人気ブログランキング |

ロシアの本音(北方4島を返す気はない)

ロシアの本音

ロシアはソ連のときから、ず~~っと
北方4島を返す気なんかまったくないんだぜ。
日本人諸君、2島でも返還されると
考えるのは甘い。
ロシアと言う国は、一度取った領土は
返さないんだぜ。

ここで一句。
ロシア人 北方4島 返さない
ロシアとは 領土拡張 そのものさ

日本はアメリカの属国である
https://kabukachan.exblog.jp/23340903/



ラブロフ露外相「日本が原因で平和条約結べず」


2/22(金) 0:15配信

産経新聞


 【モスクワ=小野田雄一】日露平和条約締結問題で、ロシアのラブロフ外相は21日、「ロシアは今すぐにでも平和条約を結ぶ用意があるが、日本側の問題で締結に至れていない」との認識を改めて示した。インタファクス通信が伝えた。

 ラブロフ氏は「プーチン大統領が昨年9月に(安倍晋三首相に)提案したように、ロシアは友好や善隣関係を定めた平和条約を結ぶ準備ができている」と発言。その上で、「日本側は、南クリール諸島(北方領土のロシア側呼称)の主権がロシアに移ったことを含む第二次大戦の結果を認める準備ができていないようだ。国連憲章にも義務付けられた大戦結果の承認が条約締結には不可欠だ」と述べた。

 ロシアは近年、国連憲章第107条(旧敵国条項)を挙げ、「日本は敗戦国でありながら大戦結果を覆そうとしている」などとする主張を繰り返している。


首相“問題解決して平和条約”露外相が疑問

安倍首相が北方領土問題を解決して平和条約を締結すると表明していることについて、ロシアのラブロフ外相は、「その確信をどこから得たのかわからない」と疑問を呈した。

ラブロフ外相は24日までに、中国とベトナムメディアのインタビューに応じた。この中で、安倍首相が北方領土問題を解決して、平和条約を締結すると表明していることについて疑問を呈した。

露ラブロフ外相「(安倍首相が)そのような確信をどこから得ているかわからない。プーチン大統領も私も、日露協議の参加者は誰もそのような発言の根拠を与えていない」

また、平和条約交渉に関して、「両国民が受け入れられる条件づくりのため、骨の折れる作業を続けていく」とした一方、「現時点で、こうした条件は完全に欠如している」と、早期の合意は難しいとの見解を示した。




ロシア外相、「旧敵国条項」挙げ主張 北方領土問題


2/22(金) 2:02配信

朝日新聞デジタル


 ロシアのラブロフ外相は21日、ドイツ・ミュンヘンで16日に行った河野太郎外相との外相会談で、国連憲章に「(第2次大戦での)戦勝国の行いは議論の対象とならない」との記述があると主張し、北方領土のロシアの主権を認めるよう迫ったことを明らかにした。

 インタファクス通信などによると、モスクワでのビジネス関係者らとの会合で述べた。

 ラブロフ氏は従来、「旧敵国条項」といわれる国連憲章107条には「第2次大戦の結果は変更できないと記されている」と主張している。外相会談でもこの条項に言及しつつ、河野氏にロシア側の原則的な立場を伝えたとみられる。
.
朝日新聞社



by kabu_kachan | 2019-02-25 23:40 | 歴史 | Comments(0)
<< 日本の鎖国の功罪・日本人をアホ... 日本語は特殊な言語・日本文学は... >>