自虐史観

自虐史観(じぎゃくしかん)とは、太平洋戦争後の日本歴史学界において主流であった歴史観批判・否定的に評価する側が用いる言葉である。彼らは、戦後の歴史観が自国の歴史の負の部分をことさら強調する一方で正の部分を過小評価し、日本を貶めるものであると主張している。

ほぼ同種の造語として、日本悪玉史観東京裁判史観がある。「自虐史観」への批判者たちが連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による戦後統治極東国際軍事裁判(東京裁判)を通じて「日本は悪である」との考え方を「押し付けられた」とみなしているためである。

「自虐史観の病理」の著者である藤岡信勝は自虐史観の対義語として「自由主義史観」を造語した。秦郁彦は「自虐史観」も「東京裁判批判」も語義は曖昧だと指摘する[1]


自虐史観とは[編集]

戦後の歴史観を「自虐史観」と呼ぶ層の主張は概ね以下のとおりである。

太平洋戦争での敗戦により、GHQによる統治が行われる中で、歴史学界や教育界の一部(学校教育の現場、日本教職員組合に入っている教師ほか)などでは、占領政策を支え、GHQに迎合するかたちで、なぜ敗戦に至ったのかという視点から過去への反省がなされることとなり、その過程で戦前の日本国民が共有していたすべての価値観は根底から覆され、否定される事になった。アメリカとの比較で日本の近代化の遅れや、民主主義の未成熟などが問題とされることが多かった。また、戦前には皇国史観が歴史研究に影響を及ぼしたことを踏まえ、マルクス主義の影響を強く受けた歴史研究(唯物史観)が主流となった。また、GHQによる「真相はこうだ」などの歴史検証番組の放送や、墨塗り教科書、戦前の思想的基礎となった図書の焚書などもそれに拍車をかけた[誰によって?]

沿革[編集]

秦によると1970年代に入った頃に、まず「東京裁判史観」という造語が語義がやや不分明のままに論壇で流通し始めたという[2]

冷戦終結で日本の最大の同盟国アメリカ合衆国が唯一の超大国となったことから、その庇護を受ける日本でも日中戦争太平洋戦争侵略戦争ではなかったとして伝統文化などにおいて歴史を再評価する傾向が表れ、自由主義史観を唱えた教育学者藤岡信勝らによる「新しい歴史教科書をつくる会」などの運動が活発となった。「つくる会」は、主として近代史において、これまで主流であった歴史認識を「自虐史観」であるとして批判する。そして戦後の歴史教育日本の歴史の負の面ばかりを強調し過ぎ、あまりにも偏った歴史観を自国民に植え付ける結果となったと批判している。その教育を受けた結果、「自分の国の歴史に誇りを持てない」、「昔の日本は最悪だった」、「日本は反省謝罪を」という意識を植え付けられ、いわゆる戦後民主主義教育によって連合国の思うがままの誤った歴史観、つまり自虐史観が蔓延したとして、「つくる会」の言うところの「暗黒史観」や「土下座教育」の改善を主張している。秦はこうした主張の主力を占めるのは、渡部昇一(英語学)、西尾幹二(ドイツ文学)、江藤淳小堀桂一郎(国文学)、藤原正彦(数学)、田母神俊雄(自衛隊幹部)といった歴史学以外の分野の専門家や非専門家の論客であり、「歴史の専門家」は少ないと指摘している[3]

2014年平成26年)1月には自由民主党が運動方針案に「自虐史観に陥ることなく日本の歴史と伝統文化に誇りを持てるよう、教科書編集検定・採択で必要措置を講ずる」と明記した[4]


秦 郁彦(はた いくひこ、1932年昭和7年)12月12日 - )は、日本官僚歴史学者、現代史家。元日本大学法学部教授。法学博士東京大学、1974年)。

山口県田布施町出身。鉄道省の技術官吏である父は太平洋戦争中に陸軍司政官としてフィリピン北部のカガヤン州における鉄道建設に従事して戦死した[1]1952年に山口県多々良学園高校卒業東京大学法学部に進み在学中は戦史研究に没頭し、丸山真男の指導を受けてA級戦犯を含む多くの旧日本軍将校らからのヒアリングを実施した[要出

