9・11テロは捏造である

★世界貿易センタービル(WTCツインタワー)の基礎となっている20万トンもの鋼鉄の柱が、航空機のジェット燃料(ガソリンの一種)くらいで溶けて崩落することなど絶対にあり得ない!(ちなみに、WTCに使われた鋼鉄は、世界一の品質を誇る日本製の鋼鉄だったそうだ)。

https://www.youtube.com/watch?v=WHI28jM1mKg


https://www.youtube.com/watch?v=oCw51psnjrk


https://www.youtube.com/watch?v=CfMSj8_tvvI


★「9・11 アメリカは巨大な嘘をついた」 ジョン・コールマン著(太田龍訳)より引用。

【異常崩落したビル、コンクリートが気化するはずがない】

https://www.youtube.com/watch?v=gKYKAFZmGmY


「あのような現実がどうやって起きたのだろう?」
多くの人が疑問を投げかけているように、世界貿易センター(WTC)の崩落のしかたに関しては、さらに理解に苦しむ。ノースタワーは18分遅れて攻撃されたサウスタワーよりあとで崩落した。大量の煙と赤く見えた炎を別にすれば、私には現実の衝撃というものがほとんど理解できなかった。

報道によれば、炎はジェット燃料が燃えたせいだという。そして、それによって鋼鉄製の柱が溶かされ、その結果、フロアが次々に…パンケーキが積み上げられるように…折り重なっていったと。これは、もう少し綿密な検証が求められる説明である。強化鋼鉄は容易には切れない、高性能の酸素アセチレン・トーチをもってしても不可能だ。時間がかかる。鋼鉄は解けない、炎で割れるだけだ。

この時間の問題は無視できない。ノースタワーは午前8時46分に攻撃され、午前9時15分頃まで燃えていた。その後、炎はおさまり、黒煙だけがあがった。ということは、炎は30分ほどでおさまったが、何かがーー黒煙(低温の火事を意味する)によって示されるようにーーくすぶるように燃えていた。外から眺める1時間のあいだの出来事だ。そして、この説を唱える人に有利に解釈するなら、ノースタワーのこの火事は、ビルを支え、フロアを維持していた、強固な強化鋼鉄の梁を溶かした。そして建物全体が、フロアが一つひとつ…パンケーキが積み上げられるように…折り重なって崩れた。これが真相だとおっしゃるわけだ(サウスタワーの崩落はノースタワーのそれよりはるかに速かった)。

ショック状態がおさまると、日中の光の中で、私は自問したーーわずかな航空燃料で、20万トンもの鋼鉄がいったいどうして段ボール箱のように潰されたのだろう?

信じなさいとばかりに私に提供された情報によれば、1時間45分のあいだに、ジェット燃料(量は不明)はーー鋼鉄の梁の周辺にまき散らされたわけではないがーーなぜか摂氏1370度にも達する熱を生じ、99パーセント鉄でできた鋼鉄を溶かした。


前にも述べたように、それほどの高温を生じるのは高性能の酸素アセチレン・トーチだけだ。だが、決してそれによって鋼鉄が解けることはない。割れるだけだ。


https://www.youtube.com/watch?v=0d5L8gzIsT8&feature=youtu.be

アセチレン・トーチをもってしても鋼鉄の梁は溶けない。梁の冷たい部分に熱が拡散し、トーチが当てられている場所の温度を低めるからである。唯一、鋼鉄の梁全体を“溶かす”方法があるとすれば、梁を溶鉱炉に入れ、摂氏1370度に保った熱に一定時間さらしておくことくらいで、鋼鉄の梁を立て、その下部にガソリンを注いで溶かそうとしてみたところで、まず不可能だ。梁が溶けるよりずっと先にガソリンそのものが燃え尽きてしまう。UA175便は“すべての梁”の鋼鉄(20万トン)を溶かすだけの燃料を積んでいたとされるが、あり得ない話だ。それを言うなら錬鉄(鋼鉄よりはるかに軟らかい)だろう。鋼鉄を溶かせるわけがない。そのような計算は成り立たない、門外漢にもそれくらいのことはわかる。錬鉄と鋼鉄を混同してはいけない。

燃料の多くは窓から飛び散ったのだし、摂氏1370度の火事を維持できるほどの量は存在しなかった。では、105分のあいだいったい何が燃えていたのだろう?テーブルや椅子、カーペット、カーテン、これらが燃えたくらいでそれほどの高温が生じることはない。

瓦礫の山と化したあのあたりで、コンクリートの塊あるいは塊の一部をご覧になった方がいらっしゃるだろうか?私は見なかった。普通に考えれば、コンクリートの塊か破片くらいは見あたりそうなものだが、誰も見ていない。しかも、この不思議な状況について専門家に尋ねても、回答はなかった。コンクリートが火の中で‶気化する”ことはない。砕けて塊、破片になるが、ツインタワーの崩落のときのように、気化することは絶対にない。私は何百万もの塵埃(じんあい)の粒は見たが、それ以外の固体は見なかった。何がコンクリートを気化させたのだろう?

https://www.youtube.com/watch?v=_v4XQGdaLUM

http://kabukachan.exblog.jp/18956860/

http://www.youtube.com/watch?v=9vIR0uaDSuA


おまけ
http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4

[PR]
by kabu_kachan | 2013-05-18 18:31 | Comments(0)
<< イルミナティとは何者ですか? ヒトラーの秘密 >>