カテゴリ:歴史( 67 )

American View of Japanese in the Pacific War (アメリカ人の日本人観)


太平洋戦争中のアメリカ人の日本人観



Related image


Image result for jap yellow monkey


Image result for jap yellow monkey


Related image


Related image

Image result for jap yellow monkey


Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey

Image result for jap yellow monkey





That's why American people jumped for joy to hear the news of Japanese surrender.

日本に原爆を落として、アメリカ人が喜んだ理由がわかっただろ。



日本のクリスチャンへ警告2 、カザール人→偽ユダヤ→悪魔教徒の偽牧師→ペンテコステ・カリスマ派→獣のしるし→神の裁き の流れ
https://www.youtube.com/watch?v=7Jz7xdf75tQ

ちなみに、私の出自。
  かつ
私の名前(平瀬)の由来。


  ☟

 平瀬城


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。


★平瀬城は、小笠原一族のひとりが平瀬と名乗って城を築いたのが始まりである。

そして小笠原氏というのは清和源氏(清和天皇)の出である。



[PR]
by kabu_kachan | 2017-07-31 02:13 | 歴史 | Comments(8)

American People! Look at ME! 【Atrocities of The American Army】(サイパンで米軍が行なった民間人虐殺の大蛮行)

ALL OF THE AMERICAN PEOPLE !
LOOK AT ME !
I AM A JAPANESE !




The Greatest Atrocities and Horrible Massacre by The American Army in World History

     ☟


Hiroshima: Dropping The Bomb - Hiroshima - BBC
https://www.youtube.com/watch?v=3wxWNAM8Cso

24 Hours After Hiroshima 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=jY9VwCE_Dsg

24 Hours After Hiroshima 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=AjPm9Vo_pYU

24 Hours After Hiroshima 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=jhigykrqMMM

Atomic bombing of Nagasaki - BBC
https://www.youtube.com/watch?v=ncq_Wye43TM


WORLD WAR 2 AIR RAIDS ON TOKYO - PART 1

https://www.youtube.com/watch?v=7_Aj9Jw5MXo


The Great Tokyo Air Raid and the Bombing of Civilians in WW II
https://www.youtube.com/watch?v=J2Ts3v1o24o&index=168&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j


★The international military tribunal for the far east

The atomic bombs
https://www.youtube.com/watch?v=mVCy8CL1EN8

The Truth about Japan's War 1/5 : Tokyo Trial, Radhabinod Pal
https://www.youtube.com/watch?v=lVbMaJIyhKQ

https://www.youtube.com/watch?v=iTG1OYSGMN8

This is the American Way of Massacre !



"Arizona war worker writes her Navy boyfriend a thank-you note for the Jap skull he sent her.

When he said goodby two years ago to Natalie Nickerson, 20 a war worker of Phoenix, Ariz., a big, handsome Navy lieutenant promised her a Jap. Last week Natalie received a human skull, autographed by her
lieutenant and 13 friends, and inscribed: "This is a good Jap - a dead one picked up on the New Guinea beach." Natalie, surprised at the gift, named it Tojo. The armed forces disapprove strongly of this sort of
thing."
LIFE MAGAZINE, 5/22/44 p.35 "Picture
of the Week"

CODOH: Allied Wartime Atrocities
http://www.codoh.com/atro/atrocity.html
(cache) CODOH: Allied Wartime Atrocities



United States:

"We boiled the flesh off enemy skulls"

"Japanese skulls were much-envied trophies among U.S. Marines in the Pacific theater during World War II. The practice of collecting them apparently began after the bloody conflict on Guadalcanal, when the troops set up the skulls as ornaments or totems atop poles as a type of warning. The Marines boiled the skulls and then used lye to remove any residual flesh so they would be suitable as souvenirs. U.S. sailors cleaned their trophy skulls by putting them in nets and dragging them behind their vessels. Winfield Townley Scott wrote a wartime poem, 'The U.S. Sailor with the Japanese Skull" that detailed the entire technique of preserving the headskull as a souvenir. In 1943 Life magazine published the picture of a U.S. sailor's girlfriend contemplating a Japanese skull sent to her as a gift - with a note written on the top of the skull. Referring to this practice, Edward L. Jones, a U.S. war correspondent in the Pacific wrote in the February 1946 Atlantic Magazine, "We boiled the flesh off enemy skulls to make table ornaments for sweethearts, or carved their bones into letter-openers." On occasion, these "Japanese trophy skulls" have confused police when they have turned up during murder investigations. It has been reported that when the remains of Japanese soldiers were repatriated from the Mariana Islands in 1984, sixty percent were missing their skulls."

Source: Kenneth V. Iserson, M.D., Death to Dust: What happens to Dead Bodies?, Galen Press, Ltd. Tucson, AZ. 1994. p.382.

Allied Atrocities: United States:"We boiled the flesh off enemy skulls"
http://www.codoh.com/atro/atrusa1.html

Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~: ドイツ兵の愚行
http://meinesache.seesaa.net/article/26206104.html


Don't you know?
American People,

The Nanking Massacre is A Big Hoax !

   ☟

The Photos of Japanese Soldiers in China
https://www.youtube.com/watch?v=QLPug32TpBI&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=113


"FBI had known the Attack on Pearl Harbor"
https://www.youtube.com/watch?v=l38EpcPpdSM&list=PLglPdV6wZ1n4InF9BwIUHGe5UGWhVJORS&index=3

(Official) Who Are the Revisionists? Check the Facts (Kent Gilbert)
https://www.youtube.com/watch?v=qwumVaUQi2M


Atrocities of The American Army



サイパンで米軍が行なった民間人虐殺の大蛮行


ライフ誌の表紙 日本兵 頭蓋骨
1943年5月号のライフ誌に掲載された有名な写真。アメリカ兵から記念品として恋人に贈られた日本兵の頭蓋骨。当時のアメリカ白人の日本人観は、日本人=東洋の猿 程度の認識だった。写真の詳細はこちら

我ら降伏せず―サイパン玉砕戦の狂気と真実  田中 徳祐著  立風書房

昭和19年6月15日午前8時45分、チランカノアの海岸に、約三個師団と推測される敵兵が上陸してきた。そこからサイパン島の陸上戦が始まった。当時はサイパン島には砂糖工場があり日本人も居住していた、民間人がいたことでかなり悲惨な結果になってしまった。

7月9日、このころには日本軍の組織的な抵抗は無くなり掃討戦の様相をあらわしてきた。敵は流ちょうな日本語でジャングル地帯に童謡を流し投降を促す放送を流し始めた。日本軍は組織的な抵抗は捨て、洞窟に、数人、あるいは数十人ぐらいが生き残り潜んでいた。米軍は日本人に対し、戦争が終わりサイパン島は米軍の手に落ちたこと、隠れている日本人に投降を勧めました。「投降すれば、立派な衣服や、美味しい食料も十分に与えます。もはや犬死にすることはない、今や死んでも花実は咲きません。みなさんの投降をまっています」

その後に、兎追いしかの山、と続く童謡を流し始めました。これには潜んでいた日本軍も参ってしまつた、その後、桃太郎、天然の美、荒城の月などがながされたそうです。
「米軍は虐待しません。命が大切です。早く出てきてください」
投降を勧める放送は再三繰り返されたが日本軍は、その放送を頭から否定した。むしろ敵愾心がわいてきたそうです。

投降呼呼び掛けの放送とはうらはらな、人道上許し難い残虐な行為をしだした。日本軍はバナデル飛行場を見下ろせる洞窟にいて、その距離1キロ位先で展開された。そこへ、三方から追われた数百の住民が逃げ込み、捕らわれた。幼い子供と老人が一組にされ、滑走路の奥へ、婦女子が全員、素っ裸にされた。そして、無理矢理トラックに積み込まれた。そして無理矢理積み込まれた順にトラックは走り出した。婦女子全員が、トラックの上から「殺して!」「殺して!」と絶叫していた。

その声がマッピ山にこだまし、次つぎとトラックは走り出し、彼女たちの声は遠ざかっていた。なんたることをするのだ、小銃だけではどうすることもできず、此方の位置もしれてしまう。この悲劇をただ見守るしかなかった。(この婦女子はその後一人として生還しなかつた)

婦女子が連れ去られたあと、こんどは滑走路の方から、子供老人の悲鳴があがった。ガソリンがまかれ、火がつけられた。飛び出してくる老人子供達。その悲鳴。「米軍は虐待しません、命が大切です。早く出てきなさい」の投降勧告の意味は。幼い子供が泣き叫び、絶叫する、

「おい、もう我慢ならん。撃て」
吉田軍曹が一発撃った、何の効果もなく、敵はもはや無関心。

残酷な行為は壮絶をきわめた。火から逃れ出ようとする子供や老人を、周囲にいる敵兵は、ゲラゲラ笑いながら、又火のなかへ付き返す。死に物狂いで飛び出してくる子供を、再び足で蹴り飛したり、銃で突きとばしては火の海へ投げ込んでいる。二人の兵隊が滑走路際にいた、泣いている赤ん坊をみつけ、両足をもって、真二つに引き裂いて火の中へ投げ込んだ。「ギャッ」という悲鳴。人間が蛙のようにまたさきにされ殺されてゆく。

彼らは、その行為を平然としてやり、大声で笑い得意げになっていた。日本軍は手を出せず、ただ合掌し霊をとむらうほかなかつた。


太平洋戦争中にサイパン島での闘いで生き残った田中徳祐大尉の著作だが、田中大尉は戦後までゲリラとしてサイパンで戦い抜き、その後、武装解除している。帰国後、本書を執筆するも、GHQの検閲ですぐには出版出来なかった。雑誌「正論」などでも引用され、資料として貴重な本だが、現在、絶版になっており、再版が待たれている。大東亜戦争中のアメリカ軍の残虐行為が表面化しないのはマスコミの報道管制によるもので、現在でも在日米軍兵士の犯罪の8割が闇に葬られるのと同様の理由である。


Atrocities of The American Army


アメリカ軍の残虐非道

米軍捕虜虐待
1945年に報道カメラマンのフェンノ・ヤコブスによって撮影された日本兵捕虜に対する虐待写真(戦艦ニュージャージー甲板にて。世界写真全集の第3巻『フォトジャーナリズム』に掲載)しかし、この日本兵はまだ生きているだけ幸運なのかもしれない。

容赦なき戦争 太平洋戦争における人種差別  ジョン・ダワー著 平凡社ライブラリー

大平洋地域担当の従軍記者エドガー・ジョーンズが、四六年の『アトランティック・マンスリー』誌に書いている『われわれは捕虜を容赦なく撃ち殺し、病院を破壊し、救命ボートを機関銃掃射し、敵の民間人を虐待、殺害し、傷ついた敵兵を殺し、まだ息のある者を他の死体とともに穴に投げ入れ、死体を煮て頭蓋骨をとりわけ、それで置物を作るとか、または他の骨でペーパーナイフを作るとかしてきたのだ』。ジョーンズはさらに、標的の日本兵がすぐに死ぬことがないように、火炎放射機の炎を調整するというような行為にまで言及している

一九四二年の末に出版されベストセラーとなった『ガダルカナル日記』のなかで、ジャーナリストのリチャード・トレガスキスは、日本軍との戦いを前にして武勇自慢をし合う若い兵士たちの会話を挿入している。『ジャップは金歯をたくさん入れてるんだってな。それをいただいてネックレスでも作るかな』と一人がいう。『おれは奴らの耳を持って帰るよ』ともう一人が宣言する

リンドバーグがついに大平洋諸島を離れ、ハワイで税関検査を受けたときには、荷物に骨が入っているかどうか聞かれた。それは決まりきった質問だと言われたという


孤高の鷲 リンドバーク第二次大戦参戦記 学研M文庫

以下抜粋

*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは捕虜にしたければいくらでも捕虜に出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。手を上げて投降してきても皆殺しにするから。

*あるところでは2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200だった。残りのの連中にはちょっとした出来事があった。それを知った戦友は投降したがらないだろう。

*捕虜を取らないことを自慢する部隊がいる。

*将校連は尋問の為捕虜を欲しがる。捕虜1名に付きシドニーへの2週間の休暇を出すとお触れが出た途端に持て余すほどの捕虜が手に入る。懸賞を取り消すと一人も手に入らなくなり、つかまらなかったと嘯くだけ。

*一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、即ち殺された。

*捕虜を飛行機で運ぶ途中機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告。ある日本軍の野戦病院をある部隊が通過したら生存者は一人もいなかった。

*2年以上実戦に参加した経験がない兵が帰国前にせめて一人くらい日本兵を殺したいと希望し、偵察任務に誘われたが撃つべき日本兵を見つけられず捕虜一人だけ得た。捕虜は殺せないと嫌がるくだんの兵の面前で軍曹がナイフで首を切り裂く手本を示した。

*爆弾で出来た穴の中に皆四肢バラバラの状態の日本兵の死体を投げ込みその後でトラック1台分の残飯や廃物を投げ込む。

*捕虜にしたがらない理由は殺す楽しみもさる事ながらお土産を取る目的。金歯、軍刀はもとより、大腿骨を持ち帰りそれでペン・ホルダーとかペーパーナイフを造る、耳や鼻を切り取り面白半分に見せびらかすか乾燥させて持ちかえる、中には頭蓋骨まで持ちかえる者もいる。

*日本人を動物以下に取扱いそれが大目に見られている。我々は文明のために戦っているのだと主張しているが、太平洋戦線を見れば見るほど、文明人を主張せねばならない理由がなくなるように思える。事実この点に関する成績が日本人のそれより遥かに高いという確信は持てないのだ。

参考サイト
http://www.tamanegiya.com/yuusyokujinnsyubetsi.html
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10049567897.html


『孤高の鷲』は残念ながら絶版になってしまったが、紹介した記事の他にもひどい捕虜虐待の様子が書かれている。日本の都市への無差別爆撃や広島・長崎への原子爆弾の投下などは、当時のアメリカ白人の一般的な有色人種観から導き出された結果でしかない。原爆投下が戦争を終わらせるためというのは単なる後付の理由であり、大戦末期の日本に既に反撃する能力はないのだから、ポツダム宣言より条件を緩和した講和条件を出せば、すぐに日本は飛びついただろうが、それをしなかったのは、戦争を早期に終わらせること自体が目的ではなかったからだろう。小生意気な日本人を奴隷のように膝下に屈服させたかった、というのが本音ではないだろうか。

日本軍に対する誤解はなぜ生まれたのか

旧軍に対する誤解を解く  2005年4月23日 徒然なるままにエッSAY!