専攻は、日本の近現代史第二次世界大戦を中心とする日本の軍事史。その他、昭和史に関する著作がある。

日本国際政治学会太平洋戦争原因究明部による共同プロジェクトに参加し、研究の成果は後に『太平洋戦争への道』として出版された。同書は開戦に至る日本外交を描いており、1987年の新装版刊行に際しての朝日新聞社の書評では「開戦外交史の通史としてこれをしのぐものは現れていない」と評価された。近現代史に関わる事典の編纂も行った[要出典]






【半藤一利・保阪正康・秦郁彦の歴史観は異常】


1 :名無し三等兵:2014/09/03(水) 13:43:49.98 ID:5ZREEOge

若狭
『私は高校で歴史を教えていましたが、専門家と違って一次史料に当れるチャンスが、そんなにあるわけではない。
「先生、これはどうして?」と生徒に聞かれたときに、できるだけ努力して原典を読んで採ってきました。
かつて、田母神さんの講演の前座を務めたことがありますが、その時にこんなことを言いました。
「3H(秦郁彦氏、保阪正康氏、半藤一利氏)とよばれている昭和史の研究家の方々がおられますが、
3Hなんていう鉛筆は硬くて使い物にならない」と(笑)』

渡部
『3Hさんたちは、戦後昭和史を一生懸命調べたんですよ。ふつうの人が知らない情報もいっぱい持っておられる。
でも「一番肝心なこと」が抜けている。それは、「その時、外国は何をやっていたのか」という視点・論点です。
まさに、「その時、外国は何をやっていたのか」に最初に言及した人は、東條英機です。
前述した「東條英機の宣誓供述書」なんですよ。

東條さんは、「支那事変以来、日本はずっと『受け身』であった」と言っている。
「何かをされるから、それに応えてやらざるを得なかった」と証言している。
それは、当時の人間も知っていたことです。
しかし、戦後の昭和史研究の人たちは、一生懸命調べたけれども、「東京裁判史観」に結びつくような結論にしか至らない』



東京裁判史観


いくつかの本から「東京裁判史観」の定義を引用すると、

•(東京裁判の)裁判所の下した判決の内容はすべて正しく、満州事変にはじまり、大東亜戦争に終わった、日本が関係した各種事件、事変、戦争は、すべて日本が東アジアおよび南方諸地域を略取し、支配しようとした、被告たちの共同謀議に基づく侵略戦争であって、戦前、戦中の日本のなした各種行為、行動はすべて「悪」であった。

•日本が支那を侵略したために、太平洋戦争に突入したなどという歴史観。まさにアメリカの占領政策によって植えつけられた誤った史観。自己否定、卑屈、盲従、無定見をもたらす精神構造のこと。今最大の問題となっている日本人の精神の荒廃は、東京裁判で始まっているといえる。

•昭和3(1928)年以降の日本国の対外政策・外交方針は一口に言って侵略的であり、道義にもとるものである。武力行使を発動したときには、常に国際法で言うところの戦争犯罪を伴っていた。



この史観を信奉する日本人は以下の二つのタイプに分類できる。

•この東京裁判史観信奉の立場に立ってものを言い、あるいは文章を書くほうが、自己の保身のため、あるいは処世術として自分にとって有利であり、好都合であるという風に考えて、この史観信奉の立場に立つ輩、すなわち、いわゆる進歩的文化人、一部の学者、評論家、作家、マスコミ 。

•東京裁判についてはほとんど何も知らないけど、有名な学者や評論家たちが、あの判決は正しいと言っているから、きっと正しいに違いないと考えて、判決内容をそのまま信じ、その結果、東京裁判史観信奉の立場に立つ一般人 。

反日日本人、自虐史観派は「教科書で特定の政治勢力や宗教を攻撃したり、他民族を蔑視したりしてはいけない。ナショナリズムやイデオロギーを強調してはいけない」などと主張しているが、彼らは国粋的な支那や朝鮮の教科書は絶対に批判しない。こいつらは要するに支那や朝鮮の工作員と同じことをやっているというだけの話なのである。


