トランプ大統領とキリスト教福音派とユダヤ教

FULL SPEECH: President Trump Addresses The World Economic Forum DAVOS 1/26/2018, Switzerland
https://www.youtube.com/watch?v=GZIhF1ptliU

WATCH: President Trump, Israeli Prime Minister Netanyahu meet in Davos
https://www.youtube.com/watch?v=xPDEGiYpk-E

Trump meets with Theresa May in Davos
https://www.youtube.com/watch?v=KrZajtGXiBo

INVESTING IN AMERICA: President Trump Speaks To World Leaders in Davos (FNN)
https://www.youtube.com/watch?v=JVopFOo7vIs

President Donald Trump’s Full Interview At The World Economic Forum | Davos 2018 | CNBC
https://www.youtube.com/watch?v=xjZG5P_Q7B0

President Trump has dinner with European Business Leaders. Davos. World Economic Forum. Jan 25, 2018
https://www.youtube.com/watch?v=4rLR4ipaY9M


「アメリカ社会の深層と中東問題とトランプ大統領」を考える上で役立つ以下の記事を紹介します。


https://ameblo.jp/boumu/entry-12334856564.htmlより。

エルサレム② キリスト教シオニズムと福音派とユダヤ系アメリカ人


2017-12-08 23:25:29
テーマ:宗教・世界観


世界中から非難轟轟のトランプ大統領のエルサレム首都宣言。

しかしアメリカはクリントン政権時に、国内的にはエルサレムをイスラエルの首都と認めています。

なぜ?という疑問が起きますが、そこに登場するのが「キリスト教福音派」というキーワードです。

ユダヤ教から分かれたキリスト教はいろいろな教派があり、教派によって大きく異なりますが福音派はプロテスタントの中の、特に保守的な立場で、その特徴は、逐語霊感説といって、聖書の言葉を字義通りに、神の言葉として信じる人たちのことです。(特に旧約聖書をそのまま信じると問題が生じます

この赤字の部分が重要で、これが 「キリスト教シオニズム」 の原因となります。

紀元1世紀、ローマ帝国支配下で圧迫され、救世主(キリスト)を待望していたユダヤ民族の前にイエスが現れ、救世主と信じられるようになります。

イエスはユダヤ教のラビ(指導者とか律法学者のような地位)でしたが、厳しい戒律にしばられユダヤ民族のみを救いの対象とするユダヤ教を批判し、唯一の神を信じる者は誰でも救われることを説きユダヤ教を改革しようとし、ユダヤ教の長老たちと対立します。

そして、ユダヤ教の長老派の人々から異端であるとしてローマ人の行う法廷に罪人として差し出さされますが、ローマ人はその裁判をユダヤ人に一任し、結局ユダヤ人の裁判で有罪となり、死刑判決を受けたのです。 (死刑執行はローマ人が行ったので、ローマの死刑執行方法である十字架刑に処せられました。)

イエスの死後、イエスを救世主(キリスト)と信じる人々によりキリスト教が生まれますが、このような理由によりユダヤ教徒(ユダヤ人)はキリスト教徒に嫌われ迫害されてきました。


ところが、アメリカのキリスト教福音派はとってもユダヤ教と仲良し?のように見えます。

12月8日WALL STREET JOURNAL

【エルサレム首都認定、背後にキリスト教福音派の強力な根回し】


ドナルド・トランプ米大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都に認定すると発表した。トランプ氏が大統領に就任する前から、保守的な「キリスト教福音派」はエルサレムの首都認定を求め、ロビー活動を展開していた。

以下省略

なぜか?

