。昇平丸は後に蝦夷地開拓の際に咸臨丸とともに大きく役立った。黒船来航以前から蒸気機関の国産化を試み、日本最初の国産蒸気船「雲行丸」として結実させた。また、下士階級出身の西郷隆盛大久保利通を登用して朝廷での政局に関わる。

斉彬は松平慶永・伊達宗城・山内豊信・徳川斉昭・徳川慶勝らと藩主就任以前から交流をもっていた。斉彬は彼らとともに幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革安政の幕政改革)を訴えた。特に斉彬は黒船来航以来の難局を打開するには公武合体・武備開国をおいてほかにないと主張した。阿部正弘の内諾を受け、薩摩藩の支配下にあった琉球王国を介して、フランスとの兵器購入・交易を画策し市来四郎を派遣したが、後の斉彬の急死で頓挫している。

安政4年(1857年)の阿部正弘の死後、安政5年(1858年)に大老に就いた井伊直弼将軍継嗣問題で真っ向から対立した。第13代将軍・徳川家定が病弱で嗣子がなかったため、宗城ほか四賢侯、斉昭らは次期将軍に斉昭の子の慶喜を推し、篤姫を近衛家の養女とした上で家定正室として嫁がせるなどしている。斉彬は公家を通じて慶喜を擁立せよとの内勅降下を請願している。一方、井伊直弼は紀州藩主・徳川慶福(よしとみ)を推した。井伊は大老の地位を利用して強権を発動し、反対派を弾圧する安政の大獄を開始する。結果、慶福が第14代将軍・徳川家茂となり、斉彬らは将軍継嗣問題で敗れた。

最期[編集]

斉彬はこれに対し、藩兵5,000人を率いて抗議のため上洛することを計画した。しかし、その年の7月8日鹿児島城下で出兵のための練兵を観覧の最中に発病し、7月16日に死去した。享年50(満49歳没)。死因は、当時日本で流行していたコレラという説が有力であるが、そのあまりに急な死は、嫡子がいずれも夭逝していることとも併せ、父・斉興や異母弟・久光またはその支持者の陰謀であるとの噂もあった。なお、みなもと太郎は漫画『風雲児たち』において、薩摩ではコレラの流行が既に終わっていること、症状悪化の緩やかさがコレラの症状に該当しないこと、「異常なまでの心臓の衰弱」が、赤痢腸チフスなど、コレラ以外の病気を死因とする他の病死説にも当てはまらないことを指摘し毒殺説を暗に支持する立場をとり、当初赤痢説を支持していた海音寺潮五郎が小説『西郷隆盛』の第二版から毒殺説に転じたことも紹介している[1]









[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-12 22:51 | 日本人覚醒 | Comments(0)

トランプ政権暴露本『FIRE AND FURY INSIDE THE TRUMP WHITE HOUSE』

米政権暴露本、前倒しで5日発売 
「中身嘘だらけ」とトランプ氏


日本のサル諸君、わかるかね?

    ☟

★Fire and Fury Audiobook FULL - Inside the Trump White House (Michael Wolff)
https://www.youtube.com/watch?v=lM5Ty1zoulg

"Fire And Fury" by Michael Wolff - FULL AudioBook
https://www.youtube.com/watch?v=-sR_JsvljCY

頭がカッカする時は、
そのカッカしたサルの頭で
湯を沸かすんだぜ。
効率がいいからね。(笑)


①Fire and Fury by Michael Wolff Audiobook #1
https://www.youtube.com/watch?v=OD2DTAAUL5Y

②Fire and Fury by Michael Wolff Audiobook #2
https://www.youtube.com/watch?v=GwHkivJJEEs

ここでお馴染みの一句。

★日本猿 わからん時は すぐ逃げる!
(☝これ! ☝これ! 猿の典型的な習性)




Is 'Fire and Fury' fact or fiction?
https://www.youtube.com/watch?v=xN9R2Ea-MPw

Fire And Fury In The White House | The 11th Hour | MSNBC
https://www.youtube.com/watch?v=xrdHNrLhOFo

Trump: Wolff Book 'Fire And Fury' Is 'Full Of Lies' | The View
https://www.youtube.com/watch?v=R9jc2KzvLtI

President Trump says Michael Wolff's 'Fire and Fury' is 'full of lies'
https://www.youtube.com/watch?v=hQL6d1X65nE

