人気ブログランキング |

ユダヤ文明

人類の貪欲をかきたて、地球を壊滅に導くユダヤ文明

  いま、この地上でただ一つ、普遍的に行なわれている文明は、ユダヤ文明です。
  ユダヤ文明の力はどこにあるかといえば、それは人間の貪欲(人間性のもっとも低劣で、危険な側面)をかき立てる方法を知っているということです。


  この貪欲を満たすために、科学界がユダヤの道具として使われています。
  ダイナマイトで財をなしたノーベルはユダヤ人ですが、ノーベル財団が与えるノーベル賞によって、世界中の科学者を思いのままにコントロールしています。


  20世紀のノーベル賞受賞科学者の、ざっと三分の一がユダヤ人と言われていますが、残りの三分の二も、すべてユダヤの指図通りに動く人工ユダヤ人以外の何ものでもありませせん。ユダヤの究極目標に役立つ科学研究のみが奨励され、それに反する科学を葬り去るしくみができあがっているのです。

  原子爆弾を計画し、製作したのはユダヤ人の科学者でした。爆弾はユダヤの世界征服に役立つ武器であったので、ユダヤの地下政府は、アメリカに(のちには、ユダヤのもう一つの陣営であるソ連に)それを作らせたのです。


  麻薬性の植物から、科学者たちが純粋の人工麻薬物質を抽出したのは19世紀の初めですが、

ユダヤはこの麻薬物質を、ゴイム(非ユダヤ人)大衆の家畜化の武器として使い、同時に、莫大な資産をつくりました。



  「このままでは、間もなく人類は地球を食いつぶして滅亡する」と、多くの科学者、識者は警告していますが、

自然にこうなったわけではないのです。現在地球を覆っているユダヤ文明が、人類を滅亡に導いているのです


  日本列島も、明治以降このユダヤ文明の毒に犯され、一度は大東亜戦争でこの敵に立ち向かったものの、

いまではユダヤ文明の模範的な優等生に「出世」しました。



  いま日本人の倫理は、自分自身の、無限に肥大する欲望の肯定ということ以外には何もありません。

この心理状態を、かつて仏教では「餓鬼」と呼び、地獄にまっしぐらに転落すると教えたのですが。



  限りもなく「幸福」の充足を追求して、かえって人類が自業自得の地獄の苦しみの中で死に絶えていく日が近いのです。



by kabu_kachan | 2012-08-04 03:59 | ユダヤ | Comments(0)
<< ロスチャイルド財閥 シオン長老の議定書 >>