人気ブログランキング |

カテゴリ:科学( 21 )

日本人はアホ民族である(アラビア数字と科学革命)

日本人はアホ(サル)民族である。

いいかね、日本人諸君、
今現在、パソコンやスマホで何気なく
アラビア数字(0.1.2.3....)を使っているだろ。
このアラビア数字はインド人が発明したんだぜ。
アラビア世界を経由して中世ヨーロッパに
伝えられたんだぜ。

フィボナッチ数列で有名なレオナルド・フィボナッチが
アラビア数字を紹介している。

フィボナッチは、近代では主に次のような業績で知られている[3]。
●13世紀初頭に、『算盤の書』の出版を通じてアラビア数字のシステムをヨーロッパに導入した。
●自身で発見したわけではないが、『算盤の書』の中で例として紹介したことで、「フィボナッチ数列」に名前を残した[4]。


レオナルドはイタリアのピサで生まれた[5]。父親のグリエルモ(Guglielmo)はイタリア語で「単純」という意味のBonaccioというニックネームを持っていた。母親のアレッサンドラ(Alessandra)はレオナルドが9歳の時に亡くなっていた。レオナルドは、「Bonaccioの息子(filius Bonacci)」という意味のFibonacciという諡を贈られた[6]。

グリエルモは貿易商人の職を求めてムワッヒド朝(現・アルジェリア)のベジャイアに移住した。まだ少年だったレオナルドも父親を助けるために現地に赴き、そこでアラビア数字を学んだ。

レオナルドはアラビア数字の体系がローマ数字よりも単純でより効率的なことに気づき、当時のアラブの数学者の下で学ぶため、エジプト、シリア、ギリシア等を旅行した。1200年頃には帰国し、32歳になった1202年に、彼は自身の学んだことを「算盤の書(Liber Abaci)」にまとめ、ヨーロッパで出版した。


このあと、ローマ数字を使っていた
キリスト教世界観の中世ヨーロッパが
アラビア数字の使用により
変わっていくのである。
大きな数の計算も、小さな数(小数)の計算も
アラビア数字の位取りによって、素早く
正確に計算できるようになったからである。
日本にアラビア数字が入って来たのは
江戸時代かもしれないが、
日本人がアラビア数字を使いだしたのは
明治になってからなんだぜ。
西洋人より何百年遅れているのか考えろ。
「オ、オ、オレはサルだから考えられ~ん」だろ。

16世紀から17世紀にかけて、デカルトが
現れて、アラビア数字と文字を使った数式と
ゼロを含む座標を考案しただろ。
これをこのあと出現したアイザック・ニュートンが
盗み取って、ニュートン力学と微積分を
発明したわけだ。
Isaac Newton: His life and Work - Simon Schaffer 1983
https://www.youtube.com/watch?v=GvW_Y9sw6hk

そして世界史上の科学革命が起こったわけだ。
アラビア数字がなかったなら、
科学革命は起こらなかったんだぜ。

このときの日本は、織田信長や豊臣秀吉や
徳川家康が出てきて、サルのチャンバラごっこを
やってたんだぜ。
そしてこのあと、鎖国をやっただろ。
西ヨーロッパで科学革命が進行しているときに
日本は300年近くも鎖国をしてたんだぜ。
そしてペリーの黒船がやって来ただろ。
西洋の科学技術文明の象徴が
ペリーの黒船だったんだぜ。
ペリーは蒸気機関車の小型模型を持ってきて、
実際に動かして日本人に自慢しただろ。

すなわち、日本人の頭は科学の進歩に関して、
白人よりも300年遅れているんだぜ。
だから、科学史上の重要な発見や法則には
すべて白人の名前がついているだろ。
日本人の名前はひとつもない。
今の日本の科学技術は、すべて西洋の猿真似なんだぜ。
日本人は科学技術はすべて猿真似をすればいいと
思っているんだぜ。
猿真似をして、カネさえ儲かればいいと
思っているんだぜ。
このアホ猿民族め!
だから日本人の頭には、科学的精神が育たないんだぜ。
パソコンやスマホを最初に作ったのも
アメリカ人(白人)だろ。
Steve Jobs Unveils The Original iPhone - Macworld San Francisco 2007
https://www.youtube.com/watch?v=e7EfxMOElBE

NIKOLA TESLA documentary 2015 - BEST Documentary about TESLA !
https://www.youtube.com/watch?v=qpZL9WCvuTI

日本人よ、ニコラ・テスラを
超えれるかね?
「オ、オレはサルだから無理だぁ~~~!」

日本人がサルたる所以である。
自分がサルがやることをやっていることに
気がつかないんだよな。
「オ、オレはサルだから
 サルゲームしか興味がな~い」だろ。
こういうアホ政策(鎖国と猿真似)は、
日本人がアホ民族だからできたんだぜ。
サルはこの歴史を反省しないんだよな。
サルだからな。(笑)


すると、サルまる子ちゃんが出てきて、
「何~~~~~!」って言うんだよな。(笑)

ちなみに、ヒストリーチャンネルの「古代の宇宙人」で
日本特集をやってただろ。
神武天皇が古代の宇宙人とつながっているんだとさ。
笑わせるな。サルとつながっているだけさ。
だから日本人はサルがやることばかりやる。
この番組は日本人に人気があるから、
サルのご機嫌をとっているんだぜ。


おまけ!
Mary-Kate and Ashley season 8 switches
https://www.youtube.com/watch?v=6x_ETMypLjw
犬でも英語がわかるんだぜ。
サルにはわかんだろ。(笑)
「オ、オレはサルなのかぁ~~~~~?」


    • by kabu_kachan | 2019-07-06 21:48 | 科学 | Comments(0)

      アラビア数字の歴史(サルだからわからんだろ!)

      アラビア数字の歴史
      (サルだからわからんだろ?)

      ローマ数字からアラビア数字に換えたことは、
      古代世界から現代世界へビッグジャンプしたのと
      同じことだと言っているだろ。

      25017で
      一の位は 一が7個、
      十の位は 十が1個、
      百の位は 百が0個ある。☜ここ
      千の位は 千が5個、
      万の位は 万が2個ある。

      「百が0個ある」というのは、
      ゼロの概念を導入しているんだぜ。
      たとえば、ケーキが2個あるとするだろ。
      そのうちの1個を食べると、残りは1個。
      残りの1個を食べると、もう「ない」だろ。
      アラビア数字は違うんだぜ。
      じつは、まだ「0個」あるんだぜ。
      これをゼロの概念と言う。
      「0の存在を認める」と言うことである。

      いいかね、中世ヨーロッパに
      アラビア数字がもたらされたから、
      科学革命が起こったんだぜ。
      そしてこの科学革命によって、
      世界史上最強の科学技術文明を
      ヨーロッパ人(白人)が作り上げたわけだ。
      その科学技術文明の極みが原子爆弾だったわけだ。
      その科学技術の粋である原子爆弾を
      サルの国(日本)に落としたわけだ。
      白人から見れば日本人はサルなんだぜ。



      サル「オ…オ…オレはサルなのかぁ~~~~~?」

      記数法のかんたんな歴史 ― アレッサンドラ・キング
      https://www.youtube.com/watch?v=cZH0YnFpjwU

      The Hindu-Arabic number system | Elementary Mathematics (K-6) Explained 4 | NJ Wildberger
      https://www.youtube.com/watch?v=y6oS7zE71Dw


      Arabic numerals, also called Hindu–Arabic numerals,[1][2] are the ten digits: 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9. The term often implies a number written in the Hindu–Arabic numeral system[3] (where the position of a digit indicates the power of 10 to multiply it by), the most common system for the symbolic representation of numbers in the world today. However, it can also refer to the digits themselves, such as in the statement "octal numbers are written using Arabic numerals."

      The Hindu-Arabic numeral system was developed by Indian mathematicians around AD 500.[3] From India, the system was adopted by Arabic mathematicians in Baghdad and passed on to the Arabs farther west. The current form of the numerals developed in North Africa. It was in the North African city of Bejaia that the Italian scholar Fibonacci first encountered the numerals; his work was crucial in making them known throughout Europe. European trade, books, and colonialism helped popularize the adoption of Arabic numerals around the world.

      The term Arabic numerals is ambiguous, it may also be intended to mean the numerals used by Arabs, in which case it generally refers to the Eastern Arabic numerals. Although the phrase "Arabic numeral" is frequently capitalized, it is sometimes written in lower case: for instance in its entry in the Oxford English Dictionary,[4] which helps to distinguish it from "Arabic numerals" as the Eastern Arabic numerals.