‘Fire And Fury’ Author Michael Wolff: ‘I Absolutely’ Spoke To President Donald Trump | TODAY
https://www.youtube.com/watch?v=REEg6Jwmp6s

Bizarre, Unverified and Fraudulent: Michael Wolff Steps Inside the Trump Presidency: The Daily Show
https://www.youtube.com/watch?v=My7e4qkIemQ

This Week With George Stephanopoulos 1/7/18: Nikki Haley, Sen. Tom Cotton and Sen. Bernie Sanders
https://www.youtube.com/watch?v=iDqQSXbjCIY

'Fire and Fury' Author Michael Wolff On Bannon's Ousting, Trump's Mental Fitness | The View
https://www.youtube.com/watch?v=PqunhjwssEA

The View January 10 2018 - Ana Navarro; Michael Wolff
https://www.youtube.com/watch?v=KzZnEkC2HIQ

Lemon to Michael Wolff: Is Trump book gossip or journalism?
https://www.youtube.com/watch?v=xSKPaCesK_4

Trump Is Becoming More Erratic and Working Less: A Closer Look
https://www.youtube.com/watch?v=RolwE1lXOq8

'Fire And Fury' Author Michael Wolff Defends Controversial President Donald Trump Book (Full) | CNBC
https://www.youtube.com/watch?v=FX3TizIUL4c



米政権暴露本、前倒しで5日発売 「中身嘘だらけ」とトランプ氏

2018.01.05 Fri posted at 18:45 JST


ニューヨーク(CNNMoney) トランプ米政権の内幕を描いたとされる暴露本をめぐり、同書を出版するヘンリー・ホルト社の広報担当者は4日、CNNに対して、発売日を当初の9日から5日の東部時間午前9時に前倒しすると明らかにした。

問題の書籍は、マイケル・ウルフ氏が執筆した「Fire and Fury: Inside the Trump White House(仮訳:炎と怒り、トランプホワイトハウスの内部)」。トランプ大統領の弁護士は4日朝、ウルフ氏とヘンリー・ホルト社に送った書簡の中で、同書からの抜粋部について、大統領に関する「誤った、もしくは根拠のない意見」が含まれていると主張。名誉毀損(きそん)などの訴えを起こす可能性を示唆したうえで、出版の差し止めなどを求めていた。

ヘンリー・ホルト社の広報担当者は発売の前倒しを決めた理由として「かつてない規模の需要」を挙げた。発表の時点で、各書店には発売前倒しの通知がすでに届いていた。

著者のウルフ氏は、発売が早まったことを歓迎するコメントをツイッターに投稿。「明日にでも本書を購入できる(そして読める)。ありがとう大統領」とつづった。

一方トランプ氏は4日、ツイッターでウルフ氏の著書について「うそだらけ。虚偽に満ちた内容で、実際には存在しない情報源にもとづいている」と酷評。「いんちき本の著者はホワイトハウス出入り禁止にした」と述べ、本書のためにウルフ氏の取材に応じたことはないと強調した。





おまけ!

サル同士 サルの言語で サル喧嘩
2ちゃんねる サルの集まる 広場なり
2ちゃんねる サルが喜ぶ 暇つぶし
サル同士 みんなで籠る サル世界
日本猿 視野の狭さは 世界一





太平洋戦争の総括
http://kabukachan.exblog.jp/25588907/

「南京大虐殺」論争に終止符が打たれる日‐‐‐ノーカット版
https://www.youtube.com/watch?v=JyYh90V6bEM

「通州事件」って知っていますか?
http://kabukachan.exblog.jp/25605655/

本多勝一と朝日新聞社
http://kabukachan.exblog.jp/25644975/


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-06 21:59 | 政治 | Comments(0)

日本独自のOS・トロン(TRON)を知れ。

オーム社 技術総合誌「OHM20042月号 掲載   PDFファイル [(株)オーム社殿のご提供による]

HEDLINE REVIEW   情報通信

酒井 寿紀 (さかい・としのり)

酒井ITビジネス研究所 代表 
トロンとマイクロソフトの歴史的誤解

Q トロンとマイクロソフトの最近の動向を教えてください 

2003年の925日にマイクロソフトとトロンの提携が発表されました。その内容は、マイクロソフトの組み込み用OS(オペレーティング・システム)であるWindows CEとトロンのOSの核であるカーネルを組み合わせて新しいOSを開発するというものです。その後、この提携に関する記事が新聞・雑誌を賑わせましたが、その中には不適切な記述や誤解を招く表現が多いように思います。ここではそのいくつかを取り上げてみたいと思います。

