真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ著)(1)

日本の読者の皆さまへ[序文] (訳・太田龍・天童竺丸)

本書を日本の皆さまに読んでいただくことは、私の大きな名誉であります。大日本帝国が第二次世界大戦へと巻きこまれていく背後にあった事実を、日本民族は本書で初めて知ることになるでしょう。

フランクリン・デラノ・ルーズベルト政権は貿易等の経済制裁をもちいた日本に対する一連の挑発行為を通じて、むりやり日本に太平洋地域のアメリカの保有財産を攻撃させようと謀りました。ルーズベルトが日本軍の暗号を解読ずみであったため、ホワイトハウスには敵対行為がいよいよ勃発するのに先立って日本側の交信をすべて秘密裡に明かされていました。
1941年12月6日夜、サンヘドリン、すなわちユダヤ最高法院のホワイトハウス駐在員バーナード・バルークは、合衆国陸軍参謀総長ジョージ・C・マーシャル将軍およびルーズベルト大統領と同席していました。何時間か経つうちに、三人はパニックにおちいりました。暗号解読された通信によって、日本海軍の機動部隊がパールハーバーに接近中であることが判明しましたが、同時に、攻撃前にアメリカ側に探知されたら攻撃を中止して日本に引き返せとの厳しい命令を、連合艦隊の作戦司令官は受けていたからです。
日本軍は果たして攻撃するだろうか?もし日本軍の暗号電文がホワイトハウスによって解読追跡されていることが知れたら、攻撃は取り止めになり、日本と合衆国を第二次世界大戦へ巻き込むという世界ユダヤの計画は水泡に帰すことになります。しかし日本軍は、監視下に置かれていることに気づくことなく、全力でハワイに向かって近づき、奇襲攻撃を開始しました。
ルーズベルト、バルーク、マーシャルは、近づきつつある攻撃に関するすべての情報を米国太平洋方面軍指揮官に漏れないよう入念な措置を講じました。
はっきりしていることは、もし彼らがパールハーバーの艦隊に警告を発していたら、日本は攻撃しなかったということです。沈黙をつづけることにより、ルーズベルトは日本のパールハーバー攻撃を推励したのです。そしてこのことが、大統領自身の国の何千人という若い兵士船員たちが、警告も受けず死んでゆく運命を決したのです。まさにレオン・トロツキーが口ぐせにしていた通り、「卵を二、三個割らなければ、オムレツは作れない」であったのです。
それからなんと、ルーズベルトはパールハーバーの司令官だったキンメルとショートとを、攻撃に対する準備ができていなかったという「重過失」の嫌疑で軍法会議にかけたのです。後日、キンメルの息子は、任期切れ寸前のジョージ・ブッシュ大統領に父親の特赦を嘆願しました。ブッシュは、「私には歴史を書き換えることはできかねる」と言って、そっけなく断わりました。

[PR]
# by kabu_kachan | 2012-10-30 16:28 | 歴史 | Comments(0)

ユダヤ米国が人類史上に誇る『三大日本人虐殺』

★ユダヤ米国が人類史上に誇る『三大日本人虐殺』

第1位 広島原爆投下(当時の死者数 14万人)
      日時<1945年8月6日>
第2位 東京大空襲(当時の死者数 10万人)
      日時<1945年3月10日>
第3位 長崎原爆投下(当時の死者数 7万人)
      日時<1945年8月9日>



★【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった!
https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M


★世界史上最大の「日本人大虐殺」を計画して実行した三大『ユダヤ人』

第1位 フランクリン・デラノ・ルーズベルト
   「マンハッタン計画」を推進した。
   「日本人は劣等人種だからやっちまえ!」と言った。
   先祖はアヘン貿易で財を成した。

