日本人よ、フェイスブックを使うな。(You Should Quit Facebook.)

フェイスブックは個人情報ダダ漏れである。

Mark Zuckerberg testifies on Capitol Hill (full House hearing)
https://www.youtube.com/watch?v=hJdxOqnCNp8

PART 1: Facebook CEO Mark Zuckerberg Testifies At Senate Judiciary Committee
https://www.youtube.com/watch?v=woEq42aKEI4

PART 2: Facebook CEO Mark Zuckerberg Testifies At Senate Judiciary Committee
https://www.youtube.com/watch?v=I37macQoasQ

LIVE: Facebook's Mark Zuckerberg testifies for the second day before US lawmakers
https://www.youtube.com/watch?v=AObbtcTPITA

Mark Zuckerberg: “I’m really sorry that this happened”
https://www.youtube.com/watch?v=G6DOhioBfyY

Cambridge Analytica whistleblower Christopher Wylie appears before MPs - watch live
https://www.youtube.com/watch?v=X5g6IJm7YJQ

Facebook whistleblower: We tested Trump slogans in 2014
https://www.youtube.com/watch?v=_loOgecLIrU




Six Reasons Why I'm Not On Facebook, By Wired UK's Editor


Six reasons I'm avoiding Facebook

"David, you're sounding like an old dude!" Matt Flannery, who runs social-lending website Kiva, couldn't understand when I explained that, no, I wouldn't be keeping in touch with him via Facebook. "What are you worried about?" he teased in a break at the PINC conference in Holland. "Only old guys get worked up about privacy."

Well, Matt, I admit I'm the wrong side of 30, and that I still avoid using emoticons in formal correspondence. But let me explain why I'm not active on Facebook, nor sharing my credit-card purchases on Blippy, nor allowing Google Buzz to mine my contacts list, nor even publishing my DNA on 23andMe.com. My cautious use of the social networks has nothing to do with paranoia about privacy; and yes, I celebrate the unprecedented transparency and connectivity that these services can empower. But what's increasingly bothering me is the wider social and political cost of our ever-greater enmeshment in these proprietary networks. Here are half a dozen reasons why.

1) Private companies aren't motivated by your best interests
Facebook and Google exist to make money, by selling advertisers the means to target you with ever greater precision. That explains the endless series of "privacy" headlines, as these unregulated businesses push boundaries to make it easier for paying third parties to access your likes, interests, photos, social connections and purchasing intentions. That's why Facebook has made it harder for users to understand exactly what they're giving away ー why, for instance, its privacy policy has grown from 1,004 words in 2005 to 5,830 words today (by comparison, as the New York Times has pointed out, the U.S. Constitution is 4,543). Founder Mark Zuckerberg once joked dismissively about the "dumb fucks" who "trust me". I admire the business Zuckerberg's built; but I don't trust him.

2) They make it harder to reinvent yourself
"When you're young, you make mistakes and you do some stupid stuff," President Obama warned high-school students in Virginia last September. "Be careful about what you post on Facebook, because in the YouTube age whatever you do will be pulled up later somewhere in your life." He's right: anything posted online might come to haunt you permanently, yet all of us need space to grow. As the writer Jaron Lanier said in a recent lecture, if Robert Zimmerman, of small-town Hibbing, Minnesota, had had a Facebook profile, could he really have re-created himself as the New York beatnik Bob Dylan

3) Information you supply for one purpose will invariably be used for another …
Phone up to buy a pizza, and the order-taker's computer gives her access to your voting record, employment history, library loans ー all "just wired into the system" for your convenience. She'll suggest a tofu pizza as she knows about your 42-inch waist, she'll add a delivery surcharge because a nearby robbery yesterday puts you in "an orange zone" ー and she'll be on her guard because you've checked out the library book Dealing With Depression. This is where the American Council for Civil Liberties sees consumerism going ー watch its pizza video online ー and it's not to hard to believe. Already surveys suggest that 35 percent of firms are rejecting applicants because of information found on social networks. What makes you think you can control what happens to your personal data?

