プログラミング言語(科学)と英語

【プログラミング言語(科学)と英語】

Python? Javascript? What programming language should you learn? // helloMayuko
https://www.youtube.com/watch?v=2FgvaJJayyA


【英語の影響力と、プログラミング言語】


英語が、世界を支配している!

現在において世界最強の言語、最も影響力がある言語は英語で間違いないでしょう。世界最強の国であるアメリカの公用語であり、世界共通語として他の国々でもたくさんの人が勉強しています。

母語とする人口なら中国語の方が多いんですけどね。しかし、世界を支配しているのは英語。

●プログラミング言語は、英語を土台にしている

英語の影響力は一般的な人と人とのコミュニケーションだけにとどまりません。それはプログラミング言語を見れば分かる。というか、これこそ英語が世界を支配している原因かも。

現代の様々な電子機器、ネット上のプログラムというのは「プログラム言語」によって作られています。今となっては電子機器がない生活ってのはあり得ませんからね~、実際の言語と同じぐらいの重要性と影響力をプログラミング言語は持っている。

ここでは例として割と有名なものであるHTMLを見てみます。ホームページ、ブログを作ってる言語なので名前だけでも知ってる人は多いのでは。

まぁ、正確に言えばHTMLは「プログラミング言語」ではないようだけど、この記事では雰囲気さえ分かればいいので気にしません!

というわけ、このブログのソースの一部を張り付けてみます。細かい部分はどうでもいいので流して進んでください。

"
<head>

<meta property="og:description" content="テーマは「想像力」です! 想像力が刺激されるものごとを紹介していきます~">

<!- Twitter Card ->
<meta name="twitter:card" content="summary_large_image">

<title>想像人の部屋 | テーマは「想像力」です! 想像力が刺激されるものごとを紹介していきます~</title>

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="想像人の部屋 &raquo; コメントフィード" href="https://souzouryoku.com/comments/feed/" />
<script type="text/javascript" src="https://gc.kis.v2.scr.kaspersky-labs.com/201BEA79-13D7-734B-ABE0-F97FAC72B1DC/main.js" charset="UTF-8″>
<style type="text/css">

height: 1em !important;
width: 1em !important;
margin: 0 .07em !important;
vertical-align: -0.1em !important;
background: none !important;

</style>

@media screen and (max-width:639px){.article br{display:block}}
</style>

<h2 id="site-description">
テーマは「想像力」です! 想像力が刺激されるものごとを紹介していきます~</h2>

<!- Navigation ->

<div id="body-in">

<!- main ->
"
どうでしょうか、MTMLを読めない人にとっては何が何だかさっぱりですよね。

でも! ちょっと待ってください。全体としては意味不明かもしれませんが、それぞれの単語自体は知ってるものもあるはず!

head、content、image、title、type、application、type、height、important、
max、width、escription、Navigation、body、main…………

HTMLというのは、英語の単語を土台にしてるんですよ! 中国語でも日本語でもなく、明らかに英語を土台にしている。そして、これは他のプログラミング言語でも同じ。

だから、英語のネイティブの方がプログラミング言語も読みやすいはず。使われている単語の意味がサクッと理解できるので。

世界中で使われているプログラミング言語は、英語を土台にしている。これこそが英語の支配力。電子世界は英語によって作られている!

●ネットの世界は、英語が支配し続ける

こうなっている理由を軽く調べてみると大きく2つの理由があるようです。

①アルファベットは単純な文字であり、プログラム用に使いやすい。漢字などの複雑な文字は向いていない。

②現代の電気機器、ネット技術はアメリカを中心に開発されてきたから。

より重要なのは①の方でしょうかねぇ。技術的な問題として、漢字はプログラム用には使えないらしいんですよ。だから、これから先でどれだけ中国語を話す人が増えたとしてもプログラム言語は英語を土台にしたものが使われ続けていくわけで。

単純な文字ならアルファベットじゃなくてもいいはずだし、アルファベットでも英語じゃなくてフランス語とかでもいいはずだけで、そこは理由②の影響でしょう。現在のネット文明はアメリカによって作られてきたので。

未来に向かって、ますます重要になっていくプログラム。それを支配し続けるのは英語。中国語はネットの世界を支配できない。

そうなると、この分野において英語のネイティブが少しだけでも有利なのは間違いない。文法ルールは平等に1から学習しないといけませんが、使われている文字と単語は英語ですからね。

ネイティブじゃなくても、英語を学習した人の方がプログラミング言語を読みやすいはず。英語をまったく知らない人より、少しでも知ってる人の方がプログラミングでも有利。英語を読めるか読めないか? それは意外なところにも影響してくるってこと。

もちろん、現実空間で英語を使えなくてもプログラミングできる人はたくさんいますけど。でも、英語をまったく使えない人よりも使える人の方がプログラムの世界でも有利にはなるんですよ。

現実空間において最強であるだけでなく電子の世界でも最強。あまり意識されませんが、これこそが英語の絶対的な影響力なのです。

まとめ

・世界を支配しているのは英語。

・世界中で使われているプログラミング言語は、英語を土台にしている。

・中国語はプログラミングには使えない。

・現実空間において最強であるだけでなく電子の世界でも最強。これこそが英語の絶対的な影響力。


https://英語日本語.com/programming-english/より。



いいかね、日本人諸君、

英語は、千年先でも

世界支配言語であり続けるであろう。

残念ながら、日本語じゃないんだぜ。

ここで一句。

バカ猿は 科学と英語 チンプンカン

What Does It Take To Be An Expert At Python?
https://www.youtube.com/watch?v=7lmCu8wz8ro

Python Crash Course For Beginners
https://www.youtube.com/watch?v=oy4GOI9vn5M

A hands-on introduction to Python for beginning programmers
https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A

Zero to Hero with Python Tutorial FULL Easy Learning python 3 4 from begin to advance
https://www.youtube.com/watch?v=TV9tSHFAFjg

C++ Programming
https://www.youtube.com/watch?v=Rub-JsjMhWY

C++ Tutorials From Basic to Advance
https://www.youtube.com/watch?v=mUQZ1qmKlLY

Learn Java Programming with Beginners Tutorial
https://www.youtube.com/watch?v=uWYPVz_i7W4

Java Programming Complete Tutorial for Beginners to Advance | Complete Java Training for all
https://www.youtube.com/watch?v=gg2PG3TwLx4

JAVA From Beginner To Expert Programming Tutorial The Complete Tutorial to Learn JAVA
https://www.youtube.com/watch?v=ESwXXIzJ-OM


[PR]
# by kabu_kachan | 2018-05-23 21:52 | 科学 | Comments(0)

プログラミング言語の歴史(サルにわかるかな?)

【プログラミング言語の歴史】

日本人諸君、コンピューターの世界は完全に白人たちに支配されているんだぜ。
日本人諸君、君たちは毎日、サル言語でブログを書いて、白人(お釈迦様を白人に譬えると)の掌の上で遊んでいるだけなんだぜ。

いいかね、
日本人はみ~んな毎日、白人のお釈迦さまの掌の上で、ブログごっこして遊んでいるサルなんだぜw。

ブログの悪口を書いて遊ぶ暇があったら

  ☟
 これを見ろ!(サルにわかるかな?)
     ネコも曰く(サルにわきゃるきゃにゃぁ~~?)
【プログラミング言語の歴史】


1940年代
[編集]

電子式コンピュータは1940年代前後から作られ始めた。最初期のコンピュータはそれ自体で言語処理系を実行できるような能力などなく、機械語ないしごく単純なアセンブリ言語でプログラムを記述する以外になかった。また、機械語に変換する作業さえ人手で行われることもあった。しかし、プログラミングは高度に知的な努力を求められる作業であり、バグの無いプログラムを書くことやデバッグ作業の大変さは、この時代に既に指摘があった[2]

