フリーメーソンが日本を敗北させた

最後の強敵日本を撃て
ヤコブ・モルガン  忍野昭太郎・訳  第一企画出版

●日本の最高機密がアメリカにつつぬけ


  明治における西欧主義の後盾であり推進役はトーマス・グラバーであろう。グラバーは明治政府から勲二等をさずけられているが、明治44年(1911年)、74歳で没するまで日本のワク組みを作る上で重要な役割を果たしたといえる。

  その後日本は幣原喜重郎(後の首相)や吉田茂(駐英大使、外相そして後の首相)を軸に大きく回転をはじめる。1921年11月から始まったワシントン会議での海軍軍縮条約ではアメリカ主導のもとに会議は進められ、米・英・日の主力軍艦比率を5・5・3と定めたが、この時、駐米大使であった幣原喜重郎のもとに外務省から送られた暗号文(軍艦比率は最少でもアメリカの7割との指令)はことごとくアメリカ側につつ抜けであり、交渉は結局不利な形で結着した。幣原がフリーメーソンであり、アメリカ側と通じていた可能性は非常に高いと言わざるを得ない。

  また、1932年より日米開戦直後まで10年にわたって駐日大使を務めたアメリカのジョセフ・C・グルーは、そのバックに巨大財閥、J・P・モルガンがおり、吉田茂や牧野伸顕、樺山愛輔、幣原喜重郎、松平恒雄、近衛文麿、広田弘毅、新渡戸稲造、出淵勝次、重光葵など戦前、戦後の日本を指導した人物(いずれもフリーメーソンか)をことごとく背後からコントロールしていたと考えられる。

  実際当時の日本の外務省が使用していた「紫暗号」(コンピュータのない当時としては最高度に難解な暗号であった)は解読機がアメリカ側にわたり、ことごとくつつ抜けとなった。これにより重要な外交的、軍事的機密は駐日アメリカ大使館または駐米日本大使館を通じ、これら人物の連携プレーのもとあからさまに出ていったものと思われる。海軍筋でも米内光政や山本五十六、井上成美らは米英(ユダヤ・フリーメーソン国家)の代理人であった可能性が高い。

  特に米内は第一次近衛内閣の海相時、石原莞爾が提唱した近衛・蒋介石(フリーメーソン)会談をつぶし、日中戦争の拡大をはかるなど、日本がわざわざ不利になるように仕向けていった。この時の会議では外相の広田弘毅も意図的に沈黙を保っていたという。


●謎の多い山本五十六の言動

  山本五十六の行動にも謎が多い。ハワイ真珠湾の攻撃では、南雲長官の第三次攻撃中止をなぜか黙認、このため、アメリカの損害は比較的軽徴にとどまった。この後も手ごころを加えたとしか思えない海戦が続く。珊瑚海海戦では腹心の部下であった井上成美中将が、損傷を受けた敵空母ヨークタウンにとどめを刺すこともせず「攻撃を止めて北上せよ」の一言で戦線を離脱している。この時逃がしたヨークタウンに1カ月後のミッドウェー海戦では日本の機動部隊の主要空母四隻が撃沈され、戦局は大きく転換するのである。

  ミッドウェー作戦では日本海軍の総力とも言える軍事力が投入された。空母7隻、戦艦11隻、重・軽巡洋艦、駆逐艦、潜水艦、輸送船団等合わせて総トン敬150万トン、航空機700機、総兵力10万人とスプルーアンス提督ひきいるアメリカ機動部隊の3倍に達し、まさに無敵の戦力であった。しかし、この作戦はまたしてもアメリカにつつ抜けであったようだ。日本艦隊の動きは豊後水道を出た途端にアメリカによって捕捉、その行動の一部始終が真珠湾のアメリカ海軍司令部に伝達されていった。この作戦が日本側の何ものかによって漏洩されたことは疑うべくもない。

  ミッドウェーでも南雲長官は「誤り」を犯し、絶対に勝つはずの海戦に日本は完敗するのである。ミッドウェー海戦が太平洋戦争勝敗のターニングポイントであったことはよく知られているが、連合艦隊司令長官山本五十六がフリーメーソンで(時のアメリカ大統領ルーズペルトがやはり33位階のフリーメーソンである)あればすべての謎は解ける。