我々が旧軍を批判するときによく言われるのが、日本の軍人は「捕虜になるぐらいだったら死ね!」と言われ、多くの軍人が無駄死をしたということがある。

今回は何故そのようなことになったのか検証する。

昭和16年1月に東条英機が出した戦陣訓がある。

この中の本訓其の二の第8「名を惜しむ」に「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」と言う一節があり、この「生きて虜囚の辱めを受けず」だけをとらえ拡大解釈をして、敵の手に落ちるときは死ねということが強調されてしまったのである。

では、なぜ戦陣訓というのが出たかというその背景を考えてみる。

日本軍が、世界的に評価されたのは、1900年の北清事変(義和団の乱)に義和団を制圧するために出兵したときのことである。

このとき日本と欧米の8カ国が出兵し、欧米の兵隊が略奪行為や泥棒みたいなことをして、北京市内を荒らし回っていた。

日本軍は、近代国家として始まったばかりということもあり、国際条約にも、軍律も非常に厳しかった。それによって、イギリスの新聞で「日本軍はすばらしい。これだけ軍律を守れる国は世界にも数えるぐらいしかない」などと書かれ、このときの日本軍の軍律が一級品と評価され、日英同盟の締結の大きな要因ともなり、世界中からも高い評価を受けた。

しかし、支那事変が起きて長期化していくうちに、段々と軍律は乱れてきたので引き締めの意味も込めて戦陣訓が出された。また、支那軍(中国軍)は、昔から民族性もあり、残虐な行為をする軍隊である。日本軍と支那軍が戦っているときに、日本軍の捕虜は、かなり無茶苦茶なことをやられたのである。学校の教科書に載せられていた支那婦人に対する残虐な処刑は陵遅の刑(りょうちのけい)と言って伝統的な中国の処刑のやり方であり、日本兵がやったことにすり替えた。日本人には乳房をえぐり取る発想はない。『支那民族性の解明』池田正之輔著に詳しい。

また『ワイルド・スワン』に共産党員が地主の女性達を強姦したあげくに乳房を切り落とす場面が出てくる。

彼らのやり方は生きたまま顔の皮をはがされたり、耳を削がれたり、目を刳り貫かれたり、鼻を削がれたり、手足を切断されたりしていたのである。もっとひどいのは首かせをされて宙づりにされ、自分の体重で首から抜け落ちるまでぶら下げられたりした。

支那軍が日本人街を襲った通州事件では、束にして鼻や手をぶち抜いて針金を通したり、女性を逆さ吊りにして股間に異物を突っ込んだり、妊婦は腹を裂いて赤ん坊を出したりしたという証言もある。支那大陸ではこれらが通常の姿であった。

それで日本軍としては、あまりにも残虐すぎる支那軍のやり方を見て、捕虜になってあんな無惨な殺されかたをされるのだったら、いっそうのこと腹を切ってでもその場で死んだ方がましだというところから「生きて虜囚の辱めを受けず」が強調されたのである。

軍人として人間としての尊厳を守るための教えでもあったわけです。戦陣訓は、戦場道徳を守りなさいというのが本来の趣旨だったのが、その一部分だけが突っ走ったのが現実である。その一部分だけを捉えて戦陣訓はどうだったとか、軍人勅諭はどうだとかの批判をすべきではないのである。我々が日本の色々な問題を考えるときに、とかく言葉じりだけを捉え批判する傾向があるが、本来何を言いたいのか、本質的なことは何だろうということをしっかりと読みとることが大事だと思う。

(コメント)
なぜ沖縄で集団自決が起きたかといえば、アメリカ軍の残虐さが広く知れ渡っていたからとしか言いようがない。アメリカ兵にいたぶられて殺されるくらいなら、自決を選ぶのが当然であろう。そういった背景の中で、自決用の手榴弾が住民に渡されたとしても、別に不思議ではない。日本軍は沖縄の住民を守るために戦ったのであり、住民に自決を強要することなどありえない。戦後、垂れ流されたアメリカ兵の美談はほとんどがプロパガンダであり、ベトナムやイラクでのアメリカ軍の所業と戦前の人種差別の酷さを考えれば、当時のアメリカ兵がどんなものか、容易に想像が付くはずである。要するに、GHQのお得意だった敵のすり替えが、反日左翼の手で沖縄の集団自決でも行なわれ、残虐非道のアメリカ兵は正義の味方として扱われ、命をかけて沖縄住民を守るために戦った日本軍が、いつの間にか悪者にされてしまったわけである。

中国と朝鮮半島は古くから人肉食の習慣(さすがに戦後は表立ってはないが)があり、日本統治の朝鮮半島では禁止令が出されていたくらいである。シナ兵の民間人や捕虜の殺害方法は惨たらしく、手足を切り取ったり、乳房をえぐったり、赤ん坊を取り出したりするのは、そういう習慣が影響しているのではないだろうか。手に穴を開けて数珠つなぎにして人間を拉致するのは食料として扱っているからである。大陸で日本兵の蛮行として喧伝されているものの大部分は、シナ兵の蛮行を日本兵にスライドしたもので、日本には女性の乳房をえぐったり、腹を裂いて赤ん坊を取り出すような文化はないが、中国ではごく普通のことだったのである。

戦敗国の軍人は冤罪を着せられて死刑にされることはあっても、戦勝国の軍人の戦争犯罪は決して裁かれることはない。それが戦争裁判というものの本質であり、戦勝国が公に歴史の捏造を行なう場所といっても過言ではない。理屈や罪状をいくら並べても、単なる復讐を目的としたリンチ裁判に過ぎないことはもはや明らかだ。こんな恥知らずな茶番にいつまで付き合わなければならないのか、戦後60年以上経っても、自虐史観を執拗に押し付けてくる反日国家と、相変わらず日本を占領し続けるアメリカに対し、誠に憤りを禁じえない次第である。


http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-category-20.htmlより。

[PR]
by kabu_kachan | 2017-07-21 19:10 | 歴史 | Comments(0)

日本人よ、日本版CIAを持て!

【日本人よ、日本版CIAを持て!】

日本では在日朝鮮人が情報を握っている。
その在日日本人がテレビを使って日本人をコントロールしている。
この在日テレビは日本の政治から日本人の歴史観まですべてをコントロールしている。
日本人の娯楽までコントロールしている。
だから一般の日本人が持っている日本の歴史観は在日朝鮮人の歴史観なんだぜ。


終戦時、アメリカ軍は原爆投下と東京大空襲が国際法違反の大虐殺に当たることを知っていたんだぜ。
だからその日本人大虐殺をもみ消す為に、GHQはソ連と組んで「731部隊」を捏造し、中国共産党と組んで「南京大虐殺」を捏造したんだぜ。

The “Nanking Massacre” was a historical event fabricated by the US and China
https://www.youtube.com/watch?v=BieVdhFjcQE&index=108&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j

「731部隊」も「南京大虐殺」もすべてが大嘘である。

日本人は日本のテレビが報道するとすぐに信じてしまう。
最近、NHKが「731部隊」の報道をしただろ。この日本人の証言は嘘なんだぜ。
嘘証言をしたから、この日本兵は生きて日本に帰ることができたんだぜ。
嘘証言をしなかったらシベリアでソ連軍に処刑されていたんだぜ。
今の日本人にはここがわからない。
日本のテレビ局は朝鮮人経営による大嘘テレビ局なのである。

まず、よく考えろよな。
元日本兵の日記や証言と言うのは全部嘘なんだぜ。
終戦時に満州や中国にいた日本兵たちは、ソ連軍や中国共産党軍に捕まるだろ。
ソ連や中国は日本兵に対して、嘘の日記を書いたり、嘘の証言をしたら日本に帰してやるというわけだ。
日本兵は嘘日記を書くか嘘証言をしないといつまでたっても日本に帰れなくなるのである。
日本人諸君、俺は嘘証言はしないぞと言って10年も20年もシベリアや中国に抑留されて強制労働をしようと思うかね?
俺は強姦や虐殺をやりまくりましたと嘘日記を書いて日本に帰れるなら、そうした方がよっぽど楽だろうが。
特に在日日本人にはこの心理はわからない。
だからマッカーサーは日本のテレビや新聞を在日朝鮮人に支配させたんだぜ。
ソ連や中国はこの人間の弱みにつけ込んで、すべての日本兵に嘘日記を書かせ、嘘証言をさせたんだぜ。

【スクープ!】これがユネスコ記憶遺産登録申請資料だ! ①「南京大虐殺」編【THE FACT×The Liberty】
https://www.youtube.com/watch?v=6JyNqnd-hF4

【魔都見聞録】南京大虐殺検証の絶好のチャンス![桜H27/10/21]
https://www.youtube.com/watch?v=HZM72KZQPQQ

ソ連や中国共産党が一度捕まえた日本兵をただで日本に返すと思うかね?
よ~く考えろ。自分たちにあとで有利になるように仕組むだろうが。
アメリカも一緒になって日本兵を悪者に仕立てたんだぜ。そうしないと原爆大虐殺をもみ消すことができないからな。
そして今でもアメリカ人は原爆大虐殺の後ろめたさに悩まされて日本悪玉論を言い続けるんだぜ。
アメリカ人は日本悪玉論を言い続けなければならない宿命を背負っているんだぜ。広島と長崎への原爆投下のためにね。プロレスで言えばアメリカの完全な反則負けなんだぜ。

戦後レジーム脱出方法とは? 反日史観の各個撃破と米軍事パワーの代替
https://www.youtube.com/watch?v=YHvo0f_yrFo


そこへもってきて、ニセモノの写真を日本にプレゼントしたんだぜ。
そして、この元日本兵の嘘日記や嘘証言やニセモノの写真を取り上げて毎回騒いでいるのが、日本の在日朝鮮テレビ局である。

★日本人よ、いい加減に気がつけよ!

日本のテレビ業界は完全に在日朝鮮人たちに占領されて支配されているんだぜ。
そしてこのテレビ業界ではこのことを言うのがタブーになっているんだぜ。
ちょうど、アメリカのテレビ業界がユダヤ人だらけであることを言うのがタブーなのと同じなんだぜ。

★「在日」に支配されている「日本のテレビ」
http://kabukachan.exblog.jp/22551131/





★NHKの「嘘番組」
http://kabukachan.exblog.jp/25473477/


ここで一句。

日本人 猿で良し良し テレビ局







http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68347766.htmlより引用。


日本人は謀略工作に弱い。腹黒いロシア人や支那人はもちろんのこと、こしゃくな朝鮮人も得意科目である。欧米諸国も謀略宣伝を行うが、外国からの宣伝戦に対しての防備はちゃんと整えてある。

ところが我が国では、中央防諜局が無いばかりか、外国勢力からの奸計に対して、ちゃんとした防禦策が用意されていない。

それどころか、国内の報道機関が外国の手先になっている。

NHKやテレビ朝日、TBS、朝日新聞はもちろん、

その子分の毎日新聞、東京新聞、共同通信などが

盛んに日本を攻撃するのだ。



朝日とNHKは「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」で

日本人を貶めることが出来ると喜んでいたが、

保守派の反論によって嘘がバレてしまった。



苦虫を噛み潰したような表情が目に浮かぶ。

せっかく各局の左翼社員が連携して反日活動を行ったのに、

もう少しのところで捏造が露見してしまった。



しかし、対日謀略のネタはまだ一つ残っていた。731部隊の人体実験である。「従軍慰安婦」という「鮮ピー」を「性奴隷」という名称で、世界各地に報道できたことは、地道な反日活動の成果である。

左翼にとり、久々の大ヒットとなった。

しかし、日本に怨念を抱く左翼分子にとっては、

こんなもんじゃまだまだ不充分。


さらに「残虐な日本人」というイメージを植え付けるには、生きた人間を実験台にして、恐ろしい細菌兵器を開発した日本軍、と宣伝せねばならぬ。


不況で給料が安くなったテレ朝社員は、

北京政府から特別賞与がもらえるかも知れない。

日本を潰すためなら、たとえ火の中水の中、休日返上で頑張ってしまう。




シナ大陸で細菌兵器の研究を行い、シナ人やロシア人や朝鮮人などを幼子まで強制連行し人体実験のモルモット(呼称:丸太)にしていた石井部隊。
非人道的な研究機関として悪名高いが、戦後、人体実験をしないアメリカに研究データを渡すことで彼らは免罪符を得た。


となっているが・・・


この根拠は、森村誠一が日本共産党に騙(だま)されて書いた「悪魔の飽食」レベルだった。

森村誠一が下里正樹(しんぶん赤旗の記者で共産党員)の「何とも怪しい」取材に基づいて書いてベストセラーになった本である。


日本共産党の「しんぶん赤旗」日曜版で1980年代に連載され、後に光文社より単行本として出版(昭和57年)され、これが大きな社会的問題となった。


シナ共産党 と 日本共産党 による「プロパガンダ」の良きテキストであった。


真実は、731部隊は、伝染病予防と飲料水浄化のための部隊。

石井部隊は、不衛生極まりないシナ大陸(含む、もっと不衛生な朝鮮半島)で

日本人が健康に生活するための衛生面の研究と、

シナ軍がまくペストなどの防疫を研究する部隊であった。


原爆や空爆で民間人の大虐殺60万人の負い目を持つアメリカは、払拭に匹敵する日本軍の悪行を、必死になって探していた。

石井部隊が本当に人体実験をしていたなら、東京裁判で確実に、大げさな数字を持って裁かれる。

実験データなど、奪い取ってしまえばいいだけの話。


残虐行為が無かったから東京裁判で、原爆実験の死者(東京裁判時)と同じ「南京大虐殺25万人」をねつ造した。


「有名作家が書いた(言った)から本当のこと」と日本人はよく勘違いをするが、小説の1つとして読まねばならぬものを、共産党のプロパガンダに引っかかり、日本人は贖罪(しょくざい)の意識を持ち続けている。


「アメリカは人体実験をしない」などと、どの口が言っているのか?


どの国が「広島と長崎で原爆実験をして最終的に35万人を殺し、建物の大規模破壊影響力を測定し、原爆の後遺症に苦しむ何十万人の治験データを取ったのか」よく考えた方がいい。

それ以外にも世界中で、アメリカは人体実験をする国だ。

(※非公開)



要は、「日本は悪いことをしてきた国、アメリカは自由と正義を守る国」と刷り込まれ続けた、だけのことである。


ちなみに、シナには731部隊の残虐な人体実験の写真などが飾ってあるが、

実は、シナ軍が日本人婦女子に行った残酷ななぶり殺しを

「加害者」と「被害者」を入れ替えて飾ってあるだけのことである。



あとは戦後、ストーリーに沿ったねつ造写真をつくり、博物館にもっともらしい解説と共に飾った。


日本では、朝日、毎日、中日新聞の系列メディア(含むテレビ・雑誌)とNHKがこれに権威づけをして日本人を洗脳した。


証拠隠滅のためにすべての施設は爆破破却されたとなっているのに、

本部ほか研究施設に至るまで、シナ共産党下、現在に至るまで各種施設として使われ続けている。




お奨めのサイト

「七三一部隊」は伝染病予防と飲料水浄化の為の部隊

http://singokunihon.blog.fc2.com/blog-category-49.html


「正しい日本の歴史」 (目次)

http://rekisi.amjt.net/?page_id=9



「731部隊」ってただの防疫・給水部隊だったの?アメリカの調査で判明!捏造のきっかけは?