1948年にコンラート・ツーゼプランカルキュール (Plankalkül) についての論文を発表した。しかしながら当時は実装されず、他のプログラミング言語の開発と進化に影響を及ぼさない孤立した存在であった。

この期間中に開発された主要なプログラミング言語には以下のようなものがある。

また、EDSACinitial ordersに代表されるが、この時代のコンピュータでは、現代のブートローダに相当するものに、簡単なアセンブラのような機能(1文字のニモニックと十進で表現された数値からなる命令の表現を、内部のバイナリに変換しながらロードする)を持たせていたものも多い。

1950年代後半-1960年代半ば[編集]

この時代には、人間にも理解しやすい言語を目指す高水準言語の開発が始まり、1950年代後半からFORTRANCOBOLLISPALGOLなど初期の代表的なプログラミング言語が登場した。

1960年代後半-1970年代[編集]

この頃に登場したC言語とその派生言語は2000年代に入った現在でも広く使用されている。

1980年代[編集]

ミニコンピュータの世界では、1970年代に登場したC言語がUnixとともに広く普及した。C言語の最初の標準化は1989年である。一方、1970年代末頃からパーソナルコンピュータが普及しはじめ、8ビットパソコン時代には、その内蔵ROMに書かれた言語としてBASICが爆発的に普及した。

  • 1983年 C++が命名される。C言語にオブジェクト指向を導入した。しばらくは模索の時代が続き、次第に仕様が固められていった。C言語とともにプログラム開発の中心的な言語となった。一方で、多くの仕様拡張を行った結果、複雑な仕様の言語となった。
  • 1983年 ブラッド・コックスによって、Objective-Cが開発される。C++と同じくC言語との上位互換を持つオブジェクト指向型言語であるが、C言語の仕様を拡張する形で発展したC++と違い、SmalltalkのオブジェクトシステムをそのままC言語に取り付けたような仕様になっている。後にNeXTmacOSの公式開発言語として使用されるようになった。
  • 1984年 PostScriptが発表される。ページ記述に用いられるプログラミング言語であり、電子印刷を一般化させた。
  • 1984年 多数の方言が存在したLISPを統一する試みであるCommon Lispの仕様書として、ガイ・スティールがCommon Lisp the Language を出版する。Common Lispは、既に登場していたSchemeとともに、2000年代においてもLISPの主流となっている。
  • 1985年 バートランド・メイヤーによってEiffelが開発される。高品質なオブジェクト指向開発のためのユニークな機能を多く実装し、後続の言語に影響を与えた。
  • 1987年 ラリー・ウォールによってPerlが開発される、主にCGIなどの用途で広く普及している。
  • 1987年 AdaがISO標準(ISO/IEC 8652)となる。
  • 1988年 スティーブン・ウルフラムによってMathematicaが発表される。Mathematicaは複数のパラダイムをエミュレートするプログラミング言語としても強力である。
  • 1989年 C言語がANSI標準となる。

1990年代[編集]

ワークステーションなどの世界ではあたりまえであったGUI化がパーソナルコンピュータにも及び、GUI環境のアプリケーション開発を支援する高度なRAD環境や、ビジュアルプログラミング言語なども盛んになった。80年代の、シェルスクリプトやAwkやPerlに続くような、各種のスクリプト言語もあらわれた。

2000年代[編集]

情報機器ネットワークでつながる時代になるにつれて、従来にはない問題が生じた。従来のソフトウェアは単体機器や閉鎖的なネットワークで動作するため、深刻な誤動作をしなければ良しとされていたが、情報機器が広くネットワークにつながりはじめたことで些細な欠陥も許容されない時代へと入った。具体的にはバッファオーバフローに代表される、「安全でない」プログラムに対して防衛的でない言語の利用が制限されるようになった。

  • 2002年 マイクロソフトがC#を発表。CLRという仮想マシン環境で動くオブジェクト指向言語。Javaの影響を強く受けており、C++とJavaの中間的な特徴をもつ。
  • 2002年 ECMAScriptがISO標準となる(ISO/IEC 16262)。
  • 2003年 マーティン・オーダスキーがScalaを開発。オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を統合し、Javaプラットフォーム上で動作する。
  • 2007年 C言語の置き換えを目指して開発されたD言語バージョン1.0がリリース。ネイティブコードで動作し、近年発達してきた他の言語の機能を多くとりいれている。
  • 2009年 GoogleGoを発表。並列コンピューティングに配慮したコンパイラ言語。依存性の注入を言語仕様にとりこみ、例外処理やクラスの継承、アサーションオーバーロードといった機能を排除している。

2010年代[編集]



[PR]
# by kabu_kachan | 2018-05-20 22:00 | 科学 | Comments(0)

トルコ語と日本語は語順が同じである(世界言語とは何か)

世界言語(世界共通語)とは何か?

現在、世界共通言語は事実上、英語である。
こう言うと、語学マニアの諸君は抵抗を感じるだろう。
私もかつては語学マニアであった。
いいかね、トルコ語と日本語は語順が同じなんだぜ。語順が同じということは、後ろから前に訳す必要がないんだぜ。
すなわち、語順が同じということは思考順序が同じということである。
日本語と同じ語順の言語は、トルコ語以外にモンゴル語、朝鮮語(韓国語)、ハンガリー語、フィンランド語などがある。
ヨーロッパには、バスク語など少数民族の言語もあるが、主要言語はすべて英語と同じ語順である。

これらの知識は教養として知っておく必要があるが、だからと言ってトルコ語をマスターしようとするのは現実的でない。単語を覚えるだけでも相当の時間がかかる。

日本人がマスターしなければならない言語は
間違いなく英語である。
日本人は英語を使って世界に向かって主張できるのである。
トルコ語で主張してもアメリカ人はわからないぜ。

もう一つ重要なことがある。
コンピューターを動かしているコンピューター言語、すなわちプログラミング言語はアメリカが中心となって開発して来ているだろ。
このプログラミング言語の思考順序が完全に英語型になっていると言うことである。

そして歴史的に言えば、日本人は英語を学ばなければならない
ハンディーを背負っているんだぜ。
先の大戦でアメリカに負けたからだぜw。

【閲覧注意】マスコミによる洗脳 『新・霊界物語 六十七話』
https://www.youtube.com/watch?v=r8h-G2p0vXE

アメリカの「軍産複合体」
https://kabukachan.exblog.jp/25544662/

How the Rothschilds became wealthy
https://www.youtube.com/watch?v=iVBHQL3f6AQ

All Wars Are Banker Wars, All Bank Owners are Jews
https://www.youtube.com/watch?v=tWl1wORuugk&bpctr=1526700210

GHQの日本人洗脳工作 <プレスコード>
https://kabukachan.exblog.jp/24510096/




【トルコ語と日本語は語順が同じである】


https://gogakumania.com/turkish/why-similar-japaneseより。

トルコ語が日本語と似ている理由

2017/8/25 トルコ語


トルコ語を学んだ人がある人なら、おそらくみんな感じるのではないでしょうか-「なんか日本語と似てるね」

日本語は言語地図上、比較的似た言語が少なく「孤独言語」と言われます。韓国語とは少し類似点もありますが、その他、周辺の言語と比較して類似点が少なく「特殊」であり、すぐお隣の中国語とは似ても似つかない言語です。

そんな日本語が、遠く離れたトルコ語と似ている…、いったいなぜでしょうか。気になって、調べています。


トルコ語と日本語が似ている点

トルコ語,日本語,似てる,理由

トルコ語と日本語が似ている点を列挙していくと、論文のようになってしまいそうなので、ここはざっくりとおおざっぱにまとめておきたいと思います。

文法がどちらもSOV

トルコ語も日本語も、文法的に「主語(S)+目的語(O)+動詞(V)」という順番になっています。英語や中国語の場合、「主語+動詞+目的語」となるので、その点では日本語とトルコ語を翻訳するときに、言葉の順序を入れ替える必要がありません。