  日本を終戦に導いていった山本五十六は突然前線基地視察を主張、事前にスケジュールをアメリカ側に漏洩させた上で、昭和19年4月18日ガダルカナルを飛びたちブーゲンビル上空に待ち伏せした米軍機P38によって撃墜、「姿を消す」。山本五十六の死は今でも謎の一つである。

  ともかく、日本海軍はあらゆる海戦でそうなることを意図したとしか思えない敗北を繰り返し、敗戦へとつき進むのである。
  当時の日本のリーダーたちのある部分がフリーメーソンであり、日本を敗北させ、天皇制を崩壊し、日本に「フリーメーソン革命」をもたらすために一致協力したのだとすればすべての謎は氷解するのである。

  つまり、明治維新も太平洋戦争もユダヤ・フリーメーソンに支配された欧米とその代理人(エージェント)であった日本のリーダーたちによる合作であり、日本の歴史は人工的に意図的に造られていったということである。戦後、これらの功労者のうち、幣原喜重郎、吉田茂は首相として占領軍のマッカーサー(フリーメーソン33位階)に全面的協力をしていくことになる。

  このように歴史を透視してみると、近世日本の歴史とは一体何であったかという感慨に陥る。日本には、果たして自主的な独立国家としてのワク組みや、大方針があったのであろうか。日本は欧米(ユダヤ・フリーメーソソ)の描いたシナリオ通りただ忠実に演技しただけではないのか。この状況は今なお平成の現在も全く同じである。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-06-26 20:31 | フリーメイソン | Comments(0)

アドルフ・ヒトラー②

ヒットラーはユダヤ大富豪の孫?

文中に「ヒトラーはバロン・ロスチャイルドが家政婦に生ませた男児(アロイス)の子。」 とあります。なんのことでしょうか? ヒットラーの祖父が誰であるかについては、長らく論争の的になってきたのです。祖父がユダヤ人ではないかと疑われてはいたのですが、具体的には誰であるか、今まで判りませんでした。ところが、最近の研究では、アドルフ・ヒットラーの祖父は、ウイーンの ユダヤ大財閥、ロスチャイルド男爵であったと いう説が有力になっています。ヒットラーの祖母、アンナ・マリアがロスチャイルド男爵家に家政婦として奉公している間に、「誰かに手をつけられて」妊娠し、実家に帰されて、アドルフの父を出産したのです。当時、男爵は夫人と仲たがいしており、一人住まいだったそうです。妾腹とはいえ、ロスチャイルド一族の直系の血統を受け継ぐ人物 であるヒットラーが、シオニストの手先となって、欧州ユダヤをイスラエルに追い出す牧羊犬の役割を果たしたのではないでしょうか?
ほかにも「ユダヤの血」が確認されているか、疑われる人物が、ナチを経営していました。ここで何度も名前の出てくるアイヒマン、マルチン・ボルマンもユダヤ人だったといわれています。ナチスとはユダヤ人の組織だったかもしれない。

実際、ナチスドイツの資金源は、ロスチャイルドや系列のユダヤ資本家だったとわかっています。ナチスは、ロスチャイルドによって、シオニズムの実現のために作られたユダヤ機関だったと考えるべきです。(勿論、ソ連とナチスを戦わせて、ユダヤ国際金融資本やユダヤ軍産複合体が儲けるという目的もありましたが。)

そうなると.............戦後のイスラエル建国の礎を作ってくれたアドルフは、ユダヤの歴史に残る影の功労者です。拳銃自殺などしてもらっては困ります。おまけに、もし、ロスチャイルド男爵の直系の孫であったとするなら、世界のユダヤ社会の頂点に君臨する帝王の嫡男です。殺すわけには行きません。