      Other alternative names are Western Arabic numerals, Western numerals, Hindu numerals, and Unicode calls them digits.[5]

      Origins[edit]

      Main article: History of the Hindu-Arabic numeral system


      The numeral "zero" as it appears in two numbers (50 and 270) in an inscription in Gwalior. Dated to the 9th century.[6][7]
      The decimal Hindu-Arabic numeral system with zero was developed in India by around AD 700.[8] The development was gradual, spanning several centuries, but the decisive step was probably provided by Brahmagupta's formulation of zero as a number in AD 628. The system was revolutionary by including zero in positional notation, thereby limiting the number of individual digits to ten. It is considered an important milestone in the development of mathematics. One may distinguish between this positional system, which is identical throughout the family, and the precise glyphs used to write the numerals, which varied regionally.


      The numerals used in the Bakhshali manuscript, dated to sometime between the 3rd and 7th century AD.


      Modern-day Arab telephone keypad with two forms of Arabic numerals: Western Arabic numerals on the left and Eastern Arabic numerals on the right
      The numeral system came to be known to the court of Baghdad, where mathematicians such as the Persian Al-Khwarizmi, whose book On the Calculation with Hindu Numerals was written about 825 in Arabic, and the Arab mathematician Al-Kindi, who wrote four volumes, On the Use of the Indian Numerals (Ketab fi Isti'mal al-'Adad al-Hindi) about 830, propagated it in the Arab world. Their work was principally responsible for the diffusion of the Indian system of numeration in the Middle East and the West.[9]

      In the 10th century, Middle-Eastern mathematicians extended the decimal numeral system to include fractions, as recorded in a treatise by Syrian mathematician Abu'l-Hasan al-Uqlidisi in 952-953. The decimal point notation was introduced by Sind ibn Ali, who also wrote the earliest treatise on Arabic numerals.

      Origin of the Arabic numeral symbols[edit]

      According to Al-Beruni, there were multiple forms of numerals in use in India, and "Arabs chose among them what appeared to them most useful".[10] Al-Nasawi wrote in the early eleventh century that the mathematicians had not agreed on the form of numerals, but most of them had agreed to train themselves with the forms now known as Eastern Arabic numerals.[11] The oldest specimens of the written numerals available from Egypt in 260 A.H. (873-874 CE) show three forms of the numeral "2" and two forms of the numeral "3", and these variations indicate the divergence between what later became known as the Eastern Arabic numerals and the (Western) Arabic numerals.[12]

      Calculations were originally performed using a dust board (takht, Latin: tabula) which involved writing symbols with a stylus and erasing them as part of calculations. Al-Uqlidisi then invented a system of calculations with ink and paper "without board and erasing" (bi-ghayr takht wa-l- ma-w bal bi-daw-t wa-qir-s).[13] The use of the dust board appears to have introduced a divergence in terminology as well: whereas the Hindu reckoning was called -is-b al-hind- in the east, it was called -is-b al-ghub-r in the west (literally, "calculation with dust").[14] The numerals themselves were referred to in the west as ashk-l al‐ghub-r (dust figures, in Ibn al-Y-samin) or qalam al-ghubar (dust letters).[15]

      The western Arabic variants of the symbols came to be used in Maghreb and Al-Andalus, which are the direct ancestor of the modern "Arabic numerals" used throughout the world.[16] The divergence in the terminology has led some scholars to propose that the Western Arabic numerals had a separate origin in the so-called "ghub-r numerals" but the available evidence indicates no separate origin.[17] Woepecke has also proposed that the Western Arabic numerals were already in use in Spain before the arrival of the Moors, purportedly received via Alexandria, but this theory is not accepted by scholars.[18][19][20]

      Some popular myths have argued that the original forms of these symbols indicated their numeric value through the number of angles they contained, but no evidence exists of any such origin.[21]


      Adoption in Europe[edit]

      Evolution of Indian numerals into Arabic numerals and their adoption in Europe

      Woodcut showing the 16th century astronomical clock of Uppsala Cathedral, with two clockfaces, one with Arabic and one with Roman numerals.

      A German manuscript page teaching use of Arabic numerals (Talhoffer Thott, 1459). At this time, knowledge of the numerals was still widely seen as esoteric, and Talhoffer presents them with the Hebrew alphabet and astrology.

      Late 18th-century French revolutionary "decimal" clockface.
      In 825 Al-Khw-rizm- wrote a treatise in Arabic, On the Calculation with Hindu Numerals,[22] which survives only as the 12th-century Latin translation, Algoritmi de numero Indorum.[23][24] Algoritmi, the translator's rendition of the author's name, gave rise to the word algorithm.[25]

      The first mentions of the numerals in the West are found in the Codex Vigilanus of 976.[26]

      From the 980s, Gerbert of Aurillac (later, Pope Sylvester II) used his position to spread knowledge of the numerals in Europe. Gerbert studied in Barcelona in his youth. He was known to have requested mathematical treatises concerning the astrolabe from Lupitus of Barcelona after he had returned to France.

      Leonardo Fibonacci (Leonardo of Pisa), a mathematician born in the Republic of Pisa who had studied in Bejaia (Bougie), Algeria, promoted the Indian numeral system in Europe with his 1202 book Liber Abaci:


      When my father, who had been appointed by his country as public notary in the customs at Bugia acting for the Pisan merchants going there, was in charge, he summoned me to him while I was still a child, and having an eye to usefulness and future convenience, desired me to stay there and receive instruction in the school of accounting. There, when I had been introduced to the art of the Indians' nine symbols through remarkable teaching, knowledge of the art very soon pleased me above all else and I came to understand it.

      The numerals are arranged with their lowest value digit to the right, with higher value positions added to the left. This arrangement is the same in Arabic as well as the Indo-European languages.

      The reason the digits are more commonly known as "Arabic numerals" in Europe and the Americas is that they were introduced to Europe in the 10th century by Arabic-speakers of North Africa, who were then using the digits from Libya to Morocco. Arabs, on the other hand, call the base-10 system (not just these digits) "Hindu numerals",[27][28] referring to their origin in India. This is not to be confused with what the Arabs call the "Hindi numerals", namely the Eastern Arabic numerals used in the Middle East, or any of the numerals currently used in Indian languages (e.g. Devanagari:).[21]

      The European acceptance of the numerals was accelerated by the invention of the printing press, and they became widely known during the 15th century. Early evidence of their use in Britain includes: an equal hour horary quadrant from 1396,[29] in England, a 1445 inscription on the tower of Heathfield Church, Sussex; a 1448 inscription on a wooden lych-gate of Bray Church, Berkshire; and a 1487 inscription on the belfry door at Piddletrenthide church, Dorset; and in Scotland a 1470 inscription on the tomb of the first Earl of Huntly in Elgin Cathedral. (See G.F. Hill, The Development of Arabic Numerals in Europe for more examples.) In central Europe, the King of Hungary Ladislaus the Posthumous, started the use of Arabic numerals, which appear for the first time in a royal document of 1456.[30] By the mid-16th century, they were in common use in most of Europe.[31] Roman numerals remained in use mostly for the notation of anno Domini years, and for numbers on clockfaces.

      Today, Roman numerals are still used for enumeration of lists (as an alternative to alphabetical enumeration), for sequential volumes, to differentiate monarchs or family members with the same first names, and (in lower case) to number pages in prefatory material in books.

      Adoption in Russia[edit]

      Cyrillic numerals were a numbering system derived from the Cyrillic alphabet, used by South and East Slavic peoples. The system was used in Russia as late as the early 18th century when Peter the Great replaced it with Arabic numerals.




      by kabu_kachan | 2019-07-05 21:54 | 科学 | Comments(0)

      日本人は頭が進化することの意味を知らない

      日本人諸君、
      幕末に、ペリーの黒船がやって来た時に
      大騒ぎをしただろ。
      なぜこのとき、
      「我々日本人はすでに黒船を持っている」
      「大砲も持っている」
      「蒸気機関車も持っている」
      と言えなかったのかね?

