911テロ捏造の決定的証拠となる二つのビデオ映像

★911テロが捏造であることはもはや疑う余地はない。(100%確実である)

9/11: New! Overwhelming EXPLOSIVE Evidence-1500 EXPERTS SPEAK OUT!
https://www.youtube.com/watch?v=S7JCqlF24pI

FINALLY the truth & PROOF of 911
https://www.youtube.com/watch?v=Pqhr_f7MTjQ


https://www.youtube.com/watch?v=WHI28jM1mKg

https://www.youtube.com/watch?v=gKYKAFZmGmY

https://www.youtube.com/watch?v=6vFpkNMMaQo

https://www.youtube.com/watch?v=bkwxS_I8mfk

★論点は、どのように「捏造」したかである。


★9・11:爆破の証拠 - 専門家は語る(60分版) - 日本語字幕
https://www.youtube.com/watch?v=0d5L8gzIsT8&feature=youtu.be

この点に関して、私は「CGによるテレビ画像捏造」説を主張した。
・・・が、もう一つ有力なビデオを見つけたので紹介します。

①「遠隔操作された軍用機」説
↓ このビデオは、WTCに激突した飛行機は軍用機であったことを裏付ける証拠ビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=cHHghW4Pg5k

②「CGによるテレビ画像捏造」説
 ↓ これは私が最初に主張したテレビ画像捏造の証拠ビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=Zca9xAj5trs
http://www.youtube.com/watch?v=dbRD7ki8h0k&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=QNXmgF2yAEc
https://www.youtube.com/watch?v=9vIR0uaDSuA

911テロ捏造は、上の二つの説のどちらかであろうと思われます。
ただし、①の証拠ビデオで、軍用機を見たという証言がウソであることも考えられる。また、②の証拠ビデオで、軍用機が突っ込んだのだが、何らかの事情で映っていなかったことも考えられる。

★はっきりしていることは、「911テロは100%捏造である」と言うことである。

【追加編集】

http://www.youtube.com/watch?v=PjQFA7COMsU

https://www.youtube.com/watch?v=pZB_zi6lQh4


このビデオで一機目の飛行機がWTCの北タワーに激突する映像と、二機目(?)が南タワーに突っ込む映像を見ていただきたい。


一機目の映像は本物ではないだろうか。飛行機が北タワーの側壁に激突した瞬間に飛行機は爆発している。
二機目の飛行機の突入は、ライブ映像では飛行機は映っていない。飛行機が映っている映像は、すべて後で放映されたビデオの中にだけある。(②のテレビ画像捏造説のビデオでもわかる)

すると、上の記事の中で、①の軍用機説のビデオに出てくる、軍用機を見たという証言は何を意味するのだろうか。
この①のビデオだけでは定かではないが、おそらく一機目の飛行機のことを言っているのではないだろうか。

二機目の飛行機がCGによる捏造であることは、うつぎれい氏の指摘でほぼ間違いないだろう。

★人類史上最大の犯罪 <911テロ捏造の証明>
http://kabukachan.exblog.jp/25966108/


★Wake Up Call New World Order Full Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=UVQvlG59sJ8





★【私の現在(2014年4月)の時点での、911テロ捏造についての見解】


1)北タワーに激突した一機目の飛行機は遠隔操作された軍用機である。


2)南タワーに突っ込んだ飛行機は、CGによる捏造された映像であり、実際のところ、何も激突していない。南タワーに仕掛けられた爆発物が爆発しただけである。

すると、アメリカのメディアはグルということになる、といっても一部の幹部連中であろう。



https://www.youtube.com/watch?v=CfMSj8_tvvI

https://www.youtube.com/watch?v=_v4XQGdaLUM


    ☟
★人類史上最大の犯罪 <911テロ捏造の証明>
http://kabukachan.exblog.jp/25966108/







★自己紹介(私の起源)

平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造山城、居館
築城主平瀬氏
主な城主平瀬氏原虎胤
廃城年1553年
遺構曲輪、土塁
指定文化財なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

http://www.asahi-net.or.jp/~JU8T-HNM/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Hirase/index.htm

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。





[PR]
# by kabu_kachan | 2012-12-04 19:13 | 911 | Comments(1)

ユダヤ人のメディア支配(5)