キリスト教の歴史に矛盾するかのようなキリスト教福音派ですが、これは「キリスト教シオニズム」によるものです。

以下【「キリスト教シオニスト」の実態】より引用

注)キリスト教シオニストはプロテスタント主流派ではなく、福音派の一部(旧約聖書の記述を正しいと信じている人たち)です。


●シオニズム運動とは、パレスチナの「シオンの丘(ZION)」(=聖地エルサレム)にユダヤ人の国家を公的に建設する事を目標とするものである。

一般に、ユダヤ人テオドール・ヘルツルが、シオニズム運動の父として知られているが、広義の意味での"シオニズム運動"の本当の「創始者」ではない。

本当の創始者は、ユダヤ教徒ではなく、それより300年前のイギリスに住んでいたプロテスタント・キリスト教徒だったのである。

●キリスト教にもシオニズム運動は存在し、ユダヤに劣るとも勝らない強烈なシオニズム信奉者が存在する。

そして、驚くべきことに、現在アメリカのキリスト教シオニストとユダヤのシオニストは「同盟」を結んでいる。この同盟関係を知ると、パレスチナ問題の根がより深いところに根ざしていることに気付く。

 

 

●【宗教改革】以前は、全ての西欧キリスト教徒はカトリックで、聖アウグスティヌスその他が説いた「聖書の中には文字通りではなく寓意的に解釈すべき箇所がある」という見解を普通は受けいれていた。例えば、「シオンの丘(ZION)」は天国、あの世にあって、我々全ての人間に等しく開かれており、この地上にあってユダヤ人だけが住むべき場所ではないという考え方だ。

しかし、宗教改革以後、プロテスタント・キリスト教徒たちが唐突に「ユダヤ人は全てパレスチナへ移住せよ!」などという、およそ正統派キリスト教神学では主流になどなったことのない考え方を支持し始めたのである。

聖書が日常言語に翻訳されると、初期のプロテスタント・キリスト教徒たちは、ユダヤ教またはヘブライの聖書として知られていた『旧約聖書』に目を向け、ヘブライ人の歴史、物語、伝統、律法、そしてパレスチナの地に親しもうとし始めた。彼らは『旧約聖書』の物語をそらんじ、記憶だけで必要な個所を朗読してみせた。

こうしてパレスチナをユダヤ人の国と考え出すプロテスタント・キリスト教徒が増えてきた。

プロテスタント・キリスト教徒たちは『旧約聖書』を特別面白い文学として読んだばかりでなく、歴史解釈のお手本とも見るようになった。彼らはキリスト教以前のパレスチナの歴史過程すべてを、ヘブライ人が来てからの逸話だけに還元してしまったのである。

●こうして、古代パレスチナでは『旧約聖書』に記録されたあいまいな伝説やわずかな歴史物語に、これまたあいまいに記されているだけの出来事以外、何一つ実際に起こりはしなかったと思い込むようにしつけられたキリスト教徒が膨大な数に達したのである。聖書好きのキリスト教徒たちは、『旧約聖書』を中東で重要な歴史を記した唯一の書物と見なすようになってしまったのである。

そして、17世紀半ばまでには、プロテスタント・キリスト教徒たちは「ユダヤ人はすべてヨーロッパを離れてパレスチナへ帰るべきだ」と断定する論文を発表し始めていた。

新たに確立したピューリタン共和国の「護国卿」となったオリヴァー・クロムウェルは、パレスチナにユダヤ人が帰還すれば「キリスト再臨」の序曲になると明言した。

そしてトランプ政権ではキリスト教シオニズムが強まっているようです。

     

【キリスト教右派から読み解くアメリカ政治 『熱狂する「神の国」アメリカ』著者、松本佐保氏インタビュー】 

なるほど!

カトリックにとっては聖母マリアとイエスから始まる新約聖書のキリスト教ですが、プロテスタントの一部に旧約聖書のヘブライ人の世界に戻せという人たちもいるようです。

アメリカは人口の33%が進化論を信じない国で、人類と恐竜が一緒に誕生したと信じる人達さえいる国です。

拙ブログ「アメリカは奥が深いです(*^▽^*)」もお読みください。

そして、アメリカの政治経済を支配するのはユダヤ系アメリカ人=ユダヤ教徒です。


世界を制覇! ユダヤ人経営者の知恵の絞り方


息をするように常識を疑え

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、グーグルのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、マイクロソフトのスティーブ・バルマー。彼らの共通点は何か。それは、強力なサービスやビジネスモデルで世界を席巻した経営者であると同時に、ユダヤ系であるということだ。成功したユダヤ系経営者は、IT業界にとどまらない。スターバックスのハワード・シュルツ、GAPのドナルド・フィッシャー、ゴールドマン・サックスのマーカス・ゴールドマンもユダヤ人家庭に生まれている。