      実際に持っていなかったからだろ。
      これは長い間の江戸時代の鎖国が
      原因とも考えられる。

      しかしその後、現代に至るまで
      同じことの繰り返しではないか。

      たとえば、自動車や飛行機も
      アメリカからやって来ただろ。

      ラジオやテレビや冷蔵庫も
      アメリカからやって来ただろ。

      現在では、パソコンやスマホも
      アメリカからやって来ているんだぜ。

      どうやら日本人には
      科学の才能がないようだ。

      おそらく、日本語は科学に
      向いていないのかもしれない。

      日本語で科学を考えるのには
      限界があるんだぜ。
      だからいつもアメリカ(英語)に
      先を越されるんだぜ。

      英語で科学を考える方が、
      より優れた発想が出るんだぜ。

      すなわち、英語の方が日本語より
      進化した言語なんだぜ。

      いいかね、漢字を覚えると
      頭は退化するんだぜ。
      常にイメージが曖昧になる。
      日本の歴史上、
      一番頭が退化した偉人が
      空海なんだぜ。
      漢字を覚えると頭が退化するんだぜ。
      だから、中国も漢字を簡略化したんだぜ。
      漢字に言霊があると考えているのは
      日本人だけなんだぜ。
      漢字で妄想の世界を作り上げて
      その妄想の世界に閉じこもっているんだぜ。

      いいかね、漢字で退化した頭の空海には
      プログラミング言語は作れないだろ。
      しかし、アメリカ人はみんな
      プログラミング言語を作るんだぜ。
           ☟

      A hands-on introduction to Python for beginning programmers
      https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A

      英語は音の言語であるから、
      音の世界だけで考えるんだぜ。
      その方が科学的イメージを
      構築しやすいんだぜ。

      いいかね、
      アメリカ人は漢字を一字も知らなくても
      パソコンやスマホやOSを作るんだぜ。
      それなら、漢字はなくてもいいじゃないか。

      スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツは
      漢字を一字も知らないんだぜ。
      科学の進歩と漢字は全く関係がないんだぜ。
      だから、漢字を覚えることは頭を退化させるんだぜ。
           ☟
      Interview Steve Jobs and Bill Gates by Kara Swisher and Walt Mossberg at D5 Conference 2007.avi
      https://www.youtube.com/watch?v=-LUGU0xprUo

      Documentary : Top 10 equations that changed the world | 1080p
      https://www.youtube.com/watch?v=0K-t090uvL4


      日本人の頭を進化させる唯一の方法は、
      日本の国語を英語にすることである。
      五千円札を津田梅子にしたのは、
      日本の国語を英語にしようという意図が
      隠されているんだぜ。


      NHK WORLD - JAPAN という
      英語のテレビ番組があるだろ。
      この番組で、日本の伝統文化や
      日本人の考え方を英語で説明しているだろ。

      日本語を英語に切り替えても
      何も問題はないんだぜ。

      すなわち、日本語は消滅するのである。


      ここで一句。

      日本人 漢字を覚えて 退化猿


      おまけ!

      What Happened On the Moon? - Analysis of the Lunar Photography
      https://www.youtube.com/watch?v=yo5w0pm24ic

      What Happened On the Moon? Part 2 - Environmental Dangers & The Trouble with Rockets
      https://www.youtube.com/watch?v=MalYSn_qIU4

      CNN town hall in wake of Florida school shooting
      https://www.youtube.com/watch?v=ZaLh74eXTDo

      Ingrid Bergman interview - 1973
      https://www.youtube.com/watch?v=OIE4KGFLGQE

      by kabu_kachan | 2019-06-04 05:16 | 科学 | Comments(2)

      ニコラ・テスラ(20世紀最大の発明家・科学者)

      ニコラ・テスラ(エジソンを超えた発明家・科学者)

      いいかね、日本人諸君、
      頭が進化した人物とは
      ニコラ・テスラのことをいうんだぜ。

      NIKOLA TESLA documentary 2015 - BEST Documentary about TESLA !
      https://www.youtube.com/watch?v=qpZL9WCvuTI

      Free energy of Tesla. Film (Dubbed into English).
      https://www.youtube.com/watch?v=ecni9SjkWoM

      Nikola Tesla vs Thomas Edison EPIC NEW Documentary 2015 HD
      https://www.youtube.com/watch?v=Cidg4Xfpjmc

      テスラ・コードに隠された秘密が、ついに明らかに!
      https://www.youtube.com/watch?v=GnEWOYKgI4o

      Nikola Tesla Code Secrets/3,6,9? How To Manifest Anything You Want-The Secret-Wealth/Success/Job etc
      https://www.youtube.com/watch?v=xw3iTtVhDps

      Nikola Tesla: The Greatest Humanitarian & Most Dangerous Man
      https://www.youtube.com/watch?v=vqBMTkA5c0w


      And here's a playlist with all of our Nikola Tesla videos: https://www.youtube.com/playlist?list=PLYwn70uGLQO1tEpKsOFkumDGr188H1LcC



      いいかね、日本人諸君、
      トランプ大統領が日本の相撲を
      観戦するそうだが、

      ニコラ・テスラから見れば、
      日本の相撲は、
      アホ同士のサル相撲なんだぜ。
      いくら相撲をやっても
      頭は進化しないんだぜ。
      いくら剣を振り回しても
      頭は進化しないんだぜ。
      いくら囲碁や将棋をやっても
      頭は進化しないんだぜ。

      ニッポンの 伝統文化は サル文化

      なんだぜ。

      ニコラ・テスラを超えることを
      頭が進化すると言うんだぜ。

      ニコラ・テスラはもともと
      アメリカ人ではないだろ。
      現在のクロアチアで生まれている。

      いいかね、現在、世界中の学校で
      英語は教えられているだろ。
      おそらく、英語を教えていない学校はない。
      世界中の人々は、英語の You Tube で
      英語を学べるわけだ。
      遅かれ早かれ、世界中の人々は
      英語を話すようになる。

      これを時代の潮流と言う。
      インターネットによる英語支配である。


      テスラVSエジソン ~「電流戦争」勃発

       テスラは交流モーターのアイデアをエジソンに見てもらおうと考え、一八八四年に持ち物を売り払って渡航費用を工面し、アメリカ・ニューヨークのエジソン社に向かった。

       電気技師として採用されたテスラは、エジソンに交流モーターを提案したものの、完全に無視されてしまう。エジソンは自分ができなかった交流モーターを、ヨーロッパの片田舎から出てきた若造に作れるはずがないと決めつけていたし、その可能性を検討している時間的な余裕もなかった。白熱電球を売るためには、一刻も早い電力供給システムの整備が必要であったため、すでに技術が確立されていた直流システムに固執したのだ。

       エジソンに失望したテスラは、一八八五年にエジソン社を辞めて、自分の会社を設立する。ところが、資金不足からすぐに倒産し、日雇い労働者となったこともあった。

       悪戦苦闘を続けるテスラに、強力な援軍が現れる。著名な発明家で豊富な資金を持つジョージ・ウェスティングハウスだ。 ウェスティングハウスの資金援助を得たテスラは、発電機や変圧器など交流システム全体を一気に開発し、エジソンの直流システムに戦いを挑んだ。電流システムの覇権を争う「電流戦争」が始まったのである。

      エジソンの「動物実験」

       先行していたのはエジソンの直流システムだ。テスラが交流システムの構築に乗り出した一八八七年には五十七カ所もの発電所を造り、数十万個の電灯を灯すまでになっていた。

       しかし、直流システムの根本的な弱点は克服されていなかった。テスラ=ウェスティングハウス陣営の交流システムは、遠距離送電が可能という優位性を前面に出して、直流システムの牙城を崩し始めた。慌てたのはエジソンだ。交流システムに覇権を奪われれば、直流システムの投資が水の泡となり、ビジネス上の大打撃となる。

       エジソンは交流システムに対する、徹底したネガティブキャンペーンを始める。交流システムの最大の特徴は高圧送電にあるため、その危険性を強調しようとしたのだ。

       エジソンが行ったのは「動物実験」であった。交流システムで一千ボルトの高圧電流を発生させ、生きた犬や猫を人々の目の前で感電死させて、恐怖心を植え付けようとしたのだ。

       エスカレートしたエジソンの「動物実験」は、人間にまで及んだ。


      by kabu_kachan | 2019-05-25 17:31 | 科学 | Comments(0)

      世界史上における科学革命の意義とは何か

      世界史上の科学革命の意義とは何か?

      私は科学者ではないので、厳密な意味は
      よくわからないが、
      たとえば、アインシュタインが数式を使って
      相対性理論を考えているだろ。

      この数式はデカルトが考案したものだろ。
      相対性理論の基礎となっている考えは
      ニュートン力学だろ。
      二次元にせよ、三次元空間にせよ、
      座標を使って考えているだろ。
      この座標を考案したのもデカルトだろ。

      17世紀の科学革命がなかったら、
      蒸気機関車は作れなかっただろ。

      いいかね、日本人諸君、
      長州ファイブが幕末に
      イギリスに密航して見た蒸気機関車は、
      世界史上における科学革命の産物だったんだぜ。
           ☟

      最高の映画「長州ファイブ」- 映画2016
      https://www.youtube.com/watch?v=nht9fODQk3o


      科学革命(かがくかくめい)と和訳される概念には、次の2つがある。
      1.「科学革命」(英語: Scientific Revolution)とは、歴史学者ハーバート・バターフィールドが1949年に考案した時代区分の名称で、ニコラウス・コペルニクス、ヨハネス・ケプラー、ガリレオ・ガリレイ、アイザック・ニュートンらによる科学の大きな変革と、科学哲学上の変化を称する。しばしば「17世紀科学革命」と呼称される。

      Introduction to the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=rQ2dSTQwJo8

      Copernicus and Galileo: A Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=y-XiG8S4o_A

      The Scientific Revolution and the Age of Enlightenment | World History | Khan Academy
      https://www.youtube.com/watch?v=7vL4-Ophj5s

      God, Math and the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=dImo6IsGpMc

      Christianity - God and the Scientists
      https://www.youtube.com/watch?v=UcZ44kQphlo