ちなみに、支那や朝鮮では自虐史観を持つ学者は少なくとも社会的には存在しない。そんなことをすれば殺されるからである。日本は恵まれた国である。

この東京裁判史観は、日本の初等・中等教育における教育方針、教科書の編集、記述方針を完全に支配してしまった。この史観が教育界を支配してしまったのは昭和24、5年の頃で、日教組が教育界を支配していった趨勢とほぼ並行している。教科書作成のガイドラインである「学習指導要領」という文書が、日教組の巧妙な浸透によって彼らの思い通りに策定されるという形でこの勢いが進行してしまった。

この史観には講座派史観が取り入れられている。いずれも「自虐史観」の典型である。

自虐史観
講座派史観
階級闘争史観

戦後、日本人の考え方、あるいは歴史観を歪曲した最大の原因として「東京裁判」とその判決文に示された日本悪玉論があった。判決書の中で最後に主文が書いてあり、誰を絞首刑にするなどと書いてある。その前にその理由が書いてあり、そこに連合国側に都合のよい歴史観が書いてある。日本はかくかくの悪いことばかりした。たとえば、南京大虐殺など、と。


http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/tokyosaiban_shikan.htmlより引用。



【緊急記者会見】ユネスコが中国の「南京大虐殺」捏造資料に太鼓判~戦勝国の歴史創作を許すな!
https://www.youtube.com/watch?v=wkYRGh0xpHQ


1/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=7BD4EeZl71U

2/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=b_XaRjfjvE8


3/3【討論!】南京の虚構を暴く!
https://www.youtube.com/watch?v=soBmChuHDhM



★中国帰還者連絡会(中帰連)は、なぜ捏造創作証言を行い続けるのか?

