フリーメーソン

フリーメーソン世界帝国への野望
鬼塚五十一・著  廣済堂  1994年刊

●世界統一政府と世界統一宗教の樹立。これこそがフリーメーソンの最終目的であり、そのためには手段を選ばず、何世紀もかけてその陰謀性を発揮してきたのである。
●今や宇宙飛行士にはメーソンのメンバーでないとなれないといわれるほどで、その勢力はNASA(アメリカ航空宇宙局)にまで浸透しているのである。というより、NASAそのものが完全にメーソンの私物機関となりつつあるのだ。

●メーソンが目的のためには手段を選ばない謀略性を発揮するようになったのは、いつ頃のことであろうか?
 それは『イルミナティ』がメーソンの中枢になってからである。

●イルミナティの創立者はドイツのバイエルン地方のインゴルシュタット大学法学部長アダム・ヴァイスハウプトで、設立されたのは1776年5月1日である。
 ヴァイスハウプトは、超エリートによる世界統一政府を構想し、現存する国家のすべての廃絶を主張して、その手段として暴力革命や陰謀、策略を巧妙に活用することを掲げていた。そして、そのバックボーンには、オカルティックな古代の魔術的宗教性があった。

●イルミナティの光とは、ルシファーを表している。

●ルシファーのことは、『新約聖書』で、“666”、悪魔を表す数字として表現されている。ところがメーソンにとってこの数字は、悪魔の数字どころでない。むしろ、“聖なる数字”として崇められているのである。たとえば、アメリカのメーソンのドンであるロックフェラーの所有するニューヨーク五番街のビルには、“666”の数字がビルの入り口と頂上に明記されているのだ。(中略)
 ヨーロッパのメーソンのドン、ロスチャイルドの所有するビルも同じだ。

●「メーソンの教皇」と呼ばれたアルバート・パイクが、イタリア建国の父とも言われるジュゼッペ・マッチーニに送った秘密の書簡には、恐るべきことが書かれていた。
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう」

●アルバート・パイクの書簡は、さらに続く。
「第二次世界大戦は、ドイツの国家主義者と政治的シオニスト(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)のあいだの圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナにイスラエル国家の建設がなされるべきである」
 パイクは、第二次世界大戦が始まった1939年の68年も前に、このことを予告していたのだ。恐ろしいのは、第二次世界大戦の構図をハッキリと言い切っている点だ。「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、これ以上説明する必要はあるまい。

●さらにパイクの書簡は続く。
「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている‥‥」

●ひとりの人間によって、これだけの計画が立案され、実行に移すことができるのかという疑問である。人間の英知を超えた、ある“力”が介在しているとしか考えられないのだ。(中略)
 メーソンを語る場合、オカルト的な要素は決して避けて通れない。なぜなら、その秘伝の伝授(イニシエーション)によって彼らは動かされ、時を重ねつつひとつの目的に向かって邁進していくのだから。

●アルバート・パイクの書簡は、第三次世界大戦後の世界を次のように綴り、メーソンの恐るべき宗教的体質を露呈している。
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」
 第三次世界大戦後の世界の荒廃の後、サタン・ルシファーを唯一の神として、みずからの世界帝国と世界宗教を築き上げようとしているのだ。こうした現実を知る者は、ごく一握りの上位メーソンに限られている。

●仏ミッテラン大統領は、メーソンの「三〇〇人評議会」のメンバーであることが、つい最近米国で暴露された。独コール首相もメーソンであることは間違いない。

●世界に邪悪さが広まれば広まるほど、反キリストの影響力は大きくなる。なぜなら、反キリストは、一皮むけば悪と罪の権化であり、世界中に罪と悪が充満すればするほど、その影響力と霊的パワーは増すからである。

●コンピューターによって世界の人々を管理するというプランは、1974年、EECの本部ベルギーのブリュッセルにおいて、EECの指導者、オブザーバー、科学者を招集した重要会議で決定されている。

●EECの行政管理ビルの「コモン・マーケット・アドミニストレーション・ビルディング」の一階から三階までを占拠している巨大コンピューターで、その巨大さゆえに“獣”と呼ばれている。あの『黙示録』の“獣”と同じ名前だ。
 それだけではない。この時からEECのヨーロッパ共通市場に出回る商品マークには、すべて“666”の数字が刻印されているのだ!

●世界共通コードが“666”となり、それに国家コード、地域コード、個人コードなどがつき、一人の人間のすべてが打ち込まれる。それはちょうど商品コードならぬ、人間バーコードだ。
 われわれの右手か額にそのマークが押される人は近い。(中略)
 近い将来、“666”の悪魔の数字を刻印された者と、十字架の印を額に刻まれた者のふたつに分けられるようになるというのである。ついに、山羊と羊の選別の時代が来る。

●すべての組織制度の崩壊とは、まずメーソンが画策する世界恐慌となるだろう。恐慌によりお金の価値がなくなり、貨幣制度が崩壊すると、それは速やかにカード制度に移行する。そして、そのカード制度が、今度は手か額に押される“獣の印”のシステムにとって代わられる。

 
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-08-04 04:11 | Comments(0)

ロスチャイルド財閥

ユダヤの王、ロスチャイルド財閥 ―― その秘められた対日謀略は‥‥?