投稿日: 2013年5月18日 作成者: rentalK

▲安倍晋三首相が先日(2013/05/12)、被災地視察で宮城県の航空自衛隊松島基地を訪れた際、地上でアクロバット飛行の飛行機の座席に座った写真が韓国で大騒ぎになっている。飛行機の機体に「731」という番号が出ているのがケシカランというのだ。新聞は1面トップなど特筆大書で社説まで動員し連日のように"安倍たたき"に熱を上げている。



今回は携帯電話やITに関係ない話題です。

あなたは自分がアプリオリに刷り込まれていたものが、捏造されたものだったということに気付いて驚愕した経験ありませんか。
わたしは今日まで、731部隊は「悪魔の飽食」で描かれたままの細菌人体実験部隊だと当たり前のように思っていました。自虐史観教育の賜物です。(単なる勉強不足?)
しかし事実は「731がただの防疫・給水部隊であったことがアメリカの調査で判明している」だったのです。
赤い錠剤を飲んで、マトリックスの現実を知ったネロの気分です。

わたしはいままで何を見ていたんでしょうか。
わたしの目は節穴です。


ここで問題なのが731部隊を捏造した理由です。


731がただの防疫・給水部隊であったことがアメリカの調査で判明しており、
人体実験を行ったり、またそれを隠蔽したような証拠は何一つ存在しなかったのです。


731部隊はアメリカ側の史料完全公開で捏造確定してます。

アメリカが公開した731部隊の資料。反日学者が10万ページを読み漁るが無罪確定。

"To be honest, I'd hoped we'd find something," Mr. Drea says.
"That's the historian's dream: fresh information that illuminates a dark problem. It just wasn't there."
「正直、何か見つかると思ってた。歴史家の夢、闇を照らす新情報、そんなものは無かった。」
731部隊関連文書、アメリカが隠してると散々言われ続けた機密文書が近年公開され米の公文書図書館で10万ページ探したドレアさんのボヤキ 2007.01.19
http://chronicle.com/free/v53/i20/20a00901.htm(現在リンク切れ)まとめ
・日本からの風船爆弾には細菌の散布装置はついていなかった。
・石井中将には細菌兵器の戦略及び戦術的な使用に関する「着想」があった。
・終戦後、731部隊関係者がモスクワ近郊で細菌兵器の研究プロジェクトに従事。
・患部の写真等の資料を石井中将が保管していた。
・人体実験の証拠は一件も発見されなかった。
・ついでに「慰安婦問題」を裏付ける文書も探したが見つからなかった。
「防疫部隊」なので、細菌戦を戦術的にシミュレートするのは当たり前です。

ではなぜ、そんな捏造を・・・

きっかけは「竹の森遠く」という本がアメリカで出版されたことでした・・・

「竹の森遠く」は、1986年にアメリカで出版されました。2005年に韓国でも「ヨーコ物語」という題名で出版されていますが後に発売中止となりました。
韓国にとって都合の悪い本なので、韓国政府は発売を禁止したのでしょう。
この本の内容は、大東亜戦争末期、朝鮮半島からの引き揚げ時、当時11才であったヨーコさんと家族が目撃した史実が書かれています。
韓国人らに追い回されて命からがら日本へ逃げ、韓国を抜けだす過程で日本人が韓国人に強姦され、暴力により日本人の人々が死んで行った目撃談です。
「So Far from the Bamboo Grove」は、1987年からアメリカの学校で社会科の教科書として採用されています。
So_Far_from_the_Bamboo_Grove
So Far from the Bamboo Grove

そしてこの頃から、日本でも急に731部隊の話が騒がれはじめました。

それは「この竹の森遠くの作者の父親は731部隊で人体実験をしていた」という、大嘘の作り話を盛り上げるためです。
これには日本の朝日新聞、NHK、共産党、社会党も捏造に協力しています。
黒幕は世界抗日戦争史実維護連合会という話もあります。中国の共産党兵もソ連兵や朝鮮人と同様に日本女性を強姦、虐殺したからです。

第二次世界大戦で、日本人女性が大量強姦、大量虐殺されたのは、1945年の終戦直前にソ連が参戦してから以降です。
やったのは、ソ連兵、中国八露軍、朝鮮人で、一番強姦したのは朝鮮人で、強姦数は5,000人以上と推定されています。

日本の二日市保養所、中原療養所などで堕胎処置を取られた人数は500人以上 すべての記録が残っています。
日本の無条件降伏後の強姦・虐殺はすべて国際的重大犯罪になります。
この真実を世界に知らしめる必要があります。
まずは朝日新聞の国会審問でしょうか。

「731部隊」「従軍慰安婦」「南京虐殺」は、自分たちの犯罪を隠匿するための手段・捏造だったのです。


不都合な真実を隠すために、より大きな嘘をつく、特亜の常套手段です。
国を挙げて、加害者が被害者のフリをしてる・・・

ただ、あきれるばかりです。

日本人よ、いまこそ目を覚まそう!
あとは手のなかの赤い錠剤を飲むだけです。





今年は南京陥落80年に当たるんだぜ。
中国が騒ぐ前に、日本が「南京大虐殺は大嘘だ」と先に騒いだ方が良い。


この動画を英語にせよ!

  ☟
南京事件の真実1部
https://www.youtube.com/watch?v=GQa4caLov7c

南京事件の真実2部
https://www.youtube.com/watch?v=zz-QH8-P0tE

南京事件の真実3部
https://www.youtube.com/watch?v=BJ5TH3W3AnY

南京事件の真実4部
https://www.youtube.com/watch?v=KgQHFcQxBH8

南京事件の真実5部
https://www.youtube.com/watch?v=jctBKRIguxk


[PR]
by kabu_kachan | 2017-07-13 02:37 | 歴史 | Comments(0)

日本人の正しい歴史認識

日本人よ、「正しい歴史認識」を持て!

日本のテレビや新聞の歴史認識は

在日朝鮮人の歴史認識なんだぜ。

この歴史観を「在日朝鮮戦勝国民史観」という。
       ☟

反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった
https://www.youtube.com/watch?v=sA93tp9OMdE
日本のテレビに登場する在日日本人はマッカーサーから戦勝国民のお墨付きを貰ったんだぜ。
だから偉そうに国民に歴史認識を説くんだぜ。


学校で教えている歴史は反日左翼の歴史認識なんだぜ。

在日朝鮮人と反日左翼は

「日露戦争の日本の勝利が欧米のアジア侵略を防いだ」
とは口が裂けても言わないんだぜ。
だから学校の歴史教科書にも書いていないだろ。

しかし、H.G.ウェルズの世界史の本には

「日露戦争の日本の勝利が世界の歴史を変えた」

とちゃんと書いてある。


日本のテレビと新聞が

説いている「歴史認識」は間違っている。

日本人よ、ここに気づかなければならない。



再び、
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34801926.htmlから抜粋する。

勝手に引用しておきながら恐縮なのだが、このブログは「ユダヤの視点」が欠けている。
東日本大震災が人工地震であることに気付いていない。
911がいかさまテロであることは証明されているんですよ。
コミンテルンはユダヤ人が作ったんですよ。


盧溝橋事件80年 歴史に「愚」を学ぶとき
北京郊外で旧日本軍に銃弾が撃ち込まれた盧溝橋事件から八十年になる。これが八年間に及ぶ日中戦争の発端になった。止められた戦争と歴史は教える。
(中略)
首相の近衛文麿は不拡大方針だった。かつ現地で停戦協定が成立したにもかかわらず、華北への派兵が決定し、戦争拡大へと歯車は動きだした
盧溝橋事件は幾重にも謎に包まれている。それなのに戦争を始める。「愚」である。不要な戦争であった
日中戦争は華北での戦闘ばかりか、上海での戦闘もはじまり、日本からは派兵に次ぐ、派兵…。全面戦争に陥った。泥沼の戦争と化していったのである。
そもそも戦争の公式目的が「中国を懲らしめるため」である。そんな荒っぽい理屈が当時の国際社会に受け入れられるはずもない。戦争の名目さえ立たなかったのも「愚」である。
むろん途中で幾度か和平の道も探られた。しかし、そのたびに日本は相手に厳しい要求をするため、和平はとても成立しなかった寛容さがあれば、戦争を止めることもできた。和平を台無しにした「愚」もあるのだ。
戦争の歴史は私たちに示唆に富んだ教訓を与える。戦後七十二年になる今、平和主義の道を進んできた日本が「戦争のできる国」へと変質しつつある
こういう時こそ、歴史の「愚」を学ぶときであろうと思う。
2017.7.8 東京新聞)
------------------------
まず、歴史上には「日中戦争」という言葉はない。この言葉は戦後、左翼歴史家が作った言葉で、当時は「支那事変」と呼んでいた。ここから東京新聞の歴史認識は失格である。
-----「現地で停戦協定が成立したにもかかわらず、華北への派兵が決定し、戦争拡大へと歯車は動きだした」(東京新聞)-----
ものごとには必ず理由がある。日本が派兵した理由を書かずに「日本は派兵させたため戦争拡大となった」と書くのは意図的すぎる。
満州事変の停戦協定である「塘沽停戦協定」からしばらくは平静であったが、昭和10年に日本人に対する殺人事件など反日事件が50件ほど起きた。
現地の日本人居留民が不安になると、日本軍は国民党に「華北を安定しなければ軍が実力で治安を担当する」と通告した。治安を安定させるのは当事国の務めだ。しかし国民党政府はそれをしなかったために、日本人の生命・財産を守るために派兵したのだ。
-----「盧溝橋事件は幾重にも謎に包まれている。それなのに戦争を始める。「愚」である。不要な戦争であった」(東京新聞)-----
人民解放軍の兵士用教科書『戦士政治課本』に「盧溝橋事変は劉少奇の指揮する学生が起こした」と、シナ共産党が戦争に導いたと書いてある。
支那派遣軍情報部北平支部長の秋富重次郎大佐は「盧溝橋事件直後の深夜、北京大学構内の通信所から、延安の共産党軍司令部に緊急無線で、成功した、と三回連続反復送信していたのを傍受した」と証言している。
さらには1949年、中華人民共和国の樹立宣言で我々共産党軍が日本軍と蒋介石軍の両軍に鉄砲を撃ち込み、日華協定を妨げたことが共産党の今日の栄光をもたらした起因である」と盧溝橋事件はシナ共産党が仕掛けたと自ら述べているのだ。
-----「戦争の公式目的が「中国を懲らしめるため」である。そんな荒っぽい理屈が当時の国際社会に受け入れられるはずもない」(東京新聞)-----
これも、当時の日本の感情を無視した解釈だ。東京新聞は歴史をきちんと調べもせずに思い込みだけで書いているのか?
シナを懲らしめるとなったのは、729日に260人の日本人女性や子供が凌辱され惨殺された「通州事件」が起きて、日本国民の怒りと屈辱で「支那を懲らしめよ」となったのだ。
これを指令したのが日支全面衝突させたかったコミンテルンであり、工作したのはシナ共産党北方局の劉少奇の部下の黎巨峰王自悟であることがシナで明らかにされている。
東京新聞は「コミンテルン」と「通州事件」を書かずに「荒っぽい理屈」と書くのはあまりにもお粗末ではないか。
-----「和平はとても成立しなかった。寛容さがあれば、戦争を止めることもできた。和平を台無しにした「愚」もあるのだ」(東京新聞)-----
この和平を妨害していたのもコミンテルンだ。理由は「第七回コミンテルン会議」にある通り、日支の戦いを長引かせて日本軍の体力を消耗させようとしていたからだ。
この時、蒋介石に和平をさせないようにしていたのが黒田善治である。反日日本人が蒋介石に指導、工作していたのだ。
-----「こういう時こそ、歴史の「愚」を学ぶとき」(東京新聞)-----
今まで指摘してきた通り、歴史をきちんと学ぼうともせずに、戦前の日本がやってきたことは全て「愚」と決めつける東京新聞。よくもこんな幼稚な記事を書けたものだ。
戦後言われている歴史は嘘が多い。
まず日本軍は上海事変から南京、徐州、漢口と攻め入って支那民衆を苦しめたように教えられているが、全く違う。
上海も南京も徐州も日本軍が国民党軍を追い出したことにより治安がよくなり、支那民衆から大変感謝されていたのだ。
日本軍が蒋介石国民党を追い出したことで、国民党に深い恨みのある支那民衆は「和平救国、反蒋大会」を上海、南京、杭州、九江など各地で開催し、支那民衆は「親日」を要望し、「日の丸」「五色旗」(満州の旗)を掲げて「打倒蒋介石」の声を高らかに上げて、反蒋デモが行われた(下画像)。

イメージ 1

広東では支那人が「日の丸」を背中に、襟に「親日突撃隊」と書いた法被(下画像)を着て、東亜新秩序を集会を行っていた。これは日本軍が来たことで治安が回復した感謝の祝賀であった。

イメージ 2
支那民衆を苦しめたのは「蒋介石国民党」や虐殺と粛清を繰り返していた「毛沢東共産党」であった。これを戦後は「日本軍」にすり替えたのだ。
当時の支那人はみんなそれを知っていた。
水間政憲著『一目で分かる日中戦争時代の武士道精神』にはこう書かれている。
1990年頃、上海出身の知人が教えてくれた言葉の意味が全て理解できました。それは筆者が「日本を批判している中国から、なぜ留学してきたのか」との質問に「お母さんは上海に日本軍が来てから治安が回復し、夕方でも外で遊べるようになった。日本軍は信頼されていた」と語った。



虐殺されたはずの南京市民
https://www.youtube.com/watch?v=W-Erp_T3kjI&nohtml5=False





【3S政策・日本人洗脳白痴化計画】『新・霊界物語 十九話』
https://www.youtube.com/watch?v=w30RSuafR1M


[PR]
by kabu_kachan | 2017-07-09 21:54 | 歴史 | Comments(0)

American people ! Listen to me ! 【The Nanking Massacre is A hoax】(英語で発信せよ!)

【The Nanking Massacre is A hoax】


【日本人よ、英語で発信せよ!】
★American People! Look at ME! 【Atrocities of The American Army】
http://kabukachan.exblog.jp/26830639/


The American People !
Listen to Me !