ただし、SOVという順序だけの相違点なら他にも似ている言語は存在します。

母音の多用

トルコ語も日本語も母音が頻繁に登場する言語です。日本語の音節は基本的に「子音+母音」というシンプルなものがメインですが、トルコ語もそれに近いと言えます(子音+母音+子音となることも少なくない)。

ですので、聞いていると英語などに比べて母音が良く聞こえてくるはずです。つまり、トルコ語の発音はカタカナ表記しやすく、カタカナ発音でも通じやすいと言ってもよいでしょう。ちなみに、スペイン語も母音が多くカタカナ発音で通じやすい言語です。

発音が似た単語が多い

日本語とトルコ語のボキャブラリーを眺めてみると、意味も発音も似通った語彙が多いことに気づきます。日本語でいう「イイ(良い)」は、そのままトルコ語で「イイ」と言っても意味は同じです。

また、トルコ語で「外国人」は「ヤバンジ」といい、日本語の「野蛮人」を彷彿とさせます。そのほかにも学習を進めていくと、全く同じではなくても「なんとなく似ている」と感じさせる語彙がたくさんあります。

トルコ語の接尾辞と日本語の助詞

日本語は単語の後に助詞や助動詞をつけて意味を明確化します。この点はトルコ語でも同じで、「~へ」「~から」というように、単語に意味を付け加えるためには接尾辞を使います。

言語分類学上、このように独立した単語を助詞や接尾辞などで結び付けて文章を作る言語を「膠着語(こうちゃくご)」と分類します。この分類方法ではトルコ語も日本語も同じ「アルタイ諸語」に属しています(言語の分類に関しては諸説あり)。

トルコ語と日本語が似ている理由

トルコ語,日本語,似てる,理由

なぜ、8,000キロも隔てたトルコと日本の母国語が似ているのか。

この理由についてはさまざまな説があるようですが、その昔トルコ系民族(遊牧を生業とした騎馬民族)が中央アジアから東アジアまで勢力を伸ばしていたことに起因するという説が有力のようです。

先に「アルタイ諸語」について述べましたが、アルタイ山脈は、現在の西シベリアからモンゴルに位置する山脈です。このエリアには、古くからトルコ系民族が入れ替わり台頭しました。

日本において、卑弥呼が王になったのは184年ですが、それより少し前の156年、遊牧騎馬民族である「鮮卑」がモンゴル高原を統一しています。モンゴル高原から日本列島までは地理的にやや離れていますが、日本の黎明期にこれらのトルコ系民族が影響を与えたと考えるのは、まったくでたらめでもないような気がしますね。

日本語に近いのはトルコ語だけではない

トルコ語,日本語,似てる,理由

少し昔の言語分類学では、ウラル・アルタイ語族というカテゴリーがありました。現在の分類では、ウラル諸語とアルタイ諸語は分けて考えます。日本語は、その中でもアルタイ諸語に含まれると考えられています。

ウラル山脈は、アルタイ山脈の北西方向、ロシアの西部に位置しています。この辺りで勢力をふるっていた「マジャール人」という民族は、そののち西進してヨーロッパまでたどり着き、「ハンガリー」という国家を建設しました。

ウラル諸語と日本語との差がどのくらい開いているのは分かりませんが、言語的に同じファミリー(親戚)だと考えられていたこともあるくらいですから、日本語とハンガリー語(マジャール語)の間にも類似点があると考えられています。ちなみに、ハンガリー語も、ヨーロッパの中では孤立している言語です。

また、全然別の説として、日本語とヘブライ語が似ているという話もあります。これは、日ユ同祖論(日本人とユダヤ人の祖先が同一だという見方)に紐づいているトピックですが、これに関しては別の機会に書きたいと思います。




日本語と同じような語順の言語は?

.
質問者:ssiinn
質問日時:2002/10/22 12:55
回答数:7件
.

日本語と同じような語順や文法での言語(外国語)を探してます。

私の知る所で確かなのは、お隣の「韓国(朝鮮)語」と「トルコ語」です。

また、アルタイ語族はトルコ語、モンゴル語、ツング-ス語だそうで、これは語順が「日本語」に近い(似てる)そうですが、
(1)でしたら、「モンゴル語」も日本語と語順を同じくするトコが有るでしょうか?
(2)また、「ツングース」とは、(女真族系ということか?)
現在「ツングース語」系とされる言語(国家)は何でしょうか?

(3)また、上記以外でも日本語と同じような語順の言語をご存知の方教えてください。


No.4ベストアンサー

回答者: mide
回答日時:2002/10/22 15:07
.
日本語とほぼ同じ語順の言語はたくさんあるようです。ちゃんと学習したわけではないのですが、他にはタミル語、アルメニア語、ヒンディー語などが同じと聞きました。

日本語の語順には、修飾語が被修飾語に先行すること、文法格を表すのに後置詞的な語(日本語の場合は助詞)を使うこと、動詞的要素が文末に位置すること、という強い原則があり、それにより日本語式の語順になっているのですが、このような原則はかなり普遍的に見られるようです。

また、語順の自由度の高い言語では、日本語式語順でもそうでない語順でも充分通じるということがあるようです(ハンガリー語、ラテン語、人工言語ですがエスペラントなど)。

この回答へのお礼

タミル語とヒンディー語が、共にインド大陸地方ですね、

なんでもタミル語を日本語の源流と考えている学者がいるみたいで、それぐらいだから、語順も近くてもおかしくないのかもしれませんねえ。。。

また「アルメニア語」は、中央アジア(?)ですし、昔は民族が行き来したりと流動が激しいとこですし、インド地方や、トルコに関係が強いかもしれませんねぇ。

益々、興味は尽きません。

回答ありがとうございました。


お礼日時:2002/10/22 17:17
. .

No.7

回答者: zenkai
回答日時:2002/11/14 11:07
.
ネパール語は日本語と似ていて語順で悩むことはあまりありません。単語を覚え聞き取れる様になれば日本人とってこれほど習得しやすい言語は無いかも知れ間せん。もっとも覚えたからといってあまり役にも立ちませんが。
 No3の方が紹介されているのはグルン族の言葉だと思います。ネパール語の数字は1・エク、2・ドゥイ、3ティンとなりますし流れとしてはヒンディーに近いです。数字はほぼ同じ動詞も結構似ています。デバガリースクリットと言う文字は双方使用していますから意味は分からなくても字だけみて発音ならできます。
 もし勉強されるのであば普段日本語として使っている言葉でサンスクリットに起源を持つ外来語?も数多く発見できるでしょう。たとえば奈落がナッラクであったり世話がセワであったり他にもたくさんあるようです。
 余談ついでに日本のお寺に見られる梵字もデバガリースクリットに似ているので勉強すれば意味は分からなくとも読むこと自体ははさほど難しくなさそうです。


この回答へのお礼

お礼が遅くなり失礼いたしました。
参考になります、ありがとうございました。


お礼日時:2003/01/31 17:27
. .


No.6

回答者: sacristain
回答日時:2002/10/24 17:33
.
ペルシャ語も、日本語同様文章の最後に動詞が来るんじゃないかな...?

実際に自分ができる訳ではないので、もしかしたら違っているかもしれません。
アラビア語の先生が、カイロ大学留学中第2外国語でペルシャ語を取っていたそうで、
大昔、そんな話を聞いた気がするんですが。

アラビア語とペルシャ語はよく混同されるのですが、語族が違います。
ペルシャ語はアーリア(インド・ヨーロッパ)語族で、アラビア語はヘミト・ハミト語族です。


ペルシャ語は、アラビア文字を借用しているので混同されやすいんですよ。
でもよ~く見ると文字がちょっと違うんですけど。

この回答へのお礼

ペルシャ語(印・欧語族)ですか、

くわしく、紹介下さりありがとうございました。


お礼日時:2002/10/25 03:57
. .


