人気ブログランキング |

フリーメーソン世界帝国への野望

フリーメーソン世界帝国への野望
鬼塚五十一・著  廣済堂  1994年刊

●世界統一政府と世界統一宗教の樹立。これこそがフリーメーソンの最終目的であり、そのためには手段を選ばず、何世紀もかけてその陰謀性を発揮してきたのである。
●今や宇宙飛行士にはメーソンのメンバーでないとなれないといわれるほどで、その勢力はNASA(アメリカ航空宇宙局)にまで浸透しているのである。というより、NASAそのものが完全にメーソンの私物機関となりつつあるのだ。

●メーソンが目的のためには手段を選ばない謀略性を発揮するようになったのは、いつ頃のことであろうか?
 それは『イルミナティ』がメーソンの中枢になってからである。

●イルミナティの創立者はドイツのバイエルン地方のインゴルシュタット大学法学部長アダム・ヴァイスハウプトで、設立されたのは1776年5月1日である。
 ヴァイスハウプトは、超エリートによる世界統一政府を構想し、現存する国家のすべての廃絶を主張して、その手段として暴力革命や陰謀、策略を巧妙に活用することを掲げていた。そして、そのバックボーンには、オカルティックな古代の魔術的宗教性があった。

●イルミナティの光とは、ルシファーを表している。

●ルシファーのことは、『新約聖書』で、“666”、悪魔を表す数字として表現されている。ところがメーソンにとってこの数字は、悪魔の数字どころでない。むしろ、“聖なる数字”として崇められているのである。たとえば、アメリカのメーソンのドンであるロックフェラーの所有するニューヨーク五番街のビルには、“666”の数字がビルの入り口と頂上に明記されているのだ。(中略)
 ヨーロッパのメーソンのドン、ロスチャイルドの所有するビルも同じだ。

●「メーソンの教皇」と呼ばれたアルバート・パイクが、イタリア建国の父とも言われるジュゼッペ・マッチーニに送った秘密の書簡には、恐るべきことが書かれていた。
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう」

●アルバート・パイクの書簡は、さらに続く。
「第二次世界大戦は、ドイツの国家主義者と政治的シオニスト(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)のあいだの圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナにイスラエル国家の建設がなされるべきである」
 パイクは、第二次世界大戦が始まった1939年の68年も前に、このことを予告していたのだ。恐ろしいのは、第二次世界大戦の構図をハッキリと言い切っている点だ。「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、これ以上説明する必要はあるまい。

●さらにパイクの書簡は続く。
「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている‥‥」

●ひとりの人間によって、これだけの計画が立案され、実行に移すことができるのかという疑問である。人間の英知を超えた、ある“力”が介在しているとしか考えられないのだ。(中略)
 メーソンを語る場合、オカルト的な要素は決して避けて通れない。なぜなら、その秘伝の伝授(イニシエーション)によって彼らは動かされ、時を重ねつつひとつの目的に向かって邁進していくのだから。

●アルバート・パイクの書簡は、第三次世界大戦後の世界を次のように綴り、メーソンの恐るべき宗教的体質を露呈している。
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」
 第三次世界大戦後の世界の荒廃の後、サタン・ルシファーを唯一の神として、みずからの世界帝国と世界宗教を築き上げようとしているのだ。こうした現実を知る者は、ごく一握りの上位メーソンに限られている。
by kabu_kachan | 2012-04-03 11:35 | Comments(0)
<< 白痴化TV  ユダヤの日本侵略450年の秘密 >>