The japanese army liberated asian people from the western powers.
The japan prevented western countries from colonizing asian countries.
    ☟

The Photos of Japanese Soldiers in China
https://www.youtube.com/watch?v=QLPug32TpBI&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=121

Truth of Greater East Asia War
https://www.youtube.com/watch?v=25rBxE3RyOI

How U.S. Economic Warfare Provoked Japan's Attack on Pearl Harbor | Robert Higgs
https://www.youtube.com/watch?v=9p8z1A3TsxU

Did FDR Know in Advance or Provoke the Attack on Pearl Harbor? Did He Trust Stalin? (2001)
https://www.youtube.com/watch?v=GOmJyvpcKaI

Pearl Harbor & F.D.R. Conspiracy
https://www.youtube.com/watch?v=qR8Oe3mDF0s

ʬ Roosevelt and his role in Pearl Harbor (Documentary) YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=N9vT-jDfTDE

EXPOSED - FDR knew of the Pearl Harbor Attack in advance
https://www.youtube.com/watch?v=CmiYo-v7qg0

The “Nanking Massacre” was a historical event fabricated by the US and China
https://www.youtube.com/watch?v=BieVdhFjcQE&index=108&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j

What did Japan fight for & against ? / Meiji Restoration ~ WW2
https://www.youtube.com/watch?v=7vZOKHemOOc&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=126

The McCollum (Eight Action) Memo to FDR, dated October 7, 1940
https://www.youtube.com/watch?v=kQc5XAboLMg&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=150

The Untold Story : Why HIROSHIMA was DESTROYED
https://www.youtube.com/watch?v=yhJXiIpv-VE&index=170&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j

Robert B. Stinnett | Pearl Harbor: Official Lies in an American War Tragedy?
https://www.youtube.com/watch?v=fjiR1VUwpY4&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=248

The Photos of Japanese Soldiers in China
https://www.youtube.com/watch?v=QLPug32TpBI&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=113

(Official) Who Are the Revisionists? Check the Facts (Kent Gilbert)
https://www.youtube.com/watch?v=qwumVaUQi2M&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=209

Expose the fake of Nanking Massacre Made in China and USA
https://www.youtube.com/watch?v=hP4kChB5Ngg

The Fake of Nanking Massacre-1(English and Japanese).wmv
https://www.youtube.com/watch?v=3o6kNewBwX0

The Fake of Nanking Massacre-3 Population (English)
https://www.youtube.com/watch?v=-8aUajGn2Ww

The Fake of Nanking Massacre-6 Chinese Testimonies of the eleven cases(English Japanese)
https://www.youtube.com/watch?v=iHlvByljWqE


まずは、発信している人の真似をすること。
動画募集。ただし私の歴史観に近い動画に限る。

American Genocide in the Philippines / Filippines
https://www.youtube.com/watch?v=dLWFF9ycmQs&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=55

Woodrow Wilson : Rejection of the Racial Equality
https://www.youtube.com/watch?v=v_M190ZBn3U&index=67&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j

FCCJ is rigged. Here's why - Yujiro Taniyama 「外国人特派員協会の偽善」 谷山雄二朗
https://www.youtube.com/watch?v=TJvwRjOw5-A

Samurai Yasukuni, Arlington & Oceans 14 谷山雄二朗
https://www.youtube.com/watch?v=n9lT2BGYBC4


The Fake of Nanking Massacre-4 Eyewitnesses (English)
https://www.youtube.com/watch?v=B-yWdgSpfKw

The Fake of Nanking Massacre-6 Chinese Testimonies of the eleven cases(English Japanese)
https://www.youtube.com/watch?v=iHlvByljWqE

The Truth about the Nanking Massacre - A fabricated "Massacre" - Nanking Incident Series Ⅰ
https://www.youtube.com/watch?v=bHXIZDB_o8w

Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(1/2)
https://www.youtube.com/watch?v=aefFXZhOWBQ

Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(2/2)
https://www.youtube.com/watch?v=1vQ9W9Mg0as

Truth of the Rape of Nanking in 1937 - 38 (verification)
https://www.youtube.com/watch?v=ijkqPi1p4NA

FAKE of Nanking 64
https://www.youtube.com/watch?v=TB4fhSuZTMQ

Nanking Massacre Didn't Exist ~ The Life of Iwane Matsui, the Honorable Japanese Commander
https://www.youtube.com/watch?v=KgWDgropHT8


'SCOTTSBORO GIRLS' Trailer スコッツボローガールズ 予告編
https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=bqmWOSV--mE&app=desktop



"Racism America & Sex Slaves"- Untold Comfort Women 谷山雄二朗 'SCOTTSBORO GIRLS'
https://www.youtube.com/watch?v=OgGxbSxsJS4&app=desktop


200 Japanese lived on SENKAKU- Tokyo slams Beijing "Stop lying" 谷山雄二朗
https://www.youtube.com/watch?v=sK0dPy8L4OU&app=desktop


U.S "Takeshima (dokdo) belongs to Japan. Never Korea" - Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama
https://www.youtube.com/watch?v=khPy_1XK228


Takeshima Is. Page - JB「竹島ページ」2/22 OPEN
https://www.youtube.com/watch?v=bDygg0lbaW0&app=desktop


Yumiko Yamamoto: Appeals to the UN, "Comfort Women were Not Sex Slaves"
https://www.youtube.com/watch?v=a8rd1kXMUM8


The Truth Behind The Comfort Women - Michael Yon Conference
https://www.youtube.com/watch?v=jlyHZWvGL20


GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN
https://www.youtube.com/watch?v=9bOw0uhgfrY


The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes【Gemki Fujii 藤井厳喜】
https://www.youtube.com/watch?v=aqvMNKWOW7g


[Dear Korean People] 誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ
https://www.youtube.com/watch?v=FXIYFvyVKBo


Ikuhiko Hata & Yasuaki Onuma: "Panel Discussion on Comfort Women Issue"
https://www.youtube.com/watch?v=wy1-ckr8FIE


【記者会見 FCCJ】③ 質疑応答Question Time [Comfort Women] 慰安婦問題 日本の学者100人がアメリカの学者らの声明に反論 外国特派員協会 2015-8-6
https://www.youtube.com/watch?v=emQOr75GzvA



字幕【テキサス親父】66年前の広島、現在の広島、テキサス親父が思う事
https://www.youtube.com/watch?v=dODexCCs9fw


【テキサス親父】日露戦争で日本にコテンパンにやられたのが悔しいのぉ~!?
https://www.youtube.com/watch?v=ZW9ZpldJcWQ


字幕【テキサス親父】俺が日本を愛する理由 -Vol.1- 戦争編
https://www.youtube.com/watch?v=nAmEOmqXajA


字幕【テキサス親父】俺が日本を愛する理由 - Vol.13 - 死者に対する敬意編
https://www.youtube.com/watch?v=nUykLxVNrRM


Expose the fake of Nanking Massacre Made in China and USA
https://www.youtube.com/watch?v=hP4kChB5Ngg


【中国・韓国】南京大虐殺の真実【真犯人は・・・】The Truth of the Nanking Massacre (The real cimininal is ...)
https://www.youtube.com/watch?v=JU7brGtbNW8



Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(1/2)
https://www.youtube.com/watch?v=aefFXZhOWBQ



Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(2/2)
https://www.youtube.com/watch?v=1vQ9W9Mg0as



Japan was one of the countries that fought against the western countries and China during the Sino-Japanese war and the Pacific Ocean War. After the wars finished, Japan has been called a defeated nation or a war crime country. The process leading to the war and ending it was very difficult to explain simply because the war process has included many countries in a veritable and political conspiracy.Therefore, it's very difficult to judge the rights and wrongs of the war. However, after finished the WW2, Victor Nations set up a new rule which was called Crime against Humanity. Therefore, the Tokyo Trial was called Victor's Justice by some historians for these reasons.The first reason was the establishing of a new Law Crime against Humanity, which was definitely the legislation of specified duration. In short, authorities establish the Law against hugging women suddenly, and the new law give us penalty to people have done with hugging women before. These days, legislation of specified duration is under a taboo in legal circles. The second reason was Victor Nations were afraid of having been accused of their war crimes. Therefore, they had to evacuate to come up with their massacre story in Japan in the trial. Definitely they needed a position of justice even though they dropped off two atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki. Within the first two to four months of the atomic bombings, 90,000-166,000 people died in Hiroshima, and 60,000-80,000 people died in Nagasaki. Moreover, the bombing of Tokyo by U.S killed 88,000 people, and 41,000 were injured. Dropping atomic bombs on two cities and bombing missiles to Tokyo were against the law or not? Finally, Victor Nations which means judges in the Tokyo Trial needed some Japanese atrocity to cover up their performance as above. They needed some evidence which was shown that the Japanese committed cruel crimes. Their strategy was ended successfully by China.This is the third reason the Tokyo Trial was called Victor's Justice. According to the testimonies in the Tokyo Trial, Chinese government could not prove the murder of 340,000 which numbers of people were killed by Japanese in Nanking city even though they had accused Japan about the Nanking Massacre which means Japanese killed more than 340,000 Chinese in the capital city in China, before the trial opened. Therefore, Chinese government was absorbed in collecting proofs even during the trial. In other words, the Chinese government had already fixed the number of casualties into more than 340,000 before they began to collect the evidence. However, many Japanese were executed by the judge even though the Nanking Massacre was a fake story. Victor's Nation has done the cruel acts during the war, but many Japanese have been executed by them. What was the Victor's justice? In conclusion, some historians and lawyers think the Tokyo Trial was something wrong. Japan doesn't want to accuse the judgments this late. However, many Japanese are having mistakable criticisms from non-educated people sometimes. It is natural that Japanese raising an objection. The Tokyo Trial was called Victor's Justice by some historians for these reasons.


The Truth about Japan's War 1/5 : Tokyo Trial, Radhabinod Pal
https://www.youtube.com/watch?v=lVbMaJIyhKQ

The Truth about Japan's War 2/5 : "True" Revisionism by Douglas MacArthur, US General
https://www.youtube.com/watch?v=ZgulpS39PzU


The Truth about Japan's War 3/5 : Fair Examination of History, Hamilton Fish III
https://www.youtube.com/watch?v=zBj9NgqaY4Y


The Truth about Japan's War 4/5 : Bushido
https://www.youtube.com/watch?v=ig_VvHFvSr8


The Truth about Japan's War 5/5 : WGIP (War Guilt Information Program)
https://www.youtube.com/watch?v=054h7aujgY0



【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった![桜H27/8/21]
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M





★【Iris Chang 】 the Lies of “The Rape of Nanking”
https://www.youtube.com/watch?v=D9B4S9m_Rdo


Truth of the Rape of Nanking in 1937 - 38 (verification)
https://www.youtube.com/watch?v=ijkqPi1p4NA


この英語ペラペラのアイリス・チャンを見よ。
(英語ペラペラ、嘘ペラペラ)
【Iris Chang was a big liar.】
      ☟

The Nanking Massacre: Iris Chang on the Controversy, Causes, Casualties, Denial (1998)
https://www.youtube.com/watch?v=qKWDr4K7V3I

日本人諸君、☝上の動画を見て何とも思わないのかね?
だから猿だと言っているんだぜ!
何度も言うぜ!
上の動画も知らないままでへらへら笑っている日本人諸君、君たちは猿そのものである。
いや、猿以下である。

The Photos of Japanese Soldiers in China
https://www.youtube.com/watch?v=QLPug32TpBI&list=PLglPdV6wZ1n6FedmBFzhd2uMyrOixB86j&index=113

本多勝一と朝日新聞社
http://kabukachan.exblog.jp/25644975/

20世紀最大の大嘘 < 南京大虐殺 >
http://kabukachan.exblog.jp/25572311/


World needs a stronger Japan [憲法改正すべき理由] Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama
https://www.youtube.com/watch?v=RlnaUok-Or8




Chinese Americans: Political, Social, Economic, and Cultural History - Iris Chang (2003)
https://www.youtube.com/watch?v=EgAqEu8xFoc


民主党 "Fake of Nanking & Comfort Women" - Democratic Party of Japan (DPJ) Committee Claims 1/2
https://www.youtube.com/watch?v=bRVCn1M-8MA



This film is faked.
  ☟
Rape of Nanking Part I Atrocities in Asia Nanjing Massacre
https://www.youtube.com/watch?v=YoW2WYdOsvg




南京事件の真実1部
https://www.youtube.com/watch?v=GQa4caLov7c

南京事件の真実2部
https://www.youtube.com/watch?v=zz-QH8-P0tE

南京事件の真実3部
https://www.youtube.com/watch?v=BJ5TH3W3AnY

南京事件の真実4部
https://www.youtube.com/watch?v=KgQHFcQxBH8

南京事件の真実5部
https://www.youtube.com/watch?v=jctBKRIguxk







おまけ!


神風特攻隊 その時
https://www.youtube.com/watch?v=uEF0PThG9fM

[PR]
by kabu_kachan | 2017-06-18 21:42 | 歴史 | Comments(0)

GHQの日本占領政策

戦後の在日朝鮮人問題はGHQの策略


この米国ユダヤの方針によって戦後日本に対するGHQの統治は在日朝鮮人を利用する計画が実施された。朝鮮民族は解放されたなどとしてGHQの方針で先ずは在日朝鮮人の組織が作られた。

在日朝鮮人連盟はGHQの指導で作られ特別の地位が与えられた。
敗戦国民の日本人に対して、その上の地位とも言える戦勝国の仲間入りである。朝鮮人が日本国と戦っていた事実はない。


逆に2万人以上の朝鮮人英霊が靖国神社に祀られているように、日本軍に自ら志願して戦った人は多い。
にもかかわらず、戦勝国民と同様の扱いを受けた。


GHQは在日朝鮮人が日本人に対して暴力を奮ったり、焼け野原になった日本人の居住区に朝鮮人が縄を張って奪い住み始めることも容認した。


GHQはこの問題に関しては「日本人が長い間、朝鮮人を奴隷のように扱い、搾取してきたかを分からせる為にも放置すべき」との方針で見て見ぬふりをしていた。

この言葉を妄信して日本人の土地を奪ったのが在日朝鮮人であり、そこにパチンコ屋を立てて儲けたのが在日富裕層の始まりである。


せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』:GHQ「占領政策」と「在日朝鮮人問題」②




何故「パチンコ」はこれだけ日本で繁盛してるのか?


それはアメリカの戦後占領政策の「遺物」なのです。GHQは戦後占領政策で日本国内の諜報活動に在日朝鮮人の一部を利用した経緯がある。

"第三国人"でありながら日本国内の社会情勢を既によく知る彼らをGHQが諜報活動の手足に使う事はごく自然な事でした。そして在日韓国・朝鮮人への報酬の一部として、当時、配給統制品であった煙草を定期的に与える事をGHQは決定した。

配給統制品であった煙草をパチンコの景品にし、遊技場として在日韓国・朝鮮人は日本各地に"パチンコ屋"を続々と開業していった。(名古屋が発祥の地と言われている)


この稀少品を目当てにした客が次々にパチンコ店にやって来た時代があり、これにより在日韓国・朝鮮人は商業的な基盤を得る事になる。そしてそのパチンコ屋の流れは現在に至る。


日本最大の敵国はアメリカだ 「朝鮮パチンコとGHQ」 貴方の知らない日本/ウェブリブログ



★反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった
https://www.youtube.com/watch?v=sA93tp9OMdE

日本の戦後はGHQの公職追放から始まった(H19.1.24)
https://www.youtube.com/watch?v=z97KIAhAlY8


本多勝一と朝日新聞社
http://kabukachan.exblog.jp/25644975/


中国帰還者連絡会(中帰連)は、なぜ捏造創作証言を行い続けるのか?
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-234.html



今回の震災・原発報道では皆知っての通り、かなり偏った報道がなされてきました。
そこで今回は日本のタブー、闇、そして真実について話したいと思います。
少し長いですがお付き合い下さい。

まず、なぜいつも偏った報道になってしまうのか、その仕組みを紹介しましょう。
東電は当然CM等でテレビの大スポンサーであるから、ある程度の根回しは簡単でしょう。
しかし、もっと大元を探ると、メディアの最大のタブー・電通の存在があります。
知ってる人も多いとは思いますが、電通とは国内最大の広告代理店であり、日本で取り扱う広告のほとんどを独占している。
戦後からはいくつものテレビ局の創設にも関わり、テレビの普及に努めた。
アニメの製作費も20%流れるしCDの再販制度に噛んでたりオリコンチャート、視聴率、CMまで総て電通だ。
これだけ見ても相当メディアを自在に動かせそうだが、こんなものでは済まない。
電通の傘下には共同通信と時事通信が存在する。
ニュースみてたらわかるが、テレビや新聞で流すニュースはほぼ全てが共同通信とロイターで構成されている。
ロイターについては後述するが、共同通信は地方含めすべてのテレビ・新聞・ラジオと契約または加盟している。
つまり、共同通信が情報を発信、論調の統一を実行していて少しでも反抗すると何故か右翼が速攻で嫌がらせをしてくる(後述します)
つまり、電通がメディア界総てを支配していて思い通りに操れるのだと考えて下さい。
時事通信の方はというと、傘下に創価学会と統一教会が存在します。

さて、ここまで話すと「電通ってすげぇな~」で終わりそうですが、真の闇はここからです。
電通最高顧問は誰だと思いますか?成 田豊という人物です。
では創価学会名誉会長は?成 太作です。
ソフトバンク社長は?孫(成) 正義です。
ん?成?実はみんな在日コリアンです。彼らは日本の通り名を使うのでたまに日本人に間違われます。