No.5

回答者: kusakabe66
回答日時:2002/10/22 17:50
.
ハンガリー語が日本語と近い文型です。
また、人の名前も日本人と同じように「姓・名」の順で書きます。ですから、たとえば作曲家のKodaly ZoltanはKodalyが苗字でZoltanが名前になり、英語表記にするとZoltan Kodalyになります(実際にはaの上には´という記号がつきます)。
高校のときに合唱部でハンガリー語の歌を歌ったときにハンガリーに住んでいた人から習いました。

この回答へのお礼

「ハンガリー語」は、そうみたいですね。

経験による回答ありがとうございました。


お礼日時:2002/10/22 18:17
. .

No.3

回答者: makora
回答日時:2002/10/22 13:40
.
こんにちは。

特に語学に詳しいわけではないので、
(1)(2)についてはよくわかりませんが、

(3)ネパール語も、日本語とほとんど同じ語順でした。
以前滞在していたときに、単語さえ覚えれば、
日本語と同じ順に置き換えるだけで大体使えたので、
とても馴染みやすかったです。

余談になりますが、ネパールと一言にいっても、ヒマラヤ寄りの民族は
顔付きもチベット系に近くなり、それぞれ固有の言葉があるらしく、
ネパール語より更に日本語に近いものを感じました。(語順についてはわかりませんが・・)

火にうっかり触って、「アトゥ!」と言ったり、
「少し」が「チュクチ」だったり・・(グルン族/ネパール)
それから、数字。
チィ、ニィ、スン、シィ・・・チュゥ
(1234・・・10)と、数字の読みが似ていて驚きました。
(これはチベット出身の方に教わった)

日本から遠いのに、おとなり韓国や中国より近いものを感じたのが、興味深かったです。

この回答へのお礼

「ネパール語」ですか‥。

アジア系の言語は系統的にいくらか関係があるようですね。
(個人的には、東南アジアの固有語なんか関係があってもよいとおもいますが‥。)

興味深い回答ありがとうございました。


お礼日時:2002/10/22 17:04
. .


No.2

回答者: changchuan
回答日時:2002/10/22 13:30
.
#1です。ごめんなさいね^^;
回答になってなくって・・

この回答へのお礼

そうですね、全然回答になってな…。
いえ、いいですよ(^。^)  回答(?)ありがとうございます。


お礼日時:2002/10/22 16:59
. .



No.1

回答者: changchuan
回答日時:2002/10/22 13:27
.
私も朝鮮語(韓国語)は似ていると思う。
って言うか、習った事ないんですが、知ってる単語を並べて話すと、
通じているのですよ・・これがまた。

日本語と語順が近い外国語か・・興味津々^^
私もこの回答をじっくり見させてもらいます。



日本語と語順が同じまたは似てる外国語はありますか?


yukari_juniさん

2008/10/3111:32:08
.

日本語と語順が同じまたは似てる外国語はありますか?



ベストアンサーに選ばれた回答

vreebeme945さん
.

2008/10/3112:40:03
.

日本語のSOVという語順で見ますと、世界で最も多いタイプの語順です。
およそ5割ほどがこの語順のようですね。
例を挙げてみますと、
アイヌ語、朝鮮語、モンゴル語、ミャンマー語、ヒンディー語、ネパール語、ベンガル語、ペルシャ語、カザフ語、トルコ語、アゼルバイジャン語、アルメニア語、ケチュア語、バスク語などがあります。

意外なところではドイツ語もSOV型であると言われています。
ドイツ語は「私は本を読む」のような文章ではSVOになりますが(Ich lese ein Buch.)、それ以外ではSOVになります。

例)ihm das Buch zu geben 彼に(ihm)その本を(das Buch)あげること(zu geben)
Wenn du Wein trinkst,君が(du)ワインを(Wein)飲め(trnkst)ば(wenn)
Ich weis, dass sie ein neues Auto gekauft hat.
彼女が(sie)新車を一台(ein neues Auto)買っ(gekauft)hat(た)ことを(dass)私は(ich)知っている(weis)

ドイツ語は本来の語順はSOVですが、「主文の動詞は頭から2番目の位置に来る」という大原則がありますので、「私は本を読む」というような文章では動詞は文末から「2番目の位置」に移動するというわけです。

また子孫がSVO言語であるラテン語は色々な語順を取りうる言語ですが、最も多く出てくる語順はSOVだそうです。
その子孫(フランス語、スペイン語など)も、目的語が代名詞のときはSOVになります。

例:(Yo)lo compro.(私は(Yo))それを(lo)買う(compro)※スペイン語
Je t'aime.私は(Je)君を(t'=te)愛している(aime).※フランス語

ナイス 2


質問した人からのコメント

2008/10/31 22:20:15

驚く ドイツ語は英語・オランダ語と似てると思っていたので意外でした。



日本人が一番覚えやすい外国語とは?


3月27日(木) 20:40


教えて!goo



日本人が一番覚えやすい外国語とは?


日本人が一番覚えやすい外国語とは?

外国語を習得したいと思いつつも、難しくて挫折してしまったり、挑戦する前に尻込みしてしまったりする人もいるのではないでしょうか。
教えて!gooには、外国語についてこんな質問が投稿されました。

「日本人が習得しやすい外国語は?」

質問者さんは、日本人が習得しやすい言語を、「例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか?」といった特徴をあげて尋ねています。

日本人が習得しやすい言語は何語なのでしょうか。

■文法が似ている言語

語順などが日本語と似ていて覚えやすいとして挙げられたのは、韓国語とトルコ語でした。

「やはり、よく聞くのは、『韓国語』…あたりのようですよね。文法的・発音的・文字的側面…が一番似てるような感じです」(tom0120さん)

「韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば
・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します」(dashu2005さん)

「日本ではあまり使う機会もなく、なじみのない言語ですが、トルコ語が比較的日本語を母国語とする人には習得しやすいと思います。理由としては、
1)文法、語順がほぼ一致している。
例:Ben Japonya-dan gel-iyorum.
私  日本 から 来て いる(現在進行形)
Ben Japonya-da yas-iyor-dum.
私 日本  で 住 んでい た(過去進行形)(中略)…

2)発音が簡単である。
韓国語や中国語は発音が意外と難しいですが、トルコ語はほぼローマ字読みです」(Kencabayさん)

学校の英語の授業で語順や文法を必死で覚えている日本人にとっては、日本語とほぼ同じ語順の言語というのは、心惹かれるものがあるかもしれません。

■発音がしやすい言語

発音の面では、スペイン語、イタリア語を挙げる声が集まりました。

「発音だけに限って言えば、スペイン語は日本語話者にとって習得しやすい言語です」(noname#37852さん)

「イタリア語ですね。これからはスペイン語と思いますが、イタリア語の方が発音、文字共に日本語に近いと思います」(mikeronさん)

他にもヒンディー語、中国語なども習得しやすいようでした。これを参考に、新たな外国語に挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)




http://blog.livedoor.jp/mineot/archives/51986570.htmlより。


2013年04月06日17:00


日本語とトルコ語

日本語とトルコ語は似た言語です。
韓国語は日本語の文法と似ているということは知っていましたが、トルコ語もそうであるとを、トルコに行って初めて知りました。アジアの東端の国と西端の国の言語が似ているという事実は遠い昔から何かの関係があったということでしょうか。

トルコ語は語順が主語-目的語-動詞となる点やいわゆる助詞や助動詞の付き方が日本語と非常に似ています。例えば文の構造は次のようになります。

Ben  dun  kitab-i al-di-m. (トルコ語の特殊文字は代替文字で表してあります)
私は 昨日  本-を 買う-過去-私
"私は昨日本を買った"

述語の構造に眼を向けてみると語幹と接辞が日本語と同じ付き方になるのがわかります。

yaz-dir-il-di
書く-使役-受け身-過去
"かか-せ-られ-た"

