米朝首脳会談は開催されるのか。

米朝首脳会談は開催されるのか?


私の予想。・・・開催されない。

または、開催されたとしても破談する。
すなわち、失敗する。

北朝鮮の金正恩は猿芝居をやっている可能性が高い。

Trump speaks after canceling North Korea summit
https://www.youtube.com/watch?v=PUejcMs5cAw

North Korea expresses willingness to resolve issues with US
https://www.youtube.com/watch?v=xE4obj_Zn_k

Trump cancels summit with North Korea
https://www.youtube.com/watch?v=GI9RunycNQ4



US delegation travels to North Korea for potential summit preparation


By Elise Labott, Kevin Liptak and Sophie Tatum, CNN

Updated 1454 GMT (2254 HKT) May 27, 2018


Washington (CNN) - A US delegation traveled to North Korea on Sunday for preparatory talks ahead of a potential meeting between President Donald Trump and North Korean leader Kim Jong Un, three senior US officials with knowledge of the situation tell CNN.

The group included US Ambassador to the Philippines, Sung Kim, and is a clear sign the summit is back on track.

The Washington Post previously reported on the team entering into North Korea.


A team of US officials focused on the logistics of a summit left this weekend for Singapore. The delegation that entered North Korea on Sunday is more focused on the substance of the talks.

The summit, which was initially scheduled for June 12 in Singapore, was abruptly canceled last week by Trump who cited hostile comments from top North Korean officials and concern about the country's commitment to giving up its nuclear weapons.


Related Article: Trump: Date and location for Kim summit 'hasn't changed'


Whether the meeting will actually take place continues to be uncertain. However on Saturday evening, Trump told reporters: "We're looking at June 12th in Singapore. That hasn't changed."


South Korean President Moon Jae-in said on Sunday that practical talks will be held between the US and North Korea "very soon," and the outcome of those talks will dictate if the June 12 summit will go ahead. He added that he expected the practical talks and summit to go "very smoothly."

CNN's James Griffiths and Sophie Jeong contributed to this report.







Trump cancels North Korea Summit 03:06


Editor's Note: Michael D'Antonio is author of the book, "Never Enough: Donald Trump and the Pursuit of Success" (St. Martin's Press). The opinions expressed in this commentary are his.


(CNN) - Hellbent on besting Barack Obama at everything, Donald Trump began talking about his potential Nobel Peace Prize long before the date set for his summit with North Korean leader Kim Jong Un. He heaped praise on the most repressive leader in the world -- "very honorable" were the words he used -- and the White House Military Office even issued a commemorative medal for the upcoming summit which, bizarrely, called Kim "Supreme Leader."

But Thursday, with a letter to Kim that is true to the cartoon nature of his personality, Trump cites "the tremendous anger and open hostility displayed in your most recent statement" and canceled the peace talks in a fit of childish pique. This came after Vice President Mike Pence's threat that the North Korean government could be toppled as Libya's was if Kim didn't come to heel -- a threat that prompted a North Korean official to call Pence a "political dummy."

Rarely has a President shown himself to be more clueless than Trump in his handling of the Korean crisis. With his schoolboy taunts about "rocket man" and wild swings between threats and loving praise, Trump has acted true to form. To understand this one need only consider his previous record of negotiating in business.


Related Article: Trump vs. Kim: A fight the US President can't win


As a New York real estate promoter, Trump habitually made outlandish statements and proposed projects he could never deliver. In one case he was going to build the tallest building in America on the Upper West Side of Manhattan. In another he insisted the big convention center named after longtime Sen. Jacob Javits of New York be named after his father, Fred Trump. Neither folly came to pass.

In politics, Trump's early endeavors were marked by similar bluster. He feuded with Mayor Ed Koch and criticized every president who occupied the White House from 1976 forward. As a young man, he talked openly of the amounts required to purchase the loyalties of lawmakers and even New York Gov. Hugh Carey. And in my interviews with him in 2014, he disparaged politicians as almost as dishonest as the press.


Trump's methods worked when there was little more than a property development or the next day's headlines at stake. But as he approached North Korea with the same technique, it became obvious he was out of his depth. As other parties manipulated him, Trump looked like the monkey-in-the-middle in a game of keep-away played in a schoolyard.


Trump keeps giving Kim the upper hand


Related Article: Trump keeps giving Kim the upper hand

First the North Koreans, who had obviously made a deep study of Trump, provoked him with nuclear tests and missile launches. Going further than they had ever gone before, they were able to goad a gullible Trump into juvenile taunts and threats of "fire and fury." This behavior appalled people around the world and made Trump into an outlier in the diplomatic realm.

Having captured Trump's attention, the North Koreans then played their hand perfectly, courting the South Koreans and demonstrating to the world at the Winter Olympics that they could be warm-hearted members of the international community. Thus lulled into over-confidence, Trump made what he must have believed to be a brilliant overture for peace talks that would finally give Kim the legitimacy he craved. To seal the plan, he even sent Secretary of State Mike Pompeo to Pyongyang.



