カテゴリ:アメリカ( 33 )

CNN'S ANTHONY BOURDAIN DEAD AT AGE 61

米人気シェフ、アンソニー・ボーデインさんが自殺 61歳


CNNの仕事がきつかったんじゃないのか?
CNNは電通と同じような社風かもしれんなぁ。

ボーデイン氏の「食文化を通して世界を知る」と言う考えと、CNNの方針に食い違いが生じたかもしれない。

たとえばこうだ。日本に取材に行ったとしよう。
CNN「おい、日本に行ったら、見た目に美しい和風料理だけを撮影してくるんだぞ。隣に並んでいるぼろ家は撮影するんじゃないぞ!」
というように、常にこんな感じだ。

A Cook's Tour S01E01 A Taste of Tokyo
https://www.youtube.com/watch?v=HD1uXgnXcLg

Japan with Masa - Anthony Bourdain Parts Unknown
https://www.youtube.com/watch?v=j9O_tOcMfsE

Anderson Cooper’s tribute to his friend Anthony Bourdain
https://www.youtube.com/watch?v=qF7SRQFd49E

Anthony Bourdain - Our last full interview
https://www.youtube.com/watch?v=vUEFdWAKpf0

CNN ROOTS: Bourdain family mystery
https://www.youtube.com/watch?v=cEgD5oEOe6M

Fareed Zakaria: Anthony Bourdain was a great cultural ambassador
https://www.youtube.com/watch?v=TJxhy-vikdI

The Double Life Of Anthony Bourdain
https://www.youtube.com/watch?v=txzcQhE-p0s



(CNN) 才能豊かなシェフで著書やテレビ番組への出演などでも著名だったアンソニー・ボーデインさん(61)が滞在先のフランスで死亡した。死因は自殺。親友のフランス人シェフが8日朝にホテルの部屋を訪れ、意識のないボーデインさんを発見した。

ボーデインさんはCNNなどのテレビ番組で世界を旅し、各地の文化や料理、人々を紹介していた。フランスにはCNNのシリーズ番組「パーツ・アンノウン(邦題:アンソニー世界を駆ける)」の制作で訪れていた。

Anthony Bourdain drew endless inspiration from Japan

by Oscar Boyd

Staff Writer


Jun 9, 2018 Article history


Anthony Bourdain had a knack for discovering the best of each country he visited over the course of his colorful career, but always seemed to have a special place in his heart for Japan.

"The first time I came here, it was a transformative experience, a powerful and violent experience," Bourdain said of Tokyo in his CNN TV series "Parts Unknown." "It was just like taking acid for the first time, meaning, 'What do I do now that I see the whole world in a different way?'"


As a child, Bourdain grew up watching classic Japanese films such as "Seven Samurai" (1954) and "Sanjuro" (1962). Those early experiences matured into a deep relationship with Japan that went beyond food and extended to its music, cinema, lifestyle and culture. A "Parts Unknown" trip to Japan in the series' first season included visits to the Robot Restaurant in Shinjuku and a death metal show, as well as a meal with a woman involved in Tokyo's sadomasochistic community.

Bourdain also examined social issues during his visits, focusing on such things as Japan's declining birthrate and the growing problem of hikikomori (social withdrawal) and karoshi (death by overwork). "Pity the salaryman," he opined in an opening monologue for "Parts Unknown." "Tokyo's willing cog in an enormous machine requiring long hours, low pay, total dedication … and sometimes what's called karoshi - death by overwork."

Yet despite this brutal, honest indictment of the culture, Bourdain retained a deep respect for Tokyo and went on to repeatedly declare it his favorite city in the world.

"If I had to agree to live in one country, or even one city, for the rest of my life, never leaving it, I'd pick Tokyo in a second," Bourdain wrote in 2013 for the blog that accompanied "Parts Unknown." "Tokyo is deliciously unknowable. I'm sure I could spend the rest of my life there, learn the language, and still die happily ignorant."

It's a vision that will now unfortunately never come true, but one that was born out of Bourdain's undying passion and curiosity for the country, and a vision we can all hope to aspire to.





米国の自殺者30%増加 著名人も相次ぎ… デザイナーに続き人気シェフも


6/9(土) 10:32配信

産経新聞


【ニューヨーク=上塚真由】米CNNテレビは8日、米人気シェフでグルメ番組のホスト役として活躍していたアンソニー・ボーディンさん(61)が同日、滞在先のフランスのホテルで自殺したと発表した。米国では、人気デザイナーのケイト・スペードさん(55)が5日にニューヨーク・マンハッタンの自宅で自殺したばかり。著名人の相次ぐ自殺に、ショックが広がっている。

 ボーディンさんは、世界各地を旅して、食文化を紹介する同局の番組「パーツ・アンノウン(邦題・アンソニー世界を駆ける)」の収録のためにフランスに滞在していたという。

 ニューヨーク州の名門料理学校を卒業後、シェフに。グルライターとしても活動し、2000年に飲食業界の裏側を描いた著書「キッチン・コンフィデンシャル」が大ヒットし、反逆のシェフとしていわれるようになった。和食にも造詣が深く、番組収録で東京や沖縄も訪れた。

 米疾病対策センター(CDC)の7日の発表によると、16年の全米の自殺者数は約4万5千人に達し、17年前の1999年と比べて約30%増加。低迷する経済や薬物依存のまん延、ソーシャルメディアの浸透によるコミュニケーション不足などが原因に挙げられており、著名人の自殺をきっかけに、自殺防止の対策強化が改めて議論の的となっている。



Anthony Bourdain winner of the award for outstanding informational series or special for 'Anthony Bourdain: Parts Unknown' attends the Governors Ball during night two of the Creative Arts Emmy Awards in Los Angeles in September 2016. Bourdain was found dead in his hotel room in France in an apparent suicide Friday. | RICHARD SHOTWELL/INVISION/AP

World

For Anthony Bourdain, food was a storytelling tool and a passport

AP, Staff Report

Jun 9, 2018 Article history


PARIS/NEW YORK - Many people thought Anthony Bourdain had the most enviable career in existence. He didn't deny it.

"I have the best job in the world," the globe-trotting food-taster and culinary storyteller once told The New Yorker magazine, stating the rather obvious. "If I'm unhappy, it's a failure of imagination."


Bourdain's stunned fans were mourning the loss of that singular imagination on Friday following his death from an apparent suicide, recalling everything from his fearless consumption of a beating cobra's heart or a sheep testicle -"like any other testicle," he remarked - to his outspoken support of the #MeToo movement, to his blissful paean to syrup-soaked pecan waffles at Waffle House.

"I want it all," he wrote in his breakthrough 2000 memoir, "Kitchen Confidential." "I want to try everything once." And it seemed that he pretty much accomplished that, traveling the globe some 200 days a year for his TV shows, reveling not in fancy tasting menus - which he scorned - but in simple pleasures like a cold beer and spicy noodles in Hanoi, which he once shared with former U.S. President Barack Obama. For him, food, though a huge pleasure, was more importantly a storytelling tool, and a passport to the world at large.

It was a lifestyle that, while undeniably glamorous, took a toll, he suggested in a 2017 New Yorker profile. "I change location every two weeks," he said. "I'm not going to remember your birthday. I'm not going to be there for the important moments in your life."

Not surprisingly, it was on the road, in eastern France, that Bourdain, 61, was found unresponsive Friday morning by good friend and chef Eric Ripert. He'd been working on an episode for the 12th season of his CNN show, "Parts Unknown." A prosecutor said he had apparently hanged himself in a luxury hotel in the ancient village of Kaysersberg. He left behind an 11-year-old daughter, Ariane, from his second marriage. In a 2008 interview, Bourdain had said his daughter's birth had changed his outlook on life: "I feel obliged to at least do the best I can and not do anything really stupidly self-destructive if I can avoid it."

At the time of his death, his girlfriend was Asia Argento, the Italian actress who has accused Harvey Weinstein of rape. In an essay written after fellow chef Mario Batali was accused of sexual assault, Bourdain wrote that "one must pick a side … I stand unhesitatingly and unwaveringly with the women." Argento wrote on Twitter on Friday that Bourdain "was my love, my rock, my protector."


Traversing the globe meant visiting areas of conflict and also intense poverty, and Bourdain didn't shy away from either. In "No Reservations" on the Travel Channel, he went to Haiti after the devastating earthquake in 2011, and reflected on his ambivalence at being there. "I'm there talking about local cuisine, and that means I'm shoveling food into my face … that a lot of those people can't afford," he said. And he described how his well-meaning efforts to feed locals around him led to chaos and "hungry kids being beaten with a stick."

There was, of course, a more lighthearted side to his travels, including some wild and bizarre eating experiences. In Morocco, it was that roasted sheep's testicle. In Canada, it was a raw seal's eyeball. In Namibia, it was the wrong end of a warthog (he wound up with a parasite.) In Vietnam, it was the still-beating heart of a cobra that had just been sliced open.

