アメリカ軍産複合体

【アメリカ軍産複合体はユダヤ世界帝国に奉仕する存在】



ナチスードイツ政権は、ユダヤの急所を突く二つの方策を実施した。一つは、思想戦争である。ルーテル以降の遇去三百年に蓄積されたドイツとヨーロッパのユダヤ教批判の集大成の上に立って、ナチスはユダヤ教の正体を暴露し始めた。二つは、経済戦争である。ヒトラー政権は金本位制を廃棄し、自給自足的プロック経済を志向した。いずれも、ユダヤにとって致命的である。ここにおいてユダヤは、一挙に世界支配を完成するか、一敗地にまみれるか、二つに一つの大バクチに出てきたのだ。しかし、この戦争目的を達成するための軍事力をどうするのか。それは、アメリカとソ連につくらせるほかない。そして、ソ連には自力で大軍を建設する力はないから、ユダヤ(米英)がこれを支援しなければならない。したがって、この第二次世界大戦のユダヤ側の主役は、アメリカでなければならない。アメリカは動員されねばならない。世界最強力の軍隊、ユダヤに反抗するいっさいの勢力の存在を許さないはどに圧倒的な力を持つ軍隊を、アメリカは創設しなけれぱならない。

これが、ユダヤによってアメリカ政府に託された任務である。この任務は、ルーズベルト大統領の異例の長期政権によって、十二分に遂行された。

ルーズベルトの主要閣僚は、
・バルーク(ユダヤ人、ウォール街の立役者、事実上の大統領といわれた)
・フランクフルター(ユダヤ人、アメリカ最高裁判所判事)
・モーゲンソー(ユダヤ人、財務長官)
・サム・ローズマン(ユダヤ人、判事)
・ベン・コーヘン(ユダヤ人、検事)
・ホプキンス

ルーズベルト自身は、四分の一、あるいは二分の一ユダヤ人と伝えられる。つまり、このルーズベルト時代に、ユダヤはアメリカの政治体制乗っ取りに成功したのだ。このときユダヤは、アメリカ国民をユダヤの奴隷とすることに成功したのだ。ユダヤは、アメリカをして数十万の航空機をはじめとする兵器を生産させ、アメリカを一夜のうちに軍事的超大国に変身せしめた。それは、アメリカの共和政体、アメリカの民主主義機構の完全な解体と破壊を意味した。そしてそれは、アメリカの非ユダヤ系民衆の自由の喪失を意味した。非ユダヤ系アメリカ人は、ユダヤ世界帝国建設のための軍隊として動員されたのだ。



https://www.youtube.com/watch?v=YSwY_HMqt0o


http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/gunhuku.htmlより。



[PR]
by kabu_kachan | 2014-08-29 13:56 | 軍事 | Comments(0)
<< 人工地震と自然地震の違い マスコミとロスチャイルド >>