A commemorative coin featuring US President Donald Trump and North Korea's Kim Jong Un was struck by the White House Communications Agency ahead of their summit meeting, which Trump has cancelled. The coin depicts Trump and Kim, described as North Korea's "Supreme Leader," in profile facing each other in front of a background of US and North Korean flags.

As Trump took crude steps toward the North Koreans, he alienated China with threats of a trade war. He also invited super hawk John Bolton into the White House as his national security adviser. Joining the crowd that intended to play Trump for their own purposes, Bolton immediately talked of how Kim could have the same experience as Libyan dictator Moammar Gadhafi, who gave up his nuclear weapons program only to be hunted down and killed during the Arab Spring.

It was Bolton's theme that Pence took up. When he reiterated it, the North Koreans decided enough was enough. They called Pence's remark "ignorant and stupid," and then Trump responded with his cancellation letter. It reads like a note sent to a potential business partner at the end of a broken partnership. It concludes:

"If you change your mind having to do with this most important summit, please do not hesitate to call me or write. The world, and North Korea in particular, has lost a great opportunity for lasting peace and great prosperity and wealth. This missed opportunity is a truly sad moment in history."


Trumpian in every way, the letter caps many months of amateurish effort and seems to indicate a man looking for an easy way out of finishing a job he was never prepared to do. Bolton and Pence got what they wanted by tying Trump to a hawkish approach. Kim got what he wanted by showing he could stand toe-to-toe with the American President and be recognized as a true leader. The South Koreans who tried to broker the summit demonstrated to their people they were working for peace, and China showed the world it could nudge Kim into a less belligerent posture.

Who lost? That's easy. Peace-loving people all over the world lost a chance at progress and Trump lost his shot at the Nobel.



ワシントン(CNN) トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで記者団に対し、中止を通告した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談について、当初予定されていた6月12日の開催もあり得ると述べた。

トランプ氏はこの中で、米朝間の連絡手段は開かれており、「彼らに話しかけている」と発言。複数の当局者は24日、北朝鮮側が連絡に応じない状況となり、これがトランプ氏による首脳会談の中止表明につながったとしていた。

トランプ氏はさらに、「状況を注視していく」「北朝鮮が出した声明は非常に良かった」とも述べ、北朝鮮も米国も首脳会談開催を望んでいるとした。


北朝鮮は駆け引きを仕掛けているのかとの質問には、その通りだと答え、駆け引きという点では自身も同じだと示唆。「駆け引きは誰でも行う。皆さんがご存じのとおりだ」と語った。

これに先立ちトランプ氏は同日朝、金委員長が依然「いつでも」トランプ氏と会談する意向を示しているとする北朝鮮側の談話を歓迎。ツイッターで「北朝鮮から温かく生産的な談話を受け取った。非常に良いニュースだ」などと述べた。

北朝鮮の金桂寛(キムゲグァン)第1外務次官は先に、トランプ氏による首脳会談中止の決定について、朝鮮半島の平和を望む国際社会の動きに逆行するものだと主張。「いついかなる方法であれ、問題を解決するために米国側と会談する意思があることを米国側に改めて伝えたい」と述べていた。


トランプ氏「首脳会談、北朝鮮と生産的な協議」

2018年05月26日 13時33分

【ワシントン=大木聖馬】トランプ米大統領は25日夜(日本時間26日朝)、自ら中止を表明した米朝首脳会談について、ツイッターへの投稿で、予定通り6月12日にシンガポールでの開催を目指す意向を強く示唆した。

 24日の中止発表後、米朝間の協議が急速に進展した可能性がある。

 トランプ氏は投稿で「首脳会談を元通りにすることについて、北朝鮮と非常に生産的な協議を行っている」と表明した。

 「会談が開かれるなら、シンガポールで同じ日時、6月12日のまま開かれる可能性が高い」とも書き込んだ。さらに「必要なら、その日(12日)を越えて延長されるかもしれない」とし、複数日にまたがる会談日程を視野に入れていることを示唆した。


トランプ大統領「6月12日に会談ありうる」…ボールは金正恩委員長に


5/26(土) 10:21配信

中央日報日本語版

トランプ米大統領は「私は取引を通じて人生の面白さを感じる。取引は私にとって一つの芸術だ」と述べた。1987年に回顧録の形で出した『取引の技術(The Art of the Deal)』という著書だった。トランプ大統領はこの本で「仕事を成功させる最後のカギは若干の虚勢」とも語った。

シンガポールでの6・12米朝首脳会談はトランプ大統領のサプライズ宣言で開催されなくなった。では、トランプ-金正恩会談は取り消しになったのか、延期になったのか。

トランプ大統領の強硬姿勢に北朝鮮はひとまず引き下がった。金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官は25日の談話で「我々はいつでも、どんな形でも向かい合って問題を解決していく用意がある」と明らかにした。トランプ大統領がシンガポール米朝首脳会談の中止を電撃宣言してから9時間も経っていない時点でだ。