But besides showcasing food, a "Parts Unknown" trip to Japan in the series' first season included an odd show with robots and scantily clad women, a visit with a death metal band and a meal shared with a woman involved in the city's sadomasochistic community.

Asked in a 2015 interview with National Geographic which city has it all and why, he was quick to respond.

"Tokyo. I mean, if I had to die midmeal anywhere, it would be Tokyo," Bourdain said. "If you were to ask most chefs if they had to have house arrest for the rest of their life in one city and eat all of their meals there, just about everyone I know would pick Tokyo."

In an interview with CNN Money in March, he again spoke of his love for the capital.

"I'm endlessly fascinated," he said. "I've been many times and it's still thrilling."

But, he warned potential visitors, be prepared to be the "big goofy foreigner. You will not blend. You will not immerse, but you will have a true, true adventure."

Much closer to home - Bourdain lived in New York, when he wasn't traveling - was a late-night visit to Waffle House in Charleston, South Carolina, described in poetic terms by Bourdain as "an irony-free zone where everything is beautiful and nothing hurts; where everybody regardless of race, creed, color or degree of inebriation is welcomed." Sampling the pecan waffle drowning in butter and maple syrup, he exclaimed, "This is BETTER than French Laundry, man," referring to the Napa Valley temple of high cuisine.


That clip was being widely shared on Friday, and fans were also flocking to Amazon, where at mid-afternoon, four of the six top-selling books were by Bourdain. "Kitchen Confidential" was No. 1.

In that acclaimed book, Bourdain, who was born in New York City and raised in Leonia, New Jersey, candidly described his personal struggles, including drug use that led to his dropping out of Vassar College.

But he thrived in restaurant kitchens, and that work led him to the Culinary Institute of America, where he graduated in 1978. He eventually became executive chef at Brasserie Les Halles in 1998. In the preface to the latest edition of "Kitchen Confidential," Bourdain wrote of his shock at the success of his book, which he managed to write by getting up at 5 a.m. before his kitchen shifts.

"The new celebrity chef culture is a remarkable and admittedly annoying phenomenon," he wrote. "While it's been nothing but good for business … few people are less suited to be suddenly thrown into the public eye than chefs."

Fellow celebrity chefs didn't always gain Bourdain's respect or praise. Many earned his unfettered scorn. Among them: Alice Waters, whose insistence on organic food he once described as "very Khmer Rouge." He called Sandra Lee "pure evil," and worse. He called New Orleans chef Emeril Lagasse "Ewok-like," and Guy Fieri's Times Square eatery, Guy's American Kitchen & Bar, a "terror-dome."

But Lagasse became his friend, and he tweeted Friday: "Tony was a great soul, a mentor, a friend, a father, and an incredible chef." His friend Ripert, the famed chef of Le Bernardin, called him "an exceptional human being, so inspiring and generous, one of the great storytellers of our time who connected with so many." Saul Montiel, executive chef at the Mexican restaurant Cantina Roof Top in Manhattan, called Bourdain "one of the few chefs that valued the work of Latinos in the kitchen."

Countless more wrote of their shock and sadness. Some noted that Bourdain's death came just days after the suicide of fashion designer Kate Spade, also a great shock to those who knew her. Bourdain's own mother, Gladys Bourdain, a longtime editor at The New York Times, said she had no indication that her son might have been thinking of suicide.

"He is absolutely the last person in the world I would have ever dreamed would do something like this," she told the Times. "He had everything. Success beyond his wildest dreams. Money beyond his wildest dreams."




ここで一句。

英語とは 世界支配の 言語なり
日本語は サルしかわからん サル言語
サル同士 みんなで語らう サル会話



[PR]
by kabu_kachan | 2018-06-09 18:28 | アメリカ | Comments(0)

現代アメリカの人種差別・New Racism in the U.S.

アメリカ社会の新しい人種差別

いいかね、アメリカのCNNなどの主要メディアには白人と黒人が並んで登場して楽しそうに会話しているだろ。
アメリカ社会には人種差別はないんですよとメディアは言いたいのである。

ところがなんと、アメリカの企業社会の中は人の色によって給料格差があるのである。
もちろん、白色が給料がいちばん高い。
黄色、黒色と色が濃くなるほど給料が安くなるのである。


When people of color ask for raises, they're a lot less likely than white workers to get the salary bump they request, a new study says. | GETTY IMAGES



Business

White people are more likely to get the raises they ask for: U.S. study

Bloomberg


Jun 5, 2018 Article history


NEW YORK - When people of color ask for raises, they're a lot less likely than white workers to get the salary bump they request, according to a new study by PayScale, a firm that analyzes compensation data.

Women of color, a group that includes African-Americans, Asians, Hispanics and other nonwhite people, are 19 percent less likely than white men to get the raise they ask for, according to the survey of about 160,000 respondents. Nonwhite men were 25 percent more likely to be turned down for a salary increase.


"Everyone's asking, but they're getting different answers," said Lydia Frank, vice president of content strategy at PayScale. "I think with the current climate in this country and the systemic racism that we've seen in other areas, I don't think it's terribly surprising."

In the U.S., white men make the most money of all ethnic groups, on average, with the exception of Asian men. Women of all major racial and ethnic groups earn less than men of the same group, according to the Institute of Women's Policy Research. Black women earn less than black men; both earn less than white women and white men.

Some of those discrepancies are linked to decisions on who gets hired for certain jobs, research shows. It's a process that's often tinged by bias, conscious or otherwise. Frank says the same dynamics are also at play when it comes to deciding who gets a raise and who doesn't.

"Humans take shortcuts without even realizing it," she said. "There are things that happen in their brain - 'Hey I've seen somebody like this before and this is what I associate with somebody like this' - there may be things happening there without you even being fully aware of it that you're making a judgment about somebody."

Asking for more money remains better than not asking. Some 70 percent of workers who ask for a raise receive some pay increase, even if it's not as much as they propose, according to the PayScale study.

When they don't, the rationale they receive matters. The most common reason workers are denied a raise is "budgetary constraints," but only 22 percent of workers believe it. The second-most common reason to be denied a raise is no reason at all. In either case, whether the employee isn't given a reason or he doesn't believe the reason he is given, almost three-fourths of respondents said they planned to quit in the next six months.




おまけ!

A hands-on introduction to Python for beginning programmers
https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A


ここで一句。

英語とは ネット支配の 言語なり
日本語は 時代遅れの サル言語
日本猿 この法則が まだわからん
外国で 日本語学ぶ 者はなし
サル同士 日本語話して 孤立する
ニッポンの 運命宿命 ここにあり



[PR]
by kabu_kachan | 2018-06-06 21:44 | アメリカ | Comments(0)

日本人(サル)の逆襲・Don't Write Japanese in Your Blog.You shoud Write English!

日本人諸君、ブログに日本語を書くな。
自分の考えを英語で書け!
アメリカ人の悪口を英語で書け!
Write bad things about Americans in English.

いいかね、インターネットの世界は
アメリカ人が英語で考えて、英語によって
構築したんだぜ。
試しに、グーグル検索で英語で入れてみろ。
すぐに英語の世界が登場するんだぜ。

日本人同士が日本語で言い争って何になる?

いいかね、安倍政権がダメな政権だとするだろ(私もそう思うが)。
しかし、麻生大臣は猿に似ているなぁ。(笑)
Aso looks like a monkey, doesn't he ?
In addition to this,
Koizumi really looks like a sacred baboon, doesn't he?
Mori truly looks like a racoon dog, doesn't he?
Aso probably says "That's none of your business !"
「政治家の醜態」の画像検索結果

ならば、安倍政権がダメな理由を英語で書いて世界に向かって訴えるんだぜ。いくら日本語で書いても、アメリカ人はわからないぜ。

アメリカ人はまったく日本語を知らないんだぜ。彼らにとっちゃ、日本語なんてサル言語なんだぜ。サル言語なんて痛くも痒くもないんだぜ。日本人なんてサル世界の民族なんだぜ。

アメリカ人には、英語の世界だけが唯一の世界なんだぜ。ほかの言語の世界は無いに等しい。自分たちがインターネットの世界を作ったんだからな。

いいかね、日本人諸君、
世界史上で、アメリカ人がいちばん多く虐殺した民族は日本人なんだぜ。アメリカインディアンは消滅したからね。
先の大戦で、アメリカ人は原爆と焼夷弾による空襲で、日本人を100万人焼き殺したんだぜ。
One million of Japanese were burnt alive by the two atomic bombings and air-raides of fire bombs from the airplanes of the American Army.

【高橋史朗】あらためて『GHQ洗脳政策』を考える[桜H27/6/23]
https://www.youtube.com/watch?v=js4nFGkuwcE&nohtml5=False

いいかね、日本人諸君、
アメリカ人が作ってくれたインターネットのおかげで、日本語と英語は隣り合わせにいるんだぜ。
アメリカ人は日本語を知らないだろ。諸君がブログで英語で書くだけで、アメリカ人たちに直ちに知れ渡るんだぜ。
ブログの記事のタイトルを英語にせよ。
アメリカ人は英語でしか検索しないだろ。アメリカ人が検索しそうな英語を使うんだぜ。
日本語をいくら書いたところで、アメリカ人にはまったくわからないんだぜ。日本語で書いて自己満足して閉じ籠るサルになるんじゃないぜ。
いいかね、いくら立派な文章で日本語を書いても、アメリカ人から見れば単なるサル言語なんだぜ。
Don't shut yourself up in your world like a monkey.