第2位 カーチス・ルメイ 
   「日本本土空襲」を計画して実行した張本人。
  小泉元首相の父親から貰った勲章を自慢げに見せた。

第3位 ハリー・ソロモン・トルーマン
   広島・長崎への原爆投下を命令した。
   指をぱちんと鳴らして「やっちまえ!」と命令した。

http://www.youtube.com/watch?v=pNOoIe57mVw&feature=BFa&list=PLDB1B5614857BF088

★9.11テロは、裏でCFR(ユダヤ)が支配している米国政府の自作自演。

【飛行機のジェット燃料くらいで、鉄筋コンクリートのビルがこのように崩壊することは絶対にあり得ない!ジェット燃料は化石燃料である。試しに解体予定のビルにたっぷりジェット燃料をぶっ掛けて火をつけて見ればよい。】
☆CFRとは↓(ロスチャイルドとロックフェラーはユダヤ人である。)
http://www.youtube.com/watch?v=GieEA5sJQsI&feature=relmfu

★↓の『・WTC北棟の崩壊(28秒) ・WTC南棟の崩壊(34秒)』のビデオを目を開いてしっかり見てみろ!

http://www5.pf-x.net/~gotama/index.html




★ユダヤ米国 の <三大日本人虐殺>
http://kabukachan.exblog.jp/18798239/

http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-10-29 22:40 | 911 | Comments(0)

日中戦争と第二次世界大戦を理解する要

★欧米が隠したがる事に真実がある。

米英ソは第二次世界大戦で戦勝国となり、その後のニュルンベルク裁判や東京裁判で好き勝手に裁判をして判決を下した。当然、自分達の都合の悪いことは隠蔽した。

★日中戦争と第二次世界大戦を理解する要

 『ユダヤ・フリーメイソン=コミンテルン』

この事が理解できなければ日中戦争と第二次世界大戦は分かりません。

★「ユダヤは日本に何をしたか」・渡部悌冶著
 〈この本は名著である。〉
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-10-27 18:12 | Comments(0)

アメリカが世界史上に誇る《三大日本人虐殺》

★ユダヤ米国が人類史上に誇る「三大日本人虐殺」

第1位 広島原爆投下(当時の死者数 14万人)
      <1945年8月6日>
第2位 東京大空襲(当時の死者数 10万人)
      <1945年3月10日>
第3位 長崎原爆投下(当時の死者数 7万人)
      <1945年8月9日>

★日本人大虐殺を計画して実行した三大「ユダヤ人」

第1位 フランクリン・デラノ・ルーズベルト
   「マンハッタン計画」を推進した。
   「日本人は劣等人種だからやっちまえ!」と言った。
   先祖はアヘン貿易で財を成した。

第2位 カーチス・ルメイ 
   「日本本土空襲」を計画して実行した張本人。
  小泉元首相の父親から貰った勲章を自慢げに見せた。

第3位 ハリー・ソロモン・トルーマン
   広島・長崎への原爆投下を命令した。
   指をぱちんと鳴らして「やっちまえ!」と命令した。

http://www.youtube.com/watch?v=pNOoIe57mVw&feature=BFa&list=PLDB1B5614857BF088

★9.11テロは、裏でCFR(ユダヤ)が支配している米国政府の自作自演。

(飛行機のジェット燃料くらいで、鉄筋コンクリートのビルがこのように崩壊することは絶対に有り得ない!ジェット燃料は化石燃料である。試しに解体予定のビルにたっぷりジェット燃料をぶっ掛けて火をつけて見ればよい。)

http://www5.pf-x.net/~gotama/index.html

http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-10-13 10:40 | Comments(0)

アメリカのユダヤ人の歴史(9)

■■第6章:その他のビジネス界で活躍するユダヤ人

●婦人服小売の全米第1位のメーカー「ギャップ」、第2位の「リミテッド・ブランズ」は、いずれもユダヤ人が創業した会社である。

1969年に「ギャップ」を創業したユダヤ人、ドナルド・フィッシャー。
「ギャップ」の由来は、「ジェネレーション・ギャップ」である。当初はリーヴァイスのジーンズの販売を行なっていたが、1974年に業界で初めて自社ブランドを加えた。