日本には在日韓国人からなる組織・韓国民団と、北朝鮮からの在日朝鮮人の組織・朝鮮総連があります。
パチンコ業界の7割は韓国民団と朝鮮総連だと以前書いたが、警視庁・民主党・自民党らはパチンコ業界からの献金や天下りにより癒着が激しい状態。
サンキョウ・アルゼ・マルハンなどが在日パチンコ企業として有名。
鳩山由紀夫の妻、幸夫人の実父が朝鮮総連の創始者であり、鳩山由紀夫本人も統一教会(朝鮮系のエセキリスト教)に所属していて、民主党とは深いつながりがある。
また、以前北朝鮮が日本人拉致指令書を朝鮮総連に送っていたことを加藤昭氏がスクープしている。
そんな朝鮮総連の傘下には朝鮮学校があり、金日成への忠誠と反日教育が日々行われている。
そして多くの卒業生が反日マスコミ業界に進出している事を鈴木琢磨氏が暴露している。
あと国内の覚醒剤の半分以上は北朝鮮からの輸入であり、朝鮮総連から日本の暴力団に流れているのは明らか。
というか、日本の暴力団の3割は韓国民団と朝鮮総連が占めている現実もある(極東や稲川会の組長が在日、山口系にも多数)
ソフトバンクは在日韓国人のための超格安プランを提供したり、YahooBBに至っては売上を朝鮮学校の支援に使うなどあからさまな様子。
叙々苑(焼肉協会)、安楽亭、トラジ、ラブホテル業界、貴金属に至っては国内の7割が韓国人技術者の手により作られている。
アイフル・武富士・アコム・プロミス、サラ金もすべて在日だ。
スポーツ界にもロッテ、読売、ソフトバンクなど俺が知らないところにも経営人に在日は存在するという。

街宣車で騒音をまき散らす右翼団体。
彼らも皆在日コリアンでありエセ右翼なのだ。
奴らは国民の愛国心を無くす為日々右翼のイメージダウンに勤しんでいる。
実際天皇が右翼使って大日本帝国の復活みたいな悪だくみしてると思っている人も多い。

つまり、総て在日コリアンというキーワードで繋がっているのだ。
彼らは政界にも太いパイプがあり(何千億と献金したりして飼っている)自分たちに有利な法律が多々ある。(在日特権)
日本で稼いだ金は免税、通名(ペンネーム)を本名の様に身分証や口座の発行、特別永住権など盛りだくさんだ。
ホンダ、日本マクドナルド、日本コカコーラ、TSUTAYA、セブンイレブン、サークルKサンクス、歌広場、カラオケ747、リーブ21・・・在日の侵食の手はとどまる事を知らず、ほぼ完全に日本を支配している。

さて、在日の総本山・電通の報道統制に話を戻そう。
以前、朝青龍が些細な事で引退させられたのにはワケがある。
ある日韓国人記者に「キムチ野郎」と発言したことに対して、多くの右翼が激怒し次々と決起。
その後、相撲協会を抗議、脅迫して大問題になった。
当然在日傘下のメディアは総バッシング、引退に至った。
また、韓国のK-POPは電通の総力をもってして日本に進出、韓流ドラマやアイドルなどテレビで垂れ流し、韓日友好ムード作りに貢献。

在日がメディアを統治している証拠はたくさんある。たとえば住所の重複だ。
読売新聞東京本社  〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
韓国日報       〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F 

朝日新聞東京本社  〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報       〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2

毎日新聞東京本社  〒100-8051 東京都一ツ橋1-1-1
朝鮮日報       〒100-0004 東京都一ツ橋1-1-4F
 
産経新聞東京本社  〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
京郷新聞       〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2

東京新聞       〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
中日新聞東京本社 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
大韓毎日 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13 4F

NHK放送センター    〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
韓国放送公社       〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1 NHK東館710-C

フジテレビジョン      〒137-8088 東京都港区台場2-4-8
韓国文化放送(MBC)  〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F

TBSテレビ         〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 
韓国総合TVNEWS 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6  

じゃあ、すべての害悪は韓国だな!韓国うぜぇ(`・ω・´)タヒね
・・・と思ったら大間違い!

ナゼここまで韓国が暗躍できている?日本をがんじがらめに支配できた?
全ては敗戦後、GHQにより日本解体後、アメリカ(CIA)が在日コリアンを政財界や電通など次々に送り込んでいた事が原因だという。
つまり、アメリカが朝鮮人を使って日本を支配しているのだ!
直接的に支配してしまうと、日本には反アメリカという憎悪が根深くなってしまうだろう。
そこで日本に占領されたりして恨みが強い韓国に目をつけた。
かつて大英帝国が少数民族の華僑を使ってアジアを統治していたやり方と同じ 。
これを間接統治または分断統治という 。
アメリカの忠実な家来として韓国があり、アメリカ・韓国の家畜として金を搾り取られる為に存在する日本人。
徹底した情報統制とくだらんバラエティー、ゆとり教育などで日本を無力化、バカばっかりにして暴動や革命を起こさない様にしているのだ。

アメリカの奴隷である自民党、最大の敵小沢つぶしの総攻撃、民主党の崩壊と今後の政権交代。
アメリカと韓国の利害を考えながら報道を見れば少しは実態がうかがえるのかもしれない。

今回在日韓国と在日北朝鮮の関係はよくわからなかったが、ここまで徹底的に支配されている現実を国民は知っておくべきだ。
ロイターについては、やはり全ての日本の記事を使っているわけではなく、ちゃんと電通に管理されてる様ですね。


もっと詳しく知りたい人は、こちらに情報のってます!
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/45.html?pc_mode=1  

    ☟
★日本のテレビと新聞の正体(復習)
http://kabukachan.exblog.jp/25001461/

★「在日」に支配されている「日本のテレビ」
http://kabukachan.exblog.jp/22551131/

★GHQの日本人洗脳工作 <プレスコード>
http://kabukachan.exblog.jp/24510096/



[PR]
by kabu_kachan | 2017-06-15 21:53 | 歴史 | Comments(0)

日本人よ、「硫黄島の戦い」を知れ!

日本人諸君、日本のテレビでくだらん架空のドラマを見る暇があったら、「硫黄島の戦い」を見てくれ。これは実録だぜ。

      ☟
1945年(昭和20年)2月19日。

 【硫黄島の戦い】

実録 硫黄島玉砕
https://www.youtube.com/watch?v=wc9Cq5CkUZY

【実録映像】硫黄島の戦 い、日本の激烈抵抗(涙なしには見られない)
https://www.youtube.com/watch?v=G-Ugm-hsbF8

硫黄島の戦い 前編
https://www.youtube.com/watch?v=tiGMcSf7WNo

硫黄島作戦 1/2
https://www.youtube.com/watch?v=aytAXDAEfN4

硫黄島作戦 2/2
https://www.youtube.com/watch?v=BGLvZa9X63g


【ケントギルバート】硫黄島の真実!!アメリカ人は硫黄島の戦いで日本人の本当の恐ろしさを知った!!
https://www.youtube.com/watch?v=4aWRsRreWsg

【竹田恒泰】 硫黄島の戦いが占領政策を変えた!
https://www.youtube.com/watch?v=u_9mRmzrEOQ

日本人が心に刻みたい大事なこと ― 硫黄島が教えてくれた
https://www.youtube.com/watch?v=WaTdtBPC3CY

THE BATTLE OF IWO JIMA! - WWII Original U.S Government Military Documentary - 1945
https://www.youtube.com/watch?v=KBuXgQRz3II

Battle of Iwo Jima - Fierce Fighting Footage [Full Resolution]
https://www.youtube.com/watch?v=8rfsRNeiing

Battle of Iwo Jima

http://www.history.com/topics/world-war-ii/world-war-ii-history/videos/battle-iwo-jima

Battle of Iwo Jima US Marines In Heavy Combat WW2 Footage with Sound
https://www.youtube.com/watch?v=rieXqfzBLJk

Iwo Jima
https://www.youtube.com/watch?v=Ifk_h2JArnc

WWll in Colour-Iwo Jima
https://www.youtube.com/watch?v=IDyMgKtPl-c

WWII RARE COLOR FILM IWO JIMA 1 OF 3 MOUNT HOT ROCKS
https://www.youtube.com/watch?v=B9nATGE2y04

Iwo Jima Infantry Company Commander Interviewed-------(WWII, Korea, Vietnam Vet)
https://www.youtube.com/watch?v=cr4JAn9rq8k

Iwo Jima 38 Days of Hell Part one
https://www.youtube.com/watch?v=0ww6qog3fIg

Iwo Jima - 36 Days of Hell: TRUE STORY - EPISODE 2 (War History Documentary)
https://www.youtube.com/watch?v=d9p3B1E28Ts

Iwo Jima 36 Days of Hell part 3
https://www.youtube.com/watch?v=djYGHzSiGME

Iwojima documentary
https://www.youtube.com/watch?v=fVO7NbhhsoI

IWO JIMA
https://www.youtube.com/watch?v=fwmFBQZq9Z0

第5海兵師団; 硫黄島の戦い [昭和20年]
https://www.youtube.com/watch?v=SPd2zY7D7x8




硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい、いおうじまのたたかい[注 1]Battle of Iwo Jima, 1945年2月19日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争大東亜戦争)末期に東京都小笠原諸島硫黄島において日本軍アメリカ軍との間で行われた戦いである。アメリカ軍側の作戦名はデタッチメント作戦Operation Detachment)。


概要[編集]

硫黄島遠景(2007年)。

1944年8月、グアムの戦いにおいてグアム島をほぼ制圧し終えたアメリカ軍は、日本本土攻略に向けた次の攻撃予定として、同年12月20日にフィリピンレイテ島(のちのレイテ島の戦い)に上陸、翌1945年2月20日にはルソン島(のちのルソン島の戦い)もしくは3月1日に台湾上陸、との作戦計画を立案したが、台湾か沖縄かはこの時点では決定されていなかった。しかし、アメリカ海軍太平洋艦隊司令部ではすでに1944年9月にレイモンド・スプルーアンスの献策から、台湾攻略は補給能力の限界に達していることと日本本土への影響力行使の観点から、意味がないと判断した。

硫黄島の星条旗』をかたどった合衆国海兵隊戦争記念碑

レイテ沖海戦において、日本海軍は大敗北を喫したため戦闘能力はなくなり、台湾攻略の戦略的な価値が下がったが、アメリカ陸軍ダグラス・マッカーサーは依然として台湾攻略を主張していたため、統合参謀本部で海軍と陸軍は真っ向から対立した。その中、陸軍航空軍ヘンリー・アーノルドがより効果的な日本本土への戦略爆撃が可能になることから硫黄島攻略の意義を唱え、10月2日に硫黄島攻略という基本戦略が40日後の沖縄上陸(のちの沖縄戦)への前提としてアメリカ軍全体の方針となった[2]

これを受けて、1945年2月19日にアメリカ海兵隊の硫黄島強襲が艦載機艦艇の砲撃支援のもと開始された。上陸から約1か月後の3月17日、栗林忠道陸軍大将を最高指揮官とする大日本帝国陸軍バンザイ突撃を禁じ、激しい抵抗を経て、アメリカ軍は同島をほぼ制圧、3月21日、日本の大本営は17日に硫黄島守備隊が玉砕したと発表する。しかしながらその後も残存日本兵からの散発的な遊撃戦は続き、3月26日、栗林忠道大将以下300名余りが最後の総攻撃を敢行し壊滅、これにより日米の組織的戦闘は終結した。

日本軍に増援や救援の具体的な計画は当初よりなく、守備兵力20,933名のうち96%の20,129名が戦死あるいは戦闘中の行方不明となった。一方、アメリカ軍は戦死6,821名・戦傷21,865名の計28,686名の損害を受けた。大東亜戦争(太平洋戦争)後期の上陸戦でのアメリカ軍攻略部隊の損害(戦死・戦傷者数等[注 2]の合計)実数が日本軍を上回った稀有な戦いであり、また、硫黄島上陸後わずか3日間にて対ドイツ戦(西部戦線)における「史上最大の上陸作戦」ことノルマンディー上陸作戦(オーバーロード作戦)における戦死傷者数を上回るなど、フィリピンの戦い (1944-1945年)や沖縄戦とともに第二次世界大戦屈指の最激戦地の一つとして知られる。



アメリカ軍が硫黄島に上陸したのが1945年の2月19日。
栗林忠道中将が自決したのが3月27日。

この2月19日から3月27日の間の3月10日に東京大空襲で10万人の日本人が焼き殺されている。

日本人よ、東京大空襲で10万人の日本人が焼き殺されている姿とそのとき硫黄島では栗林忠道中将率いる日本軍がアメリカ軍と死闘を続けている姿を頭に焼き付けておくんだぜ。

★東京大空襲 <世界史上最大の大虐殺>
http://kabukachan.exblog.jp/21794405/

BF1942 "硫黄島攻防戦 ~island of hell~"
https://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M




     日本人必見動画

    ☟
★September 11 -- The New Pearl Harbor (FULL)

https://www.youtube.com/watch?v=8DOnAn_PX6M

    ☟
★9/11: New! Overwhelming EXPLOSIVE Evidence-1500 EXPERTS SPEAK OUT!
https://www.youtube.com/watch?v=S7JCqlF24pI






アメリカのプロパガンダフィルムだが貴重な映像が映っている。
この動画、アメリカ軍がアジアを解放したと言っているぜw。
アメリカ人は解説の中で日本軍が中国で虐殺をやった、フィリピンで虐殺をやった、グアムで虐殺をやったとさり気なく語るのが非常に巧い。

    ☟
★Japan's War in Colour | 2004 Documentary with never seen before films
https://www.youtube.com/watch?v=WJLE2pnN9WY


Smithsonian Channel - Fall of Japan: In Color (2015)
https://www.youtube.com/watch?v=CVGcQKJxVOY


WWII BATTLEGROUND: Japanese Invasion of China 1937-1944 (720p HD)
https://www.youtube.com/watch?v=vduOjI_e-RI


Battle of Manila | 1945 | Liberation of the Philippines by the US Army | Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=j3l6d_o1mxc


上の動画がでたらめプロパガンダフィルムであることを証明しているのが下の動画。

    ☟
★さくらじ#102、ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=WEjUqOEuy5U

★さくらじ#120 水間政憲がぶっ壊す「WGIP」と「戦前暗黒史観」
https://www.youtube.com/watch?v=V2mDBt24S9w&nohtml5=False



★「ダグラス・マッカーサー」とは何者だったのか?
http://kabukachan.exblog.jp/25902262/


日本人よ、昭和20年を知ってるか!
http://kabukachan.exblog.jp/25515850/


日本人よ、涙せよ!
http://kabukachan.exblog.jp/24939240/


B-29 Superfortress Bombers Over Japan | 1945 | World War 2 Documentary in Color
https://www.youtube.com/watch?v=W-QUIzaDYSs


大東亜戦争(太平洋戦争)とは何だったのか?
http://kabukachan.exblog.jp/24554821/


日露戦争の世界史的意義
http://kabukachan.exblog.jp/19062401/


太平洋戦争の総括
http://kabukachan.exblog.jp/25588907/




最新動画情報

Trump says " CNN is Very Fake News" Trump Holds Press Conference to attack Media!
https://www.youtube.com/watch?v=PNz6eFDZiFk

FULL EVENT: President Donald Trump Rally in Melbourne, Florida 2/18/2017 Trump Florida
https://www.youtube.com/watch?v=M353f0yzOf8