4) ... and there's a good chance it will be used against you
Mark Zuckerberg would like to suggest that, in an ever more transparent world, "you have one identity ー the days of you having a different image for your work friends or co-workers and for the other people you know are probably coming to an end pretty quickly." That suits his purpose ー but in our multi-layered lives it's just not true. A vindictive ex-partner, or a workplace rival, or a health insurer, or a political opponent, may selectively expose information to your detriment ー powerfully re-framing your identity in a way you would consider dishonest.

5) People screw up, and give away more than they realise
To understand how much personal information Facebook users are inadvertently sharing, visit youropenbook.org and search for phrases such as "cheated on my wife" or "my new mobile number is" or "feeling horny". I'll bet that most of the people whose intimate details you'll get to read are unaware that their updates are being shared quite so openly. Have they genuinely given Zuckerberg their informed consent?

__6) And besides, why should we let businesses privatize our social discourse? __
Some day you should take time to read those 5,830 words: it's Facebook that owns the rights to do as it pleases with your data, and to sell access to it to whoever is willing to pay. Yes, it's free to join ー but with half a billion of us now using it to connect, it's worth asking ourselves how far this "social utility" (its own term) is really acting in the best interests of society.

Don't take my word, Matt ー young internet users themselves are increasingly wary of the social networks' use of their private data. A recent study by the Pew Internet and American Life Project ー a decent sample of some 2,253 Americans ー found that 44 percent of Generation Y (aged 18 to 29) now limit their online personal information, compared with 33 percent of internet users between ages 30 to 49. And three-quarters of younger social-networkers have adjusted their privacy settings to limit what they share.

Call me uncool ー but that's a trend I'm happy to share with my friends. In person.

David Rowan is the editor of Wired UK magazine. He also* writes The Digital Life, a monthly tech column in our sister Conde Nast magazine, GQ. This column originally appeared in CG's September issue.*




『Facebook』を使わない6つの理由

英国版Wiredのある編集者が、絶対にFacebookを使わない理由とは。


David Rowan (the editor of Wired UK )


私はFacebookを使っていないが、それについて、「ずいぶん時代遅れだな!」とからかわれたことがある。からかったのは、ソーシャル・ファイナンス・サイト『Kiva』を運営するMatt Flannery氏で、彼は私に対して、「何を怖がっているんだい? プライバシーについてうるさいのは年寄りだけだよ」と言った。

たしかに私は30代後半だし、いまだに、フォーマルなメールでは顔文字は使わない。しかし、私がなぜFacebookを利用せず、Blippyではクレジットカードを使った買い物をせず、Google Buzzには自分の連絡先を使わせない(そしてもちろん、23andMe.comに自分のDNAを提供してもいない)のか、その理由を説明させてほしい。

私は、ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)によって可能になった、前例のないほど透明な関係性やつながりについては素晴らしいものだと思っている。私がSNSに注意深くありたいと思う理由は、プライバシーについてのパラノイア的な恐れからではなく、われわれが、私企業にますます組み込まれて行っていることの社会的・政治的コストの大きさから来る。その理由を6つ挙げる。

1)私企業の目標は、あなたの利益と一致するわけではない

『Facebook』や『Google』は、お金を儲けるために存在している。広告主に対して、これまでより正確に、あなたをターゲットにできる手段を販売しているのだ。あなたの趣味や興味、写真、社会的関係、購買傾向等についての情報が、別の諸企業にますます渡りやすくなっていっている。

だからこそFacebookは、ユーザーたちが実は何を無料で提供しているのかを、ユーザーが正確に理解しにくいようにしている。例えば、2005年には1004ワードだったプライバシー・ポリシーが、2010年には5830ワードに増えているのは、そうした理由からだ(『New York Times』紙は、これと比較すると米国憲法は4543ワードだと指摘している)。