Six Zionist Companies Own 96% of the World's Media

世界の96%のメディアは6つのシオニスト資本が支配する
http://poorrichards-blog.blogspot.com/2011/01/six-zionist-companies-own-96-of-worlds.html
アメリカ人としての嘘、詐欺や偽情報が、集団的愚かさの代償を支払うことになる。
「あなたはとってもよく知っている、愚かなアメリカ人も同じようによく知っている、誰であるかに関係なく、ホワイトハウスに座る人物を、政府を我々がコントロールしているのを。我々が思いがけないことをするとしても、我々に挑戦できるアメリカ大統領はいないことを、あなたも、私も知っている。そうね?彼ら(アメリカ人)は私たちに何ができる?我々は議会を支配し、メディアを支配し、ショウ・ビジネスを支配し、アメリカの何もかもを支配している。アメリカではあなた達は神を批判することはできるが、イスラエルの批判はできない。。。」(イスラエル・スポークスウーマンの Tzipora Menache)

ご参考: ①「イスラエルが9.11を行った、あなたが必要とするすべての証拠」http://satehate.exblog.jp/15750732/ ②以前ここでも「ロスチャイルドVs. ロックフェラーの基本文献」としてご紹介した藤井昇氏の著作(1994年刊)の貴重な無断アップサイト
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe6 …
■シオニストによって煽動されてきたアメリカ世論
アメリカ財界保守本流からすれば、アメリカ国内で、第三世界開発を鼓舞するような、またアラブ・イスラエル紛争の解決を求めるような世論を大いに喚起したいところだ。ところが、マスコミで大きな力を握っているシオニスト(イスラエル至上主義者)の連中が、こういった前向きのオピニオンの広がりを非常に意図的に妨害しているのだ。
アラブ・イスラエル紛争自体も、かなりアメリカ大衆を感情的に紛糾させるべく、シオニストたちによって煽動されている。もちろん、アメリカの大多数を占める白人中産階級のクリスチャンたちが、イスラエルに同情的になるように、アラブ人=イスラム教徒=第三世界に対して憎悪を抱くように、マスコミを通じて情報操作がされているのである。
アメリカには約600万人のユダヤ系市民が存在する。彼らはマスコミ、芸能界、医学界、大学、金融界、小売業などのかなりの部分に浸透し、強力なシオニスト・コネクションを構成する。政府に対し働きかけるロビー活動の中心は「アメリカ・イスラエル広報委員会」(AIPAC)である。イスラエル批判をしたがために選挙で落選させられた政治家は、ブッシュ前大統領や、チャールズ・パーシー元上院議員をはじめとして、かなりの数にのぼる。対立候補にイスラエルヘの忠誠を誓う候補を立て、その人物に資金やボランティアやマスコミの関心を集中させ、反イスラエルの候補には「ナチの再来」などの非難を浴びせて落選させるのである。
シオニストは政府や社会ばかりでなく、マスコミを通じて、一般アメリカ国民に「反アラブ=反第三世界感情」を注入してきた。シオニストがアメリカ国民に、映画・音楽・小説・新聞・TVなどのさまざまなメディアを使って繰り返し訴えてきたのは、以下のようなメッセージだ。
すなわち、「ユダヤ文化は西洋文明をつくってきた不可欠の要素であり、《ユダヤ教=キリスト教》の伝統というのは、ヨーロッパの精神的な枢軸である。そのユダヤ人が中東にイスラエルという国家を復興したということは、ヨーロッパ文明の中軸に属する国が、たまたま中東にできたということである。西洋文明の一翼を担うイスラエルという国家を、アメリカやその他のヨーロッパ諸国が支持するのは当たり前ではないか。まして、我々は、ナチスによるホロコースト(民族虐殺)という酷い体験をしているので、ユダヤ国家を欧米諸国は保護する道徳的義務がある。」
ついでながら、「ホロコースト」はユダヤ=シオニストの切り札的シンボルだ。最近ではスピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』が、この切り札を使っている。ユダヤ人であるスピルバーグ監督のイスラエルヘのエールであろう。ちなみに、イスラエルが内外のプレッシャーの下で和平に踏み出した1993年という年にこの映画は製作されている。
シオニストたちはこうも訴える。
「イスラム世界に代表されるような第三世界は、文化的にも文明的にも、我々とまったく相入れない存在である。イスラエルは、過激なイスラム原理主義の防波堤としても機能しているのであり、欧米がイスラエルを全面支持するのは、この点からもなおさら、当然である。」
なお、冷戦時代においては、アラブの背後にはソ連がおり、「中東におけるソ連の影響力を封じ込めるために、イスラエルが頑張っている」という支持理由もあった。