アメリカ人の視点で一句。
日本語は へのへのもへじ サル言語
日本語で 落書き遊び 日本猿
日本語は 世界の中の サル言語
日本文字 チンプンカンプン わけわからん

いいかね、日本人諸君、
英語でアメリカ人の悪口を書きまくれ!
その英語で書いた悪口は直ちにアメリカ人の目に入るんだぜ。アメリカ人には英語の世界がすべてだからね。
アメリカ人にインターネットの世界を作ったことを後悔させることができる民族は日本人だけなんだぜ。

日本人よ、アメリカ人によって焼き殺された
100万人の日本人の魂を受け継ぐのだ!

HINOMARU - RADWIMPS (cover)
https://www.youtube.com/watch?v=-PTnOoePasc

日本人よ、英語で逆襲せよ!
Japanese people !
Try to make a counteratack upon the American way of thinking in English.

    ☟
American People! Look at ME! 【Atrocities of The American Army】
https://kabukachan.exblog.jp/26830639/

日本人よ、昭和20年を知ってるか!
https://kabukachan.exblog.jp/25515850/

Nagasaki - The Forgotten Bomb (Full Documentary)
https://www.youtube.com/watch?v=UC_fZG-kmkQ
After all, Japan liberated Asian countries from Western Powers.

これがアメリカが日本に落とした原爆だ!
https://kabukachan.exblog.jp/25472260/

アメリカインディアンの歴史(白人の大犯罪)
https://kabukachan.exblog.jp/26637363/

【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!【ザ・ファクト#005】
https://www.youtube.com/watch?v=KIeJfgYeMMY&nohtml5=False

【東京裁判】自虐史観はこうしてつくられた【大東亜戦争は侵略戦争ではない】
https://www.youtube.com/watch?v=3Xk0eSG8L_Y

「米国民56%が原爆は間違っていなかった」原爆投下――アメリカの責任【THE FACT】
https://www.youtube.com/watch?v=9BiFX93LVTQ

【原爆展強制中止!】「原爆投下を正当化するアメリカ」
https://www.youtube.com/watch?v=SI8n69i4IBk


The American People !
Listen to Me !

The japanese army liberated asian people from the western powers.
The japan prevented western countries from colonizing asian countries.

Truth of Greater East Asia War
https://www.youtube.com/watch?v=25rBxE3RyOI

Japan Liberated Asia from Euro-American Colonizers
https://www.youtube.com/watch?v=_PwbHPaGWLw

The Truth about the Nanking Massacre - A fabricated "Massacre" - Nanking Incident Series Ⅰ
https://www.youtube.com/watch?v=guHN3dK7Clc
風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に
意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに
胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊
さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない
胸に優しき母の声 背中に強き父の教え
受け継がれし歴史を手に 恐れるものがあるだろうか
ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを
たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ
さぁいざゆかん 守るべきものが 今はある

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの沸る決意は 揺らぎなどしない
どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない
僕らの沸る決意は 揺らぎなどしない





ここで一句。
サルは皆 サルの言語で ブログ書く
私だけ 世界言語で ブログ書く
    


[PR]
by kabu_kachan | 2018-06-01 00:17 | アメリカ | Comments(1)

アメリカ文化とは何か?

アメリカ文化(American Culture)を知れ。


★スマホの誕生!
Steve Jobs Unveils The Original iPhone - Macworld San Francisco 2007
https://www.youtube.com/watch?v=e7EfxMOElBE

★Nikki Haley "Israel's NOT Going Away!"
https://www.youtube.com/watch?v=v8nxePxYIw4

A hands-on introduction to Python for beginning programmers
https://www.youtube.com/watch?v=rkx5_MRAV3A

暇なサル 英語わからず カッカする(笑)
バカ猿は 英語わからず すぐにサル!

アメリカ・イスラエル公共問題委員会アメリカ・イスラエルこうきょうもんだいいいんかい、The American Israel Public Affairs Committee=AIPACエイパック)は、アメリカ合衆国において強固な米以関係を維持することを目的とするロビイスト団体利益団体である。アメリカにおいて、全米ライフル協会をも上回る、もっとも影響力のあるロビー団体とする報道もある[1][2]

現代のアメリカとアメリカ人の日常生活(アメリカとは何か?)
https://kabukachan.exblog.jp/29470868/

アバ 復活 (ABBA is getting the band back together.)
https://kabukachan.exblog.jp/29461198/


Full House - Cute / Funny Michelle Clips From Season 3 (Part 1)
https://www.youtube.com/watch?v=yzqcBhhE-Q4

Full House Moments - The Aaron Bailey Chronicles! (1/3)
https://www.youtube.com/watch?v=7XlgPAyzEUw

Full House Moments - The Aaron Bailey Chronicles! (2/3)
https://www.youtube.com/watch?v=zpXVWvyltGY

Mary-Kate and Ashley season 8 switches part 1
https://www.youtube.com/watch?v=6x_ETMypLjw

The Best of Stephanie - Season 1.mov
https://www.youtube.com/watch?v=uhCOGwFR8a4

Full House - Cute / Funny Michelle Clips From Season 7 (Part 2)
https://www.youtube.com/watch?v=-pyfRHXCOcI

Full House - Cute / Funny Michelle Clips From Season 5 (Part 2)
https://www.youtube.com/watch?v=50Z1-nMj87M

Jesse & Michelle: Season Five
https://www.youtube.com/watch?v=uLlxj6Wr2uI

Jesse & Michelle: Season Three
https://www.youtube.com/watch?v=-2Iwum_ADVU

Full House - Cute / Funny Michelle Clips From Season 5 (Part 1)
https://www.youtube.com/watch?v=y4PDmJC6k1I

Michelle Tanner Season 5 8 CLIPS
https://www.youtube.com/watch?v=qDSp54D5LwY

Frozen - Best Scenes
https://www.youtube.com/watch?v=_q_cEcuS5iU

TOP 10 - DJ and Stephanie moments
https://www.youtube.com/watch?v=lyBH2WSZ69Q

Full House - Cute / Funny Michelle Clips From Season 6 (Part 2)
https://www.youtube.com/watch?v=-U5wZx6Q84k

The Best of Stephanie - Season 1.mov
https://www.youtube.com/watch?v=uhCOGwFR8a4



日本人諸君、
アメリカの5才や6才の女の子がわかる英語が、
なぜ日本人にはわからないのか考えろ。
サルはここを考えないんだぜ。
サルだからな。(笑)



アバ 復活 (ABBA is getting the band back together.)・日本人の課題(英語にどう対処するのか?)
https://kabukachan.exblog.jp/29461198/


現代のアメリカとアメリカ人の日常生活(アメリカとは何か?)
https://kabukachan.exblog.jp/29470868/




おまけ!

Three's Company S02E08 Cyrano de Tripper
https://www.youtube.com/watch?v=MESUiuuoS-8&list=PLKuzFhxtS9BGelhLXNEFCCtLzy6jw4Cy_&index=0


The King Of Queens S05E23 Dog Shelter
https://www.youtube.com/watch?v=JQ6BDnfAe1s&list=PLHQ_oTd6hcIWC_N6oQiWUHLq-fbOYrZzN&index=0


S01E01
https://www.youtube.com/watch?v=iw9RlJmScSo&list=PLjCV69kskCSgz5m1JmzGx0J2GwM3ZEAaa&index=0


Watch Ambassador Nikki Haley's full interview
https://www.youtube.com/watch?v=XRFHAwDDZqE

Nikki Haley "Israel's NOT Going Away!"
https://www.youtube.com/watch?v=v8nxePxYIw4




ここで一句。

サルは皆 サルの世界に 閉じ籠る
サルは皆 サルの言語で サル妄想
日本語は 世界の中の サル言語
サルは皆 サルの言語で ブログ書く

私だけ 世界言語で ブログ書く
(ただし、数年後の予定。)

[PR]
by kabu_kachan | 2018-05-11 19:29 | アメリカ | Comments(0)

現代のアメリカとアメリカ人の日常生活(アメリカとは何か?)

