英語が「世界共通語」になることの意味

日本人には、子音中心言語である英語は発音できない。
発音できないということは、英語を聞き取ることもできない。
日本語は母音中心言語だからである。

国公立大学の受験生諸君、
このアメリカ英語がわかるかね?

    ☟
★CNN town hall in wake of Florida school shooting
https://www.youtube.com/watch?v=ZaLh74eXTDo

A hands-on introduction to Python for beginning programmers
https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A

★Learning English with The Future American President - The First Debate
https://www.youtube.com/watch?v=zWGMk74iRN0

President Obama Farewell Speech - English subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=9J_lf2ETt0o

★FNN: Donald Trump Delivers "Major Speech" - DENIES Groping Allegations - in West Palm Beach
https://www.youtube.com/watch?v=TZ_eV2TRlOg

★Steve Jobs Unveils The Original iPhone - Macworld San Francisco 2007
https://www.youtube.com/watch?v=e7EfxMOElBE

★Insight - Hollywoodism: The Ideology that has Devoured Western Culture
https://www.youtube.com/watch?v=cwgLczzn5gk

Clinton reflects on election loss (Full event)
https://www.youtube.com/watch?v=_6RPkqwFmME

FULL SPEECH - PHOENIX RALLY: Trump Defends Charlottesville Remarks, Bashes Media, Talks Arpaio (FNN)
https://www.youtube.com/watch?v=gxwe16H2g9U


★日本語の発音自体が、英語に見られる子音の連続や単語の語尾に来る子音を禁じているのである。だから、日本人は英語の発音はできないし、聞き取ることもできない。

★Eustace Mullins - The New World Order (Full Length)
https://www.youtube.com/watch?v=2h_V-ARe_nE

★あなたはCNNを聞き取ることができますか?

   ☟
http://edition.cnn.com/

http://edition.cnn.com/specials/latest-news-videos

http://www.foxnews.com/

http://video.foxnews.com/

http://www.cbsnews.com/videos/

http://abcnews.go.com/video

http://www.nbcnews.com/video





すなわち、

●「英語と日本語の間には、発音上の共通点はない。」

●「英語と日本語とでは、音の捉え方が違うのである。」

英語は➡子音で捉える。
(子音中心言語)

日本語は➡母音で捉える。
(母音中心言語)

英語と日本語とでは、
言語の音の世界が違うのである。

★これは日本人の宿命である。

それとも、アメリカで生まれて育ちますか?

だから、
日本人の耳には、
英語は  ☟
宇宙人
  が話している言葉

のように聞こえるのである。

したがって、日本人の「英語の学習方法」

はあるかと聞かれれば、

答えは  「ない!」





以上が英語学習における結論である。

しかし、同じ母音中心言語であるスペイン語やイタリア語はすぐに聞き取れるようになるのである。以下でこの説明をしていく。


東欧系(ロシア、ポーランドやドイツなど)ユダヤ人はアメリカに移住してアメリカ英語を学びアメリカのマスコミを乗っ取った。そして今や、英語を世界統一言語にしようと企んでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=R9HZvsliT5E



★ユダヤ人のアメリカ移住史(2)


http://kabukachan.exblog.jp/23721435/

★チャンネル桜の「陰謀論はやっちゃあいけない・・・」
https://www.youtube.com/watch?v=cgmmWJOf9B4

★チャンネル桜の「FRBは民間銀行」
https://www.youtube.com/watch?v=WEfHDvyvqfE

★ユダヤ教とキリスト教
https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

https://www.youtube.com/watch?v=seF5ijYrIec

https://www.youtube.com/watch?v=X_-R1fD8HO8

★ノーベル賞の本当の意味

http://kabukachan.exblog.jp/22773236

★ニューヨーク と ユダヤ人

http://kabukachan.exblog.jp/23242918/

★アメリカのユダヤ性

https://www.youtube.com/watch?v=by4OZfGhjgw

https://www.youtube.com/watch?v=oza0ROLO3hw

★陰謀論の系譜
https://www.youtube.com/watch?v=pPX2Dlb_LlU

私のブログの訪問者には学生もいるだろうから、毎日英語を勉学している学生諸君に、

「英語が日本人にとっていかに難しい言語であるのか」を論証してみようと思う。


ちなみに、私は関西学院大学法学部卒で、当時の大学入試の偏差値では、リチャード・コシミズさんの青学より関学の方が偏差値が高かった。確か、早稲田、慶応、上智、同志社、関学、青学の順ではなかったかな。
私は早稲田に落ちたので関学に入学しました。(笑)