      Theories that changed the world | 2017 Documentary HD
      https://www.youtube.com/watch?v=nQ9pPIQS1xM

      2.「科学革命」(英語: scientific revolution)とは、トマス・クーンが1.の「科学革命」を拡張した概念で、いわゆる「パラダイム転換」一般を指す。


      しかし、この2者の「科学革命」という言葉の意味綴りには大きな違いがある。

      バターフィールドの科学革命[編集]

      イギリスの科学史家H.バターフィールドが提唱した「科学革命」(英語: Scientific Revolution)は、歴史上ただ1回、主に17世紀に生じた科学の大規模な変革を指す固有名詞である[1]。バターフィールドは、1949年の著作『近代科学の誕生』The Origins of Modern Science において、近代を画する時代区分点として、従来のルネサンス宗教改革よりも、17世紀近代科学の成立という事象をあて、これを産業革命にならって「科学革命」と呼称した[2]

      バターフィールドには、従来の歴史観があまりにもヨーロッパ中心的であり、歴史の実情からは遠いという反省があった[3]。彼は、17世紀に近代科学が出現するまでのヨーロッパ文明は、世界史の中で必ずしも指導的な立場にはなかったという論点に立ったのである[4]

      この時期に起こった明確な科学の変革はまず、従来の宇宙体系の変革にあった。それ以前の天動説に立った宇宙観が捨てられ、地動説への転換がなされたのである。これにもとづけば、科学革命の中心的な担い手はポーランドのコペルニクス、ドイツのケプラー、イタリアのガリレイ、イングランドのニュートンの4名であった[2]。地動説は、単に惑星位置の計算方法の変更にとどまらず、当時の宇宙観そのものの転換に大きな影響を与えた。また、ガリレイによる自由落下運動の法則などの力学的な発見は、従来の目的論的自然観(物体がそれぞれの目的に向かって運動するというアリストテレス的な自然観)に変更をせまるものであり、万有引力の発見などをはじめとするニュートン力学の発表は、近代的な機械論的自然観の提唱につながり、また、これまで地上のものと天上のものとを二分してきたキリスト教的世界観をくつがえした一方、多くの技術革新を導き、18世紀における蒸気機関の開発、さらには産業革命へとつながった。

      誰にでも再現可能な方法、すなわち実験観察によって自説の正しさを証明するという方法が採用されはじめたのもまた、この時代からであった。それ以前は、経験知を軽視して純論理的な哲学的真理が追究され、科学的な証明方法は充分に確立されていなかった。ガリレイは、その著作のなかで実際にを転がし、振り子を往復させた結果を記述し、読者に再現可能な実験の方法と結果を提示することによって自説の正しさを証明した。また、ケプラーはルドルフ星表を作り、天動説よりも地動説の方が、より精密に惑星の運行を計算できることを明示した。これらの手法は哲学にも大きな影響を与え、科学哲学の成立を促した。

      バターフィールドは、『近代科学の誕生』のなかで「この革命(科学革命)は近代世界と近代精神の真の生みの親として大きく浮かび上がってきた」と述べ、科学革命の意義と歴史的重要性を説いたのである[2]

      Calculus -- The Foundation of Modern Science | documentary national geographic,
      https://www.youtube.com/watch?v=5VLzD33_yyQ

      Newton versus Leibniz: Who Invented Calculus? - Tony Weathers - April 30, 2015
      https://www.youtube.com/watch?v=xhm4AKTrT-Y

      The Scientific Revolution in Europe
      https://www.youtube.com/watch?v=GjdeTfp69y8


      いいかね、日本人諸君、
      現在、パソコンの世界では、
      アラビア数字(0123…)は
      なくてはならないものだろ。
      このゼロの概念を持つ0や123…などの
      アラビア数字は、インド人が発明したんだぜ。
      アラビア世界を経由して西ヨーロッパに
      伝わったから、ヨーロッパ人はアラビア数字と
      呼んだんだぜ。
      これが第一次科学革命である。

      そして上記で述べたように、
      16世紀から17世紀に起こった科学革命を
      第二次科学革命と言う。
      いいかね、日本人諸君、
      アラビア数字(第一次科学革命)がなかったなら、
      第二次科学革命は起こらなかったんだぜ。


      そして今現在、
      コンピューター(パソコン)の中で
      アラビア数字と英語を合体させて
      英語思考でコンピューターを動かし、
      操作する革命が起きているんだぜ。
      これを第三次科学革命と言う。

      第一次科学革命と第二次科学革命がなかったなら、
      第三次科学革命は起こらなかったんだぜ。

      プログラミング言語と製作者の一覧
      https://kabukachan.exblog.jp/29692400/

      A hands-on introduction to Python for beginning programmers
      https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A



      おまけ!

      NIKOLA TESLA documentary 2015 - BEST Documentary about TESLA !
      https://www.youtube.com/watch?v=qpZL9WCvuTI

      (Official Movie) THRIVE: What On Earth Will It Take?
      https://www.youtube.com/watch?v=lEV5AFFcZ-s



      ここで一句。

      サルは皆 進化の意味が わからない

      進化した 頭が世界を 支配する

      科学とは 世界支配の 道具なり




      by kabu_kachan | 2019-04-29 04:19 | 科学 | Comments(0)

      数字「0」の発明と科学革命(人類史上の革命)

      いいかね、日本人諸君、
      人類の歴史を考えられるかね?
      サルだから無理だろ!(笑)
      人類の歴史も考えられないようでは
      サルなんだぜ。
      サルは人類の歴史を考えないだろ。
      サルは生きている価値がないんだぜ!
      サルの国で新たなサルを育てても
      何の意味もないんだぜ。


      人類はゼロの概念を取り入れた数字を発明して、
      16世紀から17世紀に科学革命が起きただろ。

      Introduction to the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=rQ2dSTQwJo8

      アイザック・ニュートンが生きていたのが
      1642年から1727年だぜ。
      彼はケンブリッジ大学を出ているんだぜ。
      江戸時代の日本にケンブリッジ大学に匹敵する
      大学があったかね?
      日本の学問はサルの学問なんだぜ。(笑)
      日本の歴史はサルの歴史なんだぜ。(笑)

      ルネ・デカルトが生きていたのが
      1596年から1650年だぜ。

      Descartes' Meditations on First Philosophy
      https://www.youtube.com/watch?v=LBMkygpM5Eo

      このとき、日本人は何をやってた?
      チャンバラごっこによる天下取りと、
      キリスト教の禁止と鎖国だろ。

      サルは皆 サルの世界に 閉じ籠る

      そう言えば、
      豊臣秀吉は若いとき
      サルって言われてたよな。(笑)

      このとき、日本人が閉じ籠ったことが
      現在の日本人の運命を決めているんだぜ。

      大英帝国と日本の鎖国
      https://kabukachan.exblog.jp/30095198/

      日本人は頭を進化させる方法を
      知らないんだぜ。(方法序説)
      サルだからな。(笑)
      PHILOSOPHY - René Descartes
      https://www.youtube.com/watch?v=CAjWUrwvxs4

      サルは頭を進化させる方法を知らないだろ。

      日本語は 世界の中の サル言語

      日本人と日本語は消滅する運命にあるんだぜ。

      Isaac Newton: His life and Work - Simon Schaffer
      https://www.youtube.com/watch?v=GvW_Y9sw6hk

      デカルトは見出した法則を数学的に定式化せず、また実験的検証を欠いたことで法則の具体的な値にも誤謬が多い。そのために科学史の上ではガリレイニュートンの間で、独断論に陥った例として取り上げられることが多かった。しかし今日ではニュートンはデカルトの『哲学の原理』を熱心に読んでいたことが科学史家ヘリヴェルの研究によって明らかにされるなど、その位置付けが見直されている[5]

      数学[編集]

      2つの実数によって平面上の点の位置(座標)を表すという方法は、デカルトによって発明され、『方法序説』の中で初めて用いられた。この座標はデカルト座標と呼ばれ、デカルト座標の入った平面をデカルト平面という。デカルト座標、デカルト平面によって、後の解析幾何学の発展の基礎が築かれた。座標という考え方は今日、小学校の算数で教えられるほど一般的なものとなっている。

      また、今日、数式の表記でアルファベットの最初の方(a,b,c,…)を定数に、最後の方(…,x,y,z)に未知数をあて、ある量(例えばx)の係数を左に(2x)、冪数を右に()に書く表記法はデカルトが始めた。


      そして現在、世界的なインターネット革命が
      起きているんだぜ。

      このインターネットは、
      英語と数字をコンピューター(科学の産物)で
      合体させているんだぜ。
          ☟
      A hands-on introduction to Python for beginning programmers
      https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A



      数字「0」の発明と科学革命

      Amir Aczel: "Finding Zero" | Talks At Google
      https://www.youtube.com/watch?v=7ebTK02bap0

      Invention Of Zero - The Dr. Binocs Show
      https://www.youtube.com/watch?v=tALP1YGoF3I

      The History of Zero - Discovery of the Number 0 by Ancient India
      https://www.youtube.com/watch?v=LQEuywkWa2U

      1 The Story of Numbers (0 and 1) Indian Numerals or Arabic?
      https://www.youtube.com/watch?v=gulApUKih2w

      History of Zero: An Innovation in Nothingness by Camden Raines
      https://www.youtube.com/watch?v=bXdmc-5-DiA


      世界標準の言語は英語だけど、世界標準の数字は『アラビア数字』

      単に「数字」といえば、通常はこの「アラビア数字」を指す。


      数字は私たちがよく使うアラビア数字(1,2,3,・・・)の他にも、ローマ数字や漢数字などいろいろあります。


      出典
      なぜ文字は世界共通ではないのに、数字は共通なのでしょうか? - 他の方が... - Yahoo!知恵袋


      数を表す記号にはさまざまなものがありますが、世界中でもっとも利用されているのが私たちもよく知っている「アラビア数字」です。


      現在、世界的に最も使用されている数字は、言うまでもなくアラビア数字である。(0.1.2.3...)