Q 当時、「トロンはアメリカの圧力を受けて頓挫した」と言われていますが、これは本当なのでしょうか

トロン(TRON)というのは、1984年に、現在の東京大学の坂村健教授によって提唱されたプロジェクトの名称で、“The Real-time Operating system Nucleus”の略です。このプロジェクトは、当初、表1に示す五つの計画から成っていました。

 

表1  トロン・プロジェクトの当初の計画とその後の普及状況 
No.名 称 内  容 普及状況
1

ITRON (I=Industrial)

組み込み用OS仕様

2

BTRON (B=Business)

パソコン用のOSの仕様

×
3

CTRON (C=Central)

情報処理用のOSの仕様(注)

×
4

MTRON (M=Macro)

ネットワークの仕様

×
5

TRONチップ

マイクロプロセッサの仕様

×

(注) 現在の言葉で言えばサーバー用のOSの仕様

 

このうち、BTRONが、1989年にアメリカのUSTR*1によって非関税障壁の一つとして取り上げられました。しかし、USTRBTRONそのものに反対したわけではなく、旧通商産業省や旧文部省がBTRONを小中学校の教育用パソコンの標準OSに選定しようとしたことに反対し、市場の力によってどの製品が成功するかが決定されるべきだと主張したのです。

ほかの製品より安くて高性能で、アプリケーション・ソフトや周辺機器の品揃えが豊富になることが見込まれたら、学校の標準に採用されなくても普及したはずです。しかし、関連するソフトやハードが豊富に安く手に入るようになるためには、日本だけでなく、全世界で普及することが不可欠です。日本国内だけでの普及では、開発費の負担や量産効果、アプロケーション・ソフトや周辺機器の品揃えの面で、全世界で普及しているパソコンに到底太刀打ちできないからです。

日本の一部の人を除いて、BTRONが全世界で普及するものになるとは思わなかったことが、普及しなかった最大の原因です。たとえアメリカの圧力がなく、日本政府の支援で一時的に多少普及していたとしても、長期的には同じ結果になったでしょう。アメリカの圧力はそれを多少加速したにすぎません。


Q 「トロンは情報家電などの分野で業界標準になっている」というのは正しいのでしょうか

「情報家電」を、家庭で高度な情報を扱う、パソコン以外の製品とすると、まず、PDA*2、ビデオゲーム、携帯電話があります。しかし、世界中のほとんどのPDAOSはマイクロソフトかパームのものです。シャープは独自のOSを使っていましたが、最近はLinuxを使うようになりました。

ビデオゲームについては、ソニー、任天堂、マイクロソフト、それぞれ独自のOSを使っています。

携帯電話については、日本では確かに多くのものがITRON(表1)系のOSを使っています。しかし、ガートナー社によれば、全世界で販売されている携帯電話のOS80%以上はシンビアン(Symbian)のものだといいます。ITU*3の統計によれば、2002年末の日本の携帯電話の利用者数は全世界の7%にすぎないので、たとえ日本でのシェアが圧倒的に高くても、全世界から見ればたかが知れているわけです。

OSやマイクロプロセッサなどの基幹製品については全世界でのシェアが重要です。これらは世界中で共通に使えるものなので、全世界でのシェアが高い製品が圧倒的に有利な戦いを展開できるからです。

そして、日本でも、NTTドコモの立川敬二社長は、200312月に、第3世代の携帯電話用にはシンビアンのOSLinuxを推奨すると表明しました。携帯電話の機能が高度化すると、これらの周辺ソフトが揃っているOSの方が望ましく、また、全世界で事業を展開するには、これらの世界中で使われているOSの方が有利だからだと思われます。すでに富士通は、NTTドコモ向けの第3世代の携帯電話にシンビアンのOSを使っています。

このような状況なので、情報家電の世界でITRON系のOSが圧倒的に優勢だというわけではありません。ITRON系が優勢なのは、日本のAV機器、自動車、家電品、計測器など、どちらかというと高度な情報処理を必要としない分野です。