しかし名詞や述語の最後に人称語尾といって所有者や主語の人称を示す語尾が必要とされる点が大きな違いです。類似点はたくさんありますが細部をみると異なる点も多いです。

トルコ語    日本語
iyi         いい
yamac      山地
cay       茶
moruk      耄碌
tepe      てっぺん
su        水

(以上は、こちらのWEBサイトを参照)

日本語とトルコ語の文法が同じというわけではありませんが、似ていることは間違いなさそうです。また、似た単語もあり、発音もそれほど難しくないと思います。トルコの人たちがトルコ語を話していると、ときたま日本語に聞こえることもありました(あくまで発音としてだけですが)。外国語を勉強するにはいい言語かもしれません、ね。


トルコ語入門

ずーっと昔の話(何時頃とは訊かないで!)、モンゴル高原(興安嶺)の北側にはモンゴル人が住んでいた。西には後に突厥と呼ばれるトルコ人が住んでいた。ここで、「突厥」を我々は音読みして「トッケツ」と発音するが、元々は「チュルク」という音を漢字で「突厥」と表したことに注意を要する。そして、日本語で「トルコ人」、英語で "Turkish" と読んでいる民族は、トルコでは "Turk"(チュルク)と呼ばれていることも付け加えておく。
さて、東側に住んでいたツングース人だが、彼らは後に東に移動し、朝鮮から日本に入ったとされている。これら3つの民族はモンゴル高原を中心に離合・集散をくりかえしていた。だから、かれらの共通語とういうものが存在したはずだ。その共通語がアルタイ語と呼ばれるもので、現在では存在しないが、日本語、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の4つの言語がアルタイ語系であるとされる根拠は此処にある。

以上がトルコ語学習を始めるに当たっての予備知識である。つまり、トルコ語は日本語と同じアルタイ語に属しているので、私たちにとっては決して難しくないということを念頭において貰いたい。

1.トルコ語にも助詞がある

日本語の特徴の一つは名詞の後につく「助詞」である。例えば、「神戸で生まれた」「神戸へ行く」という表現の「で」とか「へ」が助詞だが、この使い方が難しくて欧米人は日本語がなかなか習得できないのだ。では、トルコ語で「神戸で」は何というか。実は、"Kobe-de"というのだ。ついでに、「神戸へ」は "Kobe-ye"という。それでは「大阪で」はどういうか。大阪の場合は "Osaka-de"ではなく、 "Osaka-da"という。つまり、オオサカの最後の「カ」の音(ア段)に引っ張られて "da"になるのだ。だから、「大阪へ」は "Osaka-ya"となる。同じく、「アンカラへ」は、"Ankara-ya"という要領だ。

日本語には子音で終わる言葉がないので "ye"とか "ya"ですむのだが、トルコ語には子音で終わる単語がたくさんある。Istanbul がそうだ。「イスタンブールへ」というのはどう言うか。"Istanbul"は最後が子音で終わるので、この場合は "a"をつけて "Istanbul-a"(イスタンブラ) という。昔、「ウシュクダーラ・ギデリケン」という歌が流行ったが、あの歌の題名を日本語で「ウシュクダラ」という。しかし、トルコにはウシュクダラという地名はない。あるのは、ウシュクダル(Usukudar)だ。それでは「ギデリケン」というのは何かというと、「来てみたら」ということだから、「ウシュクダーラ・ギデリケン」は「イスタンブラ」の例から判るように「ウシュクダルへ来てみたら」ということになる。

トルコを旅行すると、"Usukudar" はイスタンブールの隣町なので、この町の名前には必ずお目にかかる。そんなときは、団体旅行なら日本から一緒にきた妙齢のご婦人を見つけて、側に行き、「ウシュクダラ・ギデリケンという歌があったでしょう。あれは、このウシュクダルへ来てみたらと意味なんですよ。語尾がダラと変化するのはトルコ語の助詞なんですよ。」とウンチクをご披露すれば、あなたは忽ち見直されること請け合いだ。

2.トルコ語は漢字とのセットで憶えるとよい

日本語の時間の「時」に相当するのは、トルコ語では「ザマン」(Zaman)という。「これ」は「ブ」(Bu)、「それ」は「オ」(O)、「何」は「ネ」(Ne)だから、「今」→「ブザマン」、「その時」→{オザマン」、「何時」→「ネザマン」となる。ついでに言うと、「時々」は「ザマンザマン」だ。日本語の「これ」「この」に相当する「ブ」も使い勝手のよい単語だ。「日」は「ギュン」なので「今日」は「ブギュン」となる。場所を表す「所」に相当するのが「ラ」という言葉なので、「ブラ」→「此処」、「オラ」→「そこ」の規則が成り立つ。しかし、「何処」は「ネラ」とは言わない。「大阪・ダ」で見たように母音調和の原則により、「ネ」の音(エ段)に引っ張られて「何処」は「ネレ」となるのだ。しかし、「何処へ」→「ネレエ」、「何処で」→「ネレデ」、「此処で」→「ブラダ」という法則は健在である。

3.トルコ語は日本語から連想できる

トルコ語の単語は日本語から連想できるものが多い。「お父さん」→「ババ」、「お母さん」→「アンネ」などが好例だが、「お兄さん」→「アアベイ」も憶えやすい。全く同じ言葉もある。「良い」を表す言葉は「イイ」という。トルコからみると、「日本(ジャポン)はいい兄貴だ。」→「ジャポン・イイ・アアベイ」で十分に通じる。偶然の一致かもしれないが、トルコ人は電話で話すときに「ハイ・ハイ」という表現を使う。これも日本語の「はいはい」と殆ど同じ意味だ。ついでに言うと、山や丘の頂上を「テッペ」という。ひょっとすると、「テッペン」という表現はトルコ語から来たのかも知れない。私が、以前、イスタンブールに住んでいたのは「テッペ・バシ」という地域だった。まるで、「淀屋橋」の隣にあるように聞こえる。
ヴァル(Var)という単語も憶えておくと役に立つ。発音上は「ワル」に聞こえる。ワル=「有る」という意味だ。例えば、「トイレは何処にありますか?」というのは絶対必要な表現だが、「トイレ」=「トゥワレット」なので、「トゥワレット・ネレデ・ワル?」と語尾を上げて訊けばきっと親切に教えてくれるはずだ。

4.街を散歩するときに必要な表現

イスタンブールといえばグランド・バザールと答えるほど、日本人の間ではグランドバザールがショッピングの場所として有名になった。トルコ語では「カッパル・チャルスゥイ」(覆われた市場)という。英語でも
"Covered bazar"と呼んでいる。このバザールには4000軒もの店がひしめき合っていて、ありとあらゆるものを売っている。バザールを歩いていると日本人に必ず声がかかる。「ジャポン!」や「モシモシ!」という呼びかけが多いが、中には「オトウサン!」と呼ぶのもいるので思わず振り返ることになる。彼らは日本人の欲しがるものをよく知っているので、「ジュータン・ヤスイ・ヤスイ」などといって自分の店に引きずり込むのだ。一歩店に入ると必ずお茶(チャイ)が出てくる。小さなガラスのコップに入った紅茶だ。トルコではチャイはタダ同然だから何杯飲んでもオブリゲーションはないので安心してよい。

程なく、店の奥からオヤジらしき男が姿を見せ、"Japan, special price." などと日本人向けには安くしていることを強調する。もちろん、韓国人には"Korea, special price."と言うはずだ。こんな状況下での殺し文句がある。「ベン・ヤバンジ・デイール」と言えば相手は驚くだろう。「ベン」=「私」、「デイール」=「~ではない」という意味だが、「ヤバンジ」というのが面白い。野蛮人を連想させるこの単語は「外国人」という意味なのだ。「オレは外人じゃないよ」だから余り吹っかけるなよ、と釘を刺したのだ。オヤジは「それは失礼」といった態度を見せて、少し値引きしてくるはずだ。それに対しては「チョック・パラ」といえばよい。「チョック」=「大変・たくさん」、「パラ」=「お金」だが、「チョック・パラ」では「大変高い」という意味になる。ついでに、「どのくらい」をトルコ語では「カチ」という。だから、値段を訊くときは、「カチ・パラ?」といえばよい。この「カチ」も色々な質問に応用できる。「時間」=「サート」なので、「何時ですか」は「サート・カチ」、 電話番号を訊くのは「テレフォン・ヌマラ・カチ」というように使う。

