米朝首脳会談で非核化は実現しない

米朝首脳会談で非核化は実現しない。
北朝鮮が核を手放すわけがない。
北朝鮮の言う非核化とは米朝両国の
非核化であろうから、
アメリカが核兵器を持たないことはあり得ない。
北朝鮮の子供だましの手口に
トランプ大統領が引っかかったのである。


Donald Trump Agrees To North Korea Meeting Invite, South Korea Announces | Rachel Maddow | MSNBC
https://www.youtube.com/watch?v=QlwyHLnOWjQ

Why North Korea wants to meet with President Trump
https://www.youtube.com/watch?v=RBaVCJTTvdA

White House Briefing After Confirmed Trump North Korea Meeting
https://www.youtube.com/watch?v=4EfANjjn9vY

President Trump to meet with North Korea’s Kim Jung Un
https://www.youtube.com/watch?v=sVPYKPMJwn4


輸入鉄鋼・アルミニウム品関税
President Trump Signs the Section 232 Proclamations on Steel and Aluminum Imports
https://www.youtube.com/watch?v=UuRpTXBU7S8






米朝首脳会談は北側の「勝利」 専門家らが警鐘

07:40AFPBB News


米朝首脳会談は北側の「勝利」 専門家らが警鐘

北朝鮮の金正恩労働党委員長(左)とドナルド・トランプ米大統領(2018年3月9日作成)。(cAFP PHOTO/KCNA VIA KNS

(AFPBB News)


【AFP=時事】米国と北朝鮮が首脳会談の開催で合意したことについて、専門家らは、北朝鮮が外交経験の浅いドナルド・トランプ米大統領に勝利した形であり、北朝鮮側には核兵器を手放す意思はないと指摘している。

 トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長との会談を歓迎し、非核化に向けた「大いなる進歩」だとの見解を示している。しかし専門家らは、これほどまで早い段階で対話開始に合意したことにより、対価として意味のある譲歩を引き出さないまま、北朝鮮側が切望する状況が生まれると警告している。

 米ミドルバリー国際学研究所の軍縮専門家、ジェフリー・ルイス氏は、「北朝鮮は20年以上にわたり米国大統領との首脳会談を目指してきた」と指摘。北朝鮮にとって米朝首脳会談は「まさに対外政策における最大の目標」だと述べた。

 ルイス氏はツイッターに、米朝対話は必要だが、金委員長は「北朝鮮の兵器を差し出すために」会談を求めているわけではないと投稿。さらに「金がトランプを招いているのは、自身の核・ミサイル能力への投資により、米国が彼を対等に扱わざるを得なくなったことを示すためだ」とした。

 歴代の米大統領が在任中に平壌を訪れたことはなく、北朝鮮側指導者との会談も前例はない。トランプ政権では突然の方針転換も珍しくないが、韓国・延世大学のジョン・ドルーリー氏は、首脳会談が実現すれば歴史的な出来事となることは間違いなく、軽視すべきではないと語る。

 ドルーリー氏は「(北朝鮮と)相対するのはとても大変なこと」だとした上で、「これは始まりであり、全面的な解決ではない。しかし、非常に良いスタートだ」と述べた。

 専門家らは、北朝鮮政府が首脳会談を提案した要因として、同国に対する経済制裁強化の影響が現れようとしていることや、トランプ政権が繰り返し軍事行動を警告していることを挙げている。

 北朝鮮情勢に関するコンサルティングを提供する企業「朝鮮リスクグループ」のアンドレイ・ランコフ氏はAFPに対し、北朝鮮は最大の貿易相手国である中国から過去に類のない「実に厳しい制裁」を科されていると説明。北朝鮮経済は1年以内に「崩壊を始める」見通しだとしている。

 さらにランコフ氏は、「より重要な要因は、米国が軍事行動を起こす可能性への懸念だ」とし、「北朝鮮は撃たれることを望んでいない」と述べた。だが一方で、北朝鮮政府はできる限り時間稼ぎをするとも指摘。同国は「非核化について多くを口にするだろうが、核兵器を差し出すつもりなどない」との見方を示した。

■トランプ氏の会談合意は「大ばくち」

 バラク・オバマ前米政権で国家安全保障会議アジア上級部長を務めたエバン・メデイロス氏は、トランプ大統領が突如として金委員長との会談を決断したことは、「戦略上の大ばくち」だと述べている。

 メデイロス氏は、金委員長に核兵器を放棄する意思があるという明確な情報はないとし、北朝鮮は従来、狡猾に各国を出し抜いてきたと指摘。その上で、「金はおそらく、世界最高の交渉人を自称するトランプの虚栄心や、対話を通じた北朝鮮和平を望む文在寅韓国大統領の熱意を利用し、会談を実現させるだろう」と述べた。

 ソウル駐在大使の空席が1年余り続くなど、現在のホワイトハウスは地域をめぐる専門的知見を欠いており、ごく初歩的な外交基盤すらないままに首脳会談に臨むことになる。

 メデイロス氏は「トランプがいくら交渉術に自信を持っていても、政権には、あれほど狡猾な相手と複雑なやり取りをこなした経験の持ち主がほとんどいない」と語った。【翻訳編集】AFPBB News