  ロスチャイルド。ドイツ語読みでは、ロート・シフト(赤い楯)。
  18世紀後半、ドイツのフランクフルトに発祥して、またたく間にヨーロッパを支配したユダヤの財閥の名前です。
  「ロスチャイルドの全盛時代は19世紀半ば頃のことで、その後、新興企業、財閥に押されて、いまでは見る影もなく没落した」などと書く経済学者もいますが、こんな与太話はいただけない。ロスチャイルド家は、事実上ユダヤ地下世界政府の中核体なのです。
  その資産は、いかなる国家、政府もコントロールできない。アメリカの二大財閥、ロックフェラーとモルガンも、ロスチャイルドの傘下にあると言われています。
  つまり、日本を除く欧米のすべての多国籍企業が、ロスチャイルド家とつながり、その指揮下に置かれているのです。エネルギー(石油、ガス、ウラン)も、食糧(穀物メジャー商社と食品加工業)も、情報(マスコミ、電信電話、コンピューター)も、武器製造も、バイオテクノロジーも、化学も、貴金属と宝石、そして最後に金融・銀行も、ほぼ完全に、ロスチャイルド財閥の統制下にあります。
  まだロスチャイルド(ユダヤ世界政府)のものになりきっていない唯一の地域が、日本であり、東アジアなのです。ユダヤ(ロスチャイルド)は、日本列島乗っ取りに綿密な布石を打っています。
  彼らの対日作戦の究極目標は、ユダヤ世界政府のもとに日本の国家主権を吸収することでしょう。そしてそのあとは、若い男はシベリアへ、女はアフリカへ、というふうに、日本民族を日本列島から追放し、そのあとは、ユダヤ人および人工ユダヤ人になりきったゴイムが住むことになるのです。
  なぜここまでしなければならないかというと、彼らが日本民族を、最後に残った強敵と見ているからです。いや、日本民族と言うよりは、日本列島の「地霊」を、ユダヤは恐れている、というべきかも知れません。
  彼らは日本列島の生態系を、粉々に打ち砕き、壊滅させて、ユダヤにとって脅威となる、そこに宿る「地霊」を跡形もなく消滅させたいのです。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-08-04 04:02 | Comments(0)

ユダヤ文明

人類の貪欲をかきたて、地球を壊滅に導くユダヤ文明

  いま、この地上でただ一つ、普遍的に行なわれている文明は、ユダヤ文明です。
  ユダヤ文明の力はどこにあるかといえば、それは人間の貪欲(人間性のもっとも低劣で、危険な側面)をかき立てる方法を知っているということです。
  この貪欲を満たすために、科学界がユダヤの道具として使われています。
  ダイナマイトで財をなしたノーベルはユダヤ人ですが、ノーベル財団が与えるノーベル賞によって、世界中の科学者を思いのままにコントロールしています。
  20世紀のノーベル賞受賞科学者の、ざっと三分の一がユダヤ人と言われていますが、残りの三分の二も、すべてユダヤの指図通りに動く人工ユダヤ人以外の何ものでもありませせん。ユダヤの究極目標に役立つ科学研究のみが奨励され、それに反する科学を葬り去るしくみができあがっているのです。
  原子爆弾を計画し、製作したのはユダヤ人の科学者でした。爆弾はユダヤの世界征服に役立つ武器であったので、ユダヤの地下政府は、アメリカに(のちには、ユダヤのもう一つの陣営であるソ連に)それを作らせたのです。
  麻薬性の植物から、科学者たちが純粋の人工麻薬物質を抽出したのは19世紀の初めですが、ユダヤはこの麻薬物質を、ゴイム(非ユダヤ人)大衆の家畜化の武器として使い、同時に、莫大な資産をつくりました。
  「このままでは、間もなく人類は地球を食いつぶして滅亡する」と、多くの科学者、識者は警告していますが、自然にこうなったわけではないのです。現在地球を覆っているユダヤ文明が、人類を滅亡に導いているのです。
  日本列島も、明治以降このユダヤ文明の毒に犯され、一度は大東亜戦争でこの敵に立ち向かったものの、いまではユダヤ文明の模範的な優等生に「出世」しました。
  いま日本人の倫理は、自分自身の、無限に肥大する欲望の肯定ということ以外には何もありません。この心理状態を、かつて仏教では「餓鬼」と呼び、地獄にまっしぐらに転落すると教えたのですが。
  限りもなく「幸福」の充足を追求して、かえって人類が自業自得の地獄の苦しみの中で死に絶えていく日が近いのです。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-08-04 03:59 | Comments(0)