Q 「マイクロソフトは自社技術路線を転換してトロンと提携した」というのは正しいのでしょうか

マイクロソフトの現在の繁栄の元になったDOSは、1981年に同社がシアトル・コンピュータ・プロダクツから5万ドルで買い取ったものです。そして、2003年同社は検索エンジンの「グーグル(Google)」を買収しようとしたと報じられました。このように、マイクロソフトは決して自社技術路線にこだわる会社ではありません。

マイクロソフトは、ビジネスに必要なものは、必要とあれば、外部から調達してきました。したがって、Windows CEのカーネルにITRONを使うことにしたのは路線変更とは言えません。

Q 「トロンとマイクロソフトは歴史的和解をして今回の提携に至った」というのは本当でしょうか

「和解」というのは、戦争でも裁判でも、戦っていた当事者同士が戦うのをやめて握手することです。しかし、マイクロソフトとトロン陣営は戦っていたことがあるのでしょうか? パソコン用のOSの世界ではBTRONが本格的に市場に出たことはありませんでした。CTRON(表1)は、元はメインフレームが使われていた分野をねらったOSなので、1980年代のマイクロソフトにとっては関係のない世界でした。

広い意味で同じである市場でぶつかったのは、組み込み用OSの世界だけです。しかし、ここでも、マイクロソフトが使われているPDAではITRONは使われていません。また、ITRONが使われている携帯電話の世界にマイクロソフトが参入したのは2002年で、同社のOSを使った携帯電話が世の中に出始めたのは2003年です。したがって、携帯電話で競合するとしても、それは今後の話です。

そして、ITRONOSが普及しているAV機器などの分野ではWindows CE系のOSはほとんど使われていません。このように、両者はどの市場をとっても今までに本格的な競合関係にあったことはありません。したがって、和解の必要などなかったのです。


Q 最近、トロンが新しいソフトを公開すると聞きますが、今後トロンはどう変わるのでしょうか

ITRONは登場以来、ずっとOSの仕様であり、OSのソフトウェアそのものではありませんでした。その仕様に基づいてどういうOSを作るかはユーザーの自由で、それを「弱い標準化」と称していました。

そのため、ITRONの仕様に準拠したOSが多数存在し、業界全体で大変な重複開発になっていました。また、これはOS間の互換性の障害になり、周辺ソフトの市場形成の妨げにもなっていました。一方、組み込み用OSを使う機器は、ネットワーク接続、ファイル管理などでますます高度な情報処理を必要とするようになり、周辺ソフトの豊富な品揃えに対するニーズが従来以上に高まってきました。

そこで、トロンは従来の方針を変更し、“T-Kernel”というOSの核を無料で提供し、周辺ソフトや開発ツールの市場の形成を促すようにしました。つまり、ほかのソフトウェア製品と同じような、「強い標準化」に変身したのです。

組み込み用OSには、マイクロソフトのWindows CEのように、情報処理には強いがリアルタイム性能に問題があるもの、従来のリアルタイムOSのようにその逆のもの、Linuxをベースにしてリアルタイム性能の改善を図ったものなど多数あります(表2) 情報処理機能の充実とリアルタイム性能の向上という相容れない要求を同時に実現するのは難しく、二つのOSを組み合わせてこれを実現しようという試みもいろいろ行われています。今回のトロンとマイクロソフトの提携もそういう試みの一つです。

 

表2 主な組み込み用OS(全世界での出荷高順  
順位ベンダー名 代表的製品名 特  徴
1

マイクロソフト(Microsoft)

Windows CE

情報系

2

ウィンド・リバー・システムズ(Wind River Systems)

VxWorks

リアルタイム系

3

シンビアン(Symbian)

Symbian OS

情報系

4

パーム(Palm)

Palm OS

情報系

5

QNX

Neutrino

リアルタイム系、Linux互換(注2

6

エニア・データ(Enea Data)

OSE

リアルタイム系

7

グリーン・ヒルズ・ソフトウェア(Green Hills Software)

INTEGRITY

リアルタイム系

8

リナックスワークス(LynuxWorks)

LynxOS

リアルタイム系、Linux互換(注2

9

モンタビスタ・ソフトウェア(MontaVista Software)

MontaVista Linux

リアルタイム系、Linuxベース

10

アクセラレーテッド・テクノロジー(Accelerated Technology)