★米国の ユダヤが乗っ取る マスメディア
http://kabukachan.exblog.jp/24966612/


    人工地震の地震波形





[PR]
# by kabu_kachan | 2012-11-27 02:24 | ユダヤ | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(4)

●その他マスメディア

話はテレビ、ラジオ、新聞などの他のメディアの場合とだいたい同じである。たとえば、ニュース雑誌を考えてほしい。全米にはわずか3誌しか有名な雑誌はない。「タイム」「ニューズウィーク」「USニューズ&ワールド・リポート」で、これらは週に410万部発行していて、タイム・ワーナー・コミュニケーションズの子会社が発行している。
前述のようにタイム・ワーナー・コミュニケーションズのCEOは、ジェラルド・レビン、ユダヤ人である。前述のようにニューズウィークは、ワシントン・ポスト社が発行しており、ユダヤ女性キャサリン・マイヤー・グラハムの下にある。その週発行部数は320万部である。週発行部数230万部の「USニューズ&ワールド・リポート」誌は、ユダヤ人のモーティマ・ズッカーマンが所有発行している。ズッカーマンはまた、「アトランティック・マンスリー」誌と、国内第6位のニューヨークのタブロイド紙「デイリー・ニュース」を所有している。

巨大な書籍出版企業の間でも、状況は同様にユダヤ系である。「パブリッシャー・ ウィークリー」によると、米国の6つの大手出版社のうち3つは、ユダヤ人が所有あるいは統制している。 3社とは1位のランダムハウス(を含む、多くの子会社とクラウン出版グループ)、3位のサイモン&シャスター社、および6位のタイム・ワーナー・トレード・グループ(ワーナー書籍やリトル、ブラウンを含む)である。特に目覚しい別の出版社は「ウェスタン・パブリッシング」である。全米の出版社では13位という規模だが、児童書市場では50%以上のシェアを持つ筆頭出版社である。その会長兼CEOはリチャード・バーンスタイン、ユダヤ人で、同様にユダヤ人のリチャード・シュナイダーと交代したところだ。

●ユダヤ人がメディアを支配することの効果

これらは、アメリカにおけるユダヤ人のメディア・コントロールの事実である。誰でも大きな図書館で多くの時間を費やすのをいとわなければ、上記の事柄の正確さを確認することができる。控えめに言って、これらの事実は、あなたを不安にさせていることと思う。どんな少数派にこんな恐るべき力を振り回すことが許されるだろうか?
確かに、許されないし、その効果の中で我々が読んだり見たりすることを決心することは、この少数派にタルムード(ユダヤ教戒律経典)に表されているようなことを信じている人々を許すことは、この少数派に彼らのもつタルムードの利害という鋳型に我々の心を嵌め込む力を与えることである。その利害とは、我々が表明しているのは、我々の人々の利害に正反対で対立するものである。

ユダヤ人に我々のニュースと娯楽のメディアを支配するのを許すことで、我々は単に彼らに我々の政治システムや我々の政府のヴァーチャル・コントロールへの決定的な影響力を与えるだけではない。我々はまた、彼らに我々の子供達の心と魂のコントロールする力を与え、子供達の態度や考えがユダヤ人のテレビとユダヤ人の映画によって、親や学校、その他の影響力以上の力で形作られてしまうのである。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-11-27 01:54 | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(3)

●3つのユダヤ系新聞

報道と世論の普及における競争の抑制と地域独占の確立は、アメリカの新聞におけるユダヤ人のコントロールの台頭を鮮明にしていった。報道をユダヤ政策の無敵の道具として使うことへのユダヤ人の能力を、国内で最も権威と影響力のある以下の3つの新聞で示す以上によい例は見出しがたい:「ニューヨーク・タイムズ」「ウォールストリー・ジャーナル」「ワシントン・ポスト」。
これら3紙は、アメリカの金融・政治の中心を支配し、トレンドを設定し、ほぼすべての人のためのガイドラインの新聞である。これらは、国内および世界レベルで、何がニュースでニュースでないかを決定するものだ。これらがニュースを生み出し、他のものは単にそれをコピーするだけで、3紙すべてユダヤ人が手中にしている。