「ベン」(私)に対して「あなた」を「シズ」または親しくなると「セン」(お前)という。第1章の助詞の使い方を思い出していただきたい。オヤジが「シズデ・パラ・チョック・ワル」といえば、「あなたはお金をたくさんもっている」という意味だ。それに対しては、「ヨック」(Yok)という単語を憶えておこう。「ヨック」は「ない」「駄目」「いいえ」といった"No"の意味で使われる。だから、オヤジに対しては「ベンデ・パラ・ヨック」と返せばよい。

5.数字を憶える

トルコ語の数字は日本語と数え方が似ている。1=ビル、2=イキ、3=ウチ・・・10=オンというが、普通欧米の数詞は11=Eleven、12=Twelveというよう11と12はオリジナルの単語があるが、トルコ語では、11=オンビル、12=オンイキ、13=オンウチ・・・というように、日本の数詞と同様、10と1,2,3をつないでいけばよい。更に、トルコ語には「タネ」という表現があり、これは「一つ」「二つ」のような表現に使われる。つまり、「ビルタネ」(実際の発音は「ビタネ」に近い。)、「イキタネ」というように使う。だから、コーヒーショップで「お茶を三つ」注文するときは「ウチタネ・チャイ」と言えばよい。「タネ」は物に使うが、人間には「キシ」という表現がある。「イキキシ・ジャポン・ワル」といえば、「日本人が二人居る」という意味だ。このように人と物では数え方が違うのも日本語と同じだ。
ところで、トルコを旅行すると「ビダカ」という表現をよく耳にする。「チョット待って」というような時に使うので、「ビダカ」=「待て」だろうと早とちりしている日本人も多い。だが、「ビダカ」は正確には「ビル・ダキカ」のことで、「ダキカ」=「分」だから「1分」と言っているのだ。しかし、現実には「ビダカ」が1分で終わることは先ずない。特に、レストランでボーイの言う「ビダカ」や「ヘメム」(ただ今)は30分を意味すると考えておけば腹が立つこともない。

以上で私の「トルコ語入門」を終わる。これだけのボキャブラリーでもしっかり憶えればトルコ旅行が2倍も3倍も楽しくなることを保証してもよい。尚、更に詳しくトルコ語を勉強したい人には下記の書物をお勧めしたい。日本語で書かれたトルコ語教則本としては、私の知る限りこの本がベストだ。

  勝田茂著 「トルコ語文法読本」 大学書林



[PR]
# by kabu_kachan | 2018-05-19 01:56 | 言語 | Comments(0)

トランプ大統領のロシア疑惑と安倍総理のモリカケ疑惑(アメリカンフットボールの反則)

「トランプ大統領のロシア疑惑」
     と
「安倍総理のモリカケ疑惑」

面白い対比だと思わないかね。

アメリカの主要メディアはこのロシア疑惑でトランプ大統領を攻撃しているが、このロシア疑惑がどのように大統領選挙に影響を与えたのかまでは証明できていない。

安倍総理のモリカケ疑惑では、安倍総理のモリカケ事件に対する直接の関与が証明できていない。


いいかね、誰が見ても納得しうる「決定的な場面」、すなわち「決定的な証拠」を出さないとだめなんだぜ。

★大学アメフトの「日大の反則」のようにね。

        ☟
ミヤネ屋 アメフト 日大の悪質な反則に「ありえない」
https://www.youtube.com/watch?v=qFwl8LdGrFs

「食い違う認識」”悪質タックル”問題
https://www.youtube.com/watch?v=1nmTwdtU_gw

【ビビット・大学アメフト ラフプレー】
https://www.youtube.com/watch?v=0NaSLC5Zons

【海外の反応】日本の大学アメリカンフットボールで、前代未聞の悪質なタックルが本場・米国でも話題に!→アメリカ人『タックルどうこうの前に、日本でアメフトをやってるって事の方に驚いたぜ・・・』
https://www.youtube.com/watch?v=t8U-byZSSz8
この動画の製作者、読み方を間違えているぜ。
✖関西学院大学➡かんさいがくいん大学
〇関西学院大学➡かんせいがくいん大学
関学出身の私が言うのだから間違いない。(笑)
DdoVqw0UwAEenTy




関学大怒り心頭、日大内田監督に直接謝罪を要求

[2018年5月18日9時43分 ]


アメリカンフットボールの定期戦(6日、都内)で日大選手から悪質な反則行為を受けた関学大が17日、兵庫・西宮市の同大学で2度目の記者会見を行った。15日夜に日大から受け取った抗議文の回答書を公開したが、具体的な経緯や見解は盛り込まれておらず、鳥内秀晃監督(59)は直接の謝罪や説明がない日大の内田正人監督(62)に怒り心頭。日大は24日までに追加回答を行う意思を示しており、関学大は刑事告訴や来年度以降の定期戦拒否など対応について保留とした。

 目の前に並べられた22本のテレビマイクへ伝わる、鳥内監督の怒りは容赦なかった。一番の矛先はいまだに直接の謝罪がなく、姿を見せない日大の内田監督。無表情、低いトーンで「現場で責任者は監督です。その中であのプレーが起きたのは監督の責任。指導者は学生たちを守るのが基本で、ちょっと受け入れられない」と厳しく非難した。

 6日の定期戦では関学大の2年生QBがパスを投じた約2秒後、日大DLに意図的に見えるタックルを背後から受けた。教え子は全治3週間のケガを負い、10日付で日大に抗議文を送付。15日夜に回答を受け取った。日大DLは周囲に「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と話しているが、回答書には「意図的な乱暴行為を行うこと等を選手へ教えることは全くございません」とあった。

当該選手は3度も反則行為を続けて退場。仮に回答書通りであれば、1度目の悪質タックル即交代や、反則後に指導者からの注意が確認できなかったことに疑問が残る。さらに当の内田監督が"雲隠れ"状態で、不信感は増す一方。鳥内監督は86年から6年間務めたコーチ時代から知る内田監督について「練習は見たことがないが、うわさで練習時間も長くやっておられると。選手には厳しかったんじゃないか。(コーチが)意見を言えない可能性もある」とし、部の体質を独自の目で分析した。

 内田監督が定期戦後に反則行為を容認するような発言をした点は、回答書内で「選手に『厳しさ』を求めていることから発したものでした」とされた。日大側は真意が伝わらなかったとして、撤回する意向を示しているが、あきれる鳥内監督は「あんな事件を起こして、すぐにでも謝罪すべきだった。後手後手に回っておかしくなっている」と社会問題に発展した一因を相手指揮官に求めた。小野宏ディレクターも「決定的に信頼関係が失われている。完全に崩壊している状態」と、東のライバルとの現在の関係を正直に告げた。

 関学大はこの日、説明の具体化や、日大の加藤直人部長、内田監督の直接謝罪を求める文書を相手側へ発送。追加回答は24日までとされており、鳥内監督は「そこに何があったのか、という真相究明」を強く訴えた。疑問解消なくして、怒りは消えない。【松本航】


張本勲氏が日大アメリカンフットボール部の関学大選手に悪質プレーを繰り返した問題についてコメントした。

 20日のTBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演し、張本氏は「何十回と(ラフプレーの)画を見ましたけれども、ア然としましたよ。大和民族がやるようなことではないですよ。この国は裏切りとか嫌う。正義とか筋とか義理を重んじる民族じゃないですか」と持論を話すと「けしかけた方もやった方も悪い。精神の弱みにつけ込んで、やった方の親分が逃げ込んでどうするの」と話した。そして、「ケガした人、けしかけた選手も2人をフォローしてもらいたい」と語った。

 6日に都内で行われた関学大との定期戦で、自チームのDLが相手の2年生QBに対し、意図的にも見える背後からのタックルを行った。関学大QBは全治3週間のけが。さらには試合後に内田監督が「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」などとプレーを容認するような発言をしていたことから、騒動が拡大。関学大から10日付の抗議書を受け取っていた。内田監督は19日に、兵庫・西宮市内で関学大の負傷した選手らに謝罪し、辞任を表明した。


あれ~! 張本氏は在日じゃなかったのか?(笑)

結論

安倍総理と日大アメフト内田監督は
同じ穴の狢じゃないのか。

在日メディア(日本のテレビ番組は朝鮮人が作っている)
https://kabukachan.exblog.jp/26763986/

「在日」に支配されている「日本のテレビ」
https://kabukachan.exblog.jp/22551131/





おまけ!