【現代のアメリカとアメリカ人】


Living in United States Discovery Documentary 2015 HD
https://www.youtube.com/watch?v=S4Prt2nrm0s

1950's Documentary - The Modern America
https://www.youtube.com/watch?v=q2esS4i387U

Lost 50s - Full Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=Pwk9MX9-02c

Visit USA - 10 Things That Will SHOCK You About America
https://www.youtube.com/watch?v=89aEoIjzupk


アメリカの白人を知れ。

★Average American vs Average European - How Do They Compare? - People Comparison
https://www.youtube.com/watch?v=cuWOoQU0aKw

移民の国別比較
German ・・・ 49million
Irish ・・・・・ 39million
English ・・・・ 27million
Italian ・・・・ 18million
Polish ・・・・・10million
French ・・・・・ 9million
Scottish ・・・・・ 6million
Scotch-Irish ・・・ 5million
Dutch ・・・・・・ 5million
Swedish ・・・・・ 4million
Russian ・・・・・ 3million

その他、Welsh,Czech,Hungarian,Portuguese,Danish,and Greek となっている。

この表で私が注目するのは、Polish 10million と Russian 3million である。
ポーランド語とロシア語は方言の違いみたいなもんなんだぜ。
お互い自国語で話して通じる。
この東欧系の白人だけで1300万人がアメリカに住んでいるのである。この中には当然、ユダヤ人も含まれている。
アメリカのユダヤ人は白人だからである。
テレビに出てくるアメリカの白人たちを見ていて、誰がポーランド系で誰がロシア系の白人かわからないだろ。
東欧系の白人は白人の本流(コーカサスに近い)だから、
他の白人と一緒になっても区別がつかないのである。

    ☟

コーカソイドとは、カスピ海黒海に挟まれたところに位置する「コーカサス」(カフカース地方)に「…のような」を意味する接尾語の「 -oid」 をつけた造語で、「コーカサス出自の人種」という意味である。元々はドイツの哲学者クリストフ・マイナースが提唱した用語であった。その影響を受けたドイツの医師ヨハン・フリードリヒ・ブルーメンバッハ生物学上の理論として五大人種説を唱え、ヨーロッパに住まう人々を「コーカシア」と定義した。ジョルジュ・キュヴィエはヨーロッパ人とアラブ人をコーカソイドに分類し、その高弟アンドレ・デュメリルもコーカソイドをアラブ・ヨーロッパ人とした[1]

人類学が成立したヨーロッパはキリスト教圏であり、ユダヤキリスト教に由来する価値観が重んじられていた。ヨーロッパのキリスト教徒にとって、『創世記』のノアの方舟アララト山にたどり着いたノアの息子たちは現在の人類の始祖であった。人類学の父とされるブルーメンバッハをはじめとするヨーロッパ人学者たちは、アララト山のあるコーカサスに関心を抱いていた[2]。また、『旧約聖書』の創世記1〜6章では、白い色は・昼・人・善を表し、黒い色は・夜・獣・悪を表していた[2]

コーカソイドとはヨーロッパ人がキリスト教的価値観に基づいて自己を定義するために創出された概念である。 戦後しばらくまでの人類学は科学的根拠に乏しい、偏見や先入観に満ちた内容であることが多く、人種差別的な思想を多分に含んでいた。

事実、提唱者であるブルーメンバッハもさまざまな人間の集団の中で「コーカサス出身」の「白い肌の人々」が最も美しい、人間集団の「基本形」で、他の4つの人類集団はそれから「退化」したものだと考えていた[4]。つまり最初の時点で白人至上主義的な考えが基盤に存在していたのである。

その後、他の人類学者によって(白人が他に優越しているという原則の上で)コーカソイドをさらに細分化しての分類が試みられた。ウィリアム・Z・リプリーによる北方人種地中海人種アルプス人種の三分類などが有名である他、東ヨーロッパ人種ディナール人種という分類も存在する。

初期の人類学の人種判別は外見の違い(特に肌の色)による判断という、かなり原始的な考察を頼りとしていた。また上述されている通りキリスト教への信仰心が深く関与している概念であり、風貌的に似通っていても異教徒である場合は意図的に範囲から除外された。

人種分類はその性質上、優生学などの差別的な思想と結び付きやすく、実際にクー・クラックス・クランナチスのような勢力を生み出す遠因となった。そのため、現在の生物学における人種に関する研究は、現生人類は一種一亜種であるという前提の上で慎重に行われている。あくまで人種とは現生人類の遺伝的多様性の地域的・個体群的偏りに過ぎず、人種相互に明瞭な境界はないとする。

なお、近年の国際的な学会では、人種分類としてのコーカソイドという名称から、地域集団の一つとしての「西ユーラシア人」という名称が一般的になりつつある(詳しくは人種を参照)。「コーカソイド」は、日本語中での用法は白人・白色人種のヨーロッパ風の表現として認識されることが多い。




★ロシアとは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29404340/

★アシュケナジム(東欧ユダヤ人)とは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29364837/


The Daily Life of an American Teenager
https://www.youtube.com/watch?v=B8QwKTGLlyw

MY DAILY ROUTINE IN THE USA!!!
https://www.youtube.com/watch?v=PLAG6uzggtU

Things AMERICANS Who’ve Never Traveled Don’t Know About the World...
https://www.youtube.com/watch?v=JO1_pW666cY

Why are Americans more obese than Europeans?
https://www.youtube.com/watch?v=VLxxW3-4LZ4

Obese Nation: Why Are Americans So Fat?
https://www.youtube.com/watch?v=oADE3t-QO2I

Obesity: The American way of life.
https://www.youtube.com/watch?v=m5DK0DhPz-M

The Way Americans Eat - The Business of Life (Episode 8)
https://www.youtube.com/watch?v=W-iz_SujyFM

Still Standing - Season 1 - Episode 1
https://www.youtube.com/watch?v=SOpBxHct82U&list=PL2C639145AF1EA760

Day in the life at High School in NYC
https://www.youtube.com/watch?v=o1iYZxUvTRc

Still Standing - Season 1 - Episode 1
https://www.youtube.com/watch?v=SOpBxHct82U

Small Wonder- Who's the Boss? S2-E8
https://www.youtube.com/watch?v=U0EwVuuB98k



★日本国民の生活水準は低い
https://kabukachan.exblog.jp/29371211/

いいかね、バカ猿が栄える国は必ず亡びる


おまけ!

Simon & Garfunkel - America (from The Concert in Central Park)
https://www.youtube.com/watch?v=sFAoWwUwknc

Lady Gaga Performs the National Anthem at 2016 Super Bowl (HD)
https://www.youtube.com/watch?v=zv2f5r5O0-c


[PR]
by kabu_kachan | 2018-05-03 03:00 | アメリカ | Comments(0)

アメリカのコメディアンと日本の芸能人の違い(ニッポンの サルが集まる 芸能界)

【アメリカのコメディアンと日本の芸能人の違い】


Michelle Wolf performs stand-up routine at White House Correspondent's dinner
https://www.youtube.com/watch?v=L8IYPnnsYJw

Michelle Wolf COMPLETE REMARKS at 2018 White House Correspondents' Dinner (C-SPAN)
https://www.youtube.com/watch?v=DDbx1uArVOM


What you missed from Michelle Wolf's correspondents' dinner speech
https://www.youtube.com/watch?v=_vH3DMdkYds

Trump Destroyed by Comedian at 2018 White House Correspondents Dinner
https://www.youtube.com/watch?v=AxISB26avpw

WHCA president defends Michelle Wolf's jokes
https://www.youtube.com/watch?v=II553BMJ3sI


Daily Show's Hasan Minhaj White House Correspondents' Dinner full monologue
https://www.youtube.com/watch?v=Of6PLJbMnxE


アメリカのコメディアンは

自分の国の大統領や政治家を批判したり揶揄できるんだぜ。

しかもテレビ局や新聞社の記者が集まっている場所でだぜw。

日本の芸能人やお笑い芸人の中で、

安倍総理や他の政治家を批判したり揶揄できるだけの

知識と関心を持っている者がいるのかね。

日本のお笑い芸人の頭の中はサルレベルだぜ。

だからサル芸人と言うんだぜ(サル同然)。


ここで一句。

ニッポンの サルが集まる 芸能界
バカ猿を 飼育するのが テレビ局
NHK 受信料で サル飼育
サル同士 みんなで笑う サル笑い


いいかね、

アメリカのコメディアンと日本のお笑い芸人の

頭のレベルの差は、人間と猿みたいなもんだぜ。

そのサルレベルのお笑い芸人を見て

笑っている日本国民とは一体何なんだ!

サル以下だぜ!(笑)

日本のお笑い芸人が先頭に立って

日本国民を日本猿にしているんだぜ!


バカ芸人 サルに徹して カネ儲け
国民は サルで良し良し テレビ局





おまけ!

Trump rips media at campaign-style rally in Michigan
https://www.youtube.com/watch?v=hC6iUImb1Xw


[PR]
by kabu_kachan | 2018-04-29 23:31 | アメリカ | Comments(0)

安倍総理、フランス大統領マクロンを見習え

安倍総理、フランス大統領マクロンを見習え。

あっ、そうか、英語が話せないサルだったのを忘れてた!(笑)

ここで一句。
サル芸人のギャグ。
えっ、どんなギャグ?

サルは皆 英語わからず すぐにサル!

くだらないギャグ。
そうかね?