Facebookを創設したMark Zuckerberg氏はかつて、「僕を信頼しているバカな人たち」という「冗談」を言ったことがある。私はZuckerberg氏が創設したビジネスについては素晴らしいと思うが、彼を信頼してはいない。

2)過去が固定されてしまい、変化しにくくなる

「若いときは間違いをするし、愚かなこともするものだ」と、オバマ大統領は昨年9月、バージニア州の高校生に向けて語った。「Facebookに書く内容には注意しよう。YouTubeの時代には、何か行動したことによって、後の人生で足を引っ張られることがあり得るからだ」

オバマ大統領は正しい。オンラインに掲載された内容が何であれ、それはあなたを永遠に脅かす。われわれには「成長の余地」が必要であるにもかかわらずだ。

作家のJaron Lanier氏が最近の講演で語ったように、ミネソタ州の小さな町Hibbingに住んでいたRobert ZimmermanがFacebookのプロフィールページを持っていたとしたら、彼はのちに自分をボブ・ディランとして変身させることができただろうか?

3)提供した情報は、別のことに使われる

『市民的自由のための米国会議』(American Council for Civil Liberties)という団体は、現在の状況が進展していったら、こんな未来が来るという動画を作った。――ピザのオーダーを受けた女性が、画面の情報から、あなたの投票記録や雇用履歴、図書館の延滞状況を見る。あなたのウエストは42インチなので豆腐ピザをすすめ、あなたの住所は昨日強盗があった「オレンジ・ゾーン」なので特別料金を請求し、あなたが図書館で「鬱状態のときはどうするか」という本を借りているので受け答えに注意するのだ。


こういった未来は、信じがたいとまではいえない。すでに、企業の35%が、ソーシャル・ネットワーク上で見つけた情報を、就職希望者の不採用理由として挙げているという調査結果がある。個人データがどのように扱われるかを、自分でコントロールできるなどとは思わないほうがいい。

4)その情報は、自分にとって不利に使われる可能性が高い

Mark Zuckerberg氏は、透明化がますます進む世界においては、「あなたが持つアイデンティティーは1つだけだ。職場の友人や同僚に見せるイメージと、他の人に見せるイメージを変えることができた時代は、急速に終わりを迎えている」ということを述べるのが好きだ。

その発言は、彼の目的にとっては適切だろう。しかし、複数領域にわたる人生を生きるわれわれにとっては、それは真実ではない。

復讐心にかられたかつてのパートナー、職場のライバル、保険外交員、政敵などは、あなたにとって不利な情報をわざわざ選び出して晒すことができる。不誠実な人と思われるようにあなたのアイデンティティーを作り替えることなど、ごく簡単なのだ。

5)われわれの情報は、気づいている以上に晒されている。

Facebookユーザーの個人情報が、どこまで意図せずに晒されているかを知るには、youropenbook.orgにアクセスして、「cheated on my wife」(妻を裏切った)とか「feeling horny」(ムラムラしている)、「私の新しい携帯番号は」などといったフレーズを検索してみるといい。そこで読むことのできる詳細な個人情報の持ち主のほとんどは、自分の最新情報がここまで公然と晒されていることに気づいていないはずだ。

6)われわれの社会的交流をなぜ私有させ、利用させるのか

Facebookは、あなたのデータを好きなように使用し、お金を支払う意思のある者なら誰にでも、そのデータへのアクセス権を販売する権利を持っている。


たしかに参加は無料だが、Facebookに5億人ほどのユーザーがアクセスしている現在、この「ソーシャルな公益事業」(Facebook自身の表現)が、実際にはどれくらい社会の公益に沿って運営されているかについて、問いかけてみる価値はある。

ーーー

若い層ほど、SNSが個人情報を使うことに対して用心する傾向が強いという調査結果もある。『ピュー・インターネット・アンド・アメリカン・ライフ・プロジェクト』による、米国人を対象にした最近の調査によれば(有効サンプル数は2253人)、ジェネレーションY(18?29歳)の44%が、オンラインでの個人情報に制限をかけている。それに対し、30ー49歳のインターネット・ユーザーでは、その割合は33%だった。プライバシー設定で何を共有するか制限をかける割合も若い層のほうが多く、若い層では4分の3が制限を行なっている。

