戦争で儲ける連中(企業・国)

北朝鮮、人工衛星「光明星4号」の打ち上げに成功!


米国ユダヤ軍産複合体、レイセオン社のミサイル迎撃システム、PAC-3などの販売促進活動、ご苦労様です。

金デジ野蛮人王国が、ポテチンロケットを打ち上げると、近隣の日本、韓国、フィリッピンあたりが緊張して、ミサイル迎撃体制の強化を各国の傀儡政府が推進する。レイセオンの絶対迎撃できない迎撃システムが売れるわけです。

ポテチンロケットは、弾頭部分を大気圏外に打ち出して、地球の周回軌道に乗せれば「人工衛星」。弾頭が大気圏内に再突入して目標に落下すればICBM兵器となる。人工衛星を打ち上げる能力があれば、(精度は別にして)ミサイルで核攻撃をする能力もあるということに一応はなる。ただし、弾頭に収納できるほどの核の小型化ができていればの話。

ということで、ユダ金の金儲けの役には立つポテチンロケット打ち上げ騒ぎですが、北朝鮮国民にしてみれば「金デジの野郎、また、余計な浪費をしやがって」ということになります。

テポドン一発の打ち上げ費用があれば、北朝鮮はほぼ1年分の食糧を輸入できる。だが、実際には、北朝鮮国民は100年に一度の旱魃で、飢餓に喘いでいる。

そもそもポテチンの打ち上げ費用が北朝鮮にあるわけがない。だが、どこのメディアも「資金源」には触れない。触れてはいけないと、電痛からご通達でもあるのでしょう。

北朝鮮の亡国ミサイルの発射に関わった米国ユダヤ人、イスラエル人の皆様、ご苦労様でした。

ちなみに日本では、北朝鮮に一番近い政治家、安倍売国奴晋三一味が、ミサイル打ち上げを大袈裟に騒ぎますが、一般国民は、ニュースに全く反応せず、5秒で忘れます。恫喝効果は、ゼロでございます。


【米国1%のセールスマン 北朝鮮】

◆「北朝鮮がミサイル発射」韓国メディア伝える(NHK NEWS)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160207/k10010400651000.html

韓国の通信社、連合ニュースは、北朝鮮が、7日午前事実上の長距離弾道ミサイルを発射したと伝えました。北朝鮮による長距離弾道ミサイルの発射は、2012年12月以来です。(2016年2月7日)

special thanks


米側も「成功」確認=専門家

http://www.jiji.com/jc/ci?g=int&k=2016020700155&pa=f

【ワシントン時事】米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者ジョナサン・マクドウェル氏は6日(日本時間7日)、北朝鮮が軌道に進入したと主張する人工衛星「光明星4号」について、米当局も軌道データを追跡しており、「打ち上げは成功した」と述べた。

マクドウェル氏はツイッターで「光明星4号の打ち上げ成功は、米国と北朝鮮の双方によって確認された」との見方を示した。同氏は人工衛星の打ち上げやその動向を分析するニュースレターを発行する専門家で、2012年の前回発射の際も、北朝鮮の「衛星」について分析し、見解を表明した。

時事通信 2016/02/07-13:37


★原子爆弾(ウラン型とプルトニウム型)製造競争

http://kabukachan.exblog.jp/22451429/

★戦争ビジネス
http://kabukachan.exblog.jp/21057912/

★漁夫の利と戦争ビジネス
http://kabukachan.exblog.jp/21051147/



http://thinker-japan.com/thinkwar.htmlより

さて次に、ロスチャイルド財閥、および、ロックフェラー財閥の巨大さをみていただきます。

ロスチャイルド一族は、世界中の多分野の巨大企業を所有しています。ここにあるものは、その中で代表的な一部です。
専門分野である銀行業、保険業など金融関係はもちろんのこと、資源、エネルギー産業、マスメディア、工業分野、エンターテイメント、食品、薬品産業まで、その分野は生活に関わるほぼ全てといっても過言ではありません。

また、戦争に必要とされる「お金・石油・原子力・武器・世論形成に必要なメディア関連企業」なども所有しているということです。中でも「ロッキード・マーチン社」は航空機の会社として有名ですが、軍需産業分野で売上世界一の会社でもあります。

一方、こちらはロックフェラー財閥系列の巨大企業の代表的な一部です。

こちらもあらゆる分野の巨大企業を所有しています。

石油分野はもちろんのこと金融関係でも巨大企業を所有しています。数が少なく見えるかもしれませんが、最近の経営統合で巨大になったメガバンクです。「メリル・リンチ」は現在、ロスチャイルド系の「バンク・オブ・アメリカ」に吸収されています。

ロスチャイルド財閥同様、ロックフェラー財閥も戦争に必要な「お金・石油・武器・世論形成に必要なメディア関連企業」すべてを所有しています。また、ボーイング社も航空機の会社として有名ですが、軍需産業の売上で世界トップ3に入る企業です。

この表は2007年、世界の軍需産業収益ランキングです。

戦争を起こすときに欠かせない軍需産業は、空母やジェット戦闘機、高性能爆弾などの他戦闘に必要なすべてのものを供給しています。
世界のナンバー1,2がロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の企業であることは注目に値します。


[PR]
by kabu_kachan | 2016-02-08 23:09 | 軍事 | Comments(1)
Commented by 亡国の民 at 2016-02-13 10:53 x
そういえば、イシハラが、尖閣保有を吠えたのは、レイセオンがスポンサーのヘリテージ財団のシンポジウムでしたね。裏のカラクリ(真実)を知らず、馬鹿どもが寄付しまくったんですよね。こういう馬鹿が覚醒しない限り、この国は変わりません。
<< 「アメリカのユダヤ人」の研究 気象兵器について >>