金次官は自分の談話が金正恩国務委員長の委任であることを明確にした。そして「突然一方的に会談中止を発表したのは我々としては予想外のことであり、極めて遺憾」と強調した。特に完全な非核化(CVID)と体制保証および経済支援を交換をしようという「トランプモデル」について「賢明な案になることをそれとなく期待した」という表現まで使った。数十年間にわたり北朝鮮を相手にしてきた元・現韓国政府関係者らが「北にふさわしくない表現」と評価したほどだ。

トランプ米大統領は25日、ツイッターで金次官の談話について「温かく生産的な談話を受けたのは非常に良いニュース」とコメントし、記者らに対しては「6月12日に会談が開催されることもありうる」と述べた。しかしこの程度でまたすぐに会談開催が決まるとは考えにくい。

まず、金次官がこの日、金正恩委員長の委任を受けて談話を発表したのは、トランプ大統領が要求した直接疎通でない。トランプ大統領は前日に送った書簡で「最終的に私にとって重要なことは、あなたと私の間の対話だけだ」(ultimately, it is only that dialogue that matters)と強調した。トランプ大統領は会談中止を発表した後、ホワイトハウスで開かれた法案署名式でも「機会をつかむのは北朝鮮の指導者にかかっている」と強調した。

ニューヨークタイムズ(NYT)は25日付で「ボールは金正恩委員長のコートにある」と伝えた。北朝鮮問題に詳しい専門家らも会談を開催するためには金委員長本人が動かなければいけないと述べた。トランプ大統領は「電話」または「書簡」に言及した。


外交ショー、突然暗転=瀬戸際戦術が裏目-米朝「世紀の会談」〔深層探訪〕


トランプ米大統領(右)とポンペオ国務長官=21日、バージニア州ラングレー(AFP=時事)


 トランプ米大統領は24日、シンガポールで6月12日に予定されていた初の米朝首脳会談の中止を北朝鮮に通告した。今年に入り対話路線に転じた金正恩朝鮮労働党委員長と繰り広げた「外交ショー」は突然暗転。「世紀の会談」(韓国メディア)は仕切り直しとなった。

米朝、6月12日開催維持も=首脳会談へ「建設的」接触-トランプ氏

 ◇思惑一致
 「よし、会おう!」。3月8日、訪朝した韓国特使を迎えたトランプ氏が正恩氏からの会談要請に応じることを即断し、トップ会談に向けた外交ショーは幕を開けた。「ロケットマン」「老いぼれ」と罵倒し合う中傷合戦から一転、北朝鮮の非核化を「歴史的業績」にしたいトランプ氏と、米国との関係正常化で体制維持を目指す正恩氏の思惑が一致した。

 正恩氏は3月末、初の外遊として北京を電撃訪問。中国の習近平国家主席との初会談で冷え切っていた中朝関係の改善に成功。「後ろ盾」を得ることで、対米交渉を有利に進める一手を打った。

 トランプ氏も3月中旬、折り合いの悪かったティラーソン前国務長官を解任し、側近のポンペオ中央情報局(CIA)長官を後任に指名した。ポンペオ氏は3月末に極秘訪朝し、正恩氏と会談。米朝間の信頼が徐々に築かれていくかに見えた。

 ポンペオ氏の5月9日の再訪朝に合わせ、正恩氏は、拘束していた米国人3人を解放。トランプ氏は未明にもかかわらず3人を出迎え、外交実績として盛大にアピールした。支持者から「ノーベル平和賞」の声も上がり、北朝鮮の非核化という「歴史的業績」を目指し、首脳会談実現に前のめりになっていった。

 ◇我慢限界見誤る
 しかし、今月16日、事態は急変する。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が主張した、核放棄を制裁緩和に先行させる「リビア方式」をめぐり、金桂冠第1外務次官が猛反発。首脳会談開催の再考を警告した。

 さらに崔善姫外務次官が24日、リビア方式に言及したペンス副大統領を「政治的なまぬけ」と非難したことにトランプ氏が反発。結局、北朝鮮の「激しい怒りと敵意をあらわにした最近の発言」などを理由に、トランプ氏は会談の中止を一方的に通告した。

 劇場型の派手なやりとりに注目が集まる一方、水面下での実務交渉は進まなかった。「会談中止の事実は、互いに対する理解がいかに足りなかったかを浮き彫りにした」(米紙ニューヨーク・タイムズ)。北朝鮮は得意の「瀬戸際戦術」で、有利な環境を整えようとしたが、トランプ政権の「我慢の限界」を見誤った。

 ただ北朝鮮は、中止通告を受けて金次官が直ちに談話を発表。「(米朝会談開催を)内心では高く評価してきた」「『トランプ方式』にひそかに期待もした」と融和的なトーンをにじませた。トランプ氏も25日、これを「温かく、建設的な談話」と評価し、まだ会談開催もあり得ると言及した。米朝トップが対話テーブルに着けるかどうかは、水面下の交渉を通じ、最大の焦点である非核化方式で折り合えるかに懸かっているようだ。(ワシントン、ソウル時事)






[PR]
by kabu_kachan | 2018-05-26 19:30 | 政治 | Comments(0)
<< 日本人(サル)の逆襲・Don&... プログラミング言語(科学)と英語 >>