      出典
      播州そろばん


      「英語が世界標準語」であることと同じくらい──いやそれ以上に、この「アラビア数字」は世界標準の数字として定着していると実感しているはずです。


      そうなるまでには、いろんな変遷がありました。
      メソポタミア、エジプト、黄河、インダス文明など、それぞれの時代や地域でそれぞれの数字が発明され、その地域で進化していきました。



      数字はアラビア数字や、比較的知られているローマ数字だけでなく、世界各地で色々な数字が存在していました。



      世界各地の数字=数を表す文字。

      私たちに馴染み深いものとしては、
      一番上の「アラビア数字」
      上から二番目「漢数字」
      下から二番目「ローマ数字」
      が挙げられます。


      実はインド発祥だった『アラビア数字』


      インド最古の数字はブラーフミー数字であるが、この時はまだ位取り記数法ではなく、0 の数字が無かった。おそらく6世紀までに 0 が発明され、デーヴァナーガリー数字となり、これが四方に伝わっていった。


      出典
      アラビア数字 - Wikipedia


      インドで発明された“アラビア数字”の原型が各地に伝わった最大の理由として、「ゼロの概念」の発見があります。(詳しくは後述)


      ゼロを発見したインド、そしてインド数字はアラビア数字となり、現在使われている数字となったこと。
      負の数や方程式の計算を発展させたのもインドの人々です。


      出典
      数から数学へ


      イスラムで発達した数学が西洋につたわり
      西洋科学の基礎になりました。
      そこから世界に広まりました。


      出典
      どうしてアラビア数字は世界共通になったんですか? - インド数字ですよ。... - Yahoo!知恵袋

      なお、算用数字は一般に「アラビア数字」とも呼ばれるがアラビアで用いられている数字(ヒンディー数字)とは異なっている(ただし「ヒンディー数字」はインドで用いられている数字とも異なるものである)。


      出典
      アラビア数学 - Wikipedia


      当時のイスラム圏が学術的に中世ヨーロッパより上だったというのも、この意味においては間違いありません。


      出典
      ゼロの概念を簡単に説明してください。 - インド史を勉強している... - Yahoo!知恵袋


      「数」を「数学」にした天才、

      フワーリズミー

      アル・フワーリズミー


      出典
      fthmb.tqn.com


      アル・フワーリズミー


      al-Khuw-rizm-

      9世紀前半にアッバース朝時代のバグダードで
      活躍したイスラムの科学者/数学者。

      インド起源ゼロの概念を初めて用いたことで知られ、
      その著書『代数学』は、後にラテン語に翻訳されて
      ヨーロッパに伝えられ、教科書とされた。


      西暦780年ごろに現在のウズベキスタンで生まれた
      アル‐フワーリズミーは,
      「アラビア数学の偉大な英雄」と呼ばれています。


      出典
      アル‐フワーリズミー 代数の父 | 歴史のひとこま


      アル・フワーリズミーは、彼の書物の中で2次方程式に2つの根があることを述べています。
      また、方程式における未知数を、「shay'」(シャイ=とあるもの)という単語で示すことを述べています。


      出典
      数から数学へ

      彼の著作がヨーロッパに伝えられる段階で、
      「x」を「sh(シ)」と読むスペイン語を通過する際に、
      shay'の「s」が「x」に置き換えられたといいます。
      われわれが未知数を「X」と呼ぶようになるには、
      このような背景があるとされています。



      ★数学である種の問題を解くための計算の手順、
      方法を意味するアルゴリズムという用語は
      このアル=フワーリズミーに由来する。

      Bill Gates Harvard Commencement Address 2007
      https://www.youtube.com/watch?v=zPx5N6Lh3sw


      出典
      フワーリズミー


      アラビア数字が世界標準になった理由は「ゼロの概念」の存在


      アラビア数字が世界標準になった理由──

      それは、数字としての「ゼロの概念」の存在にありました。


      数字の表記においては、空位を示す「0」の存在が、その簡明さと実用性において、極めて重要な役割を果たしている。


      出典
      意外と知らない「ゼロ」の持つ意味と概念

      アラビア数字が世界に広まった鍵となっているのは、極めて優れていた「ゼロの概念」の存在です。


      最大の特徴は、ローマ数字や漢数字と違い、ゼロ記号があることで、このゼロの概念はインドからイスラーム世界に伝えられたとされる。


      出典
      アラビア数字


      7世紀(紀元628年)に、数学者・天文学者であるブラーマグプタが、その天文に関する著書「Brahmasphuta Siddhanta」(宇宙の始まり)において、「0(ゼロ)と他の整数との加減乗除」について論じ、0/0を0と定義した以外は全て現在と同じ定義を用いた。これが、「数としてのゼロ」、即ち「数学的演算の対象として、初めて0(ゼロ)を取り扱った」形になっている。


      出典
      意外と知らない「ゼロ」の持つ意味と概念


      「無」を意味するゼロの定義が確立されたことが、その後の数学の発展に非常に大きな影響を与えているのです。


      インドは「無」や「空」といった概念を深めたヒンズー教・仏教の国であり、数学やITに強い国として知られる。その源泉は抽象化力にある。1個のリンゴを食べてしまえば、なくなる。ないものは数える必要がない。しかしインド人はリンゴの存在を抽象化して、「リンゴが0個ある」と考えた。


      出典
      www.booksfact.com

      インドでは数える必要のない「何もないもの」を「ゼロ」と表現しました。

      そして、これが数学の大いなる発展の礎となるのです。

      画像は数字としての「ゼロ」の用例が記された世界最古の数学書『バクシャーリー写本』(Bakhshali, 3~4世紀頃)。

      ゼロ記号を用いたアラビア数字を用いることによって、フワーリズミーに代表されるアラビアの数学は世界の中で最も早く発展した。


      出典
      アラビア数字


      インドで使われるようになった「ゼロの概念」は、便利な記数法としてアラビア人の手をへて十字軍やイベリア半島でヨーロッパに伝えられ、それまでのローマ数字の記数法に代わって「アラビア数字」として用いられるようになった。


      出典
      ゼロの概念


      例えば、「2,704」というような数字を表現することを考えてみると、これを「ローマ数字」で表すと、「MMDCCIV)(M=1,000、D=500、C=100、IV=4)となる。

      ローマ数字は、「0」を表す表記を持たず、その一般的なルールに従った場合、4,000以上の値を表現できないが、アラビア数字では、「0」を用いることによって、どんな大きな数字も簡単に表現できる。


      たとえば、百の位が欠けていることを表すのに、1 34と空位をあけておくだけにすると、最初の1がなんの位かはっきりせず、誤るおそれがある。そこで、空位をはっきりと表す記号として0を考え、それを使うことにすると、1034のように紛れがなくなる。このように、位取り記数法には空位を表す0が必要不可欠である。


      位取り記数法のおかげで、アラビア数字は爆発的に世界中に広まったんだ。


      「ゼロの概念」そして「位取り技法」が、他の数字にはないアラビア数字独特の優れた点だったのです。


      インド発祥なのに何故「アラビア数字」なのか


      インド起源の数字にもかかわらず「アラビア数字」と呼ぶのは、アラビアからヨーロッパへ伝わりそこで"Arabic numerals"と命名されたことによる。


      出典
      アラビア数字 - Wikipedia


      出典
      ja.wikipedia.org


      『コデクス・ウィギラヌス』(Codex Vigilanus, 976年)に現れるインド数字。


      西欧人もアラブ人から数学を学ぶうち、アラブ人の使っていた数字がローマ数字より便利であることに気が付き、その数字を取り入れました。


      出典
      国際的な共通語は英語ですが、数字は何故アラビア数字なのですか? - 簡... - Yahoo!知恵袋


      前述のように「ゼロ」を表す文字があったため、計算する上で非常に便利でした。


      アラブ人が使っていた数字なので、その新しい数字は「アラビア数字」と呼ばれました。
      その後西洋の数学が世界に広まり、「アラビア数字」も世界で使われるようになりました。