Nucleus Plus

リアルタイム系

(注1) 順位については Venture Development Corporation の資料 "Winds of Change: VDC Finds Embeded OS Market Share Shifts"( http://www.vdc-corp.com/embedded/press/03/pr03-23.html )による。

[組み込み用OS・関連製品・関連サービスについて、ベンダーごとに合計した2002年の全世界での出荷高の順位]

(注2) Linuxのアプリケーション・プログラムが使える。

 

ITRONは今回の変身で、初めて“T-Kernel”という一つのOSになり、性能、信頼性、互換性、移植性、開発環境などがようやく一つに定まりました。今後、周辺ソフトも順次充実して行くことと思われます。世界に多数ある組み込み用OSの戦場に“T-Kernel”が新たに参入し、新しい戦いがこれから始まるわけです。

*1 US Trade Representative、米通商代表部

*2 Personal Digital Assist、個人用の携帯情報端末

*3 International Telecommunication Union、国際電気通信連合


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-06 10:52 | 日本人覚醒 | Comments(0)

カザール帝国とは何か (What is The Empire of the Khazars ?)

【カザール帝国とは何か?】


The Daily Traditionalist: The Evil Empire of the Khazars 3/27/17
https://www.youtube.com/watch?v=Ejem0GRlSLI

The Daily Traditionalist: The Evil Empire of the Khazars 3/27/17
https://www.youtube.com/watch?v=Ejem0GRlSLI&list=RDEjem0GRlSLI#t=354

The Khazar Myth Debunked - Thirteenth Tribe - Arthur Koestler Refuted
https://www.youtube.com/watch?v=MXFUkvqnk9c

The History Of The Turkish Khazars People
https://www.youtube.com/watch?v=ORz2nOcOTyQ



