現代のアメリカとアメリカ人の日常生活(アメリカとは何か?)

【現代のアメリカとアメリカ人】


Living in United States Discovery Documentary 2015 HD
https://www.youtube.com/watch?v=S4Prt2nrm0s

1950's Documentary - The Modern America
https://www.youtube.com/watch?v=q2esS4i387U

Lost 50s - Full Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=Pwk9MX9-02c

Visit USA - 10 Things That Will SHOCK You About America
https://www.youtube.com/watch?v=89aEoIjzupk


アメリカの白人を知れ。

★Average American vs Average European - How Do They Compare? - People Comparison
https://www.youtube.com/watch?v=cuWOoQU0aKw

移民の国別比較
German ・・・ 49million
Irish ・・・・・ 39million
English ・・・・ 27million
Italian ・・・・ 18million
Polish ・・・・・10million
French ・・・・・ 9million
Scottish ・・・・・ 6million
Scotch-Irish ・・・ 5million
Dutch ・・・・・・ 5million
Swedish ・・・・・ 4million
Russian ・・・・・ 3million

その他、Welsh,Czech,Hungarian,Portuguese,Danish,and Greek となっている。

この表で私が注目するのは、Polish 10million と Russian 3million である。
ポーランド語とロシア語は方言の違いみたいなもんなんだぜ。
お互い自国語で話して通じる。
この東欧系の白人だけで1300万人がアメリカに住んでいるのである。この中には当然、ユダヤ人も含まれている。
アメリカのユダヤ人は白人だからである。
テレビに出てくるアメリカの白人たちを見ていて、誰がポーランド系で誰がロシア系の白人かわからないだろ。
東欧系の白人は白人の本流(コーカサスに近い)だから、
他の白人と一緒になっても区別がつかないのである。

    ☟

コーカソイドとは、カスピ海黒海に挟まれたところに位置する「コーカサス」(カフカース地方)に「…のような」を意味する接尾語の「 -oid」 をつけた造語で、「コーカサス出自の人種」という意味である。元々はドイツの哲学者クリストフ・マイナースが提唱した用語であった。その影響を受けたドイツの医師ヨハン・フリードリヒ・ブルーメンバッハ生物学上の理論として五大人種説を唱え、ヨーロッパに住まう人々を「コーカシア」と定義した。ジョルジュ・キュヴィエはヨーロッパ人とアラブ人をコーカソイドに分類し、その高弟アンドレ・デュメリルもコーカソイドをアラブ・ヨーロッパ人とした[1]

人類学が成立したヨーロッパはキリスト教圏であり、ユダヤキリスト教に由来する価値観が重んじられていた。ヨーロッパのキリスト教徒にとって、『創世記』のノアの方舟アララト山にたどり着いたノアの息子たちは現在の人類の始祖であった。人類学の父とされるブルーメンバッハをはじめとするヨーロッパ人学者たちは、アララト山のあるコーカサスに関心を抱いていた[2]。また、『旧約聖書』の創世記1〜6章では、白い色は・昼・人・善を表し、黒い色は・夜・獣・悪を表していた[2]

コーカソイドとはヨーロッパ人がキリスト教的価値観に基づいて自己を定義するために創出された概念である。 戦後しばらくまでの人類学は科学的根拠に乏しい、偏見や先入観に満ちた内容であることが多く、人種差別的な思想を多分に含んでいた。

事実、提唱者であるブルーメンバッハもさまざまな人間の集団の中で「コーカサス出身」の「白い肌の人々」が最も美しい、人間集団の「基本形」で、他の4つの人類集団はそれから「退化」したものだと考えていた[4]。つまり最初の時点で白人至上主義的な考えが基盤に存在していたのである。

その後、他の人類学者によって(白人が他に優越しているという原則の上で)コーカソイドをさらに細分化しての分類が試みられた。ウィリアム・Z・リプリーによる北方人種地中海人種アルプス人種の三分類などが有名である他、東ヨーロッパ人種ディナール人種という分類も存在する。

初期の人類学の人種判別は外見の違い(特に肌の色)による判断という、かなり原始的な考察を頼りとしていた。また上述されている通りキリスト教への信仰心が深く関与している概念であり、風貌的に似通っていても異教徒である場合は意図的に範囲から除外された。

人種分類はその性質上、優生学などの差別的な思想と結び付きやすく、実際にクー・クラックス・クランナチスのような勢力を生み出す遠因となった。そのため、現在の生物学における人種に関する研究は、現生人類は一種一亜種であるという前提の上で慎重に行われている。あくまで人種とは現生人類の遺伝的多様性の地域的・個体群的偏りに過ぎず、人種相互に明瞭な境界はないとする。

なお、近年の国際的な学会では、人種分類としてのコーカソイドという名称から、地域集団の一つとしての「西ユーラシア人」という名称が一般的になりつつある(詳しくは人種を参照)。「コーカソイド」は、日本語中での用法は白人・白色人種のヨーロッパ風の表現として認識されることが多い。




★ロシアとは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29404340/

★アシュケナジム(東欧ユダヤ人)とは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29364837/


The Daily Life of an American Teenager
https://www.youtube.com/watch?v=B8QwKTGLlyw

MY DAILY ROUTINE IN THE USA!!!
https://www.youtube.com/watch?v=PLAG6uzggtU

Things AMERICANS Who’ve Never Traveled Don’t Know About the World...
https://www.youtube.com/watch?v=JO1_pW666cY

Why are Americans more obese than Europeans?
https://www.youtube.com/watch?v=VLxxW3-4LZ4

Obese Nation: Why Are Americans So Fat?
https://www.youtube.com/watch?v=oADE3t-QO2I

Obesity: The American way of life.
https://www.youtube.com/watch?v=m5DK0DhPz-M

The Way Americans Eat - The Business of Life (Episode 8)
https://www.youtube.com/watch?v=W-iz_SujyFM

Still Standing - Season 1 - Episode 1
https://www.youtube.com/watch?v=SOpBxHct82U&list=PL2C639145AF1EA760

Day in the life at High School in NYC
https://www.youtube.com/watch?v=o1iYZxUvTRc

Still Standing - Season 1 - Episode 1
https://www.youtube.com/watch?v=SOpBxHct82U

Small Wonder- Who's the Boss? S2-E8
https://www.youtube.com/watch?v=U0EwVuuB98k



★日本国民の生活水準は低い
https://kabukachan.exblog.jp/29371211/

いいかね、バカ猿が栄える国は必ず亡びる


おまけ!

Simon & Garfunkel - America (from The Concert in Central Park)
https://www.youtube.com/watch?v=sFAoWwUwknc

Lady Gaga Performs the National Anthem at 2016 Super Bowl (HD)
https://www.youtube.com/watch?v=zv2f5r5O0-c


[PR]
by kabu_kachan | 2018-05-03 03:00 | アメリカ | Comments(0)
<< アメリカ文化とは何か? アメリカのコメディアンと日本の... >>