President Trump rally in Florida. Feb 18. 2017. President Trump speech in Florida today
https://www.youtube.com/watch?v=WjtDUuh_oy0

BREAKING NEWS ABOUT TRUMP February 21, 2017
https://www.youtube.com/watch?v=w2dWvO_jhyo


Top 10 AMAZING Facts About JAPAN
https://www.youtube.com/watch?v=fw-S89PZV2g

Top 10 Things You Didn't Know About Japanese Schools
https://www.youtube.com/watch?v=8ikOhbuaNyA&index=2&list=RDg5He3vxpPoU


[PR]
by kabu_kachan | 2017-02-18 14:08 | 歴史 | Comments(0)

中国人とユダヤ人の大嘘 <南京大虐殺>

嘘が陳列される現代史

  学者の群れには正直な人物と不誠実な奴が混じっているから厄介だ。自然科学なら捏造は御法度だから、意図的に誤魔化す者は滅多にいない。しかし、人文系の学術界には怪しい人物がいっぱいだ。特に、歴史学会は真実の追究より、特定のイデオロギーを拡散する宣伝機関と化している。歴史を扱った学術書といえども、書かれていることが本当とは限らない。イエロー・ペーパーとかダブロイド紙なら、人々は疑惑の目を以て話半分という態度を取るだろうが、アカデミックな体裁の本だと内容を丸呑みにする危険性がある。保守派の日本人なら、このことを痛いほどよく分かるはずだ。

Iris Chang 3(左 / アイリス・チャン)
  今では所謂「南京大虐殺」を信じている者は殆どいないだろう。あの火付け役の朝日新聞や共産党だって、日本軍による支那人30万人大虐殺を口にすることが出来ない。しかし、歐米ではこの嘘が未だに罷り通っている。というのも、歴史家のみならず我が国の外務省だって正式に否定していないから、日本軍が南京で大勢の支那人を殺戮したことになっているたのだ。とりわけ、米国で支那人のアイリス・チャンが『レイプ・オブ・南京』を出版した事が大きく響いている。この捏造本を徹底的に糾弾することが、祖国の名誉を守る日本政府の優先課題だ。日本国民を代表する政府が、たった一冊の偽書を放置したがために、在米邦人が肩身の狭い思いをする事になったのである。アイリス・チャンが北京政府に操られた道具であったことは明らかだったのに、我が国の外交官は出世の案件にならぬから、とだんまりを決め込んでいたし、その官僚を監督する政治家も、金と票にならぬことだから放って置いた。結局、国家の名誉など二の次三の次、ボロ切れより価値が無かったのである。他人の尻を拭くのが一番嫌いな議員と役人にとったら、祖先の名誉なんかより便座除菌クリーナーのほうがよっぽど有り難い。

  支那系アメリカ人アイリス・チャンの害毒は、無知なジャーナリストや左翼学者のみならず、保守派知識人にまで浸透していた。例えば、保守派の重鎮を自任するジョージ・ウィル(George Will)は、以前ABCの政治番組「ディス・ウィーク」で日本軍は南京で虐殺(atrocity)を行った、と述べたことがある。また、ウィル氏とは違って体制派に与しない、独立不羈の保守派知識人パトリック・ブキャナン(Patrick Buchanan)も、南京大虐殺を信じていたのだ。彼は著書『超大国の自殺(Suicide of A Superpower)』の中で、民族間の激しい殺し合いについて述べていた。

  アジアにおける日本の戦争は人種戦争だった。南京で日本の兵士は銃剣で、スポーツとして乳児を、訓練として母親や父親を突き刺した。朝鮮の少女や女性は日本軍のために性奴隷として徴集された。(『超大国の自殺』 幻冬舎 2012年 p.364)

  ブキャナンは決してCNNとかABCが雇う左翼ジャーナリストではない。彼は米国の知識人社会でも異端に属する正統派の保守主義者(paleo-conservative/旧来の保守派)で、ユダヤ人のネオコン(neo-conservative/新保守主義)とは一線を画すどころか水と油の関係にある。したがって、ブキャナンには日本に関する悪意は無い。彼が日本を非難する文章を挿入したのは、おそらくアイリス・チャンの本を参考にしたか、彼女の記事を読んだからだろう。保守派論客として知られるブキャナンが、あえて日本を誹謗する理由はどこにもない。(著書の中でどの本からの引用なのをか明確にしていないから、スキャンダラス記事として彼の記憶に残っていたのだろう。)

George Will 2Patrick Buchanan 2Susan Brownmiller 1







(左: ジョージ・ウィル / 中央: パトリック・ブキャナン / 右: スーザン・ブラウンミラー)

  アメリカ人の中でも正常なブキャナンでさえ、このように支那人の嘘に嵌まってしまうのだから、他の知識人が日本史の捏造に感染しても不思議ではない。戦争における強姦・暴行を専門に研究するスーザン・ブラウンミラー(Susan Brownmiller)も、皇軍による南京での凌辱事件に触れていた。彼女はユダヤ系アメリカ人のジャーナリストで、しかもフェミニストの左翼系知識人だから、書く内容は容易に想像がつく。こんな素性だからバリバリのリベラル派で、彼女が参考にした文書というのは、南京国際救援委員会(Nanking International Relief Committee)が作成した『南京地区に於ける戦禍(War Damage in Nanking Area)』と『国際軍事裁判速記録(International Military Tribunal fpr the Far East)』である。その中からブラウンミラーは幾つかのショッキングな証言を引用していた。例えば、アメリカ人宣教師のジェイムズ・マッカラムが書いた日記を紹介している。

  私はいまだかつて、このような残虐行為は聞いたことも、読んだこともりません。強姦 ! 強姦! 強姦! 一晩に少なくとも1000件は起こると推定され、日中にも多くの事件があるのです。しかも抵抗・・・・すれば銃剣で突き刺すか、小銃で射殺するのです。詳しく報告しようと思えば、一日数百件はたやすい。(『レイプ・踏みにじられた意思』勁草書房 2000年 p.68)

  保守派の日本人なら、こうした軍事法廷で被告人側弁護士による反対尋問が行われなかったことを知っているが、日本に関して無知なアメリカ人学者だとそのまま鵜呑みにしてしまうのだ。歐米の裁判で重要な要素が抜け落ちていたなど夢にも思わない研究者だと、まっとうな宣誓証言であると信じてしまうケースがある。このマッカラム師は直接事件を目撃したわけではなく、単なる伝聞であることは明らかだが、日本兵は野蛮人という先入観を持つ歐米の歴史家には、西歐人の証言は真実に聞こえてしまうのだ。それに、ただでさえ左翼が主流の歴史学会で、わざわざ戦争犯罪国の弁護を買って出る学者はいないだろう。正式な報告書が作成されたのだから、その内容を吟味する必要はないのだ。

  もっと厄介なのは、嘘をつくことが日常となっている支那人が証人席に坐っていたことだ。歐米の学者は米国による裁判なので、民族や人種が違っていても、宣誓して証言する目撃者は皆、本当にあった事を話していると信じてしまう。まさか、堂々と嘘をつくとは思っていないのだ。金陵大学(現在の南京大学)の陳瑞芳は、次の様な供述書を提出していた。日本兵は安全地区に逃げ込んできた女性たちを追って、大学の校庭に闖入(ちんにゅう)し、支那兵の捜索だと偽っていました、というのだ。1937年12月17日、日本兵は群れを成して構内に入り、若い女性11人を連れ去った。そのうち9名は恐ろしい強姦と凌辱に晒された後、かろうじて逃げ帰ってきたが、その他2名の娘たちについては、それ以上聞かれなかったという。これって、もしかしたら支那人に拉致され、輪姦された話を日本兵の仕業にすり替えているんじゃないか? 事実、裁判では似たような証言が多かったという。

Nanking 1(左/南京に入城する皇軍)
  支那人は都合良く話を作るから信用できない。彼らの「証言」によると、日本兵は娘たちを堂々と攫うし、誘拐された女性は、昼間だと洗濯をさせられ、夜には性的サービスを強要されたという。部隊の娯楽と称して、セックス・ショーをやらされた女性もいたそうだ。また、こうした野蛮な日本兵は、ある父親に銃剣を突きつけ、彼の目の前で娘を強姦したんだって。さらに驚愕すべき犯罪があった。日本兵は攫ってきた女を輪姦すると、被害者女性の陰部に棒を突き刺したり、首を切り落と蛮行を加えたそうだ。(上掲書 p.69) あぁ~あ、出たよ支那人の十八番(おはこ)が。白人を目の前にして、自分の利益を計算した支那人どもが、口を揃えて「うぅっっう ! あぁぁっっ!! 東洋鬼(トンヤンクイ)が私たちを強姦したアルヨ !!」と涙ながらに訴えたんだろう。まったく、支那人といい朝鮮人といい、どいつもこいつも、平気な顔して嘘をつけるんだから、アカデミー賞に「嘘つき部門」があったら、全部受賞できるだろう。だいたいさぁ、日本人が娘たちの膣に棒を突き刺したり、斬首刑にするわけないだろう。これは支那名物、匪賊の蛮行だ。昔からある支那人特有の残虐行為である。日本人なら直ぐ察しがつくけど、アジア史に無知な西歐人だと、まったく気づかない。

  日本人なら何度も耳にしているから、支那人の証言なんて馬鹿らしくて聞けないけど、歐米の読者には新鮮なことだから、どんな嘘が『レイプ・オブ・南京』に記載されているのか、デタラメの幾つかを紹介してみよう。陳賈という支那人の証言はとんでもないものだった。彼女は母親と弟夫婦、彼らの5歳と2歳なる子供、そして彼女自身の子供二人と共に避難所へと向かっていたそうだ。南京市の老王府という場所にさしかかったところ、12名の日本兵に遭遇し、彼らは刀を持っていたので、そのうちの一人が義妹を捕まえ、亭主と子供の前で殺してしまった。彼女の弟は妻を守ろうとして殺され、子供たちは母親が強姦されている間中、泣いていたという理由で殺されてしまったそうだ。彼女の母親も刺されて12日後に亡くなってしまう。地面に倒れていた彼女は、二人の子供を連れて逃げ延びたという。そして、彼女は難民収容所へ行く途中に、一般市民の死体を数多く見たそうだ。死体となった女性は服をまくり上げられ、強姦されたような跡があったらしい。彼女はそうした死亡女性を20体ほど見たという。(上掲書 p.70) さ~すが支那人。見てきたような嘘をつく。本当に殺人をやらかしたのが日本兵なのか? 支那人の便衣兵じゃないのか? 何の物的証拠も無い、ただの目撃証言なんだから、いくらでも嘘を盛り込むことが出来る。殺害された家族の遺体だって、検死が行われた訳じゃないし、その遺体すらどこにあるのか分からない。しかし、こうも具体的に話されると、歐米人は完全に騙されてしまう。支那人恐るべし。

  大人が嘘つきなのは分かるが、子供まで嘘の名人なんだから、支那人は根っからの悪人だ。15歳の王潘という少女は、こう述べていた。1937年12月13日、日本軍が南京市内に侵入した時、彼女は父親と姉に連れられて、既に難民地区に移っていたという。そこには五百人ほどの女性が避難していたが、日本兵は女漁りをするため、ここへ度々現れていたそうだ。ある夜、一人の女性が中庭で強姦され、その叫び声が一晩中響き渡っていたが、日本兵が立ち去ったあと、彼女の姿は消えていたという。その後、二回ほど日本兵が乗ったトラックがやって来て、女たちを連れ去ると、彼女たちは二度と戻ってこなかったそうだ。ただ一人だけ、逃げ延びてきた女性がいたらしく、彼女の話によれば、拉致された女性はことごとく輪姦されたという。なかには犯された後、陰部に雑草を詰め込まれた者がいたらしく、それが原因で死亡したそうだ。(どんな草を詰め込まれたら、死ぬのか分からない。そもそも猛毒の草って何だ? ) 王潘は隠れていたので、日本兵に捕まらなかったという。こうした少女の悲痛な証言なら、普通の歐米人はコロっと騙されてしまう。まさか、被害者を目撃した少女が嘘をつくとは思っていないからだ。第一、その強姦魔が日本兵だという事をどうやって証明できるのか? 支那人が攫っていった事だって考えられるのに、反対尋問が無かったから一方的な話で終わっていたのだろう。こんなインチキ裁判でも、立派な報告書が出来上がると、証言は総て「真実」になってしまうのだ。

  被害者女性に同情するブラウンミラーは、何度も「こうした事件はほんの一例に過ぎない」と強調する。報告書は信じられない話で満ちていた。例えば、12月14日、数名の日本兵はアメリカ人宣教師グレース・バウワー嬢の家に押し入り、内側に毛皮を貼った手袋を奪い、テーブルの上にあった牛乳を飲み干し、手に砂糖を掬い上げて持ち去ったそうだ。これって、支那人じゃないのか? 恐怖に怯えたアメリカ人だと、日本人と支那人の区別がつかない場合だってある。東京裁判では約二万件強姦が発生したと述べられているのだ。日本兵は南京を陥落させた時、強姦、放火、殺人をやりまくったことになっている。でも、アメリカ人がこんな非道を信じてしまうのも無理はない。世界史を繙けば、征服民族が敗れた民族の財産を奪い、子供や老人でも殺しまくるのは普通である。征服した土地の女は兵卒達の「ボーナス」で、いくらでも強姦してよいし、奴隷にして持ち帰っても文句は出ない。だから、残虐行為が当り前の歐米人にしたら、南京を征服した日本軍が、定番の掠奪殺人を犯しても不思議ではないのだ。まさか、敵地を陥落させて強姦もせず、整然と治安維持に務めたなんて考えられない。松井石根(まつい・いわね)大将や日本兵から見れば当然のことでも、野蛮が常識の外国人からしたら異常なことである。ブラウンミラーは「南京大虐殺」を心から信じているようで、「もし東京裁判という戦争犯罪を裁く法廷がなかったら、南京事件の全貌を信じるものなど一人もなかったにちがいない」と述べている。(上掲書 p.73)

アメリカ左翼に蔓延る反日史観

  日本に対する誹謗中傷の火種は、日本人が起こしている場合が多い。昭和46年、国家を相手に教科書検定違法訴訟を起こして有名になった家永三郎が、既に外国に向けて害悪を垂れ流していたのである。東京教育大学で教鞭を執っていた家永は、「憲法問題研究会」に所属するなど、極左教授丸出しの反日主義者であったが、戦前は天皇陛下にも進講するなど、皇室尊崇の念を持つ保守的な学者であった。ところが、敗戦を機に、戦前の軍国主義を反省するとかの口実で、共産党や進歩的マスコミの御用学者に成り下がった。よくいる典型的な変節漢である。こんな家永は『大平洋戦争』を執筆し、この本は英訳されて、米国の大学図書館に置かれるようになった。(The Pacific War : World War II and the Japanese, 1931-1945, New York, 1978) 日本語が読めないアメリカ人の学者が、日本史に言及しようとすれば、必ず英訳された学術書を手にする。しかも、家永は有名大学の教授であったから、外国人の研究者は本当の事が書いてあると信じてしまう。しかし、ちょっと教養のある日本人なら、家永の左翼贔屓を知っているから、どのページを捲っても、眉に唾をつけて疑うのが普通だ。

Ienaga 1 2









(左: 家永三郎 / 中央: アーサー・シュレージンガー / 右: ケネディー大統領とシュレージンガー)