    ☟

偽ユダヤ人(白人)の起源
http://kabukachan.exblog.jp/21496340/



歴史を振り返っても

ソ連時代から、それ以前、そして
それ以降現代に至るまで、

世界に影響力を持ち続ける国、


日本は特に隣国として
いつも関わっていますが、

国民の多くはそのイメージを
あまり持っていなかったりします。

現代においてユダヤ人が活躍する場は
アメリカや西ヨーロッパだけでなく、

ロシアでも同様です。

ロシアでは歴史的にポグロムと呼ばれる、
「破滅・破壊」を意味する言葉で、

ユダヤ人に対し行なわれる
集団的迫害行為が行われてきた
歴史があります。

★ポグロムとユダヤ人のアメリカ移住
http://kabukachan.exblog.jp/25450166/

特に1903年から1906年にかけての
ユダヤ人襲撃がユダヤ人の国外脱出の
引きがねとなり、

これがシオニズム運動を招くことに
なったきっかけといわれています。

旧ソ連の共産主義や宗教弾圧、
そしてソ連崩壊後の大量の移民
というのも大きな影響があります。

またロシア、東欧からアメリカに
移住した多くのユダヤ人が
ハリウッド映画会社を作っているのです。

★ハリウッドの歴史
http://kabukachan.exblog.jp/21116852/

また、ラスベガスにギャンブル王国を作った
歴史に名を残すギャング

マイヤー・ランスキーもロシア出身のユダヤ人で
その後アメリカに移住しました。

ラスベガスで真っ赤にライトアップされた
ホテルフラミンゴは彼によるものです。

一方で、ロシア国内で
力を持つ人物もユダヤ人だったりします。

日本とは地理的にも近い国で
影響を及ぼし合う関係ですが、

ロシアで影響力を発揮するユダヤ人を
今回は紹介しましょう。


ロシアの財閥はほとんどユダヤ人


ユダヤ人という観点から
ロシアを見るとまた新しい
見え方がしてくるものです。

1990年代のエリツィン政権の時代、

ロシアはオリガルヒ(新興財閥)
と呼ばれる7人の大資本家が興りました。

ロシアの資本主義化の過程で形成された
政治的影響力を有する寡頭資本家のことですが、

彼らは

「7人合わせると
ロシア経済の半分を支配している」

と言われるまでになりました。

そしてその中の
ベレゾフスキー、グシンスキー、
ホドルコフスキー、フリードマン、

そしてスモレンスキーという
5人がユダヤ人です。

オリガルヒはエリツィンの
大統領の再選などにも貢献したので、

ロシア政府への影響力は
高まっていきました。

そして彼らの後押しを受けて

セルゲイ・キリエンコや
エブゲニー・プリマコフといった

ユダヤ人首相が誕生しました。

また地方行政を成功させて
副首相に抜擢された

アナトリー・チュバイスもまた
ユダヤ人です。

旧ソ連体制での国有財産が
いかに民間に移転されていったか?
謎に包まれるところが多いそうですが、

ロシアのユダヤ人人口は
全ロシア人口の0.15%といわれます。

ユダヤ系と言われる人を含めてもわずか3%

にもかかわらず、ロシアで
最も力を持つ大富豪のうち
5人がユダヤ人なのです。

プーチン政権におけるユダヤ人


その財閥オリガルヒも1997年の
アジア金融危機がモスクワに
飛び火したことにより弱体化します。

そして2000年にプーチンが
大統領に就任し、

オリガルヒを徹底して抑圧します。

それによりユダヤ人のベレゾフスキーと
グシンスキーはイギリスに亡命します。

また、プーチン批判を公言していた
ホドルコフスキーは

2004年に国有財産横領の罪を
きせられて逮捕されました。

このようなプーチン大統領による
ユダヤ人有力者への抑圧を見ていると

プーチンは反ユダヤの考え方を
持っているようにも思えますが、
そうでもありません。

実はプーチン政権の中には
フラトコフ首相のようなユダヤ人もいます。

つまりユダヤ人は政権側にも
またそれに対立する側にも
どちらにも存在し、

大きな力を発揮していると言えるのです。


旧ソ連からの大量ユダヤ人移民


ちなみにユダヤ人国家
イスラエルでも、

ロシア系ユダヤ人というのは
興味深い現象を起こしています。

イスラエルには、
世界有数のハイテク産業を支える

科学者、エンジニアが
多くいるわけですが、

そのほとんどはソ連からの
移民の頭脳のお陰で、

技術立国は実現したのです。

1989年のソ連からの
出国制限緩和と91年のソ連崩壊が
きっかけで、

268万人いたとされる
旧ソ連のユダヤ人のうち、

約44万人もの優秀な
医師、科学者、技術者が
イスラエルに移民してきました。

ところが、

旧ソ連出身のユダヤ人は、

宗教としてのユダヤ人の自覚に乏しく、

ユダヤ教の知識をほとんど
持ち合わせていませんでした。

これは長きに渡るソ連政府の
宗教弾圧、民族性抹消政策の結果です。

ユダヤ人国家の中の非ユダヤ人


70年にイスラエルで改正された
「帰還法」では、

祖父母のうち、一人がユダヤ人
であれば誰でも海外からイスラエルに
移住できると定めた法律です。

国際的孤立を深めた70年代の
イスラエルにとって、

人口を増やす事がなにより
優先だったのです。

そこで非ユダヤ人、キリスト教徒でも
当該人物の配偶者や子供でも
イスラエル移住の権利を認めたわけです。

そこで

「ユダヤ人国家」イスラエルの中に
非ユダヤ人を抱えるという
矛盾が生じました。

もちろん人口増加には
繋がったわけですが

良い人ばかり入るわけではありません。

こうした移民の中には、

優秀な技術者や科学者がいたものの、

犯罪者やマフィア、ギャングなど
この移民制度を利用し、

中には完全なる非ユダヤ人でも
お金の力で偽造書類で入り込みます。

母国で逮捕されそうな
ロシアの大物マフィアも

ユダヤ人となり正式な市民権を
得るようになります。

彼らのネットワークは、

売春、麻薬、武器売買、
マネーロンダリングなど
国内の社会問題も生み出しているのです。

先ほど紹介したマイヤー・ランスキーは
映画「ゴッドファーザー2」で、
登場したユダヤ系マフィアの
モデルとされる人物です。

第一次世界大戦の勃発まで
ロシアには世界のユダヤ人の最大の
生活中心地でした。

ユダヤの歴史を振り返れば

ロシアでの出来事や
その後の動きは重要でしょう。

ユダヤ人財閥とオルガリヒや
旧ソ連からの移民など

国の内外で良い意味でも悪い意味でも
影響力を持つのがロシア系ユダヤ人
なのです。


http://communication-relationship-skill.com/post-256より。



★「ロシア系ユダヤ人のアメリカ移住」の研究論文(3)
http://kabukachan.exblog.jp/25800918/


[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-01 00:54 | ユダヤ | Comments(0)