      1.インドで1世紀頃使われ始めた(0を除く)
      2.9世紀以前に0が発明される
      3.ペルシア経由で(ヨーロッパから見れば「アラビア」)10世紀ごろヨーロッパへ伝わるが、あまり使われず
      4.17世紀頃にやっと一般化する


      出典
      なぜ十進法が採用されたのか -現在 世界共通で使用されている数字(0~9- 歴史学 | 教えて!goo


      アラビア数字のアジア・日本への伝来


      中国には718年に瞿曇悉達により紹介されたが、中国ではすでに紀元前から十進法の算木が使われており、筆算より計算が速かったため、インド数字が定着することはなかった。


      出典
      アラビア数字 - Wikipedia

      漢数字の〇はそれより遅れて南宋の時代に現れた。漢字文化圏でヨーロッパのアラビア数字が定着するのは19世紀になってからである。


      出典
      アラビア数字 - Wikipedia


      日本で独自に発達した数学を「和算」といい、江戸時代にはそろばんが普及し、関孝和(せきたかかず)らによって、高度な数学が発展する。しかし、そろばんでは「205」を「2とび5」などと読んだが、書くときは「二百五」で、「二百零十五」などとはしない。


      出典
      アラビア数字「ゼロ」の伝来


      漢数字にもゼロの概念がないのは、実感が持てるところですね。
      0歳のない日本古来の「数え年」なども、ゼロの概念の欠如を表していると言えます。


      日本にアラビア数字が、入って来たのは、明治時代初期です。


      出典
      日本にアラビア数字が、入って来たのは、何時ごろですか?そして、其... - Yahoo!知恵袋

      日本では幕末から明治にかけて、計算法と一緒にそれを記述するアラビア数字が入ってきたと言われています。


      https://matome.naver.jp/odai/2150530928135118101より。





      by kabu_kachan | 2019-02-03 06:33 | 科学 | Comments(0)

      科学の歴史・日本語でやるな!

      科学の歴史の講義を日本語でやるな!
      いいかね、
      コペルニクスはコパニカス
      デカルトはデイカート
      アリストテレスはアリストゥトゥル
      ソクラテスはソクラティーズ
      プラトンはプレイトウ
      アルキメデスはアーキミーディーズ
      って言うんだぜ。

      Introduction to the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=rQ2dSTQwJo8

      The Scientific Revolution in Europe
      https://www.youtube.com/watch?v=GjdeTfp69y8


      日本人はもともとみんなサル民族なんだぜ。
      日本人は自分たちがサルであるという認識を
      持たない限り賢くなれないんだぜ。
      猿は自分たちがサルであると思っていないだろ。

      ディスカバリー 科学の歴史 天文学
      https://www.youtube.com/watch?v=_3vRf7VvEes

      ディスカバリー 科学の歴史 化学
      https://www.youtube.com/watch?v=hYSjFltsqJk

      ディスカバリー 科学の歴史 医学
      https://www.youtube.com/watch?v=k4oPQ7ra0ag

      ディスカバリー 科学の歴史 遺伝学
      https://www.youtube.com/watch?v=AxC0mF_OUvk

      高校講座 物理 量子力学の歴史 FC2 Video
      https://www.youtube.com/watch?v=66kyUvn0uFQ

      〔その時歴史が動いた〕それでも地球は動いた ~ガリレオ・ガリレイ
      https://www.youtube.com/watch?v=TOzg8Abkst4
      ガリレオが
      宗教と科学を混同するなと言っているだろ。
      私に言わせれば、日本人諸君
      日本のサルの歴史と科学を混同するな。
      この動画の中で松平氏はいいことを言っている。
      「ガリレオは宗教と科学の隔たりを
      絶望的な思いで見ていたのかもしれません」
      私は
      日本の歴史と科学の隔たりを
      絶望的な思いで見ているんだぜ。
      このNHKの「その時歴史が動いた」
      の番組にいちばんふさわしいテーマは
      日露戦争なんだぜ。
      いいかね、
      日露戦争の日本の勝利によって
      世界の歴史が動いたんだぜ。
      NHKは朝鮮人放送局だから
      このテーマを絶対にやらないんだぜ。

           ☟
      Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=z6_i0dInceg

      God, Math and the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=dImo6IsGpMc

      日本海海戦1.
      https://www.youtube.com/watch?v=RFt60lGX-KI





      by kabu_kachan | 2019-01-04 14:08 | 科学 | Comments(1)

      プログラミング言語シェアランキング

      プログラミング言語シェアランキング

      プログラミング言語のシェア競争は安定期に? 人気ランキングから見えてきたこと

      プログラミング言語のシェア争いは安定期に入ったかもしれない──。そんな実態が、最新のプログラミング言語ランキングから見えてきた。この5年以内にアップルの「Swift」やAndroidアプリ開発者に人気の「Kotlin」といった新しいプログラミング言語が登場してきたが、どのようにランキングは推移してきたのか。そこから見えてきたこと。

      アップルが開発した「Swift(スウィフト)」とAndroidのアプリケーション開発者に支持されている「Kotlin(コトリン)」は、かつてない速さで人気が高まっている言語である。だが最新のリポートによると、その成長が減速し始めているかもしれない。

      調査会社のRedMonkは、さまざまなプログラミング言語に対するプログラマーの関心を2011年から追いかけてきた。それ以来、どの言語よりもSwiftとKotlinが急速に広がったのだという。グーグルの「Go」やMozillaの「Rust(ラスト)」と比べてもである。アップルが2014年に発表したSwiftは今年に入ってから、定番ともいえる「Objective-C」と並んでRedMonkのランキングで10位となった。

      ところが8月上旬に発表された最新ランキングによると、10位だったSwiftは11位、Kotlinは27位から28位に順位を落としている。だからといって、SwiftとKotlinが衰退の道をたどっているとか、もうピークを過ぎているというわけではない。

      Python? Javascript? What programming language should you learn? // helloMayuko
      https://www.youtube.com/watch?v=2FgvaJJayyA

      A hands-on introduction to Python for beginning programmers
      https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A

      プログラミング言語ランキング(出典:RedMonk
      1. JavaScript
      2. Java
      3. Python
      4. PHP
      5. C#
      6. C++
      7. CSS
      8. Ruby
      9. C
      9. Objective-C
      11. Swift
      12. Scala
      12. Shell
      14. Go
      14. R
      16. TypeScript
      17. PowerShell
      18. Perl
      19. Haskell
      20. Lua

      ランキングの分析結果について、RedMonkの共同創業者であるスティーヴン・オグラディは、次のようにブログに記している。「一般論として、読者にはランキングの小さな変化は気にしないように忠告したい。順位が1つ入れ替わるくらいは、一般的にはささいな問題である」

      2016年ころには顔ぶれが固定化

      またRedMonksのランキングには、ある言語が商業プロジェクトにどれほど広く使用されているかや、その言語に熟知したプログラマーがどれほど職を得られるかといったことは、必ずしも反映されていない。

      RedMonksが開発者の関心の指標としているのは、Q&Aサイト「StackOverflow」においてプログラマーがそれぞれの言語について質問をした数や、ソースコードの共有プラットフォーム「GitHub」におけるプロジェクト数である。これによってトレンドが分かり、企業が新しいプロジェクトにどの言語を使うべきかを判断する際の目安になる。

      プログラミング言語は一般的に、公開されてから最初の数カ月や数年の間に最も注目を集める。このため、時間の経過とともに熱が冷めるのは驚きではない。だが、プログラム言語の世界は過去10年の変革期を経て、少し安定しつつあるのかもしれない。

      実際にRedMonkのランキングは、近年は特に上位の顔ぶれが安定してきている。どうやらプログラマーたちは2016年の始めころまでに、過去10年に発表されたプログラミング言語のなかでどれを使うのかを決め始めたようだ。

      だが、ランキングに下克上はつきものだ。チェコに本拠を置くソフトウェア会社のJetBrainsが16年にKotlinを正式にリリースし、これを昨年になってグーグルがAndroidでサポートすると発表した。こうしてKotlinは、華々しい飛躍を遂げたのである。


      プログラミング / 言語の歴史

      https://h2dion.sakuraweb.com/programming/history_1.htmlより。

      2017年12月13日:作成 12年間放置されていた予定項目です(^_^;)

      プログラムの誕生

      プログラムはコンピュータと同時に誕生した、とは言いきれない部分があります。少なくとも私達が想像するソフトウェアとしてのプログラムは遅れて考案されました。

      世界初の電子式計算機であるABC(Atanasoff Berry Computer、1939年開発)やその次のENIAC(Electronic Numerical Integrator And Calculator、1946年開発)は、Wired Logicと呼ばれるハードウェア(真空管)の結線で論理回路を構成する方式でプログラムはハードウェアの一部でした。当然、別の計算をしたいときには配線をやり直さねばならず、次々に異なった計算を行なうことほほぼ不可能でした。