私は「クールでない人」と呼ばれるかもしれない。しかしこのトレンドは、個人的には友人たちと共有したいと思うものだ。

[日本語版:ガリレオ-佐藤卓/合原弘子]




ここで一句。

日本語で いくら言っても 檻の中
日本語で いくら書いても 檻の中
日本語の 檻の中の 日本猿
日本猿 発信能力 まるでなし
日本人 自分がサルだと 気づかない
外人で 日本語学ぶ 者はなし
日本語は 世界の中の サル言語



いいかね、
ケント・ギルバート氏や
ベンジャミン・フルフォード氏は
日本のネットで人気があるだろ。
日本語ペラペラで日本の政治や政治家を批判しているだろ。
この逆の場面を考えてみろ。
アメリカのネットで、英語ペラペラでアメリカの政治や政治家を批判している日本人がいるかね?
この差(ギャップ)に気づいていないからサルなんだぜ。

日本人はサル言語でサル世界に閉じこもって
サル議論している本当のサルなんだぜ。

ネットの誕生で、
日本人はサル言語で永遠にサル議論し続けて、
「サル自己満足」する本当のサルになっちまったんだぜ。
いいかね、
日本社会の支配者側から見れば、日本人がサルのままでいてくれることは本当にありがたくて「棚から牡丹餅」なんだぜ。
日本人諸君、君たちはみんなこの「棚から牡丹餅」に自ら貢献しているんだぜ。(笑)
サル世界にこもり続ける本当のサルだぜ。
どこの外国人が日本人のサル議論を理解するのかね?
外国人が日本語を学ぶわけがないだろ。
いい加減に気がつけよ。

Trump: Wolff Book 'Fire And Fury' Is 'Full Of Lies' | The View
https://www.youtube.com/watch?v=R9jc2KzvLtI

Michael Wolff's Bombshell Book On Trump White House | The View
https://www.youtube.com/watch?v=0HyBNgxgV2g


安倍晋三、麻生太郎の辞任、安倍内閣の解散はいつになるか?【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/04/12
https://www.youtube.com/watch?v=595EJUgqHy0

末期症状、打つ手なしのトランプ大統領と安倍政権の終焉【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/04/12
https://www.youtube.com/watch?v=Xzuawvc9s2A




★日本人よ、「世界最高頭脳」を目指せ!
https://kabukachan.exblog.jp/29079332/

渡部昇一★教科書で学べない日本の歴史「明治維新」 #渡部昇一
https://www.youtube.com/watch?v=e3IAX9Hr1v4


[PR]
by kabu_kachan | 2018-04-15 22:48 | アメリカ | Comments(1)
Commented by 学生 at 2018-04-18 09:14 x
vice japan bbc japanの動画とか書籍(石井光太 このTシャツは児童労働でできました 砂糖の世界史 チョコレートの真実等)とかドキュメンタリー映画(スラムドックミリオネア ブラッドダイアモンド stolen childhoods バレンタイン一揆 四ノ宮浩等)で絶対貧困層とかスラムとかファストファッションとかフェアトレード等知ったんですけどそういう現状ってマスコミに流れないですね
自分が当たり前にあるものがない人達がいるんですね
途上国新興国の奴隷児童労働製品や罪なき動物を屠殺して動物性製品消費してるのに人間は傲慢で醜いですね
軍産複合体とかCIAとかも怖いなと思います
世界は差別で成り立ってるんですね、全て量子からできてて差別とか無意味なのに
これ以上こんな悪魔を増やしてはいけないと個人的に思います
なので反出生主義、veganを世界に広めたいです
<< トランプ大統領と安倍首相のサル外交 米英仏、シリア攻撃=化学兵器使... >>