ニューヨークタイムズ紙は、1851年に2人の異教徒、ヘンリー・レイモンドとジョージ・ジョーンズによって設立された。彼らの死後、1896年に同紙は裕福なユダヤ人発行人、アドルフ・オックスがジョーンズの遺産から購入した。彼のひ孫、アーサー・オックス・シュルツバーガーJr.が現在の発行人とCEOを務めている。代表編集者はマックス・フランケルで、管理編集者はジョセフ・レリーベルドである。どちらもユダヤ人だ。シュルツバーガー一族はまた、ニューヨークタイムズ社を介して、ボストン・グローブを含む33の新聞、「マッコール&ファミリー・サークル」と500万人以上のサークルを含む12の雑誌、7つのラジオやテレビ放送局、ケーブルTVシステム、および3つの本の出版社を所有している。
ニューヨーク・タイムズのニュースサービスはニューヨーク・タイムズから通信でニュース・ストーリーや特集、写真を、他の506の新聞、ニュース・エージェント、雑誌に送っている。国内的重要性はワシントン・ポストも同様で、ワシントンの政府機関を通じての「リーク」の確立によって、連邦政府をニュースに巻き込んで、内部ルートを築いている。ワシントン・ポストも、ニューヨーク・タイムズ同様、非ユダヤ人が始めた。 1877年にスティルソン・ハッチンスにより創設され、1905年に彼からジョン・マクリーンが購入し、後にエドワード・マクリーンが継承した。しかし 1933年6月には大恐慌の余波で、新聞は倒産を余儀なくされ、破産整理のオークションでユダヤ人投資家ユージーン・マイヤーが購入した。
ワシントンポスト紙は、現在キャサリン・マイヤー・グラハム、ユージーン・マイヤーの娘が経営している。彼女は筆頭株主兼ワシントン・ポスト社理事長である。1979年に彼女は息子ドナルドを発行人に任命した。彼は今もワシントン・ポスト社の代表兼CEOである。ワシントン・ポスト社は新聞、テレビ、国内第二位の有名なニュース週刊誌「ニューズ・ウィーク」などの雑誌の別のメディアの経営会社を数社もっている。
「ウォールストリート・ジャーナル」は日刊180万部販売する、国内最大部数の日刊紙である。これは、ダウ・ジョーンズ&カンパニー株式会社が所有する。ニューヨークの企業で、これは他に24紙の日刊紙と週刊金融タブロイド新聞「バロンズ」その他を発行している。ダウ・ジョーンズ社会長兼CEOのピーター・カンはユダヤ人である。カンは、「ウォールストリート・ジャーナル」会長と発行人のポストにも着いている。ニューヨークの他の主要新聞のほとんどが、「ニューヨーク・タイムズ」と「ウォールストリート・ジャーナル」ほどうまく行っていない。「ニューヨーク・デイリー・ニュース」はユダヤ人不動産デベロッパーのモーティマー・B・ズッカーマンが所有している。 「ヴィレッジ・ボイス」は、レオナルド・スターン、ハーツマウンテンペット供給会社の億万長者のユダヤ人所有者の、個人的な資産である。
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-11-27 01:48 | メディア | Comments(0)

ユダヤ人のメディア支配(2)

TV放送ネットワークのビッグ3はABC、CBSとNBCとされていた。メディア帝国の統合により、これらの3つにもはや独立した実体はない。それらは独立していたが、しかし、それぞれが創業以来、ユダヤ人によって支配された。ABCはレオナルド・ゴールデンサンによって、CBSは最初ウィリアム・パレイに、それからローレンス・ティッシュによって、NBCは最初デイヴィッド・サーノフに、それから彼の息子ロバートによって。
数十年の期間にわたって、これらのネットワークは、トップからボトムまでユダヤ人が経営し、TVネットワークの本質的なユダヤ人性は、ネットワークが他の企業に吸収されても変わりなかった。


TVニュースではユダヤ人の存在が特に強いままである。上で述べたように、ABCはアイズナーのディズニー社の一部であり、ABCのニュース番組のエグゼクティブ・プロデューサーは、すべてのユダヤ人だ:ビクター・ノイフェルド(20-20)、ボブ・ライヒブルーム(グッド・モーニング・アメリカ)、リック・カプラン(ワールドニュース・トゥナイト)。 CBSは最近、ウェスティングハウス・エレクトリック社によって買収された。