      注:1943年に、イギリスで暗号解読用計算機Mark-Iが開発されていますが、これは電子式ではなく機械式(リレー接点方式)計算機です。

      ENIACのスタッフはこの欠点を解決すべく、後継機であるEDVAC(Electronic Discrete Variable Automatic Computer)の開発に取りかかります。その中の一人、数学者ジョン・フォン・ノイマン(John von Neumann)が(同僚スタッフのアイディアをパクって無断で取りまとめて個人名で ^_^;)1946年に汎用ハードウェアにプログラムをデータとして与えこれを実行させる方式を発表しました。このとき私達が知るプログラム(ソフトウェア)の概念が生まれています。

      このアイディアは1949年にイギリスのEDSAC(Electronic Delay Storage Automatic Calculator)によって実現されます。あれ、EDVAC(アメリカ)は?って、ノイマン君のスタンドプレー(しかも軍事機密漏洩)で同僚達がぶっちぎれ・・・(^_^;)。

      この方式は現在ではノイマン型コンピュータ(von Neumann-type computer)と呼ばれており、その特徴は以下の3点に集約されます。
      1.プログラム内蔵方式 (stored program concept)ープログラムは記憶装置に保持される

      2.逐次制御方式 (sequential system of implementation)ー記憶装置から実際の処理を行うレジスタ(register)にプログラムがステップごとに逐次取り込まれ実行される

      3.2進数処理 (binary number system)=レジスタは電流のON/OFFを1と0に解釈する


      なにそれ?単なるコンピュータぢゃん!って、まったくその通りです。人工知能の実験用などを除けば現在稼動しているコンピュータはすべてノイマン型コンピュータと思って間違いはありません。唯一の変更点は電流のON/OFFを行うとスイッチングに伴うタイムロスが発生し高速化できないため、電圧の高低で1と0を表現するようになったぐらいです。半世紀を経ていまだに通用する、優れた着想であったと言えます。

      この方式以外あり得んだろう、その場にいたら俺が提案した!と言う声も聞こえそうですが、仮にいずれ誰かが到達する当たり前の結論であっても、そのパイオニアには名誉が与えられるべきです。

      着想に論理的裏付けを与えた事は確かですが、ノイマン氏だけがコンピュータの父と呼ばれて(しまって)います。プログラム内蔵方式を基本設計したコンピュータの真の父、ジョン・エッカート(John Presper Eckert)とジョン・モークリー(John William Mauchly)の両氏を称えよ!

      軍事目的開発に見切りをつけた二人はエッカート・モークリ社を設立、1950年に世界初の商用コンピュータUNIVAC I(Universal Automatic Computer I)を開発、UNIVACはコンピュータの代名詞となり(商売には失敗したため直系ではありませんが ^_^;)現在のUnisys社へ発展しています。

      プログラミング言語の発達

      ノイマン型コンピュータは、人間の指示を何らかの規則でプログラムとして記述し外部から与えなければ動作しません。このプログラムの記述規則を言語と呼びます。

      ところが、ノイマン型コンピュータのレジスタは0と1しか判断しません。必然的にプログラムの保持と演算は2進数で行われますが、2進表現のままでは桁数が膨大になり、かつ0と1の並びを人間が理解する事が困難であるため効率の良いプログラム開発は望めません。

      しかし何進法で表現しても絶対数は変りませんから、2進数の桁(bit)をまとめて記数法を変えて人間に判りやすくする方法が考えられました。本来なら人間に一番フレンドリーな10進数が良いに決まっています。しかし、bitをまとめる=2の累乗では10進数は作れませんから、普通は16進数が使われています。

      おそらく、プログラムの開発効率、人間の負担、実用最低と考えられるレジスタ幅が4bit(ENIACですら4bit)、慣れ親しんだ10進数、これらが収束した結果が16進数ではないでしょうか。2進を基本とするノイマン型では合理的な、限りなく必然に近い結論だと私は思います。

      2進4桁である0000~1111が16進の1桁(10進の0~15)を表すので、まず4桁を単位としてまとめ16進1桁で表現します。1桁では16通りの命令しか記述できずアルファベットも表せないので、さらに16進の2桁をまとめ16の2乗=256まで表現可能にし、これを最小単位としてコンピュータは処理を行ないます。この最小単位をbyteと呼び、この場合なら1byte=8bitとなります。

      また、byteの概念を導入することで、コンピュータは機械的に(って機械ですが(^^ゞ)先頭からbyte単位で逐次取り出して処理すればよくなり、システムの単純化も可能になります。超巨大プロジェクト、しかも国家の威信どころか存亡をかけた軍事目的開発、エンジニアの負担よりこの機械の都合が主要因だったかもしれません。


      注:たまに見かける、8bitを1byteとしてまとめ、その上位下位の4bitをそれぞれ16進数に置き換えて・・・とされている解説がありますが、それでは因果関係が逆転してしまいます。CPUがする事、結果は同じですが、byte概念は下からbit処理を積み上げた場合の処理最小単位であるはずです。

      この根本となるbyte単位処理ですが、CPUの方言、8086系と68000系で異なると言う問題があります。68000系CPUでは11223344と言う値をそのままの順番で11223344とメモリに格納する直観的で解りやすいビックエンディアン方式ですが、8086系ではそれをわざわざ逆順の44332211として格納するリトルエンディアン方式をとっています。そして困った事に、この解りにくいリトルエンディアンの8086系が現在の主流となってしまいました。まぁ、マシン語に関わらなければ害はありませんが・・・Intelは嫌いです (-"-)。

      いわゆる数字は0~9の10個しか無いので、16進数では0~9の次はA(10進の10)~F(同15)を用い、7FとかB8のように表記します。この機械が唯一理解し実行できる16進数の命令コードをマシン語(machine language)と言います。


      コンパクトでマシンの性能を100%引き出すことが可能ですが、その最大の欠点は(普通の ^_^;)人間に優しくないことです。参考に私が作ったプログラムの中身を示します。確かに2進の00111111 10111000より16進の7F B8の方がマシではありますが、やはり機械のための言葉であり人間がこれを直接理解するのは困難です。

      そこで、まずマシン語の16進命令コードを1対1に対応するニーモニック(mnemonic)に置き換えます。ニーモニックはその命令の内容が類推可能なアルファベットの省略形で、8086系CPUであればJamp命令は11101011(2進)=EB(16進)=JMPとなります。人間はニーモニックでプログラムを記述し、アセンブラ(assembler)と呼ばれる専用プログラムでニーモニックをマシン語に変換して実行ファイルを生成する方法が登場します。

      これがアセンブリ言語(assembly language)で、無味乾燥な16進数の並びよりは理解しやすくなりましたが、単純にマシン語の数字を単語に置き換えた、マシン語プログラムの記述方法にすぎません。事実上、アセンブリで書く=マシン語で書くであり習得は困難です。

      アセンブラは人間語と機械語の単語変換機にすぎませんが、さらに発展させて文法まで置き換える言語変換機=人間と機械の通訳であるコンパイラ(compiler)が登場します。


      注:コンパイラの着想は最初からあったが、技術的制約でアセンブラしか作れなかった可能性も有りますが、実現した順番に理論も発展したと決め付けています。これに限らず全般にそうですが(^^ゞ。

      人間は、より人間の言葉や発想に近く融通が利くプログラミング言語の規則にしたってソースコード(source code)を記述します。通例、単なるテキストファイルです。ソースコードはコンパイラで、マシン語に変換され実行可能ファイルになります。この実行可能なバイナリファイルのことをオブジェクトコード(object code)とかネイティブコード(native code)と呼びます。


      注:逐次変換方式であればインタプリタ(interpreter)がソースコードの変換と実行を同時に行ないます。それを言語の仕組みの範疇で考えると話が一挙に複雑になりますので、インタプリタはプログラムを実行する仕組みと考えて、ここでは無視しました (^^ゞ。

      人間が理解し自然に記述できると言う目標は同じですが、それを実現する思想の違いから、様々なプログラミング言語が考案されてきました。そのような人間よりの言語を高水準(高レベル)言語、機械よりで人間に判り難い言語を低水準(低レベル)言語と呼び、区別します。

      世界初の高水準言語は、1956年にIBM社が開発したFortran(FORmula TRANslater、フォートラン)です。その後、1960年のCOBOL(COmmon Business Oriented Language、コボル)、1962年のLISP(LISt Processor、リスプ)、1963年のBasic(Beginner's All-purpose Symbolic Instruction Code、ベーシック)、1968年のPascal(Philips' Automatical Sequence Calcurator、パスカル)、トドメは1972年のC言語(C Language、シーゲンゴ)と、次々に開発されます。