アドルフが、秘密裏にユダヤ・シオニストによって組織されたナチのSSに守られ、南米アルゼンチンのセファルディ・ユダヤで構成された村落に隠遁して、1985年まで生きていたとしても、何も不思議はありません。 全くありません。むしろ、そう考えたほうが合理的です。ヒットラーがユダヤの手先であったなら、戦犯狩りのユダヤ人が、居所を追求しなくても 、意図的に見逃しても不思議はないのです。(もっとも、大半の普通のユダヤ人は、実情を知らなかったろうし、今も知らないとは思いますが。)

しかし、ひとつ疑問が残ります。アルゼンチンに逃げる前に、ソ連の赤軍が包囲するベルリンから無事に脱出することなど、可能だったのだろうか?ヒットラーを捕らえることを第一義に死線を乗り越えてきた赤軍部隊を尻目に脱出できたのか?私は、むしろ、ソ連軍が脱出の手引きをした可能性すらあると思っています。そもそも、ソ連とは、ロスチャイルドやロックフェラーたちユダヤ人資本家が ユダヤ人扇動家、レーニンやトロツキーに資金援助して作ったユダヤ人の国家です。その流れを汲むスターリンの軍隊が、親分筋のロスチャイルドの意向で、ヒットラーの逃亡を助けたとしても、私は疑問に思いません。むしろ後になってとってつけたように出てきた 「ソ連がヒットラーの死体を焼却して土中に埋めた.......しかし、どこに埋めたかはわからない」という後日談のほうに、眉に唾をつけたくなります。何しろ、ユダヤ人国家、ソ連の言うことですから。


By richardkoshimizu
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-06-26 19:01 | Comments(0)

アドルフ・ヒトラー

「ヒトラーは1985年12月、南米アルゼンチンのメンドーサの地で亡くなった。 4:14pm, April 30, 1945 エバ・ブラウンとともに飛行機でノルウェーに飛び、最終地の南米のアルゼンチンに到着し、隠棲した。(出番が終わったので)チリの東200マイルに位置する、アルゼンチンの北西のメンドーサ(Mendoza)の町でナチスのSSとスファラジー・ユダヤのコミュニティーに守られて極秘に余生を送った。遺体はメンドーサの南東30マイルに位置するパルメロ(Palmera)の共同墓地に埋葬された。その後のヒトラーは絵画が唯一の趣味で、多くの遺作が残されている。最近、東京で展示されている(急遽中止されたが)のは、ドイツ時代に描かれたもの。 ヒトラーはバロン・ロスチャイルドが家政婦に生ませた男児(アロイス)の子。」
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-06-26 18:44 | Comments(0)

米国同時多発テロの「謀略史観」解析

米国同時多発テロの「謀略史観」解析

――真犯人は国際イルミナティ三百人委員会だ!

週刊日本新聞・編著  三交社  2001年刊

この本は以下のような組み立てになっています。ここでは「Ⅴ」の内容のみをピックアップしました。まさに究極の「陰謀論」ともいうべき内容です。

 第1部  9・11事件の真相は、テロ支援超大国アメリカ、イギリスに取り憑いた
       ユダヤイルミナティ三百人委員会の高度戦略と見抜く。

 序  マス・メディア、知識人学者の情報・解説では見えてこない。
    見当はずれの対タリバン戦争・「ニュー・ウォー」とは何か?
 Ⅰ  ビル自爆テロ‥‥悪魔の巣窟英国に着目せよ! 
    こんなにもあるユダヤイルミナティ謀略の証拠
 Ⅱ  テロ支援大国アメリカ様のいいなり 最悪の日本の対応
 Ⅲ  大統領・首相などは秘密結社の下僕に過ぎない
    歴史は謀略(ユダヤイルミナティ戦略)によって動かされてきている
 Ⅳ  世界政治経済軍事の謀略全構図の両建て作戦を暴露する
    究極の狙いは世界人間牧場
 Ⅴ  狂牛病、ヤコブ病も企図されたものだった。解決の道はただ一つ
    家畜制度全廃。肉食をただちにやめること

 第2部 今の今までマスコミで語られなかった9・11事件の真相は、米国とイス
      ラエルの関係から急浮上してくる“謀略説”である。


  「われわれ地球人は異星人に支配されている」という説で知られているのは、最近ではデーヴィッド・アイクでしょう。その著『大いなる秘密(上)「爬虫類人」』(三交社)のまえがきで、監訳者の太田龍氏がアイクの説を以下のように要約していますので、参考までに引用しておきます。