  家永のことを何も知らないアメリカ人の中に、あのアーサー・シュレージンガー,Jr.(Arthur Schlesinger, Jr.)博士がいた。彼は同じハーバード大学出身のジョン・F・ケネディー大統領と親しく、『ケネディーの千日』という伝記も書いている。シュレージンガーはユダヤ人という出自に触れることを嫌っていたが、その思想は根本的にリベラルで、米国と日本の左翼知識人に受け容れやすいものだった。このシュレージンガーは自著の中で家永の『太平洋戦争』を取り上げ、家永を英雄のように扱い、「日本の人々に赤裸々な真実を示そうと努めた時、公的な被害を受けた」と紹介しているのだ。(『アメリカの分裂』 都留重人訳 岩波書店 1992年 p.54) こんな言い方をすれば、家永は真実を暴露したために、邪悪な国粋主義者や右翼勢力から迫害を受けたと勘違いされてしまうじゃないか。だが、日本の事情をちょいと聞きかじったアメリカ人が、裏を取らずに述べてしまうのは仕方がない。本来、日本の国益を考えるべき日本政府や保守派の学者が、歐米人向けに英語の書物を出版しないのが悪いのだ。米国の図書館にある僅かな日本史関係の本は、大抵、反日思想の日本人左翼か、日本に対して厳しい見方をする日系米国人によるもので、まともな学者の本はまず無いと言っていい。

  シュレージンガーも著書の中で「南京虐殺事件」に触れており、ヒトラーやスターリンによる虐殺と同じ項目にしているのだ。このユダヤ人学者は、日本人が学校用教科書の中で、子供たちに朝鮮併合や支那侵略を「恩恵」と教えており、その頑迷固陋さがソウルや北京からの公式抗議を招く結果となった、と説明している。(上掲書 pp.53-54) 日本の若者は、自分の祖国が戦争を引き起こした原因ではなく、その被害者であると教え込まれている、とシュレージンガーは述べていた。アメリカ人の左翼系学者は実務に疎いからしょうがないけど、あの乞食の群れが住む朝鮮を一人前の国したんだから、日本の統治は前代未聞の偉業であることは明らかだ。シュレージンガーのような学者は、日本統治前の朝鮮と統治後の朝鮮を比較するという発想が無い。せめてインフラ整備の知識くらいは持っていてもらいたいものだ。文系学者って建設や流通、製造に関する実務的知識に欠けているから困る。やはり、研究室と図書館だけの生活だから、肉体を使った労働とか従業員を背負った経営を分かっていないのだ。

  シュレージンガーの本を読んだアメリカ人は、日本が国家ぐるみで歴史を歪曲している、と思うだろう。彼のような左翼学者は、日本人が侵略戦争を「聖戦」にしていると思い込みやすい。シュレージンガーは日本政府が国粋主義を以て歴史を書き換えていると思っていたようだが、実際は逆で、国益を損ねる方向で書き換えが為されていたのだ。日本の学校教科書は共産党系の執筆者によって書かれているので、積極的に日本を侵掠者にして断罪しているのである。驚くことに、日本兵が“犯した”残虐行為を隠蔽しているのではなく、“犯してもいない”蛮行を記述しているんだから、シュレージンガーが誤解しても不思議ではない。彼は日本人が歴史を歪曲したから、朝鮮人や支那人が抗議したと思っていたのだ。まさか、日本人が彼らの嘘を承認しないから騒いでいたとは想像できなかったのである。

  シュレージンガーのような「リベラル派」の歴史家は、こぞってフランクリン・D・ローズヴェルトを賞讃しているから、どうしても枢軸国側の日本が悪党でなければ都合が悪いのだろう。邪悪なナチ・ドイツと同盟を組む日本は、世界征服を目論む悪の帝国で、ローズヴェルト大統領は東西の悪魔に敢然と立ち向かった英雄なのだ。だから、米国に助けてもらったユダヤ人としては、ヒーローになった大統領を批判する事はどうしてもできない。この偉人が赤い社会主義者で、スターリンの良き仲間であったとは言いたくないのだ。アメリカの歴史学会は認めたくないことだが、当時のアメリカ政府にはソ連シンパが溢れんばかりに存在し、ソ連の工作員や協力者も紛れ込んでいた。シュレージンガーのようなユダヤ人は、同類のユダヤ人左翼を批判するような研究はしたくないのだろう。例えば、ソ連のスパイとして知られているハリー・デクスター・ホワイトは、ロシア出身のユダヤ系アメリカ人であったから、ユダヤ系移民のイメージが悪くなってしまうのを恐れている。だが、最近ではヴェノナ文書が公開されたことにより、反米的ユダヤ人が多数存在したことがバレてしまった。日本人なら、占領軍にはびこっていた「ニューディーラー」、特にユダヤ系の軍官僚を見れば容易に理解できるだろう。だが、米国の歴史家は意図的に触れようとはしなかった。つまり、それくらい米国の歴史学会も左翼に占領されているということだ。

  とにかく、アメリカの知識人に何を言っても始まらない。そもそも、彼らには日本への関心がないのだ。アメリカの知識人にとって、日本は異星人が住む国とちっとも変わらないのである。地理的に遠いだけでなく、言語や文化が余りにも違うのだ。日本語は難解で、暗号の塊みたいなものである。日本語を専攻した学者や学生でさえ、日本語を読むことが出来る者は限られている。日本人の学生だって、戦前に出版された正漢字と歴史的仮名遣いで書かれた本を理解するのは難しいんだから、ヨーロッパ人やアメリカ人となれば尚更だ。アメリカ人には信じがたいことだが、明治の知識人が書いた恋文でさえ読めない日本人がいる。日本語はゲルマン語と文法が違うだけでない。表意文字の複雑な漢字が古典の知識と相まって、表音文字の中にちりばめられており、さらに仮名遣いまでが時代によって変化しているのだ。いくら日本文化が好きなアメリカ人だって嫌になってくる。だから、保守派のブキャナンが日本の事情に疎いことや、日本を誹謗する捏造史に引っ掛かっても無理はない。こうした事情が理解できれば、アイリス・チャンの偽書『レイプ・オブ・南京』が如何に有害か、が分かるだろう。こんな捏造書が各図書館にたくさん所蔵され、訂正されぬまま大学生や一般人に読まれているのだ。

Alexandra Harney 1Natalie Emmons 1Natalie Emmons 2








(左: アリクサンドラ・ハーニー / 中央: 歌手のナタリー・エモンズ / 右: トリバゴのCMに出演したナタリー)

  本来なら、日本政府が裏からアメリカ人の歴史家を雇って、アイリス・チャンに対する反論本や、真実を語る学術書を書かせて、彼女の毒を中和させておくべきだった。ただし、日本人が書くと反論本の信用性が低下するから、ある程度有名なアメリカ人の大学教授か、シンクタンクの白人研究者を選ぶのが良い。それが駄目なら、西歐系の若手研究者に資金を渡し、支那人の嘘を暴露するような学術書を書いてもらうことだ。そうして、日本政府がその新進気鋭の学者をメディアにたくさん登場させ、有名人に祭り上げてしまえばいい。贅沢を言えば、なるべく美人で若い白人女性が良い。一般人というのは、まず外見で判断するから、テレビの視聴者は美人なら喜んで耳を傾けるし、最後まで彼女の話を聴いてくれるものだ。それに、マスコミだって綺麗な学者だと、こぞって出演依頼をしてくるから、日本側の苦労が軽減されるだろう。日本政府は語学が得意な美人学生の青田刈りを検討してもいいのではないか。もっと言えば、外務省に命じて保守的な家庭で育った若者を有名大学に合格させ、日本のエージェントにできれば理想的だ。奨学金を与えて餌付けした者を日本専門家に仕立てることくらい当然である。それが無理なら、中谷元・元防衛大臣のところで働いていたアレクサンドラ・ハーニー(Alexandra Harney)のような、日本語を喋る知的な女性をスカウトしたっていい。彼女は『中国貧困絶望工場』を出版していたから、ご存じの方も多いだろう。また、トリバゴのCMに出ていた日本語の上手な歌手ナタリー・エモンズ(Natalie Emmons)みたいな素人娘でもいい。学校秀才の官僚だと、下らない理窟ばかり並べるから、アメリカ人の庶民はあくびが出てしまい、日本の主張が無視されてしまう虞(おそれ)がある。素人娘だと心配する日本人もいるだろうが、宣伝のプロを雇って外務省できちんと調教し、日本の代理人に育てればいいのだ。

Abby Martin 2Laura Ingraham 1Ann Coulter 6









(左: アビー・マーティン / 中央: ローラ・イングラム / 右: アン・コールター)

  日本の政治家や外務省は、国家試験に合格した者ばかりを重要視するが、対外工作や大衆操作には、第一印象の良い美男美女を用いるのが一番だ。外国の大衆は、腐った魚みたいな顔をした外務官僚の話なんか、絶対に聞こうとしないし、マスメディアだって取り上げない。この点、ロシア人は日本人よりも賢く、世論操作に長けている。例えば、ロシアの宣伝機関であるRTテレビでは、アビー・マーティン(Abby Martin)という魅力的なアメリカ人女性キャスターを採用している。RTは米国の左翼メディアが扱わない、あるいは意図的に避けている話題を取り上げ、アメリカ人視聴者を惹きつけている。しかも、番組中にマーティン氏の美脚をさりげなく映して、視聴者の関心を高めようとしていたのだ。ロシア人って本当に狡賢い。我が国も日本の尖兵となるアメリカ人の美女を発掘して養成すべきだ。アイヴィーリーグのみならず、全米の大学にスカウトマンを送り込んで、保守的思考と品格を備えた女子学生を引き抜くことだ。大金をかけて日本への知識を学ばせ、テレビ局に売り込んで有名学者やコメンテーターに仕込めばよい。アン・コールター(Ann Coulter)やローラ・イングラム(Laura Ingraham)みたいな、左翼を遠慮無く攻撃する保守派のオピニオン・リーダーにして、必要なときだけ“ちらり”と日本を掩護させればいいのだ。いつも日本の擁護をさせると、日本の手先と評されるので、普段は米国の政治にだけ発言させておくのがいい。日本政府は国益のためにあらゆる手段を講じるべきなのに、無能な外務官僚ばかりに公金を使うんだから、税金を払っている国民は馬鹿みたいだ。

Kuriyama 1Saito Kunihiko 1Yanai Syunji 1Kato Ryozou 1







(左: 栗山尚一 / 斉藤邦彦 / 柳井俊二 / 右: 加藤良三)

  まったく、日本政府は全く世論操作が下手である。米国には資金不足に悩む貧乏学者がたくさんいて、大金をちらつかせれば喜んで飛びつくのに、法外な料金をむしり取るロビーストばかりに税金を使っている。もっと、草の根から米国の庶民を洗脳すべきなのだ。それには、現地のアメリカ人を買収して、日本のエージェントに仕立て上げる事が有効である。外務省の役人が購入する高級ワインやインテリリア家具を節約すれば、1億円くらい軽く捻出できるんじゃないか。碌でなしの無能外交官に何億円も使っているのは馬鹿らしい。我々は歴代の駐米大使を思い出してみるべきだ。見るからに情けない栗山尚一、齋藤邦彦、柳井俊二、加藤良三などは、アイリス・チャンや支那人、朝鮮人の言い掛かりに対して何をしたのか? せいぜい、テレビ番組に出演し、「日本政府は謝っていまぁ~す ! 赦(ゆる)してくださいよぉ~」と弁解するだけだった。戦場で散華した我が軍の将兵のことなんか、これっぽちも考えていなかった。ひたすら、自分の経歴に傷がつかないよう、米国の左翼勢力と支那人、朝鮮人の団体に謝罪するだけで、国益を考えたことはないのだ。そもそも、外務大臣が愛国的じゃないんだから、その手下の駐米大使らが国益軽視でもおかしくはない。日本国民は国益増進の為に、政治プロパガンダを検討すべきだ。日本国内だけで南京事件を片付けても、本当の意味で解決したことにはならない。日本にとって重要な歐米諸国で鎮火させることが重要なのだ。

  次回は、インドにおけるイギリス人の残虐行為について述べてみたい。



http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68580844.html





★20世紀最大の大嘘 < 南京大虐殺 >
http://kabukachan.exblog.jp/25572311/

[PR]
by kabu_kachan | 2016-12-14 00:22 | 歴史 | Comments(0)

<真珠湾攻撃と911>(パールハーバー と ニューパールハーバー)

【真珠湾攻撃と911】

Pearl Harbor(パールハーバー) と
New Pearl Harbor(ニューパールハーバー)の違い。


★パールハーバー(Pearl Harbor)とは

1941年12月8日(日本時間)。
日本海軍はハワイの真珠湾に浮かぶアメリカ海軍の軍艦を空爆して沈めた。宣戦布告前だったためルーズベルトはこれを卑怯な騙し討ちだとして「リメンバー・パールハーバー」と言って全米国民に日本と戦うように仕向けた。
このルーズベルトの「リメンバー・パールハーバー」のパールハーバーのことである。


Franklin Delano Roosevelt - Pearl Harbor Address
https://www.youtube.com/watch?v=3VqQAf74fsE


FDR DECLARES WAR (12/8/41) - Franklin Delano Roosevelt , WWII , Infamy Speech , 24400
https://www.youtube.com/watch?v=YhtuMrMVJDk


Franklin D Roosevelt - Dec. 8, 1941 "Day of Infamy" Speech (Full Speech)
https://www.youtube.com/watch?v=5eml6lxlmjY






★ニュー・パールハーバー(New Pearl Harbor)とは


ルーズベルトは日本軍が真珠湾を攻撃することを暗号解読で事前に知っていながら放置していたのである。なぜなら、ルーズベルトは大統領になる前の選挙公約で米国民を戦場に送らないと言っていたからである。

すなわち、ルーズベルトが真珠湾が攻撃されることを事前に知っていながら放置したことと911テロ事件でブッシュがテロが起きることを事前に知っていながら(実際はテロの捏造だが)、放置していたことと同じだとしてこの911テロ事件をニュー・パールハーバーと呼ぶのである。

George W. Bush The Night of 9-11-01
https://www.youtube.com/watch?v=XbqCquDl4k4




【恐怖】911は陰謀
https://www.youtube.com/watch?v=_v4XQGdaLUM


【9.11の真実】『新・霊界物語 十六話』~NWOを阻止せよ~
https://www.youtube.com/watch?v=rSGY1d6ggM8&index=18&list=PLTEQ4LklraVRq1fq3xbolEhHFm4lhBYVM





★下👇の動画の後半に注目せよ!(最高の動画の一つだぜw!)

崩壊したWTCの地下で12月になっても高温の状態が続いていたと言っている。ジェット燃料の燃焼による崩壊では有り得ないことである。

★911テロは100%捏造である
http://kabukachan.exblog.jp/19156240/

(東大出の諸君、猿みたいな顔して見るんじゃないぜw!)

     ☟
★September 11 -- The New Pearl Harbor (FULL)
https://www.youtube.com/watch?v=8DOnAn_PX6M


視聴者の感想より。

This documentary is brilliant! To me it's the best on 911.