      これらのプログラミング言語は手続き型言語(procedural language)と関数型言語(functional language)に大別されます。両者は根本的に思想が異なるのですが、特に気にする必要はありません。なぜならば、ほぼすべての言語が手続き型言語に属し、普通に使用されている関数型言語はLispぐらいしかありません(SchemeはLispの方言らしいです)。

      手続き型言語では(1)記述された命令は逐次実行される、(2)その結果で変数の内容が変化する、(3)その変数は次の命令に引継がれていく、と言う処理が行なわれます。既にこの思想に汚染(洗脳)されている私たちには、理解に苦しむほど当たり前に感じられます、他にあるのか?と。

      あるんです。関数型言語の場合は(1)変数は最初に与えられた値を維持する、(2)関数(命令)の結果は計算式として求まる、(3)その計算式を引数として次の関数を呼び出す、これを延々と繰返して処理を行ないます(理解できない、間違っているかもしれません ^_^;)。手続き型言語と比較して速度は劣るが、数学的な美しさを備え構造が把握しやすく開発効率が高いと言われています。現在でも人工知能研究などに使用されているようです。

      Lispも含めこれら言語のフリー開発環境が供給されていますから、興味があれば チャレンジして下さい。なお、各言語の特徴はフリーの開発環境でまとめています。

      通訳を介して会話する場合、確かに意味は通じ用は足りたが冗長で回りくどい表現になる事があります。コンパイラも同様で、生成されたオブジェクトコードは、最初からマシン語で開発されたコードと比較すると無駄が多く実行速度が犠牲になります。

      高水準言語が普及し一般的ではなくなりましたが、マシン語はけして過去の存在ではありません。今のところ完璧な最適性を実現したコンパイラが存在しないので、高速でハードウェアを制御する必要のあるデバイスドライバなどはマシン語(アセンブリ言語)で開発されています。今もどこかで円形脱毛に苦しみながらマシン語を書いているエンジニアがいるはずです(^_^;)。


      おまけ!

      恐ろしいほど高い科学技術力を持つ日本、その潜在的な軍事力を過小評価するな=中国
      https://www.youtube.com/watch?v=cZ-6Qrg3fAI





      by kabu_kachan | 2018-12-31 03:56 | 科学 | Comments(0)

      世界の偉大な科学者(日本人よ、頭が進化することを考えろ)

      【世界の偉大な科学者】


      いいかね、日本人諸君、
      頭が進化することを考えなければ
      頭は進化しないんだぜ。
      サルでも、どんな食い物がうまいのかな
      って考えるだろ。
      サルでも、お山の大将(ボス)に
      なりたいなって考えるだろ。
      サルが考えるようなことを考えていては
      頭は進化しないんだぜ。
      サルが考えないようなことを考えないと
      頭は進化しないんだぜ。
      サルだからできないだろ。(笑)


      アインシュタイン
      The Extraordinary Genius of Albert Einstein - Full Documentary HD
      https://www.youtube.com/watch?v=Uvpw6Jh1WGQ

      アイザック・ニュートン
      Isaac Newton: His life and Work - Simon Schaffer 1983
      https://www.youtube.com/watch?v=GvW_Y9sw6hk

      Math Encounters -- On the Shoulders of Giants: Newton Revealed
      https://www.youtube.com/watch?v=qFo7xZFdBdc

      Newton's Laws of Motion and Forces
      https://www.youtube.com/watch?v=NYVMlmL0BPQ

      いいかね、日本人諸君、
      英語の世界には、アイザック・ニュートンという
      古典的科学者・数学者がいるんだぜ。
      アインシュタインも思考言語は英語だろ。
      日本語の世界に、ニュートンに匹敵する
      古典的科学者・数学者がいるかね?
      よく関孝和を引き合いに出す人がいるだろ。
      関孝和の業績はニュートンの足元にも及ばないぜ。
      残念ながら、日本人では誰もいないんだぜ。
      だから、日本人は欧米の猿まねばかりやっているんだぜ。
      Introduction to the Scientific Revolution
      https://www.youtube.com/watch?v=rQ2dSTQwJo8


      The lost secrets of Nikola Tesla !
      https://www.youtube.com/watch?v=_IWqPV9p0pk

      NIKOLA TESLA documentary 2015 - BEST Documentary about TESLA !
      https://www.youtube.com/watch?v=qpZL9WCvuTI

      Leonardo da Vinci Technology - Full Documentary
      https://www.youtube.com/watch?v=uzPKEO-0y0k





      おまけ!

      The Mathematical Mysteries Of The Universe [Documentary] 2016
      https://www.youtube.com/watch?v=dQlBE3i2z1k

      Origin of Life - How Life Started on Earth
      https://www.youtube.com/watch?v=xyhZcEY5PCQ

      Earth: A History (HD - 720P)
      https://www.youtube.com/watch?v=pENq1ml2haA

      ニューヨークはユダヤ人(白人のユダヤ教徒)が作った。

      Secret History of Slavery in the United States - Full Documentary

      by kabu_kachan | 2018-11-02 20:40 | 科学 | Comments(0)

      世界で最も「科学技術が発展している国」

      日本は何位?世界で最も「科学技術が発展している国」トップ10


      2000年から10年の間に、日本の国立大学では35歳未満の若手教員の数が1万人以上から約6,700万人にまで減少しています。

      日本では研究者の育成が課題になっていますが、科学技術の分野では世界でどれくらいに位置づけられるのでしょうか?

      『Insider Monkey』では、発表された論文の数、取得した特許の数などでランキングがつくられています。いま、世界の最先端がどの国なのかを見てみましょう。

      ■10位:スペイン

      スペインは95万の論文と1,200万件の論文への引用、そして772の特許取得で10位にランクインしています。スペインの最近の科学的な研究の発展は目ざましく、特に航空宇宙工学、再生可能エネルギー、バイオテクノロジーなどの分野の研究が充実しています。

      ■9位:イタリア

      イタリアは120万の論文を発表しており、18,000件以上も引用されています。特許は2,930取得しており、4,000人に博士号が授与されています。イタリア政府は研究開発に263億ドルの予算を割き、国を上げて科学技術の発展を目指しています。

      ■8位:スイス

      スイスは2,466の特許を取得しん、49万の論文を発表。スイスは学生の学力の世界ランキングでも8位にランクインしています。「世界初」の発見が多く、オリオン大星雲の発見も、初めて太陽系外の惑星を発見したのもスイスの科学者です。

      ■7位:フランス

      6,555の特許を取得しているフランスは7位です。554億ドルを研究開発費に充てています。フランスでは2015年に国際熱核融合実験炉ITERを開発しました。また、世界で初めて核廃棄物処理施設をつくったのもフランスです。

      ■6位:カナダ

      カナダは宇宙工学の部門では3位にランクインしています。カナダは数学と科学の分野の学生が優秀なことでも知られており、学生の世界ランキングでは10位です。カナダは国で科学振興協会を作っており、科学者の養成に力を入れています。

      ■5位:日本

      日本は54,170の特許取得で5位にランクイン。日本は学生のランキングでも7位にランクイン。教育も成果を上げているようです。

      費用は削減されているイメージですが、研究開発には1,510億ドルがつぎ込まれています。最近は使用済み核燃料処理の技術開発で成果を上げています。

      ■4位:イギリス

      230万の論文の発表、6,511の特許取得、8,000以上の博士号授与で4位にランクインしたイギリス。宇宙工学のランキングでも8位にランクインしています。

      イギリスは近代科学のための基金をつくっており、幾何学を学問として発展させたロバート・グロステスト氏もイギリスの出身です。

      ■3位:ドイツ

      学生のランキングでは13位のドイツですが、科学分野のランキングでは3位です。研究開発には1,020億ドルをつぎ込んでいます。ドイツは昔から画期的なアイディアや発明が多いことで有名です。アスピリンを発見したのもドイツです。

      ■2位:中国

      2022年には科学的な成果でアメリカを上回るのではないかとも予測される中国。2011年の経済成長の51.7%は科学技術の発展によるものだといわれています。

      中国は2006年から自主創新政策と呼ばれるイノベーションを測る政策を行っており、優秀な科学者の国外流出を防ぐ努力をしています。

      ■1位:アメリカ

      147,652の特許取得で堂々1位のアメリカは、研究開発に4,530億ドルの予算を充てています。

      アメリカは研究者の待遇がいいことでも有名。他の国出身の科学者でも、その待遇のよさからアメリカに移住する人も多いのだとか。アメリカは宇宙工学のランキングでも5位にランクインしています。

      やはり強いのはアメリカとヨーロッパ。日本もなかなか健闘していますが、実は今回のランキングでは中国の台頭により、これまでのアジア首位の座を明け渡してしまいました。これからの技術革新のために、日本も研究者の育成に力を入れていかなければなりませんね。

      (文/スケルトンワークス)

      【参考】

      10 Most Advanced Countries in Science-Insider Monkey


      by kabu_kachan | 2018-10-22 21:08 | 科学 | Comments(0)