① 地球原人を操作して家畜人化した異星人は、爬虫類人(レプティリアン)である。
② 太古のある時代(おそらく紀元前2000年頃)、爬虫類人は表面から姿を消し、彼
  らの代理人をして対人類支配管理係たらしめた。それがすなわち今日まで続く秘
  密結社である。
③ 彼ら(爬虫類型異星人とその代理人たる秘密結社)は、地球人類の効率的管理の
  ために、精神的牢獄としての宗教を創作した。「一神教」はその究極の形態である。
④ 英国王室は、現代における爬虫類人型異星人とその代理人たちの主力基地であ
  る。
⑤ 英国王室を含む秘密結社の中核維持、秘密儀式において、爬虫類人に変身する、
  との証言がある。

  このことを証明するためにアイクは広範囲に資料・証拠・情報を収集し、整理し、分析してみせます。その内容は大変説得力があり、訳者の太田龍氏をして「私は彼の才能と努力に素直に敬服した」と言わしめています。
  ここに取り上げた内容だけではよく理解できないとおっしゃる方は、できればアイクの『大いなる秘密(上)「爬虫類人」』と『大いなる秘密(下)「世界超黒幕」』を読んでいただきたいと思います。ともに500ページを超える大著ですので、陰謀論に関して予備的知識のない方は読みあげるのに骨が折れるかも知れませんが‥‥。
                                      (なわ・ふみひと)
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-06-26 11:24 | Comments(0)

シオン長老の議定書(4)

世界中で熟読玩味される『シオン長老の議定書』

  彼らの論法は以下の通りである。
  「『シオン長老の議定書』は反ユダヤ勢力による反ユダヤ宣伝のために捏造された偽書である」との結論がまず先にあり、次のその結論を証明するために、ジョリの著作と議定書が似ているという唯一のネタをもとに、論点をずらし、話を小さくし、それからやりたい放題の嘘八百を並べていく。最後に、スイスの裁判所が一審で「議定書偽書説」を勝訴させたと大宣伝して終わりにする。
  しかし、スイスの裁判所が二審では「議定書偽書説」を告訴したユダヤ人側被告に「敗訴」の判決を下していることは隠蔽する。
  条件の許す国では、イルミナティ世界権力は『シオン長老の議定書』を発行禁止処分とし、さらにその出版、所持のみで刑法上の囚人として投獄する。1917年のロシア革命政権は、「議定書」の所持のみで死刑としている。つまり、議論や思想的論争の次元ではなくて、むき出しの悪魔的ルシファー的暴力によって批判を抹殺するぞという。
  しかし、ユダヤ・イルミナティのでっちあげたソ連共産帝国が6千万人を大虐殺したあげくに自己崩壊すると、そのあとにロシアの軍内部の愛国派民族が胎動し、今では『シオン長老の議定書』は公然とロシア社会に流布され、熱心に読まれている。それのみでなく、米国の最も有名な反ユダヤの思想家デーヴィッド・デュークはロシアで大人気だ。その著作『ユダヤ至上主義』のロシア語版は大ベストセラーになっている。
  そのためロシア内のシオニスト・ユダヤ勢力が、ロシアの司法当局に対してこのデュークの著作ロシア語版を「反セム(反ユダヤ)主義」として発行禁止処分にするよう告訴したところ、ロシア検察庁は、「問題の書はユダヤ至上主義についての事実を論述しているものであって、なんら反セム主義文書ではない」として、ロシア・ユダヤ陣営の請求を却下したという。
  全世界13億人のイスラムの30以上の国々では、もちろん『シオン長老の議定書』は合法的に頒布されているのみならず、むしろそこに描かれている通りの存在がユダヤであり、イスラエルであるとの見方が常識であろう。
  今後、この『シオン長老の議定書』に書かれている叙述が日本民族有志の常識となるほどに消化される日の来ることを切に期待する。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-06-13 22:27 | Comments(0)