●ジーンズを発明し、世界で最初のジーンズ製造会社「リーヴァイス社」を創業したのは、ドイツ系ユダヤ移民のリーヴァイ・ストロース(本名はロブ・シュトラウス)である。彼がサンフランシスコへやってきたのは1853年のことであった。この時、彼は24歳の若者であった。

リーヴァイ・ストロース。ジーンズを発明し、世界で最初のジーンズ製造会社「リーヴァイス社」を創業した。

●同じくドイツ系ユダヤ移民の子であるアイザック・メリット・シンガーは、1850年に現在とほぼ同じ構造のミシンを発明。翌年特許をとり、「I. M. シンガー社」(のちのシンガー社)をつくった。

高価なミシンを売るため、世界で初めて「割賦(かっぷ)販売方式」を発案した「シンガー社」の拡販方式は、当時としては絶大なる販売戦略となった。

●1968年に、有名なアパレルメーカー「ポロ・ラルフ・ローレン社」を設立したのは、ロシア系ユダヤ移民の子であるラルフ・ローレンである。彼は現在、世界的デザイナーとして活躍し、個人資産19億ドル、全米90位の大富豪でもある。

そして、ラルフ・ローレンにとって最大のライバルであるカルバン・クラインも、ユダヤ移民家庭の出身者である。「カルバン・クライン社」が設立されたのは1967年である。

●ラルフ・ローレンやカルバン・クラインらと共に、アメリカを代表する人気デザイナーで、自らの名を冠したブランドを持つダナ・キャランもユダヤ人(ユダヤ移民の子)である。

●ところで余談になるが、今や水着の常識である「ハイレグ水着」を考え出したのは、イスラエルのユダヤ人である。

1978年、イスラエルのユダヤ人デザイナー、ギデオン・オバソンが、「ハイレグカット」の斬新なデザインのスイムウェアを発表。世界的に大ヒットしたのである。(イスラエル最南端の町エイラットは「ハイレグ発祥の地」と呼ばれている)。

現在、彼の水着ブランド「ギデオン・オバソン」は、総生産の3分の2以上を世界各国に輸出しており、特にアメリカ、カナダ、西ヨーロッパでは高い評価を得ている。(現在、欧米の水着はイスラエル製が主流であるといわれている)。

「ハイレグ水着」を生み出した、ギデオン・オバソン
現在、彼のブランドメーカー「ギデオン・オバソン」は、イスラエルを拠点に飛躍的な勢いで進出を続けている。彼はイメージ通りの作品を生み出すために、素材となるファブリックをもデザインするという、稀に見ない手法をとっている。

●さて、話を戻そう。

アメリカにおいて最初に「メール・オーダーによるカタログ販売」を始めたのは、世界一の通信販売会社「シアーズ・ローバック社」のユダヤ人ジュリアス・ローゼンウォルドである。

テレビ通販専門のケーブルテレビ局「QVC」の創業者で、テレビ通販の生みの親、ジョゼフ・シーゲルもユダヤ人である。

「QVC」は1985年に誕生したTVショッピング専門チャンネルで、「QVC」とは、Quality(品質)、Value(価値)、Convenience(便利)の略である。

●ウォルマートに代表される郊外型巨大ディスカウント・ストアの原型を1953年に世に送り出したのは、ブルックリン育ちのユダヤ人ユージン・ファーコフである。

ショッピングモールの王様、フランク・ロウイもユダヤ人である。彼はチェコスロバキア出身のユダヤ難民で、ホロコースト体験者である。

1979年に、世界最大のホームセンター「ホーム・デポ」を創業したのは、ロシア系ユダヤ移民の子バーナード・マーカスとアーサー・ブランクである。現在、「ホーム・デポ」は、小売企業としては全米第2位、世界でも第4位の巨大企業である。

●小売業の一部門、外食産業においてもユダヤ人は先駆的役割を果たしてきた。

世界初のファストフード店「ネイサンズ・フェーマス」は、1916年にブルックリン区のコニーアイランドで創業された老舗であるが、その売りもの、ホットドッグはユダヤ料理の伝統の中から生み出されたものである。