それにもかかわらず、ローレンス・ティッシュによって任命された人物のエリック・オバーは、CBSニュースの社長のままであり、オバーはユダヤ人だ。 NBCは、現在はGE社が所有しているが、NBCニュース社長アンドリュー・ラックがユダヤ人であり、エグゼクティブ・プロデューサーのジェフ・ズッカー(トゥデイ)、ジェフ・グラニック(NBCナイトリー・ニュース)と、ニール・シャピロ(デイトライン)も同様である。

「プリント・メディア・アフターTVニュース」、日刊紙はアメリカで最も影響力のある情報媒体である。毎日六十万部が売られて(そして、おそらく読まれて)いる。これらの多くが約1500の異なる出版物に分けられる。ある者は、アメリカ国内の多様な新聞の膨大な数は、ユダヤ人の支配や歪曲に対する保護を提供すると結論するかもしれない。しかしそうではない。独立性も競争も乏しく、特に我々の関心の表現は気楽な観察者が思うことよりも乏しい。ほとんどの都市や町でさえがいくつかの独立資本の新聞をもち、コミュニティと密接な関係にある地元の人々によって発行されていた時代は過ぎ去った。
今日は、ほとんどの「ローカル」新聞はむしろ、何百マイル、あるいは何千マイルも彼方に住み、働くエグゼクティブが支配する少数の大企業によって所有されている。
実際にはこの国の1500紙のうち約25%が独立系資本であり、残りは複数の新聞チェーンに属している。
自分達のコミュニティの外側に独立した報道スタッフを維持するのは、ほんの一握りで十分なのだ。残りは、内外のニュースのほとんどすべてをこれらに依存している。サムエルとドナルドのにニューハウス兄弟のニューハウス帝国はアメリカの日刊紙における真の競争の欠如以上の例を提供する。それはまた、彼らが固くつかんで世論をコントロールできる機関すべてにユダヤ人が示す、飽くことのない貪欲さを見せ付けている。
ニューハウス一統は26の日刊紙を所有し、それにはいくつか大手重要紙が含まれている;クリーブランド・プレイン・ディーラー、ニューアーク・スターレジャー、ニューオリンズ・タイムズピカユーンのような。また、国内最大の出版取次コングロマリットのランダムハウスとその全ての子会社、いくつかの国内最大級のケーブルTVネットワークを含む12のTV放送局と87のケーブルTVシステムから成るニューハウス放送、週22万部以上発行している「サンデー・サプリメント・パレード」を含む、20誌以上の主要な雑誌、例えば「ニューヨーカー」「ヴォーグ」「マドモワゼル」「グラマー」「ヴァニティフェア」「ブライド」「ジェントルメンズ・クオータリー」「セルフ」「ハウス&ガーデン」、そしてコンデ・ナスト・グループが完全所有する他の全ての雑誌。
このユダヤ人のメディア帝国は、ロシア移民の亡きサムエル・ニューハウスによって創設された。これほど多くの新聞がニューハウス一家に呑み込まれていったのは、新聞が加入者によって支えられているのではなく、広告主による事実によって可能になった面が大きい。新聞記者の給料やオーナーの利益をより大きくしたのは、広告料であった―一新聞読者から集めるわずかな購読料ではなかった―。
どこでも都市の大規模な広告主はビジネスのために、別の新聞から1つの新聞を選択したがり、ライバル紙が潰れたら選択された新聞は繁栄するだろう。20世紀の初め以来、アメリカのユダヤ人商業力が支配的な経済力になったときに、ユダヤ人の手になるアメリカの新聞の数が着実に増加し、一方で異教徒の前からある競合紙は、ユダヤ商人の選択する広告戦術の結果、確実に減少していった。
さらに、なお異教徒の所有と経営のもとにあって、ユダヤ人の広告収入から徹底して独立性を保っていても、編集・ニュース報道方針は大きくユダヤ人の好き気合に制約された。
どこの新聞ビジネスでも、笛吹きにカネを払う者がその音を聞くということが当てはまる。




[PR]
# by kabu_kachan | 2012-11-27 01:44 | メディア | Comments(0)