FULL SPEECH: French President Macron Address Joint Session of Congress
https://www.youtube.com/watch?v=XUKf6teuYts

French President Macron Addresses Congress 4/25/18
https://www.youtube.com/watch?v=su-E5rDLntg

French President Macron addresses joint session of congress | ABC News
https://www.youtube.com/watch?v=RqUc1h7bZQ4

President Trump Participates in a Joint Press Availability with the Preside
https://www.youtube.com/watch?v=MmlWKkaoLs0



French President Emmanuel Macron gestures as he is introduced before speaking to a joint meeting of Congress in Washington on Wednesday. Standing behind him are Vice President Mike Pence and House Speaker Paul Ryan. | AP



Macron resists Trump's 'America first' in speech to Congress

AP

Apr 26, 2018 Article history


WASHINGTON ー French President Emmanuel Macron drew sharp contrasts with President Donald Trump's worldview Wednesday, laying out a firm vision of global leadership that rejects "the illusion of nationalism" in a candid counterweight to Trump's appeals to put "America first."

In the spotlight of a speech to the U.S. Congress, Macron was courteous but firm, deferential but resolute as he traced the lines of profound division between himself and Trump on key world issues: climate change, trade and the Iran nuclear deal.


A day after the French leader had put on a show of warmth and brotherly affection for Trump at the White House, his blunt speech prizing engagement over isolationism reinforced the French leader's emerging role as a top defender of the liberal world order.

"We can choose isolationism, withdrawal and nationalism. This is an option. It can be tempting to us as a temporary remedy to our fears," Macron said. "But closing the door to the world will not stop the evolution of the world. It will not douse but inflame the fears of our citizens."

Issuing a bleak warning, he urged against letting "the rampaging work of extreme nationalism shake a world full of hopes for greater prosperity."

It was a marked shift from the simpatico Macron of only a day earlier during his state visit at the White House. In his first year as France's president, Macron has carefully cultivated as close a relationship to Trump as any world leader can boast. But addressing a joint meeting of Congress ー an honor granted only occasionally to leaders of close U.S. allies ー Macron confronted his differences with Trump head-on.

As Trump weighs pulling out of the 2015 Iran accord, Macron made clear that France will not follow his lead.

"We signed it at the initiative of the United States. We signed it, both the United States and France," Macron said. "That is why we cannot say we should get rid of it like that."

Macron later told French reporters that he has no "inside information" on Trump's decision on the Iran deal but noted that it's clear the U.S. president "is not very much eager to defend it."

Macron saved some of his most pointed comments during the speech on Trump administration policy on climate change, implicitly lamenting the president's moves to withdraw from the global emissions pact reached in Paris. Macron said humans are "killing our planet" and added: "Let us face it: There is no Planet B."

"On this issue, it may happen we have disagreements between the United States and France. It may happen, like in all families," Macron said. "But that's for me a short-term disagreement."

It was an allusion not to an impending Trump about-face, but to the prospect of America choosing a different path under a successor, whoever that may prove to be. Asked by French reporters about his comments later during a visit to the Martin Luther King Jr. Memorial, Macron said with a smile that he doesn't expect Trump to rejoin the Paris accord but does expect that America will.

Macron's hourlong speech to Congress, delivered in English, provoked obvious delight from congressional Democrats, who erupted repeatedly in cheers and standing ovations for the visiting Frenchman ー a contrast to the mostly silent reaction from Republicans in the House chamber. To some, it was an ironic reminder that more than a year after being walloped by Trump in the election, Democrats have yet to coalesce behind either a cohesive message or a messenger, still plaintively searching for the kind of energetic, fresh-faced leader that Macron represents.

For Macron, the exuberant reception may have been equally ironic. At home, Macron does not enjoy the same level of applause or enthusiasm. A centrist in France, he's currently criticized more from the left than the right, notably for ending France's famed worker protection, and he's often derided as the president of the rich.

Still, his soaring speech to Congress and closely watched visit to the United States have buttressed the notion that Macron, more than any other world leader, now carries the torch for the rules-based international system of freedoms, free markets and democratic governance that Western nations have championed since World War II.

Trump's positions on trade and overseas obligations have chipped away at America's position as the spokesman for that movement. And German Chancellor Angela Merkel, seen in recent years as the inheritor of that role, has faded somewhat amid domestic political challenges in her country.

That France sees itself as uniquely equipped to help fill that void seemed evident as Macron called for communal action to address "urgent" threats to what he called fundamental values.

"Today, the international community needs to step up our game and build the 21st century world order," he said.

It wasn't all criticism from Macron. He sought to showcase the historic bond between the U.S. and France, touting the two allies' "constant attachment to freedom and democracy." Yet he also mentioned "fake news," a point of contention between Trump and others, and warned that lies disseminated online are threatening freedoms worldwide.

In friendly fashion, he recounted trans-Atlantic links from the earliest days of the United States, Macron talked about a meeting between Ben Franklin and the French philosopher Voltaire, "kissing each other's cheeks."

In an apparent reference to his affectionate rapport with Trump this week, Macron mused: "It can remind you of something."




アメリカを知れ。

James Comey gets real in CNN town hall
https://www.youtube.com/watch?v=V0KSEfSgstY

FULL TESTIMONY: Former FBI Director James Comey testifies before Senate Intelligence Committee
https://www.youtube.com/watch?v=TKw_htkSOdA




おまけ!

馬渕睦夫★学校で学んだロシア革命は完全に嘘である!隠されたユダヤ人の正体!米国で進む歴史の見直し!
https://www.youtube.com/watch?v=0cn4uB8kQjo


[PR]
by kabu_kachan | 2018-04-26 21:53 | アメリカ | Comments(0)

日本人よ、フェイスブックを使うな。(You Should Quit Facebook.)

フェイスブックは個人情報ダダ漏れである。

Mark Zuckerberg testifies on Capitol Hill (full House hearing)
https://www.youtube.com/watch?v=hJdxOqnCNp8

PART 1: Facebook CEO Mark Zuckerberg Testifies At Senate Judiciary Committee
https://www.youtube.com/watch?v=woEq42aKEI4

PART 2: Facebook CEO Mark Zuckerberg Testifies At Senate Judiciary Committee
https://www.youtube.com/watch?v=I37macQoasQ

LIVE: Facebook's Mark Zuckerberg testifies for the second day before US lawmakers
https://www.youtube.com/watch?v=AObbtcTPITA

Mark Zuckerberg: “I’m really sorry that this happened”
https://www.youtube.com/watch?v=G6DOhioBfyY

Cambridge Analytica whistleblower Christopher Wylie appears before MPs - watch live
https://www.youtube.com/watch?v=X5g6IJm7YJQ

Facebook whistleblower: We tested Trump slogans in 2014
https://www.youtube.com/watch?v=_loOgecLIrU




Six Reasons Why I'm Not On Facebook, By Wired UK's Editor


Six reasons I'm avoiding Facebook

"David, you're sounding like an old dude!" Matt Flannery, who runs social-lending website Kiva, couldn't understand when I explained that, no, I wouldn't be keeping in touch with him via Facebook. "What are you worried about?" he teased in a break at the PINC conference in Holland. "Only old guys get worked up about privacy."

Well, Matt, I admit I'm the wrong side of 30, and that I still avoid using emoticons in formal correspondence. But let me explain why I'm not active on Facebook, nor sharing my credit-card purchases on Blippy, nor allowing Google Buzz to mine my contacts list, nor even publishing my DNA on 23andMe.com. My cautious use of the social networks has nothing to do with paranoia about privacy; and yes, I celebrate the unprecedented transparency and connectivity that these services can empower. But what's increasingly bothering me is the wider social and political cost of our ever-greater enmeshment in these proprietary networks. Here are half a dozen reasons why.

1) Private companies aren't motivated by your best interests
Facebook and Google exist to make money, by selling advertisers the means to target you with ever greater precision. That explains the endless series of "privacy" headlines, as these unregulated businesses push boundaries to make it easier for paying third parties to access your likes, interests, photos, social connections and purchasing intentions. That's why Facebook has made it harder for users to understand exactly what they're giving away ー why, for instance, its privacy policy has grown from 1,004 words in 2005 to 5,830 words today (by comparison, as the New York Times has pointed out, the U.S. Constitution is 4,543). Founder Mark Zuckerberg once joked dismissively about the "dumb fucks" who "trust me". I admire the business Zuckerberg's built; but I don't trust him.

2) They make it harder to reinvent yourself
"When you're young, you make mistakes and you do some stupid stuff," President Obama warned high-school students in Virginia last September. "Be careful about what you post on Facebook, because in the YouTube age whatever you do will be pulled up later somewhere in your life." He's right: anything posted online might come to haunt you permanently, yet all of us need space to grow. As the writer Jaron Lanier said in a recent lecture, if Robert Zimmerman, of small-town Hibbing, Minnesota, had had a Facebook profile, could he really have re-created himself as the New York beatnik Bob Dylan

3) Information you supply for one purpose will invariably be used for another …
Phone up to buy a pizza, and the order-taker's computer gives her access to your voting record, employment history, library loans ー all "just wired into the system" for your convenience. She'll suggest a tofu pizza as she knows about your 42-inch waist, she'll add a delivery surcharge because a nearby robbery yesterday puts you in "an orange zone" ー and she'll be on her guard because you've checked out the library book Dealing With Depression. This is where the American Council for Civil Liberties sees consumerism going ー watch its pizza video online ー and it's not to hard to believe. Already surveys suggest that 35 percent of firms are rejecting applicants because of information found on social networks. What makes you think you can control what happens to your personal data?