シオン長老の議定書

ユダヤは「世界人間牧場」の実現を狙っている ―― 「シオン長老の議定書」

  ユダヤの究極目的は「世界人間牧場」の完成です。
  つまり、すべてのゴイム(非ユダヤ人)を、ユダヤの家畜として飼育し、この地球をユダヤの管理する人間牧場にしてしまうことです。
  この計画の基本は、旧約聖書と、タルムードに書いてありますが、19世紀も半ばを過ぎると(日本では幕末から明治前期)、ユダヤはついにこの2500年来の計画の仕上げに取りかかりました。
  ここで作られたのが「シオン長老の議定書」といい、超重要な文書です。
  その筆者は、ロシア在住のユダヤ人・ギンスベルグと推定され、1897年(明治30年)の第1回シオニスト世界大会には成立していたもののようです。
  ロシア帝国の秘密警察がそれを察知し、ロシア語に訳出出版され、1905年に大英博物館に収納の記録があります。1919年にドイツ語版が出版され、それから英語版、日本語版をはじめ、世界中に紹介されて、大きな波紋を引き起こしました。
  この「議定書」は、ユダヤの世界独裁国ができあがるまでに何がなされたか、何がなされねばならないか、について、詳細に、彼らの本音を説明したもので、もともと読者対象はユダヤの指導層に限定されています。
  つまり、これは絶対ゴイム(非ユダヤ人)はおろか、ユダヤの一般大衆にも見せてはならない、ユダヤの超秘密文書だったのです。したがって、1920年代から、ユダヤ側は執拗に「これは偽書である」と宣伝し続けています。
  けれども、ここに書かれていることは、旧約聖書の申命記のことば(「汝は汝の神エホバの汝にし給はんところの民をことごとく滅ぼし尽くすべし」)や、イザヤ書のことば(「汝に仕えざる国と民とは滅び、その国々は全く荒れすたるべし」)にかなっています。
  タルムードは「ユダヤ人のみが人間と呼ばれるのであって、非ユダヤ人は人間とは呼ばれず、動物と呼ばれる」と明記しています。
  ユダヤは、世界人間牧場をつくる助手として、フリーメーソンという秘密結社を使います。日本の中からも、幣原喜重郎や鳩山一郎のように、フリーメーソンに入会して、ユダヤの手先となった人々が出ています。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-08-04 03:54 | Comments(0)

ユダヤ問題入門 

ユダヤ問題入門 

太田 龍・著  泰流社 1994年刊


 序 文

 ユダヤは、単なるありきたりの民族の一つでもないし、数ある宗教の一つでもなく、イスラエルは、百数十の国家の単なる一つでもありません。
 ユダヤは、今日では全人類、全地球に通用する唯一の普遍的文明です。唯一の普遍的な生活スタイルなのです。
 この地上のなんびとも(当然、我々日本民族も)ユダヤ文明から逃れることはできません。
 ユダヤ文明、ユダヤ式生活スタイルとは、どんなものでしょうか。
 それはおかね(あるいは、おかね万能社会)です。
 これこそユダヤの発明であり、2,500年かかって、ユダヤはこれを全人類に伝染させたのです。ユダヤ教は、マモンの神(おかねの神)を崇拝する宗教です。
 このマモン(おかね)崇拝教に取り憑かれると、人間の貪欲と強欲が無制限に膨張します。
 ユダヤは17世紀に、英国とオランダの国家を乗っ取り、18世紀末にはフランス革命を起こしてフランスの国も盗りました。
 更に19世紀末にはアメリカも盗り、この4つの国家を道具にして世界を支配するに至りました。そのおかげで、全人類がユダヤ文明に毒され、人間の欲望と浪費が爆発したのです。
 ユダヤ文明は人類を滅亡に導くでしょう。
 日本民族は、質実剛健なゲルマン民族と共に、このユダヤの毒に対してもっとも頑強に抵抗しました。実は、それがあの「大東亜戦争(太平洋戦争)」だったのです。
 従って、日本民族はユダヤ禍に立ち向かうに当たって、「大東亜戦争」の名誉を回復しなければなりません。
 「大東亜戦争」はまた、幕末の「尊皇攘夷」の継続でもあります。
 いずれも場合でも、我々の父祖、先輩たちは、日本(そしてアジア)を侵略する敵の正体がユダヤであることを見抜いていませんでした。
 そこに日本の敗因があります。
 今からでも遅くはありません。日本民族は、国家民族の総力を挙げて、日本を食い潰そうとかかって来ている敵・ユダヤの真の姿の研究に着手すべきではないでしょうか。

                      平成4年5月20日
                            著 者
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-08-04 03:48 | Comments(0)