1950年に、「ダンキン・ドーナツ」を創業したウィリアム・ローゼンバーグは、ボストン出身のユダヤ人である。

●1978年に、アメリカで人気のアイスクリーム製造・販売企業「ベン&ジェリー」を創業したのは、2人のユダヤ人、ベン・コーヘンとジェリー・グリンフィールドである。

日本でも有名な「スターバックス社」が、わずか20年たらずの間に、シアトルの小さなコーヒー店から全世界に直営店舗7500を擁する世界最大手のコーヒー飲料小売業へと驚異的成長を遂げたのは、ユダヤ人ハワード・シュルツの力によるものであった。

●次に、玩具業界についてだが、ユダヤ人が創業した有名玩具メーカーは枚挙にいとまがない。

アメリカ玩具業界の第1位のメーカー「マテル社」を創業したのは、ユダヤ人女性ルース・ハンドラーである。彼女は「バービー人形」の生みの親でもある。

第2位のメーカー「ハスブロ社」を1920年に創業したのは、ヘンリー・ハッセンフェルドとヒレル・ハッセンフェルドという、ウクライナ出身のユダヤ移民の兄弟である。彼らは動く兵隊人形「GIジョー」の生みの親でもある。

「バービー人形」の生みの親ルース・ハンドラー

ポーランド系ユダヤ移民の家庭で育ち、夫とともに「マテル社」を創業。材料の残りで「ドールハウス」などを作ったのをきっかけに人形ビジネスに進出。1959年、大人の女性の体形をした「バービー人形」を発売、たちまち大ヒットした。
150ヶ国で10億個が売れ、世界で最も有名な人形の1つとなった。ちなみに、「バービー」は娘の名前「バーバラ」からつけたものである。

●世界の鉄道模型ファンなら誰でも知っている電動鉄道模型の老舗「ライオネル社」は、ポーランド系ユダヤ移民の子であるジョシュア・ライオネル・コーエンにより、1902年に設立された企業である。

ルービックキューブのライセンス生産により、世界的ヒットをとばした「アイデアル玩具社」はユダヤ人のウェイントラウブ家が創業した企業である。キャベツ人形で一世を風靡した「コレコ産業」も、世に知られたユダヤ系玩具メーカーである。

全世界に1000店舗以上、日本国内でも100店以上を擁す「トイザラス」は、ユダヤ人チャールズ・ラザラスが創業した企業である。

「トイザラス」は1923年生まれのユダヤ人、チャールズ・ラザラスが創業した企業である。社名は自分の名前ラザラスと「TOY(おもちゃ)」を絡ませたもので、子供用家具を販売したのが始まりである。そのユニークな販売スタイルはまたたく間にアメリカ全土から世界中へと拡がっていった。(日本への上陸は1989年)。

 ●ゲーム業界もユダヤ人の成功者が多い。

例えば、ゲームメーカー「セガ」の生みの親の一人デビッド・ローゼンはユダヤ人である。

「セガ」の生みの親の一人デビッド・ローゼン

彼は1934年にアメリカで生まれたユダヤ人で、若い頃米軍に入隊し、朝鮮戦争がきっかけで来日。日本に滞在中、日本びいきになった彼は、朝鮮戦争が終わった翌年(1954年)、アミューズメント機器会社「ローゼン・エンタープライゼス」を設立。(この会社がセガの母体の一つとなる)。1965年に他社と合併して「セガ・エンタープライゼス」が発足すると、日本で社長に就任。数多くのゲームを世に送り、「セガ」の発展に大きく寄与した。

ちなみに、ゲームメーカー「タイトー」の創業者は満州出身のユダヤ人ミハエル・コーガンである。
彼の会社は「スペース・インベーダー」を生み出し、日本の文化史に大きな足跡を残した。
「タイトー」は「セガ」に次ぐアミューズメント機器メーカーの老舗であり、「セガ」と並ぶ最大手であり、「セガ」と共にビデオゲームを出した日本最古のメーカーでもある。

 

 
[PR]
# by kabu_kachan | 2012-10-02 04:34 | Comments(0)