4) ... and there's a good chance it will be used against you
Mark Zuckerberg would like to suggest that, in an ever more transparent world, "you have one identity ー the days of you having a different image for your work friends or co-workers and for the other people you know are probably coming to an end pretty quickly." That suits his purpose ー but in our multi-layered lives it's just not true. A vindictive ex-partner, or a workplace rival, or a health insurer, or a political opponent, may selectively expose information to your detriment ー powerfully re-framing your identity in a way you would consider dishonest.

5) People screw up, and give away more than they realise
To understand how much personal information Facebook users are inadvertently sharing, visit youropenbook.org and search for phrases such as "cheated on my wife" or "my new mobile number is" or "feeling horny". I'll bet that most of the people whose intimate details you'll get to read are unaware that their updates are being shared quite so openly. Have they genuinely given Zuckerberg their informed consent?

__6) And besides, why should we let businesses privatize our social discourse? __
Some day you should take time to read those 5,830 words: it's Facebook that owns the rights to do as it pleases with your data, and to sell access to it to whoever is willing to pay. Yes, it's free to join ー but with half a billion of us now using it to connect, it's worth asking ourselves how far this "social utility" (its own term) is really acting in the best interests of society.

Don't take my word, Matt ー young internet users themselves are increasingly wary of the social networks' use of their private data. A recent study by the Pew Internet and American Life Project ー a decent sample of some 2,253 Americans ー found that 44 percent of Generation Y (aged 18 to 29) now limit their online personal information, compared with 33 percent of internet users between ages 30 to 49. And three-quarters of younger social-networkers have adjusted their privacy settings to limit what they share.

Call me uncool ー but that's a trend I'm happy to share with my friends. In person.

David Rowan is the editor of Wired UK magazine. He also* writes The Digital Life, a monthly tech column in our sister Conde Nast magazine, GQ. This column originally appeared in CG's September issue.*




『Facebook』を使わない6つの理由

英国版Wiredのある編集者が、絶対にFacebookを使わない理由とは。


David Rowan (the editor of Wired UK )


私はFacebookを使っていないが、それについて、「ずいぶん時代遅れだな!」とからかわれたことがある。からかったのは、ソーシャル・ファイナンス・サイト『Kiva』を運営するMatt Flannery氏で、彼は私に対して、「何を怖がっているんだい? プライバシーについてうるさいのは年寄りだけだよ」と言った。

たしかに私は30代後半だし、いまだに、フォーマルなメールでは顔文字は使わない。しかし、私がなぜFacebookを利用せず、Blippyではクレジットカードを使った買い物をせず、Google Buzzには自分の連絡先を使わせない(そしてもちろん、23andMe.comに自分のDNAを提供してもいない)のか、その理由を説明させてほしい。

私は、ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)によって可能になった、前例のないほど透明な関係性やつながりについては素晴らしいものだと思っている。私がSNSに注意深くありたいと思う理由は、プライバシーについてのパラノイア的な恐れからではなく、われわれが、私企業にますます組み込まれて行っていることの社会的・政治的コストの大きさから来る。その理由を6つ挙げる。

1)私企業の目標は、あなたの利益と一致するわけではない

『Facebook』や『Google』は、お金を儲けるために存在している。広告主に対して、これまでより正確に、あなたをターゲットにできる手段を販売しているのだ。あなたの趣味や興味、写真、社会的関係、購買傾向等についての情報が、別の諸企業にますます渡りやすくなっていっている。

だからこそFacebookは、ユーザーたちが実は何を無料で提供しているのかを、ユーザーが正確に理解しにくいようにしている。例えば、2005年には1004ワードだったプライバシー・ポリシーが、2010年には5830ワードに増えているのは、そうした理由からだ(『New York Times』紙は、これと比較すると米国憲法は4543ワードだと指摘している)。


Facebookを創設したMark Zuckerberg氏はかつて、「僕を信頼しているバカな人たち」という「冗談」を言ったことがある。私はZuckerberg氏が創設したビジネスについては素晴らしいと思うが、彼を信頼してはいない。

2)過去が固定されてしまい、変化しにくくなる

「若いときは間違いをするし、愚かなこともするものだ」と、オバマ大統領は昨年9月、バージニア州の高校生に向けて語った。「Facebookに書く内容には注意しよう。YouTubeの時代には、何か行動したことによって、後の人生で足を引っ張られることがあり得るからだ」

オバマ大統領は正しい。オンラインに掲載された内容が何であれ、それはあなたを永遠に脅かす。われわれには「成長の余地」が必要であるにもかかわらずだ。

作家のJaron Lanier氏が最近の講演で語ったように、ミネソタ州の小さな町Hibbingに住んでいたRobert ZimmermanがFacebookのプロフィールページを持っていたとしたら、彼はのちに自分をボブ・ディランとして変身させることができただろうか?

3)提供した情報は、別のことに使われる

『市民的自由のための米国会議』(American Council for Civil Liberties)という団体は、現在の状況が進展していったら、こんな未来が来るという動画を作った。――ピザのオーダーを受けた女性が、画面の情報から、あなたの投票記録や雇用履歴、図書館の延滞状況を見る。あなたのウエストは42インチなので豆腐ピザをすすめ、あなたの住所は昨日強盗があった「オレンジ・ゾーン」なので特別料金を請求し、あなたが図書館で「鬱状態のときはどうするか」という本を借りているので受け答えに注意するのだ。


こういった未来は、信じがたいとまではいえない。すでに、企業の35%が、ソーシャル・ネットワーク上で見つけた情報を、就職希望者の不採用理由として挙げているという調査結果がある。個人データがどのように扱われるかを、自分でコントロールできるなどとは思わないほうがいい。

4)その情報は、自分にとって不利に使われる可能性が高い

Mark Zuckerberg氏は、透明化がますます進む世界においては、「あなたが持つアイデンティティーは1つだけだ。職場の友人や同僚に見せるイメージと、他の人に見せるイメージを変えることができた時代は、急速に終わりを迎えている」ということを述べるのが好きだ。

その発言は、彼の目的にとっては適切だろう。しかし、複数領域にわたる人生を生きるわれわれにとっては、それは真実ではない。

復讐心にかられたかつてのパートナー、職場のライバル、保険外交員、政敵などは、あなたにとって不利な情報をわざわざ選び出して晒すことができる。不誠実な人と思われるようにあなたのアイデンティティーを作り替えることなど、ごく簡単なのだ。

5)われわれの情報は、気づいている以上に晒されている。

Facebookユーザーの個人情報が、どこまで意図せずに晒されているかを知るには、youropenbook.orgにアクセスして、「cheated on my wife」(妻を裏切った)とか「feeling horny」(ムラムラしている)、「私の新しい携帯番号は」などといったフレーズを検索してみるといい。そこで読むことのできる詳細な個人情報の持ち主のほとんどは、自分の最新情報がここまで公然と晒されていることに気づいていないはずだ。

6)われわれの社会的交流をなぜ私有させ、利用させるのか

Facebookは、あなたのデータを好きなように使用し、お金を支払う意思のある者なら誰にでも、そのデータへのアクセス権を販売する権利を持っている。


たしかに参加は無料だが、Facebookに5億人ほどのユーザーがアクセスしている現在、この「ソーシャルな公益事業」(Facebook自身の表現)が、実際にはどれくらい社会の公益に沿って運営されているかについて、問いかけてみる価値はある。

ーーー

若い層ほど、SNSが個人情報を使うことに対して用心する傾向が強いという調査結果もある。『ピュー・インターネット・アンド・アメリカン・ライフ・プロジェクト』による、米国人を対象にした最近の調査によれば(有効サンプル数は2253人)、ジェネレーションY(18?29歳)の44%が、オンラインでの個人情報に制限をかけている。それに対し、30ー49歳のインターネット・ユーザーでは、その割合は33%だった。プライバシー設定で何を共有するか制限をかける割合も若い層のほうが多く、若い層では4分の3が制限を行なっている。

私は「クールでない人」と呼ばれるかもしれない。しかしこのトレンドは、個人的には友人たちと共有したいと思うものだ。

[日本語版:ガリレオ-佐藤卓/合原弘子]




ここで一句。

日本語で いくら言っても 檻の中
日本語で いくら書いても 檻の中
日本語の 檻の中の 日本猿
日本猿 発信能力 まるでなし
日本人 自分がサルだと 気づかない
外人で 日本語学ぶ 者はなし
日本語は 世界の中の サル言語