★日露戦争の世界史的意義

http://kabukachan.exblog.jp/19062401/

★世界史上、初めて『日本が人種平等を主張』

http://kabukachan.exblog.jp/22400185/




★英語が世界統一言語になることの意味

①日本人にとっての英語の難点(文法)


よく言われるように、英語と日本語では語順が違う。簡単に言うとまったく逆である。
たとえば、「私はパソコンを見る」を英語で言うと、「私は・見る・パソコン」という順序になる。
ここに、「机の上のパソコン」という場合は、英語では「パソコンon the desk」 というように後ろから修飾する。
そしてまた、「ラーメンを食べている私」の場合は、英語では「私who am eatingラーメン」となる。


これらをまとめて言うと、

日本語では、「ラーメンを食べている私は机の上のパソコンを見る」となる。

英語では、
「私who am eatingラーメンlook at パソコンon the desk 」となる。



日本人は、この英語を日本語の順序に置き換えてからでないと理解ができない。
英語のままの順序で理解するには相当の訓練が必要となる。


それでは、アメリカ人や英国人など英語を話す人以外の言語ではどうかというと、たとえばフランス語やイタリア語、スペイン語やポルトガル語、ドイツ語やオランダ語、デンマーク語やスウェーデン語、ロシア語やポーランド語などほとんどすべてのヨーロッパの言語が基本的に英語と同じ語順である。

だから、上のヨーロッパの言語を話す人たちは、英語の語順のままで理解ができる。なぜなら、英語が自分たちの言語と同じ語順だからである。これを私は語順感覚と呼んでいる。すなわち、語順感覚が同じなのである。


なぜヨーロッパの言語の語順が同じかというと、もともとこれらヨーロッパの言語は一つの言語から分かれて派生したのである。これをインド・ヨーロッパ語という。歴史的にいえば、インド・ヨーロッパ語族から分かれて今のヨーロッパ言語に成ったのである。

だから、英語が世界共通語になると、これらヨーロッパ言語を話す人たちはたいへん有利なのである。逆に日本人は世界でいちばん不利となる。



それでは、日本語と同じ語順の言語は他にないのかというとそうでもない。お隣の韓国語(朝鮮語)が同じ語順である。それからモンゴル語、チベット語、そしてトルコ語、フィンランド語となる。残念ながら、これらの言語の中で英語に匹敵するような言語はないのである。

だからアメリカのメディアとマスコミを乗っ取っているユダヤ人たちは、難解極まる日本語を何とか化石化言語にしたいのである。

★ユダヤ米国が必死で隠したがる「人類史上の犯罪」

https://www.youtube.com/watch?v=0GjhUGV5BPA

https://www.youtube.com/watch?v=-gG5CK985uM&feature=iv&src_vid=0GjhUGV5BPA&annotation_id=annotation_2144722685



★アメリカのメディアを支配しているユダヤ



http://www.veteranstoday.com/2015/10/23/neo-please-pay-attention-there-is-no-war/

 


●ユダヤ人によるアメリカ新聞界の支配
http://kabukachan.exblog.jp/18920704/

●ユダヤ人によるアメリカテレビ界の支配
http://kabukachan.exblog.jp/18920697/

●ユダヤ人によるアメリカテレビ界支配の歴史
http://kabukachan.exblog.jp/18516341/

●ユダヤ人によるアメリカ新聞界支配の歴史
http://kabukachan.exblog.jp/18516347/

★ニューヨークはユダヤ人のエルサレム
https://www.youtube.com/watch?v=rtxxk2d_0C8

真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(4)

http://kabukachan.exblog.jp/18834504/



②日本人にとっての英語の難点(発音)


★日本人はなぜ英語が聞き取れないのか?