アメリカにおけるユダヤ人は、人口の約2%を占めるにすぎない。しかし、世界的に成功した米企業の創業者には、ユダヤ人の名がずらりと並ぶ。いったいなぜ彼らは優秀な起業家・経営者たりえたのだろうか。

以下省略

この他にもビル・ゲイツはじめビッグネームが続きますし、 トランプ勝利で10億ドル損したというジョージ・ソロスはハンガリー系・ユダヤ系アメリカ人。

そして裏付けは不明ですが、世界のメディアの90%以上はユダヤ資本下にあるという話もあり、多少誇張はあるにしても我々の得る海外情報は殆どがユダヤの影響があると見て良いと思います。

そして米国の議会を称して回転ドアという言葉が使われますが、いろいろな業界が業界の人間や息のかかった議員を「回転ドアを通るように」議会に送りこんでいるといいます。

回転ドアに送り出す企業には、当然ユダヤ系企業も大きいと思います。

さらにクリントン夫妻の娘さんの夫はユダヤ教徒で、娘さん自身もユダヤ教に改宗していますし、トランプの娘さんのイヴァンカも夫のクシュナーもユダヤ教徒。

★ジャレッド・クシュナーはユダヤ人
http://kabukachan.exblog.jp/26198293/

以前はあまり聞かれなかった「ユダヤ教徒」という言葉が、最近急にニュースで頻繁に聞かれるようになりました。

頭の中が創世記から始まる旧約聖書の世界の福音派と、優秀で世界の裏の支配者といわれるユダヤ教の同盟。

そして彼らに送り出される議員・・・・・・

これでは中東問題など解決するわけがないと思います。



ここで一句。

ユダヤとは 私のブログの テーマなり


信者数[編集]

2011年現在、全世界のキリスト教徒のうち13.1%が福音派である[40]

2004年現在、アメリカ合衆国の全人口の26.3%が福音派であり、22%がカトリック、16%がプロテスタントである[41]

アメリカ合衆国におけるキリスト教原理主義と福音派[編集]

アメリカ合衆国では、有名な「進化論論争」や、また、昨今は「宗教右派」とかなり重複していることで世界的に有名になっているが、政治的立場は必ずしも右翼タカ派)とは限らず、たとえば共和党でもマーク・ハットフィールドのような議員や再洗礼派系の教団や教派のように聖書の使信は平和主義であると称える教派も多い。




TPP復帰検討を明言=トランプ大統領「孤立せず」―ダボス会議


1/27(土) 0:03配信

時事通信


 【ダボス(スイス東部)時事】トランプ米大統領は26日、スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説した。

 自国の利益を最優先する「米国第一」の姿勢を続ける考えを強調。米国の利益になることを条件に、昨年離脱を決めた環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討することを明言した。多国間貿易の枠組みへの関与も視野に入れる考えを示した。

 トランプ氏は演説で、「『米国第一』が米国の孤立を意味するわけではない」と指摘。「(協定が)合理的な内容であれば、TPP各国との交渉を検討する」と表明し、グローバル化に背を向けがちな米国に対する懸念の払拭(ふっしょく)に努めた。

 通商政策では、「公平で互恵的な貿易」を追求すると改めて主張。知的財産権の侵害などの不公正な貿易慣行には「これ以上目をつぶってはいられない」と語り、通商ルールの順守を迫る方針を示した。名指しは避けつつも、中国などに厳しい対応で臨む考えをにじませた。 



[PR]
by kabu_kachan | 2018-01-26 10:16 | ユダヤ | Comments(1)
Commented by ななし at 2018-04-24 14:01 x
ISと福音書派、原理主義という点でいかほどの違いがあるのだろうか。
同根愛憎ここに極まれり。世界の平和の終わり。
<< オウム裁判、完全に終結 「地球温暖化」は本当か? >>