いいかね、
ケント・ギルバート氏や
ベンジャミン・フルフォード氏は
日本のネットで人気があるだろ。
日本語ペラペラで日本の政治や政治家を批判しているだろ。
この逆の場面を考えてみろ。
アメリカのネットで、英語ペラペラでアメリカの政治や政治家を批判している日本人がいるかね?
この差(ギャップ)に気づいていないからサルなんだぜ。

日本人はサル言語でサル世界に閉じこもって
サル議論している本当のサルなんだぜ。

ネットの誕生で、
日本人はサル言語で永遠にサル議論し続けて、
「サル自己満足」する本当のサルになっちまったんだぜ。
いいかね、
日本社会の支配者側から見れば、日本人がサルのままでいてくれることは本当にありがたくて「棚から牡丹餅」なんだぜ。
日本人諸君、君たちはみんなこの「棚から牡丹餅」に自ら貢献しているんだぜ。(笑)
サル世界にこもり続ける本当のサルだぜ。
どこの外国人が日本人のサル議論を理解するのかね?
外国人が日本語を学ぶわけがないだろ。
いい加減に気がつけよ。

Trump: Wolff Book 'Fire And Fury' Is 'Full Of Lies' | The View
https://www.youtube.com/watch?v=R9jc2KzvLtI

Michael Wolff's Bombshell Book On Trump White House | The View
https://www.youtube.com/watch?v=0HyBNgxgV2g


安倍晋三、麻生太郎の辞任、安倍内閣の解散はいつになるか?【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/04/12
https://www.youtube.com/watch?v=595EJUgqHy0

末期症状、打つ手なしのトランプ大統領と安倍政権の終焉【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/04/12
https://www.youtube.com/watch?v=Xzuawvc9s2A




★日本人よ、「世界最高頭脳」を目指せ!
https://kabukachan.exblog.jp/29079332/

渡部昇一★教科書で学べない日本の歴史「明治維新」 #渡部昇一
https://www.youtube.com/watch?v=e3IAX9Hr1v4


[PR]
by kabu_kachan | 2018-04-15 22:48 | アメリカ | Comments(1)

ロシアとは何か?

ロシアとは何か?

★白人(偽ユダヤ人)の起源
https://kabukachan.exblog.jp/21442997/

★「白人」とは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29295822/

★ポグロムとユダヤ人のアメリカ移住
https://kabukachan.exblog.jp/25450166/

★「ロシア系ユダヤ人のアメリカ移住」の研究論文(3)
https://kabukachan.exblog.jp/25800918/


★アシュケナジム(東欧ユダヤ人)とは何か?
https://kabukachan.exblog.jp/29364837/

現代のアメリカとアメリカ人の日常生活(アメリカとは何か?)
https://kabukachan.exblog.jp/29470868/


私の考え。

「ロシアとは何か」と調べると、ロシア革命のことが出てくる。そしてロシア革命を起こした人たちはユダヤ人であったことが分かって来ている。この知識は間違っていないし、私も初めの頃は驚喜したものだ。
しかし今になってちょっと見方が変わってきている。
いいかね、ロシアのユダヤ人たちは人種的にはユダヤ人じゃないんだぜ。ロシアのユダヤ人は正確に言うと、「ロシア人のユダヤ教徒」なんだぜ。すなわち、ロシア系ユダヤ人とはロシア人のユダヤ教徒のことである。
たとえば、日本には多数の仏教徒がいるだろ。だが、インド人とは言わないだろ。
だからロシア帝国時代のポグロムというのはロシア国内の宗教対立だったんだぜ。ロシア人のユダヤ教徒はポグロムのときに大量にアメリカに逃げたんだぜ。その後ロシア革命で今度はロシア人のユダヤ教徒が政権を握るとロシア帝国時代の富裕層であったロシア人がアメリカや西ヨーロッパに逃げたのである。すなわち、現在ロシア人はアメリカや西ヨーロッパに多く住んでいるのである。もともとロシア人は白人の本流であるから、他の白人と一緒に暮らしてもわからないのである。しかもロシア語は英語と言語構造は同じであるから、ロシア人は英語を習得するのが簡単なのである。
わかるかね、西側諸国のいたるところに英語に堪能なロシア人がいるから、ロシアはアメリカやヨーロッパの情報を簡単に入手できるんだぜ。ロシア人は自分たちの国が世界で唯一の白人国家だと自負しているんだぜ。だからアメリカや他の白人国家を見下しているんだぜ。
英語とロシア語の言語構造が同じだから、西ヨーロッパで誕生した科学技術文明は簡単にロシアに伝わったんだぜ。ところが日本語は英語と全く異なる言語だから科学技術を習得するのに苦労しただろ。日露戦争の頃にやっと日本は西側諸国に追いついたのである。ところが中国はまだ科学技術を習得できていなかった。今になって中国は軍事や科学技術力を誇示するが、中国が西洋の科学技術を習得できたのは日本のお陰なんだぜ。日本が蘭学時代や明治に数多くの科学技術用語を作っただろ。中国はその日本が作った科学技術用語をそのまま中国語に導入したんだぜ。だから中国の近代化は日本が作った科学技術用語のお陰なんだぜ。


ロシア人(-じん)、ロシア民族(ルースキエ;русскиеルースキイェ)は、東スラヴ人に属する民族である。ロシア語を持つ。ロシア連邦(80%以上)・ウクライナ(17.3%)・ベラルーシ(11.4%)などを中心として旧ロシア帝国や旧ソビエト連邦構成国に広く居住する。

人口[編集]

居住各国の統計から算出すると1億3,000万人を超えており、世界でも人口の多い民族の一つである。およそ1億1600万人がロシア連邦内に、1600万人がロシアの近隣諸国に住んでいる。その他、約460万人が世界各国に居住し、その多くはアメリカ合衆国と西ヨーロッパ諸国である。




蘭学とは何か?(Dutch learning)Part 1
https://kabukachan.exblog.jp/29154204/

蘭学とは何か?(Dutch learning) Part 2
https://kabukachan.exblog.jp/29154221/


🇷🇺 Who poisoned ex-Russian agent Sergey Skripal and his daughter? | Inside Story
https://www.youtube.com/watch?v=kIMfe7syMBY


Agent of Poison: The Salisbury Spy
https://www.youtube.com/watch?v=fYkz56dKTkU

Poisoned Relations: UK sanctions Russia over nerve agent attack
https://www.youtube.com/watch?v=43dyi8vIwbw

'Russian Spy Attack' Special: what is next for Russia & the United Kingdom?
https://www.youtube.com/watch?v=bCjFPvw3I8M

Poisoned - a documentary about Russia's assassinations using poison
https://www.youtube.com/watch?v=pB0ib5PDrwM



いいかね、「ロシアのスパイ、ロシアのスパイ」と言うが、そもそも米ソ冷戦時代のときも太平洋戦争のときもアメリカや西ヨーロッパにロシア人スパイ(コミンテルン)はいたじゃないか。太平洋戦争のときは日本にもいたんだぜ。ゾルゲと尾崎秀美が組んでスパイをやっていただろ。(ゾルゲ事件)





英神経剤襲撃 不信の連鎖、偶発的衝突危惧 経済・教育…人的交流に障害


3/31(土) 7:55配信

産経新聞


 英国での神経剤襲撃事件は、米欧側とロシアの追放する外交官がそれぞれ150人以上にのぼる見通しとなった。開戦前や戦時中をほうふつさせる、冷戦終結後で最悪の事態といえる。外交官の大幅削減により、双方の情報交換や信頼醸成の機会が減ることの影響は深刻だ。ロシアは米英両国の総領事館閉鎖なども命じており、人的交流にも大きな障害が出ることになる。

 外交実務のチャンネルが細るのに伴い、最も懸念されるのは偶発的な軍事衝突だといえる。たとえば、シリアではアサド政権の後ろ盾であるロシアと、反体制派を支援する米欧側がともに軍事行動を行っている。2月には、米軍主導の有志連合が東部デリゾール近郊で空爆を行い、消息筋によると、ロシア系民間軍事会社に所属するロシア人戦闘員に推定約300人の死傷者が出た。

 正確な情報や相互信頼が欠如することで、こうした衝突はより起きやすくなる。ロシアが、極東や西部の国境付近で軍事行動を活発化させていることも懸念を深める材料だ。

 ロシアは外交官追放のほか、米英両国に在サンクトペテルブルク総領事館を閉鎖するよう命じた。英国の公的な国際文化交流機関、ブリティッシュ・カウンシルの活動も禁止した。

 米総領事館は米国渡航に必要なビザ(査証)の発給を業務としており、ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクで米国ビザを取得できない事態となる。観光やビジネスで影響を受けるロシア人は少なくない。ブリティッシュ・カウンシルは、教育・研究分野の交流に取り組んできたが、多くの共同事業が停止する。

 人的交流が困難になることで、プーチン政権の対外強硬路線に不満が向けられていく可能性もある。

 米欧による外交官追放について、ロシアは、「英米両国が他国に追随を強要している」と主張している。プーチン政権は、欧州連合(EU)内で露外交官追放に踏み切っていない国や消極的な国を取り込み、英米とEUの分断につなげていきたい考えだ。(モスクワ 遠藤良介)