◎これは日本語と英語の音韻体系(発音システム)が違うからである。

日本語は子音と母音がセットになっていて、常に母音で終わるようになっているから、語尾は母音をはっきりさせることが日本語を話す上での礼儀作法となっているため、英語のように子音だけで終わる単語は聞き取れないか、子音の後に何らかの母音を付け加えて聞き取ってしまう。


これに対し、英語は子音中心の音韻体系となっていて、語尾はほとんどが子音で終わり日本人には聞き取りにくい。母音にも曖昧母音があっていっそう聞きづらくさせている。


私などはCNNを見ているが、今だによく聞き取れない単語がある。



★簡単に言うと、「英語の発音は世界一複雑で難しくて、日本語の発音は世界一単純でやさしいのである」。

もっと端的に言うなら、「英語の発音システムは不規則で異常(規則性がなくて無茶苦茶)、もっとわかりやすく言うなら、単語の数だけ音があるということである。これに対して、日本語の発音システムは規則正しくて正常なのである」。


繰り返して言うが、「日本語の場合、単語の数だけ漢字があるのと同じように、英語の場合、単語の数だけ音声(発音数)があるのである」。


言い方を変えると、「日本語は ”見る” ことを重視した言語であり、英語は ”聞く” ことを重視した言語である」と言える。

日本語を聞いていると、ただ単に五十音「あ、い、う、え、お、か、き、く、け、こ、・・・」の繰り返しに過ぎないことがわかるであろう。

英語を読んでいると、アルファベット「A,B,C,D,・・・」の繰り返しを読んでいるに過ぎないことがわかるであろう。

要するに、英語が分かるというのは、英語を聞いてイメージが思い浮かぶということである。

しかし日本人には、この聞き取り(リスニング)ができないのである。

たとえば、あなたはCNNを見ていて、CNNに出ているアメリカ人のニュースキャスターの話している英語を後について真似して言えますか?
http://edition.cnn.com/

http://edition.cnn.com/middle-east

スタンリー・キューブリック監督証言
「私が月面着陸をでっち上げた」
https://www.youtube.com/watch?v=KPHRpFFRDUk

これが日本のテレビだったら、日本人アナウンサーの話している日本語を100パーセント後について言えるであろう。

スペイン語やイタリア語も、日本人は簡単に真似して言えるのである。ここに英語の発音の難しさを解明するカギがあるかもしれない。


繰り返して言うが、英語の発音システムは、日本人にとって致命的な困難さを持っている。日本語とはまったく逆の発音システムだからである。





しかし、この英語の子音中心の音韻体系(発音システム)は北欧系言語(デンマーク語やスウェーデン語)の特徴であって、イングランドの歴史と関係している。




だから南欧系の言語、たとえばスペイン語やポルトガル語やイタリア語は母音中心の言語といえる。日本人には非常に聞き取りやすい。スペイン語やイタリア語はすぐにでも真似して言える。しかし、上で述べたように語順感覚は日本語と異なるから、やはり日本語に置き換えないと理解できない。

ところが、韓国語やモンゴル語やトルコ語などは日本語を話すような感覚で単語を並べるだけで意味が通じるのである。語順感覚が日本語と同じだからである。



しかし①と②の何れにしても、英語が世界共通語(世界統一言語)になることは日本人にとって、世界中の欧米人(白人)や英語とスペイン語を話すその他の人々とを比較しても、たいへん不利な、考えようによっては最悪な条件なのである。


ただし、日本語を直ちに化石言語化して、インドみたいに英語を公用語にして英語しか使わないようにすれば問題は解決するが・・・

日本人としてのプライドが許さない!

結論

日本人は英語の発音はできない。発音できないということは聞き取ることもできない。
しかし、スペイン語やイタリア語は簡単に聞き取ることができるのである。だから直ぐに発音もできる。ここに気が付かなければならない。

【すなわち、英語の発音は世界の言語の中でも異常なのである】



★日本人として目覚めよ!
https://www.youtube.com/watch?v=7QQzmAQ7wEc&list=PL9EWxmPflX-pfl7CGtvZ-aUiXBfe1PcOp

https://www.youtube.com/watch?v=xrihV_GUQoc

https://www.youtube.com/watch?v=0eXsQo-CpOg

★世界は日本をどう見ているか 

https://www.youtube.com/watch?v=Yi6t6r7FbjM

https://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g


★金 美齢氏の名演説
https://www.youtube.com/watch?v=8wnUvp_zeIc



★「国際共通語としての英語」の意味
http://kabukachan.exblog.jp/25050857/


★自己紹介(私の起源)

平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。





[PR]
by kabu_kachan | 2015-04-24 23:37 | 言語 | Comments(0)
<< ボヘミアン・グローブ 311海底核爆発・人工津波 >>