Eagles vs. Patriots | Super Bowl LII Game Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=qW1xbhW2PEE

Falcons vs. Eagles | NFL Divisional Round Game Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=z05WIkCvgjU

Packers vs. Steelers | NFL Week 12 Game Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=QzfnWcHhdyQ

President Trump to meet with North Korea’s Kim Jung Un
https://www.youtube.com/watch?v=sVPYKPMJwn4


[PR]
# by kabu_kachan | 2018-05-18 10:45 | 政治 | Comments(0)

トロン―国産OSが世界標準になる

トロン―国産OSが世界標準になる



調査研究本部主任研究員 芝田裕一.

2018年05月01日 07時00分


 情報通信の世界では、あらゆるモノをインターネットにつなげようという「IoT」の技術が、製品開発や産業応用の中心となりつつある。そのIoT分野で6割以上の市場占有率を誇るのが、日本で生まれたコンピューター用基本ソフトウェア(OS=オペレーティングシステム)「トロン」だ。このトロンが、米国電気電子学会の標準規格として認定される手続きが進んでいる。順調に進めば、国産のOSが、「世界標準」になる。


IoT時代がやってきた


 IoTという言葉を最近よく目にしたり、聞いたりするという人は多いだろう。インターネット・オブ・シングスの略で、「モノのインターネット」と訳されることが多い。生活空間のあらゆるモノ、あらゆる場所に小さなコンピューターやセンサーを組み込み、ネットワークにつないで便利な情報化社会を目指そうという技術である。ひと昔前まで「ユビキタス・コンピューティング(ユビキタスはラテン語であまねく存在するという意味)」と言っていた技術と同じだ。

 1980年代は「どこでもコンピューター」と呼ばれていた。その基本となるアイデアを提唱したのが、坂村健博士(東洋大学情報連携学部長、東京大学名誉教授)だ。坂村博士は、昨年3月に東京大学教授として最後に行った講義で「私が30年以上研究開発してきたIoT=どこでもコンピューター=が、ようやくビジネスになる時代が来た。私は時代を先取りしすぎていた」と、しみじみ述懐していた。


トロン計画の始まり


 国産OSトロンの生みの親がこの坂村博士で、トロンはIoTとともに育ってきたと言っていい。

 トロンは「ザ・リアルタイム・オペレーティングシステム・ニュークリアス」の略で「機器をリアルタイム(実時間)で作動させるOSの中核部分」という意味である。坂村博士は東大助手だった1984年、「トロン計画」を提案した。

 坂村博士は、いずれIoT社会(当時そういう名称はなかった)が到来し、あらゆる家電製品や自動車などにコンピューターが組み込まれ、ネットワークでつながるようになると予想した。そこで、機器に組み込まれるコンピューターを制御する「組み込み用OS」として広く使えるようにと、トロンの開発を始めたのである。

 当時は、基板に中央演算処理装置(CPU)やメモリーなど最小限の部品を載せた簡素なコンピューターである「マイコン」が一部の機器に組み込まれ始めたばかりで、今から振り返ると、博士にはかなり先見の明があったと言える。

 計画には東大のほかに日本電気、日立製作所、富士通、松下電器産業(現パナソニック)、三菱電機など国内大手電気メーカーも参画し、当時としては珍しい産学協同プロジェクトの形で進んでいった。


組み込み用OSとは


 OSと聞くと、パソコン用OSのウィンドウズを思い浮かべる人が多いだろう。クラウドサービス(外部に保存したデータやアプリケーションなどをネット経由で呼び出して使うサービス)などに用いられる大型コンピューターでは「ポジックス」というOSが主に使われている。スマートフォンのアプリケーションを動かすアンドロイドOS(アンドロイド端末用OS)やiOS(iphone端末用OS)もポジックスのプログラムを部分的に使っている。こうしたコンピューター用のOSは「情報処理系OS」あるいは「汎用OS」と呼ばれている。

 これに対し、電子機器などに組み込まれている小さなコンピューターを制御するOSが、組み込み用OSだ。


何に使われているのか


デジタルカメラの内蔵電子機器をトロンが制御している
デジタルカメラの内蔵電子機器をトロンが制御している


小惑星イトカワから2010年に帰還した探査機「はやぶさ」の内部ネットワークを制御していたOSもトロンだった(画像は宇宙航空研究開発機構提供)
小惑星イトカワから2010年に帰還した探査機「はやぶさ」の内部ネットワークを制御していたOSもトロンだった(画像は宇宙航空研究開発機構提供)


組み込み用OSのトロンは、例えば、自動車に使われている。

 自動車の電気系部品と言えば、かつてはヘッドライトに方向指示器、ワイパー、ラジオくらいのものだった。

 ところが現代の自動車には、GPSを搭載したカーナビゲーション、車内温度を一定に保つエアコン、エンジン回転数や排ガス温度などを測定して最適量のガソリンを供給するインジェクション(燃料噴射装置)、障害物を検知して作動する自動ブレーキなど、非常に多くのセンサーや作動部品が組み込まれている。それらを統御する頭脳として数多くのコンピューターが積み込まれ、その制御にトロンが使われているのだ。

 デジタルカメラでは、トロンがレンズを動かしてフォーカスを合わせたり、絞りやシャッタースピードを高速で自動制御したり、画像処理を行ったりしている。温度と蒸気を計測しながら加熱を調節する電気炊飯器にも組み込まれている。あらゆる家電製品、エレベーターなどビルの設備機器、オフィスのコピー複合機、工場内の機械制御、ロケットや人工衛星の内部ネットワークにもトロンが採用されている。2010年に小惑星イトカワから奇跡的な帰還を果たした探査機「はやぶさ」、その後継機で小惑星「リュウグウ」へ向かっている「はやぶさ2」もトロンによって制御されている。

 スマホもアプリを動かすのは情報処理系OSだが、画像処理やフラッシュメモリーへの書き込み、カメラやバイブレーター、ディスプレーなどを制御しているのはトロンだ。スマホの陰の主役は、実はトロンなのである。


日米貿易摩擦


 「最強の組み込み用OS」がトロンの代名詞だが、実はウィンドウズのような情報処理系のトロンも開発されている。それが「Bトロン」だ。

 1989年、文部省・通産省(当時)所管の「コンピュータ開発教育センター」は、教育用パソコンのOSとしてBトロンを指定した。マシンもOSも日本製の「純国産パソコン」の誕生が期待された。だが、そこに大きな壁が立ちはだかった。

 米国通商代表部(USTR)が、同年4月に発表した「外国貿易障害年次報告書」の中でトロンが不公正貿易障壁の候補にあげられたのだ。「純日本製パソコン」をつくられては、米国企業が入り込めず、日米貿易の妨げになってしまう。もしBトロンのパソコンを生産したら、相応の制裁を加える、という。