【iRONNA発】プーチン大統領 世界で孤立するロシアの焦り 名越健郎氏

ロシアのプーチン大統領が再選を決めた。任期満了の2024年まで務めると、四半世紀近い長期政権となる。「大国ロシア」の復権を掲げ、なりふり構わぬ強権ぶりを誇示するプーチン氏。米欧との対立を深め、新冷戦時代に突入した世界はどこへ向かうのか。

 ロシア大統領選の前、内外で奇妙な動きがみられた。プーチン大統領が3月1日の年次教書演説で、激烈な反米演説を唐突に行い、戦略核戦力の開発強化を表明したのだ。この直後に英国で起きた元ロシア軍スパイ暗殺未遂事件は謎めいているが、これも大統領選と関連があったとの見方がある。

 8人が立候補した大統領選は、そもそもプーチン氏の当選が確実な無風選挙だった。事前の世論調査でも、プーチン氏の支持率は70%前後で、事実上の信任投票だったといえる。このため、選挙戦は盛り上がりに欠けた。出馬を拒否された反体制指導者、アレクセイ・ナバリヌイ氏が選挙ボイコットを呼びかけたこともあり、投票率も低いとみられていた。






世界で唯一の白人大国・ロシア
https://kabukachan.exblog.jp/29350674/

「ロシア系ユダヤ人のアメリカ移住」の研究論文(3)
https://kabukachan.exblog.jp/25800918/





★おい、日本のサル知識人よ、朝生テレビに出てくるサル知識人よ、この議論に加わって英語で議論して見ろよ。
    ☟
CNN town hall in wake of Florida school shooting
https://www.youtube.com/watch?v=ZaLh74eXTDo

アメリカ銃規制論争と合衆国憲法修正第2条
https://kabukachan.exblog.jp/29329692/






おまけ!

Japan : Tradition & Culture
https://www.youtube.com/watch?v=-pgCPJSiKoo

Japan The Way of Zen : Zen Buddhism Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=We2pP1yu960

Zen - Principles and Practices (Enhanced version)
https://www.youtube.com/watch?v=CfR_ZkRQz3Q

Zen - The Life Of Zen Master Dogen
https://www.youtube.com/watch?v=8s5Uz8XSc-Y

Teaching of zen, Shodo Harada Roshi in America
https://www.youtube.com/watch?v=0r6ibGzylBo

馬渕睦夫 9.11はパールハーバー
https://www.youtube.com/watch?v=DEx7xnr5Ep8

中帰連・撫順戦犯管理所洗脳プロセス(南京関連)
https://www.youtube.com/watch?v=RAdq0kAn24o

「南京の安全区国際委員長から日本軍に感謝状が出されていた」(H19.1.29)
https://www.youtube.com/watch?v=jEdR65Y6I7o

【撫子日和】中帰連のお爺さん達、何がしたいの? [桜H23/10/4]
https://www.youtube.com/watch?v=b2zP__qOREo

こうして洗脳された中国帰国者連絡会    歴史教科書にだまされるな!
https://www.youtube.com/watch?v=5vKBXpIplNI

マスゴミが隠し続ける新作映画
https://www.youtube.com/watch?v=2nyFYPzaSeY


NHK_「731部隊の真実」の嘘(その1)
https://www.youtube.com/watch?v=J6bLgQkSWzE

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その3)
https://www.youtube.com/watch?v=reJ_rrVQHPo

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その4)
https://www.youtube.com/watch?v=TzocdIs7Ewo

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その5)①
https://www.youtube.com/watch?v=3ZA78-alzt8

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その5)②
https://www.youtube.com/watch?v=izt__TpJqds

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その5)③
https://www.youtube.com/watch?v=tFuF31Cwl1Y

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その5)④
https://www.youtube.com/watch?v=uhOfnDZ-fpI

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その6)
https://www.youtube.com/watch?v=Uj9Uvgjh8E8

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その7)
https://www.youtube.com/watch?v=Kyi8I-zW-8A

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その8)
https://www.youtube.com/watch?v=GMvNAz5_uRs

NHK_「731部隊の真実」の嘘(その9)
https://www.youtube.com/watch?v=070YYkl5U38


NHK_「731部隊の真実」の嘘(その10)
https://www.youtube.com/watch?v=bC5xw3FQhc0


私の見た動画31『731部隊の真実』
https://www.youtube.com/watch?v=U73ED4a_OHE

驚愕!!特集731部隊の内容に大炎上!?旧ソ連軍事裁判の録音テープが動かぬ証拠か!?対立する見解!!果たして真実はどっちだ!!驚き!!
https://www.youtube.com/watch?v=tEvEjqoLmfM




【青山繁晴】中川昭一もうろう会見の真相解説
https://www.youtube.com/watch?v=1i89ErB42Hw


White House press briefing April 4, 2018. White House Briefing with Press Secretary Sarah Sanders
https://www.youtube.com/watch?v=ZKly-gZYqlA




More
[PR]
by kabu_kachan | 2018-03-31 12:31 | アメリカ | Comments(0)

アメリカの政策(日本人の誤解)

アメリカの政治と政策


Turmoil at the White House continues
https://www.youtube.com/watch?v=VHh14vznfcI

Staff shakeups hit the White House, latest updates in the Russia probe
https://www.youtube.com/watch?v=I3Q3RT1h064

Turnover at the White House, President Trump’s lead attorney in the Russia probe resigns
https://www.youtube.com/watch?v=uZ78nUcRLKs

Staff shakeups hit the White House, latest updates in the Russia probe
https://www.youtube.com/watch?v=I3Q3RT1h064

Previewing Saturday's ‘March for Our Lives'
https://www.youtube.com/watch?v=j827m0qF7Cg


Jared Kushner Under Investigation... By The White House? | Rachel Maddow | MSNBC
https://www.youtube.com/watch?v=8VixDE4Ptro

Woodward and Bernstein compare Trump, Nixon
https://www.youtube.com/watch?v=XKKw7IiMuqI



日本人の誤解


★トランプ政権暴露本『FIRE AND FURY INSIDE THE TRUMP WHITE HOUSE』
https://kabukachan.exblog.jp/28972158/


いいかね、日本の書店には、たとえばドナルド・トランプの暴露本『Fire and Fury』がアメリカで書かれるとすぐに日本で邦訳が出るだろ。
日本人はこの邦訳本を読んで日本語で考えるだろ。
日本語で考えて日本語でイメージを膨らませていくわけだ。
ところが、アメリカ人は英語で読んで英語でイメージをつくっていくんだぜ。
日本語を知らないからね。
自然科学の分野だと、数字という共通の世界があるから常に同じ土俵にもどるが、人文系の分野、特に文学などは、日本人は日本語訳を読んで日本語で感想を持つだろ。
アメリカ人は英語で読んで英語で感想を持つだろ。
日本語で感想を持つことと英語で感想を持つこととはまったく違うんだぜ。

日本人とアメリカ人の間には永遠に隔たりがあるんだぜ。
通訳とか翻訳というのはあくまで疑似に過ぎない。
完全に同じであることはない。
英語を日本語に置き換えるだろ。置き換えたその時点でその言葉はカタカナであれ、完全な日本語になるんだぜ。日本語で考えているからである。
アメリカ人は日本語では考えないんだぜ。日本語を知らないからね。

すなわち、英語の世界と日本語の世界は次元が違うのである。

「英語がわかる」というのは、日本語を介さない理解のことなんだぜ。

Ivanka Trump Visits Japan. Nov 2-3, 2017. Ivanka Trump meets with Japans Prime Minister Shinzo Abe
https://www.youtube.com/watch?v=ZH6ZK2SQaoc

Full speech: Ivanka Trump addresses the 2016 RNC
https://www.youtube.com/watch?v=YAksO-_uibs

President Donald Trump Speech in Richfield, Ohio on the Infrastructure Initiative. March 29, 2018
https://www.youtube.com/watch?v=I49fN0BBiV4


いいかね、アメリカ人が日本語を学ぶことは絶対にない。
だから国連で日本語が話されることも絶対にない。

★国連とは何か・安全保障理事会(国連分担金)と北朝鮮制裁決議
https://kabukachan.exblog.jp/27378411/




★日本人の大好きな「ノーベル賞」と日本人の苦手な英語
https://kabukachan.exblog.jp/27871130/




おまけ!

9/11 Was An Inside Job — Truth Without Colors — 2014
https://www.youtube.com/watch?v=3Xw_zJHLOo8

How U.S. Economic Warfare Provoked Japan's Attack on Pearl Harbor | Robert Higgs
https://www.youtube.com/watch?v=9p8z1A3TsxU


中国の『南京大虐殺』ユネスコ記憶遺産登録を阻止せよ!!【THE FACT×The Liberty】
https://www.youtube.com/watch?v=ODON0aXaFCw

[PR]
by kabu_kachan | 2018-03-26 23:49 | アメリカ | Comments(0)