Great documentary!!! There could have been a couple more hours worth of information surrounding the insiders involved. Watched it in parts over a few days so correct me if I'm wrong but I didn't see anything on...FBI Agent John O'Neil, Col Anthony Shafer and Abel Danger, Urban Moving Systems ran by Dominic Suter an Israeli Agent, who disappeared after being questioned by Authorities within days of the event also could have been the company moving explosives into the Towers. The Israeli artists, dancing Jews, all detained then deported with no explanation. Understandable why there were no names or agendas becasue when you travel this road, it is based on a lot of speculation so great job sticking with the visible evidence which in my mind is overwhelming that 911 was in fact the biggest deception ever played on the people and it's undeniable cover up from top to bottom. Those debunkers are not even experts in every field so their credibility is nothing, most of their reasoning is lame at best. How can Popular Mechanics even comment on the hijackers and other non mechanical related materials? NIST and Popular Mechanics should be ashamed of themselves, what a slap in the face to all victims, rescuers, and their families.....



Why has this only had 308,000 views? The whole world has to see this.



ここで一句。

東大出 英語が分からず 猿のまま

日本語の 訳だけ読んで 猿わかり

日本語の 情報集めて 猿知識

    ☟
Pearl Harbor & F.D.R. Conspiracy
https://www.youtube.com/watch?v=qR8Oe3mDF0s

Did FDR Know in Advance or Provoke the Attack on Pearl Harbor? Did He Trust Stalin? (2001)
https://www.youtube.com/watch?v=GOmJyvpcKaI


1942年2月にワシントンD.Cでの特別な集まりで、フーヴァー長官が次のように話した。
  • 1941年9月に極東の秘密情報部員および香港かシンガポールのイギリス人ビジネスマンから「日本がパールハーバーか、フィリピンのクラークフィールドを攻撃する予定である」と警告を受けた。ビジネスマンらは、この話を東京にいるアメリカ政府代表者から聞き、政府代表者は日本人の友人から聞いたという。攻撃の危険を感じたフーヴァーはこのことを、キンメルやショートに知らせるべきだと進言したが、大統領はそれを拒絶して「誰にも言うな」と話した。大統領特別顧問のハリー・ホプキンスノックス海軍長官はこの件を知っていたようだ。マーシャル将軍も知っていたかもしれない。
  • その後も警告は5、6回あり、最後のものは攻撃の一週間前に極東の誰かからあり、非常に詳細だった。パールハーバーを指揮する将官にそのことを知らせるよう懇請したが、大統領はこの件は自分に任せろと言った。
  • 攻撃の2、3日前に日本艦隊が太平洋をハワイに向かっているのが発見された。それは一般市民(またはアマチュア無線士)から無線をキャッチしたという通報が軍にあったためだ。パールハーバーが3日くらい後に攻撃されることが位置からわかった。東インド諸島のオランダ人スパイからは、場所の情報はないが攻撃がおこなわれるという警告があった。フーヴァーは再度大統領にハワイの指揮官に伝えるよう求めたが、自分が行動するまで待て、FBI関係者には一切漏らすなという返事だった。


  • 下の動画は非常によくできたドキュメンタリー番組だが、日本軍が中国で一般市民を虐殺したと解説しているのは嘘である。
    もう一つは、ルーズベルトは暗号解読で日本軍がハワイに来ることを事前に知っていながらキンメルに知らせていないことをこの番組で何も言っていない。

    しかし、当時の状況がよくわかるなかなかいい嘘ドキュメンタリー番組である。

    PEARL HARBOR FACT - FULL DOCUMENTARY
    https://www.youtube.com/watch?v=T-XxTicNS0M

    ☝この動画が削除されている!なぜだろう?


    ついでに英文のコメントも載せておこう。

    "Playing dirty"?? Ho, ho, ho!!! A good thought! America was much much dirtier than Japan. Japan made a huge effort by trying to reach the agreement. America broke the secret code and Roosevelt already knew that Japan was coming. Go Google search. America badly wanted Japan to start the war first so that America had a great reason to attack back to Japan. You should know what the America government did to Japan as well as to Iraq (mostly importantly to you): great lie.




    真珠湾攻撃と暗号解読
    http://kabukachan.exblog.jp/24391093/


    「山本五十六」を研究せよ!
    http://kabukachan.exblog.jp/25711880/




    おまけ


    Fabled Enemies - Full Length - Full Quality
    https://www.youtube.com/watch?v=K5CleTSDkq8


    JFK to 911 Everything Is A Rich Man's Trick
    https://www.youtube.com/watch?v=U1Qt6a-vaNM


        ☟
    アドルフ・ヒトラー(ヒットラー)の正体
    http://kabukachan.exblog.jp/26013882/


    真珠湾攻撃の真相(2)
    http://kabukachan.exblog.jp/19280030/

    真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(1)
    http://kabukachan.exblog.jp/18620027/

    真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(2)
    http://kabukachan.exblog.jp/18620040/


    [PR]
    by kabu_kachan | 2016-12-09 14:04 | 歴史 | Comments(1)

    田中角栄はユダヤにやられた。

    田中角栄はロッキード事件でユダヤ(国際金融資本)に嵌められたんですよ。

    オウム事件もユダヤが誘導したんですよ。

    311人工地震もユダヤが誘導したのである。

    もちろん、911偽旗テロもユダヤ国際金融資本が企んだのである。

    ユダヤ国際金融資本はアメリカ軍(ペンタゴン)を乗っ取っている。ここがわかっていないとすべてが理解できない。

       ☟
    David Icke 2015 | The Truth About 911
    https://www.youtube.com/watch?v=ZlSn4djZ9u8

    The Conspiracy Of The New World Order World War 3 The Secret Agenda Of Illuminati
    https://www.youtube.com/watch?v=YK6uRw6BJIs

    The Most Powerful Jews in the United States (They Control America) ✪ Blow Your Mind ✪
    https://www.youtube.com/watch?v=9OUnsSn1N_E

    Donald Trump The Satanic Jew From Khazar
    https://www.youtube.com/watch?v=BmX6DOBPLDQ


    ★国際金融資本の正体
    http://kabukachan.exblog.jp/24251377/

    ★ユダヤ国際金融資本家の誕生
    http://kabukachan.exblog.jp/19077084/

    ★ロスチャイルドの歴史
    http://kabukachan.exblog.jp/25345027/



    以下に、「田中角栄とロッキード事件」についての文章を載せておこう。


    小沢一郎を窮地に追い込んだ今回の「小沢事件」と田中角栄を貶めた「ロッキード事件」の共通点について、多くの関係者が米国の陰謀説を唱えている。小沢も田中も強大な権力を握りながら、対米従属から自主外交に歩を進めようとしたため米国という虎の尾を踏んだというものだ。今回、世川氏が12月に「小沢一郎支援本」の中で、中曽根元首相のロッキード事件に関する証言を取り上げ、小沢事件の核心に迫ろうとしているので一部紹介したい。

    <以下、抜粋>
    ぼくは、小沢一郎事件のいびつ性を理解するためには、
    ロッキード事件を理解することが不可欠だ、と思っているので、
    今回の本は、そこを書いた。
    特に、若い読者は、
    ロッキード事件と小沢一郎事件を、比較検証してみて欲しい。

            中曽根康弘元首相のロッキード事件私見

    僕は、「今回の小沢一郎事件と三十五年前のロッキード事件とはよく似ている」、と思っているわけだが、その理由を書くことにする。

    三十数年前、マスコミは、「ロッキード事件は、この国の総理大臣までからんだ一大汚職事件だ」と書き立て、マスコミに誘導された世論の支持をうけた東京地検特捜部は、田中角栄を逮捕した。田中角栄は、マスコミから「悪の権化」のように指弾され、政界での力をうしない、子飼いの議員たちからそむかれ、病にたおれ、失意のうちに政界を去った。

    しかし、三十数年経った現在では、あれほど大騒ぎになったロッキード事件に関して、「本当は、米国の陰謀であって、田中角栄はその犠牲者であった」というのが定説になりつつある。裁判所が一審から二審で出した判決とは、まったく異なる内容の説だ。

    こうした米国政府がらみの事件は、半永久的に、その真実が日本国民の前に明かされることはないわけだから、政府や裁判所やマスコミが、「いや、たしかに、あの汚職事件は存在した」と言い張りつづけたら、おおくの国民は、それを信じていくことだろう。つまり、すべては「藪の中」のままで、「戦後歴史の闇」として葬り去られることだろう。

    ここに、一つの文章がある。
    元首相で、田中角栄と同時代を生き抜き、いまは数少ない戦後昭和政治の生き証人となった中曽根康弘が書いたものだ。彼は、当時をふり返ってこう述べている。

    「田中内閣が発足して二年目の一九七三年秋、第四次中東戦争をきっかけとしてオイル・ショックが起こる。ペルシャ湾岸の石油産出国六カ国は石油価格を二十一%引き上げ、OAPEC十ヵ国石油担当相会議が五%の生産削減とアメリカなどイスラエル支持国(アラブ非友好国)に対する石油輸出禁止を決めた。仮に日本への石油輸出が毎月五%削減された場合、日本経済は翌年三月には立ち行かなくなることが目に見えていた。」

    「オイル・ショックの頃から、田中君は日本独自の石油資源外交に積極的な姿勢を取り、アラブ諸国から日本が直に買い付けてくる「日の丸石油」にまで色気を見せていた。さらに、渡欧の際には、英国の北海油田からも日本に原油を入れたいと発言し、ソ連・ムルマンスクの天然ガスにも関心を示して、独自の資源獲得外交を展開しようとした。これがアメリカの虎の尾を踏むことになったと私は想像する。

    世界を支配している石油メジャーの力は絶大である。いささか冒険主義的だった田中君の資源外交戦略が淵源となり、「ロッキード事件」が起こったのではないかと考えることがある。」「田中君が逮捕されてから間もなく、日本を訪れたキッシンジャー氏と二人きりで話していた折のことである。氏は、「ロッキード事件は、間違いだった。あれはやりすぎだったと思う」と、密かに私に言ったことがある。キッシンジャー氏は事件の本質、真相をおそらく知っていたに違いない。」               
             (「私と角栄氏とキッシンジャーの言葉」  中曽根康弘)        

    ここで、中曽根康弘元首相がことばを慎重に選びながら語っているのは、「ロッキード事件は、石油メジャー=米国政府の意向を無視して、独自の石油獲得外交をおしすすめた田中角栄首相に対する石油メジャー=米国政府からの報復であり、事件そのものは陰謀(=でっちあげ)だった気がする。それは、当時米国政府の中枢にいたキッシンジャー大統領補佐官も認めている。つまり、田中角栄は無罪であった」ということだ。

    元首相で、「戦後政界の元老」といってもいい人物が、被告人田中角栄が控訴中に死亡し、審理中止になったとはいえ、一審二審では判決の出ている事件に関して、そう軽々しいことを言うはずもない。きっと、老いを意識した中曽根康弘の胸中に、「自分が、今のうちに真実を語っておかなければ」という政治家としての使命感と、おなじ戦後昭和政界を生きながら無念の最後を迎えた同い年の田中角栄に対する友情に似た思い、があったに違いない。

    また、田中角栄の最後の秘書である朝賀昭は、「ロッキード裁判で、免責証言の採用という制度は日本の法律にはないのに、米国の免責証言を証拠として採用して田中先生を有罪にしたことがまちがいだった」、と言う。ロッキード副会長コーチャンや元東京駐在事務所代表クラッターといった米国実業界要人を日本で起訴できる可能性がないことと、米国で公正な手続で尋問がおこなわれたことを理由として、日本でははじめて、起訴されずに嘱託証人尋問調書が作成されたのだが、東京地裁は、「合理的理由があり適法である」として証拠採用した。これは日本の司法制度にない「司法取引」であり、弁護側は反対尋問さえできなかった。

    朝賀昭が言っているのはその点で、「はたして、免責を保証された証言が信じるに値するものなのか」、「反対尋問もできない証言の採用はおかしいのではないのか」、との疑問は、国民のおおくも同様の思いだったから、裁判の進行状況とは関係なく、「ひょっとしたら、ロッキード事件は、なにがなんでも田中角栄を有罪にするためにねつ造された事件ではなかったのか?」という疑いを国民に与えつづけた。
    (ただ、丸紅ルートの最高裁では、「共犯者に刑事免責を与えたうえで得た供述を事実認定にもちいる司法取引という制度を日本の法律は想定していない」として、コーチャンとクラッターの嘱託証人尋問調書の証拠能力を否定した。)

    これに関して、井上正治は著書『田中角栄は無罪である』で、つぎのように述べている。

    「裁判というものは、いつでも検察官とはっきり一線を画していなければならないことは当然である。だが、そうしたことさえ、ロッキード事件では通らなくなっている。ここに、私は司法権力の”権力化”を指摘せざるをえないのである。」「あの、最高裁の免責宣明は、当時の藤林長官によれば、司法行政の一つとしてなされたということだ。」「しかし、それは最高裁としてはでしゃばったおせっかいだったと言わなくてはならない。」

    「具体的な事件を目の前にして、最高裁が下級裁判所に対し、いくら環境作りであれ、司法行政の名において何かをすると言うことは、下を拘束するはずのものであり、」「司法行政の名で最高裁が下級裁判所に向かって一定の指示をするというようなことは、重大な勇み足をしたことになる。いまさら大津事件を引用するまでもないが、最高裁こそ、検察官に対して厳しい一線を画しておかなければならなかった。」

    「最高裁の強いバックアップでやっとコーチャン等の証言を書き取った調書が日本に渡ってきた時、日本の裁判所は、この最高裁のこのバックアップに目がくらみ、その調書を簡単に証拠として採用してしまうことになるのである.現に東京地裁は、その証拠能力を否定する勇気をどこにももちあわせなかった。」

    ここで井上正治が言っているのは、訴えるがわの検察と、裁く側の裁判所とのあいだに、「身内意識」や「精神的な癒着」があってはならない、という一点だ。つまり、そうしたものが生じるということは、「司法側に、何らかの理由があって、ことのはじめに、田中角栄を有罪にせよ、という結論があってのことではないのか」という疑問の提出だ。

    仮に、中曽根康弘元首相の言葉にもとづいて、米国政府からの強い要請があったため、どうしても田中角栄を有罪にしなくてはならなかった、という理由をベースにして見つめ直したら、ロッキード事件は、これまでとはまったく違った姿を見せてくる。ここにロッキード事件が、いまも国民に司法への疑念をいだかせた事件として記憶に残らざるをえない理由がある。

    もし、ロッキード事件の真相が中曽根康弘元首相の示唆するとおりだったとしたら、田中角栄の後半生とは、いったい何だったのだろう。平成の現在、田中角栄の人気は、戦後政治家のなかでは抜群に高い。「歴史に残る政治家」とか、「好きな戦後政治家」といったいろいろなアンケートでも、そのことは証明されている。

    しかし、人としてこの世に生れおち、政治家としての<理想>に燃えてまい進し、総理大臣にまでなって、やっと、これから日本を改革するんだと意気込んだ矢先、自国の利権を最優先する米国の意向によって、身に覚えのない容疑で逮捕され、刑事被告人にさせられ、政界での影響力をそぎ落とされ、子分議員たちにそむかれ、病にたおれ、政界引退を余儀なくされて、失意のうちに死ぬ。

    それから三〇年も経ってから、「ロッキード事件はあったけど、人気度ナンバーワンの政治家だ」という言われ方で賞讃されて、これであの世の田中角栄は満足なのだろうか?
    そんなわけがない。


    [PR]
    by kabu_kachan | 2016-12-04 23:09 | 歴史 | Comments(0)