 悪名高い包括通商法スーパー301条(不公正貿易慣行国への制裁条項)の対象候補となったため、国内大手メーカーはパソコンへのBトロン搭載を見送ってしまった。

 当時は、日本の産業界に勢いがあり、工業製品の輸出によって大幅な貿易黒字が続いていた。誕生したばかりで国内でさえ普及していなかったBトロンが自動車と同じような脅威として取り上げられたのは、米国の産業界がその潜在的可能性に気づき、恐れていたからだろう。


デファクト・スタンダード


 「デファクト・スタンダード」という言葉を聞いたことがあるだろうか。デファクトは「事実上の」、スタンダードは「標準」という意味だ。パソコンのOSとしてデファクト・スタンダードとなった米IT大手マイクロソフト社のウィンドウズは、アップル社のパソコンを除くほとんどすべてのパソコンに搭載されている。

 一方、トロンは情報処理系OSとしてはつまずいたものの、組み込み用OSとして、6割を超える市場占有率を維持している。組み込み分野では、トロンがデファクト・スタンダードとなっているのだ。


なぜデファクトとなったのか


 どうしてトロンはデファクト・スタンダードとなることができたのか。

 一つは、生みの親の坂村博士の意向で、初めからオープンな形で開発が進められた点にある。トロンはだれでも無償で自由に入手でき、自由に変更を加えることもできる。30年前、米国から貿易摩擦のやり玉にあげられたとき、実はトロン計画には10社以上の外資系企業が参加していた。本当は「純国産OS」ではなく、「国際共同開発OS」と言うべき存在だったのである。坂村博士は、米通商代表部のヒルズ代表に「トロンは貿易障壁には当たらない」と訴える手紙を送ったそうだ。トロン計画を引き継いでいる団体「トロンフォーラム」には、マイクロソフト社も中心メンバーの幹事会員企業として加わっている。

 もう一つは、IoTが注目されるずっと以前から開発されてきたことだ。だれでも自由に使える組み込み用OSでしかも多量のメモリーを必要としないものは、トロンのほかになかった。

 トロンフォーラムの幹事会員企業の一つパーソナルメディア社の松為彰社長によると、80~90年代は日本の半導体産業が強く、半導体を制御するOSとしてトロンが世界中に広まっていった。「一度使い始めたものは、よほどいいものがほかに出ない限り、無理に替える必要はありませんから」(松為社長)。


ビル・ゲイツとの違い


トロン著作権譲渡の契約を交わした坂村博士(右)とIEEEのカラカリオス氏(左)=トロンフォーラム提供
トロン著作権譲渡の契約を交わした坂村博士(右)とIEEEのカラカリオス氏(左)=トロンフォーラム提供


 マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、ウィンドウズや関連アプリケーション開発の成功のおかげで、世界一の資産家となった。一方、坂村博士はトロンを使った金もうけは考えず、オープンな無償提供にこだわった。

 当時、ハードウェアを制御するOSのようなソフトウェアはハードウェアのおまけという考え方が主流で、ビル・ゲイツ氏のようにOSで稼ごうという事業家は少数派だったと言われている。独自の情報処理系OSを開発していたIBMや富士通、NECも、ハードの生産に主眼を置いていた。

 坂村博士が望んだのは、トロンで動く工業製品が次々に開発されることによってIoT社会が早期に実現されることであり、特定の企業や個人が巨万の富を築くことではなかったのである。

 もっとも、マイクロソフトも、有料のOSであるMSDOSやウィンドウズのシェアを順調に伸ばしていったわけではない。アップルやIBMなどのOSとの激しい競争を勝ち抜き、今の地位を築き上げたのだ。トロンがもし有償だったとしたら、デファクト・スタンダードを取った保証はない。


トロン著作権を譲渡


 電気・通信の分野で世界最大の標準規格策定団体である米国電気電子学会(IEEE)が、トロンフォーラム(会長は坂村博士)にトロンの著作権譲渡を求めてきたのは、トロンがデファクト・スタンダードであることを認めたからだ。坂村博士は昨年8月、IEEE標準化委員会のコンスタンチノ・カラカリオス事務局長と会談し、組み込み用トロンの最新版である「マイクロTカーネル2・0」の著作権を譲渡する(両者が著作権を共有する)契約書にサインした。

 「『ミスター坂村、あなたはよく頑張った。これからは私たちがトロンを発展させてあげよう』と言われた。どうしようかと思ったけど、譲っちゃうことにしました。もちろん無償ですよ」。調印の2か月後、坂村博士は、譲渡の理由を尋ねた筆者にそう答えた。


米国電気電子学会が認定へ


 IEEEは電気・電子関連の幅広い技術分野で約900件もの標準規格を定めている。その規格が世界標準になっているおかげで、世界中で同じ工業製品を使うことができるのだ。例えば、どこの国を訪れても自分のスマホが無線LAN(WiFi)につながるのは、世界中がIEEEの定めた無線LAN規格を使っているからだ。情報処理系OSとしてパソコン以外では圧倒的なシェアを占めるポジックスも、IEEEが標準規格として認定したOSである。

 「われわれが標準化(標準規格として認定)すれば、トロンはよりグローバルに受け入れられるようになるだろう。トロンの未来は明るい」。標準化作業部会のスティーブン・デュークス議長は、昨年12月に東京・六本木で開かれたシンポジウムでそう語った。

 作業部会での標準化作業が終了し、標準化委員会で認められれば、トロンは晴れてIEEEの標準規格となる。事実上の世界標準から、公式の世界標準となるのだ。早ければ年内に認定される見込みだ。

 世界標準になれば、トロンを多く採用している日本の工業製品には追い風になることだろう。

 組み込み用のトロンは情報処理系OSよりも構造がシンプルなので、例えば発展途上国の技術者であっても、先進国の大手メーカーの協力を仰がなくても、独自に製品開発に利用できる。IEEEは、標準化によって、途上国でもトロンの利用が広がるだろうと予想している。


IoT学部を新設


INIAD校舎内部には約5000個のIoTデバイスが埋め込まれている。右の人物は壁パネルからタブレット端末で経路案内情報を読み取る坂村博士
INIAD校舎内部には約5000個のIoTデバイスが埋め込まれている。右の人物は壁パネルからタブレット端末で経路案内情報を読み取る坂村博士


赤羽台に新設された東洋大情報連携学部(INIAD)
赤羽台に新設された東洋大情報連携学部(INIAD)


 坂村博士がこれまでの研究人生で得たノウハウをつぎ込んだのが、東洋大学情報連携学部(INIAD・北区赤羽台に昨春新設された校舎の内部インテリアや設備のデザインは坂村博士が自ら手がけた。校舎には約5000個のIoTデバイスが埋め込まれ、設備はすべてがインターネットにつながる。キャンパス全体がIoTの教材になっているのだ。東大を退職した坂村博士はINIADの学部長に就任し、「IoTと人工知能を活用して起業する学生を育てたい」と意気込んでいる。



◇主な参考文献・資料

吉田典之「トロンが拓くユビキタスの世界」電波新聞社

坂村健「コンピューターがネットと出会ったら」角川学芸出版

坂村健「IoTとは何か」角川新書

坂村健「オープンIoT 考え方と実践」パーソナルメディア

「特集Tカーネル最新情報」トロンウェア167号、パーソナルメディア




プロフィル


芝田 裕一( しばた・ゆういち )

  読売新聞調査研究本部主任研究員。専門分野は科学、テクノロジー。ロンドン特派員、科学部次長を経て現職。地震災害対策や先端医療、ものづくりの技術など、科学技術分野の幅広いテーマに関心がある。「読売テクノフォーラム」と「ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム」を担当している。


2018年05月01日 07時00分 Copyright c The Yomiuri Shimbun


[PR]
# by kabu_kachan | 2018-05-17 09:52 | 科学 | Comments(0)