トランプ氏、首相に「朗報だ」 米朝対話、日本外し警戒

松井望美、園田耕司

2018年3月10日05時00分


「国難」から一転、対話を容認へ――。圧力路線で手を携えていたはずのトランプ米政権があっさりと米朝首脳会談にかじを切ったことに、日本政府内では衝撃が走った。「このタイミングとは想像がつかなかった」(外務省幹部)。北朝鮮の非核化に向けた交渉が「日本抜き」で進みかねない事態に警戒感も広がる。

変わり身トランプ氏、対話即決 北朝鮮は時間稼ぎ狙う?
米朝が首脳会談へ 正恩氏、核・ミサイル凍結を約束

 安倍晋三首相は9日朝、トランプ大統領と約30分間電話で協議。4月初旬に急きょ訪米してトランプ大統領と今後の北朝鮮対応について話すことを決めた。協議後、記者団に「北朝鮮が非核化を前提に話し合いを始めると申し出た。この変化を評価する」と述べた上で「日米はこれからも100%共にある、という点でも一致した」と強調。拉致問題の解決も含め、日米が連携して対応していく考えを改めて示した。

 だが、首相にとって米朝首脳会談の報は、想定外といえるものだった。




金正恩氏、トランプ氏に非公開メッセージ 信頼構築狙う


3/10(土) 10:56配信

朝日新聞デジタル


 韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長が8日、ワシントンでトランプ米大統領に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長からの非公開の口頭メッセージを伝えていた。韓国政府高官が9日、ワシントンで韓国記者団に明らかにした。米朝両首脳間の信頼関係を構築するための極めて包括的なメッセージという。

 高官によれば、正恩氏は非公開メッセージについて、トランプ氏に直接伝えて欲しいと韓国に依頼したという。米朝首脳会談を開くために、お互いの信頼を築く目的があるとした。トランプ氏は、肯定的な反応を示したという。

 正恩氏はこのほか、明確な非核化の意思を表明。北朝鮮の体制転換を求めないことや平和構築の努力が必要との考えも示した。高官は「非核化の条件というよりも、同時に言及したということだ」と強調した。

 正恩氏は、対話が進む間は、核実験や弾道ミサイル発射を決して行わないと約束し、米韓合同軍事演習にも理解を示したとした。

 トランプ氏は鄭氏らに対し、なるべく早く米朝の最高指導者が会って妥結策を模索することが望ましいとの考えを示した。北朝鮮が態度を変えた背景に関心を示したという。

 韓国政府高官は、現時点で米朝首脳会談の場所は未定だとした。米朝間で首脳会談に備えた実務接触や高官の相互訪問がありうるとの見方も示した。高官は「韓国は朝鮮半島の非核化が平和的に実現されることを楽観している」と述べた。(ソウル=牧野愛博)
.
朝日新聞社







おまけ!

Tokyo firebombing recalled 73 years on

Kyodo

Mar 10, 2018 Article history


Tokyo on Saturday marked the 73rd anniversary of the massive U.S. firebombing that killed over 80,000 people during the war, with a ceremony that saw some 600 people, including families of the victims, gather to commemorate those lost.

Prince Akishino, the younger son of Emperor Akihito, his wife, Princess Kiko, and Tokyo Gov. Yuriko Koike also attended the memorial service, which was held at a hall in Sumida Ward where the remains of many of the unidentified victims were placed.


Among other participants were Hideo Yoshida, 83, from the city of Fukushima, who has attended the annual ceremony for the past 30 years.

"I still think today that if there had been no war, everyone could have had different lives," he said. Yoshida's father went missing in the raids and his older sister suffered burns and died two years later.

Koike said: "It is our responsibility to pass on our knowledge (of the raid) to the next generation so that the tragedy of war will not be forgotten, as well as to protect the peace and safety of the world."

In the early hours of March 10, 1945, some 300 U.S. B-29 bombers dropped incendiary bombs on the capital, particularly in densely populated areas, in what became known as the Great Tokyo Air Raid.

The number of victims registered on the Tokyo Metropolitan Government's list is 81,058.

During the war, Tokyo was targeted by more than 100 bombing raids that destroyed 60 percent of the city, according to the Center of the Tokyo Raids and War Damage.

After the Great Tokyo Air Raid, the United States attacked other cities and towns across Japan, culminating in the atomic bombs dropped on Hiroshima on Aug. 6 and Nagasaki on Aug. 9, 1945.

The war ended on Aug. 15 that year.


★東京大空襲 <世界史上最大の大虐殺>
https://kabukachan.exblog.jp/21794405/

★日本人よ、昭和20年を知ってるか!
https://kabukachan.exblog.jp/25515850/


[PR]
by kabu_kachan | 2018-03-10 12:44 | アメリカ | Comments(0)
<< アシュケナジム(東欧ユダヤ人)... 世界で唯一の白人大国・ロシア >>