以下
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-234.htmlより引用

………支那共産党による、いわゆる「戦犯」(正確には「違法に拘留した捕虜」)への洗脳についての説明を紹介する。

以下「あやしい調査団・ 満洲どよよん紀行」撫順2(戦犯管理所と戦犯裁判)より抜粋

中共建国の翌年の昭和25年(1950年)、日ソ友好条約の締結時、一部の捕虜はスターリンから中共にプレゼントされ、撫順に収容された。
いよいよ、後日、彼ら自身に「鬼から人間に戻った」と言わしめる洗脳が始まったわけである。
戦犯の処置は新中国の重要な国家政策として周恩来が直接指揮をとり、管理は司法部ではなく公安部が担当した。公安部長の羅瑞卿は、延安で多数の日本兵捕虜を洗脳して、日本軍の正面に送り出してきた捕虜政策のエキスパートであった。
一方ハルピンの尉官級以上の人たちも「学習」が続けられ「総括書」を書かされた。これは、学習して得た共産主義の認識に基づき、過去の自分を自己批判しろということである。
罪は重くても完全に共産主義思想になったものは許す。逆に軽微な罪行でも思想を改造できないものは重く処罰する、としつこく繰り返された。
中共側は共産主義思想に転向してこそ初めて過去の旧思想時代の犯罪を自供できる、と主張していた。
つまり「思想改造」と「認罪」の同時工作であり、中共国内の反革命分子に行使した方法と同じであった。
尉官以上の人が取り調べを受けたのに対し、下士官・兵は坦白(※罪や誤りを告白する,白状する)大会の方法がとられ、自分たちで自らを洗脳していった。
ソ連のラーゲリに居た頃も下級兵士ほどアクチブになり易かったのだ。
「認罪運動」
そして本格的な取り調べが開始された。「坦白するものには軽く、逆らい拒むものには重く」という取り調べの方針が告知され、そのスローガンは所内の至る所に掲示された。これをきっかけに「認罪運動」というものも始まった。
「私はこんな酷いことをした」と戦犯全員の前で自白する発表会がもたれた。
この「坦白大会」には、中共党幹部も同席し、管理所の洗脳工作経過を視察するものであったが、戦犯達も自分が何を要求されているのかが判り、いよいよ追いつめられていった。
認罪学習は、徹底して行われた。みんなでしつこく何回も何回も犯罪行為を確認し、自己批判・相互批判が繰り返された。
「学習」とは言うものの、罪の自白とつるしあげ合戦である。「なんだ、それぐらい、俺なんかもっと凄いもんね」「お前、それぐらいじゃ足りんだろう」などとエスカレートしていったのだった。
工作員(取調官だが、なんともストレートな名前である)は、一人ひとりについて何年もかけて集めた証言、告発書をもとに尋問した。つまり、罪状は最初から決まっており「自白すれば軽く、拒めば重く」と言われれば、工作員の言うままに合わせるしかない。
毎日呼びだされ、尋問を受ける。尋問というより説得であった。総括書は出す度に点検され、ここが違うとか、こう書けとか注文された。
相手の予定調書と違ったことを自白すればそれは自分がウソや間違いを言っていることになるのだ。
こういう経過で、日本語にはない罪行や、中共側のでっち上げや過剰な言い分まで認めざるを得なかった。
とにかく、一日でも早く日本に帰りたい、そのことしか頭になかった。
また、中共側は余計な自白を歓迎した。
本人の罪状だけでなく、伝聞した日本軍の罪状まで採集していった。
戦犯たちは総括書という形で、文章にして提出した。当然、文章の巧拙や想像力の大小によって、罪業に迫力の差がでてくる。
文章の上手い戦犯はほめられ、他の戦犯の文章指導や代筆までやり、悪鬼そのものの日本軍が作成されていった。
監禁されるとその苦痛や憤り、自己崩壊から逃れるため、加害者の立場に自分を置こうとする場合がある。
相手側の一員になった気持ちになるのだ。
撫順に収監された戦犯の中で、下士官・兵などは特に戦争犯罪など起こしていない人ばかりである。
理由もなく6年も監禁されたのに、自ら戦争犯罪人を認める自白をし、そのうえ不起訴になったら中共の温情に感謝する、看守達と抱きあって泣いたりしたのだ。
このように、撫順戦犯管理所に収容された日本軍将兵たちの6年間は「坦白大会」などの「認罪運動」による「洗脳」の日々だった。

そして、何年も洗脳され続けた後にやっと釈放された無実の元日本軍将兵たちだが、驚くべきことに彼らの殆どが日本に帰っても洗脳が解けないまま余生を送った


つまり・・・・・これ!
映像の世紀 南京大虐殺12 元日本兵の証言 金子安次
https://www.youtube.com/watch?v=9WE21PjC2gY&nohtml5=False

証言 侵略戦争-1 「人間から鬼へ、そして人間へ」
https://www.youtube.com/watch?v=uSfLsbPtI3A&nohtml5=False



[PR]
by kabu_kachan | 2016-06-03 10:02 | 歴史 | Comments(1)
Commented by 春九千 at 2018-07-14 05:15 x
FullText(*^ヮ゚)σ:http://dec.2chan.net/up/src/f8137.zip

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32467060Q8A630C1MM8000/
>長崎・天草「潜伏キリシタン」 世界遺産登録決定  :日本経済新聞

祝!世界遺産登録♪
    ♪\(*>ω<*)/♪
と・こ・ろ・で…

    「沈黙‐サイレンス‐」って映画を観たでぇ♪ \(^O^)/

http://chinmoku.jp/
>映画『沈黙‐サイレンス‐』公式サイト

    自虐史観 m9(゚∀゚)プギャハハハハハ

なんで2017年のタイミングで「沈黙‐サイレンス‐」が日本で公開されとるんや? ( ゜-゜)トオイメ
ひょっとして、
バチカンわ豊臣と徳川がやったキリスト教弾圧を被害者カードとして利用するつもりなんとちゃうか? ┐('~`;)┌

    バチカンをブッ壊せ~♪ o(^▽^)○ オ~!

FullText(*^ヮ゚)σ:http://dec.2chan.net/up/src/f8137.zip

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.
<< 日本におけるテロ・謀略 オバマ大統領の広島訪問 >>